スポンサーリンク

2016年10月31日

上原スタメンへの疑問。

>久しぶりに戦術厨の妄想全開でお届けします…

 アウェイ熊本戦は0-2の負け。
 まあ、相性とかじゃなくて何となくそうなるだろうなという予感はあった。

 スタメンで上原を起用してのっけから3トップにしてきたのを知って
 パワープレーでゴリ押ししたヴェルディ戦の後半とイメージがカブったからである。

 ヴェルディ戦。四方田監督はまず中原を下げて上原を入れ、前寛を下げて神田を入れるという選手交代を行ったが、これが結果的に失敗だったと思っている。上原はFWで使うなら明らかに最前線の選手なので前線に3人並ぶから攻撃の手段としてはDFラインからサイドに出してクロスを上げて都倉に…という実質的に中盤皆無の状態を招いてしまった。前線に3枚並んでしまっている上に3人とも自分で行きたがるのでスペースが空かない。これでは神田を入れたところで変化や効果がほとんど見込めない。

 それだけでなく、「(クロスを上げられても)都倉にさえ自由にやらせなければいい」という
 ぶっちゃけ「(待ち構えて)弾き返せば大丈夫!」という楽な守備をさせてしまった。
 実際、ゴールになったのは人数かけた壁の外側からだったし…。

 上原の長所は高さがあること、速さがあること。ただし、上原の速さが活きるのは町田戦@ドームのように長い距離を走らせる時。ヨーイドンとかで“千切らせる”時はいいけど、一瞬の抜け出しで…っていうタイプではない。加速勝負の強みであってquickの速さじゃないんだよなあ。むしろそっちは内村の得意分野のはず。

 熊本戦での3人がどういう並び、どういう役割分担だったかは録画を観ないとわからないけど、出たり入ったりする気の利いた動きができるとかPA内で切り返すとか小回りの利くプレーをするイメージが湧かない。それができるんだったら上原は既にスタメン起用されていたはず。いずれにしても、この3トップなら宮澤が攻撃参加して相手DFの注意を引きつけるとかしないとほぼ詰みじゃねーの?と妄想する次第で。何て言うのかな、3トップだけでは変化をつけられそうな感じがしないというか…。

 まあ、ヴェルディ戦の場合は2点のビハインドがあったので力押しにならざるを得なかったってのはあるかもしれんけど、あまりにも単純というか守備側にとっては選択肢の少ない、守りやすい攻撃に終始したイメージがある。

