コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2019年11月23日

ずるいんだから

いや、え? まけるなよ。なにやってんの。
という感想しか出てこなかったぜ...。
ついに!札幌が!未だ破られることのない最速降格記録をもつ札幌が!
自分たちの残留を決めたうえで相手の降格に立ち会う日が来たんだ!と思っていたのに。来なかった...。

これが鹿島や川崎なら、完膚無きまでに磐田をボコボコにしてこころを折り、
なんということなく相手の降格を決めてしまっていたのだろう。
でも私たちは札幌だった。残留がけっぷちの磐田にすこしの同情と既視感をおぼえ、
いやいやそんな相手の心配をしている場合じゃないぞ、と向きなおる。
札幌は「ここで負けたら降格」の試合で、勝ったことなどなかったのに、磐田はずるい。
もうむかつくからとにかく降格してくれ、
という意味不明の八つ当たりの気持ちがわいてくる残念っぷりな私。

思えば新潟に行ったときもそうだった。
負ければ新潟は降格、すでに降格を決めていた札幌が引きずりおろしてやろうと思っていたのに、
奴らは勝ちやがって残留を決めた。新潟はずるい。
札幌には今まで、そんな試合はなかったのに。ずるいんだから。

気持ちの強いほうが勝った?そうだろうか。
目標のあるチームとないチームの差?そうだろうか。
残り3試合は、来季のための試合だとののがラジオで言っていた。
(さらっと言っていたけど、契約満了になる選手はいないのでは?と思えるような言葉もあったな。)
ならばこの試合の敗因をしっかり追求し、精神面に頼ることなく来季への糧にしなくては。
いつかは強豪チームのように、つらっと相手の降格を見届けられる強い気持ちをもちたい(結局メンタル)。

posted by ひとみ |19:49 | 試合観戦 | コメント(4) | トラックバック(0)

2019年11月09日

失点はいいから得点しよう。

1574655112-00.jpg


ビジターのチケットが取れずにメインスタンドの指定席だったのだけど、三ツ沢に行ってきた。
マリノスは優勝を争っているだけあるチームだったなあ。
スピードも強さもあり、隙を許してくれず、決して多くはない決定機も決めてくる。
後半はうちにとって良い時間が多かったけれど、それもマリノス側のガス欠によるものもあって。
思っていた以上に、強いチームとの差というものを感じた。

最初の失点、ソンユンも気を抜いていたわけではないだろうけど、油断はしていたんだろうねぇ。
思っていたよりもう一段階、マリノスは上だったのだよね。
ホームで3-0で勝てたのってなんだったんだろう...なんだったんだろうね!?

大量得点で勝ったり、大量失点でまけたりするけれど、
でもやっぱり楽しいサッカーではあると思うのだ。
ソンユンのミスは失点になってしまったけれど、セーフティーにプレーし続けるだけでは変われない。
堅く守ってカウンター、みたいなサッカーをやっているわけではないのだ。
超攻撃的サッカー、なんなら盾でも殴るくらいのサッカーなわけで。
その完成形にはまだまだ遠く、大きな傷を負うことのほうが多いけれど
激しい喜怒哀楽をくりかえしながら、失点はいいから得点しよう。今日も明日も明後日も。


posted by ひとみ |23:30 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年10月26日

カルナヴァルのはじまり

優勝と準優勝に、これほど天と地の差があるとは思わなかった。
120分あれだけ闘って、PKで決まってしまう。
結果だけ見ると惜しかったけど、惜しいじゃ片付かない気持ち。
スタンドから見ていても悔しかったから、
下から表彰式を見上げた選手たちの悔しさは想像してもしきれない。
川崎はこれを4回経験しているんだものね。そりゃ強くもなるわ。

着ていくレプリカやタオマフはなにがいいだろう!なにを選べば適切?
なんて言っている私に、現地に行けなかった妹が「いつも通り!!」と言った。
特別なことをしに行くのではないのだからいつも通りでいいと言われて、
最近着ていた菅ちゃんのきんきらユニフォームと、おにぎりタオマフを持って行った。
「決勝戦におにぎりタオマフってどうよ」って思ったけど、これが今季の私のいつも通りだったので。
選手たちの試合前のコメントを読んでも、まさにその通りだった。
「やることは変わらない、いつも通り。」
特別な場所ではあるけれど、そこでやることは特別なことではない。そりゃそうだよな。

