スポンサーリンク

2008年06月30日

勢いで作ってみた。

 今日は昼は運動を兼ねた散歩。でも、体重には変化無し。そう都合良くはいかんわなあ・・・。
 でも、その代わりといっては何だが、久しぶりに替え歌を思いついた。

 choroさんの「千歳に行ったらゲートで捕まる」で大笑いしたので、最初は浪花恋しぐれでいこうと思った。
 ♪コンサのためなら出資もするぜ それがどうした文句があるか~♪
 ・・・とここまでは思いついたのだが、なんだか暗くなりそうなのでやめた。

 で、ノリを重視して、またしても勝手にシンドバッドで作ってみた。
 あくまで勢いで軽~く作ってみたのでワンコーラスだけ。では、いってみよう!

   勝手にシンドバッド ~J1苦闘編~

  ラララララララララララ・・・
  久しぶりのJ1 レベルは段違いで
  J2の思い出は 今の現実見てて消えたほどに
  それにしても連敗 止まらないどうしよう
  箕輪とアンデルソン 入ってちょっとは上がり目見えたはず
  さっきまで前半の コンサ思い出してた時
  ケガで離脱の 選手の顔が目に浮かぶ
  早く治って厚別で お目にかかりたい
  次何節? そうね15節
  相手どこ? 清水エスパルス
  もう降格? まだ早い!
  不思議なものね みうみう見れば
  胸騒ぎの居心地 胸騒ぎの面持ち 今度こそ勝ってくれ
  Music Come On! Stay To The J1!

 ・・・どことなく微妙なノリの気もするが、勢いなのでご容赦を。
 サブタイトルが横浜銀蠅っぽいのは笑って許してください(苦笑)。
 お願いだから次の清水戦は勝ち点3だ!

posted by フラッ太 |21:41 | みゅーずぃっく | コメント(2) |

2008年06月30日

サイドアタック全盛時代!?~目覚めよ征也、目覚めよ大伍~

 白く浮かんだ28の数字。
 なんだかんだいってもテンションが下がっていて、なかなかブログを書く気になれなかったのかなあ。
 が、ガンバ戦が終わって急に書きたいことが増えてきた。
 EUROはスペインが勝ったとか。ドイツが勝つよりはきっと幸せなフィナーレだったに違いない(笑)。
 
 で、本題。

 マンUのC・ロナウドがわかりやすいと思うのだが、今年は特にサイドアタックが増えてきて「サイドを制する者が勝利を掴む」といった感がある。真ん中でボールを回しながら機をうかがうというのではなく、シンプルにサイドに展開してスピード勝負に持ち込むといった印象さえある。

 昨日のガンバ戦ではどうも中盤特にサイドハーフの2人が「消えていた」ようで、その指摘が多かったように思う。
 サイドアタックを成立させるためには、大きく分けて2つあると思う。
 ①サイドハーフの選手本人の攻撃への意識
 ②サイドアタックを成立させるためのチームとしての連係
 ①は当然として、問題は②をどうするかなのだろう。
 要は、どうやってサイドアタックのお膳立てを作るか?ということになってくるわけで。

 理想を言うなら、フランス戦でのオランダのロッベンのプレー。
 あっという間にサイドを駆け上がり、そのまま一気にフィニッシュにもっていってしまうプレーはただただ見とれるしかなかった。しかも、1点差に詰め寄られた直後には自分で決めてしまうんだからまあ何とも・・・。issey11さんが「ペネトレイター」「フィニッシャー」と表現されていたが、ロッベンは両方ができるすごい選手というのが今更ながらわかったわけで。
 EUROではサイドからの攻撃が与えた印象はとりわけ大きい。
 イタリアVSオランダ(zenusさんが詳しく書かれています)や準決勝のスペインVSロシアでのスペインの3点目(だったかな?)は正に圧巻。中盤の底でワンタッチでポンポンポンとつないでサイドにポ~ンと出して、ピンポイントのセンタリングに点で合わせたあのゴールはファンタジーすら感じさせる実に魅惑的なプレーだった。

 で、コンサ。
 征也や大伍にペネトレイターとフィニッシャーの両方を満たしてくれとは言えないけど、まずはペネトレイターとして機能してもらいたいというのはある。守備に回る時間が多くてなかなかその役目を果たせないというのはあったにせよ、J1ではそれが当たり前にできなくては上に行くどころか残留すら覚束ないわけで。

