スポンサーリンク

2021年06月09日

ジャイキリ大安売り。

>小塚きゅん、ウチ来ない~?

赤:はいどうもー、赤黒スズメでーす。
  今日は天皇杯の初戦だったわけですが、前半から馬鹿試合全開でしたねぇ。
黒:野球かっ!ってツッコミを入れたのは廣岡アナだけじゃないと思うぞ。
赤:でもまあ、馬鹿試合とはいえ中島大嘉がハットトリックというのは好材料です。
黒:メンバー表の表記ではシャドーっぽいが、前線はとにかくケガ人だらけだから
  日曜日のマリノス戦にも即抜擢してほしいわ。
赤:ガブリエルはまだ使える状態じゃないんですかねぇ。
  フィット以前にどういう選手かまだ分かっていない感じですし。
黒:そして天皇杯と言えば、毎度おなじみジャイアントキリングでございます!
赤:チリ紙交換車じゃないんだから…。
黒:負けや~晒され~♪晒され~(SNSは)祭り~だ~よ♪
赤:川崎も終了間際にやっと追いついてPK戦にもつれ込むヒヤヒヤものの勝利でしたからねぇ。
黒:ジャイアントキリングの大安売り!J1は2チーム!た~けや~…
赤:J1はFマリノスとFC東京と仙台なんですが。
黒:皆まで言うな。つーか、J2も山形と甲府が下克上の憂き目に遭ってるんだよな。
赤:でも、マリノスを倒したHonda FCは普通に強かったですよ?
  延長に入っても勝ち越された後に左からのクロスをスルーして追いつくとか
  J2クラブでもなかなか難しいオシャレな芸当ですよ?
黒:いい感じでFマリノスが消耗してくれたので今日はHonda FCさまさまだな。
赤:PK戦も2人目が一旦は弾かれたのにポストとGKに当たって入るとか
  執念が乗り移ったかのようでした。
  先制点のPKもHondaのGKが決めてますし、MOMはHondaのGKで決まりですかね?
黒:いや、真のMOMがある。
赤:というと?
黒:やっちゃえHondaのダンマク。


 ツイッター上では日産とホンダが残業でホワイト企業のトヨタが定時で退勤とか、なかなかスパイシーなフレーズもあったりしたが、1つだけ文句言いたい。JFAの公式HP無能すぎ。NHKの特設ページよりも劣るってどーよ?試合状況をリアルタイムで流してくれないので川崎の試合はSNSが頼り。往年のフロサポにしてみれば通常運転らしかったが、終了間際まで負けてたのでマジでジャイキリあるかもと思ってしまったぞ。お京都って何だ?と思ったらおこしやす京都(関西1部)のことだったのね…。

 一発勝負の難しさ、恐ろしさ。
 天皇杯はそれが出やすいトーナメントとはいえ、今日は多すぎやしないか?
 まあ、馬鹿試合でもウチらは勝ったから言えるんだけどね。

 Honda FCのこん棒隠し持った絵は上手いなと思ったけど、千田先生はつらいやろなあ…。

posted by フラッ太 |22:35 | Another J | コメント(1) | トラックバック(0)

2021年06月04日

雑感まとめ。

>昨日は鳥栖サポがダブル大地でwktkしたのかな…

 代表ウィークに入ってJ1はひと区切り。ということで、ここまでのリーグ戦を振り返ってみる。

 川崎独走。堅い名古屋をボコってしぶとい鹿島を振り切ってと優勝はおろか史上初の無敗優勝まで視野に入ってきつつある。おのれ小林悠。とっとと海外移籍しろ。もうリーグ全体で被害者の会を結成してもいいと思うの。上位陣で驚きなのは鳥栖が4位、福岡5位。

 鳥栖はユースからの昇格組をミョンヒさんが上手くまとめて残留争いの下馬評を覆すどころかリーグでわずかに8(!)の最少失点。帳簿は大穴開けてるのに。福岡はJ1で6連勝。これはもはやフロックで片付けるわけにはいかない。コンサには今年未だ連勝なし。ちょっとうらやましく感じる。残留争いの仙台ですら連勝があるのに。セランテスを切ってまで前線の選手に重心をかけた外国人補強もさることながら、一番評価されるべきは長谷部監督の手腕。

