スポンサーリンク

2018年02月20日

誰が出ても!

北海道新聞の「燃えろ!コンサドーレ」平川弘の通信簿の日です。

見出しは、「開幕戦 スタメンに注目」です。

24日アウェイ広島戦でJ1開幕戦を迎えるが、例年同様長期キャンプ継続のままシーズンインだ。
ペトロビッチ監督はキャプテンを宮澤に任せると表明し、宮澤がキャプテンを勤めるのは3年目になる。
監督は人間的にも回りを気使うことができ、プレーでもチームを引っ張っていくタイプの宮澤に信頼を寄せたのであろう。
リーダーシップに関しては少し”疑問符"が付くものの、チームを上手くまとめる能力があると思う。

開幕戦にはどんなメンバーが顔をそろえるのか興味津々である。
今季の札幌はふたを開けてみないと分からない。
北九州戦では、注目の最前線に運動量があって守備のできるFW都倉が起用された。
小野が開幕戦に出場可能なコンディションであることが大きな収穫だった。

ただ、札幌は試行錯誤しながら新しいチームを作っている段階だ。
アウェーの開幕戦で勝ち点3を取れというのは少し酷なのではないだろうか。
引き分けの勝ち点1で十分だと思っている。

この内容を読んでみると、まだまだポジション争いは熾烈なようだ。
開幕後の試合でも、ポジション争いは続きそうだ。
ポジション争いが熾烈であればあるほど、チーム力は上がるのではないだろうか?
ただ、誰が出ても変わらないパフォーマンスができるチームになってほしい!

posted by consa.kazu |07:12 | コメント(0) |

2018年02月19日

今季もジェイが中心か?

昨日は、JFLの宮崎と練習試合を行い6-0で快勝した。

相手は格下とはいえ、大量得点での勝利は開幕を前に、良い結果だと言えよう!

その大量得点の内、ジェイがハットトリックを挙げたことも頼もしい!

昨年途中からチームに加わって、10得点でチーム内の得点王になった選手なだけに、今年も中心選手になりそうだ!

ジェイが前線でパスの受け手になることは、相手チームにとっても脅威になるはずだ!

ペトロビッチ監督の超攻撃的なサッカーに、ジェイの決定力が加わることは、今季を戦う上で重要だ!

1519003473-DSC_0652.JPG


posted by consa.kazu |10:12 | コメント(0) |

2018年02月18日

先ずは開幕までの1週間でベンチ入りを目指せ!

昨日のプレシーズンマッチ北九州戦は、0-0のスコアレスドローに終わった!

内容としてはJ3の北九州にシュートは僅か3本しか打てず、北九州には10本も打たれて圧倒されてしまった。
監督は、「唯一前向きな点は負けなかった事だけ。これが公式戦1週間前で良かった」と言っていたが、疲れがピークの状態での結果なので、前向きにとらえるべきなのだろう!

北九州相手に先発したのは、都倉・内村・ヘイス・小野・兵藤・ジュリーニョ・白井・石川・稲本・早坂・菅野の11人。
途中交代で入った選手が、宮吉・田中・横山・藤村だった。
ここに名前が出てきた選手は、先発ではないようだ!

開幕までの1週間で、ここからベンチ入りできる選手は、GK菅野以外で6人しか入ることができない!
そして、その6人の内試合で途中交代で出場できる選手は3人しかいない!
残り1週間で、先ずはベンチ入りを目指すためには、パフォーマンスを上げていかなければ行けない!
仮にベンチ入りできなかったとしても、その後のシーズン中の練習で、ベンチ入りを目指さなければ行けない!
シーズンが開幕しても、チーム内競争は続く!
チーム内競争がなければ、チーム力は上がってこない!

posted by consa.kazu |09:12 | コメント(0) |

2018年02月17日

情報が多いのは嬉しいが

今日は、北九州とのプレシーズンマッチです。

リム杯で結果を残した札幌ですが、今日のJ3北九州との試合では大差で勝利する必要があります。
ここでは、各選手がこれまでキャンプでやってきた戦術を、しっかり実行することが大切です。