 この戦術厨の妄想、一体どこまで当たっているのやら。
 当たっていればいるほど今年のワーストゲームということになるが、さて…。

posted by フラッ太 |01:05 | 試合後の印象 | コメント(0) |

2016年10月29日

熊本戦の展望。

赤:はいどうもー、赤黒スズメでーす。
黒:いよいよラスト5試合になったな!
赤:…今回は「ダメだお前たちは!」はナシですか?
黒:何を言うておるか。
  ヴェルディ戦の後のあのゴール裏を見て奮い立たないサポがどこにいるというのかっ!
赤:(…ったく、調子いいんだから。)
  ホーム無敗が途切れた後の試合はアウェイでの熊本戦です。
  相性も悪いし、イヤなタイミングですねぇ。
黒:今さら相性とか言ったところで始まらん。1戦1戦を集中して勝つのみだ。
赤:それはわかっていますけど、ここにきて都倉の調子が落ちているのが気になります。
黒:都倉のヘッドで~♪決めちまえ~♪
赤:歌、間違ってますよ…。
黒:あ、そうか。都倉のヘッドが~♪決まらない~♪
赤:そういう意味じゃないですよ!
  コンディションが落ちているなら休ませてほしいんですけどねぇ。
黒:そんな勇気が…つーか、そんな余裕ないだろ。今、一番換えが効かないのが都倉だ。
赤:対戦相手もゴリ押しで何とかしちゃう都倉がいるのは脅威でしょうしねぇ。
黒:福森が有給リーチ、都倉も累積6枚だからあと2枚で2試合のお休みだ。
  行けるところまで行ってもらうしかないな。
赤:シュート自体は撃てているんですけどねぇ。
黒:つっても、枠に入らないヘタな鉄砲じゃ困るんだけどな。
赤:先に言っておきますけど「特訓(とっくん)あるのみ!」ってのはダメですからね?
黒:…お前、意地悪だなぁ。
赤:「ダメだお前たちは!」でいいだけ押し切ってきたんですから、少しは苦労してください。
黒:苦労?
赤:まさかとは思いますが、自分が黒いからって…
黒:永坂がやっと出られそうだな!苦労したなあ、おい。
赤:(…まあ、いいか。)ようやっと日の目を見られそうですね。
黒:ヴェルディ戦でスタメン起用してもいいくらいだったけどな。
  菊地が入ったとはいえ、負担がかかりっぱなしのDFラインにやっと新戦力が加われる。
赤:菊地に代わって出るからにはビルドアップもできるんだってのを見せて欲しいですね。
黒:お、いいところを見ているな。櫛引じゃなくて永坂がスタメンってのはそこだと思うぞ?
  四方田コンサは守るだけのCBではダメだからな。
赤:ヴェルディ戦ではマセードがキレキレでしたが、単騎駆けになる傾向も見られました。
  守備のバランスと共に永坂との連携がどこまでできるか。
黒:WBの裏を狙われてそこを埋めるために永坂が引きずり出されるようだと
  結局DFラインの裏を突かれて…ってことになりかねん。
赤:上手くスライドするなり受け渡しして穴は塞ぎたいですね。
黒:スペースをどうやってカバーするか、攻撃でどうやって穴を空けるか?
  複数失点が続いている守備組織が再生できるかがまずは大事だな。
赤:コンアシ予想では失点に絡んだ前寛もスタメンですが、それはいいんですか?
黒:四方田監督としてはひとまず合格点なんじゃないか?
  ワンミスが命取りになるってのは実際に痛い目を見ないとわからない。
  上里がケガだからってのはあまり関係ないと思う。守備で体張れるしな。
赤:ヴェルディ戦では上原を入れた“高さでアタック”作戦は失敗に終わりました。
黒:マセードがクロス上げまくりだったからかもしれんが、もうちょっと工夫して欲しいな。
  都倉が“点”で決めきれない現状では
  上手く間に顔を出せる宮澤がどこまでサポートできるかが得点のカギだと思う。
赤:パワープレーは普段やってませんしね。
黒:ここまできたらこちらが奇策を打つ意味はあまりない。
  失点シーンも含めて今までの積み重ねがそのまま結果に出るもんだよ。
赤:ちょっと足踏みかなって感じもあるので熊本戦に勝って落ち着きたいですね。
黒:オチはないけど落ちつきたいな。
  ハロウィンも近いからハロ~ウィ~ン(hello,win!)~♪ってことで。
赤:Winkかっ!中途半端に締めて今回は終了でーす。


 …取って付けたオチでスマン(汗)。
 心身共にボロボロで、キッチリと起承転結まで作る余裕はなかったので
 とりとめもなくだらだらと書いてみた。たまにはこんなのもいいでしょ。

posted by フラッ太 |15:00 | スチャラカプレビュー | コメント(2) |

2016年10月22日

負けは負けだ。

>参戦しなくて良かったと皮肉ってもしゃあないけどさ…

 18000人も入った。
 攻める姿勢は見せた。福森のFKは美しかった。何度もゴールを脅かした。

 でも、負けは負けだ。

 正直、ホームとはいえ、ここまでコンサの方がボールを持てるとは思わなかった。
 だが、試合はゴールを決めてナンボである。してやられたなあという感じ。
 あそこまでヴェルディが引いてくるとは思わなかったよ。
 コンサがやってる守備をパクったかのような5バックでスペースを消す守備。
 あれだけ人数をかけられると都倉に当ててもそうそう勝てない。