 例として取り上げた方のブログのつまみ食いになってしまった感が激しくあるんだけど(苦笑)。
 ただ、チームとして機能させるためには今の三浦戦術で果たしてできるのだろうかという思いもある。
 そのへんはまた改めて書くことに・・・。

posted by フラッ太 |09:18 | コンサについて | コメント(0) |

2008年06月29日

進歩があったと思いたい。

 一言で済ませるならば力負け、ということになるのだろうか。
 ガンバ戦は2-4の敗戦。奇しくも浦和戦と同じスコア。
 映像を見ていないので評価といっても限られてくるのだが、終始リードを許す展開。
 でも、中断前のコンサなら1-3のまま、あるいはもっと悪い結果になっただろう。
 
 負けたという事実は変わらないものの、少しは負け方が納得できるというか前のめりに倒れた負け方だったというか・・・。ボロボロに負けたという感じは僕にはなぜか起こらなかった。地力の差なのだ、と言い聞かせることができた。

 それだけでも進歩があったと思いたい。

 7月5日の清水戦。聖地・厚別での開幕ゲーム。

 逆襲は厚別から。

 今日は確かに負けは負け。
 でも、僕らには厚別がある。最後の砦。
 僕らが選手達とひとつになって戦っていくしかないんだ。
 清水戦は前のめりになって今度こそ勝利の歓喜を迎えたい。

posted by フラッ太 |21:19 | コンサについて | コメント(3) |

2008年06月29日

上から下まで大混戦!?

 中断期間も終わり、リーグ再開。
 昨日は軒並み下位チームが勝っているようで。
 J2時代から川崎が新潟のホームゲームで勝てないというのはちと以外。

 昨日は千葉も試合がなかったので、コンサと千葉だけがポツンと下で浮いている状態。いや、沈んでいるというべきか。清水・磐田が勝ったので今日の降格圏脱出はなくなったが、今年は勝ち点にあまり差がなくこのまま混戦が続けば降格ラインが下がることも予想される。

 が、それはあくまでも希望的観測であって、自力で降格圏を脱出しないことには意味がないわけで。
 詳しくデータをチェックしたわけではないが、リーグの半分を終わってビリのチームは100%降格になっている(はず)。今日でもう14節。千葉との勝ち点差は2しかないし、ある意味デッドラインがかなり近づいているのだ。
 
 戦力差を考えればアウェイのガンバ戦で勝ち点3というのは流石に厳しい要求ではある。
 でも、それでもしゃにむに勝ち点を奪ってほしい。今日の試合はリーグ終了時にたらればの分岐点になるだろう。
 ここで勝ち点1でも奪うことができるかでコンサの運命が決まるんじゃないか。

 そんな気がしてならないのである。
 

posted by フラッ太 |08:47 | 日記 | コメント(3) |

2008年06月27日

今日のとりもろ。

 6月24日付のアクセスランキングにランクインすることができました。
 ありがとうございます!
 これからもよろしくお付き合いのほどを。

 で、今日のとりもろ。とりとめもなくもろもろと、なのでとりもろ。

 今日は日帰りで長距離ドライブ。
 フラ父と交代しながら往復で450キロくらい。
 思ったほど疲れはなかったがケツが痛い(苦笑)。帰ってきたあと2時間くらい昼寝をしたのはここだけの秘密。
 昨日と今日で体重が1キロ減。今日はやたらトイレが近かったからそのせいかもしれないが悪い気はしない。
 このまま一気に突っ走れるか。頑張れ、オレ!

 EURO準決勝。
 スペインが3-0ですか。今回の強さは本物かもしれない(もともと強いんだけど)。決勝の相手はドイツ。しかし、なぜかドイツはあまり応援する気になれない。ドイツが勝つと「あ~あ、終わってみればやっぱりドイツか」っていう何かしら意外性のなさを感じてしまう・・・。

 そしてW杯最終予選の組み分けも決定。Ryosukeさんのブログなどチェックされている方も多い。
 とりあえずは北朝鮮と同組にならなくて良かったといった感じ。日程的にはラスト3戦がもっとも厳しそう。6月6日はアウェイでウズベキスタン、10日にはホームでカタール、17日にはアウェイでオーストラリアとかなりハードな日程。
 まあ、中東勢はバーレーンとカタールだからイラン・サウジアラビアと当たるよりはかなりマシともいえるけど、先行逃げ切りでホームのカタール戦が引き分け以上で出場決定というシチュエーションにはしておきたいかなあ、と。グループBの3位とは当たりたくないし(笑)。

 コンサも日曜日はガンバ戦が待っている。
 何が何でも勝ち点を獲っていいイメージで厚別の開幕を迎えたい。
 

posted by フラッ太@ケツが痛い・・・。 |21:09 | 日記 | コメント(0) |

2008年06月26日

早く決まってくれ!

