スポンサーリンク

2017年07月20日

期待高まる新戦力

北海道新聞の月一度の2つのコラムの日です。

一つ目は、「J1赤と黒の闘士たち」スポーツライター・斉藤宏則が迫るです。
今回はMFチャナティップ・ソングラシン23歳です。

見出しは、「守備翻弄 小さな巨人」です。

後半戦の注目は、チャナティップ・ソングラシン選手で、世界的なスターのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ選手とプレースタイルが似ていることから「タイのメッシ」の愛称で、タイ国内で人気を誇る。

小見出し「舞台は万全」
チームは6月末のルヴァン杯プレーオフの第1戦を0-2で落としただけに、チャナティップの加入で流れを変え、逆転勝利への期待も高まる。
J1リーグのホームゲームは、浦和との一戦を7月29日に控え、注目選手のデビューに向けた舞台は万全に整った。

小見出し「巧みな足技」
プレーを見ていると、「タイのメッシ」の愛称はまさにピッタリ当てはまり、身長158㌢と小柄ながら、ボールが足に吸い付いているのごとく巧みに操り、トリッキーなドリブルで大柄な相手選手を手玉にとってはゴールに迫っていく。
ドリブルはスピードとパワーにあふれており、ぐいぐいとボールを持ち運んでは相手守備を翻弄。
シュートの精度や威力も十分で、まさに本家メッシをほうふつさせる。

タイでは国民のほとんどが存在を知る大スターだ。
札幌移籍に際しても数多くのメディアが連日、一挙手一投足を報じる。
タイの最大手スポーツメディアも特派員を送り込む力の入れようで、いかにタイのビッグネームであるかが分かる。

小見出し「謙虚な青年」
報道陣やファン、サポーターに対しても常に礼儀正しく接するし、どこにでもいる普通の好青年という感じだ。

「タイのメッシ」がいよいよJリーグの舞台でそのベールを脱ぐ。
小さな巨人が、われわれの眼前でJ1の上位陣に立ち向かう。

もう一つは、「吉原宏太のマンスリーコンサ」です。

見出しは、「光ったヘイスのポゼッション」です。

前半戦をJ1残留圏内の15位で折り返した。
大宮戦も敗戦濃厚の展開を引き分けに持ち込み、これまでのJ1昇格した時と比べ残留の可能性を示した前半戦だったのではないか。

柏戦でケガから復帰したFWヘイスが光った。
得点面での貢献に加え、前でボールを収める能力にたけていて、あらゆる面で機能している。
チームとしても、大宮戦の後半などはボール保持を高める「ポゼッションサッカー」の利点を発揮、札幌らしさが出ていたと思う。

前半戦を振り返ると、ボールを奪えそうは局面でファウルを与える場面が多かった。
実力が拮抗するJ1で後半戦を戦い抜くには「自分たちの時間」に持ち込むスイッチをどうつくるかが鍵。
札幌のスイッチは誰が押すか。
鍵は間違いなく、MFチャナティップ・ソングラシンか、FWジェイ・ボスロイドだ。
彼らは難しいボールも巧みにキープ、連動したプレーは滞りがなく、まるで上から俯瞰しているようだ。

ヘイス、都倉、金園に加え、個の外国人2選手加入でFW争いは確実に厳しくなる。
前半戦の試合が一巡し、ここからまた新しい札幌を見せられなければ順位を落とすことは必至。
このタイミングで2選手加入は、そうした意味でもチームに好影響を与えそうだ。

後半戦何より大切なのは、サポーターと選手が一丸でこの状況を乗り越えていくことだ。
大の大人が汗まみれ、泥まみれになりながら、泥臭く戦う姿をぜひ見届けてほしい。

1500427292-DSC_0038.JPG

前半戦は都倉が5ゴールを決めて、ある程度順調にスタートした。
しかし、都倉は2-2の引き分けに終わったアウェイ磐田戦でゴールして以降、得点がない。
その後チームはホームで宮澤のゴールで大宮に初完封勝利をしたものの、6連敗を喫してしまった。
ただ、柏戦では負けはしたがヘイスがケガから復帰して、得点を決めた。
次のホーム清水戦でもヘイスが決めたゴールが決勝点となり、今季2度目の完封勝利を挙げて、降格圏から脱出した。
後半戦の折り返しとなったアウェイ大宮戦では、都倉を出場停止で欠き苦戦したものの、福森の2本のFKで同点に追いつき15位を死守した。

中断明けの浦和戦は苦戦が予想されるが、そこはホームで大勢のサポータが詰め掛けることは必至、そこで勝利できれば残留には勢いが付く。
そのためには、調子が上がってきているヘイス、出場停止明けで休養十分の都倉、そして新加入のジェイとチャナティップと期待される選手が、満を持して臨むこととなるだろう!

