スポンサーリンク

2021年05月16日

後半のキックオフで後手を踏み、そこから失点をした。自業自得だった。

0-2で負け。

 前半はこちらのペースだった。高い位置からプレスをかけにいってセカンドボールも拾えた。しかし、決定機がなかった。惜しかったのは菅のシュートだろうか。豪快なシュートはGKがはじいてコーナーになった。ここはコースをもう少し変えたかった。しかし、決定機はこれくらいか。あとはロペスの枠を大きく外したシュートのみ。それでも前半は主導権を握っていた。

 これが崩れたのは後半の入り方。

 なんと後半キックオフは自陣で配置につく前にキックオフされた、ちんたらやっていたからだ。このちんたらが失点に結びついた。

 そこから相手に押されボールを握られ左サイドで菅がボールを失って寄せも甘く、そこから展開されクロスを入れられ金子が戻りきれずに相手をフリーにして失点と何度も見たシーン。もう飽きた。

 このように試合の入りが悪いことが失点につながった。隙を見せれば当然相手はつけこんでくる。後半のスタートから隙を見せたことが失点につながったと言ってもいいだろう。

 そのあとはいつものように交代をして点をとりに行くが相手も引いてなかなか攻撃ができない。たまにロングボールで打開を図るも相手CBにことごとくはじき返される。

 ボールを拾っても時間をかけすぎ、余計かパスを何本か入れ相手の揃った中での攻撃ばかりでは点など入るわけがない。

 サイドからの攻撃も工夫がなくサイドを深くえぐっての攻撃がまったくできなかった。いつものようにサイドで詰まって中にいれてごちゃぎちゃしてボールをとられる。この繰り返し。

 そして相手に引かれて守られて攻撃の形がうまく出せなかった。

 最後の交代も遅かった。最後にドドを入れたのも残り数分

 そして最後はリフレクションに福森がラインに残ってオフサイドをとれずに失点。ダメ押し点だった。これは一旦オフサイドの判定だったがVARでゴール判定された。

 0-2で敗れたが決して勝てない相手ではなかった。なぜ負けたか?

 おそらくはいつものようななんの代わり映えもない、メンバーでいつものようにやったからという面が大きかったのではないか。

 代わりばえのしないメンバーだから接戦になったという言い方もできるが、試合では決して冒険はしないというかできないミシャのハートの弱さも出た試合。

 もういうのも嫌になったが駒井のシャドーは相変わらず可能性がまったくなく、前線で動きを見せることができなかった。これではまぐれしか点は入る見込みはないだろう。

 惜しい試合は惜しい試合だったが、違いを見せることができなかったというかしようともしなかった。これだけだろう。
 

               
                           勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |17:59 | 今節の反省 | コメント(5) | トラックバック(0)

2021年05月15日

川崎F戦展望(寄せられる前に素早くパスを。サイドを崩されないようにしよう。

明日はアウェイ川崎F戦

  前節の徳島戦は前半終了間際コーナーから失点してしまうが、後半ジェイの落しからロペスがゴール。またジェイのプレスからの相手GKのミスをついてロペスがゴールで2-1で逆転勝ち。川崎Fへよい流れがでてきた。

 一方の川崎Fは今年も相変わらずの敵なしで、負けなしの試合を昨年から21戦続けている。今年はボールを失ってからの守備の強度をさらに上げて、5秒以内というのをさらに短くしてボールを奪うスピードを上げて最後は必ずシュートまでもっていっている。
 まさにJ1の「ラスボス」的位置を依然としてキープしている。

 しかし、いい加減、川崎Fに土をつけないとダメだろう。リーグの発展も阻害する。とにかく川崎Fを破る。これを目標に頑張ってほしい。

 川崎Fは勢い込んで対戦してくるだろう。これは前節仙台戦を引き分けたこと。そして昨年ホームで負けた相手がコンサだったこと。リベンジと思って徹底的に潰しにかかってくると思う。

