コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2019年04月19日

ロペスT

1555670259-000.jpg


セレッソ戦から帰ってきてまっすぐ向かった東急さんでいただいた勝栗と、
その日家に着くと届いていたロペス落下記念4ゴール記念T。
勝栗をもらいに行くときは、もらうだけというわけにもいかないので必ずなにか買ってしまう。
勝利は石屋さんと東急さんにも貢献できるということだ。うれしい投資はいくらでも。

明日のマリノス戦はお仕事で行けないので、これを着てお仕事に行こうかな。
三好と対戦するのは楽しみだったので観たかったけど、中継があるので帰ったら録画で観よう。
マリノスには今までもあまり勝てていないイメージだけど、
今季は絶好調なのでさらに勝つのは簡単ではないと思う。
まずは走り勝てるようがんばって。試合後、勝利のここちよい気持ちで三好に拍手をできたらいい。

セレッソ戦のときに、ロゴ入りオリジナルの紙カップやプラカップっていいなあと思ったので
札幌ドームに「コンサ戦でもやってほしい!」と要望を出してみた。
するとお返事で、ファイターズの限定ドリンクは今季からオリジナルカップを出しているとのこと。
コンサドーレではやっていないけど担当部署に伝えるね、とのこと。
おぉっ。ってことは、コンサでもやってもらえる可能性があるってことだ!
要望が多かったら実現したりしないかな。持ち帰って再利用することまちがいなし。笑


posted by ひとみ |19:37 | コンサ徒然 | コメント(1) | トラックバック(0)

2019年04月17日

AWAY OSAKA OF LAST HEISEI:Vol.2

(ひとつ前のブログのつづき)

試合前にいろいろ食べてしまったけど、セレッソバルというスタグルエリアがあったのでそこへ。

1555456909-01.jpg


ポテトとからあげ。ポテトは明太子、マヨ、ケチャ、BBQソースから選べるんだけど、
ソースなにもなしでもいいとのことなのでそれをお願いしたら、じゃがいもがおいしくない...。
そうか...だから味の濃そうなソースをかけなきゃいけなかったのか...。
からあげは大分中津の『空とぶからあげ』(お店は大阪だけど)。
にんにくがガッツリ効いていておいしかった。お酒がすすむ。

1555456995-02.jpg


セレッ酒というピンク色のカクテルを買ってみた。レモネードとカシスだったかな。
甘いのでセレ女にうけるんだろう。知らんけど。
オリジナルの紙コップとかプラコップっていいな。札幌ドームに要望出してみよう。

1555457055-03.jpg


ミルク焼き。甘いベビーカステラ。
よい意味で期待を裏切らない安心のおいしさ。しっとりしているのがよい。

1555457098-04.jpg


試合のあとはサッポロビールの飲めるお店へ。しかしこのお店はハズレだった...。
食べものの味は悪くないけど、ビールはちょいぬるかったし。
店員さんの対応が...また来たいかと言われるとNO。
知らないお店にチャレンジしないで、大人しくニューミュンヘンあたりに行けばよかったわ!

早々に店を出て、缶ビールとたこ焼きといちごを買ってホテルで飲みなおし。
セレッソのたこ焼きスポンサーのわなかがイベント参加のためスタジアムでの販売がなかったので、
あてつけにガンバのたこ焼きスポンサーのくくるを買おうとお店を探していたら、
その途中で「なんかの応援ですか?」と声をかけてくれたお店があったのでそこで買う。
お店の名前は忘れちゃったけど、いろんなたこ焼きのお店があるのねー。

1555457219-05.jpg


翌朝、ホテルの朝食。旅館の定食。
たまにはバイキングではなく、こういう普通の朝定食もいいな。

そういえば大阪のホテルを探しているとき、カプセルやドミトリーみたいなところばかり出てきた。
外国人観光客が増えた影響で、ここ数年そういったところが急激に増えたのだと聞く。

ホテルチェックアウト後は、大阪メトロ堺筋線で日本橋→北浜、北浜レトロという英国風紅茶専門店へ。
建物は国の登録有形文化財とのこと。レトロというかもはやヴィンテージ。
店内の撮影許可をもらっていろいろ撮った。

1555457661-001.jpg


1555457679-002.jpg


ここはそもそもとても人気なお店のようなのだけど、
私の好きな小松未歩さんがCDジャケット撮影をしたお店でもあるので、聖地巡礼的に来店。

1555457891-003.jpg


開店前に着いたもののすでに並びの列があり、一巡目で入れなかった...!
ケーキも紅茶もおいしそうだったのでできるだけ待ちたかったのだけど、
飛行機の時間が迫っているので待機列で断念...写真撮っただけになっちゃった。機会があればまた。
土・日・祝日は予約不可というのも納得。これだけ人気なら予約だけで埋まっちゃうものね。