 鳥栖や福岡に共通するのはチームがまとまっていること。
 そう簡単には落ちてきそうもない。

 一方、残留争い。今年は降格枠4つということでシビアさは尋常じゃないが、まずはムキムキ補強で下馬評では上位進出が予想された清水の低迷か。降格圏とは勝ち点差わずか1。ロティーナはチーム作りに時間がかかるとは言われていたが、得点はまだしも失点23は明らかに多い。ウィリアム・マテウスが家庭の事情で退団など外国人選手がイマイチ活躍できていない。

 オルンガが抜けてどうなるか?いわゆるビックリ枠になるのではと一部で目された柏は今一番ドツボかも。ケガ人が多い上に外国人選手をたくさん獲ったはいいものの入国制限による合流遅れも重なってチームが固まらない印象。負け数11でワースト2位というのはかなりヤバい。ボロ負けこそそんなにないがとにかく勝てないってのはJ2で降格圏にどっぷりハマっている大宮を思わせるものがある。大宮は一応監督のクビ切ったが柏にできるかなあ…。

 ACLは罰ゲームなんて悪口もあるが、そのあおりを受けそうなのがガンバ。アデミウソンの事故とかコロナによる活動休止(これは不可抗力でもあるので一概に悪いとは言えないが)など普通に活動できる状態にないままシーズンに入った感じ。タレントが揃っているのに15試合で総得点7(もちろんワースト)はひどすぎる。ツネ様の首を切ったのは致し方なしか。で、後任はといえば暫定だった松波体制のまま。よほど大木こだま・ひびきをパクってネタにしようと思ったくらいだ。Fマリノスでさえ苦しめられた地獄の超過密日程、果たしてサバイバルできるのか?

 柏とガンバに共通するのはチームとしての型が定まっていないこと。
 残留争いの渦中にある仙台と大分とはそこが大きく違う。

 …ってな感じでざっくり上と下を見たわけだが、地味にヤバそうと感じるのがFC東京。
 1試合消化が多いのにウチらと勝ち点が同じって戦力的におかしくね?

 今年の戦いぶりを見ていないので何とも言い難いところはあるんだが、失点27はぶっちぎりワーストの横浜FCに次いでワースト2位。ガッチリ守ってチート外国人で押し切るイメージと重ならない。レアンドロが拗らせ癖を再発、波多野が規律違反とか何となくタガが緩んでいる印象もある。一時期サブだったけど禊は済んだってことなのかな?

 アンロへのオファーなどコンサに関してはまた改めてということで…。
 誰だ!横浜FCがウチの数々打ち立てたJ1ワースト記録を更新すると期待してる奴は!

posted by フラッ太 |20:15 | Another J | コメント(2) | トラックバック(0)

2021年05月29日

カレーなる勝利。

>もう許してや…あれぇ?

 アウェイ柏戦は2-1の勝利。

 プレビューを書きそびれてしまったが、柏はたぶん負けない戦い、殴り合いには付き合わないであろうと踏んでいた。去年の対戦時は9枚ブロック&戦術オルンガで味を占めたし、現状柏は失点が多いので先に失点すると苦しいというのはネルシーニョ監督の腹積もりとしてあったと思う。で、スタメンでは4バックか?と思いきやどうやら3&5バックだったようで。

 柏のSNSを覗いたら「ポコには勝てるだろ」「カツの入っていないカツカレー」と
 アンロペ抜きの札幌など恐るるに足らずといった具合。

 実際、コンサもしんどい台所事情だよなと思わせるスタメン。流石に宮澤はサブに回り駿汰が真ん中のCB。ずっとスタメンが続いていた金子もサブに回り、WBは左に今季初スタメンの青木、右にルーカス。FWには強力なサブがおらず、スタメン3人と金子で何とかしてくれといったところ。

 青木に期待がかかるのと同時に、こういう試合でキッチリとウノゼロで勝てれば一段階上に行けるかなと思っていたら今日の試合のMOMは他でもないVARさんだったという…。四方さんにイエローって何事?と思ったらAT10分って…。

 公式の文字情報をざっくりたどった雑感としては思った以上にコンサは攻めることができていたかな、と。カツのないカツカレーだけど、カレーはしっかり熟成されたし今年は小柏というスパイスが加わった。ダテにミシャで4年目を迎えたわけじゃないんだぜ?とちょっとだけドヤ顔になれる勝利だったかな、と。

