コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2019年05月18日

活躍するGK

一般的に、GKが活躍する試合はよくない試合と言われがちだけれど、個人的にはそうは思わない。
攻撃しっぱなしの試合などないのだし、相手があることだからピンチもある。
守備の時間だって立派なプレーのひとつなのだから、
攻められているのがよくないこととするのはいかがなものかと。そのためにGKがいる。

相手に一切ボールをさわらせずに勝つことがほんとうによい試合か?といわれると、
ちょっとちがうような気がする。試合というのは2つのチームでつくるものだから。

そんなこんなでソンユンが大活躍だったそうなのだけど、まけてしまった。F東は強かったのね。
順位は伊達ではないってことなのか。ホームでは勝ちたいのぅ。

しかし、よいこともある。直さんが怪我から復帰でベンチ入り。おかえりー。
私は直さんのプロフィールのサポーターへひと言に、「まだまだ走れます」と書かれているのが好きだ。
誰かがゴールを決めると、いつも自分のことのように喜んでいる直さん。
待っていたよ。まだまだ走れるところをたくさん観たい。

posted by ひとみ |19:10 | 試合観戦 | コメント(1) | トラックバック(0)

2019年05月12日

必殺仕事人・早坂

今季はじめての引き分け。
10節まで引き分けがないのはうちだけだったようだ(←だからなんだってかんじだけど)。
まけなくてよかったという試合だったよ、と試合を観た皆さんが言うのでそうだったのだろう。

チャナがいないのがイタイ!というよりも、
チャナが今まで如何にがんばっていたかをしみじみ実感する。
同じことをできる選手はいなくても、分担して補いあえば
誰がいないせいで点が取れないとか勝てないということも減っていくはず。

そうはいってもチャナはスーパーなので簡単ではないけれど、
ACLを目指すってんならできるようになっていかなきゃなんだろうなあ。
そういう意味では、どこで出ても安心の早坂の存在感すごいな。
チームのためにとやってくれているのを感じる。必殺仕事人。

posted by ひとみ |16:35 | 試合観戦 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年05月08日

寒そうだった厚別

0-4だなんて、まけるときはほんとうに派手だなあ。
私はお仕事で厚別に行けなかったので録画で観たのだけど、厚別はとても寒そうだった。
現地の皆さんお疲れさまでした。

DF白井くんはものすごくアグレッシブで、おいおい大丈夫かと思うほどでおもしろかった。
FW早坂もよかったのだけど、そこまでなかなかよいボールが来なかった。
チャナやルーカスは単発ではすばらしいのだけど、それでも改善することはできなかったなぁ。
時間をつくることができる選手がいないので、せっかくボールを運べても決定機にならない。
うまくいっていないな~と思っている間に試合はおわってしまった。残念。

リーグ戦にも出ていて連戦になっている選手たちの疲労が心配だ。
怪我なく完封で松本に勝つことができるといいな~(強欲)。

posted by ひとみ |23:46 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年05月04日

令和最初のコンサゴールは進藤

1557569437-04.jpg


きれいだったねーぇ。写真は公式から拝借。

1557569459-05.jpg


こういった光の演出は夜だと余所でもやっていたりするのだけど、
昼間っからLEDまでつかってここまでできるのは札幌ドームならでは。
ケータイライトにシートを貼って光らせるというのも、経費が節約できてナイスアイデア。
手持ちのペンライトを持参したと思われる人も結構いて、派手に点滅しているのもおもしろかった。

1557570079-06.jpg


1557570611-07.jpg


ドームに入場して、席取りとこちらへの並びを手分けして。
お菓子はもちろんだけど、なによりミシャンガがほしくて。
ミシャンガ、単体で売っても売れると思うけどなあ。ほしい人けっこういるのでは。

一昨年神戸に遠征したときにも行われたスイーツマッチ。
この試合の結果は覚えていないのだけど、同じ企画が札幌でも開催されるのはうれしい。
神戸と対戦するときの恒例になるのかな(そのためには両パートナーのサポート継続が不可欠...!)。
両チームのスポンサー絡みでも対戦するというのは素敵なことだなあとあらためて。

