スポンサーリンク

2020年07月04日

動きが重くてプレスが甘くパスの精度が悪かったが、なんとか勝った。

 2対1で勝利。

 なんとか勝ったがお世辞にも褒められる内容ではなかった。

 開始2分で左サイドのチャナのグラウンダーのクロスが武蔵にわたってシュート。相手DFに防がれるも、そのこぼれ球をゴールに叩き込んだ。
しかし、そこからが良くない。相手のワンタッチのパスに翻弄されて2人行っても潰せず危ないシーンが。失点は、まさにその状態。

 縦パスを入れられてうまく反転されてボール前に。菅野と1対1になったところをうまくかわされて失点した。

 その後も、ミラーゲームを臨んできたスペースがなくて相手になかなかパスを回せず、縦パスが全く入らず。とにかくジェイにボールが入らずに苦労した。

 苦し紛れのロングパスは精度を欠いた。

 ボールを持たれ失点も時間の問題かと思ったがなんとか前半は1-1で終った。非常に内容が悪かった前半

 後半はミシャの叱咤が効いたか、出だしから攻勢に。

 チャナのスルーパスに、武蔵が反応、武蔵が飛び出して難なくゴールを決めた。2-1
その後は駿汰や高嶺をいれて中盤を締めて、セカンドボールを拾えてきてそのまま逃げ切った。
 チャンスだったのはジェイが落としてチャナが飛び出しフリーになって

 右から走ってきたジェイにパス。決まったかと思ったが、ジェイの右足のシュートは枠を外した。これは決めたかった。

 終盤には危ない位置でファウルを犯しFKを与えたがうまく外してくれて助かった。ルーカスや駒井、金子を投入して逃げ切った。

 とにかく勝ったのは良かった。

 初戦なので結果が必要だったがなんとか勝ち点3を獲ったのはよかった。

 しかし、内容は本来目指していたのとは遠かった。

 試合をやっていないと言うことが、モロに出てしまったんだろう。
 
 プレスは甘く、2人行っても潰せない。パスの精度も悪かった。

 しかし、これから徐々に慣れていく必要があるだろう。

 まずはほっとした一戦だった。


     
                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |20:30 | 今節の反省 | コメント(1) | トラックバック(0)

2020年07月03日

横浜FC戦展望(簡単にカウンターをさせないで、パスミスを誘って得点しよう。)

 いよいよ明日J1リーグが再開される。
 横浜FCとの対戦。

  対する横浜FCは昨年J2で戦うもシーズン後半になって、攻撃的な戦術がはまって自動昇格した。久々のJ1を戦う。
 ベテランのカズと中村俊輔を擁していろいろ注目されているクラブだ。

  横浜FCのシステムは4-2-3-1
 もしかしたら3バックにしてくるかもしれない。
しっかり後ろからつないでサイド攻撃が基本。圧倒的な総力を誇る両サイドハーフが
上下動して攻撃を完結させる。

                 横浜FC予想スタメン、サブメンバー

                          9一美
    
                        46中村
     37松尾                                   27中山

            30手塚          6瀬古  

   14志知         20ヨンアピン  19伊野波     3マギーニョ

                              44六反

  控え GK18南、DF5田代、34熊川、MF22松井、7松浦、23斉藤、FW10イバ

  FWの一美は昨年J2の京都で17得点とブレイク。ポストプレーがうまく、シュートの精度も高い。決定力をもつフィニッシシャーだ。簡単にボールをキープさせないようにしたい。

 トップ下の中村は説明が必要ないくらいのレジェンド。この年でも結構走り回ることができ、ボールキープ力にも優れている。福森とのFK対決が見もの。簡単に仕事をさせないようにしたい。

   左サイドハーフの松尾は昨年特別指定選手ながらレギュラーに定着。ドリブルが得意で突破力を持っている。この選手をサイドに押しやることが勝利への近道だ。

  右サイドハーフの中山はスピードスター。スペースがあればどんどん入ってくる。また、クロスの質が高い。彼には前方にスペースを与えないようにしたい。


 ボランチの手塚は柏からのレンタル。かつて天才と言われ、ゲームメイクに優れている。パスの精度やミドルシュートも強烈。横浜FCの心臓だ。簡単にゲームを作らせないようにしたい。

