スポンサーリンク

2018年05月20日

完敗でした

W杯中断前の最後の1戦は0-4と屈辱的な完敗でした。まあ、ここまで負ければ中断期間に気持ちを切り替え、今後の戦いに鋭気を養ってほしいと思います。それにしても、神戸は強かったですね。さすがお金あるだけあってタレントぞろいです。これに本当にイニエスタが入ったらどんなチームになるのでしょうか。

DAZNの解説者の方が言っていましたが、神戸の強力2トップと両サイドを加えた4トップ気味の攻撃に、3バックの守備がはまらず、前半は完全に後手に回りました。後半、2枚代えで攻勢に出て、惜しいシーンもつくりました。たらればを言えば、あそこでジェイのヘッドが決まっていれば、違う試合になっていたかもしれません。その意味で、相手のゴールキックからのボールを競り負け、裏を取られた3点目こそ勝負を決める失点でした。その後、イエロー2枚で退場者2人出したのも痛かったですね。ただ、試合終盤に見せた都倉らの奮闘には心揺さぶられるものがありました。ブーイングものの試合内容でしたが、試合終了後にはコンサドーレコールが何度も繰り返されていました。一貫した札幌の応援スタイルには感動しました。

まあ、この大敗は潔く忘れましょう。11戦不敗などといって浮かれていた私には、大きな教訓になった敗戦でもあります。5位に後退し、次節は主力のミンテ(次々節も)と宮澤、そしてレンタル契約上出場できない三好と3人を欠くわけで、どう戦うのか。選手、チームには長い中断期間を有意義に使って、今後の厳しいリーグ戦を戦い抜いてほしいものです。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |22:02 | 雑感 | コメント(0) |

2018年05月19日

オールゴールズショー

昨シーズンから鳴り物入りで始まったDAZNのJリーグ中継ですが、最近はクルクルが減り、ストレスをあまり感じずに観戦できています。勝ち試合を録画しDVDに記録できないのは依然不満なものの、低料金でもあり、仕方がないかとあきらめています。

もう一つの不満はリーグ全体のハイライト番組です。確か昨季は「J1レビューショー」という番組名で全試合が紹介されていましたが、今季は「J1オールゴールズショー」に変わり、ゴールシーンのみが流されています。得点した試合はまあ良いのですが、前節のFC東京戦のように0-0で終わると、手に汗握るような緊迫した好ゲームであってもまったく映像が出ません。さかのぼると、鹿島戦や浦和戦のスコアレスドローもそうでした。番組の配信開始も遅いですしね。

Jリーグのハイライト番組はNHK-BSの「Jリーグタイム」がその日のうちに放送してくれていますが、土曜がメインで日曜だったFC東京戦は対象外(今週は日曜放送なので、神戸戦は対象です)で、午後8時キックオフと遅かった鳥栖戦は途中経過だけで映像なしでした。

思い起こせば、2016年まで中継していたスカパー!は「Jリーグマッチデーハイライト」(昔はアフターゲームショーなどの名称でした)という力の入ったハイライト番組を制作し、たっぷりと試合内容を紹介していました。あそこまでやるのは無理にしても、DAZNにももう少しハイライト番組に力を入れてほしいと希望します。

posted by papa12 |18:00 | 思い出 | コメント(0) |

2018年05月17日

忘れました

昨夜、ルヴァン杯の試合の雑感を書いてアップしたつもりだったのですが、今見ると、記録されていないようです。プレビューまでしたのは覚えているのですが、そこで投稿し忘れたのでしょうね。

まあ、昨日のことは忘れましょう。もうルヴァン杯はなかったことにし、J1リーグ戦のみに専念したいと思います。切り替えです。20日のアウェイ・神戸戦に勝利し、中断を迎えたいと願っています。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |21:09 | 雑感 | コメント(0) |