そんな、最高の試合をぜひスタジアムに足を運んでみてほしい!


posted by consa.kazu |10:12 | コメント(0) |

2017年07月19日

後半戦J1残留のポイント

北海道新聞の「燃えろ!コンサドーレ」平川弘の通信簿の日です。

見出しは、「J1残留 甲府戦がポイント」です。

リーグ戦が中断しているということで、後半戦の展望について書いています。

札幌は22日にタイで、ムアントンユナイテッドFCを相手に海外親善試合を行う。
異国のチームとのアウェー戦は親善試合とはいえ、刺激になり大きな経験になる。
ルヴァン杯POのC大阪戦もあって過密日程となるが、チームが一つにまとまる良い機会になればいい。

後半戦スタートの大宮戦を引き分け、勝ち点1を積み上げた札幌。
今後の対戦相手、浦和、C大阪、横浜M、甲府と続く。
最初の3チームに勝つのは、ちょっと厳しいだろう。
ただし、ホームで迎える8月13日の甲府戦には何が何でも勝たないといけない。
3連敗したとしても、甲府から勝ち点3を奪えばJ1残留の可能性は高まる。

後半戦で、勝ち数のノルマは4勝で、甲府のほか、仙台、新潟、広島、清水がそのターゲットだが、ここで5勝できれば万々歳だ。
試合数と同数という「残留勝ち点の法則」の34㌽獲得に現実味を帯びてくる。

勝ち点の計算が絵に書いた餅にならないためには、新戦力のジェイをチームに融合させねばならない。
FWジェイ、都倉、ヘイスの並びをどうするかがポイント。
大柄な3人を横並びにする3トップも壮観だが、バランス的には1トップにジェイ、その下に2シャドー都倉とヘイスを配するが普通だろう。
また、ジェイと都倉の2トップ、ヘイスをトップ下にするのも良い。

ジェイも都倉も個性が強いFW。
呼吸を合わせるのは容易ではないが、2人で果敢にゴールを狙ってほしいと思っている。

1500427292-DSC_0038.JPG

相手にもよるだろうが、迫力のある3トップを見てみたいものだ。
また、試合中にポジションを上手く入れ替えて、相手のマークを外すプレーも、J1では必要だと思う。
先ずは、タイ遠征での試合結果を見てから、最良の策を練ってほしい!


posted by consa.kazu |10:12 | コメント(1) |

2017年07月18日

観客数増への活動として

7月15日付どうしん電子版に「吉原宏太の次のゴールへ」というコラムが載っています。

見出しは、「町内会に入ってますか?」です。

宏太さんは、「札幌市の町内会加入啓発キャンペーン「マチトモアクション」の宣伝をお手伝いさせていただくことになりました。札幌市内のさまざまな町内会のお祭りにお邪魔して、冊子を配るなどして町内会加入をPRしていく予定です。」とのことです。

2011年3月11日に起こった東日本大震災の時の体験など書かれています。

町内会に入っていないと、どこに、どんな人が住んでいるのか分からず、助け合うことができません。九州では大きな地震が発生し、大雨被害のニュースも伝えられます。北海道もいつ災害が起こるか分かりません。

何かが起こった後ではなく、普段から住民同士がつながりを持っていてほしい。近所で何が行われているのか関心を持ち、イベントに参加してみる―。町内会がそのきっかけになればと思います。そうすれば「我が町」をもっと好きになるはずです。サッカーを通じて地域の活性化や人々の交流を促進しようというJリーグの理念と似ていますね。目指すところは一緒。サッカーと同様、町内会加入の大切さも伝えていきます。

そして、そんな町内会活動の中でも、サポーターを増やす機会はある。
そこで知り合った方と、コンサドーレの話をして試合に誘ってみるとか、町内会の活動としてコンサドーレの試合の観戦会を行うなど、町内会活動には観客動員数増への可能性を秘めていると思う!

1500335531-1492567812876.jpg


posted by consa.kazu |08:12 | コメント(0) |

2017年07月17日

約10日後にはリーグ再開

昨日の短時間記録的豪雨は、凄かったですね!
小樽の家電量販店では、店内に入ってきた水に商品がつかり、売り物にならなくなったところがあるようです。
九州地方でも大雨による被害に遭っていて、大変な思いもしています。
北海道も昨日大雨が降る前までは、真夏日が何日も連続するなど、近年ない状況の異常気象が起きているようで、これも地球温暖化の影響なのでしょう!

昨日の豪雨で道内のイベントや女子のリラコンサドーレの試合が中止になったりしたようです。
トップチームは、豪雨の中紅白戦は行われたようですが、こちらも途中で中止したとのこと。
また、ユースとの練習試合も中止したとか。
あの豪雨では仕方ないことだと思います。

さて、福森の見事なFKが2本決まって引き分けに終わった大宮戦から1週間が経ちました。
中断期間に入り、新加入のジェイとチャナチップがチーム戦術理解と、連動のための練習も1週間が経ち、徐々に深まってきているように思います。

1500250256-DSC_0166.JPG

15位と何とか残留圏内を確保した札幌ですが、後半戦で残留を確実にするために、上手く連係できるようになってほしい!
練習を全く見ていないので分りませんが、ジェイのこれまでの実績から考えると、大いに期待したい選手です。
残り約10日間で、チームや戦術にフィットするまで、仕上げてほしい!(その前に、ルヴァン杯プレーオフはありますが)

1500250396-DSC_0171.JPG


posted by consa.kazu |09:12 | コメント(0) |

2017年07月16日

後半戦への準備

北海道も連日暑い日が続きましたが、今日は若干その暑さも一息着くでしょうか?

