スポンサーリンク

2017年08月31日

コンサで4-1-2-3、組めない?

>コンサと重ね合わせて見ていたのはオレだけじゃないはず…

 日本、オーストラリアに2-0で勝利。グループ首位&本大会出場決定。
 ほぼ完勝と言っていいと思う。

 あの4-1-2-3は両ウイングの守備がどれだけできるかがカギ。
 特に3バック相手ならウイングが守備で頑張ってくれるとサイドの主導権争いはほぼ勝てる。
 乾の守備の頑張りが特筆モノ。追加点を獲ったことでMOMは文句なしに井手口で決まりだが、
 乾の守備の頑張りは井手口のサポート、広いエリアをカバーする運動量があってこそ。
 じゃなきゃ、いくらコンパクトにしていてもあんなにイケイケで前からプレスには行けんよ。

 長友のクロスは先日の兵藤のクロスを思い起こさせた。
 裏を返せばそれだけ兵藤のクロスの質が高かったということ。
 代表がすごいと思ったのはサイドの狭いエリアでもボールを奪われない、
 コントロールできるということかな。サイドの突破を何度も見せたし。

 もちろんJ1残留が大前提だが、今のメンツだったらDFライン以外は組めそうだけどなあ…。

posted by フラッ太 |21:40 | 戦術厨の戯言 | コメント(0) |

2017年08月30日

「勝ってW杯へ!」

>コンサに関係ないときに限ってすぐに閃くんだよな…

 明日は日本代表にとっての大一番、ホームでのオーストラリア戦。
 グループ3位のサウジアラビアがUAEに負けたとはいっても
 日本は勝てば文句なくW杯出場決定、勝たなくてはならないという状況に変わりはない。

 やべっちでは初戦を落とした国が予選突破したケースはないとかアジア予選においてオーストラリアには勝ったことがないとかいいだけ煽っている。もっとも、それもこれも勝てば全部チャラにできるって上でなのはわかっているが、ネタブロガーとしては単にオーストラリアに勝つだけでは満足できない。やべっちでもあったが、オーストラリアがかつて日本に見せつけたNIPPON:FOREVER IN OUR SHADOWの段幕にもやり返してギャフンと言わせてやりたい。

 といっても、何も難しく考える必要はない。
 オーストラリアがやったような安い言い草なんていらない。
 ましてや猿真似のパフォーマンスなんて論外。もっとも、そんなことをする選手は日本代表にはいないが。

 「勝ってW杯へ!」なんていう段幕はきっと出るだろう。
 日本が勝利した後に「オーストラリアも」と付け足すだけ。
 こういうことはさらっとオシャレにやらないと。

 オーストラリアの最終戦はホームでタイ戦。勝てば大きく予選突破に近づける。
 まあ、コンササポとしちゃちょいと複雑な心境ではあるんだが…。
 代表の、特にW杯に関わる試合は結果が全て。
 3-0とか4-0とか完膚無きまでになんて贅沢は言わん。勝てばいいのだ。

 勝ってW杯へ!

 

posted by フラッ太 |23:50 | ネタの殿堂 | コメント(0) |

2017年08月26日

まずは1つ。激流を泳ぎ切れ!

>確かに厚別とヘイスの相性いいよな…

 ホーム仙台戦は1-0の勝利。地上波(HTB)でオンタイム視聴。

 ゴールシーンは兵藤のクロスがお見事。
 コースもスピードも言うことなしの完璧な質のクロス。半分以上は兵藤のおかげ。

 都倉が決定機を2本も決められなかったのはシュートの場面で力みすぎなんだと思う。ポストを叩いた場面。何もあんなに全力出さなくても…。基本通りとばかりにヘディングを叩きつけすぎてバーを超えたナザリトを思い出したぞ。都倉にはシュートの場面で力を抜くといった冷静さ、力加減を身につけていただきたい。パワーは十分以上あるんだからさぁ。

 それにしてもチャナがキレキレ。
 スピードある、小回り利く、キープできるしパス出せる、運動量もあるし守備もサボらない。

 経験値は流石に劣るものの、それ以外では現時点では小野より上だと思うし外せない1人。残留できてもより上のクラブに持ってかれやしないかと今から心配で仕方ない。某サイトで夏の補強の第1位に挙げられただけのことはあるわ…。