 だが、それを差し引いても都倉のブレーキっぷりがかなり心配。
 愛媛戦も今日の試合もシュートをポストに当ててたし。でも、換えが効かないしなあ…。

 2点目が重かった。ただ、入れ替わられた菊地よりもその前の前寛を咎めたい。
 何でもない場面でのトラップミスでボールロスト。あれはいただけない。
 宮澤も前寛も出来は悪くなかっただけに悔やまれる。
 PAにも顔を出し、捌きもカバーリングもこなしていた宮澤の働きっぷりが報われないのは悲しいなあ…。

 1つのミスが命取り。

 地上波で観ていたんで試合後のドームの雰囲気はわからないけど、
 わずかな映像の中では罵声を浴びせていた感じではなかったように思う。
 その点は救いかな。完封負けならブーイングの嵐だったかもしれないけど…。

 何にもできなかったワケじゃない。むしろ、やれることはやったと思える試合だった。
 永坂出すならもっと早く!とか思わないでもないけど、永坂も試合に入れていた。
 本来であれば神田は出し手ではなく受け手で、もっと前のエリアで使いたかったはず。
 強引なパワープレーにも出たあたり苦しさはいつも以上にあったのかもしれない。

 それでも、勝つために全力を出した。ゴメスも前寛もあれだけできるのに…。
 でも、やっぱり負けは負けだ。
 屈辱の“ダブル”。悔しい。惜しかったのではなく、ただただ悔しい。

posted by フラッ太@祝杯はお預け。 |16:35 | 試合後の印象 | コメント(4) |

2016年10月22日

前半終わって。

 あれだけセカンドボール拾えていて、攻撃の形も作れていて、でも、失点してしまう。
 失点したあの場面だけじゃないかな。ソンユンなら防いでくれると思ったが…。
 決めた選手を褒めるしかないかな。

 都倉が厳しいマークにあってゴールが割れない。もう1つ上回れるモノを出せるか?
 中原は守備で献身的な動きはできているが、うーむ…。神田と交代か?

 サイドに出せてはいる。そこからもう一歩工夫が要るのかな。
 頼むぞ!

posted by フラッ太 |15:00 | 試合後の印象 | コメント(0) |

2016年10月22日

東京V戦の展望。

>ソンユンの移籍金1億円って安すぎねーか?

赤:はいどうもー、赤黒スズメでーす。内村の2ケタゴールまで長かったですねぇ。
黒:ダメだ、お前たちは!
赤:…勘弁してくださいよ。今日は時間がないんですから。
黒:残り6試合、いよいよ最後の直線に入ってのラストスパートだな。
赤:アウェイでは引き分け続きですが、ホームではキッチリ勝っています。
黒:愛媛戦は向こうの気迫に押された感じだったが、今度はこっちのホームだ。
  今日はアウェイ開幕の雪辱含めてmust winの試合だな。
赤:ホーム無敗の記録更新もかかっているんですよね。
黒:記録のために試合するワケじゃないけどな。だが、気がつけばホームゲームは10連勝中だ。
赤:ただ、対戦相手がヴェルディってのが厄介ですねぇ。
  愛媛戦では表原にドリブルと小回りの良さでいいように切り裂かれたし
  ヴェルディにはパスワークで崩してくる上にテクニックのある選手も多いですから。
黒:みどりが怖いって、峰竜太か!
赤:…どうしても小ネタ入れないと気が済まないんですね。
  ナナメに入る動きとかも上手いし、巡り合わせとしてはちょっとイヤな感じです。
黒:他のチームに先駆けて試合する以上は、そんなこと言ってられない。大体、
  地上戦が怖くてJ1で戦えるかっ!
赤:J1にもドリブラーはゴロゴロいますからねぇ。
  DFラインの脇や裏を狙ってくるでしょうから、その前にどこまで潰せるか。
黒:菊地に凡ミスが目立ったが、ボランチとの連携も問われる。
  前寛の守備がもう1段レベルアップできるかもカギだな。
赤:狭いエリアでの激しいボールの奪い合いってところでしょうか。
黒:基本そうなるだろうが、アップテンポでフルタイム通すのは無理がある。
  高いテンションを維持しつつ上手く“抜ける”方が勝利に近づくだろう。
赤:全チームから勝利する完全勝利こそ逃しましたけど、ここは何としても勝利が欲しいです。
黒:ホームでやる以上はまず勝つこと。あくまで目の前の試合に勝つこと。
  粘り強く地上戦を制して富良野ヴィンテージで祝杯だ!
赤:サポーターの声援と合わせて勝利を目指しましょう!


