スポンサーリンク

2017年08月20日

なまら楽しそうだった!昨日の宮の沢

行ってみてびっくり。
だって、これ↓

1503213205-8.19B.jpg


去年は4,000人も集まったという「コンサふれあいフェスタ」。
昨日は、我々が行った時点ですでに1,000人来場していたという。
練習場の山側にあるふれあい公園で開催される、いわゆる夏祭りである。
ビール安い!つまみ安い!
まさに町内会のお祭りなわけであるが、
広々とした公園内ということもあり、
ちびっ子たちは走り回り、
大人たちはそこらじゅうで酔っ払っており、
出遅れてしらふだった我々はアウェー感を覚えるほど圧倒されたのであった。
来年は気合い入れて早めに行くぞ。
絶対負けないぞ!←誰に?



地元の飲食店が多数協賛・出店しており、
もちろん石屋製菓様、我がコンサドーレもその例外ではない。

1503213750-8.19C.jpg


9月1日にガリバータウンに登場するという
ワッフルカーが一足早くお目見えしており、
すなさんの強引な呼び込み、もとい素晴らしい営業トークに
我々はまんまと引っかかったわけだが、
お祭り価格でワッフルを食べられたのはラッキーだった。
おいしかったが、残念ながら写真は逆光で失敗。


イベントのお手伝いをしていた宏太や、
相変わらず目つきの悪い芳賀ちゃん(でも愛想は良かった)、
子供連れのドールズOGなどとも遭遇。
ドーレくんも来場予定だったが、会えずじまい。
我々も腰を据えてビールを飲みたいところであったが、
試合が控えていたので自粛した。


ハーフタイム直前、
お祭りのフィナーレとして花火がドッカンドッカン上がったので、
体はDAZNに向け、目は窓から花火を見るという落ち着かなさ。
どうか来年は試合と重なりませんようにと切に願うものである。


posted by rocket2号 |16:11 | 酔いドーレ日記 |

2017年08月06日

菅ちゃんの気持ち

チャナティップの加入によって
身長が大きくなったように見える菅ちゃんのJ初ゴール、
先輩たちにどつかれたり転がされたりする
手荒いセレブレーションを見ることができない状況だったのが
残念でならない。



前半に3失点してしまった昨日は、
ハーフタイムに
「勝つためには4点必要か…」
と思わずため息が出たことを告白する。
しかし、後半も厳しい展開ではあったが、
1点を返すことができた。
どんなにいいサッカーをしても
負けたら勝ち点はもらえないし、
大量得点で勝った試合でも勝ち点は3点しか得られない。
それでいうと、
0-3だろうと1-3だろうと負けは負けであり、
3失点後の1得点なんて焼け石に水かもしれない。


しかし、
もしもう1点取っていたら、
勝ち点が同じ甲府とは得失点でも並び、
得点数で上回って14位をキープできていたのである。
残留争いの渦中にある我がチームにとって
いかに得失点が重要かということだ。


3失点しようがなんだろうか、
ゴールを諦めてはいけない、
得点のために選手の背中を押し続けなければいけない
と改めて感じたことである。
↑
今さら言うまでもないことだけどね本当は。


素直に喜べないらしい菅ちゃんであるが、
久々につぶやいているあたり、
うれしいには違いないのだ。
いいんだ、それで。
よっしゃー!という気持ちが次につながるんだ。
そして次こそ、
でっかい先輩たちにバンバン叩かれながら喜びを爆発させてくれ。
↑
もう、そういうシーンしか想像できなくなっている。



posted by rocket2号 |15:32 | 酔いドーレ日記 |

2017年08月03日

すっかり色あせてしまった石川直さん

チャナティップが来札したときもそうだったが、
新入団選手が新千歳空港に到着すると
サポーターが出迎えている映像を目にする。
その度に、
どうしてこの人たちは到着時間を知っているのだろうかと疑問に思う。
「関係者」に訊いたら教えてくれるのだろうか、
それとも
ずっと到着ロビーで張り込んでいるのだろうか、と。


直さんがチームに合流するのは2日だと報道されていたので、
きっと前日には札幌入りするだろうから、
1日の朝から到着ロビーで張り込んでいたら会えるかも、
と一瞬思った。


