スポンサーリンク

2019年12月12日

'19第4次弾丸ツアーレポート⓶~VS川崎フロンターレ観戦記~

>GAMASって何だよ!

 …というわけでキックオフ。いきなりの失点で「おいおいおい…」とテンションダダ下がり。それでも出会い頭の1発だから落ち着いてと思ったら宮澤は簡単に引っ張り出されるわ、荒野へ4人が一気に襲い掛かって奪いに来るわで全くペースを掴めない。「おいおいおい、荒野ごときに4人で囲むのかよ!?」とビックリ。これって立ち読みしたfootballistaに書いてあったストーミングってやつなのか?
 後ろからのビルドアップが上手く行かないせいか序盤は早めにサイドチェンジや裏に出すなどスペースを意識した攻撃が多め。川崎もGKがチョンボしてCKにするとかパスミスとかがあったりで本調子ではない感じだったがFKから直接決められて0-2。「壁1枚で大丈夫か?」と思った矢先にニアをブチ抜かれるとか何やってんだよ…。距離的に直接もある位置だっただけにこれはソンユンを擁護できない。

 …ともあれ、まずは1点。時間がたっぷりあるのが不幸中の幸い。前半までに1-2にできるか。直後、アンロペが倒れたがノーファール。その後にイエローをもらったときは1発レッドになるんじゃないかとヒヤヒヤしたぞ…。磐田戦ではなぜかハンドを取られるとかアンロペに降りかかる受難が今シーズンを象徴してるよなあ。
 前線の3枚はボールを奪いに行けるユニットなので前からハメるのはわりとやりやすい。ただ、アンロペも武蔵もボールが収まらないのでイライラさせられっぱなし。収めてほしいところで収まらないのはホントにストレス溜まるわ。もちろん、川崎もそこを抑えに来るから大変なんだけど、そこで勝てないと…というのが多かったなあ。
 最初はアンロペが決めたと思っていたが、ルーカスのゴールで1点差。左で持って右に大きくサイドチェンジして中に入れるというミシャコンサが今シーズンを通じて狙っていた形。録画で改めてチェックしたがアシストは宮澤だったのか…。ルーカスは試合を通じて目立っていたけど、個人の能力ではなくチームとして崩せたのは大きい。前半の終わりごろのアンロペのシュートが入っていればなあ…。この時間帯はかなりいい感じ。

 前半を終えて考える。アンロペはシュートこそ撃ててはいるけど収まりは良くないしカードももらってるしでアンロペOUTジェイINかな。割と早めにサイドで起点は作れているしポストプレーで違いを見せてほしい…と思っていたら最初の交代カードは荒野OUTミンテIN。「もったいねぇーっ!」と思わず声が出た。荒野は上手くターンして剥がすとか自分で持ち上がるとか運動量を活かして中盤で効いていて今年一番の出来の良さと思っていた。だったらハナからミンテスタメンで良かったじゃん!な話なんだが、ミシャとしては荒野も深井も宮澤も使いたいんだろうなあ。

 ルーカスにはボールもかなり集まっていて個人としてのキレもいいほう。菅にもそこそこボールは供給できているしジェイは必須としてあと1枚は…と思っていたらチャナOUTジェイIN。これはちょっと意外。下りてボールを受けられるチャナ抜きで大丈夫かなと思っていた矢先、深井さんが担架でピッチを後にして中野IN。これはかなりの誤算。

 「運べるチャナ、動ける荒野、狩れる深井さん抜きで中盤どーすんだ?」

 DFラインの内から外へというスルーパスなど攻撃に関しては急造でもそこそこやれていた感じだけど、宮澤とのコンビな上に追いつきたい、早く点取りたいという意識が強すぎて2人とも前掛りになる。そうなるとフィルターがかからない状態になりやすい。加えて前線の3人がみんな前で張っていて誰も降りてこないから各個撃破されやすくなる。
 ただ、それでも武蔵の頑張りはお見事。守備も低い位置まで下りていたし普段だったらいったん預けそうな場面でも必死にキープして強引に突破するあたりはゴールへの意欲や自分が決めるんだという責任感が増していると感じた。そして、武蔵の速さはやはり脅威。CKからのカウンターなどでは一気にゴールに迫れるし中野からのスルーパスの場面は惜しかった。DFが寄せていたしコース切られていたから難しい局面だったけど、あれを決めきれないと代表レベルには達しないし、そのレベルが今の武蔵には求められている。

