スポンサーリンク

2008年05月31日

りょうぼ。さんの存在。~しま福の存在。の続き~

 ○たさんのブログにおじゃました時に思いついたことでもあるんですが、しま福が出せないならりょうぼ。さんプロデュースのお弁当なんて出せないかなあ、と。

 お弁当にしちゃえば販売スペースさえあればできるわけだし、厚別・ドーム関係なく売ることもできる。
 最近はコンビニでも○○プロデュースのお弁当ってのはけっこう目にする。もしもドームで5000食とか1万食とか売れればコンビニで展開ってのも夢ではない・・・なんてのは夢見すぎですか(苦笑)。
 でも、せっかくセブンイレブン様がチームスポンサーについてくれているのだから、今のうちくらいは夢見させてください。
 実績さえあれば、札幌地区限定なら考えてくれる・・・といいなあ(笑)。

 でも、りょうぼ。さんの存在はHFCや選手にとってももちろん大きな存在なのだが、サポーターにとっても大きな存在であることは間違いがないと思うんです。
 これもだいぶ前に書いたんだけど、りょうぼ。さんの仕事の量ってかなり多いような気がするんです。whiteowlさんからいただいたコメントでは(又聞きですみません)、ご自身はしま福をやりたいとのこと。
 現在、しまふく寮にどれくらいのスタッフがいるかはわかりませんが、ブースがないということ以上にマンパワーが足りないんじゃないかと単純に思ったりするわけです。
 現場監督から何やらかんやらいろんな面で忙しくって出店まで手が回らないのだとすれば、もう少し頭数を増やしてりょうぼ。さんを総監督的な立場にして負担を減らしてあげるというのも1つの方法じゃないかと思うんです。

 J1に上がったコンサとはいえ、地理的なハンデは大きいしクラブとしての売りは他チームに比べたら少ない。
 だったら、ぶっちゃけ「カネは出せんが、うまいメシならたくさんあるぞ!」ってな具合に、しまふく寮とりょうぼ。さんを前面に押し出してみるってのもアリなんじゃないかなあ、と。
 悲しいかな、今のコンサはJ1とはいっても山瀬や今野、藤ヶ谷といったように大きく育った選手は上位チームに獲られる(もしくは狙われる)のが避けられない。なら有望株の若手にしまふく寮に入ってもらって多額の移籍金を置き土産に巣立っていってね、っていうくらいの割り切り方も必要なんじゃないかと。

 ・・・どんどん話が脱線しちゃってるなあ。

 とにかく、もっとりょうぼ。さんを売る(ってのは語弊があるけど)ことを考えてもいいんじゃないかと。他のクラブでは出来ないことでしょ?でも、そうなるとますますりょうぼ。さんの仕事が増えることになるから矛盾してるかなあ。

 収拾つかなくなってきたから、とりあえずこれでおしまい、ってことで。(←言いっぱなしかよ!)

posted by フラッ太 |10:44 | 日記 | コメント(2) |

2008年05月30日

ドーレくんを売り込もう!

 最近、中日ドラゴンズのドアラが注目を浴びている。

 プロスポーツチームにキャラクターはいろいろいるが、中でもドーレくんはカッコいい。
 多くのキャラクターは可愛い目をしているが、ドーレくんは違う。

 キリッとした目。あの目ヂカラはいい!
 しかも、可愛い子ぶってコビを売ることもないし、ヘンに悪ぶってないところもいい。

 運動神経抜群でダンスもうまい。
 ただのキャラクターで終わらせるには惜しい。ぜひとも全国区の人気者にしたい!

 先日のナビ杯の函館には前乗りしてPR活動したドーレくん。
 忙しいから無理かなあ。というより、肝心のチームが勝たなきゃ始まらない話かな・・・。

posted by フラッ太 |22:53 | 日記 | コメント(0) |

2008年05月29日

「しま福」の存在。

 今年はしま福がオープンしないという噂を聞いたのですが、本当でしょうか?
 僕が厚別に行けるかもしれないというのはひとまずおいて、本当なら実に残念な話。
 しま福の評判は決して悪いものではないので、きっと「続けたくても続けられない」事情があると勝手に思ってます。