  もう一人のボランチの瀬古が大卒ルーキー。ゲームを作り、相手に厳しくいってボールを刈りとることもできる。落ち着きがあってルーキーとは思えない選手。
 また、スペースに入っていくのもうまい。開幕戦では得点をとっている。
彼の前に大きなスペースを空けないようにしたい。

 左サイドバックの志知は昨年水戸でブレイクした。攻め上がりが得意で、キックが正確。
  ミドルシュートも持っているので、十分に気を付けたい。

 右サイドバックのマギーニョは川崎Fからのレンタル。高い攻撃力を持っていて、スピードがある選手。得点力ももっているので攻め上がりには注意したい。

 CBのヨンアピンはボール奪取に優れ、ビルドアップ能力も持っておる。ここを破らないと得点はできない。

 もう一人のCBの伊野波は元日本代表。上背はそんなにないが、空中戦に強く、1対1にも強い。守備力があって、ビルドアップの能力にも優れている。ヨンアピンとの連携を崩して得点したい。

 GKの六反は1対1のセーブに強く、ハイボールも得意、コーチングに優れている。足元がうまく、監督のサッカーに合っているGKだ。

 控えのGKの南は大ベテラン。ずっとチームを支えてきた。セービングがうまく、クロスの反応も良い。

  控えのCBの田代はボランチもできる選手。ボール奪取能力に優れ、ビルドアップ能力も持っている。セットプレーも得意で横浜FCの攻撃のセットプレー時には彼の頭に注意したい。

  控えのサイドバックの熊川はいわきFCからジャンプアップ、御多分に漏れず屈強な選手で、スピードがある。

 
 控えのボランチの松井は大ベテラン。昨年はスイパーも経験した。ドリブルが得意でシュート力も持っている選手だ。

  控えのサイドハーフの斉藤はユース出の最高傑作。ドリブルが得意でどんどん仕掛けてくる。試合の後半に出てこられると嫌な選手だ。

 控えのトップ下の松浦はドリブルが得意でそこからのシュートを持っている。キレのあるプレーが得意なのでバイタルに簡単に侵入させないようにしたい。

  控えのFWのイバは決定力がある選手。J2時代のチームを得点力で支えてきた。屈強でシュートに威力がある。簡単にシュートを打たせないようにしたい。


   横浜FCはしっかりつないでくるチーム。GKからつないで、スピードアップしサイドから攻撃してくる。
 サイドハーフの松尾と中山の走力は高く、特に松尾のスピードは圧倒的だ。スペースがあればどんどんスペースに入っていく。この2人には要注意
 
 またカウンターが得意でスピードに乗ったプレーは圧巻だ。

 中断期にはプレッシャーのかけかたの練習を徹底したと言うことで、高い位置からプレスをかけてくると予想される。
 
  ボールを低い位置で奪われれば大ピンチになるだけに十分に気を付けたい。

 ただ、中山はスペースがなければあまり活きないのでスペースを作らないようにしたい。

 セットプレーも気を付けたい。中村の正確なキックがある。コーナーも気を付けないと合わせられると失点につながる。
 横浜FCのビルドアップは1枚のボランチがDFラインに降りてきてそこからゲームを作る。
 ここを簡単に作らせないようにこちらもプレッシャーをかけていきたい。

 またCB同士の連携を乱したい。激しく前から行ってミスを誘おう。

 こちらの攻撃はできるだけワンタッチでパスをつなげて相手を食いつかせスペースを作り上げてそこをついていきたい。

 ボールを持てる展開になるはず。

 引いた相手を崩すことになると思うが決して焦らずパスをつなげて相手を崩してシュートまでもっていきたい。
 しかし、明日は横浜は雨の予想。できるだけパスをまわしていいが、時にはロングボールを加えて戦術の幅をもたせたい。  

 コーナーはマンツーマンとゾーンの併用。
 マークをうまくかわしてシュートまでいきたい。
 
  リモートマッチになるだけにアウェイの不利はほとんどないはず。

 ボールはかなり持てると思う。ただ、持ちすぎで相手に奪われカウンターをあびると言うのが一番やってはいけない試合。


 とにかくフィニッシュまで行くことだ。

 シュートは枠にうまくサイドを狙ってゴールを決めたい。

 ハイププレスは暑さがあるだけにメリハリをつけて行ないたい。

   ただ、相手のつなぐサッカーはこちらのチャンスでもある。高い位置でボールを奪ってシュートまで行こう。

  開幕戦に負けているから勝利がほしい。

   決して楽な相手ではないが、必ず勝ち点3をとろう。




   