平成最後も令和最初も進藤ゴールだったコンサドーレ。
進藤くんなもんだからどうしてもいじられがちなのだけど、
あのオーバーヘッドはほんとうにすごかった。
思わず進藤くんをスルーせずに駆け寄ってしまった選手がいたほど(深井さんはちゃんとスルーしてた!)。
武蔵がひさしぶりにリーグ戦でゴールできたのもよかった。
試合終了後にソンユンとミンテが抱き合っていて、喜びが伝わってきた。
最後のほうの"残念そこはソンユン"なプレーの数々、すばらしかったなあ。
深井さんが痛んだときにミンテが水を取りに行き、まずは自分が飲んで、笑
深井さんのところまで持っていってあげていた。素敵。

神戸のサポーターはGWだというのにすこししか来てくれていなかったので、
あの人数にまけるわけにはいかない、っていうか絶対勝つぞという気持ちだった。
イニエスタもポドルスキもいなくて彼ら目当ての人は残念だったかもしれないけれど、
ビジャのゴールは観れたし、コンサけっこうやるじゃんと思ってくれているといいな。
34,591人も来場し、NHK全国放送、試合前の派手な演出と、
一昔前なら勝てない試合のフラグもりもりだったけど、もうそんなもんないぞっ。

さて、食べたもの。

1557568684-01.jpg


テラスで久々にタージマハール。あいかわらずおいしかったー。
ナンがね、もうこれだけでもう1枚食べられるくらいおいしい。

1557568696-02.jpg


チキンカレーのあとにさっぱりしたものを食べたくて、中のリオンドォールでラムネアイス。
どこもここも長蛇の列で並ぶだけで大変そうだったけど、
このふたつは時間帯もよかったのか比較的スムーズにゲットできた。

1557569257-03.jpg


ガチャコンにも行ってみた。しかくい缶バッチかわいいな。
特に誰のものがほしいというのはないのだけど、
このふたりのはほしい人がたくさんいるだろうから次回交換用に持っていこうかな。

1557624724-08.jpg


赤れんがテラスのCUGURIDOで乾杯を。
海鮮などの和食がメインのお店。お通しからおいしかった。
海鮮しゃぶしゃぶなんて贅沢なものを食べたぞ。勝ったからね。


posted by ひとみ |21:50 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年04月28日

平成最後のコンサゴールは進藤

ソンユン50試合連続出場おめでとう!
高原の記録が49試合だったのねぇ。GKって連続出場しやすいイメージがあるかもしれないけれど、
それだって怪我や体調不良、試合結果に左右されるものだからやっぱりすごいこと。
本人の努力なしでは成し得なかった。コンサドーレ史上最高のGKとして異論はないでしょう。

平成最後のコンサドーレゴールは進藤ということになった。なぜそこに進藤。
しかしすばらしいゴールだったし、チームを救う一撃だった。
最後のほうはだいぶ磐田に攻められたようだったので、このゴールがあってほんとうによかった。
福ちゃん最近絶好調ですばらしいなあ。
ロペスと川又の怪我だけが気がかり。軽症だといいのだけど。

のの社長も参加しての平成最後のすすきのへ行こうをやったそうで。いいねぇそういうの。

この日、私たちはコナンカフェへ行き、試合終了の結果を受けてそのまま飲みへGO。

1557565755-01.jpg


3杯ぶんのライオンビールチケットがあったので、銀座ライオンにて乾杯!サイコー!


posted by ひとみ |20:49 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年04月24日

6-3

まさか両チーム合わせて9得点もの試合になるとは思っていなかった。
ノーガードの打ち合い(と言っていいのかどうなのか)はとても楽しかった。
長崎も守備にまわるでなく勝負をしてきたからこそおもしろかった。

1点目は白井くんのがんばりから。
武蔵は長崎相手だからか、ゴールをしてもちいさくガッツポーズをするなど
喜ぶのをおさえているのかなと思った。相手に対するリスペクトが見えて、人柄の良さをかんじる。
武蔵の2点めは、菅野のすばらしいパスが檀崎くんへつながったところから。
相手をかわした時点でもう勝負あり、ってかんじだった。
あそこまでいけば武蔵はだいたい決めてくれるという安心感がある。
福ちゃんのはものすんごいスピードだった。あれ生で見れたらもうチケット代以上の価値あるな。
早坂のゴールになったシュートは、オウンゴールになってしまうかと思ったけど
ぶじに早坂のゴールになってよかった。やっぱり打たなきゃはじまらないね。
早坂はいつ出てもどこで出てもソツなく、というかしっかりこなす仕事人だわ。
すごく派手に活躍するわけではないけれど、こういう選手の存在がチームを支えているのよね。
ミンテもやっとセットプレーでゴールが決まった。
相手にぎゅうぎゅう押されながら、飛び込んでいるわけではないのに見事なヘッドだった。

