スポンサーリンク

2021年10月17日

100試合記念グッズ届きました

昨日は、試合が残念な結果でしたが、ほかに9月初めに注文した深井のJ1リーグ通算100試合出場記念グッズが届きました。いろいろ欲しいグッズばかりでしたが、予算の都合上、私が選んだのは記念ペナントとハメパチキーホルダーだけです。大きなケガに泣いてきた深井が出場試合数を大台に乗せたのは感慨深いものがあります。今季もケガがちですが、本日のエリートリーグに出場し得点したようです。ぜひJ1の残り6試合に出場し活躍してほしいと願っています。

1634466847-IMG_3838.jpg


posted by papa12 |19:23 | コン活 | コメント(0) |

2021年10月16日

痛い逆転負け

うーん、優勝を目指す横浜Mとの1戦は1-2と逆転負けを喫し、残念な結果となりました。

前半24分にCKからの菅のスーパーミドルにより見事先制。その後も後半途中まではうちのペースで、何度も攻め込むも追加点を奪えず。そうするうちに、マンツーマンディフェンスで体力を消耗していたコンサドーレは終盤、足が止まり、立て続けに2点を奪われ、万事休すとなりました。

普通のチームなら、後半半ばまでリードしているなら守りに入るのでしょうが、そこは超攻撃的を掲げるミシャ監督ですから、攻め続けました。その意味で敗因は追加点を奪い、勝負を決められなかったことに尽きるでしょう。残念ながら強豪チームを相手にまだそこまでの力はありません。今季残り6試合でさらに成長を目指し、奮闘してほしいと願っています。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |21:04 | 雑感 | コメント(0) |

2021年10月15日

審判のしくじり

サッカー専門サイト「フットボールチャンネル」で興味深い記事を見ました。国際審判だった小幡真一郎さん執筆の「Jリーグ、審判が犯したしくじり事件5選」です。取り上げられた5試合のうち、ストイコビッチがイエロー2枚をもらい、主審からイエローカードを奪って主審に突きつけた映像はよく放送される有名なシーンですね。主審は小幡さんだったんですね。

コンサドーレ関係が2試合あります。いずれもコンサドーレ側が不利益を被った「被害者」と言えるかもしれません。1試合は1999年5月16日、厚別で行われたJ2第12節の仙台戦で、仙台の選手が44分に2枚目のイエローをもらいながら主審が別な選手と思い込みそのまま続行、ハーフタイムに確認して退場にしたそうです。3-0で勝ったようですが、この試合のことは見たかどうかも含め、まったく記憶がありません。

もう1試合は2001年5月3日、日本平でのJリーグ1stステージ第7節・清水戦です。2-5で大敗するのですが、問題は清水の5点目。FKで4点目を決めていたアレックス(後の三都主)が72分にもFKを直接たたき込んで決めてしまったのですが、実は間接FKだったんです。テレビ観戦していた私は実況や解説者が主審のポーズから間接FKと言っていたのに、決まってしまった後は誰も問題視せず、そのまま進行し、試合終了を迎えてしまいます。なぜゴールが認められるのか、不思議に思ったことをよく覚えています。これも主審は小幡さんだったんですね。以前は日本平は鬼門で、清水にこてんぱんにやられた記憶ばかりあります。それが2年前に8-0で勝利する日が来るとは夢にも思いませんでした。

なお、今回の記事は小幡さんの新刊「しくじり審判 失敗から学ぶサッカー審判の教科書」(カンゼン、1870円)から抜粋したものらしいです。面白そうな本ですね。

posted by papa12 |19:44 | 温故知新 | コメント(0) |

2021年10月14日

ISHIYA札幌大通本店様

今日は所用で札幌市中心部へ出かけたついでに、札幌三越で開催中の「あんこ博覧会」に立ち寄り、カミさんからリクエストされた「五勝手屋ロール」を購入。月寒あんぱんさんでシマエナガの和生菓子を買おうとしたところ、お店の方に「コンサドーレのサポーターですか」と声をかけられました。実は今日はパーカーの下に相澤陽介クリエイティブディレクターのデザインによるTシャツを着ていたので、お店の方もサポーターのため気づかれたようで「この間の試合に勝って良かったですね」とお話しされました。思わぬ交流にうれしかったですね。

この後、先週に「ISHIYA札幌大通本店」(大通西4)としてリニューアルオープンした石屋製菓様の旗艦店へ。昨年、オンラインショップで購入してお気に入りになった「サク ラング・ド・シャ(北海道ワイン)」を買ってきました。道内の店舗で買えるのはこの「サク ラング・ド・シャ」シリーズなどの「ISHIYA G」の商品は道内ではここでしか購入できないとのことで、ぜひお立ち寄りください。

1634208919-IMG_3832.jpg


posted by papa12 |19:23 | コン活 | コメント(0) |

2021年10月13日

わがままなジュリエット

あのベーカリープロデューサー、岸本拓也さんがプロデュースし、5月に札幌市豊平区西岡にオープンした「わがままなジュリエット」に本日、初めて行ってきました。パン好きなカミさんのリクエストで、あんこを練り込んだ食パンやモーニングエッグ、ちくわパンなどを購入。1000円以上購入するとガチャガチャを1回でき、さらに総菜パン1個が当たりました。明日の朝食が楽しみです。お店はジャパンベーカリーマーケティング様の直営ではないようなので、コンサドーレのパートナーになっていただいていないかと思いますが、ぜひともしっかり稼いでカレーパンだ!様のように仲間に加わっていただければ幸いです。