            
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター


posted by 孔明 |19:37 | 次節の展望 | コメント(2) | トラックバック(0)

2020年07月02日

再開はもうすぐ。今シーズンは川崎Fや鹿島に勝って2位以内を目指したい。

 土曜日からようやくJ1リーグ戦が再開する。

 相手は横浜FC

 今年、J2から昇格してきたチームだ。
 カズや中村俊輔などベテランが多いチーム。しかし若手も育ってきている。

 横浜FCの開幕戦はアウェイで神戸だった。

 ボールを握られながらもカウンターから得点。その後失点したがアウェイで引き分けた。

 こちらとしては開幕戦で負けているだけになんとか勝ち点3をとりたい。

 また、リモートマッチでサポーターの応援の声が入らないだけに、いかにモチベーションを高くして臨むかだろう。
 その点は選手たちも試合に飢えていて問題はないと思う。
 まずは強力な攻撃陣がやってくれるだろう。

 

 今シーズン変わったことと言えば、選手交代。J2愛媛対徳島では3点リードされた愛媛が同時交代などで徳島を逆転した。

 昨年のデータでは交代選手が得点したのはわずか1点と交代策があまり機能していないように見えるが、増えた交代選手をいかにうまく活用するかも課題だろう。

 ただ、今年は有望な新卒選手等の加入で交代選手の活躍は必ず見込めると思う。

 先行逃げ切り型のチームだが、勝負強さも発揮していきたい。

 ここぞと言うときに点をとれるような場面に持って行き、接戦をものにしていきたい。  
 そして、若手をどんどん使っていってほしい。 

 新卒選手やユース出身の選手等が多いので、リーグ戦にも使っていって成長させてほしいし、その中から化ける選手に期待したい。

 今年は降格がないので思い切った戦いができると思う。選手起用、采配は大胆なことができる。 

 ただ、やはり目指してるのは2位以内。若手の起用と成績を求めるのは難しいがACL出場は達成してほしい。


  今年は勝てない川崎Fや鹿島に是が非でも勝ちたい。

 特に鹿島は今年はチャンス。早速アウェイのリモートマッチで対戦があるのでここで勝ちたい。
  上位争いのライバルは川崎FやFC東京、神戸、浦和あたりだろうか。

 終盤まであきらめることなく、戦っていきたい。

 

 再開まであと2日。アウェイが続くが盛り上げて、スタートダッシュをはかろう。






   
                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |19:46 | 今季 | コメント(4) | トラックバック(0)

2020年07月01日

横浜FC戦のメンバー勝手に予想

 いよいよJ1リーグが再び始まる。土曜日は横浜FCとの対戦

 果たしてどんなメンバーで臨むか

 この試合は横浜FCとの対戦だけを考えていればいいという訳でもない。連戦が続くので次の中3日の鹿島戦やその次の湘南戦のことも考慮して、メンバーを考えなければいけない。
 鹿島戦を重要視するなら鹿島戦に主力を持ってきて、横浜FC戦をサブ中心にするという考え方もある。

 しかし、横浜FC戦も鹿島戦も勝利の勝ち点は3
横浜FC戦に勝って勢いを持って鹿島戦に臨むというのが良いのではないか。

 故に主に主力を横浜FCにあてるという考え方が良いと思う。

 ただし、ジェイは練習試合の鹿島戦に2得点と活躍したから相性を考えて鹿島戦に先発したほうが良いのではないか。

        横浜FC戦予想メンバー

             武蔵

      チャナ       金子

  菅                     駒井

         深井   荒野

      福森  宮澤      進藤

              菅野

 控え カウィン、直樹、駿汰、高嶺、白井、ルーカス、ジェイ


 右ウイングバックは横浜FCの左サイドハーフがスピードがあって突破力のある松尾なので臨機応変な守備ができる駒井の方がよいと思う。
 また、白井は次の鹿島戦に左ウイングバックを任せると考えれば控えの方がいいだろうか。

