スポンサーリンク

2007年11月26日

サンクスウォーク

20071126-00.JPG

毎年、コンサドーレ札幌はホーム最終戦終了後に「サンクスウォーク」を実施しています。所属する全選手と監督ら全スタッフ、HFC役員、さらにはコンサドールズやドーレくんらも加わって、1年間の応援に感謝して競技場内をゆっくりと1周します。これに先立ち、だいたいHFCの社長と監督、選手代表らがあいさつしていますね。あまり凝った演出は少ないのですが、2003年には照明を落とし、光るものを振ったこともありました。昨年は写真の通りジェッター3も参加してくれました。

私の観戦記録を振り返ったところ、2001年から毎年、ホーム最終戦は参戦していました。いずれも札幌ドームで、02年の最終戦ではともにJ2降格する広島と「J2第0節」として対戦し、曽田のハットトリックなどで5-4でVゴール勝ちした試合もありました。01年以降のホーム最終戦の通算成績は3勝3敗とまったくの五分でした。勝利の後のサンクスウォークは大いに盛り上がりますが、やはり負けた後では微妙な雰囲気が漂ったことを覚えています。

この時期、Jリーガーたちは一つの岐路に立たされます。選手会とJリーグの取り決めで、11月末日までに翌年も契約を継続するか、継続せずに満了する(いわゆる戦力外)が通告されることになっています。すでに今季も一部のチームが戦力外選手を発表しているようですが、コンサドーレは1昨年まで選手会からの要望とかで発表がなく、12月初めの段階では誤報も含め、情報が錯綜したりしました。果たして今年はチームを去る選手がどんな顔触れになるのでしょうか。どの選手であっても、応援したチームの選手ですから寂しさを禁じ得ません。

さて、今年のホーム最終戦は12月1日、札幌ドームに水戸を迎えます。勝つか、引き分ければ、悲願のJ1昇格を果たせます。昇格決定の歓喜とともに今年の最終戦を締めくくり、選手たちは胸を張って場内を歩いてほしいと願っています。チームを去る選手が判明しているかどうかは分かりませんが、そこでお別れもしたいと思います。


posted by papa12 |19:06 | 思い出 | コメント(7) |

2007年11月19日

生涯初アウェイ

20071119-00.JPG

20071119-01.JPG

いまだに昨日の京都戦の感動に浸っております。勝てなかったのはもちろん残念ですが、応援に値するチームだとあらためて誇りに思いました。たとえ最終節までもつれようとも(他力でもなんでも早く決まってほしいですが)、昇格を信じてサポもともに戦いましょう。

さて、11月11日の鳥栖戦で生まれて初めてのアウェイ戦を体験してきました(昨年の天皇杯準々決勝の甲府戦はアウェイ扱いでしたが、中立地の仙台ユアスタでしたので除きます)。チームスポンサーのJALセールス様のツアーで、快適な旅でした。なんと帰りの福岡から東京までの便は通路をはさんで三浦監督や選手らと隣合わせでした。勝ち点を土産にできず残念でしたが、その話はほかのブログの皆さんが紹介していましたので、全面的に割愛します。初めて見る他チームの試合前の演出は新鮮でした。仮面ライダーカブト(すみません、おじさんには区別がつきません)だかが来て、マスコットのウイントス君とPK勝負をしたりしてましたが、一番驚かされたのが「スタジアム金婚式」です。鳥栖市で今年、結婚50年を迎えた夫婦10組ほどをピッチ上で祝うもので、鳥栖市長らのほか、赤い帽子の岸野監督も祝辞を述べていました。周囲からは「いいなあ、私も将来、やってほしい」「まず嫁さん、もわらないと」「50年も離婚せずにいられるかなあ」などと、うらやむ声が相次ぎ、名前が紹介されると、コンサドーレのサポ側からも盛大な拍手が送られていました。

