スポンサーリンク

2020年12月19日

ほぼ完勝でした

浦和を相手に攻守ともに内容的に上回り、2-0でほぼ完勝といっても良いでしょう。コロナに振り回されたシーズンの最終戦をようやく熟成したチームとして終えることができました。

強豪の浦和とはいえ、中2日で連戦の相手ですから、コンディションの違いは大きかったのでしょう。立ち上がりからオールコートマンツーマン気味の守備で押し込む展開。攻撃回数もシュート数も圧倒しながら前半は無得点で終わり、このまま得点できないと、カウンター1発でやられかねないなと心配していたところ、後半早々に早い攻撃で相手守備を崩し、ロペスのラストパスから駒井がダイレクトでゴールに流し込み先制しました。その後は浦和の反撃が始まりましたが、菅野の好セーブもあり、しのぎ続け、終盤にまさかの田中駿汰のミドルシュートがゴール右隅に決まり、勝利を決定づけてくれました。それにしても、「なぜそこに駿汰」と思いましたが、ビューティフルゴールでした。

今季は勝てない時期が続き、順位も昨季以上に低迷しました。それでも川崎に勝利するなど、徐々にチーム戦術が熟成してきて、ようやく最終戦でその力を示すことができたように思います。来季はどんな陣容になるか決まっていませんが、ミシャ監督の下、さらに成長してほしいと願っています。まずは苦しかったシーズンを終えた選手、スタッフにお疲れ様でしたと労いたいと思います。そして、来季は声を出して応援したいものです。

posted by papa12 |17:04 | 雑感 | コメント(0) |

2020年12月12日

惜しい試合

11位の大分に並ぶには落とせない1戦でしたが、1-1のドローに終わりました。先制を許したのを追いついたのは良かったのですが、勝ちきることはできませんでした。

失点はビルドアップの最後方で菅が相手にボールを奪われたところからでした。セーフティーにボールを運んでいればと悔やまれる失点でした。札幌としては好機を何度もつくるものの、例によってラストパスがずれたり、シュートが枠を外れるなど決めきることができず、時間が過ぎていきます。ようやく後半30分に深井の縦に鋭いスルーパスに抜け出したロペスがニアに決めてようやく同点にしました。その後も勝ち越す好機はありながら、ゴールネットを揺らすことはできませんでした。それにしても、アディショナルタイムのドドのシュートが決まっていれば…。残念でした。

いよいよコロナ禍のシーズンもあと1試合。相手は浦和です。来季につながる試合を見せてほしいものです。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |19:18 | 雑感 | コメント(0) |

2020年12月05日

力負け

上位を争うC大阪はやはり強かったですね。堅い守備を崩しきれず、1点を奪うのが精いっぱいでした。

それでも立ち上がりは攻めに攻めました。ここで先制できていれば、また違う展開になったかと思いますが、さすが前半15分間は無失点というC大阪は陣形を整えた堅守でしのぎきると徐々にペースをつかみます。得点パターンは前掛かりで守備が整っていない札幌の隙を突いて攻めきる繰り返しで3得点を奪いました。守備の弱点は分かっていながら攻撃に出るチームのもろさが出た格好です。

3点取られたら4点奪えば良いというポリシーといいますすが、残念ながら現在は得点を重ねる力が足りません。一方で守備の穴を埋めるのは攻撃的なだけに難しいと思われます。この辺は今後、どう改善していくのか。今季も残り2試合。伸びしろのあるチームと監督の采配を信じていますので、来季へ向けてぜひとも成長してほしいと願っています。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |20:13 | 雑感 | コメント(0) |

2020年11月28日

うーん、もったいない…

「もったいないなあ…」-試合終了のホイッスルを聞いて、脳裏に浮かんだのはそんな言葉でした。

前半の終了間際に福森の直接FKが決まり先制。後半早々に福森のCKからゴール前中央で宮澤がドンピシャヘッドで2-0としたときは「勝った!」と思いました。ところが、直後に一瞬の隙を突かれて1点返され、さらに4分後に同点弾をくらい、その後も好機はあったもののドローに終わりました。うーん、残念無念。

今季少なかったセットプレーから2得点を奪ったのは良かったのですが、流れの中からは相手の守備を崩しきれず、決めきれませんでした。守備でいえば、攻撃的なチームが陥りやすい形での失点をまた重ねてしまいました。強いチームに育成するには決定機に決めきれるとともに、攻守の切り替えを早くして守備の隙をつくらないようにしなければなりません。まだまだ伸びしろのあるチームだと思います。異常なシーズンとなった今季も残り3試合。来季に飛躍できるよう戦い抜いてほしいと願っています。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |20:02 | 雑感 | コメント(0) |

2020年11月21日

大勝で倍返し!

