スポンサーリンク

2024年05月27日

モチベーションはどこに

今シーズン

選手やスタッフは何をモチベーションに

練習に取り組み、試合に臨んでいるのでしょう


これまで

J2時代にはJ1昇格を

J1に昇格した2017シーズンはポジティブなJ1残留を

そして2018シーズンからは

タイトル獲得やACL出場を目標に

実際手の届きそうなところまで行ったこともありました

それが気がついたら

リーグ5位以内

そして

リーグ1桁順位とか10位以内とか

知らず知らずのうちに下方修正され

もちろん現実路線がすべて良くないとは言いません

ただ

それにもかかわらず

それすら達成することができていません

僕ら

タイトルや順位もそうですが

クラブ、パートナー企業、サポーター、

北海道一丸となって

「見たことのない景色を見に行く」

のではなかったでしょうか

今ではすっかり

GMもスタッフも選手も

誰もこの言葉を使わなくなりました

もう死語ですか

サポーターのためとか

パートナー企業のためとか

そんなことのためではなく

クラブのため

自分自身のために戦い

結果を残し喜ぶ

そんな選手の姿が見たいのです

今

クラブ関係者、チームスタッフ

そして

選手達のモチベーションが

どこにあるのか

そもそもあるのか

とても気がかりでなりません

posted by kabao |22:42 | Consadole sapporo | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年05月26日

居場所

鹿島戦

久しぶりに
コロナ以前に応援していたエリアで90分
跳んで跳ねて声を出して手を叩いて
応援をしました

コロナ禍になって
ゴール裏席も含めて
声出し応援が禁止され
座席は人数が制限され
間隔を空けた指定席となり

制限が解除された昨シーズンからは
仲間と一緒の都合
それまでとエリアを変えて陣取っていたのですが

久しぶりの中心部は
やっぱり受ける刺激が違っていて
昨シーズン開幕から抱いていた自分の中の違和感を
あっさりと取り払ってくれました

自分の居場所はここなんだと

今シーズン
チームはなかなか厳しい状況が続いていますが
後悔のないようやり切るというのは
選手もサポーターも同じだと思います

ホームでも
アウェイでも
全力でやり切るために
チームがJ1残留を果たすために

posted by kabao |22:45 | Consadole sapporo | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年05月25日

完敗@鹿島戦

2024J1第16節
北海道コンサドーレ札幌0-3鹿島

完敗です
粘り強く戦ってはいましたが完敗です

失点はミスや油断から

1失点目は
オフサイドを取りに行くのか下がって守るのか
ラインコントロールのギャップをつかれたもの

2失点目は
中途半端なバックパスをケアしに出た
GKのミスキックが相手選手に渡ってしまったもの

3失点目は
終了間際の相手人数の少ないCKを
ニアで合わせられたもの

個々のミスを批判するつもりはありませんし
ミスを挽回できるだけの攻撃力があれば
選手も前向きになれるのでしょうが
今の戦い方ではそれも難しそうです

宮澤選手も
青木選手も
浅野選手も不在な中で
選手は懸命に戦ったのだとは思いますが
正直、チームとしては機能していませんでした
リーグ戦の順位そのままの内容と結果です

5月中の降格圏脱出
という短期目標も達成できないまま6月へ

なんとか
中位、下位のチームから
ひとつでもふたつでも多くの勝点を

そして6ポイントマッチを
必ず制すること

なんとかそこに
生き残りの道を

posted by kabao |22:05 | Consadole sapporo | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年05月24日

明日はタイフェスタ

明日の鹿島戦のイベントは「タイフェスタ」


トゥクトゥクに乗って写真を撮って

タイマッサージを受けて

タイ飯を食べて

ムエタイステージを見て


イベントメニューを見ただけでも

ちょっと

タイに行った気分になれそうです


今年1月に行ったタイ・バンコク

楽しかったのを思い出します


1名が当たる「タイ旅行(2泊4日)」

当たらないかなぁ

当たらないよなぁ

あ〜

またタイに行きタイ🇹🇭

posted by kabao |22:39 | Consadole sapporo | コメント(0) | トラックバック(0)

2024年05月23日

若さは武器

昨日のルヴァン杯長野戦

サブメンバーは6人全員10代でした

最年長が

まもなく20歳を迎える西野選手

若いですね

そして

GKの竹内選手を除く5人が途中出場

スタメン組の選手達とともに

勝利に貢献しててくれました

時間の長短はありますが

それぞれに

成果と課題と

収穫のある公式戦出場だったと思います

若い選手は

クラブの財産であり生命線

これからも

臆することなく

10代のうちにトップでレギュラーを獲る

それくらいの気持ちでプレーして欲しい

そんなふうに思います

posted by kabao |22:58 | Consadole sapporo | コメント(0) | トラックバック(0)