スポンサーリンク

2018年12月01日

もう1歩

今季最終戦、広島戦は2-2のドローで終了し、夢の舞台・ACLへの出場権を得ることができませんでした。前半の早いうちに2点リードしながら、3点目を取ることができなかったのとともに、追いつかれてしまったのはまだまだチームとして足りないことがたくさんある、ということでしょう。ACLへもう1歩に迫りながら、6連敗中の広島に押し戻されたのは本当に残念でした。

試合開始早々のチャナティップ、21分のジェイのゴールもできすぎのような立ち上がりでした。しかし、徐々に広島が巻き返し、前半終盤からは広島ペースに。3点目を奪えれば勝負を決められたのでしょうが、追いつかれてからは単調な攻撃に終始し、多彩な攻めを繰り広げられませんでした。3点目を奪いきる力をつけていくとともに、先行した試合をどのように進めていくのか、試合運びにも熟練していかないと、J1はもちろん、ACLで勝ち抜いていけないでしょう。今後の選手、チームの成長を期待したいと思います。

それにしても、4位です。開幕前に誰が予想したでしょうか。すばらしい成績です。選手、チーム、そして監督、スタッフが一丸となって戦ってくれたからですね。長いシーズンを終え、お疲れさまでした。つかの間のオフに体と心を休め、また来季に向けて鋭気を養ってほしいと思います。

posted by papa12 |22:53 | 雑感 | コメント(0) |

2018年11月24日

得失点差ゼロ

やりました! アウェイで残留争い中の磐田を2-0で撃破、見事に今季15勝目を挙げました。これで何と4位以上を確定し、次の最終節・広島戦で勝てば広島を抜いて3位以上に、鹿島が引き分け以下に終わるようなことになれば、2位に浮上してしまうことになりました! 

磐田戦の前半は立ち上がりから主導権を握り、なかなか得点できないなあと思い始めていたところ、FKからフリーになった早坂のクロスがオウンゴールを呼び込み、待望の先制点。その後も再三、押し込む展開だったので、本当は前半のうちに追加点を奪えれば楽に試合を進められたと思います。しかし、後半になると一転、磐田が巻き返し、守勢に回ることが増えてしまいます。ゴールを取るべき時に取らないと苦しむ試合の典型かと心配していたところ、カウンターから海外帰りの三好がミドルシュートを決めてくれ、貴重な追加点。あとは余裕を持って試合を進めることができました。

これで得失点差もプラスマイナス0に。上位にいてマイナスは恥ずかしいところだったので、ようやく次に勝てばプラスに持って行けることになりました。

広島とは一時大差がついていたので、まさか射程圏内に落ちてくるとは夢にも思いませんでした。首位を独走していたのが失速し、6連敗中です。決して弱い相手ではもちろんありませんが、多数のサポーターが詰めかけた札幌ドームで迎え撃ちたいものです。勝てばACL出場と極めて分かりやすいシチュエーション。ドームを少しでも多くの観客で埋め、選手とチームを大声援で後押ししたいものです。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |17:57 | 雑感 | コメント(0) |

2018年11月10日

試合巧者

残念でした。浦和は強かったし、個々の選手はやはり上手かったですね。それでも、真っ向勝負に挑んだわがチームもよくやったと思います。

前半、浦和にスキを突かれ、2点を奪われたのが痛かったですね。1失点目はあそこで相手FWをフリーにしてはダメですし、2失点目は相手右サイドからのグラウンダーのクロスが非常に良かったとはいえ、誰も触れなかったのが悔やまれます。

後半は相手が守備的にシフトしたこともあってか、わがチームの攻勢が目立ちましたが、ついにゴールを割ることはできませんでした。浦和は試合巧者だったと思います。これも元鹿島のオリヴェイラ監督流でしょうか。このチームに追いつき、打ち破ることができるようになってこそ、ACL出場への道も開けて行くのだろうと思います。頑張れ!コンサドーレ!!

それにしても、今日は審判のせいで負けたわけではありませんが、判定の基準が安定していないように見え、「あそこは流して、そこは取るのか」とイライラさせるジャッジでした。浦和の選手も妙に審判へのアピールが目立ちました。自らは反則をしないのならリスペクトされるのですが、陰でしっかりとユニを引っ張ったり、バックチャージをしたりしていて、ご都合主義のアピールに見えてしまいました。日本一のサポーターがついているのですから、ぜひとも選手・チームも王道を歩んでほしいと思ってしまいました。

posted by papa12 |21:21 | 雑感 | コメント(0) |

2018年11月04日

神様仏様ソンユン様!