 相撲だと四つに組まれると困るので中に入られないように離れて取る突き押し相撲の柏相手に縦パスで両腕を指せるようになった、だいぶ上手く組めるようになったコンサといった感じ?押し相撲って一度崩れると立て直すのが難しいっていうし…。清水戦の経験が活かされたといっていいのかな。

 今日を凌げば休めるというのもあったのかジェイがフルタイム戦えたのも大きいが、青木がほぼフルタイム戦えたのは今後を考えると大きい。高嶺がボランチ→左CBというマルチロールぶりでボランチも上手くローテーションできた。大八もだんだんフィットしてきたし、今日の勝利はチームでもぎ取ったものとして意味がある。福森と菅もうかうかしてられんぞ?

 …そういや、今日は2ndユニ初お目見えの試合。
 …と思ったら、ルヴァン杯GS鳥栖戦で既にお披露目済み(汗)。(←追記です)
 今日はJ1はウチらだけ。コンサの2ndユニカッコいい!という声で溢れることを祈る。

posted by フラッ太 |22:40 | 試合後の印象 | コメント(4) | トラックバック(0)

2021年05月26日

ミシャ、驚きの一手。

>リアル系メインってのはわりと好き

 ホーム鳥栖戦はスコアレスドロー。
 結果としては落ち着くところに落ち着いたかな、と。

 ただ、思った以上に主導権は握れていたし、ジェイが抜けた後半直後こそ鳥栖に押し込まれたものの総じて優勢ではあったと思う。ただ、優勢勝ちってのはサッカーにはないわけで、まあそうなるよなっていう感じ。

 連戦を考慮し、ジェイが前半でお役御免&後半小柏1トップは最初から決めていただろう。青木が左シャドーに入って駒井が右シャドー。これで駒井も生き返る形に。ドリブルから持ち込んでシュートが2本。やはり駒井はシャドーで使うなら右のほうがいい。開幕戦も右シャドーだったし。ただ、依然として“チャナ抜きの左シャドーどうする問題”は解決できていない模様。

 大まかにジェイありとジェイ抜きでは一長一短か。
 ジェイがいる分には手数がかかるがしっかり収めてくれる。
 小柏1トップは手数を少なくして早く迫れるが収まりは五分五分。
 さしずめ、将棋なら大駒ありとなしの違い(ドドは見かけは大駒だけど)。

 ただ小柏、あの1対1は決めなアカンわ。

 鳥栖相手に小駒オンリーで主導権を握ってゴールに迫れたのはポジティブに捉えていい。ただ、最後のひと押しがリアル系オンリーだとつらい。今までは都倉やジェイが担ってきた部分だから仕方ないっちゃそうなんだけど火力不足は如何ともしがたいか。精神コマンドで命中率100%ってワケにゃいかんのが現実の難しさよ。

 今日一番の驚きは福森を下げたこと。しかも、ウォーターブレイク明けすぐ。

 林に強引に突破されあわやPKというピンチの後。塚田スペシャルばりに攻め一辺倒のミシャがこのタイミングでというのは緩いプレーをした懲罰交代か?と思ってしまうほどにミシャにしては早い決断だった。その裏には高嶺がバンバン縦パスを通すなど攻撃面で良いプレーが増えてきたというのはあるだろう。福森OUTで高嶺を左CBに回したのは攻防の一手だったと思う。

 金子にボールは集まるものの、その後のクロスは言っちゃ悪いがギャンブルに近い。まずはドリブルをケアするというのが相手守備の優先順位になっていて壁に直面している感じ。あと、気になったのは駿汰が横パスを2度ほど引っ掛けられたこと、菅野が何でもないパントを2本ミスったこと。

 前線に動く選手が多かったので荒野は今日は敢えて動き回らずお膳立てに回った感じ。大人になったというのはちと上から目線すぎかな。ドドじゃなくガブリエルだったらとか思わないでもないけど、打てる手は打ったという意味では納得のスコアレスドロー。勝てた試合だったというのはあるが、やっと安定感を取り戻せたのでそこはポジティブに。

posted by フラッ太 |22:05 | 試合後の印象 | コメント(4) | トラックバック(0)

2021年05月26日

鳥栖戦の展望。

>レンタル移籍中の中野は出場不可

 さて、ホーム連戦となる鳥栖戦。
 ミンテの2試合出場停止、アンロペ欠場と二重苦の中でゴールデンタイムの地上波生放送。
 無様な戦いは絶対にできないのはもちろん、今のコンサは上を食わないといけない立場。

