スポンサーリンク

2012年07月06日

納得できるか。

 この方のエントリーを読んで、しばし考えさせられた。
 言葉で表すのはなかなか難しいんだけど、僕の場合最も重視するのは

 試合の内容に納得できるか

 になるかな。もちろん、勝てばうれしいし負ければ悔しい。勝たなきゃJ1では戦えないし、勝たなきゃ周りからも評価してもらえない。勝ってナンボ、結果がすべてだっていうプロの世界では勝敗がどうしたって大きく関わってくるんだけど、勝ち負けは相手のあることであってどちらも勝つために真剣。

 だからこそ、勝てば何でもいい、負ければ全てがダメと単純に片付けたくないというか。

 なぜ勝てたんだ、なぜ負けたんだというのを自分なりに考えて
 それが納得のいくものであれば勝敗に関係なく受け入れることができる。
 まあ、上っ面では何とでも言えるし書けるんだけど(汗)。

 勝った試合でも勝つには勝ったけど、これじゃいかんよねっていうものもあれば、負けた試合でも惜しかったよとか次こそはいけるよと感じられるものもある。そういう意味ではガンバ戦と鳥栖戦は結果こそ同じ負けでもすごく対照的で、ガンバ戦は不甲斐ないの一言で片付くし、鳥栖戦は惜しかったとポジティブにとらえられる。

 まあ、試合数を消化していくごとに状況はシビアになっていくから「何やってんだよ!」という気持ちもふくらんでいくんだが、同時に「持てる力を出し切ってくれ!」という気持ちも増すワケで。去年の後半あたりから「(昇格降格は)結局1試合1試合の積み重ねなのだから」と割り切ることにして勝敗にはあまりこだわらなくなったというのがあるかもしれない。もっとも、今年はあまりに負けすぎて怒る感覚がマヒしたってのは多分にあるが(滝汗)。

 信じて勝てるほど甘くはないと頭の中ではわかっていても、
 どこかで納得できる材料を探したい。

 ともすれば、それは甘やかすことになったり現実逃避だったり負けたときのショックを和らげようとする自己防衛になったりするんだけど、信じることで気持ちの整理をつけるっていうのが近いのかも。勝てばその時は喜びが何倍も大きくなるし、大げさな言い方をしちゃえば去年の最終戦は“歴史の証人”になれたんだしね。

 あの試合はホントに特別で、TV観戦では絶対に得られない感動や興奮、空気があった。「次も観に行きたい!」と観客に思わせることができるかってのは1試合ごとに大切で、「こんなものでお金をもらえると思ってるのか、この馬鹿野郎!」と思わせてしまってはいけない。普段スタジアムに行けない僕としてはハズレを引いたことがないというのは相当幸せな部類なんだろうな。
 選手や監督の側は勝つことでわかりやすくアピールできるし一番大事になってくるんだけど、サポの側としては勝つことだけじゃないんだよ、スタジアムに足を運ぶことそのものの楽しさを伝えることが大事になってくるんじゃないのかな。常勝チームならいざ知らず、勝ったり負けたりを繰り返すと自然とどこかで元を取ろうと楽しみを探してしまうだろうし(苦笑)。

 「で、今、お前は納得できてんのか?」という問いにはガンバ戦のような不甲斐ない試合してりゃ下にダントツなのも納得だし、ホントに全力出し切ってるかどうか疑わしくなるって意味では納得できないとどっちにもとれる答えで逃げを打っておくことにする(汗)。

 やっぱり生で観ないことには100%納得するってきっとできないと思うんだ。
 どんなに負け続きでもスタジアムに足を運べる方々がうらやましい限りである。
 

posted by フラッ太 |09:00 | ちょっとカタい話 | コメント(3) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に対するトラックバック一覧
信じていれば裏切られない 【今宵も完封勝利!】

