スポンサーリンク

2021年04月20日

完敗でした…

ルヴァンカップグループステージの鹿島戦は0-3と完敗でした。互いに控え組主体の対戦でしたが、立ち上がりからアグレッシブに戦った鹿島の勢いに押されてしまった敗戦です。

鹿島は監督が交代し、主力の座を狙う控え選手たちのハングリーさが出ていました。それに対し、コンサドーレはけがから復帰したばかりの荒野やジェイ、ドドらが先発したものの、受けに回ってしまった印象です。それでも前半に小野を起点にジェイのワンタッチパスで良い流れでフリーに抜け出した青木のシュートがポストに嫌われる決定機がありました。タラレバを言えばきりがありませんが、その後にバックパスの処理を誤ったGK大谷のミスから失点をしてしまい、完全に明暗を分ける結果となりました。また後半にもドドがゴール前でボールをフリーで受けながらトラップに手間取り、ボールを押し込めずじまい。こうした数少ない好機を生かせず、攻撃的なチームのはずなのに無得点に終わってしまったのは痛いところです。誰がゴールを決めるのか、決定力不足は深刻です。

ただ、ルヴァンは2位以内で次のステージに進めるので、まだ悲観する必要はありません。ケガ明けや控え組の選手たちが試合感をつかむ格好の舞台だったと割り切り、J1リーグ戦に向けてしっかりと調整していってほしいと願っています。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |21:05 | 雑感 | コメント(0) |

2021年04月16日

逆転負け

先制しながら終盤に失点を重ね、逆転負け。クラブ創設25周年記念試合をうたってイベントを仕掛けながら、残念ながら敗戦となりました。

今日も何度も攻め込みながらシュートらしいシュートをなかなか打てないもどかしい展開。それでもCKからもぎ取ったのですが、後半途中からは足が止まり、セカンドボールを拾えず、完全に走り負けした格好。相手の1、2点目のクロスの精度の高さも見習わなければなりませんね。フリーで上げさせてはダメです。

個人的に悔やまれるのはチャナティップが裏を取りGKと1対1となりながら、ロペスにパスしてしまったシーン。あそこは自分で勝負してほしかったと思います。

次はルヴァンカップを挟んで、4月24日に厚別で仙台と対戦します。残留争いを考えると絶対に負けられない1戦です。死に物狂いで勝利を勝ち取らなくてはなりません。選手の奮闘を期待します。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |22:31 | 雑感 | コメント(0) |

2021年04月11日

勝ちきる力がほしい

鹿島に2点ビハインドから追いついたのは良かったのですが、欲を言えば勝ちきりたかったというのが本音です。

立ち上がりはいつも通り攻め込み、入りが悪かったわけではないものの、前半中盤までに2失点。うーん、個々の力があり、抜け目のない鹿島はさすがです。今日はどうなることかと心配となりました。それでも、田中駿汰のゴールで1点差とし、後半に折り返しました。後半に入ると、選手交代も相まってさらに攻勢を強め、金子がペナルティーエリア内で倒され、PK職人ロペスがきっちり決めて同点。さらに勝ち越そうと攻め立てるも決勝点は奪えず、ドローに終わりました。

攻めた回数、決定機の回数では上回っていたと思いますが、シュートがなかなか枠に飛ばず、好機を生かし切れませんでした。ジェイも戻ってきたので、ぜひこの点を修正してほしいものです。鹿島もカウンターから狙っていましたが、菅野のビッグセーブ2本で救われました。

かつては鹿島というだけでチームもサポーターも名前負けしていましたが、近年は十分に戦えると自信を持って臨めるようになったと思います。今日も勝ちきるチャンスはあったので、残念です。

次節はクラブ創設25周年記念試合。横浜Mは強敵ですが、何とか勝利で飾りたいものです。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |19:29 | 雑感 | コメント(0) |

2021年04月07日

痛い敗戦

FC東京はやはり堅守でした。この日も立ち上がりからボールを回し、いつものように攻め立てるも決め手を欠き、結局先制できず。相手の1発レッドで数的優位となるも、それを生かせず、逆にミンテも1発レッドで同数となり、そのセットプレーから失点したうえに、さらにPKでも失点。終盤の猛攻で1点を返すのが精一杯でした。