りました! 8月のアウェイ戦で1-3でやられた清水に5-1で大勝。2点差の敗戦を4点差でやり返す、文字通り倍返しでした!

ただ、内容的に圧倒していたというわけではありません。立ち上がりから動きの良い清水に対し、マンツーマンディフェンスがはまらず、攻め込まれてボールを回され最後は寄せが甘いところで失点してしまいました。しかも荒野の負傷交代し、暗雲たれ込める状況でした。そこでハンドによるPKから同点に追いつくと、うちのペースになり、珍しくコーナーキックからのミンテの初得点もあり、前半のうちに2点差にすることができました。後半の入りも良くなく、早々に清水の選手のシュートミスがもしも決まっていればまったく違う試合展開になったかもしれません。最大のピンチをしのぐと、福森の待望の直接フリーキック弾もあり、大勢を決めきることができました。

それにしても、荒野は足首を骨折したらしく、あまりにも痛すぎますね。いまやミシャサッカーの中で欠かせない選手だっただけに、1日も早い回復と復帰を心から願います。一方でウーゴヴィエイラも顔見せでき、まだどれだけやれるのか未知数ですが、期待したいですね。次節はアウェイで強敵・広島と戦います。荒野の穴をみんなで埋め、勝利をもぎ取ってほしいと願っています。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |20:19 | 雑感 | コメント(0) |

2020年11月14日

ドロー

うーん、今日の札幌はさすがにアウェイ戦から中2日とあってか、明らかに動きが鈍く、川崎戦をはじめ、ここ何試合かの健闘ぶりを見てきた目には物足りない内容でした。

体が重いのか、パスミスが多く、攻守の切り替えも遅く、元気な鳥栖に何度も好機をつくられました。何とか菅野の好セーブもあり、しのいできましたが、後半早々にゴールネットを揺らされました。すぐに1点ビハインドでジェイと白井を投入すると、チームも活性化し、ジェイの巧みなシュートで同点に追いつきました。終盤には攻勢を強め、早坂のシュートがポストをたたくなど、もう1歩で勝ち越せそうだったのですが、ここでジ・エンド。引き分けに終わりました。全体的に見れば、妥当な結果なのかもしれませんが、勝機もあっただけに、もったいないドローでした。

今日に関しては運動量のある荒野を累積警告で欠き、鳥栖とのコンディションの差は否めませんでした。これもコロナ禍なのでやむをえないのでしょう。次節は1週間後で、しかもホームですので、しっかりと調整して、勝ちきりたいものです。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |21:13 | 雑感 | コメント(0) |

2020年11月11日

惜敗

川崎への歴史的勝利を上げた勢いで臨んだ1戦でしたが、うーん、守備の堅いFC東京からは得点を奪えず、カウンター1発に沈められてしまいました。

川崎戦に続いて0トップで挑み、立ち上がりから良い流れでした。しかし、俊足・永井に高い守備ラインの裏を取られて抜け出されると、止めることができませんでした。悔しい失点です。さらにチャナティップが故障し前半途中で交代したのも誤算で、痛かったですね。それでもロペスやドド、ジェイを投入して攻勢を強め、何度か決定機もつくるも、結局、ゴールには結びつかず、F東に守り切られてしまいました。残念です。

中2日ですぐホーム・鳥栖戦を迎えます。すぐに切り替えて戦わなくてはなりません。自分たちのサッカーを信じて戦い抜いてほしいと願っています。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |21:47 | 雑感 | コメント(0) |

2020年11月03日

歴史的大勝利!

やったーーーーー!!!!!! ついに、ついに川崎に勝ちました! Jリーグでは1999年以降、J1、J2を通じて初めて川崎に初勝利です。しかも、超攻撃的を掲げるわがチームは、12連勝中と絶好調で首位を独走する川崎を2-0で下して攻め勝ち、歴史的な大勝利を果たしました!