大阪メトロ堺筋線で北浜→天下茶屋、南海本線の急行で天下茶屋→関西国際空港へ。
関空は海の上を電車が走るのがおもしろい。
でも、こういう立地だから台風のときに大変だったのよねぇ。

1555458196-004.jpg


お昼ごはんはフードコートのようなところでモダン焼きを。
濃い目の味だけど、焼きそばが太い麺で食べごたえがあっておいしかった。
母がオムそばを注文したのだけど、卵・焼きそば・イカ・豚と、
入っているものはモダン焼きと同じように見える。ケチャップがかかっていたのがちがうくらい。
モダン焼きとオムそばって、厳密に言うとなにがちがったんだろう...?

帰りは関空からJALさんで新千歳まで。
隣りに座ったのが偶然にも赤黒い人。勝ったあとは見知らぬサポさんとも話がはずむわ。

はぁ...それにしても大阪はなんだか疲れた。
電車から見える景色はずっと家々が連なっているし、なんかごちゃごちゃしているし、
道は狭くて汚いし、広告や看板はでかいし、人が多くてみんな関西弁だし(←当たり前)。
新千歳に着いて、エアポートからののほほん風景を見たらなんだかホッとした。
私は体質が関西に合わないんだな、きっと。笑


posted by ひとみ |12:14 | 空飛ぶ遠征記 | コメント(9) | トラックバック(0)

2019年04月16日

AWAY OSAKA OF LAST HEISEI:Vol.1

タイトルは例のアレ。知らない人はこちらをどうぞ。

一泊二日でセレッソ戦へ遠征。
日帰りもできるけど、ひとりではなかったので慌しいのはちょっとねということで一泊。

土曜日早朝、新千歳にてあったかくて大きいおにぎりと、持ち込んだかま栄のひら天で朝ごはん。
いつもなら白い恋人ソフトを食べるのだけど、
時間がなかったので大阪についてからどこかでアイスを食べることにする。
伊丹行きJALさんの始発には、赤黒い人があちらこちらに。
CAさんに「サッカーの応援ですか?赤い方たくさんいらっしゃいますよ。」と声をかけていただく。
私が上から下までザ・コンサドーレな出で立ちだったせいかもしれない。
降りるときにも同じCAさんが「ちょっと涼しいので、しっかり着込んで応援頑張ってきてくださいね」と
言ってくれた。やさしい。JALさん大好きいつもありがとう。JALさんのためにも勝つぞと心に誓う。
JALアプリで「富士山どっち?」をつかって席を決めたので、左手にきれいな富士山が見えた。

JALさんで新千歳→伊丹、伊丹→蛍池をモノレール、
蛍池→梅田を阪急宝塚線に乗って、ひとまず梅田で食べ歩き。
梅田にフルーツパーラーのパフェがありおいしそうで、
開店時間も10時となっているのでこれを目的に行ってみた。のだけど、
お店の人に聞いてみると開店時間は11時だという...えぇ...Webの情報まちがってますよ...。
開店までまだ30分はあるので、仕方なく阪急三番街でお茶ができるところがないかうろうろしてみる。
と、日本茶の甘味茶房を見つけた。抹茶とほうじ茶のデザートがおいしそう。

1555370637-IMG_1344.JPG


喫茶去(きっさこ)のクリームあんみつ。濃厚なほうじ茶ソフトがのっている。
果物もたくさん入っていておいしかった。
ここではお茶っ葉を練りこんだ蕎麦が有名なようで、
ごはん時でもないのに蕎麦を食べている人が多かった。

1555370670-IMG_1343.JPG


阪神梅田駅の切符売り場裏にあるミックスジュース屋さん。
お金を用意している間に出てくる早さ、カップに並々注がれて150円の安さ。
ミックスジュースというと甘ったるいイメージだったけど、
クラッシュアイスのおかげでさっぱりしていてほどよい甘さ。
みかん、黄桃、バナナ、牛乳、砂糖が入っているようで、とくに桃が強めなお味。
配合ぐあいはつくる人のさじ加減のようなので、次に来たときはちがう味がするかも。
どんどんお客さんがやってきて、タイガースの試合前に寄ったっぽい人もいたので
試合前に引っかけていく的な、地元民に愛されている味なのだなあというのがわかる。