 東京・札幌弾丸ツアーまであと2ヶ月。
 今日、往復の航空券も支払いを終えた。JAL様の方が1000円高いのだがこれくらいは心意気でカバー。

 だんだんテンションが上がってきたのはいいのだが、気がかりなことがひとつ。
 8月27日の厚別でのガンバ戦。
 W杯予選などの関係で未だに日程が確定しない。

 W杯予選の抽選は明日。
 予選の組み分けも気になるが、それ以上に27日に予定通り行われるかどうかの方がもっと気になる。
 願わくは初参戦をかなえたい。
 ゴール裏は体力が持たないので、SSでまったり観戦といきたいのだが・・・。

 初参戦はお金に替えられない価値がある(いや、チケット代や宿泊費はちゃんと払いますよ)。
 日頃の行いがいいと信じて(苦笑)吉報を待ちたい。
 
 

posted by フラッ太 |16:29 | 日記 | コメント(2) |

2008年06月25日

こっちも再開だ!アイウエオ作文大作戦9~ガンバ大阪編~

 今週末からリーグ戦も再開。一足早くガンバは京都と対戦。因縁の対決が早くも実現。
 これ、P○○○Eだったらおもいっきりあおるだろうなあ(苦笑)。
 ガンバが降格なんてことはまずないと思うので、京都にはガンガン削っていただいて結局は黄紙・赤紙の大安売りでガンバに一歩及ばずなんて展開を期待したいですなあ(笑)。

 それはともかく、アイウエオ作文大作戦も満を持して再開です!
 お題はもちろん直球勝負で「ガンバ大阪」。

  がん・・・頑張るだけじゃ 物足りない
  ば・・・・挽回するのは ここからだ
  お・・・・俺たちゃ見たい コンサの勝利
  お・・・・恐れることなく 戦うぞ
  さ・・・・さあこれからが 本番だ
  か・・・・勝って厚別 迎えよう

 満を持して、といった割には暖めていたネタを一部分忘れてしまった(泣)。
 まあ、出来は良くなったと思うので結果オーライってことで(苦笑)。

 ガンバ相手に完封はなかなか難しいと思うが、どこまでディフェンスが改善できたかを測る意味ではちょうどいい腕試しができる相手ともいえるだろう。箕輪がどれくらい三浦戦術にフィットしたかをチェックすることもできる。アンデルソンが即戦力として働くことができるのかも気になるところ(いや、働いてもらわないと困るんだけど)。

 1勝1分け1敗という目標はあるとはいえ、なりふり構わず勝ちに行ってほしい。
 ガンバ相手に勝てれば自信も取り戻せるし、いいイメージで厚別の開幕を迎えられる。
 進化した(というより本来の戦力をやっと取り戻した)三浦コンサに改めて期待したい。

posted by フラッ太 |11:41 | コンサについて | コメント(0) |

2008年06月24日

ニコニコな話。

 今日、ダイさんのブログを読んでいて、面白いモノを見つけた。
 ウッーウッーウマウマである。

 詳しいことは検索していただくとして、これ使えないだろうか?
 コンサのゴールシーンでこれでハジけるとけっこう面白いと思うんだけど・・・。
 ノリとしては磐田の「ナカヤマ、ゲット、ゴンゴール~♪」に近い感じもするし、踊りも簡単だし。

 ○○○○ ウマウマ
 ○○○○ ウマウマ
 ○○○○ ウマウマ Hey! Hey! を2回繰り返す(○○○○には選手の名前を入れる)。
 Hey!のところでジャンプする。足がつらい方は両手を突き上げる。

 最初は冗談半分でみうみうウマウマなんてやったらと思ったんだけど、どうせやるならみんなでやった方が盛り上がるんじゃないかと。コーヒールンバのチャント(でいいんですよね?)もいいけど、ゴールシーンでこれをやったら・・・なんて考えてみたのだ。
 
 おフザケのようにも感じるけど、スタジアムの一体感を演出するにはこんなのもやってみたらいいんじゃないかと。サポーターがするのは無理でも、選手の誰かにゴールパフォーマンスでやってみてほしいなあ、とも思ったんである。