って、ゴールについて書くだけでもこれだけ紙幅を割いてしまうのが6得点。
3失点あったけど、それくらいイケイケではなくては6得点も取れないってことよの。

いやそれにしてもなんにしても、宮澤のスーパーっぷりよ。
両チームサポのコメントを見ていると、長崎のサポも宮澤のすばらしさについて触れていた。
もはや当たり前になりつつあるけれど、当たり前なことがすごいことを忘れずにいなくては勿体無い。
どうぞ末永く楽しい選手生活をおくってほしい、と宮澤のしあわせばかり願う。

勝たなければいけないメンバーで挑んでちゃんと勝つ、っていうのは
今までやろうと思ってもなかなかうまくいかないことも多かった。
しっかりグループステージを突破しよう。1位のままいけたらいいなあ。

posted by ひとみ |23:45 | 試合観戦 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年04月21日

チームワークで戦っている

日曜日ははじめてバドミントンチームの試合を観にいってきた。
北海道実業団選手権大会。

1556014135-01.jpg


いつか観たいと思っていたのだけどなかなか札幌でちょうどいい試合もなく、
機会を逃しているうちに今ごろに。この日は前日勝ちあがったチームによる準決勝・決勝のみの日。
前日の予選では
vs 日本郵便北海道支店 5-0
vs 自衛隊北海道 5-0
vs SMASH SPIRIT 1-4
という結果だったとのこと。SMASH SPIRITには元コンサ選手がいるっぽい、と聞いたのだけど
やはりそうだったみたい。事情はわからないけれど、昨年シーズン途中に退団した3名。
勝ちたかっただろうなぁ。

団体戦は第1ダブルス、第2ダブルス、第1シングルス、第2シングルス、第3シングルスを行う。
準決勝の相手は今までもなかなか勝てていないJR北海道。
選手も多く、応援の声もだいぶうざいくらい大きいチーム。笑

私は中学・高校と6年間バドミントン部だったのだけど、
当時とはルールも変わっているし、まず目がすばやい動きのシャトルに追いつかない。
床の色が濃い色だったら見やすいのに!などと言っているうちに目が慣れてくる。

第1ダブルスは大越・三浦ペアで、2-0ストレート勝ち。
こまめに声をかけ合って、あまり危なげなく勝利した。いいぞいいぞ。
第2ダブルスは住友・吉原ペア、1ゲームとられたあとに2ゲームめをとったのだけど
3ゲームめは相手が勝って1-2で負け。3ゲームとも接戦で、何かが少しちがえば勝てたかもしれない。
第2ダブルスが接戦で長くなり、この時点で試合開始から2時間が経過していた。
もうひとつの準決勝のチームは試合がおわってしまった。けっこう力の差があるチームだったのかな。

第1シングルスはキャプテン三枝。0-2で負けてしまった。残念。
三枝選手が試合をしている途中で、となりのコートで第2シングルスがはじまった。
もうひとつの準決勝の試合がおわってしまったので、時間短縮のためだろうか。
ベンチの人数もすくないコンサは、両方にひとりふたり付いて休憩時間にアドバイスなどをする。
試合をおえた三枝選手も、すぐに第2シングルス小山内の応援にまわる。
こちらも0-2で負けてしまったものの、相手のマッチポイントからの粘りがすごかった。

1556015994-02.jpg


1-3となってしまったので、第3シングルスはなしで試合終了。

1556016185-03.jpg


ストレート負けの試合が多いように見えるけど、中身はけっこうどの試合も接戦だった。
このあと3位決定戦を行い、勝利して、北海道実業団選手権大会は3位という結果をおさめた。
一度見ると選手の特徴がわかっていいな。選手たちは悔しかっただろうけど、
はじめてバドミントンチームを観た私はとても楽しかった。
応援の仕方がいまいちわからないので(コンサドーレコールとかする雰囲気でもなく。笑)、
ベンチの選手たちに合わせて手拍子をした。なんか独自の応援がほしいねぇ。

選手の人数はすくないけれど、ベンチもふくめたチームワークで戦っているかんじがした。
試合自体は個人対個人だけど、その試合はひとりでやっているわけではないんだなぁ。
まだまだ強くなれる可能性を感じてとても頼もしく思った。

1556016496-04.jpg


また応援に行くぞ。今度は個人戦も観てみたいな。みなさんお疲れさまでした!