阪神梅田駅からすこし歩いて、阪神名物いか焼きをめざす。ざきさんが翌日に食べていたもの。
しかし、行ってみてびっくりの長蛇の列。
途中まで並んでみるものの離脱。ちがうものを食べよう。
大阪人ってせっかちなイメージなのに(偏見)、食べものの列に普通に並ぶものなのね。

1555370696-IMG_1345.JPG


阪神梅田本店で551の豚まんを。
これは食べたことがあるけど、何度食べてもおいしいねー。
腹六分目くらいになったところで、ヤンマースタジアム長居へむかう。
大阪メトロ御堂筋線で梅田→長居。
大阪メトロの英語アナウンスの「The next station...」の言い方、癖が強くて笑った。

1555371480-03.jpg


大阪は桜がちょうど見ごろをむかえており、長居公園ではお花見をする人たちの姿も。
日が照って暑く、この時期にまさかの日焼けの恐れ。

1555371552-01.jpg


でもスタジアムの中のビジター席はずっと日陰になっていて、だんだん涼しくなってくる。
ずっと立って応援していたけど、暑くて無理!みたいには最後までならなかったなあ。
待機列ではあんなに暑かったのになあ。

1555371599-IMG_1342.JPG


こういう、日付が入っていて記念撮影ができるものがあるのはいいね。うちもあるけど。
年号部分は来月から『令和』に変えるのかな。
ついでにうちのチーム名も『北海道コンサドーレ札幌』にしておいてね。

(つづく)


posted by ひとみ |11:33 | 空飛ぶ遠征記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年04月13日

アウェイで早めのサクラサク

4月の中旬なのに桜のお花見ができるなんて!
今時期テレビで見るそれを、自分の目で見て驚く。そんな大阪遠征だった。

連敗から抜けられてよかった。
ソンユンもジンヒョンも両GKがとてもすばらしく、後半に入ってもなかなか得点が難しそうで
これは1点が入ったほうで決まるかなーと思っていたらほんとうにそういう試合になった。
ルヴァン杯大分戦の後半でうまくいったことで、
宮澤をボランチに・DFにミンテというかたちができたのがよかった。
きちんとしたDFのミンテ(という言い方も変だけど)でなくては、やっぱり対都倉には厳しいだろうし。
宮澤本人も、体が強い外国籍FWを相手するなんてほんとカンベンwと言っているし。笑
体が強くてカバーエリアも広く、ラインコントロールもよくミンテの魅力が大いに出ていた。
それから途中出場で入ってくる早坂の安心感よ。

あまり言われていないかもしれないけれど、深井さんにはもっとがんばってほしい。
荒野くんとのボランチだと悪いところは目立たないけれど、宮澤とだとさすがに目につく。
積極的であればミスもブラボー、だけど、いつまでも同じミスをするのは
いくらチャレンジであってもブラボーじゃないぞ!
深井さんの足に相手の足が入ったときは、相手に殺意が芽生えたけれども。

ゴールの場面はごちゃごちゃしたところから誰かに当たったのだと思っていたのだけど、
あとから映像で見るとシンプルにセットプレーでの得点だった。
相手がかき出したけどラインを割っていた、みたいに見えたのに(しかもこの選手は都倉だった)。

曖昧な記憶なのだけど、ゴールにつながったCKのときに応援を一度仕切りなおして、
我慢でーきないーを歌ったような気がするのだけど、
あれがあの日そこまでのなかで一番一体感がある声に聞こえて。
シチュエーションは全然違うものの、一昨年のアウェイ大宮戦を思い出した。
最後のFKのときに福ちゃんがサポーターの応援を聞いて、「これは入るなと思った」と言ってくれたやつ。
だから、このCKも絶対決まるやつ!という思いで歌った記憶。
サポーターが呼んだゴールだなんて言うつもりはないけど、なんかそういう"雰囲気"のときってあるよね。

すっかりロペスのゴールだと思っていたゴール裏に、
進藤くんが紳士的な一礼をしてアピールして見せたのには笑った。
ゴール後にピッチ看板を跳び越えると見せかけて跳ばない、
というピッチ落下芸を会得した(?)ロペスもおもしろかった。

