コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2019年07月17日

ただフェリーに乗るためだけの旅【後】

(ひとつ前のブログのつづき)

仙台に行くことが目的ではなかったのでここで特にすることはなく、とりあえず仙台駅まで行こう。
仙台港フェリーターミナルビル→多賀城まで10分くらいバスに乗り、JRで多賀城から仙台へ。

店内を歩くだけでも時間がつぶせるなと思い、仙台駅から駅ひとつ先のIKEAへ。

1563252870-01.jpg


消耗品などをぽつぽつ買って、IKEAに来たら食べたくなるホットドッグをいただく。
ベジドッグというのにしたんだけど、普通のにしとけばよかったかも...。
何ということのないIKEAの安いホットドッグが好きだ。
いつか札幌に店舗ができたら、パンとソーセージとフライドオニオンを買って家で無限に食べたい。

勾当台公園というところで、札幌のライラックまつりみたいなワインのイベントがあったので行ってみた。
けど、グラスを購入しないといけないみたいで断念。グラスいらない。割らずに持って帰る自信もない。
ライラックまつりみたいにグラスを前金でレンタル、返却時に返金だといいのになー。
観光客向けというより地元の人向けのイベントなんだろう(←用がないとか言いながら突然の観光客気取り)。

それにしても仙台駅付近はあまり広くないので、
勾当台公園~広瀬通り~青葉通り~仙台あたりは普通に歩けてしまう。

1563252889-02.jpg


歩いて辿りついたひょうたん揚げと、

1563252906-03.jpg


仙台駅のずんだ茶寮でずんだロール。甘すぎず、ずんだすぎず、おいしい。
ずんだ茶寮は札幌にもあるけれど、ロールは仙台じゃないといただけないのよね。
付いてくるお茶がどこのものかわからないものの、ずんだに合うキリッとした味。

夕方になりふたたびフェリーに乗るため、行きと同じ経路を逆にJRで仙台→多賀城。
(ちなみに仙台駅から仙台港行きのバスもあるけれど、万が一乗りまちがえたときに修正がきくのは
バスよりも電車という意識がある方向音痴の自己防衛なのでできる限り電車に乗っている。あと速い)
多賀城から仙台港へはバスだったのだけど、時間になってもバスが来ず。
と思っていたら、近くに停まっていて『回送』となっていたバスが
行き先を表示し出発してしまった。これが乗るはずのバスだった...!
おいていかれたものは仕方なく、時間を調べると次のバスは40分後。
多賀城駅はとくに何もなく、駅そばの広場でやっているビヤガーデンは正しくないビール。
ここで40分待つなら、バスで10分くらいの距離だし歩けるのでは?と思う。
地図を見るとわりと道なりだし、海に向かって行けばいつか着くはず。よし歩こう。

最初の方向だけまちがわないように気をつけて海をめざす。
...確かに一本道なかんじだったけれど、ここを歩く人はいないようで
フェリーターミナルビルに着くまで歩行者とはすれちがわなかったな...しかも徒歩40分かかった...。
まあバスより先に着いたしヨシとする。
歩いている途中で太平洋フェリーの頭が見えたときは安心したわ。

1563252929-04.jpg


さて。再びフェリーに乗船で北海道まで帰る。
7月14日。19:40仙台港発の『いしかり』。

1563254681-06.jpg


苫小牧を出発したときと同じくらいの時間だけど、こちらのほうが日が落ちるのが早い気がする。

1563254613-05.jpg


仙台港へはフェリーが頭から突っ込んでいるようなので、
こんなちっさい船ががんばって引っぱって『いしかり』を回転させていた。すごい!
そもそも大きなフェリーってバックができないものなのかな。

1563255554-07.jpg


出港を見守りお風呂に入って、正しいビールで晩ごはん。ナポリタン。
帰りは行きよりも人が多く混んでいたので、レストランは利用せず
空いたころに軽食スタンドに行くのがゆっくりできるし便利だった。持ちこんだおつまみで追いビール。

こちらでもお部屋は女性専用客室のS寝台にしたものの、
冷房がきつめだったので寝るとき以外はあまり出入りしなかった。
しかも揺れるたびに何かがカンカン当たる音がして気になって眠れない。笑
そうか、耳栓ってこういうときにもあったほうがいいのかと。次回は用意しようかな。