 今回はオチなしでマジメにやってみた。そろそろ都倉には1本決めてもらわないと困るぞ。
 内村プロデュースネタみたいなのは作れんからな(←結局ネタかい!)。

posted by フラッ太 |11:25 | スチャラカプレビュー | コメント(2) |

2016年10月17日

失ったモノの大きさは?

>何だよ、やっと内村プロデュースネタから解放されたと思ったのに!

 アウェイ愛媛戦は2-2のスコアレスドロー。

 ぶっちゃけ、1-1ならまだしも2-2でのドローは「まさか!」の結果と言っていい。サポーターズブログに並ぶタイトルで2度のリードを追いつかれたこともわかったから尚更ショックはデカい。これまでの愛媛の総得点33失点33、すなわち守備は堅いけど1試合当たり1点取れない愛媛相手にこっちが2点取って勝てないというのは…。これも死国の呪い、愛媛との相性の悪さなのか…。

 まあ、数字通り行くなら苦労はないし、そう思い通りにならないのが昇格争いの難しさというのはわかっているつもり。ただ、今までだったら2度リードしていればたとえその後がグダグダだったとしても逃げ切っていた、逃げ切れていたはず。そう考えるとちょっとダメージが大きいドローだなというのが率直な感想。
 愛媛にしてみればプレーオフ戦線から脱落しかかっている状況なわけで、コンサにしてみれば今までは相手がある意味諦めてくれていたのが愛媛はそうではなかった。そこいらあたりに何かしらの隙、ズレが生じた可能性はあるのかな。誰が、何が、どこが悪かった、良くなかったというのは録画を観ないと何とも言えないけどね。

 このドローによって全チームから勝利するという“完全勝利”も不可能になってしまった。これは間違って降格したガンバでさえもできなかったこと。次節はホームで東京V戦。アウェイの雪辱というのも当然あるが、東京Vは決して相性の良くない相手なので順位に関係なく楽な戦いになど決してならないと認識すべき。「札幌にも付け入る隙はあるんだ!」とこれから対戦する相手を勇気づけてしまう失態と言っていい愛媛戦のドロー。失った勝ち点2をホームで取り戻すこともそうだが、この結果を良い薬にしてほしいし、そうでなければ困る。

 勝負事に絶対はない。

 昇格への重圧、プレッシャーというのは四方田コンサに関しては無縁だと思っているし、この試合にそうしたモノがあったとも思わない。仮にあったとすれば負けまであったはず。ホームで2度もやらかしたセレッソと違って負けていないんだから最悪の事態を免れたんだし、そこはポジティブにとらえたいけど、何かしらの“異変”があったとみなければならない。もう一度、チームもそうだがサポーターもフンドシ締め直して1戦必勝で臨むってことに立ち返る時。目標は高く持ちつつも、そのためには1歩1歩を着実に踏みしめる。そう考えてこのドローを受け入れることにする。“気づき”の機会があっただけコンサはまだ救いがあるよ。