1634123134-IMG_3819.jpg


posted by papa12 |19:54 | コン活 | コメント(0) |

2021年10月13日

コンサドーレ倶楽部

今朝の北海道新聞様の朝刊はサポーターにとって見どころ、読みどころが多数ありました。石水勲さんに感謝の念を伝えるクラブの全面広告をはじめ、スポーツ面に載った囲み記事「コンサドーレ倶楽部」や札幌圏版の「GO!GO!ファイターズ 石水さんの北海道愛忘れない」など、偶然でしょうが、じっくり読まされました。

その中でも「コンサドーレ倶楽部」は「スポンサー定着へ企業の連携促進 収益増へ提案 クラブも潤う」と題し、担当記者が「クラブは広告の宣伝効果のみならず、企業間の取引を促してメリットを感じてもらい、スポンサーの定着につなげる考えだ」とクラブのビジネスマッチングの取り組みを紹介しています。

記事中には2020年度(2020年2月~21年1月)決算でスポンサー収入は約17億7000万円に上り、コロナ禍でも前年度比2割増を実現。野々村社長が就任した13年度比では実に4倍に増やしたとのこと。近年の営業努力が実っていることはうれしい限りです。将来的にはJ1トップクラブ並みの25億円を目指すそうです。第2弾の「♯全道一丸で乗り越えよう! コンサドーレパートナー企業応援プロジェクト!!」も本日発表されました。コロナの影響を感じさせない営業努力を今後も期待します。



posted by papa12 |19:26 | コン活 | コメント(0) |

2021年10月12日

辛勝

カタールW杯のアジア最終予選で、日本代表は辛くも首位のオーストラリアに2-1で競り勝ちました。W杯出場に向けて首の皮一枚でつながった格好です。前半早々に幸先良く先制したのは良かったのですが、その後は好機を生かせないでいたところ、相手にFKを直接たたき込まれ、同点に追いつかれました。この辺は北海道の某チームでありがちな試合展開と重なって見え、心配でしたが、後半終盤に浅野のシュートからオウンゴールとなり勝ち越し、ホッとしました。あまり日本代表戦は力が入らないのですが、今日は久々に手に汗を握る感じでした。

予選突破には残り試合を全勝するぐらいでないと難しいかもしれませんが、今日の勝利を糧に頑張ってほしいものです。

posted by papa12 |21:05 | 雑感 | コメント(0) |

2021年10月12日

視聴パス届きました

昨日のエントリーで書いた2022DAZN年間視聴パスですが、早々と本日、届きました。日曜の10日夜にポチッとして、昨日夕に発送連絡のメールが届いていました。注文から2日目で届くとは、オフィシャルオンラインストアの早い対応に感服です。コロナ禍でグッズ類の販売も重要になっているだけに今後も頑張ってほしいと思います。

1634036245-IMG_3809.jpg


posted by papa12 |19:46 | コン活 | コメント(0) |

2021年10月11日

来季もDAZN更新

早いもので2022DAZN年間視聴パスの販売がクラブオフィシャルオンラインストアで今月から始まり、私も購入しました。通常よりも安く、実質最大で4,850円(うち1000円はグッズクーポン)がお得になり、購入金額の一部はクラブの強化費用としてクラブに還元されるため、ぜひともクラブオフィシャルオンラインストアで購入しましょう。

思えば、2017年からJリーグのリーグ戦中継を独占契約した最初のうちは試合途中でしょっちゅう、クルクルが始まり映像が途絶えたり、かなり心配でしたが、最近は配信も安定しているようです。欲を言えば、スカパー!と違って録画できないので保存版DVDを残せないのが残念です。サポーター世論も最近は「ルヴァンカップや天皇杯もDAZNで中継して」という声が増えてきたようです。個人的には今の住み分けで仕方ないのかなと思っていますが。

posted by papa12 |19:34 | コン活 | コメント(0) |

2021年10月10日

混戦続くJ2残留争い

J2は今週末も試合があり、残留争いは依然として激しい混戦が続いています。4チームがJ3に降格するなか、今節は降格圏内の19位松本(勝ち点31)、20位北九州(同30)、21位相模原(同29)、22位愛媛(同29)ともそろって敗れ、勝ち点を加えることができませんでした。愛媛と松本の勝ち点差はわずかに2。残留圏内の18位金沢は今節、引き分けで勝ち点を32にしましたが、愛媛、相模原との差は3、北九州とは2、松本とは1だけです。前節終了時点では最下位の愛媛と14位大宮までの勝ち点差が4しかなかったのが、今節は松本に競り勝った栃木が勝ち点を36に伸ばし14位に浮上したものの、残り9試合あり、まだ安全圏とは言えないでしょう。わがコンサドーレは幸いJ3に降格したことはありませんが、J2降格を4度経験していますので、残留争いに巻き込まれている各チームのサポーターは胸が締め付けられるような思いが続き、その心情は察するに余りあります。

一方、J1への昇格争いは磐田が勝ち点71で首位、同70で京都が続き、3位に浮上した長崎が同61で追っています。昇格を狙うチームのサポーターは期待が膨らむばかりでしょうが、最後の最後まで分からないことが多いので油断できません。昇格争いはともかく、残留争いの激しさを見ると、もう2度とJ2には落ちたくないと思わずにいられません。

posted by papa12 |19:24 | 雑感 | コメント(0) |