1563255121-08.jpg


翌朝、起きてからお風呂に入り、またデッキに出てみる。
『きそ』にはデッキにベンチがあったけど、『いしかり』にはない。ベンチほしい。
『きそ』と『いしかり』は似ているようで、背中の色がちがうのね。

1563255196-09.jpg


『いしかり』のほうは青い色になっている。

1563255253-10.jpg


明るい白の塗装がうつくしい。
角も垂直ではなくカーブなのが素敵だなー。

そういえばフェリーは、ホテルや飛行機にはない工夫があっておもしろかった。
椅子がチェーンでつながって固定されていたり、ドアが磁石でくっついてバタバタしないとか。
なるほど、大きく揺れることがあると船内事故になりかねないものねー。

1563258209-11.jpg


朝ごはんは洋食のモーニングセット。に、みそ汁追加。

到着時刻は11:00となっていたのだけど、出港の時点で到着が10:40頃になりそうだとアナウンスがあった。
十何時間も前の時点ですでに20分早く着くことがわかっているってすごいな。波とか風とかの影響か。
ラウンジでミニコンサートを見たり、デッキでぼーっと海を見たり。
他所の船が目に入ると、『ライブ船舶マップ』というサイトで何の船か調べるのもおもしろかった。
これを見るとほんとうにたくさんの船が走っているのだとわかる。

1563258227-12.jpg


まわりが海だけだった景色がにぎやかになってきて、下船の時間が近づいてくる。

1563258242-13.jpg


銃を撃つのをまた見ている。おもしろい。7月15日。偶然にも海の日。
実際の到着は10:40よりもさらに早く、10:30頃だったと思う。30分も早いなんてすごい。

楽しかった2泊3日のフェリー旅がぶじにおわった。
酔うこともなく、暇になることもなく満喫したー。
飛行機とちがってあちこち好きに歩きまわれるし、何をしてもいいのがいいな。
乗船そのものが旅になるというかんじ。
飛行機も好きだけど、船もいいねー。また乗りたい。
こんどは今年就航したばかりのニュー『きたかみ』に乗ってみたい。名古屋まで行くのもいいなー。


posted by ひとみ |08:27 | 空飛ぶ遠征記 | コメント(4) | トラックバック(0)

2019年07月16日

ただフェリーに乗るためだけの旅【前】

3連休は仙台へ行ってきた。
いや、正確には仙台に行きたかったわけではなく、仙台に行くためのフェリーに乗りたかった。
私は長距離フェリーに乗ったことがなく、いつか乗ってみたいと思っていた。
到着地は仙台だけど、仙台に行くことが目的ではなく
フェリーに乗ることが目的の旅。ただフェリーに乗って行って帰ってくるだけの旅。

ほんとうは大分遠征を予定していたのだけど、真夏の九州、あまりにも暑そうで
どうしようかな~行きたい気持ちはあるんだけどな~と悩んでいるうちに
飛行機代が高くなってしまって諦めざるを得なくなり。
でもこの段階では、後期の日程が出るまで行ける遠征がなく、
なんでもいいからとにかく遠征の予約を取らねばという謎の脅迫観念(?)にかられ、
「そうだサッカー関係のないただの旅行をしよう!」と思いついたのだった。

というわけで2泊3日の往復フェリー旅、コンサとまったく関係ないけどよろしければどぞ。

7月13日。19:00苫小牧港発の『きそ』。
札幌駅から苫小牧フェリーターミナルまで行ってくれるバスがあるのでラクちん。
札幌駅前15:00発のバスに乗って、約2時間で苫小牧港に到着。

1563244326-01.jpg


フェリーターミナル内のレストランで白い恋人ソフトクリーム。

このあいだ映画『空母いぶき』を観たばかりなので、でっかい船というだけでテンション上がる(空母関係ない)。
なにしろ人生初のフェリーなので、乗ってまず何をするもんなのかわからず
楽しみすぎてウロウロそわそわニヤニヤしていた。お部屋は女性専用客室のS寝台というのにしてみた。
中は相部屋状態だけど、入口に鍵がかかるので防犯面などの安心感がちがったなー。
満室ではないようで、向かいのお部屋は空室にしてくれるなど
部屋割りを工夫してくれているのを感じる。細かな配慮がうれしい。
同じ部屋内はフェリー慣れしているふうの親子やライダーだったので、
物音などのストレスもまったくなかったし、私も気をつけようと意識した。