 何度も危ない場面を作られたけど、家長に流し込まれそうになった時はホントに血の気が引いた。ああいうヌルッと入って…というのは家長はホント巧いんだよねぇ。スコアだけなら1点差で試合終了だけど、1-5とか1-6になってもおかしくなかったし守備から攻撃に切り替わった時に緩める余裕があるあたりが川崎の強さだなと感じた。老獪さとはまた違うんだけど、コンサは攻撃が一本調子だったかな。チャナが残っていればもしかしたら違ったかもしれないけど、ボールの出し入れが単調でもうひと工夫が足りなかったように思う。

 不敗神話を続けてきたB型会もついに9回目にして途切れた。ただ、鹿島とは違う川崎の懐の深さを知ることができたのは良かったかな。川崎戦はグッチーさんと栗谷さんのダブル進行と最終戦ならでは。グッチーさんはフロサポに向かって「来年また(ルヴァン杯の)決勝で対戦しましょう!」とキレイな煽り。J1通算100試合出場で宮澤とソンユンが表彰されていたけど、ソンユンが今年で100試合って早いよなあ。3年かそこらででしょ?ノノ社長からのサプライズはなし。ただ、ミシャの話は長かったなあ(苦笑)。バックスタンド側には明らかに空席があったし、26000人台はまあこんなもんかな。

 「まだまだやね…」

 そんな思いを抱きながらドームを後にしたオレである。
 正直なところ、深井さんのケガが気になって勝ち負けはどうでもよくなっていたんだよなあ…。

posted by フラッ太 |20:25 | 旅行記 | コメント(1) |

2019年12月12日

'19第4次弾丸ツアーレポート①~VS川崎フロンターレ観戦記・キックオフ前まで~

>来年、どの列にしようかと思っていたら通路側はもう受付終了とか…

 12月7日、土曜日。

 あんまり変わらないとは思うけど、ドームへは南北線で大通まで出てそこから東豊線に乗り換え。アウェイのチケットがかなり売れていたこともあってか、乗り合わせた時にはほぼ1列フロサポで埋まっていた。ドームには午前10時過ぎに到着。浦和戦の教訓を生かし、待機列が長くならないのを確認したうえでGOODSJAMに。寒さから逃れるのとグッズ購入のためだ。缶バッジを4つ、BOXパズルキーホルダーを6つお買い上げ。キーホルダーはチャナやジェイなどすでに売切だったものもあるが、ラスト1個の荒野をゲットできた。
 入場後はまず座席を確認。普段あんまり行かないので地味に忘れがち。荷物を置いてバンダナと法被を身に着けてブースに向かう。奥にあるブースからのんびりぶらぶら。アウェイ側近くまで歩くとフロンターレの物販のブースが。これって普段もそうなのかな?早めにメシの確保しとこうかなと戻り始めたが

 「…少なくね?」

 神戸戦や浦和戦に比べて明らかにメシの並びが短い。浦和戦の時なんてメシ買うのを諦めようかと思うほどに長かったのに。それもあって、保険としてコンビニでパンを1個買い込んでいたんだがメシはフツーにゲットできた。ルーティーンを崩したくないので担々焼そばで済ませる。席に戻ってOB戦を眺めながら缶バッジの中身を確認。進藤、武蔵、宮澤、荒野…。うん、いい引きだ。うーんな感じだったら買い足しに行くつもりだったが幸先良し。でも、宮澤は似てねぇよなあ…。思えばこれが運の尽きだったのか。

 スタメンを確認。ん?宮澤CBで1トップがアンロペ?ミンテじゃないの?ジェイじゃないの?と頭の中でクエスチョンマークがグルグル。前節の鳥栖戦はミンテがスタメンで完封勝利。ルヴァン杯の時はミンテがスタメンだったから変えてきたのか?それとも、レアンドロダミアンはスタメンでは来ないと踏んで高さはある程度捨ててポゼッション重視にしたのか?でも鈍足の宮澤だと振り切られないか?
 宮澤CBは全くない形でもなかったのでいいとしてアンロペ1トップは意外だった。武蔵もいるし全くの1トップってワケじゃないだろうけど武蔵はMFになってるし、アンロペ中心に行くんだろうなあ…。よほどコンディションが良いとか何かしらスタメンで行けるというものがあるんだろう。