レプリカユニのプリントミスによる交換が開始され、交換には2週間程度掛かるとのことでしたが、10日に届いたものは直ぐに交換返送されて、早いところでは昨日届けられたようです。
我が家は、昨日は留守だったので今日の午前中に届けてもらうこととなっているので、そろそろ届くでしょう!

さて、18試合を行って札幌は15位の残留圏内を確保しました。

出場試合数を基にした、リーグ前半の主要メンバーです。(名前の後ろのカッコ内は出場試合数)

         22金園(11) 9都倉(17)

  38菅(14)                 26早坂(13)

       6兵藤(18)       10宮澤(17) 

              27荒野(15)
 
    24福森(18)  2横山(15) 20キムミンテ
 
              25具(18)
             
ベンチ 1金山(0)・15菊地(5)・4河合(10)・3田中(6)・23マセード(10)・44小野(8)・13内村(10)

ここまでの札幌の得点数は16点の内、都倉が5点、次は3得点で福森、ヘイスとジュリーニョが共に2得点、後は兵藤・横山・宮澤・OGが1点です。

ジュリーニョは、ケガのため登録抹消になったが、代わりに入ったジェイがそれ以上の働きをしてくれることが、残留には重要になりそうだ。
また、チャナティップも練習試合で才能の片鱗を見せたようなので、こちらも期待したい。
ただ、この二人はこの中断期間の内でチームにしっかりフィットできるかが、鍵となる。

また、上のメンバーに入っていた選手であっても、後半出られない選手も出てくる可能性はある。
永坂が水戸にレンタル移籍するようなことも目にしたが、現状でリーグ戦に出場することは難しい状況だと思うので、それは止む得ないことだと思う。

稲本、増川、深井などケガから徐々に復帰してきている。
また、他にケガをする選手も出てきているので、後半はケガに気をつけながらチーム力をアップさせて、J1残留に向けてまい進していってほしい!

1500169043-DSC_0186.JPG

このブログを書いている内に、レプリカが届きました。
選手名とスポンサー名は、フクロウ被っていません。

1500169151-DSC_0188.JPG

違っていたのと比べていると、フクロウの位置がそもそも上に印刷されていたことが、今回のミスにつながったですかね~え?

1500169471-1487973574503.jpg

これで新しいレプリカが戻ってきたので、清水戦への準備は整いました!


posted by consa.kazu |10:12 | コメント(1) |

2017年07月15日

残留のための後半戦の課題

北海道新聞に、昨日と今日で「残留への課題」コンサ勝負の後半戦上下が載っています。

1500072483-DSC_0038.JPG

見出しは、昨日が「『都倉頼み』脱却なるか」です。
今日は、「甘い守備立て直し急務」です。

チームトップの5得点、激しいマークに遭い8試合得点から遠ざかっている都倉だが、存在感の大きさは変わらない。
体格を生かした空中戦の強さと走力で、札幌の攻撃の起点となる。
累積警告で出場停止となった大宮戦は、都倉の不在の影響が表れた。
前線に都倉に代わるボールの「預けどころ」がなく、大宮に押し込まれる展開が続いた。
攻撃の引き出しを増やし、「都倉頼み」から脱却できるかが後半戦の課題となる。

リーグ中断までの18試合で16得点にとどまった攻撃陣のてこ入れにFWジェイを獲得。
福森は「これまで以上にくさびのパスが入れられる回数が増えると思う。前線でキープしてくれれば、攻撃に厚みが出ると思う」と期待する。

MFチャナティップも練習試合などで確かな技術を疲労しており、攻撃のオプションは増えそうだ。

1500070725-1491792775428.jpg

堅守速攻を武器にJ2優勝を果たしたが、J1では相手の決定力の高さに苦しんでいる。
四方田監督は「明らかに破綻しているところはないが、失点を減らさなければいけないのは間違いない」。
3バックの弱点は、左右のCBの横のスペースがあく。
そのため、守備時にはWBが最終ラインに入って対応するケースが一般で、札幌も同様の形を取る。

だが、後方に人数はそろうものの、失点は減らない。
選手たちがそろって口にするのはボールに対する「寄せの甘さ」だ。
左CBの福森は「J2ではシュートを外してくれる場面もJ1では決められてしまうということを、前半戦でチーム全体として痛感した。最後まで寄せないといけない」と話す。

1500070994-DSC_0097.JPG

他クラブの札幌対策が進む現状も見逃せない。
札幌は3ボランチが基本で、そこを他クラブが狙うのは、攻撃のスペースをつくるために札幌の中盤の「3」を動かすこと。
鹿島や柏は足元の技術の高いDFラインやボランチを経由頻繁にサイドを変えることで、札幌の中盤を左右に揺さぶった。