が、
まさかの海路。←苫小牧入り。
新千歳に行かなくて良かった。
いや、行く気ないから。


しかし、
フェリーで来るとは
サポーターの心を鷲掴みだな直さん。
仙台といえばフェリーでしょ。




1501744274-8.2.jpg

2009年在籍時、
ラジオ番組に出演したときに
メッセージを送ったら当たったステッカー。
すっかり日に焼けて色あせているのみならず、
ほこりまでかぶっている始末。
ごめんなさい直さん。
そして、
まだ生で姿を拝めていないわたし…。


posted by rocket2号 |16:02 | 酔いドーレ日記 |

2017年08月01日

ウッチーにどうだろう

数的不利でいつも以上に走り回っていた相手チームの選手たちがフラフラだったとはいえ、
あのときのジェイは
小野伸二からのクロスに対してそれほど頑張って飛びもせず、
文字どおり難なくひょいと合わせたように見えた。
ちびっ子サッカーに交じったお父さんが大人げなく得点しちゃった感じ。
ずるいよ父ちゃん。


そしてジェイのチャントは
いかにもプレミアっぽいメロディだ。
なんかうれしいな。


ヤヤ・トゥレが着ているようなサムホールのアンダーシャツを
ジェイも着ていた。
確かジュビロのときも水色のを着ていたと記憶している。
何かしらこだわりがあるのだろう。
袖がまくり上がったりするのを気にしなくてすむのかな。
日焼け防止?←なわけはない。
長袖を着ることが多いウッチーにも
おすすめしてみたいが、どうだろう。

posted by rocket2号 |16:54 | 酔いドーレ日記 |

2017年07月31日

タイの「メッシ」では困るのだ

チャナティップの移籍が決まってからタイ代表でのプレーを見たとき、
タイのメッシと言われるだけのことはあると舌を巻いたが、
本家メッシと同様の守備のしなさっぷり(センターサークル辺りでブラブラしている)に
「それでは困る」
とわたしは頭を抱えていた。
これは、うちのサッカーにフィットするまで時間がかかるぞ、と。



タイのメッシ、タイのメッシとメディアが取り上げ、
タイでも試合中継があるわ、タイの国旗を配るわと
営業ベースでチャナティップへの注目が高まっていくごとに、
わたしはどんどん不安に駆られていた。
ヨモさんが、
チャナティップを使わざるを得ない状況に追い込まれているのではないか、と。


土曜日の試合の前日くらいまで、
チャナティップはベンチ入りはするが先発ではないような雰囲気だったが、
まさかの先発。
大丈夫なのかっっっ!!!!
わたしの不安はマックスであった。



しかし、まあ、みなさんご覧のとおり、
チャナティップは前線で走り回ってボールを追いかけ回し、
攻撃に守備にと八面六臂の大活躍。
わたしの心配不安不満恐怖はまったくの杞憂に終わったのだった。
タイ遠征とルヴァン杯の疲労もあって
後半は息切れしていたが、
それは今後の課題である。←何様。


途中加入の外国人選手2人が
こんなにすぐにフィットするなんて夢のようだ。

posted by rocket2号 |17:12 | 酔いドーレ日記 |

2017年07月30日

やはりJ1に定着しなければいけない

3万人超はすごいな、やはり。
何がって帰りの地下鉄である。
増便はしていたようであるが、
通勤ラッシュ並みの混雑だった。
そして、
我々はあっちのサポーター集団と
中国人(最初タイ人だと思ったが違った)団体に囲まれ、
「ここはどこ?」状態だったことも付け加えておく。


そこここで
これから食べに行くお店の話をしており
(試合結果の話は誰もしていなかった)、
豊水すすきのではあっちのサポーターたちはほぼ降りていった。


J2時代はアウェーサポーターの数が少ないのは
北海道が遠いからしょうがないと思っていたが、
昨日を含めた今季のアウェーサポーター数はどうだ。
昨日の朝乗り合わせたあっちのサポーターと話をしたら、
「札幌ドームは6回目。必ず来る」
と言っていた。
もちろん
「来年もまた来てください」
と言っておいたわけだが。


これほどの数の人々が飛行機に乗ってやってきて
ホテルに泊まり(日帰りする人もいるかもしれないけど)、
当地で交通機関を使い、
3~4食してお土産を買うのである。
その経済効果やいかに。


コンサドーレのみならず、
札幌市、いや北海道としても
そこらへんにもっと注目していただきたいところである。



そのためには残留が大前提である。
そしてJ1にい続けなければいけないのである。


posted by rocket2号 |16:53 | 酔いドーレ日記 |

2017年07月25日

おかしいでしょ宮の沢

ちびっ子たちは夏休みに入ったようであるが、
キッズウィークとかなんとか言ってる偉い人もいるけど、
たいがいの大人はまだ夏休みなんか取れずに働いている。


なのに、
今日、練習場を覗いてみたら、
週末か?というほど見学者がわんさかいてびっくりした。


みんな仕事はどうなっているのだ。
まさかサボって来ているわけではあるまいが。


ちゃんと仕事しろ。
あ、それは自分か。


だって、いろいろ気になるんだも。

posted by rocket2号 |16:56 | 酔いドーレ日記 |

2017年07月13日

浦和>大宮?