昨季、「仲間信じ 最後まで戦え」という言葉が出てきてから チームはまさかの連敗をしてJ1への雲行きをあやしくした。 それでも多くの人が可能性を感じていて、最後の最後になんとか結果に繋げることができた。 けれどもその結果オーライ的な雰囲気を許せずにいるところから、 「サポーターは信じていたのにチームは裏切った」みたいな旨の言葉を見かけた。 何で見たかは覚えていないのだけど、多分新聞かブログかコラムか何かだと思う。 私はその言葉に違和感があって、でも何に違和感があるのかはっきりしなかったのだけど 最近になって

続きを読む
この記事に対するコメント一覧
Re:納得できるか。

コンサドーレさんの状況を見て思い出すのは2005年の厳しい残留争いの中マグノアウべスが大分サポに叫んだ言葉「まだトリニータは死んでいない。これからと言いたい」テレビを通してこの言葉を聞いた時、残留できなくてもクラブの選手達は大分サポと共に戦ってくれていると思いました。
コンサドーレさんと大分はかなり状況が違うとしてもコンサドーレの選手がサポーターに無口なのはどうしてなのでしょう。色んな事情があるとしても何か示さないとサポが離れる危険があるのでは
クラブも敗戦の責任を選手とコーチ陣に負わせる様では札幌さんは選手と監督が袋叩きに晒されても見捨てる非情な経営方針だと誤解されて選手が来なくなるかもしれません。

posted by 竹腰重丸好き| 2012-07-06 11:11

Re:納得できるか。

ガンバ戦が不甲斐ないってのは何を持って不甲斐ないとフラッ太さんは思ったのでしょう?

個人的には、勝てないカードでやらされているポーカーを見ているようで
選手は気の毒にしか思えないのですが・・・。

正しい方向性があってこそ、頑張り・気持ちが関わるわけで、
自分はちょっと選手を責める考えにはなれません。

鳥栖戦で守れたのは外的要因に起因してるのは明らか
(ピッチ状態&大雨)で
メディア報道に反して、前半から鳥栖は攻めてたし
決定機も結構ありました。

自分の中でのベクトルって鳥栖戦もガンバ戦も
あまり変わんないんですよね。
おんなじ事やらされてるなと。
それで力発揮しろってのはやっぱ無理かなぁと・・・。

posted by 竜神| 2012-07-07 10:28

Re:納得できるか。のお返事。

 >竹腰重丸好きさんへ
 経営が危機にあるという点では大分を思い起こさせますが、既に大伍を鹿島に移籍させている現状では大分以上にピンチとも言えます。佐藤寿人やかつて千葉にいた巻誠一郎のようにサポに直接語りかけるという姿勢はあまりないですね。岡山が飛び抜けているために知らず知らず頼っているのかもしれませんが・・・。
 サポが離れる危険がある、とありますが10年シーズンの成績を受けても続投させた時点で離れたサポはけっこういると思っています。去年ドラマティックな昇格をしたものの今年はまた負け続き(泣)。成績が成績だけに監督に非難が集まるのはわかるんですが、監督をスケープゴートにするようなやり方はしてほしくないですね。

 >竜神さんへ

 ガンバ戦は・・・結果かな。
 言ってることとちゃうやんけーっ!とツッコミ入りそうですが(汗)。

 1点でも返していれば不甲斐ないで片づけはしなかったでしょう。鳥栖戦は高い位置でひっかけてシュートまで持っていけたし、ロングボールの蹴り合いでも「どっちに転んでも・・・」という試合にはなったので。
 たとえ遠藤と二川が引っ込んだことがあったにせよ、「後半あれだけ出来るなら前半からもう少し何とかならんかったのか?本当に全力尽くしたのか?」とガンバ戦は「もっとやれたんじゃないの?」というイメージが強いんです。後半頭から選手交代で動かなかった監督に不満はありますがw。

 ・・・答えにあんまり自信が持てないな。

posted by フラッ太| 2012-07-12 00:11

コメントする