人口7万人足らずの鳥栖市だから、この人数でできるのでしょうが、札幌ではちょっと無理ですね。でも、例えばファンクラブ会員や後援会員に限って、やってみると、面白いなあと思いました。熱烈席にもご年配の方々が目立つコンサドーレですから、毎年、結構な人数の方々の金婚式を祝えるのではないでしょうか。そういえば、わが家も11月25日が結婚23周年。山あり谷あり、よくぞここまで持ったものです。引き続き、あと27年も夫婦関係が持つかどうかは不明ですが、札幌ドームのピッチ上で金婚式を挙げる姿をちょっと想像してしまいました。HFCさん、サポの金婚式をどうか前向きに検討してみてください。


posted by papa12 |19:22 | 思い出 | コメント(7) |

2007年11月09日

歴代ユニフォームストラップ

20071109-01.JPG

明日、人生初のJ2アウェイ参戦に出発するのを控え、気持ちが高ぶっています。そこで、今回は家族に内緒にしていたので、紹介するのを躊躇していた「歴代ユニフォームストラップ」をアップすることにしました。まあ、最近は家族もろくにブログを見ていないようなので、大丈夫でしょう。

さて、「歴代ユニフォームストラップ」は今季のJ2道内開幕戦の3月10日から発売されました。文字通り、1996年から2006年までの歴代のユニフォームをラバー製のストラップにしたものです。1個税込み500円、高いです。その数はこれまでのホームとアウェイ全種類と、さらにJ1優勝などメモリアルの6種類を加え、全部で20種類もありました。ということは、全部そろえるには最低でも1万円かかってしまう計算です。中が見えない袋に入っているとあっては、そろえるのに一体いくらかかるのでしょうか。昨年の「10周年記念歴代ユニフォームピンズセット」が好評だったのに気をよくしたHFCが調子に乗って売り出したのでしょうが、マニア心をくすぐられたコレクターとしては苦悩の日々が始まりました。乏しい小遣いからやり繰りして試合の度に購入を繰り返しました。最初のうちはダブりも少なく、順調に集まったのですが、残り3種となってからが大変でした。頼みのヤフオクにも出品されることが少なく、見つけたものも高騰して落札できず。ようやく10月13日の草津戦で全種類をコンプリートすることができました。かかった金額はカミさんが怖くてとても書けません(いや、記録していないので、よく分からないのですが)。これは大の大人のコレクターの高尚な趣味であり、親のすねをかじっているような、よい子の皆さんは決してまねをしてはいけません。集まったストラップはオフに入ってから、ニトリ様でコルクボードでも買ってきて壁に飾りたいと考えています。

さて、HFCにお願いがあります。コレクター心をくすぐるのはまあ良いのですが、もう少し単価の安いものにしていただきたいと思うのです。J1に上がった来季はぜひトレーディングカードを、と期待しています。


posted by papa12 |23:06 | 思い出 | コメント(10) |

2007年11月03日

小惑星7777番Consadole(コンサドーレ)

1週間ほど前、ホームズ彗星という名の彗星が2日ほどの間に17等星から3等星に約40万倍も明るくなったというニュースがありました。星のことはまったくの素人でよく分からないのですが、そういえば、昔、惑星がコンサドーレと名付けられたという話を思い出しました。早速、ネットで調べてみました。

ありました、ありました。2001年1月9日、国際天文学連合 (IAU) 小天体命名委員会が太陽系の火星と木星の間を回る多数の小惑星の一つ7777番の学術名を「Consadole」(日本名コンサドーレ)と認定し、同連合小惑星センターが発表したそうです。発見した道内の天文愛好家2人に札幌天文倶楽部が働きかけ、「コンサドーレ星」が誕生したそうです。経緯などはこのホームページで詳しく紹介されていました。本当にうれしい話ですね。

小惑星に命名されたのはちょうど前回のJ1昇格の年でした。われらがコンサドーレは残り3試合を勝ち抜き、悲願のJ1復帰を果たします。来季はぜひともホームズ彗星のように大増光し、J1の舞台で光り輝いてほしいといまから願っています。

posted by papa12 |13:09 | 思い出 | コメント(2) |