今日のヒーローインタビューは決勝ゴールの三好がお立ち台に上がりましたが、本当のヒーローは誰が何と言おうとクソンユンでした。PKをストップしたのはもちろん、あと2点ほどビッグセーブで防いでくれました。ソンユン様様です。

試合内容は決して悪くはありませんでした。立ち上がりから仙台を圧倒しながら、得点できないもどかしい展開。とりわけ前半は押し込むことが多く、仙台はカウンターを繰り出すしかない状態でした。何度か決定機を演出するも、最後の最後で決めきれず、前半のうちに得点できなかったことで、難しい試合になってしまった気がします。本当に力のあるチームなら、3-0、4-0で押し切るべき試合だったのではないでしょうか。それができないから、3位に浮上するも、得失点差がマイナスのままなのでしょうね。まだまだ成長しなければならない課題が見えた試合だったのではないでしょうか。

それにしても、よく勝ってくれました。粘り強い仙台はアウェイでアディショナルタイムに追いつかれ、2-2で引き分けた相手。今日も粘り強い守備とすきを突く攻撃は健在でした。J1に居続けるにはこのたくましさを学びたいものです。

1541336813-P1080973.JPG

試合前、札幌の選手紹介の間、仙台サポーターの皆さんが「頑張ろう北海道 全ての仲間達がついている」という段幕を出してくれました。東日本大震災を経験した皆さんだからこそのエールに心から感謝します。あの年の仙台の選手たちの活躍を忘れません。札幌も今季、残り3試合。ACLを目指して奮闘します。頑張れ!コンサドーレ!!


posted by papa12 |21:49 | 雑感 | コメント(0) |

2018年10月28日

3位浮上&残留確定!

勝ったーー!
台風で延期になっていたアウェイ・名古屋戦。ACL圏内を目指す札幌、残留を目指す名古屋、ともに勝ち点が欲しい1戦は順位通りの結果となりました。

1点目は進藤の思い切った攻め上がりが功を奏しました。相手側としてもDFの攻撃参加にマークしきれなかったと思われます。足を引っかけたのが櫛引とうのは因縁でしたが。PKはジェイ。正直に言えば、今季2度失敗しているので、ハラハラして見ていましたが、ペトロヴィッチ監督はまたタオルをかぶっていたとか。今回はきっちり決めてくれました。2点目はチャナティップの芸術的なヒールパスからジェイが見事なワンステップの反転シュートをたたき込んでくれました。これで勝ち越し、前半終了直前に相手がイエロー2枚で退場となり、数的優位に試合を進めることができました。

欲を言えば、数的優位を生かして、追加点を2~3点奪ってほしかったことです。何度も好機は演出しながら、シュートをふかしてしてしまうなど、決めきれずじまい。終盤に相手の反攻を許す一因ともなりましたが、本来なら4-1ぐらいで圧勝すべき展開でした。3位に浮上したとはいえ、まだまだ「3位」と胸を張れるほどの力はありません。得失点差がマイナスでは、偉そうなことは言えませんね。

とりあえずチーム史上初めて2年連続で残留を決めました。3季連続でJ1で戦うのももちろん初めてです。今季、すでに見たことがない景色を見ていますが、来季以降もどんな景色を見せてくれるのか、ますます楽しみです。

とはいえ、まずは今季残り4試合。総力を挙げて戦い抜きましょう。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |19:56 | 雑感 | コメント(0) |

2018年10月20日

勝ち点1

何とも評価の難しい試合結果となりました。ルヴァン杯決勝進出で勢いに乗る湘南を相手に、お互いに特長を打ち出して攻め合い、2-2。第3者が見ると、純粋に面白い試合に思えたかもしれませんが。

わがコンサドーレの問題点は立ち上がりからポゼッションで上回り、圧倒的に押しこみ何度も好機を演出しながら得点できなかったことに尽きるかと思います。決めるべき時に決めないと、前半終盤に湘南にワンチャンスを生かされ、本当に前半唯一のシュートを決められてしまいました。

試合が終わってみると、シュート数は22本対8本と大きく上回りながら、勝ち点1にとどまりました。それでもアウェイで、湘南に2度先行を許しながらも、2度追いついたことはポジティブに考えられますね。

2季連続のJ1残留決定は持ち越しになりましたが、次こそしっかりと決めましょう。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |21:38 | 雑感 | コメント(0) |