 つらつら書いてたらとんでもなく長くなったのでキックオフ前と試合とで分けました。缶バッジは帰ってから1袋に2つ入っていたのを知ったという(汗)。フロサポさん、いっぱいいたよなあ。声も出てたし…。ペットボトルは持ち込みNGだけど100円ショップで売ってそうなボトルに入れ替えるのはセーフなのかな?

posted by フラッ太 |20:20 | 旅行記 | コメント(1) |

2019年12月08日

【弾丸ツアー・最終日】ツアー終了。

>深井さん、大丈夫かな…

 えー、予定より1本早くして帰ってきました。

 B型会、9回目にしてとうとう不敗神話が途切れた(泣)。
 まあ、相手が川崎なら仕方ないし、あの試合展開では諦めもつこうというもの。
 次回があるとすればホーム開幕戦になる可能性が一番高いでしょう。

 今回のツアー、札幌は寒かったねぇ。
 ツアーレポートは需要があれば気長に書いていきます。え、やらかし?…あるわけないでしょ。

posted by フラッ太 |19:45 | 旅行記 | コメント(4) |

2019年12月07日

第9回CSBA開催のお知らせ。

>ぼく、サッカーで(準)優勝したよ!

※このエントリーは開催当日までブログのトップに来るように日付を調整します。

 コンサがルヴァン杯に手が届かなかったのはB型のキャプテン宮澤が欠場して完全体じゃなかったから。完全体になったホークスが日本シリーズで読売巨人をフルボッコにしたように最終節では川崎さんをギッタギタにしてやろう(←ジャイアンかっ!)。

 …というわけで、第9回CSBAをホーム最終戦の12月7日に行おうと思います!

 日時:12月7日J1第34節VS川崎フロンターレ戦試合終了後
    キックオフが14時なので開始時刻は18時を想定しています

 もともとは〇たさんやひとみさんとブログ上でB型つながりで遊んでいたら「だったら実際に集まってみない?」というのがきっかけで始まったオフ会。コンサドーレ札幌B型の会(Consadole Sapporo B-gata Assosiation)の頭文字を取ってCSBAとしていますが、B型つながりとはいってもB型の人しか参加できないB型縛りなんてことは決してありません。

 血液型はもちろん、老若男女問わずコンサが好きな方であればどなたでも参加できます。
 気軽にご参加いただければ幸いです。B型特有のクロストークだけ覚悟していただければ(苦笑)。

 ちなみに、今まで8回開催していますが不敗継続中(5勝3分け)です。8回目の時には「えー、川崎は無理ゲーでしょ…」と思っていましたが、昨日の試合で「行ける!やったるで!」と急にモチベーション上がりました。ゲンキンなもんです。だからB型なんです(笑)。

 これまで開催したときには何かしらスゴいことが起きました。退場あり、9人の浦和あり、福森の面白FKあり、ジェイのスーパーゴールあり、アンロペの大爆発&体を張ったイリュージョンあり…。今回も何かしら起きるでしょう。つーか、起こします(←オイ!)。

 参加を希望される方はこのエントリーにメールアドレス付きでコメントを入れてください。
 (※メールアドレスは管理人の私にしか公開されないようになっています)
 会場確保と人数確定の都合上、希望される方はお早めにお願い致します。

 今シーズンの締めくくりはCSBAで決まりだっ!