 厚別の風を考慮したのか、両チームともやたらとヘディングで競る展開に持ち込んだ感じ。
 危うくソンユンがチョン・ソンリョンのようにやらかしそうになったが(汗)。

 だが、早坂スタメンで久しぶりに右でも作れたかなという印象はある。特に今日のようなロングボールが行ったり来たりという試合ではマセードの守備能力以上にマセードの良さが出せないという意味で起用しにくい。3バックなんだし、WBはやっぱりセオリー通り運動量重視で臨んだ方が守備の破綻は少ないと思う。

 CKで1つ思い切り外したのがあったが、やはり兵藤と宮澤が揃うと違うね。でも、CKの場面は右足で逆を取るのは相当難しいので仕方ない気はするが。荒野は動けてはいたけど兵藤のあの質の高いクロスを目にしたらまだまだだなと思う。特に85分46秒あたりのあの雑なパスはないわ…。フレッシュな状態でかつ全然楽な状況なのにあれじゃあダメ。心底ガッカリ。

 この試合だけじゃ何とも言えないけどジェイ不在は必ずしもマイナスにはならなかった。
 ヘイスもコースを切るなどしてヘイスなりに守備の貢献はしていたし、
 ジェイはジョーカーの方が良さそうな気がする。ともあれ、勝てて何より。

 J1は激流。J2は濁流。濁流でもがくのはもうイヤだ。
 まだまだ激流は続くけど何としてもこの激流を泳ぎ切る。
 1つ1つ勝利を目指してJ1残留という“向こう岸”へ辿り着くぞ!

posted by フラッ太 |16:50 | 試合後の印象 | コメント(3) |

2017年08月26日

仙台戦の展望。

>前祝いのゆりかごパフォーマンスを頼む…

 さて、ホーム仙台戦。

 これからはどこが相手でも勝たなくてはならないというプレッシャーが常につきまとう。
 とりわけ、今日は大宮VS広島の直接対決があるだけに勝ち点3はマスト。
 ここで勝てるかどうかが残留争いに大きく影響することは言うまでもない。

 仙台は現在勝ち点29。今日の試合は仙台にとっては負けなければいいという状況。
 負けなければ…と勝たなくては…という精神的な違いはあるが、
 それが仙台がベタ引きするのを意味しないというのは頭に入れておく必要がある。

 開幕戦は仙台のプレス、特にボランチの一角の三田に苦しめられたイメージがある。
 中盤でプレスにビビって後ろに下げるようだと勝利は遠くなる。
 左のWBが石川なのは謎に思えるが、右WBの早坂がどこまで上下動できるか。
 宮澤がポンと捌いて早坂を走らせる回数が増えれば…。

 サブに菅と内村が入ったということは終盤は高さ勝負ではなく走力、裏抜け勝負。
 前半でリードを奪いたい思惑は当然あるだろうが、ジェイという明確な切り札こそないものの
 舞台は厚別ということで芝対策込みでの2人の人選とみる。

 ミラーゲームの様相も持つし、バチバチ火花散る局地戦もそこかしこにあるだろう。
 気持ちだけでは勝てないのがJ1だが、勝つためにはまず気持ちで上回ることが必要。
 サポの声援を背に受け、フルタイム集中して動き回れ。

 J1という“激流”を生き残るために勝ち点3への執念を。
 絶対に勝つぞ!

posted by フラッ太 |13:00 | スチャラカプレビュー | コメント(0) |

2017年08月24日

吹っ切って、いざ厚別!

