スポンサーリンク

2009年03月31日

勝ち点4は不満だけれど・・・。

 岡山戦は平川さんの解説がわかりやすかった。

 開始早々の大伍のシュートやクライトンのヘッドはやはり決めていなければならなかった。
 岡山戦に限って言えば勝てる試合を引き分けにしてしまったという感は否めない。

 平川さんは攻守において西のプレーにダメ出しをしていたが、それは裏を返せばそういうプレーをしていては困る主力選手であることの証明と前向きにとらえることにする。これは宮澤に関しても同様で、この方がおっしゃっているが「罵声をもらえているうちが花」なのだから是非とも精進してもらいたい。FWは1本決めれば英雄になれるのだから。
 
 ひいき目が入るけど、征也がキレキレなのが救いかな。
 クライトンからボールをもらえるようになったのは信頼されているからこそだし・・・。

 選手たちだって決して満足はしていないはず。
 安西先生のセリフを持ち出すまでもない。まだ5試合。全然諦める段階じゃない。
 サポーターがクサったところで始まらないし、
 こういう時こそサポーターが支えていかなきゃ石崎監督に笑われちゃうよ。「戦」は長いんですぜ!

posted by フラッ太 |09:15 | 試合後の印象 | コメント(3) |

2009年03月29日

09F1開幕戦・オーストラリアGP。

 本当なら、そこにはホンダの名前があるはずだった。
 撤退したホンダチームの後を引き継ぐこととなったブラウンGP。
 開幕戦を予選・決勝とも見事にワンツーフィニッシュで飾り、実力で勝ってみせた。
 驚きとうれしさがある中で、でも寂しさを感じずにはいられなかった。

 09年のF1。大幅なレギュレーション変更とKERSの導入により、去年までの序列が一気に変わると予想されていた。予選はテストから前評判の高いトヨタが速さを見せつけた。某ヤホーのトピックスではトヨタが予選結果が抹消されたとあったので「早くも横ヤリが入ったか?」と勘繰ってしまったが、リアウイングの強度不足ということらしいからひとまずは物議を醸したディフューザーはおとがめなしということか。

 今年は勢力図が一気に変わりそうというのは当たっているかもしれない。フェラーリはまだしも、マクラーレンがあんなに沈むとは・・・。週刊プレイボーイの川井ちゃんレポートはどうやら本当みたい(笑)。タイム抹消とはいえトヨタも予選から速かったし。スタートでバリチェロがミスをしたものの決勝もブラウンGPは安定して速く、ポールポジションのバトンはほぼ余裕のレース。トヨタは2台ともピットスタートにもかかわらず、トゥルーリ3位・グロック5位。中嶋一貴は実にもったいないレース。セッティングもそこそこうまくいっていたのに、ミスでリタイアとは・・・。「一貴のばかぁ!」と3回も叫んでしまったぞ。

 今年はタイヤがスリックになったが、ソフトタイヤの特性がかなり難しそうで厄介モノになりそう。ソフトタイヤはスタート時にさっさと使ってしまって、ハードタイヤでのロングスティントの安定性を重視するチームが増えるんじゃないかなあ。タイヤじゃなくてマシンそのものとKERSでトータルの速さを上げるチームが増えると見るが・・・。

 オーバーテイクシーンは格段に増えそう。と同時に接触も増えそう。
 来週はすぐにマレーシアGPがやってくる。熱いマレーシアでのレースは冷却性能がシビアに問われる。ルーバーなどが今年は禁止されているから波乱も十分にありそう。例年より1ヶ月ズレているからちょっと違和感が残ったままだけど。地上波中継のOPとEDはそこそこ良かったと思う。ちょっと前のアメコミ風の残念なヤツよりははるかにマシ(苦笑)。不満を言うなら、ナレーションの声がちょっと好みに合わないのと、ロズベルグのキャッチフレーズがアレなこと。今時ディカプリオって・・・。

posted by フラッ太 |18:31 | F1 | コメント(2) |

2009年03月29日

褒めるべき?叩くべき?

 岡山戦は1-1の引き分け。
 どうやらすんでの所で地雷を避けられたという負け同然のお粗末な内容だったようで。
 
 「どうしてそんなに慌てるんだよ!」「・・・坊やだからさ。」
 「落ち着いた試合運びが出来ない。・・・これが若さか。」

 やっぱり勝てないとこんなふうにグチりたくもなるよなあ。

 カズゥのミドルで先制できたことを褒めるべきか。
 勝たなくてはならない相手に引き分けてしまったことを叩くべきか。

 3月は様子見と決めていたけど、昇格への道は想像以上に厳しい。
 我慢の日々はしばらく続くと覚悟を決め直すしかなさそうだ。
 

posted by フラッ太 |15:08 | ビフォー&アフター | コメント(2) |

2009年03月29日

まずは一息。

 ただいま帰還。

 バーレーン戦は1-0で勝利。ウズベキスタンがカタールに4-0で勝っているのであと1勝。
 ひとまず「だからサッカーはダメなんだ!」という論調にはならなくてすみそうだ。
 試合を見てないので何とも言えないけど、この試合は勝つことが何より大事。
 