乗ったらまずはごはん!ビール!な人が多いのね。持ちこんだものや買ったものを飲食する皆さん。
そうこうしているうちに出港30分前のドラが鳴ったのでデッキに出てみる。

1563244340-02.jpg


1563244372-03.jpg


車やバイクの入口が閉まって。

1563244393-04.jpg


ロープを外したらすぐに出港~。いろいろなところで作業をしている人がいて、
たくさんの人によってひとつの船が動いているのねぇとしみじみ。

1563244828-05.jpg


1563244850-06.jpg


1563244869-07.jpg


うーん。かっこいい。
しばらく眺めていたのだけど寒くなって暗くなって何も見えなくなってきたので
中に入ってお風呂に入る。フェリーで入るお風呂最高ー!
じっとしていてもお湯が揺れるので、じっとできないのがおもしろかった。

1563245002-08.jpg


お風呂あがりに晩ごはん。
生ビールが正しくないビールだったので、缶のクラシックを買った。
フェリーのカレーはなんかとくべつおいしい気がした。なんてことないカレーなんだろうけど。

大分戦は残念だった。同じ相手に2回まけちゃだめだ。
うちの試合の経過を追いながら、テレビでは仙台鹿島を放送していたから観ていたのだけど、
こちらも切ない試合だったな...かぶりつきで観ている夫婦がいた。
ゴールシーンに喜ぶことなく苛立っていたので仙台サポだろうか。

携帯はつながったり弱かったり圏外になったり。内側はほぼ圏外かな。
さほど不便は感じなかった。お部屋にテレビがついていたのでGLAYが出ている歌番組を観たり。
船内あちこちを歩きまわったり。眠たくなったら寝たり。
友だちから「酔ったら寝るか呑むかお風呂に入れば大丈夫」と言われていたので
もし酔ったとしても大丈夫という気楽な気持ちでいられたのはよかった。
一応酔い止めを飲んでいたからか、そもそもそんなに揺れていないからか、幸い酔うことはなかった。
コンコンと突き上げるような振動と、ときどき左右への揺れ。なるほど船ってこんなかんじなのね。
乗り物酔いはないほうだけど、海が時化るとどうなるかわからんね。

1563245440-09.jpg


翌朝、起きてからお風呂に入りデッキに出てみる。
風は強いけれど寒さはあまりなく、ぼーっといつまででも見ていられる。
山に囲まれた盆地で生まれ育ったからか、水平線のある景色というのはいつ見ても不思議だ。
海を眺めているだけでも飽きなかったな。滞在時間が長いので暇になるかと思いきや全然だった。

朝食はバイキングにしてみたけどまあまあだったので、もういいかな。笑
そして景色が変わっていき、着岸の時間が近づく。

1563245463-10.jpg


1563245489-11.jpg


海自の護衛艦と潜水艦っぽいもの(←『空母いぶき』で得たありんこのような知識)。
ちなみに『空母いぶき』私は好きな作品だったのでよかったら是非観てみてね。西島秀俊好き。

出港同様、入港準備もおもしろかった。
ロープのつながった銃みたいなの(もやい銃というらしい)をパーンと陸に撃ちこんで、
トラクターヘッドでロープを引っぱり、船止めに引っかける。ロープをぴーんと張ったら接岸。
あっという間に下船。楽しかった!
夕方にまたフェリーに乗るので、ひとまず時間つぶしに仙台駅へ向かう。

(つづく)


posted by ひとみ |12:59 | 空飛ぶ遠征記 | コメント(4) | トラックバック(0)

2019年07月10日

B型のみんな、あつまれ~! 8

ホーム浦和戦のあとの飲み会を企画しています。
B型会という名が付いているあつまりではありますが、
血液型関係なくどなたでも参加できますので
「すすきのへ行こうと言いながらもまだ行くお店を決めていない」という方はぜひご参加ください!

