コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2018年04月19日

浦和戦からの5試合が最大の難関 

地獄の15連戦の真っただ中ですが、週末21日からのリーグ戦の5連戦が、最大の難関です。


  21日(土) ➡25日(水) ➡28日(土) ➡5月2日(水) ➡5日(土)
        中3日     中2日     中3日      中2日
   A浦和  ➡ Hマリノス ➡ A仙台  ➡ A鳥栖   ➡ Hガンバ


どのチームも同じでしょうけど、移動距離は札幌が一番長いのと違いますか。
カップ戦が挟まれているのなら、完全ターンオーバーとか、やりようがありますが。

この難関中の最大の難関は、マリノス戦後のアウェー連戦。仙台後、中3日で鳥栖。
いかにうまく選手のやりくり(1名とか2名とか)をしながら乗り切って行けるか。
この5試合で、どれだけ勝ち点を上積み出来るか。

ミシャさんの采配に、「乞うご期待」でしょうか。

posted by ベル |17:11 | コンサドーレ | コメント(0) |

2018年04月19日

小野伸二ブログ更新 

写真1枚だけですが、ルヴァン勝利の喜びが、表現されています。

私には、こういう写真はムリ(笑)。


   タイトル 「ルヴァン杯初勝利⚽」


貼ります。

https://lineblog.me/shinjiono/archives/8379163.html

posted by ベル |11:14 | コンサドーレ | コメント(0) |

2018年04月19日

磐田VS札幌 「レポート」 by Jリーグ公式HP 

昨日のルヴァン杯磐田VS札幌の「レポート」が、出ています。


   タイトル 「負ければ敗退の中、札幌がつかみ取った“再逆転勝利”」

貼ります。

https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2018/041804/live/#recap


札幌に関しては「ミス」との表現が2カ所に登場。酷かったもんなぁミス。多すぎて目立つし。
それでも、勝ったのだから、分からないものです、サッカーは。



posted by ベル |07:09 | コンサドーレ | コメント(2) |

2018年04月19日

「朝刊コンサ」(4月19日)から その② 

引き続き、コンサドーレ札幌関係記事の紹介です。


■宮吉記事より
     ・ルヴァン杯初の勝ち点3をもたらしたのは、今季加入MF宮吉の右足だった
     ・後半から投入され、2-2で迎えた同45分、ゴール前に出たパスをダイレクトでゴールに流し込んだ
     ・柏戦の先制弾に続く、公式戦2試合連発に

 宮吉 「負けている状況で投入されたので何とかひっくり返したいと思っていた。今日何としても勝ち点3を
      取らないといけない。勝ち越せて良かった。次につながって良かった」

■内村記事より
     ・チームの勢いが好循環を生む
     ・リーグ戦、J1ではクラブ史上最長タイの5戦負けなしを継続中
     ・そんな上昇ムードに、選手も背中を押される
     ・前半16分に先制点を奪った内村は

 内村 「シュートの意識がずっと薄れていたけど、ゴールを意識して試合に入れた。忘れていたゴールの感覚
      だった。すごく気分がいい。久しぶりなのでもっと欲を出していきたい」

■ジュリーニョ記事より
     ・右シャドーで先発し、今季初ゴールで同点に持ち込んだ
     ・1-2の後半24分、白井から送られたクロスを頭で合わせた
     ・先制点のアシストもマーク

 ジュリ 「長期ケガで離脱していたから得点できてうれしい。次につながる、可能性が残っている」

■U-18中村記事より
     ・U-18所属、17歳8か月26日の高校3年生が公式戦デビューを果たした
     ・同杯では、昨年FW藤村が記録した17歳11か月7日を更新するクラブ史上最年少
     ・勝ち越し後のロスタイム3分に投入され、プレー時間は2分間と短かったが