 にしても、サンキュー岡山再びとはなあ。えなり河原が出てこなかっただけマシか…。
 内村プロデュースネタ書いてた時って勝率が良くない気がするので、当分ネタは自粛する。
 参戦できない以上、できる願掛けは全てするのだっ。

posted by フラッ太 |01:35 | 試合後の印象 | コメント(2) |

2016年10月16日

愛媛戦の展望。

赤:はいどうもー、赤k…
黒:ダメおま!
  はい問題。水戸戦で1点しか取れなかった理由は?
赤:松本が岡山と引き分けたから。
黒:サンキュー岡山、サンキューな!
赤:代表がアウェイのオーストラリア戦で引き分けたから。
黒:選手交代が遅すぎだ!
赤:最終戦の日にファイターズがパレードやることにしたから。
黒:正解っ!
赤:いくらこのネタに飽きたからって前フリが雑すぎますよ…。
黒:イヤがらせかっ!
赤:気持ちはわかりますけど、gekiteiさんみたいに大人になりましょうよ。
黒:井戸掘ったんはコンサやで…って、掘ったイモいじくるな?
赤:何言ってるかさっぱりわかりません。
黒:愛媛は策士木山監督が率いている。
  負けない戦いに引きずりこまれないようにってのがまず第一だな。
赤:総得点が少ないとはいっても前線にはタレントもいますしね。
黒:えなりもいるしな。
赤:えなり言うな。河原でしょ。
黒:河原がえなりというのはJ2リーグの基礎知識だな。
赤:そろそろJ2リーグも卒業したいですが。
黒:アウェイだが、コンサが攻勢に出る中でどうやってリスク管理をするか?
赤:3バック同士の戦いですが、DFラインを動かされつつありますからね。
黒:では、愛媛戦のポイントは?
赤:撃てば入る内m…
黒:10ポインツっ!
赤:これくらい言わせてくださいよ!
黒:そんなこと言ったってしょうがないじゃないか。
赤:えなりのマネか!いいかげんにしろ!


 …古巣相手に今度こそ決めてください。

posted by フラッ太 |09:30 | スチャラカプレビュー | コメント(3) |

2016年10月10日

サッカーの憂鬱 ~裏方イレブン~を読む。

>マネーフットボールの最終話読み損ねた…

 さて、今回はちょっと自分の中で箸休め的に。

 コンビニで2冊まとめ買いしたのがこのマンガ。最近ではマネーフットボールで知られている能田達規氏が書いている。1巻では通訳、実況アナウンサー、クラブ広報、審判、チームドクター、ホペイロ、第3GK、クラブ社長、ターフキーパー、スポーツカメラマン、ユースコーチが紹介されている。

 実況アナウンサーの話では「いたな、そんな船越w」とか思い出したり、クラブ社長の話ではノノ社長がいることがどんなにありがたいかとか、コンサと照らし合わせながら読んだんだけど、選手以外に試合の流れを読むのが上手なのは審判は当然としても、カメラマンがそうだってのは言われてみればその通りだよな、と。
 サッカーではないんだけど、スポーツカメラマンではタック牧田氏が言ってみればレジェンドで、この人を知らないのは業界じゃモグリだってくらいにすごい人。名前思い出せなかったので「アメフト カメラマン 日本人」でググッた。この方はたまに“情熱系”だったりするんだけど、いずれにしても試合の流れを読んでベストポジションをいち早く抑えてシャッターチャンスを逃さないという点においてはプロの仕事をしているのだと思わされる。

 通訳に関しては「そんなことまで?」というフォローもしたりして、単に言葉を訳すだけが通訳の仕事ではないようで。このあたりは加部究氏のサッカー通訳戦記でけっこうディープな話が書かれている。まだ半分しか読んでないけど(汗)。1人目が間瀬秀一ってシブすぎるわ…。2巻では代表料理人やフィジカルコーチなども紹介されていて、加部さんの本買うほどじゃないけどサッカーの裏側をちょっと覗きたいって向きにはピッタリかと。いや、加部さんの本も面白いのよ?