【B型会のきっかけ】
毎年のシーズンはじめ頃にB型の選手を集めてチームをつくり、
勝手に「コンサドーレType:Bチームに新加入」だの、
「コンサドーレType:Bチームの契約合意選手」だのとブログに書いて遊んでいた。
そんなことをして遊んでいたら、B型のサポーターさんや
まわりにB型がいるサポーターさんが面白がって付き合ってくれるようになっていった。
そこで意気投合(?)した結果、ついに、B型友の会が開催された。

というわけで、B型会という名の飲み会です。
コンサドーレサポーターが集まって喋って飲む、というだけの会です。
過去の開催っぷりはこんなかんじです。
・第1回 ・第2回 ・第3回 ・第5回 ・第7回
4回、6回は私は参加していないので、○たさんのブログから。

今回で8回めですが、毎回のようにはじめましての人が参加していますので、
知り合いはいないボッチ参加だよという場合でもまったく問題ありません。
はじめましてなのに堅くるしい自己紹介なんかもしませんし、
なんなら「向かいにいたあの人の名前なんだったんだろう...」みたいなことも起こるかもしれません。
でもいいんです。気にしないんです。なぜなら参加者の多くがB型だから。
細かいことは気にしないのがB型のいいところです(自分で言う)。

また、B型つながりではじまった会ではありますが、
B型限定の集まりではありませんので、他の血液型でもお気軽に来てもらえたらなと思います。

・日にち:8/10(土)
・時 間:ホーム浦和戦のあと18時くらいから
・場 所:札幌市内中心部のどこか
場所と会費は未定なので、参加する方へお知らせするかたちです。

私のこのブログ、もしくはフラッ太さんのブログ、もしくは○たさんのブログにコメントをしてください。
連絡のつくメールアドレスを記入してコメントいただけると
その後のやり取りがスムーズかなと思います。
(記入したメールアドレスはブログ管理人だけがわかるようになっているので公開されません。)

ご連絡お待ちしておりますー!

posted by ひとみ |15:55 | コンサ徒然 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年07月08日

GIRLSDAY戦利品

松本山雅戦のときに食べたもの。

1562651689-01.jpg


ソンユン太鼓判メニューの『燃えろ!ピリ辛赤黒チャーハン』。
ピリ辛っていうかけっこう辛かった。
でもこの日はビール半額デーなのでビール付き!辛いものにビールはめちゃくちゃ合う!
通りかかったドーレくんに妹がお弁当とられそうになったり。

1562651702-02.jpg


公募で賞をとって商品化されたというチャームコロンのメロンパフェ。かわいい。
下に入っているのはメロンゼリー。上にのっているメロンの味はともかく、かわいい。

1562653090-03.jpg


テラスでは、ポップコーンがおいしい『キタカラ』のわたあめを。
上からサイダー、いちご、パイン、グレープというように、色だけではなく味もちがって楽しい。

1562730837-06.png


赤い羽根のクリアファイルに新しいのが追加されていて(リリースあったっけ?)、
これがまたドーレくんまみれでめちゃかわいいやんけ!気づいたら募金箱にお金入れてたよ!

1562730856-07.png


スタジアムでウェットティッシュもらえるのってものすごーーーくうれしい。
BOAT RACEさんでくばっているものもあった。とてもありがたい。ウェットティッシュ大事。

1562654666-04.jpg


クラブパートナーになってくださった『HUG FLOWERS』のブロックコーポレーションさん。
4プラ地下のお花やさんには何度か行ったことがあるのでうれしいなー。
この日は赤黒い造花をつかった花かんむりとリストブーケを売っていて、
応援グッズにそういう発想はなかったなー!さすがお花やさん!と思ったわ。
がっつり赤黒のお花で応援グッズを用意してくれたのがうれしいところ。わかってますな。

とはいえ、花かんをかぶるのはちょっと抵抗があり、笑
なにかいい方法がないかな~と考えて、そうだ!花かんをキャップにつけてもいいかも!と。
それを言うと母がイイネ!ってことでお買い上げ。持ち帰ってからはリースのように部屋に飾るそう。
写真は妹が買ったリストブーケ。手首に巻くと応援時にはぶつけたりこすれたりするので、
応援バッグに安全ピンでつけると言っていた。それもイイネー。