2018年05月14日

今日のスポーツ紙

2位・FC東京との上位対決は引き分けに終わったにもかかわらず、スポーツ各紙は何と2紙で1面トップを飾り、裏1面も1紙と大きな扱いでした。

1面はまず道新スポーツ様。「負けない札幌 11戦連続勝点3位 2位FC東京と価値あるドロー」と大きな扱いで、写真は相手の直接FKに壁をつくって体を張って守る選手たちでした。

1526299888-P1460687.JPG

日刊スポーツも1面で「11戦不敗札幌 敵地で2位東京の猛攻しのぎ0封ドロー 守護神ク体張り勝ち点1差3位キープ 『球際の激しい見応えのあるゲームだった』ペトロ監督たたえる」とうたい、奇しくも写真は道スポ様とほぼ同じ瞬間をとらえたシーンでした。

1526300120-P1460682.JPG

裏1面はスポーツニッポン。「11戦不敗コンサ 2位FC東京から勝ち点」と報じ、写真は試合後に仲間と健闘をたたえ合う都倉でした。スポーツ報知だけは中面で、ちょうど紙面の半分を使い「コンサ11戦負けなし 宮沢『最低限の結果は出せた』」とし、写真は道スポ様・ニッカンと同じシーンでした。

1526300377-P1460701.JPG


posted by papa12 |21:02 | 思い出 | コメント(0) |

2018年05月13日

上位対決はドロー

2位・FC東京との上位(良い響きですね)対決は0-0のスコアレスドローで終わりました。上位チームを相手にアウェイで勝ち点1を得たのは良かったと思います。

互いにチャンスはありました。F東の方が決定機は多く、シュート数も2倍近く上回り、全体で見れば優勢に進めたと言えるでしょう。それでもピンチをしのぎ続けたわがコンサドーレも何度か決定機を演出、ゴールこそ認められませんがでしたが、実際にネットを揺らしました。勝機がまったくなかった訳ではなく、その意味では3位のチームとして堂々たる戦いをしたと言えるのではないでしょうか。もちろん反省すべき点も多々あるのでしょうが、ジェイの復帰もあり、引き分けもポジティブに受け止めたいと思います。

次節は中断前最後の1戦。アウェイで神戸に乗り込みますが、この勢いを中断後につなげていくためにも勝利がほしいところです。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |22:24 | 雑感 | コメント(0) |

2018年05月12日

アクセスサッポロ

本日午前、白石区のアクセスサッポロに行って来ました。春秋の年2回開かれる伊藤忠ファミリーフェアという招待制のイベントで、今回は明日までの開催です。知人の紹介でカミさんが15年以上前から毎回のように参加しております。バーゲンと聞くと、目の色が変わるカミさんの運転手としてつき合わされておりますが、その度に立ち寄るのがコンサドーレコーナーです。チームの歴史を物語るユニフォームやスパイク、サイン入りボールなど、様々なグッズ類が展示されています。あまり最近の物は入荷していないようですが、最新のポスターとパンフレットはありました。

1526126991-IMG_1590.JPG

フェアは私にはあまり関係ないのですが、ベルトを買ってもらいました。黒地に赤いステッチの入った某ブランド品ですが、大変お安く買えました。赤黒仕様なので気に入りました。なお、同フェアは明日13日までですが、招待券が必要だそうです。

1526129273-P1580705.JPG


posted by papa12 |20:59 | 思い出 | コメント(0) |

2018年05月09日

お寒い試合

寒かった、とにかく寒かった…。職場から速攻でいったん帰宅し、装備を整えて挑んだつもりだったが、厚別の夜は予想以上に寒かった。試合内容もお寒い限りで、寒さが一段と募った試合でした。

とりわけ前半はほとんど良いところがない展開。トラップミスからパスミスの連発、どちらがJ1なのか、分からない内容でした。控え組主体とはいえ、一言で言えば、チームになっていなかったのではないでしょうか。1失点目はまだ許せるにしても、2失点目は自陣でのお粗末なパスミスが原因。皮肉にもレンタル移籍中の金園に2点も決められるおまけつきでした。総じて積極性にも欠け、聖地・厚別にふさわしくないと思いました。