兵藤は修正点について「3ボランチが横に引っ張られるなら、WBを早めに押し出したい。相手はWBの裏を狙ってくると思うが、(WB)の『縦ずれ』と(中盤やDFの)『横ずれ』のバランスと、DFラインを下げすぎないことが大事」と口にする。

これから苦手とされる夏場のゲームが続く。
主将宮澤は「チームとしてもっと効率的にやっていかないといけない」と語る。

FWジェイの加入で布陣変更の可能性もあるが、中断期間中に守備を再整備し、J1残留につなげたい。

前半戦を終了して、残留圏内の15位に入れたことは評価してよいと思う。
だが、勝利した4試合の内完封できたのは2試合だけで、その他の全ての試合で失点している。
昨年と比べてプレーの中では大きな違いはなく、むしろ昨年よりれているように見えるが、決定力の高さがJ2とは大きく違ってきているのが分る。
その上、リーグ開始当初は比較的上手く行っていたが、リーグ戦が進むにつれて他チームの研究が進み、自分達のプレーをさせてもらえない。

後半戦は、これまで以上に守備の寄せを強くしていく必要がある。
そして攻撃では、都倉以外で如何に相手の守備を崩していくか?
そして、大宮戦で見せた福森のFKを、上手く絡めて勝ち点3を積み上げていかなければいけない!

1500071845-DSC_0154.JPG

ただ、あのキックについてまた研究してくると思うので、その他の選手のFKの質を高めることも、重要になってくると思う。

1500071922-DSC_0100.JPG


posted by consa.kazu |07:12 | コメント(0) |

2017年07月14日

ジェイがJ1残留へチーム力を引き上げる!

昨日のスポーツ報知に「【札幌】ジェイ、J1残留へ闘志を注入『ボーイを大人にする役割をしていきたい』」の記事が載っています。

北海道コンサドーレ札幌に加入したFWジェイ(35)が、J1残留へ闘志を注入する。
26日のルヴァン杯・プレーオフステージのC大阪戦から再開する公式戦出場へ向け始動した。
残留圏ギリギリとなる15位からの浮上に向け、得点源として期待される元イングランド代表は「ほっかいどう報知」の単独インタビューに答え、かける思いと目標達成への自信を口にした。

「チームメートもみんな優しくしてくれて、いい関係も築けている。
チームスタイルとか覚える所はあるが、これから上げていける」

磐田に所属し、2年間でJ2、J1で計34得点を挙げた。
目標のJ1残留へ、残り16試合の得点源として、白羽の矢が立てられた。

「クラブから話があって、うれしかった。
札幌にはいいスタジアムもあって、素晴らしいファンもいる。
J1にいる資格は十分あるクラブだが、今は順位に反映されていない。
メンタリティーを変えることで相応のクラブになれる。

具体的には、まず自分を信じること。
日本の選手と海外の選手に技術の違いはさほどない。
欧州の選手はサッカーは人生と同じと捉えるから毎試合毎試合、悔いの残らないよう、最後のつもりで戦ってきた。
残念ながら日本の一部の選手の中には、ただのサッカーの1試合と考える者がいる。
それではJ1に残ることは厳しい。
同じ目標に向かうためには、互いを尊敬し合える関係性を作った上で、チーム一丸となることで、そのためにも強いメンタルを植え付けたい」

妥協は一切しない。

「ピッチで必要なのは、技術やフィジカルの強さは20%で、他の80%はしっかりとした判断ができる精神の強さだと思う。
磐田では特に若い選手に、メンタルの大切さは毎日、伝えてきた。
若い選手はまだ少年、ボーイなんだ。
それを大人の男、マンに変える役割をしていきたい。
言うだけでなく、他の選手にもどんどん意見してほしい。
年下でも、遠慮はいらない、望むことがあればどんどん要求すべき。
それでチームとして互いが強くなっていけば、それが一番なんだから」

札幌が獲得した要因の1つが、そんな気持ちの強さだ。

「今、ゲームをやって、負けたらコントローラーをぶっ壊すくらい、負けは許せない。
特に主導権を握っていた試合で負けるのは、本当に腹が立つ。
『まあまあの内容』では済ませたくない。
そういう厳しさもたたき込んでいければ」

残留圏ギリギリの15位で残り16試合、クラブ史上、残留は一度しか果たしていないが、意に介していない。

「過去になど、何の意味もない。
その日にどんなパフォーマンスをするかが重要。
毎日、少しでもうまくなることだけ考えて取り組んできた。
個人の能力差で試合が決まることはあるが、自分を信じてハードワークしたうえで、組織としてどれだけできるか、試されるのがサッカー、それができれば札幌は上に行ける」

個人的な目標は立てない。

「シーズン途中の加入で、一番プレッシャーがかかっているのは僕自身。
もちろん、頭には何点くらいという思いはあるが、一番の役目はチームをJ1に残すこと。
ゴール数はその次だよ」

公式戦は26日のルヴァン杯・C大阪戦から出場が可能となる。
リーグ再開戦は29日のホーム・浦和戦と、難敵相手も過度な意識はない。

「レッズ相手とか、全く気にしてない。敵の強さは関係ない。
どの試合も気持ちは一緒で、勝ち点3を取るだけ。
磐田への感謝の気持ちは強いけど、磐田戦だって(対戦予定の)1試合にすぎない。
今、札幌の選手なんだから、札幌が勝つために何をすべきか、それだけを考え準備して、ピッチに立つだけだよ」

ジェイは技術力は確かだと思うが、それ以上に精神的な部分は、若い選手には大いに勉強になると思う!
メンタル面をジェイから学んで、必ずしやJ1に残留してくれることだと思う!