立ち上がりから攻めて、攻めて、攻めていました。FW登録が誰もいない0トップで、マンツーマン気味のディフェンスで攻撃的な川崎に真っ向勝負を挑みました。8月のホーム戦では、この真っ向勝負が裏目に出て、1-6と完膚なきまでにたたきのめされました。しかし、あの時とは別なチームに成長していました。王者・川崎にやりたいことを完全に封じ込め、前半は0-0と抑え込んでいました。ただし、こちらもゴールを奪えずじまいでした。川崎だったら、すでに何点か取っていただろうと思いました。

問題は中2日で、果たして後半まで持つだろうかと心配していたところ、61分にロペスとドドを投入、これが当たります。高い位置で駒井がボールを奪うと、すぐに前線のロペスに送り、ロペスがGKとの1対1を制して待望のゴール! 2点目も中盤で相手ボールを奪取、ロペスからドド、そしてゴール前の絶妙なラストパスを荒野が押し込み、大きな、大きな追加点。川崎は中村憲剛らを投入して巻き返しを図り、終盤には怒濤の攻撃を展開。それを菅野のスーパーセーブもあり、何とか無失点でしのぎきりました!

コンサドーレの前身の東芝は川崎市のチームでした。川崎とはお互いにJFLだった1996年と97年に対戦し、バルデスらの大逆転勝ちもありました。しかしながら、Jリーグの舞台では相手にされない歴史が続き、その後は大きな差をつけられていました。われらがコンサドーレがようやくここまで来たと感慨深いものがあります。昨年のルヴァンカップ決勝の借りをやっと返せたかと思うと、目頭が熱くなりました。

欲を言えば、ショートカウンター2発の得点ですが、遅攻では川崎の守備が堅く点を奪えませんでした。ここはさらに改善していかなくてはならない課題だと思います。とはいえ、今日は手放しに勝利を祝いたいと思います。まだまだコロナ禍の苦しいシーズンが続きますが、来季以降に向けてさらに前進できるよう、今日の勝利を無駄にしないように最後まで戦い抜いてほしいと願っています。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |16:42 | 雑感 | コメント(0) |

2020年10月31日

惜敗

9試合負けなしで2位につけるG大阪はさすがに守備が堅く、強かったですね。そんな強敵を相手に、前節初ゴールのあのドドが2試合連続の得点で先制点を奪ってみせました。残念ながら間もなく同点に追いつかれ、後半にFKから決勝点をもぎ取られ、無念の逆転負けを喫しました。それでも、正直に言えば、菅のコロナ陽性もあり、G大阪戦は十分に戦えるのか、不安でしたが、そんな逆境に負けずに戦った選手たちを誇りに思います。

惜しいシーンが何度もありました。ゴールかと思った場面も2度ありました。有効なサイドチェンジを交えながら、サイド攻撃を中心に数多くの好機を演出しました。残念なことに、ラストパスの精度だたり、フィニッシュのところで何かが足らず、2点目を挙げることができませんでした。負けたとはいえ、そんなに悲観する内容ではなかったと思われますが、得点しなければ勝利をつかめないのですから、課題ははっきりしています。まあ、このためにウーゴヴィエイラを獲得したのでしょうが。

中2日ですぐにアウェイ・川崎戦がやってきます。J1で1度も勝ったことがない相手が12連勝中と絶好調ですから、圧倒的に不利ですが、何が起こるか、わからないのがサッカー。昨年のルヴァンカップ決勝の借りもあります。失うものは何もないのですから力の限り、挑んでほしいと願っています。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |21:38 | 雑感 | コメント(0) |

2020年10月24日

完勝!

横浜FCを3-0で下し、今季2度目の連勝を果たしました。ホームに限ると、3連勝。ミシャ監督のJリーグ200勝を達成しました!

先制したのが大きかったですね。ジェイのスルーパスで中央を抜け出したロペスが巧みなシュートをゴールに突き刺しました。守備も集中力を欠かさず、横浜FCの攻撃をほとんど抑え込みました。もちろん危ないシーンがまったくなかったわけではありませんが、何とかしのぎきりました。そうした中で後半、カウンターから2点を追加し、勝負を決めました。献身的に走り回りながら無得点だったドドにも初ゴールが生まれたのがうれしい限りです。欲を言えば、もっと早く追加点を奪えれば、メンタル上も優位に進められると思いました。

一時、安い失点から敗戦が続きましたが、ここに来てようやく守備も上向いてきたのでしょうか。守備が良ければ攻撃も勢いづきます。次節からG大阪、川崎、FC東京と難敵ぞろいのアウェイ3連戦を迎えます。自信を取り戻した戦術で上位チームに立ち向かってほしいと思います。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |20:14 | 雑感 | コメント(0) |