 しかし、こちらも対川崎Fをわずか1勝では済ませられない。これまで言葉に言い尽くせない借りがある。それを少しでも返してもらうためには勝しかない。



   川崎F予想メンバー

                             9レアンドロダミアン

   16長谷川                                                      41家長
              
                8脇坂                         25田中
                    
                               6シミッチ



  7車屋      5谷口     4ジェジエウ           13山根

                              1チョンソンリョン

 控え GK27丹野、DF2登里、MF3塚川、、47旗手、18三苫、19遠野、FW11小林



 川崎Fはなにが凄いかと言えばやはり基本的な技術がしっかりしいるということだろう。止める蹴るがまったく乱れがなくできる選手が揃っている。また3人目の動きを絶えずしてきて、相手を休ませない。

 相手の嫌なところに入ってきて、シュートまでもってくる。

 得意なのがサイドのタッチライン際からゴール方向のスぺースにボールを出し入れして中に入ってくる動き。この場合は主に2人で崩してくる。

 こちらのカバーが遅れればサイドはがら空きなだけにここには特に気を付けて守りたい。
 ここを使われないように十分に気を付けたい。

 しかし、一番すごいところは守備だ。ボールを失ってもプレスバックの人数を入れて4,5人ですぐ囲んでまたボールを奪う。この一連の流れが言い過ぎかもしれないがもはや芸術の域まで達するかのようだ。

 隙はあまりない。

 低い位置から細かくパスをつなげてくるが、川崎Fはこの低い位置からパスをつなげることがあまりない。高い位置でボールを奪うからだ。

 そして相手を崩す動きが非常にうまい。スペースがなければスペースを作りに来て無理やり開けさせそこに入っていく。引いて守っても守れるものではない。
 またパスで崩すかと思わせてサイドからクロスを入れてレアンドロダミアンに当ててくる攻撃も得意。非常に厄介で嫌な相手だ。勝てる見込みは非常に少ないだろう。
  セットプレーは要警戒。特にコーナーはマークを離さないでしっかり守ってほしい。

 
 
  こちらの予想メンバーは以下のとおり


                    ロペス

          小柏                金子

菅                                   柳

             駒井        高嶺 


            福森   宮澤      駿汰
    
                    菅野

  控え 大谷、大八、荒野、青木、ドド、ガブちゃん、ジェイ

  中6日とは言え、暑さが気になる。夏日になるだろうし、マンツーマンをやっていくだろうと思うが、メリハリをつけてやらないといけないだろう。

 川崎Fは中3日なので日程的には有利だが、川崎Fもメンバーを半分くらい代えてくると思うので、あまり有利さはないだろう。
 
 とにかくどこまでマンツーマンができるかにかかっていると思う。

 前半無失点で終われたら可能性が高くなる。川崎Fも仙台戦で守備に脆いところを見せた。決して隙きがないとはいえないだろう。
  こちらの攻撃はやはりショートカウンター、前から行ってボールを奪って速く攻める。
 
 また、ロングボールから小柏を走らせるということも良いと思う。横も頻繁に使っていきたい。サイドを広く使って相手を走らせよう。
%size(4){}
 ラストパスの精度を高くしたい。特にラストパスは受け手のことを思った丁寧なパスをしてほしい。

 またボールを奪ったら、ちんたらしているとすぐボールを奪われるので素早く丁寧にパスをすることがいつもより求められる。

 相手が人数をかけて囲むと言うことは他にスペースがあるということ。受け手も素早くサポートに行って反対サイドで展開しよう。

 攻守の切り替えを速く。特にボールを奪われたら素早く奪い返そう。 
 セットプレーはチャンス。特にFKのチャンスを相手ゴールマウス付近で得たい。
 コーナーは川崎Fはマンツーマンで守る。

 ショートコーナーや、サインプレーやニアですらすなど工夫して点を入れよう。
  正直勝てる気はしないが、相手だって人の子、ミスもすればチャンスもはずす。
  決して諦めないでやってほしい。とにかく無失点の時間を長くしたい。'

 昨年のことは忘れていつもやられていることを思い出し、必死にやってほしい。
 とにかく川崎Fを止めるのは俺たちだという思いを持って戦ってほしい。  
 
 要注意選手は家長

 期待したい選手は福森  

    予想スコア
 
  2-0

   
                                   
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''

posted by 孔明 |19:35 | 次節の展望 | コメント(3) | トラックバック(0)

2021年05月14日

ガブちゃんがええっサイド?

