スポンサーリンク

2019年06月26日

22年ぶり

プレーオフステージ第2戦はホーム・厚別で磐田を2-1で下し、2戦合計4-2でベスト8入りを果たしました。8強入りは実にチーム創設2年目の1997年以来というから、驚きです。これも新しい景色ですね。

先発メーバーを見ると、互いに勝ちに行った布陣でした。勝ったのは喜ばしいのですが、褒められた試合ではありませんでした。立ち上がり早々、PKもあり、10分で2得点。さらにはもう1回、PKがありながら、岩崎が外し、勝負を決める3点目を逃しました。すると、徐々に磐田ペースに。あっけなく2点リードした後はやや集中力を欠いたのか、雑なプレーでボールロストが多く、攻撃を中盤で組み立てられず、前線にボールを運べなくなりました。後半に入ると、磐田にボールを回され、なんとかしのぎきったというところでしょうか。まあ、アウェイで勝利したアドバンテージもあり、勝ったから良しとしましょう。

苦節22年、やっと8強に仲間入りしたわけですが、いつの日か、タイトルを取りたいものです。まだまだ成長途上のわがチームが頂点を極めるのはいつでしょうか。その日を楽しみに、応援を続けていきます。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |22:28 | 雑感 | コメント(0) |

2019年06月22日

聖地厚別は雨だった

午前中の雷雨には驚かされ、試合が中止になるのではないかと心配でした。そのうちに雷はおさまったものの、無情の雨は降り続けました。カッパをはじめ、厚別用の準備を怠らず臨んだものの、ずぶ濡れになりました。それでも、3-1で鳥栖に勝てたので、終わり良ければすべて良しですね。

前半はコンサペース。何度か決定機を演出しかけるも、ゴールに至らず。流れからの得点はなかったものの、欠場の福森に代わってルーカスが蹴ったコーナーキックから石川、ジェイが相次いでゴール! 勝利を確信しました。

ところが、この後、とどめの3点目を決められれば良かったのですが、後半に入ると、徐々に鳥栖ペースに。1点を奪われた時には、追いつかれるのではとハラハラする展開となってしまいました。なんとかカウンターでチャナティップが抜けだし、フリーの武蔵にラストパス。武蔵が落ち着いて切り返し、相手DFを振り切り、左足でゴールをたたき込んでくれました! ようやく試合を決める3点目をあげることができました。

相手は連敗中で最下位の鳥栖とはいえ、力の差はわずかでした。金崎とか、イバルボとか、怖い選手がいますし、豊田がいなかったのは助かりました。トーレスは見たかったですが。やはりJ1は力が拮抗したリーグで、勝てて良かったと思わざるをえません。次節で前半戦を終えますが、これで5位に浮上し上位につけています。目標に掲げたACL圏内へはまだまだ厳しい状況ですが、なにはともあれ全力を尽くして戦い抜いてほしいものです。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |22:01 | 雑感 | コメント(0) |

2019年06月19日

カウンター1発!

やったー! 勝ちました。アウェイのルヴァン杯プレーオフステージ第1戦で磐田に2-1で勝利しました!

中2日でリーグ戦がある厳しい日程とあって、勝負師・ペトロヴィッチ監督も完全ターンオーバーで臨んだ1戦。正直なところ、この布陣で勝ち点を得るのは難しいのではないかと心配になりました。立ち上がりから完全に磐田ペースで、前半半ばまでは劣勢が続きました。それでも徐々に若手を主体としたチームもボーロを回せるようになり、何度か攻め込み、決定機もつくりました。0-0で折り返すと、アンデルソンロペスが自ら得たPKを決め先制したものの、ここからは磐田の猛攻が続きました。同点に追いつかれた時には、すでにうちの守備陣はかなりヘロヘロで、とても最後まで持ちそうにないと思いました。勝ち点1でも御の字かと思っていたところ、ロングパスに反応したルーカスが抜け出し、グラウンダーの完璧なクロスに走り込んだロペスが鮮やかに決めて勝ち越し。見事なカウンターでした。これは守備陣にも勇気を与える1発で、とても最後まで持たないと思っていたのがなんとか逃げ切ることができました。菅野のビッグセーブ連発にもずいぶん助けられました。

これで勝ち抜きに大きく前進しました。22日にリーグ戦の鳥栖戦、26日に第2戦と過密日程が続きますが、今日の勝利の勢いをホームで発揮続けてほしいものです。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |22:05 | 雑感 | コメント(0) |