後半に入って選手交代もあり、ようやく少し攻められるようになり、宮吉のクロスバーをたたく惜しいシュートもありました。入ったと思って立ち上がったのですが、ぎりぎり入っていなかったようで残念でした。さらにだめ押しの3失点目を喫してはなすすべなく、0-3でルヴァン杯敗退が決まりました。

大事なのはJ1リーグ戦なので、ルヴァン杯は忘れて(もう1試合ありますが)切り替えましょう。敗戦後の選手あいさつにもブーイングではなく、コールで激励していたのもそんな意味なのでしょう。ただ、控え組からレギュラー陣の座を脅かす選手が出てこないと、リーグ戦も長丁場を戦い抜けないだけに、今日の試合ぶりでは心許ないですが、奮起を期待したいと思います。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |22:34 | 雑感 | コメント(0) |

2018年05月06日

今日のスポーツ紙

最高のGWも今日で終わりですね。最後の1日は昨日の歓喜をスポーツ各紙で思い起こして過ごしましょう。

1面トップは2紙。日刊スポーツは「都倉連勝弾10戦不敗 深井先制弾!!厚別7連勝3位キープ!! 『ダメもと』オーバーヘッドでJ100得点 ゴールの女神『娘のおかげ』」と、都倉のシュートの瞬間をとらえた写真のほかに愛娘を抱っこした姿もあります。裏1面にも「深井厚別サポ待望弾」と小さな記事が載っています。

1525574255-P1580530.JPG

道新スポーツ様も都倉のオーバーヘッドの写真とともに「都倉あるゾW杯 手倉森代表コーチの前でアピール弾 G大阪に快勝!不敗記録10に 華麗!オーバーヘッド自身リーグ100ゴール&チームJ1通算250G」と見出しも躍っています。W杯日本代表はちょっとオーバーな表現のような気もしますが、うれしいのはヒミツです。2面にも「深井先制ボレー」「GK具韓国代表黄止めた」という記事もあります。

1525574809-P1580535.JPG

中面だったのが2紙。スポーツ報知は「深井本拠1号 コンサJ1初10戦負けなし 都倉100号」、スポーツニッポン「深井不屈の先制弾 ホーム5連勝&10戦連続不敗呼んだ 3度の大ケガ乗り越え真価発揮」といずれも深井が主役でした。派手な都倉をメインにしなかったので、中面になってしまったのでしょうか。せめて裏1面にしてほしかったものです。

1525575101-P1580542.JPG

今回は、全国版のサッカー面にも触れます。ニッカン、スポニチ、報知は都倉のオーバーヘッド弾の写真でトップ級の扱い。ニッカンは「札幌無敗まつり ここ10戦7勝3分け!!3位」、スポニチは「J100号オーバーヘッド ワンタッチの都倉」、報知は「都倉オーバーヘッド今季2発目」と、いずれも都倉の代表瀬出へのアピール弾というとらえ方で、これだけど派手に目立つと、もしかするともしかしますかね。昨日のNHK-BSのJリーグタイムでも平ちゃんがお勧めしてくれていましたからね。ちなみに、道スポ様の全国版(サンスポ)には小さな豆記事があるだけでした。

1525575743-P1580554.JPG


posted by papa12 |11:29 | 思い出 | コメント(0) |

2018年05月05日

ホーム5連勝!