 昨日コンサにアシストのツイッターに衝撃の文言が。

       https://twitter.com/consaniassist
(あ、そうそう。今日のトレーニングでガブちゃんワイドだったよ。ワイド!?あり得る!)

 このツイッターを受けてかなり掲示板が活発な動きを見せた。

 なんでサイドなんかに使うんだという声が大きかったように思うが、思うにさすがのミシャでもここまでFWでやってきた選手をコンバートしないだろうと言うのが正直な気持ち。

 サイドがルーカスの怪我で手薄と言うこともあり、ガブちゃんを試しに使って見るかという感じだったのではないだろうか。


 ポジションを複数できる方がいいということと、FWは好調のロペスとジェイがいるので、試合中に突っ込むとしたらサイドもできたほうがいいという考えのことではないかと勝手に推測する。

 まだ、見ていないうちからいうのも適切ではないが、やはりガブちゃんはFWの選手だろう。

 点をとってもらうのが仕事だと思う。

 おそらくはルヴァンカップの鹿島戦はベンチに入ると思う。その際にどんな選手かじっくり見たい。

 他のチームで続々と新外国人が出場している中、はたしてガブちゃんはどうくらい活躍してくれるか。非常に楽しみだ。


            
                           勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:15 | 選手のこと | コメント(5) | トラックバック(0)

2021年05月13日

守備ではミンテが出られないなら大八を真ん中にした方がいいと思う。

 オフィシャルには出でいないがここ数試合試合に出ていないのが、ルーカスとミンテそしてチャナ。

 チャナは3週間くらいという情報もどこかで出ていたが、正直真偽はまったくわからない。そして彼らの完全合流がまた新聞記事に出ていないから川崎F戦は厳しいだろうか。

 川崎F戦はもちろん厳しい戦いになるが、守備のことを考えれば川崎FはFWはおそらくレアンドロ・ダミアンが先発で来るだろう。

 長身だけに本来はミンテに抑えてもらいたいが、どうだろうか。しかし、ミンテの合流はまだないようだ。そしてそれを抑えるために真ん中に宮澤では厳しいような気がする。

 それなら大八を真ん中にした方がいいと思う。

 大八は自分では右CBの方が足下の技術も向上するし良いと言っていたが、駿汰と大八では現状、駿汰の方が足下は上。駿汰を右CBにした方がスムーズな攻撃ができて良いと思う。

 1度試合の途中で真ん中大八、右駿汰に変えた試合があったが、とてもスムーズな試合をしていた。

 川崎Fはサイドからのクロスをダミアンに合わせるボールも多い。これこそ真ん中に大八の出番ではないだろうか。

 大八には他の試合で右CBをやってもらうことにしてもしミンテが出られなければ大八を代わりにするということを考えた方がいいと思う。

 ミシャは当然どうするか考えていると思うが、確率を考えれば大八を真ん中にした方が良いと考える。


          
                           勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:59 | 戦術 | コメント(4) | トラックバック(0)

2021年05月12日

川崎Fには引いてはダメ。前からいかないと可能性がゼロになる。

 日曜日はいよいよJ1の「ラスボス」川崎F戦。今年の川崎Fは昨年にも増して攻撃力がアップしてまさに無敵状態。昨年から20戦無敗。その相手と対戦する。昨年はオールコートマンツーマンがビタリはまって、アウェイで番狂わせをして勝ったが、今年は非常に厳しいとしか言いようがない。

 第3者的に見て10回戦って1回勝てばいい方だろう。

 川崎Fは昨年負けたことに対してかなり気持ちを入れて戦ってくると思う。   
 一つの隙も見せないつもりで来るだろう。その相手と対戦しなければいけない。

 正直、勝てるとは思っていない。

 しかし、同じ11人でやるサッカー。可能性はゼロではない。

 1つ目は日程の有利性

 川崎Fは今日仙台と試合して日曜日は中3日になる。コンサは中6日

 この日程の差は大きい。なによりミシャが川崎F用の戦術を埋め込むことができる。

  また、川崎Fの選手の疲労もあるだろう。

 対川崎Fで後ろに引いてブロックを作るやり方は「死」を意味すると言ってもいい。昨年からこのようにやってきた対戦相手はほとんどずたずたに守備を引き裂かれ、失点を重ねた