宮澤は「絶対に勝たなければいけない」と言っていたし、私もそう思っていた。
でも勝てなかった。勝てなかったら、決勝に進んだ意味はなかったんだろうか。

ののが選手に言っていることのひとつに「選手はサッカーが上手いからプロなんじゃない。
まわりの人が上手いと認めてくれたからプロなんだ。」みたいな言葉があるけれど、
決勝で多くのサッカーファンの目に触れて、コンサドーレってすごいんだと知ってもらえて、認めてもらえて、
はじめてコンサドーレはすごいチームになるのだと感じた。
私たちがコンサドーレがすごくて世界一かっこいいのは知っている。
でも、それをたくさんの人に見てもらうと自画自賛で終わらない。大きな価値を感じたのだった。
決勝戦が殴り合いになるなんて、当事者でなければ相当おもしろい試合だったはず。

それに、「優勝は宮澤がいるときにね」ってことだと思うことにする。
宮澤が優勝カップを掲げてこそ、北海道コンサドーレ札幌の大勝利。

遠征の飛行機が欠航したり遅延したりで大変な思いをした我々や、
試合の2日前に現地入りしている選手たちのことを知って他サポが、
「両チームの中立地でやるべきでは」とか「決勝もホーム&アウェイ方式がいいのでは」と言ってくれていた。
気持ちはありがたいが、やっぱり日本を代表するスタジアムで一発勝負、というのが決勝らしいし
だからこそうちが決勝まで行けたというのが誇らしくもある。
ユースがJユースカップで優勝したときもそうだったけど、
一年の半分が雪に埋まる孤島の僻地であることのデメリットは多いものの、決してそればかりではないのだ。

まけた試合には相応しくないチャントかもしれないけれど、
「抑えきれぬこの情熱は たとえ敗れようと変わらない」だから、ここがカルナヴァルのはじまり。

posted by ひとみ |23:30 | 試合観戦 | コメント(4) | トラックバック(0)

2019年10月13日

決勝進出!!!!!

決勝進出!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ルヴァン杯プライムステージ準決勝第2戦め。
再三のチャンスを外しまくっていたので、「今日は武蔵の日じゃないんだ」と思ったことをお詫びする。
何度外しても武蔵は諦めなかった。決めるまでシュートを打ち続けた。
結果、ひとつでも決めて勝利につながれば、FWはヒーローなのだ。すばらしいゴールだった。
そういえば、武蔵は代表で準々決勝のときにはいなかったので、
せっかく自分でくじを引いたのに、プライムステージに出場するのはこの準決勝がはじめてだった。
ロペスと争っていたルヴァン杯の得点王ランキングでついに単独首位に。
ロペスの復帰が決勝に間に合うかどうかはわからないけれど、
可能ならば決勝でも得点王を争いあって、チームも勝てたら最高だなあ。

やっぱりミンテのアウェイゴールがめちゃくちゃでかかった。
ガンバ3連戦は1勝2敗だけど、トータルで決勝に行けたことがすべて。

決勝にすすんだらクレジットから引き落とされることになっているチケット代、
キャンセルにならず引き落とされることになった。こんなにうれしいクレジット決済はそうない。
決勝のため、9月にすでに取ってあった飛行機が無駄にならずにすんだ。行ける人は行こう。
飛行機だけで行くのが難しければ、フェリーや電車もある。
空港も羽田にこだわらなくていい。セントレア、茨城、関西からだって無理じゃない。
道内からも新千歳が無理ならばと旭川や函館、釧路経由で行く人もいるという。
フェリーも苫小牧にこだわらなくても、小樽や室蘭からもある。
東北まで行ければ、そこからは陸路でなんぼでもある。
新幹線もバスもレンタカーもある。行こうと思えばどうとでもなるものだ。

迷っているのなら、時間やお金を多少無理してでも行ったほうがいいと個人的には思う。
次にこんなチャンスがいつ来るかわからない。そのときに自分がまた行ける環境とも限らない。
どうしても行けない人、行かないという選択をした人も気にすることはない。
どこにいたって、なにをしていたって、心はみんな埼スタでしょう。