 下馬評では残留争いと目された鳥栖だが、清水とは逆の意味で序盤から中盤のサプライズ。

 鳥栖はとにかく“堅い”。なおクラブの帳簿には大穴が(ry。名古屋は個の能力がとにかく高いが、鳥栖は個人の能力はそこそこでも持ち前の運動量で局面ごとにイーブン以上に持っていく感じ。ユースから育てた選手のことを良く知るミョンヒ監督の手腕と相まって、J1で最もソリッドとかよくまとまっているというのが似合うチームと言ってよい。

 前節の清水とは違って引いた守備はしてこないから組み手争いで苦労するということはなさそう。ただ、ヘタにかわそうとすると刈られる可能性もあるのでミスは厳禁。

 サブに荒野がいるものの、前線の駒は充実しているとは言えないコンサ。したがって、ジェイをなるべく引っ張りたいが守備免除というわけにもいかないのでサジ加減が難しい。加えて前節はフルタイム出場。シャドーに入るであろう駒井も勤続疲労気味でどこまでサポートができるのか?

 考えられる交代カードは深井さんOUT荒野IN、駒井OUT青木IN、駒井OUT荒野INでシャドーに入れる、菅OUTルーカスIN、深井さんOUT大八INで宮澤を1つ前に出す、あたりか。鳥栖にとっては鬼より怖いジェイ。ジェイが早々にOUTだとかなり厳しい。清水戦で高嶺が小柏に1発で通した時のように福森・高嶺・菅の左がどれだけ仕事ができるかが勝利のカギとみる。

 今日も勝つ!

posted by フラッ太 |18:30 | スチャラカプレビュー | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年05月22日

新機軸!?一句ヒネりまショー!

>福岡6連勝ってマジ強えぇ…

 ホーム清水戦は2-0の勝利。

 地上波でオンタイム視聴。
 ミンテの派手なやらかしを除けばそんなにヒヤヒヤすることもなく、
 清水のあの戦力では2点あればセーフティリードかなという感じで。

 普段ならホーム限定で勝利時にはインチキ漢文で遊ぶんだが、
 頑張って書くわりにはリアクションがないのでシンプルに五七五で遊ぶのもいいかな、と。

〇ロティーナが 3バックの奇策をし
 ロティーナと言えば4-4-2のイメージ。3バックにしてきたのは結果が出ていないからか
 それとも5バックでスペースを埋めて負けない戦いにするためか?

〇菅野さん 今日もキッチリ防いでる
 地味にあれはヤバかった。ああいう1発でやられると殊の外ダメージが大きくなるし。
 さすがは正GKのセーブぶり。当然のように防ぐあたりが頼もしい。

〇前半は 亜空間へと引き込まれ
 前半で先制点をと思ったが、流石にロティーナも堅い。
 何となくだけどイヤな感じがあったのは確か。

〇ゴールへの ルートが見えぬ清水かな
〇カルリーニョス SHの方がマシ?
 とはいえ、「いったい清水はどーやって点取る気だ?」という気持ちがあったのも確か。
 前線でボール収められないし、あるとすれば引き込むだけ引き込んで
 奪ったらサイドを爆走、ギリギリまで引き付けて真ん中に…くらいしか思いつかんかった。

〇高嶺の 中距離砲にシビレたぜ
〇ボランチの 質が違えばこんなもの
 後半、高嶺が後ろに降りて小柏にフィード1発で裏にっていうのが素晴らしかった。
 高嶺も去年から片鱗を見せていたがあれには唸ったね。
 清水はボランチが相当苦しい状態で守備の強度もなければ展開力もない。
 せめて竹内がいれば違ったのかもしれないけど…。つーか、清水のボランチ長年変わってないんじゃ?