うちは試合前、とくに武蔵を贔屓してコールをしていた。
何度も歌って何度もコールして。札幌の新しい9番に期待をこめて。

セレッソの恋人都倉、という幕を出していた懲りないセレッソサポ。
(けれどこれはゴール裏の総意ではなかったようで、呆れていたセレッソサポもいたな。)
あちらは都倉のチャントやらコールやらで応援していた。
恐らく、こちらからは都倉に対して盛大なブーイングがとぶと予想してのことだろう。
しかし実際は、その幕が出されても無反応で静かな札幌ゴール裏。
選手紹介のときも、都倉に対して無反応で静かな札幌ゴール裏。
私は都倉に対してもともと、拍手だと喜んじゃうだろうし、
ブーイングだと張り切っちゃってまちがってロスタイム弾とかやりかねないから、
無関心を決め込もうと思っていた。でも、拍手をしたい人もブーイングをしたい人もいるだろうから、
それらが入り混じった雰囲気になるだろうと予想していたのだけど。
思いもよらずみんながそろいもそろって無反応だったので笑った。
そう思った人は多かったようで、札幌ゴール裏からは笑いが起こった。

去年のホームセレッソ戦のときに、『夏の桜を蹴り散らせ』という煽り文句がマッチデイに載っていた。
煽りっていうのは相手を傷つけたり悪く言ったり、
ましてや大切なスポンサーの商品をいじるようなことをするのではなく、
こうやってやるもんだというお手本のようで個人的にとても好きだった。

「みんなで無反応でいきましょう!」みたいな声かけがあったわけではないので(あってもきもい)、
そろいもそろってという気持ち悪さというかおもしろさよ。
ホームのセレッソ戦はもっと人が多いからこうはならないだろうけど、
拍手やブーイングをする人を責めるようなことがないといいなと思う。好きにやればいいのよ。

そして、山下に対しては安定のブーイング。
これはもう、いまだに山下のことを本気で恨んでいる人っていうのはそうはいないと思うので、
お約束のようなもの。だってブーイングをすると明らかにパフォーマンスを落としてくれるんだから、
そんなんでいいんだったらいくらでもやるわよ、というものだ。
バスケで相手のフリースローのときにブーイングとかでノイズを出すけど、そういうかんじかなと。
一周まわって山下はもはや愛されているのでは、って雰囲気なのだけど
それが山下本人にはきっと伝わっていないだろうから、札幌サポのこと嫌いだろうなあ。
一度も挨拶に来てくれたことないもんね(そりゃそーだ)。

いやぁ、めちゃくちゃ疲れた試合だった。
湘南戦でめずらしくジャージだったミシャは、セレッソ戦でもジャージ。
私も湘南戦のときに着ていた服でセレッソ行った!縁起担ぎおそろ!

posted by ひとみ |20:49 | 試合観戦 | コメント(4) | トラックバック(0)

2019年04月10日

岩崎くんに既視感。

ルヴァン杯は出場機会の少ない若い選手たちを見るのを楽しみにしているので、
スタメンの半分くらいがリーグ戦のメンバーなことを確認したときは、正直テンションが下がった。
リーグ戦でも見られるメンバーじゃなくても...と。

でも、リーグ戦が3連敗のなか、リーグ戦のメンバーもなんでもいいから勝ちたかっただろうし、
最近なかなかゴールをできていなかった(と言っても一か月くらいだけど)武蔵も
ゴールをすることで気持ち的に上がっただろうし。
ルヴァン杯メンバーも、こうやればいいのか!みたいなプレーのテンポを掴めたかもだし。
ルヴァン杯長崎戦とはスピード感が明らかにちがってよかったものね。
なんだかんだでこのメンバーにしたミシャはさすがだな、と思った。
なんでもいいから勝たねばだったのだ。それくらいの危機感がチームにあったってことだろう。
なにより、とにかくゴールを観られるっていい!最高!だった。

岩崎くんが再三のチャンスをなかなか決められないのを見て、
なんか去年もこういうのあったな...誰だっけな...と思っていて、試合後思い出した。三好だ...!
去年の三好くんのような、シュートチャンスに絡んでもなかなか決まらないちょっと残念キャラなにおい。
でも三好くんも一度ゴールを決めたらそこから殻をやぶるようによさを出せるようになったし、
岩崎くんももともとの才能があるからきっとすぐに結果につながるはず。

金子くんが終始守備に攻撃に、よい意味で目立っていてとてもよかった。
気の利くプレーというか、センスというか、嗅覚というか、
頭がいいんだろうなあと思えるプレーだった。いいなあ、もっと観たいわ。