ペトロビッチ監督に代わってから、厳しい練習に耐えてきた選手たちなので、全く問題なく試合でできることが重要です。

そして、練習の情報などは非公開にしないということで、新聞などからキャンプの情報が伝えられます。

そのために、逆に情報が多すぎてレギュラーが誰で誰が先発出場するかは、開幕するまで分らない状況です。

その分のワクワク感は半端ないのですが、実際には開幕試合での勝利が一番大事になってきます。
開幕まで残り1週間になりました。

今日の北九州をしっかり勝って、開幕戦に乗り込もう!

posted by consa.kazu |07:12 | コメント(0) |

2018年02月16日

流行には乗らないで!

平昌オリンピックは、ジャンプが深夜にかけて行われるなど、選手や観客にも過酷な中で行われています。

そんな中、スキーフリースタイルのモーグル原大智選手の銅メダルに始まり、高木美帆選手の1500m銀メダルと1000m銅メダル、小平奈緒選手の1000m銀メダル、スキーノルディック複合ノーマルヒル個人で渡部暁斗選手の銀メダル、スキージャンプノーマルヒルの高梨沙羅選手の銅メダル、スノーボードハーフパイプの平野歩夢選手の銀メダルとここまで7つのメダルを獲得している。

今日行われたフィギアスケート男子ショートプログラムでは、羽生結弦選手が1位、宇野昌磨選手が3位になり、明日のフリースタイルが楽しみになりました。
カーリング女子予選3試合戦って首位に立っています。

このほかにもジャンプラージヒルでの葛西紀明選手など、楽しみな状況です。
日本が目標としている10個のメダル獲得が、見えてきました。

さて、巷では未だにインフルエンザが蔓延しています。
知り合いのSどんが、B型に罹患したそうです。
そして、我が家でも妻がA型に罹患しました。
しっかりマスクして外出していたのに、何故なのだろうか?
流行の乗っているのでしょうか?

一緒に暮らしている私は、何故か罹っていません。
毎日朝飲んでいる明○ヨーグルト○1が、以前飲んでいるとインフルエンザに罹り辛いと聞いていたので、それが効をないたのだろうか?
流行にはおといのが原因かも?(笑)

インフルエンザと言えば、コンサドーレの選手も例年インフルエンザに罹った選手が出ていたが、今年はまだいないようだ。
集団生活をしているので、1人罹れば次々と連鎖する。
開幕まであと1週間あまりとなったので、絶対に罹らないで欲しいものだ!
最高のコンディションで、開幕を迎えて欲しい!

流行には乗らないでほしいものだ!

posted by consa.kazu |18:12 | コメント(0) |

2018年02月15日

ペトロビッチ監督を信じて!

札幌のキャンプも、熊本の3次キャンプへと順調に進んでいる!

過去の札幌のキャンプでは、なかなか実戦で勝てないということが多かったり、けが人が出たりとあまり良い状況で進んだことが少なかった。

しかし、今季は難解な戦術を身につけようとして、苦戦しているにもかかわらず、パシフィック・リム杯のタイトルを取るなど、結果も徐々に出始めている!

開幕まで10日を切ったが、けがなく進んでいって欲しい!

後は、戦術の完成度がどの程度かということだろう!

リム杯を取ったとはいえ、Jリーグとは全く違う相手なので、そう簡単には勝てないかもしれないが、そうなったとしても選手は諦めることなく、ペトロビッチ監督を信じて進んで欲しい!
サポーターも監督を信じて応援したいものだ!

posted by consa.kazu |09:12 | コメント(0) |

2018年02月14日

マインドを変える

コンサドーレは、今季監督をミハイロ・ペトロビッチに代えた!

それにより、今季のコンサドーレのプレーは超攻撃的サッカーを、目指してキャンプに臨んでいる。
ハワイキャンプでは、パシフィック・リム杯で優勝という結果で締めくくり、熊本キャンプに臨んでいる。

北海道新聞に毎月1回コラムを載せている斉藤宏則さんが、ペトロビッチ監督へのインタビューの記事がネットにあったので、ここに貼っておきます!