チームでの練習は始まったばかりで、もう少しチームにフィットするには時間が掛かりそうだが、実績は充分だと思うので、早くチームに慣れてリーグ再開の浦和戦から、大活躍してくれることを期待したい!
その上で、チーム内競争の激化も大いに期待したい!、

posted by consakaz |13:12 | コメント(0) |

2017年07月13日

10年以上経って

この、コンサドーレ札幌オフィシャルブログは、2005年11月から始まった。
私はそれまで、ブログというものを全くやっていなかった。
そのため最初は、ブログを始めることに躊躇していました。
しかし、その後思うことがあり、公式ブログが始まって2~3週間後に、私もブログを始めることにしました。
その頃は、書きたいことがあったときに書く程度でしたが、段々慣れていくうちに書く回数が増えていきました。

特に投稿数が増えだしたのは、2007年7月に「札幌ドーム4万人」計画ということで、実行委員会のメンバーとして活動を始めた頃からでしょうか?
この時は、実行委員会の活動をメンバーとして、ブログで宣伝したことが大きかった。
この時期は、ブログを初めて1年半以上経っていて、慣れ始めたのも要因だと思う。

この頃は、沢山のブロガーの方がいらっしゃったのですが、年数が経ちブログの形態が代わるなどした。
また、最近ではツイッターやFacebook、インスタグラムなどと、色々なSNSが出てきて情報の発信源が増えた。
そのため、大勢のブロガーはこのオフィシャルブログから離れていきました。

毎週運営元では、週間アクセスランキングを発表しています。
当初は、日にちごとの発表でしたが、2007年3月6日~3月12にちからは今の週間ランキングに変わりました。

その当時(約10年前)のベスト50に入っていたブロガーさんたちの内、現在(2017年7月4日~7月10日)も続けておられる方を次に書いていきます。

10年前の順位 現在の順位 ブログタイトル(現在のタイトル)の順に書いていきます。
   13位      8位      ホテルニュー越谷の赤黒日誌
    5位      9位      コンサ隊の「やっぱりウチの子」
   32位     10位      Consa 勝利 De-Shiori's
   29位     11位      LOVE さっぽろ LOVE ほっかいどう
   39位     14位      コンサ日和
   26位     16位      ☆ CONSA に YELL! 2号 ☆
   10位     22位      札幌ロケッツ
    4位    ランク外     妙なる天空の音色
   24位    ランク外     森を見上げて。
   31位    ランク外     おじさんらいふ
   17位    ランク外     グルメとコンサZ
   45位    ランク外     consa繁次郎の館 2.17
以上12のブログが、10年前から今も続けているブログです。
このほかの方について確認していませんが、何人かは続けておられる方がいるのではないでしょうか?

10年以上続いているオフィシャルブログですが、時代の進化と共に何れはなくなってしまうのではないかと心配です。
ただ、オフィシャルブログが続く限り、私自身が生きている限りは、続けていきたいと思います!

1499904636-1411953902476.jpg


posted by consa.kazu |09:12 | コメント(0) |

2017年07月12日

平川さんの評価も狂わせた(?)福森の2本のFK!

北海道新聞の「燃えろ!コンサドーレ」平川弘の通信簿の日です。

1499812402-DSC_0179.JPG

見出しは、「FK2発 大きな勝ち点1」です。

1499812266-DSC_0150.JPG

リーグ後半戦スタート、引き分けは札幌にとって大きな勝ち点1。
残留争いの直近のライバルとのアウェイ戦、終盤まで2点ビハインドで苦しい展開だったが、めったに起こらないことが起きた。
福森が続けざまにFKを2発沈めてドローに持ち込んだ。
2点目が決まってそのまま試合終了となった、ラストプレーでの奇跡だった。
1試合にFK2発はJリーグ発足後2人いたが、DF登録の選手として初めて。

累積警告でエース都倉の出場停止は、ヘイスが復調してきたものの穴は大きかった。
菅をヘイスと2トップに起用したが、全くかみ合わず見せ場ゼロで後半からは定位置の左サイドへ。
ヘイスはそこそこのプレーを見せ状態の良さをうかがわせたが得点はなし。

荒野のショルダーチャージに飛ばされたマテウスが、勝手に反則と判断し手でボールをつかんだため札幌にFKがあたられた。
荒野のプレーに象徴されるように、札幌の諦めない闘う姿勢が、反撃ののろしを上げる1点目につながった。