~追記1(2019.11.11)~
 11月11日午後5時の時点で私が把握している参加者は私(フラッ太)、owlsさん、かりんさん、〇たさん、ひとみさん、まささん、かもめさん、まさひろさん、hanaさん。〇たさん経由でさくらさんの10名、あとお返事待ちが3名です。会場手配の都合上、申し込みは今週いっぱいまでとさせていただきます。ご了承ください。

~追記2(2019.11.18)~
 11月17日時点で私が承知しているのは前述の10名に加えてkuronekoさん、ぜんさん、gumiさん、クラシックさん、坂巻さんの合計15名です。漏れがあったらお伝えください。また、会場を決めました。

 会場:ゆるり家
 場所:中央区南5西3 1-4 第11グリーンビル7階
 開始:18時00分~ 会費:5200円

 完全禁煙(電子タバコも不可)のお店です。なお、お店のご厚意で貸切OKとなりました。
 18時オープンなのであまり早すぎても入れない可能性があります。
 パーフェクトクラシックが飲めます。

 駆け込みもなさそうなので、申し込みは締め切らせていただきます。

~追記3(2019.12.2)~
 所用で来られない方が出たため14名となりました。
 また、最終戦はセレモニーがあるため開始時刻を18時30分と30分遅くしました。

posted by フラッ太 |23:59 | 日記 | コメント(8) |

2019年12月07日

【弾丸ツアー・2日目】川崎戦の展望。

>あのブログ、とうとう消されたな

 さて、今日の川崎戦。
 今年1年を締めくくるのはもちろんだが、来期へつなげるためにも勝利がほしい。

 川崎は少なくとも今日勝たなければ自力でのACL出場が消えるためガチで勝ちにくる。
 アウェイゾーンもかなり広くなっているためサポの後押しも大きい。

 コンサも目標の7位にはまず勝つことが求められる(引き分けだと大分●のみ)。
 他会場の結果次第だが、勝てば今シーズン勝ち越しとなるのは確定。
 アントニオ猪木に怒られそうなのでこれ以上は書かないが、1つでも順位を上げること、
 川崎に勝って今シーズンを終えることは来季に向けて大きな意味がある。
 ルヴァン杯のグループ分けにも影響するだろうし…。

 コンアシ予想では宮澤がCB予想なのが不安といえば不安だが、チーム力の全てを注いで勝利を目指そう。
 勝つぞ!

posted by フラッ太 |08:55 | 旅行記 | コメント(1) |

2019年12月06日

【弾丸ツアー·初日】そこそこ順調。

>Amazonを騙る怪しい詐欺メールが来た…

 今年はドームの試合でおしまいなので宮の沢詣では思いきってパス。
 市内中心部に絞って移動。時間的には余裕ができた。
 却ってメシに迷うことにもなったけど…。

 さて、明日に備えて早めに寝る。
 #10のタオマフと法被も次準備万端。明日は勝つ!

posted by フラッ太 |21:20 | 旅行記 | コメント(0) |

2019年12月04日

分岐点の岩崎。

>欲しいもの 専用スタより 練習場

 さて、E-1選手権に出場するフル代表とチャレンジカップに出場するU-22代表が発表された。
 ぶっちゃけ、ポイチの方向性が見えんというのが率直な感想。

 フル代表では4バックだったんだがマリノスの仲川や武蔵はMFでの選出。この前のベネズエラ戦における前半だけでの4失点という大失態で代表選出を素直に喜べなくなっているオレがいる。もっとも、田中駿汰のフル代表での選出は良い意味でのサプライズではあるんだが…。

 サプライズという意味ではU-22代表で岩崎が選ばれたというのがより大きい。何せ岩崎はカップ戦はまだしもリーグ戦ではほとんど出場機会なし。菅は前回選出されているのでいいとして、このタイミングでというのは他のメンツからしてもラストチャンスとみる。ここで結果を出せないようだと来季の岩崎の身の振り方は大きく変わるかも。

 フル代表は今のところ22人。天皇杯や入れ替え戦を考慮しているのかな?
 ポイチからすれば湘南の杉岡や神戸の古橋あたりは呼びたいと思うが…。

 去年、なかなか試合に出られなかった白井が今年はルーカスと五分以上にポジション争いで鎬を削っているだけに、岩崎にはコンサで成長してもらいたい。武蔵にも言えることだが、代表ではとにかく結果。ポイチの采配や選手起用が激しく心配だが、岩崎にはチャンスをモノにしてほしい。