GIRLSDAY、どうなん?と思っていたのだけど、
ネイルとメイクは常に長蛇の列ができていたし、フォトブースは賑わっていたし、
成功したほうではなかろうか。来場者数がそれによって伸びたかんじはなかったけども。
ポーチはごめん...私は絵があんまり好きじゃなくてもらわなかった...でもきっと捌けたよね。
ガールズをやったからにはボーイズもやらなきゃだね。どんな内容がいいのか思い浮かばないけど。
セクシャルマイノリティがすこしずつ理解されつつある世の中において、
性別で来場者を分けるというのはどうなん?時代に逆行してない?とも思うけど、それはそれなのかな。
ほかのチームでもガールズデーみたいなのはやっているから、Jリーグからやれって言われてるのかもだし。


posted by ひとみ |14:38 | コンサ徒然 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年07月07日

「俺の日じゃなかった」

松本には、「札幌にもまけるようではJ1はほんとうに厳しい」、
という絶望を感じてもらわなくてはいけなかったのに
いけるぞ!ここから巻き返すぞ!という気持ちにさせてしまっただろうなと思うととても悔しい。
ほんとうに強いチームは、昇格組との対戦で勝利を取りこぼしたりしないもんだろう。まだまだだわ。

白井くんはここのところ、リーグ戦もルヴァン杯も天皇杯もとてもがんばっていたので
ゴールというかたちでこうして報われるのはうれしいな~。FWみたいな反応だった。
白井くんのプレーはとてもわかりやすくガッツがあるので、観ていて清々しい。

ジェイは「今日は俺の日じゃなかったぜ!」みたいなコメントをしていて、
なんというか、つい駄目だったところを口にしがちな選手たちはこのメンタルを見習えるといいなと。
ジェイめどの口が...!と言いたくなるところだけど、
「でもゴールにつながったプレーはよかったでしょ?」と言われると、そうだなって思うし。笑
「みんなが褒めるなら厳しくし、批判されるなら褒める」と言うミシャにしてもそうだけど、
気持ちの切り替えというよりもそもそもの考え方の部分で見習いたいものだとしみじみ思う。
仙台戦とは変えて、天皇杯と同じ格好をしていたミシャ。大分戦はなにを着るのかな。

私はとりあえず反町が嫌いなので、松本にはまけたくなかった(あ、まけてないのか)。
縁もゆかりもないのに選手紹介時にブーイングされるソリマチンの嫌われっぷりよ。

posted by ひとみ |21:37 | 試合観戦 | コメント(3) | トラックバック(0)

2019年07月03日

今年は天皇杯がなかったみたい。

今年は天皇杯がなかったんだな...。

と思いたくなる試合が、2年に一度くらいある(多いな)。
HONDA FCは強いと聞いていたけどほんとうに強かったな。実質J2くらい。
だからと言ってまけてはいい言い訳にはならないけど、もうちょっとがんばってほしかったよねぇ。
とうやとふじれんはプロ初ゴールおめでとう。いいゴールだった。のにねぇ。
駒井くんと宮澤が復帰した。待ってたよー。でもまだまだこれからってかんじだったな。

1562458883-4.jpg


菅ちゃんの代表選出記念のきんきらナンバーレプリカが届いたので、次から着ていこう。
レプリカはいつもGKナンバーを入れたり、GKオーセンティックを買っていたので、
実はフィールドプレーヤーのナンバーを入れるのははじめてだ。
なんか、菅ちゃんの代表記念ってことで当たり前のように買ったけど。フィールドナンバーデビュー。

仙台戦と天皇杯の悔しさは次の松本戦にぶつけて晴らしたい(松本にはまったく関係がないが)。


posted by ひとみ |23:57 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年06月30日

ふたりだけで遠征に

仙台は今季ホームでめちゃくちゃ強いらしい。例にもれずまけてしまった。
怒涛の攻めがあったそうだ。試合を観ていた人たちがみんな、とんでもなく悔しそうだった。
私は試合を観ていないのでナンだけど、そうね、ホームでは必ず勝ちたいね。