1556016641-05.jpg


1556016649-06.jpg


試合のあとはすっかりお昼になっていたのでイシヤカフェ。
ずっと食べてみたかったオレンジショコラのホットケーキ。
イシヤのホットケーキはしょっぱいものを一緒に頼んで、
ふたりで分けるくらいがちょうどいいなと思っている。とってもおいしかった。

1556016842-07.jpg


そういえば2週間前にもイシヤカフェにきてたんだった...。
こんな金魚鉢みたいなすごいパフェを食べた。
ストロベリーソルベ、パンナコッタ、カスタード、クリーム、ベリーなどなど盛りだくさんのパフェ。
フローズンヨーグルトがとくにおいしかった!


posted by ひとみ |19:07 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年04月20日

つよーいぞ!つよーいぞ!

平成最後のホーム戦で、マリノス相手に3-0快勝をするようになったコンサドーレが誇らしい。

マリノス戦はお仕事だったので、中継の録画を観戦。地上派中継ありがたい。
今回はUHBの中継で、実況は安定の廣岡さん。局のメイン番組司会に昇進(?)しても、
変わらずコンサの取材や中継をしてくれているみたいでうれしい。
解説は安心の曽田、ゲスト解説に河合CRC!竜二アニキは解説2試合め。
曽田の解説はわかりやすくてとても好きだなあ。
細かい動きをしっかり説明してくれるので、勉強になるし気になるところもわかって安心。
声のトーン、間の取り方なんかも落ち着いているので、いい意味で喋りに余白があり、
竜二アニキが喋りやすくなっていたと思う。
解説慣れしていない選手って振られないと喋りに入れないことが多いけど、
曽田のおかげでよいやり取りができていたなあと思う。

というか、そもそも竜二アニキは喋るのが好きなようなので、
自分からどんどん話していて全然心配いらなかったけど。笑
試合の解説って、FWよりもボランチやDFのほうが視野が広くて語彙力がある印象(偏見)。
またこの3人の中継を観たいなー。UHBさん頼みますー!

深井さんとてもよかった。なんかこのあいだ、「深井さんしっかりしてよ!」って書いたので申し訳ない。笑
すごくよかった。ボールをうばって攻撃につなげて、体を張って守備をして。気合いが入っていた。
とにかくしっかり守備から入るんだよ、というミシャからのメッセージを一番体現していたような。
宮澤と組むと役割が明確になるのか。もっと攻撃にも積極的になっていきそうな予感。
福ちゃんがFK決めたときにガッツポーズしているのもよかったな。

ミンテが、試合に出るようになってからずっと良くてうれしい。
前節から完封できているのもミンテのがんばりがあってこそ。
カードを貰いがちなのでそういうところばかり指摘されるけれど、
守備エリアの広さとか強さとか、ミンテが思い切り楽しめているからこそ本来のよさが出るのだろうなと。

ルーカスは、今季はじめて見たときから「上手いなぁすごいなぁ」と思っているけど、
そう思わない試合はないくらいずっとすごい。
ドリブルもなんか独特で、相手もついていっているようで気づいたらかわされているかんじ。

チャナのゴール、からのサイコー!
福ちゃんの美しいFK、からのワッキー男性ホルモン受信中!
ロペスの迫力ヘッド、からの靴磨きパフォーマンス!
ゴールパフォーマンスがたくさんあって楽しいので、これからもみんないろいろ考えておいてね。

ていうか、もっとソンユンも褒められてもよくない?
また去年みたいにソンユンチャントで指揮者パフォーマンスするソンユン見たいからもっと褒めて!