posted by フラッ太 |10:35 | 書籍紹介 | コメント(4) |

2016年10月09日

物足りない、が…。

>もうネタは作れません…。赤い方がやさぐれ始めてるし。

 ホーム水戸戦はウノゼロ勝ち。地上波でオンタイム視聴。

 確かに追加点は取れる試合だったし、何て事ない場面でパスミス、トラップミスで自滅した水戸に助けられたって要素はあるにせよ、おおむねポジティブに考えられる試合だったように思う。点が取れなかったことよりもあわや失点しそうになったことをネガティブに捉えるべきかな、と。今日の水戸の出来ならさっさと追加点取っていれば余裕だった。

 複数得点できなかったって意味では物足りないんだけど、今日はゴメスの出来が良かったのが好材料。攻守に奮闘してMOM級の活躍。謙伍がヘッドで勝てるのは気づいていたけど、ゴメスも案外ヘッドで頑張れるのね。ドンピシャヘッドでも枠外すのが謙伍の持ち味だけど。前寛も地味な仕事を頑張っていた。上里を上回ることができるかな?地上波では攻撃は宮澤に好きにやってもらうということを言っていたみたいなので、アシストこそついたが宮澤にはもう1段階高いレベルで安定したプレーを見せて欲しい。

 ヘイスみたいに頑張らない選手がいる一方で(それは必ずしも悪い意味ではなくて、頑張らない方がチームとして機能するということ)、ゴメスのように頑張れる選手がいることはチームにとってとても重要。“頑張る系”では謙伍もそこそこ良かったと思うが、謙伍は精度をもっと上げないとレギュラーの座は安泰とは言えない。でも、普段は上原と同ポジションでの交代だったことを考えると一定の評価はされてしかるべきかと思う。

 バーを叩いた内田のシュートは「ひいぃぃっ!」と声が出たぞ。J1レベルなら確実に仕留められているので要修正。前半は水戸をシュート0に抑えたことからして久しぶりに守備でペースを握れたのかな。ヘイスの状態がかなり良くなってきたことに加えて、同じことが他のチームに対してもできるかがラストスパートのカギとみる。

 …最近太ったので、クラシックは自粛する。

posted by フラッ太 |00:25 | 試合後の印象 | コメント(3) |

2016年10月07日

水戸戦の展望。

>セレサポの嘆き節が聞こえる…

赤:はいどうもー、赤…
黒:ダメだお前たちは!
赤:…いい加減やめませんか、それ?
黒:はい問題。北九州戦でドローに終わった原因は?
赤:ジュリーニョのシュートがポストに嫌われたから。
黒;普段は味方なのにな!
赤:謙伍が年1のオーバーヘッド撃ったから。
黒・最近は年1プレイが多いな!
赤:セレッソが試合終了間際に逆転負けしたから。
黒:正解っ!
赤:山口蛍が代表で殊勲のゴールを決めただけに尚更やるせないでしょうねぇ。
黒:すごいシュートだろ。J2なんだぜ?山口蛍。
赤:どうしてセレッソでは活躍できないんでしょうか?
黒:そりゃ監督がアh
赤:つ
黒:んじゃ、セレサポに訊いてみろよ!同じこと言うから。
  あんだけの戦力で、しかもカモにしていた清水にホームで逆転負けなんてありえんぞ?
赤:よそのことはいいんですよ。明日は水戸戦です。
黒:早くも今年の厚別ラストゲームだな。
赤:天気がちょっと心配ですが。
黒:天気もだが、コンサのDFラインをかなり研究されてきているから対策が必要だな。
赤:撃てば入る撃ち村さんの復活!
黒:10ポインツ!…って、はえぇっつーの。
赤:飽きちゃいましたよ、もう。
黒:8戦ゴールない…8戦ゴールない…
赤:まだ隠しネタ用意してたのか!いい加減にしろ!


 …ホント、頼みます。

posted by フラッ太 |19:15 | スチャラカプレビュー | コメント(0) |