posted by フラッ太 |22:20 | Another J | コメント(3) |

2019年12月03日

とりあえず…。

>札幌ってもう冬靴じゃなきゃダメ?こっち全然雪積もってないもんで…。

 何だろう、最終戦の川崎戦は何かスゴいことが起きそうな気がしている。

 今年のコンサは選手個々だけにフォーカスしてもお金を払って観る価値あるなと思わせる。チャナは言うに及ばず、福森のFKやルーカスの変態股抜きドリブル、ジェイのヘッド、「何でそれが防げるのっ!?」というソンユンのセービングといったわかりやすいスゴさがある。DAZNスーパーセーブの常連だし。浦和戦の時も西川からパント1発で一気のカウンターって場面でも「うん、まあソンユンなら何とかしてくれるかな…」と呑気に観ていた。贅沢なもんで、ソンユンのプレーを見慣れると足元の技術以外は他のGKが物足りなく映るから困る。

 ルヴァン杯ファイナルでは深井さんの劇的同点ヘッドというスゴいことが起きた。

 コンサの背番号8はコンササポであれば俺達の砂川誠だった。だが、あのゴールはコンサの背番号8が深井一希であると全国へ知らしめるに十分だったと同時に、コンサの背番号8が深井一希と完全に一致し定着する、深井一希の背番号となった瞬間でもあった。

 その後の名古屋戦でも全くのノーマークで無警戒というザル守備だったのを尻目に深井さんは当たり前のようにヘディングゴールを決めた。磐田戦でも同点となるヘディングゴールを決めた。これだけ見せつけられると否が応でも意識せざるを得ない。
 といって、コンサにはジェイ、ミンテ、進藤、武蔵、アンロペとCKで抑えるべき選手が多いから深井さんを優先するワケにもいかない。マンマークで抑えたつもりが、ニアサイドにピンポイントに走り込んできた宮澤にドンピシャとか裏をかくプレー選択もあるから高さでアタック2019版もなかなかに凶悪。

 ラス前の鳥栖戦の勝利で精神的には重荷がなくなったはず。今週の札幌はずっと雪マークできちんと練習ができるかどうかが心配だが、何となく行けそうな感じがする。というか、川崎は今年のうちに超えなきゃならない相手になったように思う。というわけで、

 2019第4次弾丸ツアー・師走の陣 ~とりあえずリベンジ~
 …道中ではスゴいことはいらんからな? 

posted by フラッ太 |21:20 | 日記 | コメント(4) |

2019年12月02日

指定席化とリセール。

~業務連絡~
 土曜日のCSBAですが、最終戦はセレモニーがあるので
 開始時刻を30分遅らせて18時30分に変更しました。

 さて、来シーズンのシーズンシートの要項が届いた。
 既にブログで取り上げている方もいるが、コーナーの座席が来シーズンから指定席となる。
 一方で、シーズンシート持ちに限ってリセールが解禁となる。

 個人的事情だけならこれはものすごくありがたい。

 ちなみにオレは劇場シート(旧SS指定席)しか買わない。理由としては主に3つ。観戦する機会そのものが少なく少しでも多くのお金をクラブに落としたい、戦術厨なのでじっくり試合を観戦したいというのがある。ゴール裏でバモる体力と気力がないというのもある(汗)。天皇杯のゴール裏で120分+PKの負け試合で精魂使い果たしてグッタリ疲れ切ったのがトラウマになっている…。

 初めてハーフシーズンシートを購入したのが去年。ホーム開幕戦でえチケをお願いし、ハーフシーズンシートで神戸戦と最終戦の広島戦を観戦した。今年は清水の舞台から飛び降りたつもりでフルシーズンシートを購入し、ここまで3試合を観戦。なお飛び降りたのはアンロペだった模様…。参戦する機会が増えるワケではないのでコスパだけなら開幕戦だけえチケで後半戦はハーフシーズンシートというのが一番いいんだが、シーチケによる最先行入場の恩恵はやっぱり大きいんである。

 消費税増税による価格改定は全券種共通だと思うので仕方ない面があるが、シーチケで指定席を選ぶ人がオプションをつけずに買うとは考えにくい。となると、値上がり感はかなりのものとなるのでリセール解禁はその緩和策なのかな、と。