コンサドーレは、確かに優秀な選手は札幌で活躍すると、出て行くというチームだった。
しかし、今季ペトロビッチ監督が就任したことで、主力選手またはそれに準ずる選手で他チームに移籍したのは、GK金山ぐらいでしょうか?

また、ペトロビッチ監督の下でサッカーがしたいということで、移籍してきた選手もいる。

人材供給クラブから脱却できるのだろう。

新監督の起用は、戦力強化だけではなく「札幌でプレーがしたいという気持ちになるチーム」になりつつある。
マインドが変われば、札幌は野々村社長が目指している「勝ち負けだけでない魅力」を手にすることができる。
そして、「ビッグクラブ」になれる要素が、身につくのではないだろうか?

posted by consa.kazu |11:12 | コメント(0) |

2018年02月13日

キャンプは折り返し

キックオフイベントの後から、沖縄・ハワイ・そして熊本とキャンプ地が移りました!

その間4週間は、あっという間でした!

その間、ペトロビッチ監督の難解な超攻撃的戦術に、選手たちは取り組んできましたが、自分達のものにするのには、かなり苦しんでいたようです。

そんな中でも、ハワイキャンプの締めくくりで、パシフィック・リム杯決勝で、練習試合でコテンパンにやられた相手に、1-0で勝利して優勝を飾り、最高の形でハワイキャンプを終えて、3次キャンプ地の熊本キャンプが今日から始まる。

その熊本キャンプも、開幕まで2週間を切って、仕上げの段階に進む!
長いと思ったキャンプも、後2週間足らずで開幕となる!
札幌のキャンプは、開幕と同時には終わらず、ホーム開幕の前まで続く!

札幌に帰ってくるのには、あと4週間近く掛かるが、けがなどしないで無事に帰ってきて欲しい!

posted by consa.kazu |09:12 | コメント(0) |

2018年02月12日

良い形でハワイから熊本へ!

ハワイでの2次キャンプは、パシフィック・リム杯優勝という最高の形で終了し、3次キャンプの熊本に選手は移動したようだ!

リム杯の決勝戦は、練習試合でボロ負けしたバンクーバーだった。
その相手に、無失点の完封勝利だった。

得点の経緯も満足できる結果だと思う!

それは、「福森の左足から、後半40分にゴール正面やや左寄りの直接FK。
ボールは鮮やかな弧を描いてゴール左上隅へ。
GKがなんとか触ったものの、こぼれ球に素早く反応した内村が頭で中央に折り返し、都倉が無人のゴールに右足で押し込んだ」というものだった。

昨年は、前線には長身の選手ばかりが起用されることが多く、殆んど出番のなかった内村の名前が、得点の場面に出てきたことである。
内村にとって、昨年は残留に全く貢献できなかったと思っていただろうから、監督が代わった今年に賭けるところは大きいと思う!

次の熊本キャンプで、ベンチ入りを是非掴み取って欲しい!
リム杯優勝を弾みにして、開幕広島戦でも勝利をつかんで欲しい!

posted by consa.kazu |09:12 | コメント(0) |

2018年02月11日

思い切った新監督起用が

ハワイキャンプも残すとこ僅かになりました。
今日行われるパシフィック・リムカップの決勝戦で、締めくくりです。
決勝の相手は、先日の練習試合で完敗したバンクーバーです。
何としても勝って、ハワイキャンプを締めくくって、熊本キャンプから開幕に向けて、進んで欲しい!