 でも、必ず復活してほしい。
 あくまで想像ですけど、しま福は儲けが出ているかといえばそう多くないのではないかと思っています。
 もし、儲からないからやめるというのであれば、僕はそれこそ大間違いだと思います。
 だって、普段の仕事をこなしつつ、しま福の準備をするというのは並大抵のことではないでしょう。仕込みだってそうだし、場所を作ってお金のやりとりをして・・・となるとかなりのハードワークになるのではという気はします。
 言葉は悪いですが「出店」である以上、大きく稼ごうとしたって限界があるはず。

 それに、しま福があることは厚別開催の価値を上げることにもなります。僕は参戦したことがないので、厚別やドームでの飲み食いの事情は全くといっていいほどわかりません。
 でも、しま福の存在そのものが厚別での試合を見に行く大きな魅力の1つになっていることは間違いがないと思うんです。
 もちろん、試合を見に行くこと、応援することが最大の楽しみであることに変わりはないです。でも、スタジアムの雰囲気を楽しむというのも大きな楽しみの1つであるはず。

 しま福には、他にはない「手作り感」がある。そしてそれが厚別観戦(もしくは参戦)ならではという大きな「売り」になる。大げさに言っちゃえば「厚別スタイル」や文化を創ることにつながる。なくしてしまうにはあまりに惜しいと思うんです。

 専用スタジアムではないため、いろいろ難しい面はあるのでしょう。
 でも、見方を変えれば観客動員増への投資とも言えます(ちょっと強引ですが)。
 普段の仕事に支障をきたすとか、赤字がやたらめったら多くなるというなら別ですが、ぜひとも復活を希望します。
 しま福を昔話の彼方に追いやってほしくはないです!
 
 

posted by フラッ太 |22:16 | 日記 | コメント(5) |

2008年05月28日

バンザイ!

 まずは、5月27日付のアクセスランキングにランクインすることが出来ました。
 ありがとうございます!

 そしてもうひとつ嬉しいニュースが飛び込んできた。
 カンコンキンの初日のチケットが当たったのだが、日程や飛行機代が高すぎて泣く泣く諦めたところに、別の公演のチケットが当たったというメールが来た。
 しかもその日は8月25日。27日は厚別でガンバ戦があるから、初参戦も視野に入ってきたのだ!(当然仕事は休みをもらいます!)

 やるぞ!今年も東京・札幌弾丸ツアーを!
 ここんとこ気が滅入ることが多かったが、一気に希望とやる気が湧いてきた。
 初参戦はかなうのか?白恋デートは実るのか(笑)?
 参戦するとなると3泊4日とちょっと大変だが、年に1度の大イベント(←個人的にだけど)。このチャンスを逃す手はない!

 さあ、頑張ろう。
 

posted by フラッ太@浮かれまくり。 |11:13 | 日記 | コメント(6) |

2008年05月27日

そんなに悪いかなあ?

 Fの炎とEスポーツをハシゴして、おぼろげながらナビ杯の経過がわかった。
 ダイジェストだから余計そう見えるのかもしれないが、新居1人にやられたという感じ。
 ゾーンディフェンスがアダとなったわけではないのだろうが、ボールじゃなく人につかない悪癖はなかなか直らないようだ。
 それでも、今まで後半に「ガス欠」だったのが、千葉戦ではチャンスも作れていたし進歩はあったのかな、と。カップ戦なんだし、割り切っちゃおうよ!・・・と思うことにして(苦笑)。

 あと、ちょっと周回遅れだけどモナコGP。

 中嶋一貴が初めてのモナコで7位入賞は立派。何よりもモナコでは「生き残る」のが大事。予選でイマイチ上に行けないという課題はあるが、荒れたレースでしっかりポイントを稼ぐことはチームの信頼を得るためには必要なこと。ピットワークでのタイムロスがなかったら・・・とは思うが、ピットクルーだってミスをすることはある。ドライバーだってそれは一緒。

 中継の冒頭で琢磨のインタビューがあったが、見ていてつらかった。F1ドライバーであった自分がモナコグランプリを見ることしか出来ない。走ることが出来ないもどかしさというか屈辱というか・・・。右京さんもつらい役割を背負わされたなあ。でも、右京さんくらいしか適任者はいなかっただろうしなあ。琢磨のいない寂しさは当分残ったまんまだろうなあ・・・。