 2つ目は川崎Fは厳しくこられると意外に弱い。

 今年の名古屋も川崎F2戦目は割り切って前から行って2-3と接戦を演じた。

 コンサもできないことはないだろう。昨年、フルコートマンツーマンで川崎Fを破ったが、おそらくはほぼ昨年と同様に前から行って守備をはめるやり方をとってくるだろう。

 3つめは右サイドの家長を徹底的にマークする。

 マンツーマンになるが右サイドの家長と山根のコンビはずっと出場しているので、逆にマークしやすい。

 家長からパスを出てくるのでここを徹底的にマンツーマンでマークする。そうすれば右サイドバックの山根もゴール前に出にくいだろう。
 
 フルコートマンツーマンを今年もやるかどうかはわからない。川崎Fも当然、対策は練ってくるだろうし、昨年勝った試合は11月で涼しかったが、今は初夏と言ってもいい気候。フルコートマンツーマンをやるとしても90分やるのは無理だろう。

 しかし、前からいかないと即、死に至る。やる価値は十分にあるし、それしか勝つ可能性はないと思う。

  はたして無敵の川崎Fにどう戦うか。ミシャがどう考えていてどう戦うかを注目したい。

      
        
                           勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

  
  

posted by 孔明 |19:27 | 戦術 | コメント(4) | トラックバック(0)

2021年05月11日

徳島戦の失点。駿汰の動きは正解か?それとも不正解か?

 徳島戦で失点した場面、コーナーからだった。相手につききれず。フリーにして折り返されて入れられた。

 その場面を見てみると徳島の折り返した垣田が大外にいて垣田をフリーにして簡単に折り返しのヘッドをしていた。

 その前にコンサの何人かがポジション取りで徳島の選手とやりあっていて外に出られなかったようにも見える。そのコーナーの直前にコーナーがあってその際には駿汰が垣田についていてそのコーナーでも垣田に向かってボールが行ったが駿汰がクリアしていた。

 垣田のマークが駿汰で垣田をフリーにして折り返された。

 駿汰個人を責めるつもりは毛頭ない。

 徳島のセットプレーの約束事があって群れからコンサの選手を出させないようにして垣田をフリーにさせたのも大きかっただろう。

 ただ、駿汰の守り方はべったり垣田をマークしていたわけではなく、相手がボールを蹴ったら垣田に改めてつくやり方で、同じく徳島の長身DFジエゴについていたロペスが最初からジエゴに懸命についていたのと違って違和感があった。

 この駿汰個人の一見ゾーンにも思えるマークの仕方は正解なのだろうか。

  駿汰は以前もマークを外してしまってゴールを許したシーンがあったことを覚えている。

 チームのやり方でプロのコーチが指示していることだろうから簡単に悪いとは言えないが果たしてこの駿汰の動きはどうなんだろうか。



     
        
                           勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

  

posted by 孔明 |20:04 | 戦術 | コメント(3) | トラックバック(0)

2021年05月10日

暑さと疲労が重なる中では勝ち点3をとれたことを良しとしないと。

 暑さのなか、連戦の中、かなり選手たちは疲労して足が動かなかったと思う。

 前半から決定的なシーンがまったくない状態でおまけにロスタイムに失点してしまったが、ジェイの投入から少し流れが変わった。

 しかし、決定機は得点した2回だけで、相手の決定機も少なかったがなんとかアウェイで勝ち点3を持ち帰ってくれた。

 ミシャの采配は相変わらずでチャナが怪我で出場できないとなればシャドーは判で押したようにいつもの駒井。
 いつも機能していないのにどれだけ頑固なのか。ミシャの頭の中はまったく理解不能。

 そして前半はまったくチャンスがなかった。

 守備は厳しいマンツーマンをしたわけではなく、相手のGKとDFがボールを持てばある程度は行くが基本的にはブロック敷いて守るという選択。暑さや連戦の疲れからすれば妥当だったと思う。

 攻撃では、前半は特になかなかロペスにボールがいかなかった。またセカンドボールをほとんど拾えなかった。

 暑さと疲労とで動きが悪かった。

 それでも悪いなりに点をとれたのはよかった。こういう試合で勝ち点3を拾えれば万々歳だ。

 失点は相変わらずコーナーから。

 ファーのマークをはがされたのかしなかったのか2人がノーマークになって折り返された。ここは防げるだけに何度も録画を見て研究してほしい。

 ミスがなければ防げる場面なのでもったいない。

 攻撃は組織的な形がまったくとれなかった。しかし、あの状態ならやむを得ないだろう。

 とにかく勝ち点3をとれたことを良しとしなければ。





   
        