初戦のコロンバス戦では、札幌は1点を追う前半25分、ヘイスの得点で同点。
PKで再びリードを許したが、前半終了間際、石川の左クロスを早坂が右足で流し込んで追いついた。
後半3分、ゴール前に抜け出した都倉の横パスを三好が押し込んで勝ち越した。

この試合で、札幌がペトロビッチ監督の下で練習してきた結果を、形にできたようだ。

特に2点目の同点ゴールを決めた早坂は、昨年はWBで起用されていたが、この試合では本来のFW(シャドー)の位置でプレーしていた。
早坂は、昨年シーズン終了時には、ペトロビッチ監督がどのようにチームをつくりあげるのか―。その手腕が「楽しみで(札幌に)残った」と。
「良い勉強になればいい」と、新指揮官の下でさらなる成長を誓う。

こういうコメントを見ると、野々村社長は思い切った新監督起用で、選手の気持ちをがっちり掴んだのだと、改めて思った。
ペトロビッチ監督のサッカーが、どの段階で選手に浸透し、選手たちが力を発揮できるか?
先ずはリムカップでのタイトルを取って、サポーターを安心させて欲しい!

posted by consa.kazu |08:12 | コメント(0) |

2018年02月10日

生みの苦しみ

パシフィック・リムカップの初戦が昨日(現地時間8日)に行われた。
コンサドーレは、コロンバン・クルー(米国)相手に3-2で勝利した。

札幌の布陣は、3-4-3、FW中央にヘイス、シャドーに早坂と宮古、ボランチ兵藤と小野、WB右白井、左白井、DF進藤、横山、石川、GK菅野。
後半FW中央に都倉、シャドーに三好と内村、ボランチ宮澤と稲本、WB右駒井、左菅、DF菊地、金・福森とフィールドプレーヤを総入れ替えした。

得点はヘイス、早坂、三好の3人だった。

練習試合での不振が続いていただけに、サポーターはやきもきしていただろう。
今回の勝利は選手たちも、自信につながったのではないだろうか?

攻撃時は5トップ気味の札幌に対し、相手は4バックと数的優位を生かそうと、サイドを変えて相手を揺さぶり、サイドを基点に好機をつくった。

昨年までの札幌の攻撃では、なかなかピッチを広く使えていなかった。
また、ゴール前に攻めていても、後一人がいなくて得点にならなかった。
など、観ていて歯がゆい場面が多かったが、ペトロビッチ監督のサッカーはそんな歯がゆさを解消してくれそうなサッカーのようだ!

ここまで、練習試合で結果が出ていなかったのは、難解な超攻撃的サッカーだっただけに、選手たちが習得するのには、時間が掛かったのだろう!
練習試合での不振は、生みの苦しみだったのだろう!

リムカップの決勝は、先日の練習試合で完敗だったバンクーバーとの対戦なので、しっかりリベンジしてタイトル獲得という結果を持ち帰って、熊本キャンプと開幕広島戦に向けて進んで欲しい!

posted by consa.kazu |07:12 | コメント(0) |

2018年02月09日

時差と飛行機移動

平昌オリンピックの開会式が今日の午後8時から行われますが、既に昨夜スキージャンプの予選は終わり4人の日本選手は予選を突破しています。

また、今日の午前8時35分からカーリング混合ダブルス1次リーグ8試合、午前10時からフィギアスケートの団体男子ショートプログラム、団体ペア・ショートプログラム、午前10時からスキーフリースタイル女子モーグル予選、同じく男子モーグル予選が午前11時45分からの、開会式前に行われます。

平昌は、日本との時差が無いため、そのままの時間で試合が行われます。

ハワイでキャンプを行っているコンサドーレは、8日午後8時(日本時間9日午後3時)にパシフィック・リムカップで、カナダのコロンバンと対戦します。
勝てば、10日(同11日)の決勝に負ければ3位決定戦に進みます。

平昌もハワイも海外でありながら、お隣の国の韓国とは時差がありませんが、ハワイとは19時かもあります。
日本から出たことのない私には、この時差の感覚が結構厄介だ!
実際に現地に行っている選手には、もっと厄介で時差ぼけなどがおきるんだろう!
現時点では、既に時差ぼけは解消しているだろうが、帰国して熊本キャンプに臨む前には、時差ぼけを感じるんだろうな?

札幌は時差ぼけこそないが、アウェイでの移動はすべて飛行機使用と、結構厳しい環境にいる。
移動の厳しさが、プレーに影響することも多いようで、今年も昨年リーグの終盤にあったように、前々日移動を取り入れて万全の状態で戦える環境を、作ってあげられれば良いのだが。

posted by consa.kazu |08:12 | コメント(0) |

2018年02月08日

まだまだ、発展途上?