本当に強くなりました! 聖地・厚別で名門・G大阪2-0で下し、J1リーグ戦で2連勝、何と10戦負けなしでホーム戦5連勝です! 3位の座もがっちりとキープし、誰がこんな快進撃を予想したでしょうか。

立ち上がりから危なげなく攻め続け、福森の矢のようなクロスからこぼれ球を深井が左足ボレーで押しこみ、先制しました。長い前半アディショナルタイムにポストに救われる危ないシーンはありましたが、前半は総じて安心して見ていられました。後半に入ると、G大阪が攻勢に出てきて、何度もピンチを耐えていると、再び札幌に流れが来て、都倉のバイシクルシュートで決定的な追加点を上げました。この得点をめぐって、G大阪が執拗に抗議をしていましたが、どのプレーに文句をつけていたのか、わかりませんでした。そんなに言うなら、昨年のファビオのハンド見逃しをどう思っているのか、聞いてみたいところです(今となっては関係ない話ですが、恨みは忘れません)。その後は石川、兵藤を投入したのは昨年の四方田采配を思わせましたが、最後まで積極的に攻め続け、攻撃は最大の防御というミシャ流でした。守備では前節、出場停止だったキムミンテのカバーリングに何度も救われましたね。

最後にチケット販売について。ホーム側の前売りが完売で、一部限定の当日券が販売されるだけなので、満員の厚別を楽しみにしていたのですが、実際にはサポーターゾーン・コーナー(昔のSA席)のアウェイ側1ブロック、赤黒サポーターゾーン・コーナー(昔のSB席)のアウェイ側2ブロックがガラガラでした。厚別の最大収容可能人数は緩衝帯などにより15,353人と少なくなったようですが、本日の入場者は12,382人にとどまりました。公式ホームページでは「天候やスケジュールなどにより、各種チケットをお持ちのお客様が予想以上に来場されなかったことが原因と思われます」と説明していますが、悪天候だけが理由とは思いにくいのですが。札幌ドームができる前は1万9千人以上が入っていた会場ですので、いくら緩衝帯などが厳しくなったとはいえ、1万5千人しか入らないというのは信じがたいところです。チケット完売で多くの人が来場を断念したことを思うとき、もっと何とかならないものか、改善できないのか、と思わずにいられません。

posted by papa12 |20:43 | 雑感 | コメント(0) |

2018年05月04日

サイレントトリートメント

「サイレントトリートメント」という言葉を覚えたのは、4月25日の横浜M戦の逆転勝ちを伝える翌日のスポーツ各紙の報道からでした。もともとはよそよそしい態度を取ることを言い、米メジャーリーグでホームランを打った選手を出迎えるのに、何事もなかったかのように振る舞うという、新人歓迎の通過儀礼なのだそうです。先日、初本塁打を打った大谷翔平がその洗礼を受けたのがテレビニュースとなっていましたが、その言葉までは知りませんでした。

横浜M戦では、進藤が豪快なヘッドで逆転の決勝弾を決めたのに、誰も周りに集まらず祝福してもらえませんでした。進藤は「俺が決めた!」とアピールするものの、ほかの選手やベンチからはクロスを上げた菅の周りに集まって喜んでいました。普段、私はカメラを携帯していますが、試合中は応援に夢中であまり写真を撮ることはなく、とりわけ得点時には興奮していてほとんど撮れません。しかし、この時は珍しい光景でしたので、思わず撮ったのが下の写真です。アピールする進藤の後ろに菅を囲む輪が写っています。ユーモラスな光景ですね。

1525422791-P1570676.JPG

それにしても、このサイレントトリートメントは事前にほかの選手たち全員が示し合わせていなければできないと思われます。誰が言い出しっぺなのか、気になりますね。「進藤が決めたら、皆でシカトしよう」とでも打ち合わせていたのでしょうか。こんなことはチーム状態が良くなくてはとてもできないと思いますし、選手たちの仲の良さがうかがえます。ぜひとも明日5日のG大阪戦でもこんな光景が見たいです。進藤でなくてもどの選手でも構いません。ゴールと勝利の歓喜を満員のサポーター、ファンと分かち合いたいものです。頑張れ!コンサドーレ!!


posted by papa12 |17:19 | 思い出 | コメント(0) |