〇アンロペの ケガが非常に心配だ(←まんまやないかい!)
 たぶん連戦を見越してジェイは途中交代でアンロペ1トップで小柏と青木のシャドーを想定してたと思うけど、これはもう仕方ない。青木と小柏に頑張ってもらおう。

〇ああミンテ これで赤紙3枚目
〇指宿は 壁と思えば珍プレー
 ミンテが派手にやらかした後のFK。てっきり壁に当たってたと思ったが味方の頭に(!)直撃。珍プレー大賞があるなら間違いなくノミネートされていた。とりあえずミンテは反省文な。

 というわけで、ざっくりと振り返ってみた。シメは最初に思い付いたこの一句。
〇祝杯は お家で挙げよう存分に
 蛇足ながら下の句を追加するなら 金子ゴールでおかわり3杯

 …さて、恒例化するや否や?

posted by フラッ太 |23:10 | 試合後の印象 | コメント(2) | トラックバック(0)

2021年05月22日

清水戦の展望。

>ハズレレって…

 今年の清水を端的に表すなら誤算続き。

 ムキムキ補強&ロティーナ招聘で下馬評ではかなりイケるのでは?と思われた。J2で大ブレイクしたディサロは鳴り物入りどころか鳴かず飛ばず、堅い試合運びでロースコアになるのは想定内としても12試合で失点19は明らかに多い。

 ケガ人も多い。一番の誤算はヘナトアウグストが治療でブラジル帰国。竹内や原も離脱しているのでボランチが壊滅状態。正直、今の清水はJ1で一番ボランチが厳しいのでは?主力がかなり抜けていて、さしものロティーナをもってしても…といったところか。

 …で、スタメンを見たわけだが、清水は3バックか?3-4-2-1のミラーと思えなくもないが、そうなると宮本と中村になるであろうボランチを破壊できるか。結果が出ていないロティーナ監督が何かしら策を講じてきたとしても、それが何なのかがわからんなあ。小回りの利く機動性で勝負するのかな?それとも前からハメに行くために3トップ気味にしたのか…。

 コンサでは駒井が左WBになりそう。なぜ菅ではないのか?エウシーニョ対策なのかな?菅が守備力で劣るとは思わないがよくわからん。差し当たり「チャナティップの後釜どうする問題」を小柏が解決することができるか?ボランチ破壊の意味でも期待がかかる。

 サブに生粋のFWがいないことからして、早めに先制ゴールを決めて清水側の心を折りたい。ジェイが仕事して前半でお役御免となれば理想だが。ジェイにはある意味鳥栖以上に嫌なイメージもたっぷりあるだろうし…。えてして、もがく相手を助けてしまう悪癖のあるコンサ。眼下の敵はキッチリと叩いておきたい。

 勝つ!

posted by フラッ太 |13:20 | スチャラカプレビュー | コメント(2) | トラックバック(0)

2021年05月19日

ルヴァン杯GS・鹿島戦の展望。

>石崎コンサの時にサブにGK2人ってのがあったな…

 最初、サブにGKが2人いるのに驚いたが、
 スタメンを見て並びがどうなるのか見当がつかなかった。

 菅が左のCB、お休みと思われた駒井が荒野と共にボランチ、
 WBは右に柳、左にルーカス、中島1トップでシャドーは左に青木、右にドドかな。
 発表順では青木が右だが、右シャドーって今まであったっけ?このへんもちょっとわからん。

 ルーカス→宏武、ボランチで少なくとも1枚(駒井?)と高嶺なら
 ガブリエルはけっこう長い時間プレーできそうかな?
 GKの交代ってレッドカードでもない限りは通常ないけど、何だか期待しちゃう。
 まさかの小次郎大作戦だったら燃えるな。

 まさかといえばメインスタンドがゴール裏になるアクシデントも起きたし、
 いろいろなことが巻き起こりそうな予感…。

posted by フラッ太 |18:10 | スチャラカプレビュー | コメント(2) | トラックバック(0)

2021年05月19日

ルヴァン鹿島戦で見たいのは?

