コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2019年01月19日

「シバレ具合」は窓ガラスで分かります  

昨日は、冷え込みました。シバレました。いわゆる「凍てつく」寒さでした。

その「シバレ具合」をちょっとでも分かっていただくには、窓ガラスが一番。
それを写真に撮るとすれば、外が明るくなってこないと。
真っ暗な3時頃からストーブを点けているので、明るくなってきたころには窓ガラスの氷も融け始めてますが。

こちらをどうぞ。左側の融け方が早くて外の様子も見え始めています。


1547843911-sibare.jpg
これ、雪国の冬の生活では当たり前のことです。 札幌は雪国の中でも、まだ温かい方ですが。


posted by ベル |06:10 | 日記 | コメント(0) |

2019年01月18日

がんばったご褒美 

今日の札幌は思いがけずの大雪になりました。

何度も<雪かき>に出ては、休憩タイムに即コンサ情報を探す、繰り返し。
結局、午後3時現在でのコンサ情報は、朝にスケジュールの更新があったくらいです。


<雪かき>は、何とか終わらせました。

ご褒美に、西区二十四軒のこちらへ。写真の白い点々は雪です。

1547792579-repo1.jpg
これで、満足です。
1547792624-repo2.jpg
おっと、私は1個だけですから。


posted by ベル |15:25 | 日記 | コメント(0) |

2019年01月11日

【タイトル変更】 フェイスブック見れそうです ありがとうございました 

今日の「新加入選手記者会見」や明日の「キックオフ2019」についてです。

コンサ公式HPで、ともにフェイスブックでLIVE配信するとの告知がなされました。

私にとっては、寝耳に水というかビックリ仰天。
「フェイスブック」なる「機器」には、スマホ同様手を出したくないし、買う気もないので、スルーしてました。

ところがそういう告知ですから、いかほどするものなのか購入してすぐ見れるようになるものか、慌てて検索。
そしたら何? パソコンからTwitter同様にアカウントを作成すれば見れる?
エッ、「機器」を買うんじゃなくてパソコンで見れるの?

早速検索。
おお~、なんかそういう画面が出て来たぞ。アカウントを作れたらしい。

でも、先に進めない。
ここから、どうしたらいいのか分からないところでストップ。

そこで、ブログを通して、教えてもらえたらいいなあと身勝手な考えで。


ストップしてるのは、ここです。

1547158779-feisubukkusakusei.jpg
「プロフイール写真」はどうでもいいからスルー、また「友達」もスルー。趣旨はそこじゃないし。 兎に角、今日と明日のイベントのLIVE映像を見たい。 その1点張りなのです。ところが、画面が次に進まない。 こんな身勝手な私。教えて頂けてもお返しは何もできません。前○社長のように100万円とかもムリ(苦笑)。 LIVE配信を見るには、この画面からどうしたらいいのか。 教えてもらえれば、大変ありがたいです。 ただ、「文」だけでは説明が無理かもしれませんね。その場合は諦めます。


posted by ベル |05:38 | 日記 | コメント(11) |

2019年01月09日

始動を待ち望んでおられた方か多かったようです 

私は、コンサドーレ関係情報をブログとTwitterの両方で発信しています。
Twitterの方は、ごくごく簡単にですが。Twitterに書くことを「つぶやき」と、言います。

昨日は、始動の様子を4選手のランニング写真でのつぶやきを。
すると、「いいね」の数が午前7時現在で151も。
12月27日につぶやいた、三上GMさんのコメントのつぶやきへの「いいね」145を上回る、自己最多数です。

それだけ、コンサドーレの始動を首を長くして待っていた自分同様の方が、多くおられたということでしょうか。


写真に撮りました。

1546984890-tuitta.jpg
それでは<雪かき>に出なければ。


posted by ベル |07:03 | 日記 | コメント(0) |

2019年01月06日

【単なる話題提供】 ブルが入った後の隣の空き地の状況 昨日と比較 

天気はいいですが、丸っきりヒマ。宮の沢へ行っても変わりはないだろうし(苦笑)。

そこで、【話題提供】でもと。

深夜にブルが入ったので、その後片付け後の隣の空き地の状況が、どう変わったかを昨日と比較で。

★昨日

1546741687-repo1.jpg
★今日
1546741762-repo2.jpg
確かに違いはあります。 コンサ関係がないと、気持ちが高ぶらない((笑))。 午後にも【話題提供】できそうなことが、あるだろうか。