一番痛かったのは小柏のけが。相手のレッドを呼び込んだスピードスターが芝に滑って肩を脱臼したらしい。けがから復帰して間もないだけに残念です。小柏のけががチーム戦術にも大きく影響し、それが一番痛かったように思います。早く戻ってきてほしいと願うばかりです。

まだけが人が癒えていないなか、すぐに中3日でホーム・鹿島戦を迎えます。すぐに切り替えて、強豪を相手に立ち向かってほしいと願っています。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |21:58 | 雑感 | コメント(0) |

2021年04月03日

競り勝った!

昇格組の福岡を相手に2-1でなんとか勝ちきりました。うちが狙った試合展開ではなかったかもしれませんが、最小得点差で逃げ切ったことは今後の躍進に向けて大きい勝利だったのではないでしょうか。

前半、先制点は決してヘディングがうまいとは言えないロペスがヘッドで決めましたが、狙ったというよりラッキーゴールに見えました。後半、相手コーナーからよりによって奈良に恩返し弾を決められてしまいましたが、すぐに福森が斜め対角線に見事なコントロールショットを決めて、再び勝ち越しました。その後は暑さもあってか、足が止まり、福岡の猛攻にさらされるものの、神戸戦の悪夢の反省からしっかり守り切り、接戦をものにしました。正直に言えば、どちらに転んでもおかしくない展開で、最後までハラハラドキドキでした。アディショナルタイムには双方にポストを叩くシュートがあるなど、手に汗を握る試合でしたね。

これだけ札幌との気温差があると、オールコートマンツーマンという戦術を貫くのはかなり難しいとも感じました。今後迎える暑い夏をどう乗り切るのか。ミシャ監督の采配に期待します。なにはともあれ、チームにとっては勝ったのが一番です。今後の上位浮上へ一つ一つ積み重ねていきたいものです。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |16:55 | 雑感 | コメント(0) |

2021年03月27日

3-0は危険なスコア

ルヴァンカップの鳥栖戦は5-1で大勝しました。前半の早い段階でラッキーなオウンゴールも2発あり、3点を奪って、本来なら楽勝ムードがただよう展開でした。ところが、リーグ戦の神戸戦のトラウマから「3-0は危険なスコア」という不安が頭をよぎり、なかなか安心できません。後半になってロペスが4点目を決めて、ようやくその呪縛から解放された気がしました。とにかく勝って良かった!

とはいえ、リーグ戦6試合で無失点負けなしの鳥栖は控え組主体のチーム。こちらはほぼ主力組で、この1戦にかける意味合いも異なったようです。これで勝てなければチーム力が問われるところでした。まあ、イージーと思われるシュートミスもあり、本当ならあと2、3点を取ってもおかしくなかったのでしょうが。

この勝利により、神戸戦の悪夢を払拭し、リーグ戦次節の福岡戦に挑みたいところです。まだけが人が多いようですが、早く復帰してもらい、チーム全体の成長を期待します。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |16:16 | 雑感 | コメント(0) |

2021年03月20日

やってはいけない試合

ホーム・神戸戦は3-0からの大逆転負け。これまで幾多の暗黒時代を体験してきた古参サポとしてもさすがに心が折れそうになる敗戦でした。サポーターがそうなのですから、選手とスタッフの心境はいかばかりか。中断期間にぜひ体調もメンタルも立て直してほしいものです。

今日もいつものように立ち上がりからフルスロットルで攻め立てるも、何度も決定機に外しまくり、いやな展開が続きました。ところが、前半終了間際にPKを2回もゲット、PK職人のロペスがいずれも決めました。さらに後半開始早々にはロペスのハットトリックでリードを3点に広げ、正直に言えば、私は今日は楽勝だと思ってしまいました。

1失点目は山口のシュートをほめるしかありませんが、痛かったのがGKへのバックパスが俊足・古橋にかっさわられた2失点目。これで流れががらりと一変。前半に飛ばしすぎた札幌は完全に足が止まり、守備がはまらず、セカンドボールも拾えず、完全に神戸ペースに。結局、PKで同点、さらに逆転弾まで許し、万事休す。