>まあ実際に厚別に行くワケじゃないけどね…

赤:はいどうもー、赤黒スズメでーす。
  さあ、土曜日の仙台戦は残留のためには絶対に勝たなくてはいけません。
  聖地・厚別での試合ですしね!
黒:厚別…そこに吹き渡る風はコンサドーレが歩んだ歴史を物語る…。
赤:何を窪田等風に黄昏れてるんですか…。その手のネタはご主人様がとっくにやったでしょ?
黒:…お前、最近オレに冷たくないか?
赤:そんなことないですよ。コンサが勝てないから被害妄想なんじゃないですか?
黒:んなこたねーよ。ウチの飼い主だって最近はプ○キュアに現実逃避もしてねーし。
赤:それはいい傾向ですね!
黒:もっとも、Go!プリが神作だったせいで食指が動かんかららしいが。
赤:それじゃ何にもならないでしょ…。
黒:何にもならないってのはジェイをスタメンに組み込んだはいいが
  却って守備がボロボロになったコンサと同じだな!
赤:…そう来ましたか。
黒:あのねコンサドーレはね~♪ジェイにブチ当てるしかないんだよ~♪
赤:また古いところからパクってもう…。
黒:とっととっととっと都倉はね~♪オバケなんだオバケなんだオバケなんだけれど~♪
赤:いやまあ、都倉のフィジカルお化けっぷりはその通りですけど…。
黒:J1残留に~あと4勝♪あと4勝♪
赤:更に古くなったよ!
黒:今や降格圏とは勝ち点差1。おかげで睡眠不足。眠れない夜~♪君のせいだよ~♪
赤:今度はそっちか!…って、今からそんな状態だったら持たないですよ?
黒:この前、大宮でドローに持ち込んだ時にミーヤに
 「ちょっとぉ、何してくれてんのよっ!」ってえらい剣幕で絡まれて参ったよ。
 そんときゃ「知ったこっちゃねーよw」ってスルーしたけど、今や背後に迫ってるんだぜ?
赤:残留争いの経験値はありますからイヤですよねぇ。
黒:来てよドーレくん~私のところへ~♪って勘弁してくれよ!
赤:…それはホントにシャレになりません。
黒:おっおっおっおっ大宮が~そこにいる~♪
赤:確かに16位の大宮は怖いですけど、勝てば抜かれることはないんですから。
黒:さってとぉ、サンチェを軽くあしらってからじわじわ苦しめてあげよっかなぁって
  ストーカーのように後ろで張り付いて黙って微笑んでるミーヤ…怖すぎるっ!
赤:…あ、ミーヤさんだ。こんにちはー。
黒:ぎゃーっ!(その場にしゃがみ込む)
赤:冗談ですよ、もう。こんなところまでわざわざ冷やかしに来やしませんよ。
黒:…お前!やっていいことと悪いことがあるだろ!
赤:だって、ボケるにしたってネガりすぎなんだもん。イジりたくもなりますよ。
  山を飛び谷を越え、コンサドーレはJ1にやってきたんでしょ?
  目にも留まらぬ早業で降格した5年前とは違うんですから、もっと自信持ちましょうよ。
黒:そりゃそうだけどよ…。
赤:どのみち最終節まで胃がキリキリするような残留争いは続くんですから。
  強い風舞う聖地・厚別で狙うは仙台のゴールですよ。
黒:……。
赤:ジェイや都倉には飛べ!速く強く高くと願いを込めて
  俺達はサポだ、コンサドーレのサポだと改めて力いっぱい応援しましょうよ。
黒:……。
赤:勝ち点差が詰まって漂う暗雲を切り裂き、J1に嵐を呼んで…
黒:J1残留の夢を勝ち取ろう!
赤:立ち直るの早っ!


 仙台戦についてマジメに考えるつもりが…どうしてこうなった。
 これはきっとCMでの兵藤の体育座りが可愛かったからに違いない。
 残留争い以外にも書きたかったことはあるんだが、仙台戦の後なら何とかなるかな。

 戦術面では他にも書いている方がいるし、ネタブロガーはネタブロガーらしく行こう。
 …このコンビをレギュラー出演させていいものかどうか悩むなあ。
 ブログのクォリティ保つのってラクじゃないねぇ。

posted by フラッ太 |19:55 | ネタの殿堂 | コメント(5) |

2017年08月22日

藤田征也が懐かしい。

>結局、贔屓やんけ!ってツッコミはナシの方向で…

 正直、今の四方田コンサはジェイが決めてくれないことには勝てない。
 そんな感じがしてならない。
 なまじっかジェイが空中戦で勝てるだけにボールを集めたくなるのもわかるし、
 実際、川崎戦もGK正面ってのが2本ほどあったし。

 で、戦術都倉が戦術ジェイに変わってどうなったかというと却って攻守のバランスが崩れてしまい都倉が無理して守備に戻る。マリノス戦はイエロー2枚で退場だし、甲府戦はジェイとヘイスを並べて攻撃の脅威は増したけど2人とも守備やらないから後ろに負担がかかり通し。仕方なくって感じでヘイスが無理して守備していたけど出ずっぱりなのも重なって後半早々にガス欠だし。