posted by ベル |11:33 | 日記 | コメント(0) |

2019年01月05日

雪が少ないのは喜ぶべきか嘆きべきか <雪かき>は楽でいいのですが 

午前9時過ぎの、我が家の隣の空き地の状況です。


1546647503-josetu.jpg
雪の積もり具合を、ジョンバーを立てて比較しやすいようにして写真に撮りました。 雪が少なくて生活をする上で大変助かります。私の<雪かき>も、運動不足を解消する役には立たないほど(笑)。 そういう面では、ありがたいし喜びたい。 ですが、喜んでいていいのかどうか。 ブルは2度入りましたが、入らなくてもいいかもしれないくらいだったんです。 これは、雪を生活の糧にしている人にとっては、大変な状況なのではないでしょうか。 業者ばかりではないと思います。雪の少なさを嘆いている人たちも多いのではないかと。 今朝、ふと。


posted by ベル |09:35 | 日記 | コメント(2) |

2019年01月03日

熊本地方で震度6弱 

正月とか、関係ないです自然は。


NHKの「速報」を、貼ります。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190103/k10011766621000.html


被害がありそう。心配です。

posted by ベル |18:21 | 日記 | コメント(0) |

2019年01月02日

【備忘録】 箱根駅伝 

今日は1月2日。箱根駅伝往路の日です。いよいよ私の正月が始まります(笑)。

我が母校の話ですので、スルーしてください。


昨年の我が母校は全日本で優勝したこともあって、優勝候補の一角に挙げられていました。
でも、往路の5区山登りでまさかの大ブレーキ。優勝争いどころかシード権さえ取れませんでした。

予選会を3位で本選出場を獲得。
今年の母校の下馬評は15位程度でシード権圏外。10人平均の持ちタイムが悪いからです。


発表されたオーダーを見ると、持ちタイムでチームNO1とNO2の選手を1区と2区に配置しています。
この2区を終えた時点で中位くらいについていければ、シード権獲得の期待が持てます。
3区4区で粘ってつないで、鬼門の山登りの5区へ。
この山登りの5区をブレーキを起こさず走り切り、シード権圏内で往路を乗りきれば可能性は、あります。


母校のOB会から毎年応援ガイドを送られてくるのですが、この時期に行けやしません。

1546373911-jinndai.jpg
ですが、2018年のコンサの大躍進から、もしかしたら、存命中(笑)に行けるかもしれないとの思いも。 コンサが天皇杯で決勝まで進めば、元旦に新国立で決勝戦だ! その時には、何が何でも懸けつけ応援したい。 で、あれば、2日と3日の箱根駅伝を沿道から応援できる! 号砲鳴るまで1時間あまり。スタート前から、テレビ前に張り付きます。


posted by ベル |06:52 | 日記 | コメント(0) |

2019年01月01日

2019年を迎えました  

激動の2018年から無事に2019年を迎えました。

     
1546247913-nenngajou.jpg
健康第一で過ごしましょう! では、おやすみなさい。


posted by ベル |00:00 | 日記 | コメント(4) |

2018年12月31日

ご挨拶 

<雪かき>してきました。


大晦日です。何かと忙しくパソコン前に落ち着いて座っていられない日です。
比較的余裕のある今、恒例の年末のご挨拶をしてしまいたいと思います。


読者の皆様へ。

  今年も、1年間読んでいただき感謝しております。
  「読んでくださる方がいる」ことで、書くことに関して背中を押してもらった1年間でした。

  今年は、ブログ更新が出来ない恐れのある日が起きました。
  9月6日北海道胆振東部地震のブラックアウト。
  パソコンは使用不能。当面はガラケー投稿で凌いだものの、翌7日にはガラケーのバッテリーもアウト。
  開いていそうなお店を探し回っても見つからず。投稿ピンチという事態に陥りました。
  その7日の夕方に電気が通った時には、飛び上がって喜びました。

  被災者の方々の傷が癒えぬままの年越しの今、いい経験だったとか思い出だとかとは言えません。
  が、少なくとも電気のない生活は、私には無理だということをはっきり分かった2日間でした。


  1年間、ありがとうございました。来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

              
                                                      by コンサと生きる

posted by ベル |07:50 | 日記 | コメント(6) |