                           勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:08 | 今節の反省 | コメント(4) | トラックバック(0)

2021年05月09日

前半は捨てゲーム、池内主審のロスタイム8分の嫌がらせをなんとかしのいで逆転勝ち。

 2ー1で逆転勝ち。

 前半駒井をシャドーにしてまたダメだなと思ったらやはり案の定。駒井の契約にシャドーで使うって契約でもあるのか?

 前線にボールいかず、ロペスが孤立。小柏もボールがこなくてなかなか本来の力を発揮できない。駒井はスペースがありながらシュートをうたずパスを選択。

 話しにならない前半だった。後半勝負と思ったが、前半ロスタイムに失点してしまう。相手のコーナーから。

 ファーにだれもつかず、折り返され入れられた。何度もコーナーを与えた状態でなぜかファーをフリーにしてしまったので失点は時間の問題だったろう。

  後半はさすがにジェイを投入。後半の序盤も徳島にボールを握られたがなんとか耐えていると、福森が相手をかわして前線にあがり、クロス。ジェイがヘッドで落してロペスが右足のシュートはあたりそこないだったがうまくゴールに入った。1-1

 そのあとも相手にボールを握られなかなか決定的なシーンがない。

 そのうち金子のへッドが相手GKにわたるもGKがのこぼして前に落し、それをロペスがボールを奪って奪いに来るGKをうまくかわしてシュート。バーにあたるもゴール。2-1で逆転した。

 そのあとはしっかりブロックを作って守った。WBを青木と柳にかえてしぶとく守った。ロスタイムがなんと8分と言う主審池内のいやがらせにも大八を入れてロングボールを半返して試合終了2-1でようやく勝った。

 今日の試合内容は非常に悪かった。相手にボールを支配され、決定的なチャンスは得点のシーン位だった。
 暑さも敵だったが、しっかりブロックを作って、カウンター狙いが効いた。
それでも毎回駒井をシャドーにおいて前半をまったく捨てた状態にするのはどうしてか?素直に青木をシャドーにすればいい話だろう。

 本当に最初からストレスのかかる試合だった。

 最後はなんとロスタイムが8分。信じられなかった。完全に主審池内のミスと言うか嫌がらせだろう。

しかし、それでも勝ったのは良かった。アウェイ勝ったので良かった。

 とにかくミシャには十分反省してほしい。もっとも同じことを繰り返し前半は捨てゲームになるのだろうけど

posted by 孔明 |17:53 | 今節の反省 | コメント(10) | トラックバック(0)

2021年05月08日

徳島戦展望(パスを奪ってショートカウンター。サイド攻撃を活発に)

明日はアウェイ徳島戦

  前節の湘南戦は風が強く、ロングボールを中心に攻めたが、精度が伴わず。得点がとれなかった。後半終盤風下で危ないシーンも菅野のファインセーブやオフサイドなどで救われた。スコアレスドローだった。この試合はアウェイだが徳島が昇格組と言うことと、徳島が現在3連敗中、徳島が守ってカウンターのチームではなく、ポゼッション中心のチームということで、相性が良く、必ず勝たなければいけない相手だろう。

 徳島は新外国人監督でなかなか入国できず、ヘッドコーチが指揮をしていたが、それでも昇格組としては健闘。しかし、皮肉なことにポヤトス監督が指揮をとるようになってから負けがこんでいる。