 “野球盤サッカー”とでもいうか、足下ばかり、選手のいるところばかりにボールが行く。

 浦和戦で後半、菅がPA付近からそれこそBOX to BOXって感じでサイドを全力疾走していった。時間帯としてもキツい時にあれだけの全力疾走ができるのかとその姿にちょっと感動を覚えた。菅はもっと仕掛ける意識を強く持ってもいいよなあ。

 サイドからクロスってのが四方田コンサの特徴としてあるとしても、サイドを抉ってのクロスがいったいどれだけあったか?とりわけ、右サイドでそうした場面が果たしてあっただろうか?左サイドでは甲府戦で例えば菅だったり兵藤が飛び出してチャンスを作っていた。でも、甲府戦に限らず右サイドではマセードが高い位置に張って待っていることはあっても、マセード自身が深く抉った(あるいはDFラインの裏に抉らせるようなパスが出た)ってイメージはない。大抵そんなときはマセードまでボールが届かずに待ちぼうけ状態だし…。

 もともとマセードはそうしたタイプの選手ではない、独力で突破する、クロスを上げるのが強みってのもあるだろう。でも、サイドの選手が抉ることで相手DFを引っ張り出す、DFラインの間を拡げてそこに味方を走らせるとか守備の選手の視線を一瞬でも切らせてFWにマークを外しやすくさせるとかいう工夫が四方田コンサにあったかな?と。もし、藤田征也がいたなら右サイドでそうした場面は作れていたのだろうか?とふと思うのである。

 そのためにはWBがムダ走りできるという条件が付くんだけど、だったら謙伍じゃダメなのか?そこで思い出したのがルヴァン柏戦@厚別。この試合での1点目の崩しに何かしら指向が垣間見えるような気がする。ちなみに、この時マセードは特に抉ったワケではない。映像は消しちゃったけど、メモには

○早坂?→マセードにサイドチェンジ
○菊地→ミヤザー→マセードで中→外 マセード→ミヤザー→福森

 とある。ってことは、WBのムダ走りはそれほど重要視していないというか、縦方向のズレをあまり意図していないのかな?とも思う。裏抜けして決めたゴールは浦和戦@埼スタの兵藤のゴールのイメージしかないし。あれもオフサイドっぽかったし…。

 ともあれ、四方田コンサには相手を「拡げる」ことを狙っていない。だから相手の守備が楽に応対できてしまっている、隙を作れないのでスペシャルな選手に強引に突破させる、依存してしまうという悪循環を生んでいるように思える。スプリントの回数とか走行距離とかのデータを追いかければもっと具体的な傾向は浮かんでくるんだろうけど、今の停滞感は人が全体的に動いているとか、ピッチを広く使っているってイメージが四方田コンサにはないってのが最大公約数的な答えになるのかな。

 宮澤不在もけっこう痛いよなと思っているのだが、それを書き始めると徹夜になっちゃうので今回はパス。ただ、これに関連して言えるのは間で受けられる選手がいないというのはある。内村の使われ方が不憫でならない、可哀想すぎる!と思っているのはオレだけじゃあるまいと信じて寝ることにする。

posted by フラッ太 |01:00 | 戦術厨の戯言 | コメント(0) |

2017年08月19日

結果だけ見れば…。

>サンキュー新潟と思ったら…。新潟はツキもねーな。

 アウェイ川崎戦は1-2の負け。

 点を取っての1点差負け、イエローカード無し。ジェイもフルタイム出られた。
 結果だけ見れば考えられる最良の(?)負け。

 Jリーグタイムでダイジェストを見た。
 でも、DFは人数いるのにスペース切り裂かれまくりで守備はズタボロ。
 相手GKの珍プレーがなければ、いや、なくても順当に力負けといっていい内容。
 ヘイスにはGKに珍プレーを呼び込むオーラでもあんのか?

 攻撃が個人能力頼みってのが完全に露呈した四方田コンサ。
 残留争いを考えたら必ずしも間違いではないんだが、点で合わせるだけじゃなあ…。
 ジェイを使いたいのはわかるし、実際惜しい場面もあったんだが
 今の3-4-2-1ではバランスが悪いように思える。

 宮澤が戻ったら前半みたいに宮澤アンカーの5-3-2に戻せんもんかのぅ?
 でも、そうなると2トップの組み合わせに悩みそうだしなあ…。

posted by フラッ太 |21:50 | 試合後の印象 | コメント(0) |

2017年08月19日

川崎戦の展望。

>chromeの調子がおかしい…

 アウェイ川崎戦。正直勝ち点3はかなり厳しいように思う。

 少なくてもホームの川崎が引いて守るということはありえない。
 甲府戦では出ずっぱりでヘロヘロだったヘイスより先にジェイを交代させたし
 ジェイはまだフルタイム出られるコンディションとも思えない。