三好のことは選手紹介のときに大きな拍手でむかえたそうで。
なぜかゼロトップの真ん中?という謎の起用のされかたをしていたので、
三好のよさが出る本来の場所でプレーさせてあげてほしい。
そして札幌戦以外で活躍してくれ。あいかわらずめんこかったなみよっしー...。

どうでもいいけれどわが家では大津祐樹がわりとお気に入り。
柏のときに大津のチャントが『お嫁サンバ』でなかなかツボだったので、
未だに大津を見るとそのチャントを歌ってしまう。大津祐樹をとめないで~♪

posted by ひとみ |23:37 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年04月13日

アウェイで早めのサクラサク

4月の中旬なのに桜のお花見ができるなんて!
今時期テレビで見るそれを、自分の目で見て驚く。そんな大阪遠征だった。

連敗から抜けられてよかった。
ソンユンもジンヒョンも両GKがとてもすばらしく、後半に入ってもなかなか得点が難しそうで
これは1点が入ったほうで決まるかなーと思っていたらほんとうにそういう試合になった。
ルヴァン杯大分戦の後半でうまくいったことで、
宮澤をボランチに・DFにミンテというかたちができたのがよかった。
きちんとしたDFのミンテ(という言い方も変だけど)でなくては、やっぱり対都倉には厳しいだろうし。
宮澤本人も、体が強い外国籍FWを相手するなんてほんとカンベンwと言っているし。笑
体が強くてカバーエリアも広く、ラインコントロールもよくミンテの魅力が大いに出ていた。
それから途中出場で入ってくる早坂の安心感よ。

あまり言われていないかもしれないけれど、深井さんにはもっとがんばってほしい。
荒野くんとのボランチだと悪いところは目立たないけれど、宮澤とだとさすがに目につく。
積極的であればミスもブラボー、だけど、いつまでも同じミスをするのは
いくらチャレンジであってもブラボーじゃないぞ!
深井さんの足に相手の足が入ったときは、相手に殺意が芽生えたけれども。

ゴールの場面はごちゃごちゃしたところから誰かに当たったのだと思っていたのだけど、
あとから映像で見るとシンプルにセットプレーでの得点だった。
相手がかき出したけどラインを割っていた、みたいに見えたのに(しかもこの選手は都倉だった)。

曖昧な記憶なのだけど、ゴールにつながったCKのときに応援を一度仕切りなおして、
我慢でーきないーを歌ったような気がするのだけど、
あれがあの日そこまでのなかで一番一体感がある声に聞こえて。
シチュエーションは全然違うものの、一昨年のアウェイ大宮戦を思い出した。
最後のFKのときに福ちゃんがサポーターの応援を聞いて、「これは入るなと思った」と言ってくれたやつ。
だから、このCKも絶対決まるやつ!という思いで歌った記憶。
サポーターが呼んだゴールだなんて言うつもりはないけど、なんかそういう"雰囲気"のときってあるよね。

すっかりロペスのゴールだと思っていたゴール裏に、
進藤くんが紳士的な一礼をしてアピールして見せたのには笑った。
ゴール後にピッチ看板を跳び越えると見せかけて跳ばない、
というピッチ落下芸を会得した(?)ロペスもおもしろかった。

うちは試合前、とくに武蔵を贔屓してコールをしていた。
何度も歌って何度もコールして。札幌の新しい9番に期待をこめて。

セレッソの恋人都倉、という幕を出していた懲りないセレッソサポ。
(けれどこれはゴール裏の総意ではなかったようで、呆れていたセレッソサポもいたな。)
あちらは都倉のチャントやらコールやらで応援していた。
恐らく、こちらからは都倉に対して盛大なブーイングがとぶと予想してのことだろう。
しかし実際は、その幕が出されても無反応で静かな札幌ゴール裏。
選手紹介のときも、都倉に対して無反応で静かな札幌ゴール裏。
私は都倉に対してもともと、拍手だと喜んじゃうだろうし、
ブーイングだと張り切っちゃってまちがってロスタイム弾とかやりかねないから、
無関心を決め込もうと思っていた。でも、拍手をしたい人もブーイングをしたい人もいるだろうから、
それらが入り混じった雰囲気になるだろうと予想していたのだけど。
思いもよらずみんながそろいもそろって無反応だったので笑った。
そう思った人は多かったようで、札幌ゴール裏からは笑いが起こった。