檀崎くんのプロ初ゴールを観られたのもうれしかった。
高嶺くんもデビュー。本間くんも見たかったな。なんだかんだでやっぱり若い選手の活躍が楽しい。

1555075091-001.jpg


仕事人だったので、ビールくらい飲んでも許されるだろうと買って席へ。
食べものの写真を撮るのをすっかり忘れていたのだけど、
お弁当とサブウェイのコロコロポテトというのを食べた。
コロコロポテト、塩っ気があまりなくて、いもっぽくておいしかった。

さて、明日はセレッソ戦。私の今季初アウェイなので、応援がんばってくるぞ。
山下とか都倉とかはどうでもいいから、リーグ戦久々の勝利がほしい。

1555075272-002.jpg


今年もすっきりおいしい春の薫り。


posted by ひとみ |23:33 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年04月06日

おっとりと春がやってくる

試合後、「はあ~つまんない。失点はいいとしても得点がないとつまんない。」と口をつく。
守備専・GK贔屓を自負していながら、「失点はいいとしても」と思ってしまう。
くらいには、私もミシャサッカーに染まっているのだと実感する。

ルーカスに代えて中野くんがスタメンに。オウンゴール、中野くんのゴールでもいいのに。
よく走ってはいるものの、ここぞの判断が遅れる場面もあって。
去年の今ごろなら、ほかの選手たちもこうだったはず。まだまだこれから。
シュートではなくパスを選択した場面では、あ・これ去年チャナが駒井に怒られたやつだ、と。
そして、そうか、こういうときにチームをピリッと引き締めてくれる選手がいないのかなとも。
宮澤はゲームのキャプテンだけれど、もうこれ以上荷を負わせるわけにいかないし。笑
駒井やジェイがいるとちがうんだろうなと思いながらも、いないものは仕方ないし。
うまくいかないときに、ひとりひとりが責任感をもってできるかどうか。
後半のようなのを前半からできていたら、と思える要素があってよかった。

大分は、伊達にJ3→J2→J1と上がってきていないというか、
片野坂監督のもとですでに完成されたサッカーをしているのだろうなと思った。
うちはまだ2年目。コンサドーレのミシャサッカーをつくっていく過程の段階で、
その過程では降格することもあるかもしれないとののも言っていた。
道半ばは楽しい時間よりもきつい時間のほうが多いかもしれないけれど、
チャレンジと失敗を繰り返しながら強くなっていきたいものだわ。

ここ数日、日本代表のコンサドーレカーリングチームが素晴らしい結果を残していて、
それはアウェイである現地カナダでも賞賛されるものだったという。
強いチームに対して丁寧に果敢にチャンレジする姿が、国境を越えて評価されたのだろう。
リスクがあってもチャレンジしなくてはよい結果を残せない、完璧な相手なら尚のこと。
というのは、ミシャサッカーにもつながるところがあったねぇ。
『北海道とともに、世界へ』というのは、ほんとうに大きいテーマなのだとしみじみ感じる。

雪ももういいかげん降らないだろうし、北海道にもおっとりと春がやってくる。
厳しい冬の寒さを蹴り散らすような勝利を見たい。

さて、大分戦のときに食べたもの。

1554765813-01.jpg


午前中はお仕事で午後は半日休をとり、ドームに着くとちょうど選手入場。
今季初のアップルティーソーダ!とか写真を撮っている間に失点(←試合観ろ)。
昨季途中くらいから売り子さんはアップルティーソーダを売らなくなったようなので、
アップルティーソーダファンはプリンスホテルの売店で買いませう。
北ゲートのところでも、西ゲートのところでも売っているよ。
プリンスホテルの売店は他店にない緑茶も扱っているので、
お茶が飲みたいけどウーロン茶の気分じゃない、ってときに良き。

1554765840-02.jpg


『札幌ドームグルメプロデュースグランプリ』で、
コンサドーレ部門のグランプリを受賞した赤黒麻婆丼。
サポーターが考えたメニューで松山光プロジェクトにお金が入る仕組みって素敵。
ドーレくん太鼓判メニューってことにもなっている。これおいしかった!
赤は四川風麻婆豆腐、黒は黒ゴマとたまり醤油の2色麻婆丼。左が黒で、右が赤かな?
温泉卵をわーっと混ぜるとまろやかでいいかんじ。
丼のお店で売っていた麻婆丼より、こっちのほうが個人的には好み(丼のお店変わってたけど)。

もう、すぐに水曜日はルヴァン杯。
批判も、ブーイングも、拍手も、したいようにすればいいと思う。他人に決められることではない。
試合にまけて悔しいのはみんな同じだろうけど、その一試合の重さはきっとみんな同じではない。
それでも、試合終了までの90分間は応援をがんばろうじゃないか。
まずはルヴァン杯初勝利がほしいねー。


posted by ひとみ |20:27 | 試合観戦 | コメント(4) | トラックバック(0)

2019年03月30日

金子くんデビューおめでとう!