 徳島のシステムは4-2-3-1

 位置からしっかりビルドアップして攻撃してくる。ロングボールも効果的に使ってきて、こぼれ球を拾って攻撃する。守備は前からきてショートカウンターが得意


   徳島予想メンバー

                             11宮代


                            10渡井

 24西谷                                                      7小西
              

                    13藤田チマ          8岩尾


  2田向       14カカ     20福岡         15岸本

                        21上福元

 控え GK31長谷川、DF5石井、22征也、MF23鈴木、5杉森、38バトッキオ、FW19垣田

 徳島はGKから丁寧にビルドアップしてつなげてくるチーム。そして長短のパスをつなげて攻撃してくる。守備は前から厳しくはめてくる。

 時々ロングボールも蹴って前線を走らせてくる。

 ただ、最近は攻撃のスピードが遅く、相手がブロックをつくった守備を崩せないシーンんが目立つ。

  サイド攻撃はサイドバックが上がってきて、人数をかけて攻撃してくる。

 サイドでいかに優位に立つかがポイントだろう。
 また、かなり前からプレスをかけてくるので、いかにいなしてボールをつなげるかも重要だと思う。

 徳島の攻守の中心はボランチの岩尾。攻守の起点になっている。オールラウンダーのボランチでここからパスも出てくるので自由にさせないようにしたい。

 こちらの予想メンバーは以下のとおり


                    ロペス

          小柏                金子

菅                                   青木

               駒井        高嶺 


            福森   宮澤      駿汰

    
                  菅野

  控え 大谷、大八、柳、深井、荒野、ドド、ジェイ

 明日は連戦で夏日になると思われるのでオールコートマンツーマンはやらないだろう。

 ある程度ブロックを敷いて守るという形かもしれない。

 徳島は低い位置からパスをつなげてくる。暑さもあるし、ゾーンで引いて守って簡単にパスをつなげさせないようにしたほうが良いと思う。

 パスを遮断してパスミスを拾ってボールを拾ったらショートカウンター。それが一番良いと思う。

  ただ、中盤では厳しくチェックに行ってボールを奪いたい。相手にボールをわざと持たせることがいいと思う。

  サイド攻撃がどのくらい効果を発揮するかがポイント、金子と菅がいかに相手のサイドの深い位置にいけるか。

 サイドチェンジも有効だろう。いつものように幅を広く、縦を深く使って攻撃を仕掛けよう。

  セットプレーから得点していきたい。徳島は特にコーナーからの失点が多い。

 徳島のコーナーの守り方はゾーンとマンツーマンの併用。

 ショートコーナーやニアやファーを使ってマークを外して得点をしていきたい。
 また、徳島はバイタルを空ける傾向がある。サイドに奥深く入り込んで、折り返してスペースに入ってシュートを打ちたい。

 この試合はアウェイだが勝たなければいけない試合。徳島はまだ新監督の戦術が浸透していなく、なかなか結果が出ていない。チャンスだ。
  とにかく勝とう。


 要注意選手は岩尾
 期待したい選手は青木  
    予想スコア
    3-0


                                   
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''

posted by 孔明 |20:35 | 次節の展望 | コメント(3) | トラックバック(0)

2021年05月07日

徳島は必死で連敗阻止を図ってくる。うまくいなして得点を重ねたい。

 日曜日は徳島戦。四国はもともと相性が良くないが、徳島は昇格してきたチームだけにアウェイだが必ず勝っておきたい相手だ。

 徳島は新外国人監督が入国規制で合流が遅れ、ようやくチームに合流。4試合目になるが、リーグ戦は3連敗中、なかなか戦術浸透がうまくいっていないようだ。

 このような状態はこちらはチャンス。選手の能力の把握もあまりうまくいっていないようだし、ここで勝たないといつ勝つ?といった状態だろう。

 徳島はポゼッション率の高いチーム。GKからボールをつないでしっかりとボールを運び攻撃してくる。

 また、守備は前からはめてくる。

 本来、我がチームは守ってカウンターのチームには相性がよくないが、徳島のようにつないでくるチームには相性はいいはず。

 相手はボールを握ってくるので、こちらも相手のミスを誘うような守備をしてショートカウンターから点をとりたい。

  日曜日は徳島は夏日になると思うが、札幌も20度超えの日が続いている。10度以上の差はないと思うので、さほどビハインドにはならないと思う。

 徳島は3連敗中でホームで必ず勝利を目指して激しく前に出て戦ってくると思う。それをうまくいなしつつメリハリをつけた攻守で戦ってほしい。

 セットプレーはチャンスだ。徳島は5試合連続セットプレーから失点している。とにかくどんな得点でもいいから点をできるだけ入れて勝ちたい。
 

  
        
                           勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:57 | 戦術 | コメント(0) | トラックバック(0)