 ネタっぽいですが、けっこう本気。
 そして、ネタっぽいけどけっこう本気なあの大作戦も明日再開予定です。
 お楽しみに・・・。

posted by フラッ太 |21:26 | 日記 | コメント(0) |

2008年06月23日

とりとめもなくもろもろと。

 今さらながらIKZOネタにハマって腹筋を崩壊させとります。ええ、今さらですとも。当分はこれで腹筋を鍛える・・・じゃなくて崩壊させることに明け暮れようかと。

 さて、アンデルソンに続いて川崎から箕輪がレンタルで加入。
 家族を呼び寄せるといった報道もあり、レンタルとはいうものの将来的には完全も視野に入っているのかもしれない。実際に川崎が簡単に出すとも思えないが、狙いとしては実にいい補強であるように思う。
 他に補強はないのだろうかと期待していたのだが、どうもこれ以上の補強は無さそう。
 まあ、ミノさんが加入したということで、これで補強はファイナルアンサー・・・ってベタにも程があるってば(苦笑)。
 
 そして、きのうのバーレーン戦。
 とりあえず、俊輔は当分の間PK禁止の刑に処す(苦笑)。餅は餅屋。PKは職人の遠藤に任せよう。
 試合は全く観てません。だって勝とうが負けようが最終予選にゃ出られるんだし。まあ、ホームで勝ったのだからメンツは保てただろうし良しとしましょ、っていう感じでしかありません。
 試合はファンタジーなゴールで1-0の勝ち。でも、だから何なのっていう印象がどうしてもあるんだよなあ。

 EUROの録りだめをしているうちにHDDの容量がどんどん減ってきた。
 そのうち観ようと思いつつ、ちっとも観ることができない(泣)。
 準決勝はドイツVSトルコ、スペインVSロシア。
 前回のギリシャのようにトルコに奇跡を起こしてほしいが、相手はそういうことを一番許しそうにないドイツ(苦笑)。仏の顔も三度となるか、二度あることは三度あるとなるか。勝負はゲタを履くまでわからない。コンサの選手にはぜひとも見習ってほしいもんである。

 明日から3日間代打出場。
 昔の八木、今年の桧山のような代打の神様になれるか。何とか八重樫くらいにはなりたいなあ(苦笑)。

posted by フラッ太 |18:33 | 日記 | コメント(2) |

2008年06月23日

F1第8戦・フランスグランプリ。

 F1のカレンダーはいろいろと変わることがあるが、フランスから始まる高速3連戦は僕が知る限りここ20年近く変わらずにいる。フランスグランプリはF1の中盤戦の始まりを告げるのである。

 ・・・とまあ、前置きはこれくらいにして。

 今回はレース全体ではあまり変化がなかったので、トヨタに絞って書いていこうと思う。
 2年ぶりの表彰台(どこだったか忘れた・・・)。トゥルーリがとにかく頑張った。

 前のカナダではグロックと共にダブル入賞。予選でも前の方に並ぶようになり、混戦のセカンドグループの中でも自力をつけつつある。
 地上波中継では「亡きオベ・アンダーソンに捧ぐ」といった感じで実況していた。ちょっと感情移入しすぎじゃないの?なんて茶々も入れたくなったけど、トヨタのスタッフ達は特別な気概を持って挑んでいたし、マシンにも(たぶん喪章として)黒いラインを入れていた。トヨタがF1チームとして戦うことができるのも彼の存在があったからこそ。なので今回は許してあげよう(って上から目線だなあ)。

 終盤のコバライネンとのバトルは久々に見入ってしまった。
 どちらもピットワークを終わって、コース上でのドライバー同士のガチンコ勝負。
 相手はちょっとフェラーリにおいていかれそうとはいえ天下のマクラーレン。コバライネンもマクラーレンに来てからはイマイチ結果が振るわず、どうしても表彰台に立って実力を証明したかったはず。
 サイドバイサイドの上を行くホイールトゥホイール。それどころか、軽くヒットしてあわやコバライネンが前に出るかというところをすんでのところでトゥルーリが3位を守りきった。本来ならトゥルーリが譲っても良かった場面かもしれない。しかし、今回は違った。絶対に譲らない!という気迫を感じた。
 あの状況で踏みとどまったコバライネンもさすがと思わせてくれた。が、今回はトゥルーリの執念が勝ったという感じ。オベ・アンダーソンが守ってくれたというのはちょっとリリカルに過ぎるけど、そう思わせるだけの何かがトゥルーリにはあったように見えた。

 フェラーリがワンツーで制し、望みうる最高の結果となったトゥルーリ。
 来週はすぐに「お約束」のイギリスグランプリが待っている。
 それにしても、今回は中嶋一貴は振るわなかったなあ。国際映像にはほとんど映らずじまい。今年は予選タイムがかなり拮抗しているからきっかけさえつかめれば上に行くチャンスはある。Q3に常に出られるようにするのが当面の予選での目標になるだろう。

 昨日のバーレーン戦など、その他もろもろはまた後で・・・。

posted by フラッ太 |12:38 | F1 | コメント(0) |