 あと、可哀想だったのがフォース・インディアのスーティル。
 終盤4位を走っていて、もし完走出来ればそれが4位でなくてもポイント獲得というだけで快挙といってもいい結果が待っているはずだった。なにせ、スーパーアグリとテールエンドの争いをしていた下位チーム。去年、琢磨がカナダでアロンソをオーバーテイクして6位入賞したが、それほどのあるいはそれ以上の快挙になるはずだった。
 が、あろうことかライコネンが追突。そしてスーティルはリタイア。スーティルが頭を抱える姿が実に悲しかった。自分に非はないわけだし、もらい事故でポイントを失う結果になったのだから・・・。これがシューマッハだったら即座にフェラーリのピットに殴り込んだに違いない(苦笑)。
 ライコネンはしっかり反省してもらいたい。FIAも場合によってはペナルティを科すことも考えてほしい。あの場面で無理に仕掛けることはなかっただろうし。

 あと、千秋楽の相撲。
 朝青龍と白鵬があわや一触即発、みたいな報道をされた。
 相撲協会はケンカ両成敗という形にするらしいが、あれはどう考えても朝青龍が悪い。百歩譲って白鵬に非があるとすれば、肩で小突いた(ように見えたが)ことくらい。まあ、白鵬は次の日に素直に「非を認める形で」謝罪に臨んでいたようだ。
 だいたい、朝青龍は必要のないダメ押しが多い。さすがに今回は反省している(ように見えるとしか僕には思えない)ようだが、もともとの性根が強さを見せつけるというところがあるからこういうことが起こるのだと思う。
 
 朝青龍に限った話ではないが、相撲協会は身内に対する処分が甘すぎる!
 間垣部屋での暴力行為や、弟子にケガを負わせたヤツ、風呂を壊したヤツ、ちょっと前ではカメラマンに暴行を加えたヤツまでいる。「モノに当たる」のはまだしも(いや、それだって悪いことには変わりないんだけど)、他人にケガを負わせるというのは出場停止とか番付降格とかの処分くらい科さないとおかしい。

 いっそのこと、貴乃花親方が相撲の新団体を立ち上げてくれないかなあ。年間6場所なんてのは多すぎるし、ケガの誘発や回復の遅れを招く原因にもなるから4場所くらいにするとか、せめて幕内の中継をゴールデンタイムに持ってくるとかしてほしい。

 ・・・最後はおもいっきり話が飛躍したけど、ここ数日のスポーツを見て思ったことである。
  

posted by フラッ太 |10:04 | スポーツ | コメント(2) |

2008年05月26日

一難去って・・・。

 退院してから1ヶ月半くらい経つ。
 最近は特に調子が悪いわけではなかったのだが、またしても病気が。

 病名を書くのは憚られるので男性特有のものとだけ書きますが、我慢していられるレベルではなかったので、給料を引き出すのを口実に病院に直行することにした。

 9時半に病院に行ったが、まあ待たされる待たされる。
 予約なしとはいえ、診療は4時間後。
 触診をしてもらって、とりあえす入院とか手術の必要は無さそうなのが救い。
 投薬治療で様子を見ることに。

 おとなしくしていられないというのに、安静にしていなきゃいけない。
 何とも歯がゆい・・・。

posted by フラッ太 |15:00 | 日記 | コメント(0) |

2008年05月25日

ため息が出ちゃう。

 ため息の出るような あなたのくちづけに~♪

 ため息その1。今日はコンサは負けたとか。
 結果そのものはそれ以上でも以下でもないと思うし、ナビ杯はある意味残留への練習試合みたいな感じもするから(もちろん出るからには全力を尽くさなければならないし、勝ちに行くのが前提だとは思うが)、切り替えて行くしかないのかなあと言う気がしている。

 ここからはプライベートの話。

 ため息その2。後輩(といってももはや職場の主力)が結婚した。
 嫁さんもしっかりしているし可愛いし・・・。何よりやる気が滲み出ている。
 付き合いが長いこともあって、立派になったなあと思いつつ何となく居場所がなくなりつつある気がして・・・。
 結婚のけの字のきっかけすらない12ちゃいの僕。・・・焦るなあ。(←大木こだまのノリで)