>気楽に書けるっていいねぇ…

赤:はいどうもー、赤黒スズメでーす。
黒:一度でいいから見てみたい、女房がヘソクリ隠すとこ。黒丸です。
赤:笑点かっ!
黒:大喜利だ!
赤:何が?…って、コージー富田とタカアンドトシってごちゃ混ぜすぎです。
黒:今度は勝敗でカリカリしなくていいカップ戦だ、興奮してきたな。
赤:……
黒:パクリのサンド…
赤:いいよもう!
黒:プレーオフステージは1位と2位のたすき掛けじゃなくて抽選なんだな。
赤:是が非でも1位!じゃないぶんだけいろんなことができそうですね。
黒:土曜日には清水戦があるからターンオーバーするだろう。
  「もう駒井のシャドーやトップ下は見たくない!」とか
  「バックパスばかりの菅にはうんざりだ」とか考えなくていいから気楽だな。
赤:…宏武も合流してますし出番の少ない選手中心でしょうね。
黒:だけどよ、最近の駒井とか菅ってやたら叩かれるよな?
赤:要求が高くなってるってことじゃないですか?
黒:フロンターレ攻略法の記事読んだけど、
  自分で仕掛けるところに物足りなさがあるにせよスプリントお化けの菅って必要だよなあ?
赤;ルーカスがケガですから他に選択肢もないですしねぇ。
黒:あ~あ~わかってくれとは言わないが~♪そんなに菅が悪いのか~♪
赤:それが言いたかったんかい!
黒:ただ、チャナがケガがちで次が駒井となると青木のシャドーはスタメンで見たいな。
赤:WBは宏武がいますしね。
黒:ミンテがまだ戻れないなら駿汰が休めそうもないのがなあ。
赤:大八が戻れても出ざるを得ないでしょうか。
黒:そうなると柳が右のCBかWBかは気になるな。
赤:WBじゃないですか?大八が真ん中、駿汰は右のCBで。
黒:ガブリエルも見たいが、流石にスタメンはないだろうな。
赤:でも、サブには入れて欲しいですね。
  ミシャ式に慣れる意味でもドームに慣れてもらう意味でも。
黒:どんな試合だろうが勝ちに行くのは当然だが、貴重なテスト試合でもある。
  中途半端なことはやめてほしいな。
赤:見てみたい選手が多いので別の意味で楽しみですし悩んじゃいますね!


 正直、彼我の選手層考えたら苦戦は必至。
 だけど「どこまでやれるんだろう?」というポジティブな気持ちが上回ってる。
 ぜひともアピールしてほしいし、もちろん勝利を目指してほしい。

posted by フラッ太 |00:50 | コンサについて | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年05月17日

それでも負けは悔しい。

>「奈良のGK姿も板についてきたな」「だからあれはチョン・ソンリョンだってば!」

 アウェイ川崎戦は0-2の負け。

 何というか川崎は強さが円熟の域に入っていて、さながらキラーモードなしの白鵬。
 まあ、今のメンバーのMAXというのが一番しっくりくるし、
 駒井のシャドーがとかバックパスばかりの菅がとかは些末なことかなあ、と。

 交代カードを使い切らなかったことはいろんな見方があるけど、
 1つ言えるとすれば“動かない選択”をどうとらえるかだと思う。

 動かなかったのか、動けなかったのか。動かなかったからいい勝負になったとも言えるし、動けなかったから追いつけなかったとも言える。名古屋戦のように緊張感の高い試合になったと推察していて、そうなると自分から動くのはなかなか勇気がいるし動かない選択もアリだろう、と。いずれにしても“これもまた一局(試合)”。持ち駒の違いってのもあるしねぇ…。

 ダイジェストではやはり宮澤のやらかしが気になったかな。それにしても川崎堅ぇ(←街中華で飲ろうぜの玉袋筋太郎風に)。谷口がホント最後の砦。福森のFKは蹴りも蹴ったり防ぎも防いだり。これぞ正しくThis is J1。止めたチョン・ソンリョンを褒めるしかないけど、福森の場合はさらにエグいのを蹴れるから「若干コースが甘いかな…」と物足りなさを感じてしまう。贅沢になったもんだ。

 あと、やっぱり小柏がいい。何より運べるのがいい。
 川崎戦ではやらかしが目立ってしまったけど宮澤も運べる選手。
 今ミシャコンサに一番足りないのはこれかもしれない。

 やれることはやった、という意味では負けを受け入れるのが容易な試合。最後の最後に小林悠にトドメ刺された、粘ったけど上手投げで転がされたと思えば、ね。でも、やっぱり負けは悔しい。良くも悪くも相手に合わせる悪癖といえばそうかもしれないけど「それだけできるならいつもやれ!」と思っちゃうんだよなあ。良い時もあるし悪い時もある。悪いなりにも勝ち点3持って帰るとか押し込めたけどドローとか内容と結果の間で揺れ動くのがサポの性だけど、納得のいく試合は見たいよねってことで…。

posted by フラッ太 |01:30 | 試合後の印象 | コメント(0) | トラックバック(0)