試合は観ていないのだけど、なかなかうむむだったようで。
名古屋はすっかり強いチームになっていた。これだから金満が本気出すとこわい。

いや、決して金満のせいではないのはわかっている。
ミシャが「選手全員の出来が悪い」と言っていたというから、試合そのものが完敗だった。
失点は、まあいい(よくない)。
5得点で勝てることもあれば、7失点や4失点や3失点でまけることもあるサッカーをしている。
だから失点はあったとしても、得点をできていればいいのだ。
それがゼロだったってことがいただけない。まずは選手が楽しくできなきゃね。

ここ2週間はいきなり雪が降ったり寒かったりで、じゅうぶんな練習はできなかったかもしれない。
言い訳にはならないと言われればそうだけど、言い訳になる要因があるだけよかったかな。
次はホームだからそうは言わせないぞ。

特別指定選手の金子くんがデビューしたことはめでたい!
せっかくのデビュー戦がこんな試合になったことは残念だったけど、よいプレーは見せられたみたいで。
それと、途中出場の白井くんと岩崎くんもよかったみたいで。
途中出場の選手がみんなよかった要因はなんだろう。
いいところもあったのなら、気落ちせずまたがんばろう。

posted by ひとみ |17:08 | 試合観戦 | コメント(3) | トラックバック(0)

2019年03月24日

進藤「奥さ~ん」サポ「お絵かきですよ~!」

毎年恒例、ホーム開幕戦後のファクトリーKappaさんのトークショーへ行ってきた。
司会は今年はハイジさん。コンサのイベントに参加してくれるDJさんが増えるのはうれしい。
メンバーは白井くん、中野くん、進藤くん。本来は荒野くんが参加予定だったのだけど、
体調不良とのことで急きょ進藤くんが来てくれたそうな。
「(荒野くんに)薬を届けてきました」と進藤くん。急きょオフ返上してくれた進藤くんに感謝だわ。
荒野くん、よく体調不良で欠席するイメージがあるけど大丈夫か。
去年はそれでテレビ番組のコンサ枠なくなったし...。笑
遠足楽しみにしすぎて当日熱出すタイプ?

3人はあったかそうなKappaパーカーで登場。
進藤くんと中野くんはそれぞれこれの黒と赤、だと思う。
白井くんとハイジさんは多分それぞれこれの白と赤を着ていたのだけど、
中がモコモコしていてこの時期でも1枚で着られる!とのこと。

シーズンはじまったばかりということで、まずはキャンプのお話から。
はじめてのタイキャンプはどうだったかと聞かれて、
「ごはんなんかは特別おいしくはなかった」と早速の進藤節炸裂。
でも、タイ人の人間みというか、人柄の良さを感じたという。
中野くんはそんなタイごはんに馴染めなくて体調不良だったとのこと。笑
ふたりは同部屋で、それぞれ「ひとり部屋だった」と言うくらい気を遣わず快適だったそう。
白井くんは去年同様阿波加くんと同部屋で、もはや夫婦かというくらいの間柄。
タイではチャナと一緒にごはんを食べに行くと安くなったり、サービスしてもらえるなど、
絶大なチャナティップ効果があったという。
チャナがタイでスターなのはみんなよく知っているけれど、
こうして実際に恩恵を受けるというかそういう場に遭遇すると、あらためてすごいなーと実感するよね。

ここまでの試合について。
白井くんは浦和戦について、「ベンチで見ていても感動するくらい」「強かった」と。
中野くんも「(ミシャのサッカーが)2年目とは思えないほどの完成度」だと感じたという。
ふたりは今季まだあまりリーグ戦に絡めていないので、
自分もその中でできるように、というようなことを話していた。

試合のときのルーティーンはあるか?との質問には、
3人とも「特にない」と答えて盛り上がらない展開に。
「(トークショー参加予定だった)拓馬くんも多分ないよ」と進藤くん。ない人ばっかり来てしまった。
機転をきかせて進藤くんがサポーターに話をふると、トイレ掃除をする!と言う方が。
それでもあまり盛り上がりきれないステージ上。
「(トイレ掃除は)運気が上がるって言いますもんね。これ、フォローしてますからね。」と
余計なこともよく喋る進藤くん。一般人をいじるのはやめてください。
進藤くんと白井くんは行動がよく似ているそうで、
試合前に寮でみんなでごはんを食べるときにふたりは遅くやってきて、
それなのに食べるのも遅くていつまでも食べているという。
練習に来る時間も、日頃よく寝るところも似ている。
「(進藤と似ているなんて)気分が悪い」と白井くんが言うと、
「夫婦のようで」と進藤くん。すかさず「俺の嫁は俊太」と返す白井くん。