1499812342-DSC_0176.JPG

評価は、「大変良い」のAは、福森「FK2発はすごいのひと言」の1人です。
「悪い」のDは、菅「FWで使いものにならず」の1人でした。
上原の「採点不可」以外は「普通」のCで、具「不規則回転に油断」、菊地「絞ったが間に合わず」、河合「2点目は空中戦競り負け」、マセード「意外に効いたクロス」、兵藤「アイデア出して」、荒野「マテウス倒し得点起点」、宮澤「グッドサイドチェンジ」、早坂「戦術的交代」、内村「ポストプレーでつなぐ」、ヘイス「決定機あり」でした。

シーズン途中でのA評価は、ほとんどなかったのではないでしょうか?
それほど、福森の1試合2発のFKは物凄いことだということですね!

あまりにも福森のFKが素晴らしかったし、負け試合と思われた試合をFK2発で同点の勝ち点1を得たことが、強く印象に残っていた。
相手に2点リードされたが、大前が交代でマテウスに代わった時に、ちょっと安堵したことを思い出しました。
代わったマテウスが、福森のFK2本につながるハンドの反則を2度も犯したのだから、大宮としては大きな采配ミス(?)と言って良いのではないだろうか?

1499812474-DSC_0159.JPG

ただ、平川さんも書いていたが、札幌の諦めない気持ちが、マテウスの2つのハンドの反則を誘ったのだろう!
1試合2つのFKが決まったのは13年ぶりということだが、今回のようなことはまずないだろう!

引き分けに終わったので、2失点した割にはD評価が菅だけというのも、めずらしい!
その菅だが、FWとしては良いところはなかったが、サイドとしては良くやっていたと思うので、D評価は厳しすぎでは?

福森の2本のFKで、平川さんの評価の基準が少し狂ったかな?

1499812540-DSC_0154.JPG


posted by consa.kazu |07:12 | コメント(0) |

2017年07月11日

後半巻き返し

昨日のスポーツ報知【宏太’Sチェック】です。

見出しは、「福森FKの2点は神がかっていた」です。

1499552616-DSC_0169.JPG

J1リーグ第18節 大宮戦2―2
後半早々に2点リードされたが、そこから同点に追い付く事ができたのは全員の力といえる。
選手のみならず、駆けつけた約2200人のサポーターが押せ押せムードを作ってくれたからこそ取れた、勝ち点1だった。
ドローに持ち込めた要因は福森に尽き、FKの2得点は神がかっていたと言っていい。
精度の高いキックは、これからも対戦相手に脅威を与えられる。
加えて不用意な反則は出来ないという意識も働くから、簡単にボールを奪いに来づらくなる。
特に攻撃面で今後の戦いやすさにつながってくるという意味からも、素晴らしい2得点となった。
中断期間前に残留圏の15位をキープ出来た。
16位大宮との直接対決で、抜かれそうな試合をギリギリのところで食い止めたのだから、相手にも大きなダメージを与える事が出来た。
都倉が出場停止で、頂点を務める選手がいなかったことから序盤は苦しい展開になったが、中断明けからはジェイも加わり、明確なターゲットが出来る。
残り16試合への期待も膨らませてくれる、大きな引き分けといえる。

1499552935-DSC_0154.JPG

1499552894-DSC_0152.JPG

1点目は、キックのタイミングを遅くして、キーパーに迷いを与えた上で、蹴ったので相手キーパーは止めることができなかった。

1499728113-DSC_0164.JPG

1499728075-DSC_0157.JPG

1本目に上手く決められたので、2本目は相手の壁はゴール左側を隠す形で作っていた。
あの場面では、右利きのヘイスの方が蹴りやすい位置だった。
そんな中で、福森のキックは壁の外側を通って大きく曲がって、ゴール左に決まった。

あれだけ曲がるとは、相手ゴールキーパーは思っていなかっただろう!
正直、あそこまで曲がるキックは見たことがない。

スポニチの新聞記事によると、「福森が史上3人目の快挙」
札幌DF福森が大宮戦で直接FKによる1試合2得点をマーク。
J1では史上7人目で、日本人では96年3月20日の広瀬治(浦和=福岡戦)、04年5月15日の三浦淳宏(東京V=名古屋戦)に次ぐ13年ぶり史上3人目の快挙」ということのようだ。

福森本人が1試合FK2本は記憶にないというが、それはそうである。
日本人では3人目だし、13年ぶりなのだから。

直接対決で大宮に負ければ、降格圏の16位に大宮と入れ替わるのだから、値千金である。
その上中断期間を残留圏内の15位で終わらせることができたのは、中断期間そして中断明けでのモチベーションや勢いに大きな影響がある。

新戦力が加わり、後半戦での残留に向けてとても良い結果だった!


posted by consakaz |08:12 | コメント(1) |

2017年07月10日

中断期間に課題の修正を!