去年のホームセレッソ戦のときに、『夏の桜を蹴り散らせ』という煽り文句がマッチデイに載っていた。
煽りっていうのは相手を傷つけたり悪く言ったり、
ましてや大切なスポンサーの商品をいじるようなことをするのではなく、
こうやってやるもんだというお手本のようで個人的にとても好きだった。

「みんなで無反応でいきましょう!」みたいな声かけがあったわけではないので(あってもきもい)、
そろいもそろってという気持ち悪さというかおもしろさよ。
ホームのセレッソ戦はもっと人が多いからこうはならないだろうけど、
拍手やブーイングをする人を責めるようなことがないといいなと思う。好きにやればいいのよ。

そして、山下に対しては安定のブーイング。
これはもう、いまだに山下のことを本気で恨んでいる人っていうのはそうはいないと思うので、
お約束のようなもの。だってブーイングをすると明らかにパフォーマンスを落としてくれるんだから、
そんなんでいいんだったらいくらでもやるわよ、というものだ。
バスケで相手のフリースローのときにブーイングとかでノイズを出すけど、そういうかんじかなと。
一周まわって山下はもはや愛されているのでは、って雰囲気なのだけど
それが山下本人にはきっと伝わっていないだろうから、札幌サポのこと嫌いだろうなあ。
一度も挨拶に来てくれたことないもんね(そりゃそーだ)。

いやぁ、めちゃくちゃ疲れた試合だった。
湘南戦でめずらしくジャージだったミシャは、セレッソ戦でもジャージ。
私も湘南戦のときに着ていた服でセレッソ行った!縁起担ぎおそろ!

posted by ひとみ |20:49 | 試合観戦 | コメント(4) | トラックバック(0)

2019年04月10日

岩崎くんに既視感。

ルヴァン杯は出場機会の少ない若い選手たちを見るのを楽しみにしているので、
スタメンの半分くらいがリーグ戦のメンバーなことを確認したときは、正直テンションが下がった。
リーグ戦でも見られるメンバーじゃなくても...と。

でも、リーグ戦が3連敗のなか、リーグ戦のメンバーもなんでもいいから勝ちたかっただろうし、
最近なかなかゴールをできていなかった(と言っても一か月くらいだけど)武蔵も
ゴールをすることで気持ち的に上がっただろうし。
ルヴァン杯メンバーも、こうやればいいのか!みたいなプレーのテンポを掴めたかもだし。
ルヴァン杯長崎戦とはスピード感が明らかにちがってよかったものね。
なんだかんだでこのメンバーにしたミシャはさすがだな、と思った。
なんでもいいから勝たねばだったのだ。それくらいの危機感がチームにあったってことだろう。
なにより、とにかくゴールを観られるっていい!最高!だった。

岩崎くんが再三のチャンスをなかなか決められないのを見て、
なんか去年もこういうのあったな...誰だっけな...と思っていて、試合後思い出した。三好だ...!
去年の三好くんのような、シュートチャンスに絡んでもなかなか決まらないちょっと残念キャラなにおい。
でも三好くんも一度ゴールを決めたらそこから殻をやぶるようによさを出せるようになったし、
岩崎くんももともとの才能があるからきっとすぐに結果につながるはず。

金子くんが終始守備に攻撃に、よい意味で目立っていてとてもよかった。
気の利くプレーというか、センスというか、嗅覚というか、
頭がいいんだろうなあと思えるプレーだった。いいなあ、もっと観たいわ。

檀崎くんのプロ初ゴールを観られたのもうれしかった。
高嶺くんもデビュー。本間くんも見たかったな。なんだかんだでやっぱり若い選手の活躍が楽しい。

1555075091-001.jpg


仕事人だったので、ビールくらい飲んでも許されるだろうと買って席へ。
食べものの写真を撮るのをすっかり忘れていたのだけど、
お弁当とサブウェイのコロコロポテトというのを食べた。
コロコロポテト、塩っ気があまりなくて、いもっぽくておいしかった。

さて、明日はセレッソ戦。私の今季初アウェイなので、応援がんばってくるぞ。
山下とか都倉とかはどうでもいいから、リーグ戦久々の勝利がほしい。

1555075272-002.jpg


今年もすっきりおいしい春の薫り。


posted by ひとみ |23:33 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)