タモリが全国各地をブラブラして
その土地ならではの地形や隠された歴史を探る番組があるが(←回りくどい)、
2~3週前は大宮駅周辺を歩いていた。
本当は大宮戦の前に見ておこうと思っていたのだが
(見たからといって大勢に影響はないけど)、
あれやこれやで見られず、
やっと見ることができた。



大宮生まれの大宮育ちで
大宮に関するものはつい集めてしまうという
大宮を愛し、大宮のことに詳しい人が案内人だったのだが、
途中でNACK5の前を通ったときに、
「でも、サッカーは浦和のファンです」
と言っていたところが一番おもしろかった。
お茶の間が一斉に
「そっちかいっ!」
と叫んだのは言うに及ばず。




え?そんなことまで?と思うような分野の知識を披露し、
驚かされることが多いタモリであるが、
サッカーに関しては詳しくないというか興味がないようだったのが残念。


1499930174-7.5.jpg

チャッチャカスチャラカスッチャッチャ
って、もう
笑うしかないような暑さである。
いや、
実際は笑う体力さえも使いたくないわけだが。


posted by rocket2号 |16:05 | 酔いドーレ日記 |

2017年07月09日

やればできるぢゃん!っていうか当たり前なんだけど

ここは本当に北海道なのかというほどの暑さである。
昨日の試合、
エアコンなどない我が家は
豪邸中の窓という窓をすべて開け放した状態で見ていた。
だから、
福森の2回目のFKがゴールネットに吸い込まれた瞬間は、
恐らく近所のみなさんに多大な迷惑をかけたことと思われる。
あんまり喜びすぎて、
勝ったんじゃなくて引き分けなんだということを忘れていたくらいである。
福森にインタビューしてた人も
「おめでとうございます」
って言ってたしさ。
うっかり勝ったと思ってたわ、もう。



ホームの試合で
目の前で相手選手のハンドとかがあってもスルーされ、
「おいっ!審判っ!」
と言ってもその声が届かないことはしょっちゅうである。
昨日の試合も
主審はちょっとアレな感じで嫌~な気分になっていたが、
得点につながるハンドはしっかり取ってくれた。
二度目のFKの際は、解説が
「壁が少し近くないですか?」
と言っていたのが気になったが、結果オーライだった。



柏戦のDAZN観戦はぶちぶち切れて
「なんでお金払ってこんな映像見なきゃならんのだ」
という憤りと負けた悔しさでいっぱいだったが、
昨夜はまったく問題なく見られ、
「いいぞDAZN、やればできるぢゃん!」
と思わず褒めそうになったが、
そんなの当たり前なのだった。
頼むよ、もう。


札幌も暑いが東京はもっと暑かろう。
そんな味スタで昼日中に練習試合とはなぁ…。
まあ、これでも見て気分だけでも涼んでくれ。←見ないと思うけど。

1499582030-6.15F.jpg


あんまり青く見えないけど、実際はとても青かった青い池である。


2点目が入った直後のベンチ、
監督とコーチ陣が抱き合って喜んでいるシーンを見たら
たとえ引き分けといえど
やっぱりうれしかった。
喜んでいいんだと思った。


posted by rocket2号 |15:15 | 酔いドーレ日記 |

2017年07月04日

「やっちまえ」は卒業

土曜日の試合、
あっちのゴール裏には「やっちまえ」という手書きの小さい横断幕が出ていた。
昨シーズン、うちにダブルを食らったリベンジに燃えていたのであろう。


これまで、
気合いを入れるとき(なのか?)、
うちでも「やっちまえ」コールを何度となくしてきたが、
品がないからやめてほしいという声もあったと聞く。
↑
そもそもコールやチャントに品を求めるのか?という話もあるわけだが。


厳しい戦いを余儀なくされており、
「やっちまえ」と強気になれる試合がないからか、
今シーズンは「やっちまえ」コールをやらないなと思っていたら、
もう「やっちまえ」は卒業したんだそうだ。


とかいって、
勝利の後、
「やっちゃった」コールをしていたけど。
あ、そうか、
あっちの「やっちまえ」への返礼か。
それはまたご丁寧なことで。


posted by rocket2号 |16:47 | 酔いドーレ日記 |