2019年06月14日

王者と引き分け

よくぞ引き分けた、という試合でした。J1を連覇中の川崎はやはり強かった。前半こそそれなりに攻めて、ジェイが相手DFに蹴られて得たPKを武蔵が確実に決め先制。ソンユンのPKを止めるビッグセーブ連発もあり、前半だけなら勝機もあった内容でした。しかし、後半に入ると、川崎の猛攻が続き、一方的に攻められ、いつ防波堤が決壊してもおかしくない展開となりました。そして、ついに失点。その後も防戦一方で、勝ち点1を得るのが精一杯でした。

終わってみれば、シュート数が3-19と圧倒され、後半はほとんど攻め入ることができませんでした。昨年のような0-7ではないとはいえ、まだまだ川崎との差は個の力もチームの力も大きいと思わざるを得ないでしょう。それでも、前線の先発3人と途中投入のアンデルソンロペスもけが明け。両ウイングバックも先発陣を欠く中で、よく戦ったと思います。

J1王者と引き分けたことをポジティブにとらえ、けが人の多くが帰ってきたことを好材料に次節以降の勝利を信じて応援していきましょう。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |22:10 | 雑感 | コメント(0) |

2019年06月01日

厳しい戦いでした

広島は守備の堅い、本当に強いチームでした。前半から何度か攻め込むも、決め手を欠き、シュートをなかなか打てない状況が続きました。じりじりする展開のなかで、相手GKのこぼれ球を早坂が値千金の決勝ゴール! その後、ルーカスフェルナンデスが2枚目のイエローで退場。ここからは防戦一方となり、10人でなんとか虎の子の1点を守り切りましたが、長いアディショナルタイムといい、最後までハラハラドキドキでした。

やはり宮澤とチャナティップの欠場は痛かったですね。それでも、穴を埋める選手たちも健闘しました。また、ジェイの復帰は大きく、今日はずいぶんと助けられました。あとは決めきることです。けが人がここに来て増えており、心配も増していますが、一方で復帰する選手もいて、とりわけアンデルソンロペスが近く戻ってこれそうなので、心強いところです。夏場に向けて、チームの総合力が問われます。サポーターの後押しを含めて、オールコンサドーレの力を結集して戦い抜いて行きたいものです。頑張れ!コンサドーレ!! 

posted by papa12 |21:17 | 雑感 | コメント(0) |

2019年05月25日

もう1歩

うーん、何度も攻め込みながら決めきることができず、無得点で0-0のスコアレスドローで終わりました。これで3試合連続の無得点。超攻撃的サッカーを掲げるチームとしては物足りなく感じるのではないでしょうか。もう1歩でゴールネットを揺らせそうなのですが、最後の決定力が足りないというところでしょう。

相手のG大阪はかつては攻撃サッカーの代名詞のようなチームでしたが、今日見た限りでは守備に重心を置いたチームに変貌しつつあるようでした。選手も若手を積極的に起用し、今野も遠藤もベンチというのは驚きです。お互いに過渡期のチームということなのでしょう。ただ、気になったのは、ずいぶんとユニを引っ張るシーンが目立ったことです。多少のやり合いは駆け引きのうちとはいえ、本日の審判は比較的流す傾向だからでしょうか、それを良いことにユニを引っ張り有利にしようとするのはいただけません。これは相手選手だけでなく、うちの選手にもそうした行為は戒めてほしいと思います。

それにしても、G大阪戦といえば人気チームなので、もっと観客が入ってほしかったと思います。次節の広島戦とともに、札幌市内が小学校の運動会のピークのためでしょうか。チームが比較的上位につけ、日本代表選手も輩出しているとなると、もう少し観客動員につながってほしいものです。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |21:16 | 雑感 | コメント(0) |

2019年05月22日

最後はハラハラ

いやー、最後はハラハラドキドキでした。アディショナルタイムに入ってから失点し、同点に追いつかれたときは、無宗教の私がサッカーの神様に祈るような気持ちでした。困った時の神頼みです。なんとか2-2の引き分けで終わり、ルヴァン杯グループリーグを1位で突破、プレーオフステージに進むことができたことは本当に良かったと思います。

今日は控え組主体で臨んだ割には、まずまずボールも回り、攻撃も組み立てることがそこそこできたのではないでしょうか。控えに甘んじている選手たちの底上げが少しでもできているのなら、うれしい限りです。とりわけ誰が得点をするか心配だった攻撃陣で、ルーカスと金子が決めたのは良かったと思います。