大宮戦は福森の大活躍で、引き分けに終わった。

1499639815-DSC_0172.JPG

だが、残留争いをするチーム相手に対しては、勝ち点3が欲しかった。
14位の甲府が、磐田に負けたことで勝ち点で並んだからである。
この時期での順位自体はそれほど重要ではないといいたいが、やはり1つでも順位は上のほうが良い。

課題は、まだまだ沢山あるのだろう!
一番の課題は、失点だろう。
18節を終えて、完封勝利できたのはホームで行われた大宮戦と清水戦の2試合だけ、後は必ず失点している。

引き分けとなった試合は4試合あるのだが、こちらも失点していてスコアレスドローは、1試合もない。
磐田戦は、先制し2点リードしたのだが追いつかれている。
その他の3試合は、先に失点して追いついたものだが、結局先に失点することが多いということ。

1499641086-DSC_0147.JPG

兎に角失点しないことが、今一番の課題である。

1499641017-DSC_0088.JPG

そして、大宮戦で感じたのが都倉がいないと前線でボールが収まらない!
こちらは、都倉が出てくればヘイスとの連係も良く、何とかなりそうな状況である。

1499640916-DSC_0099.JPG

ただ、今回は福森のFKに助けられたが、その他の攻撃のパターンが必要である。

1499641508-DSC_0151.JPG

チャナティップとジェイが入り、攻撃でどれだけオプションが増えるか?

3週間の中断期間で、しっかり課題を克服してほしい!

チャナティップは、昨日の練習試合で早速ゴールを決めたようなので、大いに期待したい!


posted by consa.kazu |08:12 | コメント(0) |

2017年07月09日

神様 仏様 福森様

後半最後のプレーで、同点に追いついた札幌は、そのまま負ければ大宮と順位が入れ替わって、降格圏の16位に落ちるところだった。

エース都倉を出場停止で欠き、横山は大宮からのレンタルということで、出場できずに苦戦した試合である。

体を張ってボールを収めてくれる都倉がいなかったことで、高い位置で起点が作れなかった。
前半はスコアレスで折り返すことができたが、後半の入りで集中しなければいけないところを、立て続けに失点した。
2点目の失点は、河合が攻めあがってきた相手選手にマークがつききれず、押し込まれた。

攻守で、この日出場できなかった都倉と横山の穴ができた形である。
しかし、そのピンチを救ったのは、福森の2本のFKだった。

1499552616-DSC_0169.JPG

1点目は、小野と福森が少し長目の間から、福森が蹴ってゴール左のポストに、相手GKを抜いて跳ね返り右側のネットを揺らした。

1499552935-DSC_0154.JPG

1499552894-DSC_0152.JPG

そして試合もアディショナルタイムの4分が過ぎたその時に、大宮のマテウスがゴール左でハンドとなり、FKを得た。

1499553159-DSC_0159.JPG

1499553192-DSC_0162.JPGこの時のマテウスのがっかりした表情が、次のプレーの予感を感じさせた。


そして得たFKは、位置からするとヘイスの方が蹴りやすい位置だった。

1499553331-DSC_0172.JPG福森とヘイスの話し合いに小野が通訳として入り、福森が蹴ることになった。


1499553501-DSC_0173.JPG福森と小野が一調整をしているときには、ヘイスは何食わぬ顔で二人の後ろで見ていた。


1499553599-DSC_0174.JPG柏戦でヘイスが直接FKを決めたときのように、ポーカーフェイスでいた。


逆にヘイスが蹴りそうな雰囲気を醸し出していただけに、福森のFKのコースは見事だった。

1499553811-DSC_0164.JPG福森の蹴ったボールは、壁の外側を通ってゴール左に吸い込まれた。


あのコースを取って、正確に決められる福森のキックは神業出る。
正に、「神様 仏様 福森様」である。

1499554000-DSC_0166.JPG

1499554024-DSC_0168.JPG

あの時間に決めたゴールは劇的であったので、ベンチも大喜びだった。

そんな福森の2本のFKに酔いしれた試合であったが、この日もしっかりピンチを守ったソンユンのプレーを忘れてはいけない。

1499554246-DSC_0147.JPG

大前との1対1をしっかり防いでいた。
あそこでの失点は、確実に命取りになっていた。

次の浦和戦、ここまでアンカーの位置に入って安定的に守備が出来ていた荒野が出場停止ということで、都倉と横山が戻ってはくるが、厳しい試合になることは必須である。
中断期間お3週間で、課題をしっかり解消してほしい!
中断後の最初の試合が試合が重要になる!


posted by consa.kazu |07:12 | コメント(0) |

2017年07月08日

大事な試合、早坂の活躍に期待!