決勝進出前に食べたもの。

1571887291-01.jpg


ミンテの太鼓判メニュー、モスのコンサドーレ海老マヨ勝つバーガー。
海老カツとキャベツと特製チリマヨソース。おいしい。
ミンテのアウェイゴールが効いてくれるはず!の思いは届いたな。

1571887429-02.jpg


試合後は梅光軒で決勝進出勝利のビール。うまい。うますぎる。


posted by ひとみ |20:10 | 試合観戦 | コメント(3) | トラックバック(0)

2019年10月09日

アウェイゴール大事

ルヴァン杯プライムステージ準決勝第1戦め。
いやー簡単じゃない。簡単じゃないねぇ。
そりゃあそうだ。準決勝だもの。すでに見たことのない景色だもの。

それでも、とにかくミンテのアウェイゴールは大きかったと思う。
0-1でも、0-2でもなく、1-2の価値の大きさよ。これはリーグ戦とまたちがうおもしろさ。
この日のミンテは守備もすばらしくて、ほんとうにがんばっていたのでご褒美だ。
貴重なアウェイゴールを武器に、ホームで勝って決勝へいこう。
「私を埼スタへ連れていって(はぁと)」ってキャラでもないし、行くぞ!勝つぞ!という気持ち。
前後半の試合の前半が終わっただけ、と言っている人がいた。それだ。勝負は前半だけで決まらない。
札幌ドームで決勝行きを決めるど!

播ちゃんの解説はうるさかったし、自分の武勇伝語りだった...選手上がりにありがち。笑
やたらガンバのFWに厳しかったな。厳しく言うのはいいけれど、辛らつとの区別をつけてもらいたい。
コータも解説をはじめたばかりのころは、隙あらば自分語りみたいなところがあったけれど、
TVhさんのライト層向け中継なんかを経験したからか、今は視聴ターゲットに合わせて喋れる。
播ちゃんも場数を踏めば成長するかもだけど、
それを見守る義理はないからガンバの解説で経験積んでくれ(←ひどい)。

posted by ひとみ |23:00 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年10月04日

0-5て...

ガンバ3連戦のひとつめ。
チャナが試合前練習で怪我をしてしまったようで、試合前に交代。
チャナがいる前提のプランが狂ったか。チャナがいるときに、如何にチャナに依存しているかがわかる。

8-0で勝つこともあれば、0-5でまけることもある。
いや、それにしたって取られすぎでは。ルヴァンじゃなくてよかったわ。
ってリーグ戦をそういう扱いで言えるのもすごいけど。勝ち点40あってよかった。
そう、0-5でまけたことも事実だけど、ここまで勝ち点40を積み上げたのも事実。
切り替えて次へいこう。ルヴァン杯に期待しているよー!


すごく今更だけどオータムフェストの写真を。

1570592599-001.jpg


むかわの餃子、栗山の枝豆コロッケ、せたなのつぶ焼き。安定のサッポロクラシック。

1570592675-002.jpg


メロンソフトは毎年必ず食べる。

1570592731-003.jpg


こちらも毎年定番にしている中標津の大判しいたけ。新しいグラタン仕様で。
今年は休みの日に遠征に行っていたので、オータムフェストに一回しかいけなかった。
釜焼きピザとか牡蠣とか日本酒のみ比べとか...も食べ飲みしたかったなー。
そういえば別海のジャンボホタテバーガーが来てなくて切なかった。来年はあるかな。

1570592994-004.jpg


オーロラタウンのインコ前で催事をやっているときに買った
北海大和さんのポタージュ。しっかり素材の味でやさしいおいしい。


posted by ひとみ |22:47 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年09月28日

勝ち点1で満足しないクラブに

鹿島へいってきた。試合前は暑かったけど、試合中は風が出てきて過ごしやすかった。
めちゃくちゃ悔しかった。勝ちたかった。
ため息のひとつでも出そうな気分だったけど、
帰りのバスは隣りが鹿島サポだったので、「いつも通りですから」みたいな顔をしておいた(←なぜ)。