ハワイキャンプで札幌は、練習試合(45分×3本)を行い3本とも負けた。
最初と2本目はバンクーバー相手に0-4で敗れた。
3本目はいわきFC相手に1-3で敗れた。

結果的には、練習試合で取れた点数は僅か1点に対して失点は7と良いところが無かったようだ。
練習試合では、極端な言い方をすれば、勝とうが負けようが全く関係ない。
ただ、試合展開が問題なのだ。
この練習試合では、組み立てと動きが合わず、カウンターを食らっての失点など、良いところが無かったようだ。

得点は、いわきFC戦での都倉の1本だけというのも、問題だ。

ハワイでの残り2試合の実戦で、どれだけこの試合で表れた課題を克服できるか?
練習試合では良いところがなかったが、「パシフィック・リム」でタイトルを取って、自信もつけて欲しいものだ!

ペドロビッチ監督の難解な戦術が選手たちに身につくまでには、まだまだ時間が掛かりそうだ!

posted by consa.kazu |09:12 | コメント(0) |

2018年02月07日

けがをしないプレーを!

ハワイでキャンプを行っている札幌だが、各紙キャンプ状況を逐次載せてくれています。
その理由としては、昨年J2に降格すると予想していたが、11位で残留を決めたことと、ペトロビッチ監督が就任し、札幌をどんなプレーができるか興味があるからだろう!

ハワイキャンプでは、沖縄キャンプで分った課題を、実戦の中で克服していく必要がある。
昨年途中でけがで離脱していた深井が、上り調子とのことだ!
これまで、何度も膝などをけがしてきた深井だが、沖縄で行われた浦和戦で実戦復帰を果たした。
その後存在感を発揮しているとのこと。
しかし、これまでも何回もけがに泣かされてきた深井なので、今度こそしっかり活躍して欲しいものだ。

札幌には、河合・小野・稲本ともうすぐ40歳になる大ベテランがいる。
彼らは、大きなけがもしただろうが、今でも現役それもJ1でプレーしている。

そんな大ベテランからけがしない体つくりと、けがしないようなプレーを身につけた欲しいものだ。
深井が持っている才能を、今季思う存分に発揮して欲しいものだ!

1517967673-1462329329680.jpg


posted by consa.kazu |10:12 | コメント(0) |

2018年02月06日

レギュラーをつかめ!

北海道新聞の「燃えろ!コンサドーレ」平川弘の通信簿の日です。

見出しは、「ハワイの実戦で戦術徹底へ」です。

沖縄での1次キャンプを終え、3日に2次キャンプ地のハワイへ移動した。
今年は「パシフィック・リム」に出場し、2月24日の開幕に備える。

リムカップには、米メジャーリーグの2チームと、昨年天皇杯初戦で敗れたいわきFCが出場し、4チームでトーナメント方式で戦う。
ハワイキャンプ約1週間のうち、実戦形式の3試合を行うので、かなりきついスケジュールだ。
ペトロビッチ監督のチームづくりは、試合を通して選手の力量や適正などを見極めることで徹底している。
難解な戦術を限られた時間で効率的に浸透させるためには、ボールを使いながらのトレーニングや、ゲーム形式による運動量の多い練習メニューを組んでいる。

ハワイでは実戦を通して戦術の徹底と共に、指揮官は開幕戦メンバーを、固めたい意向をもっといるようだ。
選手はハワイでの3試合レギュラーを確保するための正念場となる。

ハワイでの練習では、攻守の切り替えの確認が主のようだ。
ハワイに滞在してのキャンプの期間も、そんなにないが実戦でしっかりアピールしてレギュラーをつかむ必要がある。
ペトロビッチ監督は、メンバーを固定してシーズンを戦うようなので、何としてもハワイキャンプの内に、しっかりアピールして監督に使ってもらえるように頑張って欲しい!

posted by consa.kazu |10:12 | コメント(0) |