そんな話をしていると、サポーターがステージ向かって右側に注目している。
なんだ?と見てみると、そこにはミンテファミリーが!
偶然やって来たのか合わせて来たのか(多分後者)そちらに注目が集まると、
ステージ上からも気がついたようで「ミンテはなんかルーティーンってある?」と
客席後方に移動していたミンテへ、進藤くんがまさかの質問。
プライベートなんで!ってかんじで上着で顔を隠すミンテ。笑
選手が突然ひょいと現れるのも、ファクトリーKappaさんトークショーの良さ。

サポーターの印象を聞かれて。
中野くんは、あたたかい、試合中も常に選手を鼓舞し続けている、と。
白井くんは、サポーターと選手の距離が近い、と去年から感じていたという。
進藤くんは、子どものころからそういったサポーターの存在を感じてきたし、
「今日もそこ、2席空いてますけど(と言いながら空いている席を指す)、
空席を除けば満席で。こういったイベントにもたくさん来てくれる」というようなことを。

その後は選手にお題にそったお絵かきをしてもらうコーナー。
お題は選手本人だけが知っていて、絵を見て当ててね!というもの(当てても何ももらえないけど)。
その前にちょっといいですか、とひとこと断ると進藤くんが「奥さ~ん」。
その言葉に会場からは「お絵かきですよ~」とばつぐんの掛け合い。お絵かきといえばこれだよね。
ポカンとしている中野くんに、「めっちゃ知ってる!」と笑う白井くん。
「めっちゃ道民!」と進藤くん。そういうのがあるんだよ、と中野くんにも説明するヒトコマ。
絵ですよね、文字数字はだめですよね、と進藤くんが
お絵かきですよ的ルールを確認したらお絵かきスタート。
写真がないのでアレだけど、白井くんのお題は『自画像』。
ひげと目の細さを強調したなかなかのクオリティ。
中野くんは『サッカーボール』。ちゃんと五角形と六角形の模様になっていて上手い。
中野くんのほんとうのお題は『ミシャ監督』だったようなのだけど、
本人が断固拒否した結果、シンプルなお絵かきになったというズルもあり。笑
進藤くんは時間をかけて、自分でウケながら描いて出すが、お題が何かわからない...。
どなたかが『ののさん』と正解を出すのだけど、全然わからなかったわ...!
耳がでかくてネクタイをしている風のにっこり顔の絵。「耳が大きい人はお金持ちになるっていう」
にっこり笑っているのは「優しくあってほしい」という進藤くんの願望だとか(怒られているわけではない)。

お絵かきのあとは、『今年の俺』というテーマで、言葉でも一文字でも自由に書く。
中野くんは『ゴール』。
去年までとはちがって、今年はこのポジションではゴールのチャンスもあるので狙う。
白井くんは『闘志』。
戦う気持ち、フィジカルのところが自分の良さ。
進藤くんはさっきののの社長の絵にご丁寧にフキダシまでつけて、
『来年は\80,000,000で考えてる。』と言わせている。
今年の年末に、社長にそう言ってもらえる選手になりたい!という願望を。

その後は抽選会だけど、私は腰が痛くて離脱した...。

1553654172-00.jpg


2階のパーラーエノキでサンデーを食べていた。抽選会も楽しそうな声が聞こえていた。

個人的には、ハイジさんは「困ったら進藤に喋らせとけ」みたいな振りを感じたので、笑
ぜひともトークショーで引き出す・引き出されたものを広げる、のをお願いしたい。
トークショーでは勝手に喋ってくれるので進藤くんは便利なんだけど、
そうではない選手を如何に喋らせるかってあたりを楽しみにしている部分もあるので。
白井くんもたくさん喋れる選手なので、もっといろいろ聞いてほしかったなー。
中野くんもニコニコ楽しそうで、結構マイペースに喋るかんじなのね。
でもハイジさんは声が聞きやすいし、選手にフラットな対応をしてくれるのでぜひまたお願いしたい。
荒野くんは、次回ぜひともリベンジをっ!


posted by ひとみ |19:09 | イベント・トークショー | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年03月17日