ただ、2点リードしながら、リーグ戦で前節、奇跡の逆転勝ちをした湘南だけに押し込まれようになってしまいました。受け身に回ると弱いわがチームはあたふたが続きました。菅野の好セーブがなければどうなっていたか。相手のPK失敗にも助けられ、クロスバーも味方してくれました。

プレーオフステージまで少し空きますが、なかなかリーグ戦で出場機会の少ない選手たちには貴重な実戦の場となるだけに、さらに勝ち抜いていきたいものです。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |22:24 | 雑感 | コメント(0) |

2019年05月18日

力及ばず

やはり首位のFC東京は強かったですね。GK林を中心に守りが堅い。うちの攻撃はことごとく跳ね返され、得点を奪うことができませんでした。それにしても、ミスから決められた1失点目が痛かったですね。たらればですが、あれがなければ、とつい思ってしまいます。

実は今日は珍しく出勤で、一仕事終えてスマホでDAZNを見始めたのが55分ごろの福森の惜しかったFKから。勤務先から一路、パブリックビューイング会場の赤れんがテラスに向かう間に2失点してしまいました。赤れんがテラスのPVは初めてだったのですが、大変多くの人が集まっていました。好機に何度か盛り上がるも、得点できずに終わり、歓喜爆発とはいきませんでした。本当はみんなで喜びを分かち合いたかったのですが。

帰宅後、見逃し配信を見ようとしたら、まだ配信が始まっておらず、今現在、見ていません。従って試合内容をあまり語れませんが、ハイライトだけ見ると、ソンユンの好セーブに何度か助けられているようで、0-2という結果はまだラッキーだったかもしれないと思いました。とはいえ、首位チームに力を示されたことを悲観する必要はありません。うちはまだまだ成長途上のチーム。いつの日か、それも近い将来、首位や上位チームに互角以上に戦えるようになりたいものです。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |20:28 | 雑感 | コメント(0) |

2019年05月12日

別なチーム

アウェイ・松本戦は0-0のスコアレスドロー、今季初の引き分けに終わりました。あの試合内容なら、勝ち点1は妥当かと思われます。松本の方が決定機が多かっただけに、うちとしてはラッキーだったように感じました。

前半と後半で別なチームでした。前半は立ち上がりから攻勢に出た松本に押し込まれ、受け身に回って相手の攻撃をしのぐのが精一杯な感じでした。後半に入ると、本来のうちのチームらしく立て直すことができました。おそらく松本が前半と異なり、リトリートしてカウンターを狙う戦術に変更してきて、攻めやすくなったことも背景にありそうです。試合全体を見ると、どちらに転んでもおかしくない展開で、きっと松本側の方が残念な気持ちが強いのでは。当方としては勝ち点1を拾った、という気がします。

今季、勝つときも負けるときも出入りの激しい試合が大半でした。勝てなかったとはいえ、失点しなかったのは大きな前進です。まあ、今日もソンユンのおかげが大きいですが。攻撃が物足りなかった要因の一つは間違いなくチャナティップの欠場です。チャナの1日も早い復帰を祈るとともに、その穴を埋めるような選手の出現も期待したいですね。けが人が多く、苦しい台所事情ですが、チームの総力で乗り切りたいものです。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |20:59 | 雑感 | コメント(0) |

2019年05月08日

お寒い試合

いやー、今夜の厚別は本当に寒かった。いったん職場から帰宅して防寒対策をしてからカミさんに送ってもらったのですが、寒くてベンチコートを脱ぐことができませんでした。試合内容もコンサドーレ側からはほとんど盛り上がることなく、見所が少なく、0-4のスコア通り完敗でした。

全体的にいえば、攻守ともにチームになっていなかった感じです。控え組が多いとはいえ、トップチームとの差をあらためて感じました。パスミスと精度の低いロングパスを連発し、横浜Mに圧倒的にボールを回され、完全に支配されたといえるでしょう。1失点目こそ不運なゴールでしたが、後半の3点はあまりにも安い失点だったように思います。ただ1人、途中から入ったチャナティップだけが別次元のプレーを見せてくれました。。もうチャナ抜きのチームは考えられないほどの存在感ですね。

ルヴァン杯Aグループでは勝ち点8で横浜Mと並び、まだグループリーグ突破の可能性は十分にあります。しっかり最終節の湘南戦(5月22日)に勝って決めてほしいものです。その前に、リーグ戦は松本、FC東京と難敵が続きます。しっかりと切り替えて、立ち向かってほしいと思います。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |23:12 | 雑感 | コメント(0) |