「鹿島に対して悔しいと思えるのはいいねぇ」なんて言われたりもしたけど、
試合後は「なんもいくない!勝たなきゃいけなかったのに!」と思っていた。
「なんとか引き分けた」んじゃない、「勝てた」はずだった。

でも、帰りの長時間バスに揺られながら落ち着いてくると、
今まで鹿島にボッコボコにされていたことをふつふつと思い出してくる。
昔は鹿島と対戦するときなんかは、いくら強い相手でも90分のなかで自分たちの時間が必ずくるから、
そのときに点を取れるように、みたいなことを思っていた。
わずかなチャンスをものにすることでしか、得点をする方法が見つからなかった。
それくらい圧倒的な差を感じていた。点差以上に。
今のコンサドーレはその時間を、待つのではなく自分たちでつくっていたなとしみじみしている。
まだまだではあるけれど、確実に強くなっているんだな。
こうやって引き分けや引き分けなんかを繰り返しながら(まけるとは言わない)、
今回のように相手が過密日程だったりで勝てるチャンスが高まったときではなくても、
まぐれや偶然じゃなくて、ちゃんと自分たちのサッカーで勝てる日が来るのかもしれない。
それにぜひとも立ち会いたいなと思うので、またここに来なくてはいけない。超遠いけど。

カシマスタジアムでの得点が17年ぶりなんだとか。
その得点をしたのが進藤くんなのってそれまた「なぜそこに進藤」なんだけど、すごいな。
同じ6得点のほかのチームの選手、みんなストライカーやぞ。

札幌進藤先制弾も鹿島とドロー「チャンスあった」
ジェイのコラムなどでもそうだけど、
いつもしっかり取材をして愛情もって書いてくれる保坂さんの記事。
『札幌がもう、強豪相手からつかんだ勝ち点1で満足しないクラブに成長した証しだった。』
というところにとても頷いた。ねぇ。だよねぇ、そうだよね。次の対戦こそは勝ちたい。

あと岩崎くん、ほんと応援しているので引き続きがんばってくれ。
最後の交代で出てきたときに、こういう場面で得点を決めて魅せてくれたらうれしいけれど
そうじゃなくても地道にやっていれば必ず花咲くからがんばってと思っていた。
チャレンジできるチームだから、コンサドーレを選んだはずだ。今は自分勝手でもいい。
まだミシャサッカー一年め、でも自分らしさを出し切らないまま今季を終わらせるなよー!

posted by ひとみ |19:16 | 試合観戦 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年09月14日

J1初ゴールおめでとう!

やっとやっとの荒野くんのJ1初ゴール!おめでとう!
『コンサオーレ』で言っていたとおりの有言実行になった。すごいわ。
それ以外はなにひとついいことない試合だった...今季は仙台に2敗してしまった。
あと今日イチおもしろかったのは、珍しい『ダッシュでコーナーまで走る福ちゃん』。そんな日。
進藤くんのリーグ戦連続出場がついに途絶えてしまったのねぇ。また一から重ねていこう。

ということで、仙台戦のときに食べたもの。

1569374651-02.jpg


厚別食堂の牛カルビ。牛が苦手な母もおいしいと言って食べていた。ごはんがほしくなる。

1569374690-03.jpg


厚別食堂の味噌ラーメン、角煮入り。第2ゲートまで持っていく間にのびちゃったけどおいしかった。
ルヴァンのときに売っていた角煮ラーメンがずっと気になっていたので、食べられてうれしい。
あと写真はないけど、第2ゲートのところでパンのセットも買った。んまし。

1569374865-04.jpg


とうきび、甘くておいしかったー。今年初とうきびだった。

1569333691-01.jpg


来場者全員にガリガリ君プレゼント。赤城乳業さんありがとうございます。
なにもこんな時期じゃなくても...と思ったけれど、暑くなりガリガリ君日和となっていてよかった。

1569375101-05.jpg


チッチ~。あいかわらずめんこい~。
試合にまけた日はチッチでなごむに限るな。

1569375248-06.jpg


チッチぬいぐるみの着せ替えを買ったんだけど、
帰ってから見てみたら私のチッチぬいぐるみは着せ替えできないやつだった!初代のやつ!
着せ替えできるぬいぐるみを買わなきゃだわ~。去年の着せ替えも持ってないから買わなきゃ~。