中野くん仙台行っていなかったのね。
怪我だからしゃーないけど、今の中野くんをベガサポに見てもらいたかったなー。
それもまたホームで機会がくるといいな。

現地にはうちの両親も参戦していた。
アウェイ遠征の楽しさを伝えようと、父母それぞれ(もしくは両方)を何度かアウェイへ連れて行くこと早数年、
ついに私や妹がいなくてもふたりだけで遠征に行くようになった父と母。笑
もともとふたりの影響でコンササポになった私と妹なので、
さらなる楽しさを知ることができたのはお互いにとってよきなり。勝てればもっとよかったけど...。

posted by ひとみ |23:45 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年06月26日

縁遠かったプライムステージへ

前回の大雨の厚別とはうってかわって、爽やかな気候の厚別。
試合中は応援していれば寒くもなく、持ちこんだヒレ丼を食べながら風がないなと気づく。

プレーオフステージを突破したら、プライムステージという名前なのだとはじめて知った。
如何に私の人生においてナビスコ杯ないしルヴァン杯に縁がなかったかを実感する。
だって22年ぶりって。22年前、私まだサポじゃないし。
そもそもチームも22年間ルヴァン杯を戦ったわけじゃないし(その半分もJ1じゃないし)。
しかし、そのころのことを語るサポーターさんがたくさんいるのはいいことだ。
あのとき負けてこんなに悔しかったんだ!ってことなど、どんどん伝えてもらって共有したい。

PKを誰が蹴るの蹴らないのでいろいろあって、ミシャは磐田へのリスペクトを欠いたと言っていて
あぁそうだな、確かにそうだと自分も反省した。
岩崎くんがキッカーとなったとき、武蔵とロペスの意図をかんじて「わーっ!」となってしまった。
うちはそんな余裕のあるチームではなかったはずなのに。
もし岩崎くんがPKを決めていたとしても、3-0になったら浮かれていたかもしれない...。
ミシャの言うとおり、まだまだだな...。

なかなかゴール取れない岩崎くんは去年の三好のようだ、と話していた。
三好のゴールはたしかオータムフェストの時期だったから9月だと思う。
だから焦らなくても大丈夫だよ岩崎くん。笑

白井くんも最後まで走っていてがんばっていた。
白井くんのがんばりはとてもわかりやすいので、観ていてほんとうに爽快だ。
気持ちがまんまプレーに出る。ぽん、と突然の出場でも最後まで走れる体力の頼もしさよ。
菅ちゃんがいない間にしっかり存在感を出してくれた。ポジション争いも楽しみだ。

ふじれんもよかったな~。きちんとチームにとって必要なプレーを選んでやっていた。
しょうごもよかった~。CKもよかった~。
福ちゃんやルーカスがいないときでも、キッカーどうする!?ってならない安心感があるな。
観られる試合がまた、少なくともふたつ増えた。実戦の場が増えるのは、選手にとってもいいことだ。

posted by ひとみ |23:22 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年06月22日

強かにボールをつなぐ

もんのすごい雷の音で目覚め、え、試合...と思いながら『GO!GO!コンサドーレ』などを聴く。
そのうちに雷はなくなっていって、すこしだけ晴れ間も出てくる。
雷さえなければ試合はできるはず、と思い通常通り準備をする。
カッパを着ることはまちがいなさそうなのと、
身動き重視で荷物を最小限にして厚別へ。こんな豪雨の厚別もひさびさ。

雨はいいのよ。めんどくさいけど中止になるわけではないし。
でも、もしあの雷が続いていたらどうなっていたのかな。
厚別には逃げ場になる屋根がまったくないから、避難もできなくて中止になっていたのかな。