 ため息その3。ここのところ体重が落ちなくなってきた。
 ある程度減らなくなる時期があるのは覚悟していたが、やっぱり結果が出ないとキツイなあ。
 ここで気を抜いてはイカン!と改めて気合いを入れ直すことにする。

 ともかく、頑張ろう。

posted by フラッ太 |20:21 | 日記 | コメント(2) |

2008年05月24日

コスプレ。

 明日はナビ杯。

 千葉は監督がミラー氏に代わった。
 
 監督が代わってから2勝。

 でも、リーグ戦ではビリ。ミラー率いる千葉には負けられない。

 ・・・ってことで、ア○ミラのコスプレをしてみるってのはどうだろう。

 ミラーの千葉には負けられない。あんなミラーズには負けられない・・・。

 以上、くっだらないネタでした。

posted by フラッ太 |15:26 | バカ話 | コメント(0) |

2008年05月23日

それ、ネタですよね?

 オリックスでコリンズ監督が辞任した。
 大石大二郎監督代行で新体制となるらしいが、びっくりしたのは清原に来期の監督要請をしているというニュースが流れたことだ。しかも選手と兼任も容認するという。
 
 ソースがソースだけに、恐らくは飛ばしであろうとはおもう。
 が、もしこれが事実なら、オリックスは相当野球をナメている気がする。
 わりと客観的なプレーが出来るキャッチャー出身の古田敦也でさえ、兼任監督は失敗しているというのに。
 それに、今から来年の監督人事が浮上すること自体おかしな話。これじゃ、大石氏は体のいい尻ぬぐい。チームを立て直したところでおいしいところは持って行かれてしまうし、勝てなければ「それみたことか!」とバッシング・・・。

 思うに、オリックスはチームの体制がてんでバラバラ。
 選手補強にしても、カブレラやラロッカを引っぱってきたのは果たして監督の意向だったのかどうか・・・。
 グリーンスタジアムって両翼はけっこう広かったはず。今や狭い方になった東京ドームを本拠地とするチームなら「空中戦」志向にするのはわからないでもないのだが。
 クリーンナップの破壊力も必要だけど、選手の取り方が一貫性がないのでは。
 監督、GMを中心としたスカウト陣、選手がまとまっていない。
 もちろん、毎年優勝を狙って長いシーズンを戦うのだが、それならチーム状態をしっかり把握するのがまず第一のはず。

 あと、宮内オーナーの姿勢にも疑問がある。
 カネだけ出す、というのもひとつのオーナーの考え方(現場に不必要に介入しないという意味で)だとは思うけど、本気でチームを勝たせようとしているのかなあ?
 今はいい選手を獲ろうと思ったら札束攻勢をかけなければならないのが実情。
 選手を引き抜くなら、どっかのチームみたいにイヤミなくらいカネを注ぎ込んでエースと4番をぶっこ抜く。カネをかけるのがイヤなら、例えばサラリーキャップ制の導入を働きかけるとかしてマネーゲームを抑止する動きをするべき。
 
 清原が監督として適任かどうかはさておき、今のままでは上がり目はないような気がする。
 もし、清原監督なら客が呼べるなんて安易に考えているようなら、当分ビリ争いは続くのではないか。
 チームとしての方向性が見いだせないってのは不幸だよなあ、なんて思ったわけである。

posted by フラッ太 |20:11 | スポーツ | コメント(0) |

2008年05月22日

イカンよ、まったく・・・。

 最近曜日の感覚がやっと戻ってきたと思ったら、今日はもう22日。

 てっきり、15日だと思っていた。

 考えてみりゃ、次の日曜日は函館でナビ杯。

 イカンよ、まったく・・・。

 CL決勝も録画していたのを見たら途中で終わってたし。
 でも、クリスティアーノ・ロナウドのゴールはある意味コンサの理想型を見たような気がした。
 シンプルなパス回しで、あっけないほどにゴールに吸い込まれたような・・・。

 まとまりないなあ。

 アリバイ投稿ってことでお許しを・・・。

posted by フラッ太@ボケボケでんがな。 |22:41 | 日記 | コメント(0) |