 中村 「準備してましたし、イメージもできていた。自分の肌でトップ(チームの試合)を感じられたのは良かった。
      緊張はなく楽しめた」


■ミシャ監督コメント

   「勝利すべく全力で戦ってくれた。負けや引き分けでこの大会を去ることを意味する。よくやってくれた」


■新規スポンサー
     ・医療法人札幌ハートセンターとのオフイシャルパートナー新規契約が決定した



以上です。

posted by ベル |05:41 | コンサドーレ | コメント(2) |

2018年04月19日

「朝刊コンサ」(4月19日)から その① 

おはようございます。


●磐田に勝利
     控え組の公式戦初勝利です。良かった。これで、チーム全員がメンバー入りした試合での勝利。
     今後へのモチベーション維持のうえでも良かった。

●清水VS甲府
     1-1の引き分け。磐田に勝ったことにより1次リーグ突破の望みがあります。他力も必要ですが。

●パスミス
     磐田戦後に興奮してて「感想」を書かずに寝てしまいました。一言。パスミスが目に余る。

●今日の練習
     16時からですね。見に行けるかどうか。

●大リーグ
     マー君がひどすぎた。大谷も。昨日は日本人大リーガーの厄日だったのか。


朝刊コンサ記事からです。2回に分けます。

◆見出しです

★<宮吉V弾逆転1勝><ルヴァン杯><1次突破望み><同点1号ヘッドMFジュリーニョ>
  <最年少デビューDF中村>

★<札幌逆転勝利><宮吉決勝弾><内村が先制弾!><点取り合戦制す><主力けがの逆風なんの!>
  <PO進出に望み>

★<札幌3発逆転初勝利><土壇場宮吉が決勝弾><内村「気分いい」>

■磐田戦の概要
     ・B組の札幌は磐田と対戦し、3-2で競り勝ち、初勝利を挙げた
     ・少ない好機を生かして終了間際に勝ち越した
     ・1-2で迎えた後半24分、白井の左クロスをジュリーニョが頭で合わせて同点に追い付くと、同45分
      には早坂の右クロスを途中出場の宮吉が蹴り込み、決勝点を挙げた

     ・札幌は次節の5月9日午後7時から札幌厚別公園競技場で甲府と対戦する

■得点・失点の詳細 ➡ ゴールの決まった順に

  ●1得点目  前半16分  内村   1-0
      ・駒井が縦パスを入れ、ジュリーニョが右から左へと斜めに動きながら受ける
      ・ジュリーニョは内村につなぎ、ボールを持った内村は右から左へとスライド
      ・ペナルティエリア手前で櫻内に競り勝つと、体勢を崩しながらも右足を振り抜く
      ・シュートは左ポストに当たった後にゴールネットへ、コンサ先制

  ●1失点目  前半33分       1-1
      ・右サイドで太田がボールを受け、持ち上がって中央にグラウンダーのパスを送る
      ・ニアサイドで松本が収め、ドリブルを開始
      ・濱をうまくかわして中央に速い折り返しを蹴り込むと、走り込んだ太田がワンタッチでゴール左隅に
       流し込まれた

  ●2失点目  前半44分       1-2
      ・上原が縦パスを入れると、受けた山田はすぐさま反転してディフェンスラインの裏にパスを通す
      ・中野がすかさず抜け出し、つまずきながらもボールを受けてGKと1対1に
      ・冷静に右足を振り抜いてゴール右隅に突き刺さされ、逆転された

  ●2得点目  後半24分  ジュリーニョ 2-2
      ・宮吉が敵陣中央から左サイドに展開する
      ・白井が受け、左サイドの敵陣深くからクロスを供給
      ・ゴール前で反応したジュリーニョがDFと競り合いながら飛び上がると、ヘディングシュートを放つ
      ・これがゴールネットに突き刺さり、再び同点となる

  ●3得点目  後半45分   宮吉    3-2
      ・味方の落としを拾ったジュリーニョが右サイドに展開
      ・早坂が受けてドリブルを開始
      ・細かいタッチでDFをかわし、ペナルティエリア右に進入すると、ヘルプに入ったDFに対応される前に
       中央に折り返す
      ・反応した宮吉がダイレクトでシュートを放つと、ゴールに! 逆転に成功