長いシーズン中の中では、何回か大事な試合がありますが、今日の大宮戦はその一つと言ってよい試合です。

J1残留争いの直接のライバルとの対戦なので、絶対に勝っておきたい!
今季アウェイではまだ、無失点試合がない。
ホームでは、今季初の無失点勝利となったのが、大宮戦だった。
前節清水にも1-0で勝利して、無失点勝利は2試合目となった。

今季6連敗があり、一時は降格圏の16位まで落ちてしまった。
4勝はしているが連勝はない。
アウェイでも、まだ勝利がない。

前半は、アウェイは勝ちはもちろん無失点もなかった。
後半は、そんな前半で出来なかったことを、今日の大宮戦で達成してほしい!
特に、今日の試合を終えればリーグの中断期間に入る。
ルヴァン杯プレーオフのC大阪戦が26日にあるが、リーグ戦は29日のホーム浦和戦まで、試合がない。
大宮との直接対決なので、勝てば降格圏から離れられるが、負ければ大宮と入れ替わって即降格圏に落ちる。
3週間のリーグ戦中断期間を、楽な気持ちで過ごせるかが大宮戦に掛かっている。

そんな重要な大宮戦だが、都倉が累積警告で出場停止である。
そして、大宮からのレンタル移籍中の横山が、契約上今日の試合に出場できない。

そこで代わりに出場するのが、横山の代わりには河合が入る。
ここの部分は、前回の大宮戦でも戦っているので問題はないだろう。

都倉の代わりに誰を使うのか、内村を使ってほしいと思っていたのだが、四方田監督は早坂を使うようだ。
これまで、WBでの起用が多かったが、今日はヘイスの1トップにシャドーの位置での起用のようだ。

1499470582-1492471046270.jpg

内村を使ってほしいと思っていたのだが、四方田監督はあくまでスーパーサブとしてベンチスタートを考えているようだ。

1499471239-1492471102405.jpg

今季、内村以外で個人的に期待していたのが早坂なので、攻撃的な場所での出場には期待したい。

1499471462-1492567855244.jpg

これまで都倉を中心に2トップ3ボランチのシステムで戦ってきたが、今季都倉がいないことで復調してきたヘイスの1トップに、兵藤と早坂の2シャドー、宮澤と荒野のダブルボランチという、今季初の布陣で臨むことになる。
このシステムが、上手く機能すれば新たなオプションとなるだろう!

1499471355-1494206046876.jpg

早坂には大いに期待が掛かるが、是非途中出場でも良いので、内村の活躍も期待したい!

1499471587-DSC_0100.JPG


posted by consa.kazu |08:12 | コメント(0) |

2017年07月07日

ヘイスそして内村の活躍に期待!

リーグ前半最後の清水に勝利して、15位に返り咲いた札幌は、後半戦最初の対戦で16位の大宮とアウェイで戦う。
降格を争う相手との直接対決なので、絶対に負けられない。

前回の大宮との対戦は、今季初の完封勝利だった。
清水戦で完封勝利できたことで、これまで2試合しか完封勝利はない。

特にアウェイでは、全ての試合で失点していて、磐田戦で2-2の引き分け以外全ての試合で負けている。

後半の折り返しとなる大宮戦は、降格圏から少しでも離れるためには重要な試合である。

ここ何試合も得点は取れてはいないが、チームトップの5得点を挙げている都倉が、次節累積警告で出場停止である。
しかし、ケガから復帰したヘイスが現在リーグ戦2試合連続ゴールを挙げていて、絶好調なのできっとやってくれることだと思う。

1499380989-DSC_0123.JPG

都倉の代わりに誰が入るかではあるが、内村に期待したい!
内村は今季、新しく入った金園などが起用されることにより、出場機会から遠ざかっている。
カップ戦などでは起用されているが、周りの選手の力不足もあって、思ったより成績が上がっていない!
是非、明日の大宮戦では先発で使って欲しいものだ!
昨年全試合出場し、アウェイ千葉戦で劇的ゴールを上げ、昇格の立役者となった内村の活躍を大いに期待したい!

1499381072-1492567936268.jpg


posted by consa.kazu |07:12 | コメント(0) |

2017年07月06日

大宮に勝利して降格圏内脱出を!

6連敗で止めた清水戦は、選手にとってもサポーターにとってもタフな試合だった!

そのタフになった原因は、前半6分に先制点を挙げたが、それ以降の追加点を挙げることができず、虎の子の1点をロスタイムを含めると、約90分間守り抜く試合展開になったからだ!

2点目が取れていれば、もう少し楽な試合展開ができたのだと思う。
特に後半35分過ぎには、守備中心になったことで、柏戦のように攻め込まれる機会が増えていったことにある。
1点を守らなければいけないことは分るが、追加点を取りに行く姿勢を、取っていくことも重要である。

1点差の試合は、どうしても疲労が増してしまう。
次の大宮戦は、ホームで今季初完封勝利した相手である。
次の試合も、1点を争う試合になると思うが、都倉が出場停止なので、復調してきたヘイスを中心にしっかり勝利して行きたい!

1499295471-DSCPDC_0001_BURST20170703090644152.JPG

中断前の重要な試合になる。
これまで貫いてきた、前線での早い守備からしっかり勝ち点3を挙げて、チーム一丸で降格圏争いから脱出してほしい!

1499295863-DSC_0099.JPG


posted by consa.kazu |08:12 | コメント(0) |