 そしてコンサ。岡山戦は内容は問わない。今は勝つことが一番の良薬。
 名門なんていうフレーズはコンサにはまだまだ似合わない。
 チャレンジャー精神で目の前の試合に全力で挑んでほしい。
 冷蔵庫ではキンキンに冷えたクラシックが出番を待っているぞ(笑)。

 F1も開幕するから飲みながらのんびりF1観戦といきたいもんである。

posted by フラッ太 |03:14 | スポーツ | コメント(0) |

2009年03月28日

そうか、J2なんだなあ・・・。

 今日はW杯予選のバーレーン戦。

 コンサが明日岡山戦だからJ1も試合があると思っていた。
 水曜日のJ1の試合はナビ杯だということに今さっき気づいた。

 ・・・淋しい。

 今日の代表の試合は是が非でも勝ってもらいたい。
 負けはもちろん、ホームでやる以上引き分けになっても
 「だからサッカーはダメなんだ」「野球の方がやっぱり上だ」
 と書き立てるのが今から容易に想像できる。

 WBCで野球の日本代表は世界一の座についた。
 とにかくスポーツマスコミってヤツはいろいろと上か下かでケリをつけたがる。
 悪い言い方をすれば野球中心主義、野球至上主義なのだ。

 せめてサッカーと野球をイーブンに扱ってほしい。
 絶対に、勝って欲しい。勝ってくれ!

posted by フラッ太 |13:46 | スポーツ | コメント(2) |

2009年03月26日

キツいなあ・・・。

 湘南戦はロスタイムでゴールを奪われて0-1の敗戦。
 キリノと上里が交錯して2人とも負傷退場といういきなりのアクシデント。
 幸い脳などに影響はなさそうだけど、頭だけに無理はしてほしくない。
 ただ、あれは上里に任せても大丈夫なボール。キリノのマジメさがアダになったか・・・。

 内容としては良かったのかなとは思った。でも、結果が出ない。
 ホームで勝ちに行く姿勢を見せるのはいいこと。事実、昨日はリザーブにDFがいなかったし勝ちに行っていた。でも、それで負けてしまうのはどうかと。ダイジェストしか見てないけど、試合内容はコンサがかなり押していた。ホームかアウェイかにかかわらず、押している試合を押し切って勝ちに持っていかないとJ1では戦えないし、それ以前に昇格も見えてこない。

 ここ数試合はGKの佐藤がヤリ玉に挙げられることが多い。でも、昨日の試合でもいい飛び出しは見せていたし、失点シーンはGKだけを責めるのはちょっと違うかなという気はする。仙台戦が一番わかりやすい例だと思うけど、ニアを抜かれそうになったのを弾いたりしてるし反応の良さはあると思う。ただ、コーナーキックでゴールを空けたにもかかわらずパンチングできずにスカるとか、誰の目にもミスだとわかるプレーをしてしまうから批判の格好の的になっているんだと思う。ただでさえ失点の時はGKに視線が集中してしまうから尚更かもしれない。甲府戦の時も「ちょっとねぇ・・・」って感じだったし。

 表現が難しいんだけど、動物的なカンは鋭いかわりに頭を使ったプレーができないという印象を受ける。「動」のGK、というのは強引なくくりだなあとは自分でも思うんだけど・・・。GKは最後の砦だからGK自身の身体能力が高いことに越したことはない。でも、出来ることなら打たれても大丈夫じゃなくて打たせないGKになってほしい。GKの威圧感ということじゃなくて、DFを巧くコーチングして「打つコースがない!」という状況に追い込んでほしいな、と。

 もちろん、普段からそういったことは意識してやっているだろうけど、去年の三浦コンサからガラリと変わってシュートコースを「切る」のがイマイチうまくいっていないとか、甲府戦のように人数をかけて囲みに行ったはいいけど、間を通されてスペースもシュートコースもガラ空きなんていうことになって「GK頼む!」っていうシチュエーションになってしまっているのも失点の原因なのかな、と。

 さて、日曜日は岡山が相手。
 逆・童貞キラーのコンサだから地雷を踏みそうですごく怖い。
 しかし、もう連敗はできないぞ。

posted by フラッ太 |13:36 | 試合後の印象 | コメント(4) |

2009年03月25日

行って来ました!