■監督記者会見より

  Q 試合を振り返って

     「札幌にとっては毎試合が厳しいゲーム。1ー0でリードする展開から逆転を許した。前半のゲーム
      内容としては勝利に値するものではない。だが後半は内容が上向いた」

  Q 14日のリーグ戦・柏戦に続いて控え組が結果を出した

     「チームというものは結果が出ていれば、良く見えるもの。まだまだチームとしての課題は多くある。
      けが人もいるし、今は総力戦。その状況の中で連勝を続けていかなきゃいけない。ワールドカップ
      開催による中断期間にも集中して練習しなければならない」



1回目は、ここまでにします。

posted by ベル |04:37 | コンサドーレ | コメント(0) |

2018年04月18日

磐田戦 速報終了 【試合終了 逆転勝利!】 

適宜速報をします。


【コンサ先制!】

  前半 15分  内村!


【同点】

  前半 32分  現在 1-1


【前半終了】

  1-2  リードされてます。

  2失点目は集中力を欠いた情けない失点でした。

  宮吉や荒野は使いたくないですが。


【後半開始】

  選手交代   ヘイス ➡ 宮吉   稲本 ➡ 荒野


【コンサ同点!】

  後半 22分  ジュリーニョ!


【逆転!】

  後半 45分  宮吉!   現在 3-2 リードしました

  アデイショナルタイムは5分です


【試合終了】

  3-2 逆転勝利です!

  よし! ルヴァン杯初勝利!!!


  なお、アデイショナルタイムで、選手交代で 白井 ➡ 中村


  今後につながりました


速報を終わります。



posted by ベル |20:04 | コンサドーレ | コメント(0) |

2018年04月18日

磐田戦のメンバーが発表されました & 3時のおやつ 

発表されました。

1トップはヘイス、ボランチに稲本、3バックの真ん中は横山のようです。

いつものように、3-2-2-2-1で先発メンバーを書きます。

★先発メンバー
                      ヘイス
               内村         ジュリーニョ
         田中                      白井
                稲本        駒井
             濱       横山     早坂
                       菅野

★ベンチメンバー    阿波加、中村、福田、本間、荒野、宮吉、藤村


こちらで、確認できます。

https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2018/041804/ticket/#live


     勝ち点3を勝ち取り、グループ突破を目指そう、コンサドーレ!



今日も、応援、よろしくお願いします。


3時のおやつはこれ。

1524030914-katu.jpg
気合、入れてます!


posted by ベル |17:00 | コンサドーレ | コメント(0) |

2018年04月18日

4月18日の宮の沢練見簡単レポ 

★穏やかで非常にいい天気でした。

1524018773-repo1.jpg
★選手が出てきましたが、後姿の彼はノノ。この様子から、これから磐田へ向かうのかもしれません
1524018864-repo3.jpg
★選手たちも手伝っていました。
1524018881-repo2.jpg
★練習開始の10時ジャストに集合。思っていたより多いです。
1524019017-repo4.jpg
★まずは、ランニングから。
1524019083-repo6.jpg
★鳥かご。いつも通り、長い時間をかけてました。
1524019109-repo7.jpg
★メインの指導はブルーノさん。
1524019127-repo8.jpg
★ミニゲーム。
1524019288-repo9.jpg
大谷投手を見たくて、早めに切り上げて帰宅しました。確認したかったことは確認できましたし。 以上です。