思い起こしたのは昨季の第16節のホーム・浦和戦。前半早々に2点先行されるも前半のうちに追いつき、後半中盤に勝ち越しながら、終了間際に2点奪われ、敗れた1戦です。勝ち越したからといって、ミシャサッカーは守りに入るチームではありませんが、この浦和戦も今日の試合もここぞという勝負どころでの勝負弱さを感じました。それは選手のマインドなのか、監督の采配なのか、わかりませんが、ここを鍛えてほしいものです。

いずれにしろ、日本代表戦などのため、次の試合は27日のルヴァンカップ・鳥栖戦となります。それまでに準備を整え、新たな気持ちで立ち向かって行ってほしいと願っています。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |19:16 | 雑感 | コメント(0) |

2021年03月17日

1点が遠かった

アウェイで浦和に対し、圧倒的に攻め込み続けるも無得点。相手が中2日と考えると、勝ち点3を獲得しなければならない1戦でした。残念無念です。

攻め込んだ回数では浦和の何倍多かったでしょうか。しかし、金子のポストをたたいたシュートなど惜しいシーンは何度もありましたが、最後に決めきる人がいませんでした。決定力不足というのは永遠のテーマでしょうが、何とかしてほしいところです。

とりわけ気になったのはコーナーキック。福森という名キッカーがいて、10本も蹴ったのに無得点というのはもったいないのではないでしょうか。ショートコーナーを使ったり、ニアと思ったらファーに合わせるなど、うまく使い分けて得点を重ねてほしいものです。

いずれにしろ、中2日でホーム・神戸戦がやってきます。過密日程は相手も一緒です。けが人が多いのは誤算ですが、チームの総力を挙げて戦い抜いてほしいと願っています。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |20:35 | 雑感 | コメント(0) |

2021年03月10日

もったいない試合

立ち上がりの2失点がすべてでした。やや苦手感がある広島に序盤に2点もリードを許しては苦しい試合となります。

失点の仕方も良くなかったですね。1点目のCKは柴崎をどフリーにしてしまう失策。本来、誰がマークにつくはずだったのでしょうか。さらに2点目もゴールを決める柏をフリーにしてしまいました。相手がドリブルで持ち込み、下がらざるを得なかったのでやむを得ない面もあったのでしょうが、柏に詰めていれば決められることはなかったかもしれません。

前半終盤からは圧倒的に攻め立てました。シュート数でも圧倒しました。いかんせん、シュートの精度を欠き、特にゴールの上に外れるものが多かったですね。もっと枠内を狙ってほしいものです。枠内に打てば何かが起こるかもしれません。今季も決定力が課題でしょうか。

心配なのは試合前にけがをしたチャナティップ。名古屋戦後に小柏、駒井、ドドらが別メニュー調整を余儀なくされたそうで、シーズン序盤にけが人続出です。決して選手層が厚くないので、不安が募ります。幸か不幸か、次節のG大阪戦が中止となりましたので、1週間後のアウェイ浦和戦に向けて陣容を整えてほしいものです。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |21:45 | 雑感 | コメント(0) |

2021年03月06日

堅守崩せず

名古屋が誇る堅守を崩せず、残念ながら0-1で敗れました。名古屋が盾とすると、札幌は矛。いつも通り札幌はボールを回し、攻め立てたものの、守りを崩しきれず、無得点に終わったのが敗因です。

内容的はほぼ互角の戦いができたように思います。それなりに好機もつくったのですが、相手ゴール前の牙城を打ち破ることができませんでした。せっかくCKやFKも多かったのに、生かすことができずじまい。キッカーに福森がいるのだからセットプレーをもっと生かしたいですね。

堅守の相手にどう打ち勝つのか。昨季も遅攻ではなかなか得点できなかったのですが、そうした中での決定力なり、得点力が今季も課題のようです。コロナ禍の過密日程で次節はすぐにやってきます。次も守備が堅い広島。修正する時間はあまりないですが、勝利を目指して奮闘してほしいと願っています。頑張れ!コンサドーレ!!

posted by papa12 |20:00 | 雑感 | コメント(0) |