ミストシャワーを浴びっぱなしの90分だった(そしてなぜか試合終了とともに小降りに...なぜなの厚別...)。
こういう天気の日はベテラン選手が活躍してくれるはずだ、と思っていたので、そうなってうれしい。
ロングボール一辺倒でもよさそうなのに、そうせずボールをつないだ強かさ。
直さんのゴール。前節生まれたという直さんのチャント。懐かしの和波の曲。
ホームでは歌いたてだったけど、たくさん歌えて本人もおだってて最高だった。
ジェイの2点目もすんごいヘディング。やっぱりジェイはすごい。
ルーカスのCKもよかった~~。
3点目が決まってほんとうにほっとした。武蔵はああいう場面で必ず決まる、ほんとうに上手いよねぇ。
80分を過ぎてのあのチャナのスピードもすばらしかった。雨のなか、どこにそんな体力が。

白井くんの活躍も拍手っ。
ポジションを得てからめきめき成長していてすごい。
よく走り、相手に強くいく。観ていてわかりやすい活躍をするプレースタイルとでも言うか、
誰が観ても胸を熱くする魅力的な選手だよねー。

ソンユンの神がかりっぷりが、もはや神を超えた何か(って何)になってきている。
たくさん練習をすればきっと多くの選手が上手くなるのだろうけど、
上手いのその先へいくことができる選手というのは一握りだろうなあと。そんなふわっとしたことを思った。
こんなになまらすんばらしいソンユンを起用しない韓国代表はどうかしているな...?

厚別で食べたもの。

1561854381-000.jpg


厚別食堂、ステーキどーん!の焼肉パスタ。
この写真じゃ伝わらないかもだけど、すごい迫力だった。笑
ニンニクががっつり効いていて、肉汁とタレがあわさっておいしい。食べごたえあったー。
彩り的にも口直し的にも枝豆がよき存在。

1561855021-001.jpg


試合後、勝利の梅光軒。
店に着くなり厨房から「今日はどうでした?」と声がかかる。
グッ!と親指立てると、「勝ちましたか!」と言われた。
コンサのあとにラーメンを食べに来る人たちだと、いつの間にか覚えられていた。

1561855110-002.jpg


おやつにエスタ地下の石屋製菓でバウムを買ったら、
「厚別行ったんですか?雨のなかお疲れさまでしたー!」とお声がけいただく。
勝ったことも、なんなら得点者まで把握していて、さすが俺たちの白い恋人・イシヤさんやで!

ボールパーソンの選手たちが最初はカッパを着ていなくて、途中で配られていたのだけど
風邪ひいていないことを願うよ。かわいそうだったなあ。
応援していれば寒くはなかったんだけど、ただ立っているだけで体を動かせないと寒いよねー。

鳥栖サポの皆さんもお疲れさまでした...。
九州からわざわざ来てこの天気で3失点でまけって、逆の立場を思うとしんどさMAX。
せめておいしいものを食べて、暖かいお風呂にでも入ってくれているといいなと思う。

トーレスの引退が発表されたということで、選手紹介時にはこちらからも拍手が。
偉大なる選手を札幌で観られる最後のチャンス。観ることはできなかったけど。


posted by ひとみ |21:25 | 試合観戦 | コメント(4) | トラックバック(0)

2019年06月19日

すげのしん、ふたたび。

なんだかジュビロと対戦することが多い気がするここ数年。

今日は濱くん、ふじれん、とーやくん、檀崎くん、金子くんといった若い選手がスタメンでわっくわく。
岩崎くんもトゥートン国際大会でフランスから戻ったばかりなのにスタメン!ハード!

何度「スゲノーーーーー!」と叫んだかわからないくらい、菅野は神だった。すげのしん。
彼の活躍を語らずして今日の試合は語れまい。
3点?4点?は決定的なのを防いでくれた。
GKが活躍する試合は攻められっぱなしで良くない試合、と言われがちだけど
GKというポジションの存在意義をあらためて感じた。どんどん活躍してくれていいのよっ!
ロペスも久々スタメンだけど、長い時間プレーするほうが調子が良さそうだった。
ルーカス→ロペスのゴールも美しかったわー。

個人的には、ふじれんから闘志あふれるプレーを感じておおお!と思った。
なにか心境の変化でもあったのか(←失礼な)、この試合にかける気持ちの強さか、
なんにしてもふじれんの良さが出せたのはよかったなー。

2-1でルヴァンカップのプレーオフステージ第1戦は勝利。ホームでも勝って次に行くぞ!

posted by ひとみ |22:21 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)