posted by ベル |11:43 | コンサドーレ | コメント(0) |

2018年04月18日

「コンサ!コンサ!コンサ!」(福森選手)&「吉原宏太のマンスリーコンサ」

北海道新聞朝刊<地域の話題探る見る>ページで、先月から毎月第3水曜日に連載されている、2つのコラム
からの紹介です。

コラムの一つは、サッカーライターの斉藤宏則さんの「コンサ!コンサ!コンサ!」。
もう一つは、吉原宏太さんの「吉原宏太のマンスリーコンサ」。


エキスを絞って紹介をします。


◆「コンサ!コンサ!コンサ!」

今季は、独自の物言いで日本サッカー界から注目を集めるミシャ監督の言葉をひもとき、選手の人物像やチームの雰囲気を伝えていく内容になってます。

   今季のタイトル  「 J1 クローズアップ ミシャからの言葉 」


★この回の言葉 <「今日の負けは『美しい死』だった」>
 
   今回は、DF5 福森晃斗選手 25歳 です。


★今回の大きい見出しです <左足に勝利への誓い> 
     小見出し3つ   <獲得を熱望><言葉の真意><監督初勝利>


 ●2016年末、浦和のミシャ監督は福森選手の獲得をクラブに求め、さらに面談しラブコールを送った

    福森  「あまりそういう経験をしたことがなかったし、ミシャさんに会うだけで緊張した。コンサドーレで
          プレーを続けることを選んだが、ミシャさんと直接話して『いつかこの人と一緒にサッカーが
          したい』と強く感じた」

 ●開幕戦の広島に負けた後のミシャ監督の言葉が、福森選手の胸に残っている

    ミシャ 「今日の負けは君たちにとって『美しい死』だった。君たちはキャンプで身に付けてきたプレーを
          今日の試合でしっかり演じてくれた。本当に素晴らしい出来事だ。でも、試合には負けた。
          これは『美しい死』なのだ」

 ●福森選手は、次の誓いを立てた
   
    福森 「『美しい死』を繰り返してはいけない。しっかりと勝ち点を取り、ミシャさんに同じ言葉を言わせない
         ようにしなければいけない」


 ●「美しい死」はもう繰り返さない。ミシャ監督がほれ込んでいたその左足で、指揮官に美しい勝利を
   プレゼントするつもりだ


などです。



◆「吉原宏太のマンスリーコンサ」

 ◆今月の見出しです  ★<都倉 努力実り勝利に貢献>

    ●札幌が波に乗っている。何と言っても勝利の立役者は都倉選手だろう。3戦連続で得点を決め、札幌の
      快進撃の原動力になっている。

    ●今の札幌には勢いがある。その要因の一つはワントップ争いだろう。チームをけん引するエース
      ストライカーが2人いる。

    ●我慢の時を過ごしていたのが都倉選手。控えに甘んじていた間の努力はすごいものがある。
      ジェイ選手という存在がそばにいて、切磋琢磨している結果でもあるだろう。

    ●札幌快進撃の大きな理由はミシャの前向きな姿勢にもある。「なぜ前に行かない」という。結果的に
      選手全員が攻撃に参加することになる。

    ●今の札幌をもっと強くするためにできることはまだある。それは都倉選手が「おとり」になれるかどうかだ。
      今季のコンサにはまだ伸びしろがある。


などです。


以上です。

posted by ベル |07:15 | コンサドーレ | コメント(0) |

2018年04月18日

平川弘さんのもう一つのコラム(4月18日)より 

道新スポーツの毎週水曜日に掲載されている平川弘さんのコラム紹介です。


  ◆コラム名 「元日本代表平川弘のCool Eye」

  ★見出し <都倉を日本代表に推す声も> <3戦連発のインパクト大>


  ■コラムより

     ●4位という順位は驚きだが、今の調子なら妥当な成績である。

     ●柏戦は、ケガ人と過密日程の兼ね合いもあって宮吉、兵藤、石川が先発出場した。ルヴァン杯では
       なかなか結果が出ていないが、控え組がチャンスをもらって奮闘したのはうれしいこと。

     ●都倉を日本代表に、という声があるようだが、それくらい3戦連発のゴールはインパクトが大きかった。

     ●2アシストした三好のセンスは大したもの。嫌なところに蹴れる感覚を持っている。あとは自身の得点
       が欲しい。

     ●ルヴァン杯の磐田戦は大事に戦ってほしい。ルヴァン杯が主戦場だった宮吉がゴールしたことで、
       チームの一体感が出てくればいいのだが。


などです。


*平川さん、都倉を日本代表へ平川さんも推してください!
*末尾の「チームの一体感が出てくればいいのだが」が、気がかり。
  平川さんは、現在のチームには一体感が欠けていると見ておられるのだろうか。


以上です。

posted by ベル |05:42 | コンサドーレ | コメント(0) |