 昨日から1泊2日でとあるホテルに旅行に行ってきました。

 なんでも食事の評判がいいらしく、また眺めも良いとかで。
 夕食はとにかく種類がハンパじゃなくあった。全種類制覇するのは絶対不可能。バイキング形式だけど食堂も広かったのでそれほど苦にはならなかったけど、ダイエットには不向き。つーか、バイキングはそもそもダイエットに向いてない(苦笑)。ビールもクラシックとヱビスがちゃんとあるあたり実にうれしい(笑)。

 食事の後は身体がふやけるまで温泉三昧。
 WBCの結果は移動中に知ったので牛のように寝そべりながらダイジェストを見たりして。
 そして今日、トンボ帰りで帰宅。途中、休憩したとあるお店でドーレくんを発見。

 今日はホームで湘南戦。難敵だけど、ホームの勝利はほぼ1年もお預け(!)。
 湘南自体にゃ恨みはないがコンサ腐した反町憎い、ってな感じ。

 頼むぜ! 

posted by フラッ太 |16:44 | 日記 | コメント(2) |

2009年03月23日

せっかく買ったのに・・・。

 甲府には1-2の敗戦。
 勝ってくれると信じてクラシックを買ってきたけど、おあずけになってしまった。我がPCも最初は「せっかく『勝った』のに・・・。」と変換するなど気を遣ってくれたんだがなあ(苦笑)。酒は美味しく飲むのが信条なので、湘南戦まで冷蔵庫で出番を待っていてもらおう。

 どうやらミス連発で自滅したという試合内容だったようで。
 まだ選手起用も流動的というか試行錯誤の段階だと思うので、今日の敗戦をどうとらえるかは判断が難しい。前半と後半で全く別のチームのようだったらしいけど・・・。

 中2日ですぐに湘南戦がやってくる。
 修正する時間がそれほどあるとは思えないけど、どう対処するか。
 観る側としても、映像を見た上で・・・と余裕を持てないのがつらいなあ。

posted by フラッ太 |02:13 | ビフォー&アフター | コメント(4) |

2009年03月22日

首が太い!

 取り急ぎ、スパサカをチェック。

 フランサがエロすぎる(笑)。90%くらいはサボってそうだけど、残りの10%でモトを取れちゃうというかお釣りが来るというか。言い方は悪いけど「ゼニの取れるプレイヤー」だなあ。ゼニの取れるプレイヤーを抱えるにはそれ相応のゼニもかかるわけだが・・・(苦笑)。
 ポポのシュートは速かったなあ。シュートスピードじゃなくて、シュートに至るまでが速い。ただ、マリノスは引き分けにしてしまったのは問題。ホームゲームなんだし、逃げ切っておかないと今年も残留争いに巻き込まれそうな気がしてならない。

 磐田はホームで浦和に引き分けだったけど、現状では1-1の引き分けが精一杯かなあ。
 ひとまず連敗が止まったのはいいとして、まだまだ修正点は多いように見える。

 あと、乾杯コンサドーレで大伍を取り上げていた。
 去年J1を経験して、表情に精悍さが増してきたとは思っていたが首が太い!
 あんだけ首が太い選手はそういないんじゃ。F1ドライバーかと思ったぞ。
 サッカー選手は腿が太いというのは何となくイメージが湧くけど、首が太いってのは・・・。

 成長の証が首に現れるとは思わなかった。
 今日は甲府戦。大伍だけじゃなく全員の力で連勝と行きたいもんだ。

posted by フラッ太 |13:26 | Another J | コメント(0) |

2009年03月20日

毛ガニ。

 WBCは韓国に勝ったようで。
 Prize or Prideではなく、Prize and Prideになるよう頑張ってほしい。

 で、久々にユルい話を。
 今日は何を思ったのかフラ父が毛ガニを買ってきたので、晩ごはんに早速いただくことに。
 たぶん初物(←当たり前か)。鮮度抜群、お値段以上の絶品。締めのミソがまた美味い。
 手がふやけるのも構わずに美味しくいただいた。その分ちょっと体重が増えたのは仕方ない。たらふく(←カニを食ったからカニ腹か?)食ったっていう自覚があるし。こういう美味いモノを食うと「北海道サイコー!」と叫びたくなる。

 そんな幸せな気分に浸っていたところにケータイの着信が。こういう時は大抵ロクな事がない。
 予感は的中。急遽日曜に代打に入ってくれというコール。代打は否定せんが、もうちょっと早く連絡よこせ!まあ、今はシフトが厳しいのはわかっているし、緊急事態だからこんな切羽詰まった状態でケータイにかけてきたんだろう。

 せっかく甲府戦の後で2本目のクラシックを空ける予定だったのに(泣)。
 14時キックオフだから結果はギリギリわかるくらいか。これでコンサにはどうしても勝ってもらわなくてはならなくなったぞ。やさぐれ状態じゃ仕事にならないからなあ(←普段からちゃんとやれよ!)。まあ、OKを出した以上は大伍ばりのポリバレントさでバッチリ穴を埋めてみせるさ。そして今年の弾丸ツアーは4泊5日にして練習見学も組み込むぞ。これくらいのワガママは通させてもらう。

 まあ、世の中いいことばっかりじゃないってことで(苦笑)。

posted by フラッ太 |21:54 | 日記 | コメント(3) |