 劇場シート(レッド)にオプションをつけると79000円。今年は締め切りに間に合わずオプションなし(汗)。ここまで上がると流石に躊躇する。だがオレの場合、参戦できるのはせいぜい5試合くらいなのでリセール解禁となれば金額面のハードルはグッと下がる。手数料を引かれても1試合で2500円戻れば14試合で実質35000円の値下げ。2000円としても3万円近く安くなる。そんなに単純な話でもないとは思うけど。

 もっとも、オレの場合はかなりのレアケースだからあまり意味はないが、シーチケ持ちがどれくらい利用しているかはデータとして持っているはずだから効果ありと踏んだのかもしれない。シーチケの座席が空いてるってのはカッコ悪いし、その空いた席を少しでも埋められれば客単価も上がる可能性がある。成績が良ければシーチケまで関心を持つかもしれない。

 なので、多少なりとも指定席へのシフトは進むような気がする。そして、持つこと自体がステイタスという意味ではゴールドシートの人気や価値が上がることも考えられる。さすがにゴールドシートにまでは手が出せんが(汗)。今年は締め切りがやたら早いから気を付けないとな…。

posted by フラッ太 |22:00 | コンサについて | コメント(2) |

2019年11月30日

できる子や!

>あっけない残留争いの幕切れ…。絶対に最終節までもつれると思ったんだけどなあ。

 アウェイ鳥栖戦は2-0の勝利。

 鳥栖サポの心境としては「何やったんや~!」「(前節の)磐田戦~!」だろうが、
 ウチらとしちゃそんなの知ったこっちゃねぇである。ウチらにはウチらの目標があるのだ。

 決めるべき人が決めて勝った、完封で勝った。武蔵はキャリアハイ更新。武蔵はできる子や!
 そして何より有休リーチが6人もいたのに最終節に向けて誰1人欠けることなく勝てた。
 これで川崎に全力でぶつかれる。

 とりあえず速報を流し読みしたところソンユンは通常運転で相変わらず大忙しだったようだが、ミンテがCBに戻ってきたのはやっぱ大きいんじゃないかなあ?J1ともなると「こなせます」程度の宮澤だとゴリ押しされたら防ぎきれん感じがする。磐田戦はルキアンやアダイウトン相手に鈍足の宮澤が全力疾走でやっとこさ対応…ってのがあったし、去年の広島戦は肉弾戦に滅法強いパトリックに応対させるけっこうな無茶ぶりもやってたし。

 その点、ミンテは足技はともかく速さや高さで対抗できる。肉弾戦でも簡単には負けない。最終節もミンテにDFラインを引き締めてもらいたい。今日は深井さんのゴールはなかったけど、だんだん深井さんの良さが確立できてきているように思う。潰せる、狩れる深井さんがいるといないとではだいぶ違う。
 ここ数試合は荒野がスタメンだったが今日は宮澤がスタメンとボランチの争いもなかなか熾烈。特長がそれぞれ違うのでできれば3人とも使いたいが、宮澤をCBに入れる力技に走ると守備強度が落ちるのが悩ましい。今日はチャナティップがイエローカードをもらったので荒野がシャドーに入る格好となったが、これが一番バランスが取れているかもしれん。

 …さて、優勝争いがマリノスでほぼ決まり(3点差負けまでOK)となったものの、最終節は入れ替え戦回りの押し付け合いが得失点差から事実上鳥栖(勝ち点36,-20)・清水(勝ち点36,-25)・湘南(勝ち点35)の3チームで清水VS鳥栖の直接対決。相変わらず日程くん(ry。湘南が勝てば自動残留の目があるので呑気に談合とはいかないかも。そしてACL出場権争いは3位鹿島(勝ち点60,+23)と4位川崎(勝ち点57,+22)で川崎〇鹿島●で順位が入れ替わるので川崎は当然超本気モードで向かってくる。負ければ5位転落の可能性もあるから尚更。

 「最終節、ACL争いになったらシビレるなあ…」と思っていたら別の形で実現(汗)。
 今日も勝って何とか望みを…と思っていた磐田を仕留めきれなかった分も含めて
 最終節はごっつええ感じで終わりたいもんである。ミシャコンサはできる子や!

posted by フラッ太 |19:40 | 試合後の印象 | コメント(2) |