2018年10月05日

尻すぼみ

うーん、横浜Mを相手に、とりわけ後半はあまり良いところなく、1-2で敗れました。

主力3人が累積警告による出場停止でしたが、立ち上がりは4バック的な布陣で超攻撃的な横浜相手にほぼ互角に渡り合ったように見えました。オフサイドで幻となったチャナティップのゴールの後、汚名を返上するジェイのビューティフルゴールで先制したまでは非常に良かったと思います。ところが、相手FWと1対1の局面で菅があっさりと交わされて同点に追いつかれると、一気に流れが相手に傾き、左サイドの裏を取られて決勝点となる2点目を前半のうちに奪われてしまいました。後半は3バックに戻したようですが、セカンドボールを奪えず、パスミスも目立ち、ほとんど決定機を演出できず、むしろ危ういところをソンユンの好セーブもあって、スコアは動きませんでした。残念ながら、横浜の術中にはまってしまったのかもしれません。

まあ、こんなこともあります。次へ切り替えて行きましょう。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |22:21 | 雑感 | コメント(0) |

2018年09月29日

天国と地獄

いやー、疲れました。劇的な試合が終わると、2試合続けて応援したぐらい疲れ切っていました。わずか数分の間に天国と地獄を行き来したような気がしました。とにかく勝って良かった、それに尽きる1戦でした。

試合終盤の89分になって、まさかの同点。つかみかけていた勝ち点3から2がこぼれ落ち、ここまで来てドローか、と落胆してしまいました。しかし、その後にドラマが待っていました。途中出場の都倉が自ら獲得したPKをゴール左へ沈め、アディショナルタイムで粘る鳥栖を振り切りました。もう興奮して隣のカミさんや周りの人たちとハイタッチ! あとは「早く終われ!」と試合終了の笛が鳴るまで叫んでいました。

前半、三好が得たPKをジェイが今季2度目のPK失敗。後半に入って、三好が待望の移籍後初ゴールを決めましたが、鳥栖の攻勢も激しく、CKに至ってはいったい何本目かというほど攻め立てられました。本来なら2-0ぐらいで余裕を持って終えたかった試合がもつれにもつれ、最後まで予断を許さぬ戦いを余儀なくされました。その意味では、まだ上位に定着する力はありませんが、暫定ながら4位に浮上したことは素直に喜びたいと思います。残りは7試合。最後まで夢が見られるように奮闘してもらいたいと願っています。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |22:08 | 雑感 | コメント(0) |

2018年09月26日

土砂降り

本当にひどい土砂降りでした。天皇杯4回戦は2-4で磐田に敗れ、16強で敗退です。あとは切り替えて、J1リーグ戦に集中しましょう。

相手に先行を許すも、2度追いつく健闘も見せました。1点目はキムミンテからのロングボールがピンポイントクロスとなり、早坂がうまくトラップしてからのゴール。2点目も小野伸二のクロスから兵藤のヘッドで同点に追いつきました。しかし、この後、オウンゴールによる3失点目が響き、そして相手のスーパーミドルによりとどめを刺されました。決定機は磐田より少ないながらも、それなりに見せ場をつくったと思います。サブ組主体とはいえ、それなりにミシャサッカーが浸透してきているようにも思いました。

土砂降りでボールコントロールも難しいなか、選手たちは奮闘していました。負傷した内村は大丈夫でしょうか。それにしても、土砂降りのなか、札幌サポーターのチャントが磐田側に負けずに聞こえていました。きっと選手たちの心にも響いていたと思います。さあ、次はホーム・鳥栖戦です。今度こそ勝ちましょう! 頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |22:54 | 雑感 | コメント(0) |

2018年09月23日

1枚上手でした

鹿島は強かった。個々の力と組織力、いずれもさすがでした。今日は完全に封じ込められ、0-2という点差以上に完敗でした。

1失点目は精度の高いピンポイントのクロスに、走り込んできた遠藤がうまく合わせ、敵ながらあっぱれな攻撃でした。これに対し、コンサドーレは惜しかった決定機は都倉のシーンぐらいでしたか。シュートが7本は少なすぎますし、うまくボールを前線に運べず、攻め手がなかなかありませんでした。試合巧者の鹿島は最後は余裕のボール回しと時間稼ぎで、つけいるすきがなかったですね。

本当はアウェイ戦でのハンド見逃しによるスコアレスドローの分も勝ちたかったのですが、まあ切り替えましょう。次節、まずは連敗を止め、上位に食らいついて行きたいものです。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |23:05 | 雑感 | コメント(0) |