ミシャサッカー、こんなこともあるさ。

1554163150-01.jpg


ミシャサッカーこんなこともあるさ。という印象だった。
しっかり、狙われているなあ。対策されているなあと。
鹿島に対策されるようなチームになったんだなあ、ともしみじみ。
それに1点取ったあとに3点取られたんじゃなくて、
3点取られたあとに1点取ったんだからいいじゃないか!というよくわからないポジティブさをもって。
超攻撃的サッカーは、得点ができなくてはただのパスまわし練習になってしまう。
得点をもっと取りたいねえ。

武蔵の代表選出が発表されてすぐの試合。
ソンユン、チャナへは各国の国旗を描いたダンマクが、
武蔵と岩崎くんにはサムライブルー的なイメージが描かれたダンマクが掲出されていたそうだ。
DJの栗谷さんの武蔵の選手紹介が、気合い入っていて特別扱い感がよかった。

試合前には、アイスホッケーの日本製紙クレインズの存続署名活動も行われていた。
私が行ったときにはいなかったけど、竜二アニキやドールズも署名呼びかけに参加していたという。
競技はちがえど同じ北海道のスポーツチームと。協力し合えるのはとてもよいこと。
クレインズが今後どうなるかはまったく決まっていないようだけど(希望的方向性のみ?というかんじ)、
これからも釧路にアイスホッケーのある日常が残ってほしいと思う。

さて、食べたもの。

1554163163-02.jpg


宮澤の太鼓判メニューの『情熱の赤黒カレー』。
赤いパプリカ、黒いイカスミで、赤黒なのだそう。
一味みたいなのがかかっていたんだけど、これがパプリカなのかな?
辛かった気がしたんだけど。気のせいか。
カツが2枚のっていて、付属のプラスプーンで切れるほどやわらかい。
頑固オヤジのカレーは安定のおいしさ。また食べたい。ほうれん草のやつとか。

1554166777-03.jpg


これも頑固オヤジのカレー。
ふじれん太鼓判メニューの『赤黒ポッピングソーダ』。ブラッドオレンジソーダがうまい。
赤黒のぷちぷちはタピオカかな?と思っていたんだけどちがった!
おもしろい食感だったのでぜひともお試しあれ。

1554166848-04.jpg


まけたけど飲む。だってビールに罪はないもの。
エスタ10Fのらーめん共和国で梅光軒。塩ラーメンおいしかった。
私たちより先に来ていたサポーターさんがいて、入れ替わりに帰っていったら、
店員さんが「コンサドーレ帰りですか?さっきのお客さんもなんですよ。」と。
「僕も応援しているんですよ、これからまた楽しみですね。」と。
そう、楽しみなのだ。これからまだまだなのだ。落ち込んでいる暇などない(落ち込んでたのか)。


posted by ひとみ |20:44 | 試合観戦 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年03月13日

すげのしん。

あぁすごく、去年の開幕ごろのコンサを見ているようだわ、
という印象だったルヴァン杯長崎戦。
リーグ戦とくらべるとスピードも判断も遅く、パスも単調で、
そりゃあここから点取るのは難しいわ!と思うような試合展開。
けれど、昨季はそんなところからはじまって最終的には4位だったわけなので、
いわゆるルヴァン組にもとても期待ができると思う。
ルヴァン組、という言い方はちょっと抵抗があるのだけれど。
あともう少し、というところがなかなかかみ合わない印象だったので、
かみ合ってくるととても楽しくなりそうな予感。みんながんばれ!

マリノス戦のときにいいねぇと思っていた檀崎くんだけど、
よいところはもちろんよいとして、とは言えやっぱり若さが出るねぇという印象。
キャンプ合流も遅かったし当たり前だけど、まだ高校までの貯金でやっている。
リーグ戦出場はさすがにまだまだだなと。
でもルヴァン杯で実戦の機会はあるので、焦らず経験を積み重ねていってほしいわ。

そして今日はなんといっても菅野。菅野神。すげのしん。
何本止めたかわからないくらい相手のチャンスを潰し、仕舞いにはあのPKセーブ。
キッカーはフェイントをかけながら蹴っていたけれど、菅野は一切動じず動かず。
PKはGKのほうが不利と言うけれど、菅野はほんとうにすばらしかったなあ。
とーやくんもホッとしただろうね。ルヴァン杯、菅野に報われてほしいので次こそ勝利を。

posted by ひとみ |23:06 | 試合観戦 | コメント(2) | トラックバック(0)