1569333336-01.jpg


そして先日、横山のFC岐阜加入が発表になった。
脳腫瘍摘出手術からの復帰だけでもとんでもなくすごいことだけど、
ふたたびサッカー選手としてこんなに早く復帰できるなんて。あるのか。こんな奇跡が。
本人のがんばりはもちろんのこと、周囲のサポートや環境もすばらしかったんだろう。
なにより戦力として正当に評価してくれた岐阜にはほんとうに感謝だ。
ののが、昨年の横山が「本調子じゃないな」と感じることがあって、
もしかしたらそこで病気を疑っていればもっと早く対応できたのかも、みたいに後悔していたけれど
それは誰にもわからないことだものねぇ。ただ、今の横山があってよかったとそれだけ思う。

USがホームだけではなくすべてのアウェイでもダンマクを掲げ続けてくれたおかげで
対戦相手のサポーターにも横山のことを知ってもらえた。
横山が所属したチームではなくても、一緒にこの復帰を喜んだんだろうなあと思う。
ダンマクは『頑張れ横山知伸 活躍を祈っている』に変更となってふたたび厚別に掲示。
おかえり、おめでとう。これからの活躍も応援しているよ。


posted by ひとみ |19:24 | 試合観戦 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年09月08日

準決勝進出...!

引越しをしてまだスカパーがついていないので、文字速報でルヴァン杯広島戦を追った。
1-1の引き分けでトータル4-3、見事クラブ史上初のルヴァン杯準決勝進出...!
相当苦しい展開での引き分けだったようで。
1-2になっちゃったら広島がアウェイゴールで勝ってしまうものねぇ。
ほんとうによく耐えてくれたなあ。守備も成長しているんだろうと感じられる。

1567834389-00.jpg


何度でも載せる。これにひとつ近づいたんだわ。
生観戦できる試合がまた増えた。勝ちあがっていくってかんじがするなー。


posted by ひとみ |22:23 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年09月04日

あえて岩崎推し

寒いかな、と思っていたけど思っていたほどではなく半袖でもがんばれた厚別。
と、厚別に行くたびに気候の話からはじめたくなるのはなんでだろう。
守備やカウンターに強い広島相手に打ちあいになった試合はおもしろかった。
2回も追いついて逆転できるなんてすごい。

1567834389-00.jpg


ルヴァン杯。準々決勝まですすむとこういうものを見せてもらえるのねぇ。すてき。

同じかたちでしてしまった2失点。
けれど復活したばかりのロペスのすばらしい2ゴールと(1点目のルーカスもすんごかった)、
エグーい福ちゃんの直接フリーキックで逆転した。
白井くんも毎試合すばらしい。ああいうがむしゃらを絵に描いたようなプレーはみんな大好きだ。
みんながんばった。レギュラー組が代表でいない、なんて言わせない。
しかし私は、あえてハーフタイムで交代してしまった岩崎くんを取り上げたい。

裏に抜けたがるのか、前へ前へ行く前線の3人。
それに気づいたのか岩崎くんは途中からボールをもらいに下がっていたのだけど、
あぁ岩崎くんは今までもこうやっていろいろと気づいて対応してしまうので
本来の良さが出ないままここまで来てしまったのだろうと感じた。
京都のサポが「ぜひとも彼本来のプレーで輝かせてやってくれ」、と言っていたのを思い出す。
便利やさんにはなってほしくないなあ。

岩崎くんはベンチにいるときの個人ウォーミングアップが個性的でおもしろい。
ふと見ると、めちゃくちゃハードなトレーニングをやっていたりする。
それを見るのは地味に私の楽しみだったのだけど、やっぱり試合に出て個性を出すところを見たい。
まだミシャサッカーにふれて一年目なので焦ることはないと思うのだけど、
代表に呼ばれることを意識するとそうも言っていられないんだろう。
んならばがんばってもらわなくては。期待している。まずはひとつゴールが取れるといいな。


posted by ひとみ |23:11 | 試合観戦 | コメント(2) | トラックバック(0)