 川崎がガンガン攻撃に出てくるという前提の上でコンサがどう勝ち筋を見いだすか?
 …キーワードは「我慢」か。

 アップテンポな試合になると虐殺必至。なぐりあい宇宙ってワケにゃいかん。
 バカのひとつ覚えと言われようが、のれんに腕押しだろうが“戦術都倉”でいく、
 相手PA付近でファールもらって「福森さーん!」の1発に懸ける。
 そういや、2人とも川崎出身か…。恩返し弾に期待しよう。

 前回対戦時とは変身前と後のフリーザみたいに違うレベルになっている川崎。
 先に点取られても「勝つ気あんの?」ってくらいに我慢強く守る。
 しびれを切らして無理攻めしてきたところをカウンターで決められれば理想か。

 0-1でも想定内くらいに割り切って戦えるか。残留争いでは綺麗な戦いはいらない。
 勝ちを目指して、勝ち点をもぎ取ることと目指して。頼むぞ!

posted by フラッ太 |16:40 | スチャラカプレビュー | コメント(0) |

2017年08月14日

負けなくて良かった。

>都倉の解説の的確なことといったら…

 今やっと地上波の録画視聴を終了。田中、怖かったよ…。

 スタメンだけチェックしたが、前線3枚が元気なうちに突き放しておきたかった。
 ジェイが抜けたあとは明らかにヘイスはガス欠気味。ボールを収める最低限の仕事はしたけど。
 フルタイムOKならマリノス戦は出ていたはずだし恐らくジェイは時間限定と思われる。
 都倉が「(ジェイは)マリノス戦は回避した」と言ってもいたし。
 それでも結果を出すあたりは補強の甲斐があったというもの。
 ボールをもらいに降りてくることが多かったのが結果的に守備の破綻を生まなかったと思えるのは気のせい?

 チャナはホントにスゴいわ。技術高い、スピード速い。ガス欠しない。
 マセード役立たず。クロス上げられない、仕掛ける意識もない、守備では完全に穴。
 宮澤がフルタイム行けたのであればマセードを使う必要なしと思えるくらい何にもしてない。

 後半、マセードOUT宮澤INで荒野をサイドに出すのは当然の一手として、
 兵藤とのコンビは普段と左右が逆だったのはなぜだ?(甲府戦は兵藤が右、宮澤が左)

 レフェリー、ハンド取ってくれよ!
 つーか、あの場面でシュートを撃たなかった金園に心底ガッカリ。
 FWならあそこでシュート以外の選択肢はないだろうよ…。金園株、ストップ安。
 「持ってない」のは運やツキじゃない、ゴールへの意識、執念だよ。FWなんだろ?

 都倉が何度も「ボールの取られ方が悪い」とボヤいたが、後半は甲府のペース。
 ソンユンが2度ほど決定機を防いだのは良かったが、相変わらずパントがヘタ。
 サイドを狙うにしてももうちょい距離感を何とかしてくれ。
 甲府のトラップミスとかプレー選択のズレで助かった場面がけっこうあり
 1-3で負けてもおかしくなかった。

 ジェイOUT金園INはヘイスを前に出して少しでも楽させる、金園に守備で頑張ってもらう。
 それはアリとしてもヘイス見切るならもっと早くできなかったかなあ?
 あれじゃ、内村が可哀想すぎる。
 録画を見終わっての率直な感想は消化不良の一言に尽きる。

 …寝る。

posted by フラッ太 |01:55 | 試合後の印象 | コメント(4) |

2017年08月13日

スタメン発表。

>予想大ハズレ…

 ジェイがスタメン。ってことはフルタイム行けるコンディションってことかな。
 ジェイはとにかくゴールを。
 宮澤はサブには入ったがスタメンは荒野。まだ完全じゃないのかな。

 マセードもスタメン。
 四方田監督にしてはやけに攻撃的なメンツで出し惜しみなしって感じ。

 前半で決めてしまうくらい攻め続けて欲しい。ヘイスがガス欠する前に決めないと…。
 荒野はリスク管理をしっかり頼む。

 勝つぞ!

posted by フラッ太 |12:30 | コンサについて | コメント(0) |