 次にスイーパーは宮澤、ミンテ、駿汰のいずれかだと思うが、横浜FCのワントップが若い一美と予想されまた、再開初戦と言うことで経験のある、いなし方のうまい宮澤の方がいいだろうか。
  しかし、勝手な思いつきに過ぎないので開けてみないとわからない。



                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |19:52 | 戦術 | コメント(4) | トラックバック(0)

2020年06月30日

はたして横浜FC戦の先発の右ウイングバックは誰になるか。

 再開初戦、ウイングバックは左は菅で決まりだと思うが右は正直わからない。19日の紅白戦では主力は駒井がやっていたし、それ以前の紅白戦では主力は白井がやっていた。他にルーカスもいるし、早坂もいる。

 ここも結構層が厚い。

 正直駒井か白井のどちらかだと思うが、ふたを開けるまでわからない。

 駒井ならボールを持つことができて、中に入っていく動きもできる。

 白井なら突破する力があってドリブルもできる。得点する力も持っている。

 この2人のいずれかでも相手を圧倒するプレーはできる。

 横浜FCの左サイドは松尾。昨年、特別指定でレギュラーに定着、ドリブルが得意で突破力がある。今や横浜FCの攻撃の核だ。

 ここを抑えることが勝利への近道だ。

 駒井と白井の守備を考えると駒井の方が安定感があるが、攻撃は最大の防御と考えれば白井の方に軍配があがるだろうか。

 どちらでも大丈夫だと思うが、前半は駒井で行って様子を見て、白井を投入するということも考えられるし、ルーカスを投入することも考えられる。

 いずれにしても層が厚いこちらの方が有利だと思うが、横浜FCの攻撃ポイントが左のサイド攻撃だからかなり慎重に選手の選択をしなければいけないだろう。

 次節の鹿島戦のこともある。ウイングバックはターンオーバーすると思うが、そうするとどういう順番にするかも考えてやらなければいけない。

 横浜FC戦の先発の右ウイングバックがいったい誰になるか注目だ。


                
                勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |19:32 | 戦術 | コメント(3) | トラックバック(0)

2020年06月29日

シャドーもかなり激戦区、横浜FC戦は右は金子が先発か?

 チームで1番層が厚いのはボランチだがシャドーも結構層が厚い。

 左はチャナで決まりだが、右はロペスがブラジルからなかなか帰ってくることができなくて、心配な面があるが、金子がいることで、問題はあまり生じないだろう。

 ジェイがワントップの時には武蔵が入ることで、攻撃力が増す。
 
 また、シャドーをやれる選手は駒井、ルーカス、中野、ふじれん、檀崎と駒が豊富だ。

 今シーズンは過密日程だが、このように豊富な駒を持っているので、シャドーに関しては問題ないように思われる。


  昨日のスポ新の金子のインタビューでは主力が出た1、2本に90分出場したと言っているのでもしかしたら横浜FC戦は金子がシャドーで先発かもしれない。

 そうなると自動的に武蔵がワントップ、ジェイが控えということになる。そうならくても鹿島戦には金子はシャドーで先発するのではないだろうか。

 他にもこのこのところルーカスがシャドーをやっていてシャドーもかなり競争が激しい。

 また、中野もシャドーがいいと言うことでやっていて、虎視眈々と先発を狙っている。

 非公開で行われたJ1との練習試合は最終チェックでそこに1本目、2本目で起用された選手が横浜FC戦の先発に近いと思われる。

 そのとおりだと、右は金子が先発になるが、果たしてどうなるだろうか。




               
                勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |20:01 | 戦術 | コメント(2) | トラックバック(0)

2020年06月28日

19日の紅白戦のメンバーはわかったが、昨日の練習試合の情報はまったくない。

 昨日の練習試合は完全非公開だった。スポ新にも相手は全く出ていない。わかるのは45分4本をやったと言うこと。金子が1本目と2本目に90分間出ていたと言うだけだ。

 スポーツ報知は1、2本目がレギュラーと書いていた。

 他の関東のJ1チームの昨日の練習試合相手を見ると可能性としては横浜FMかFC東京のどちらかだろう。

 FC東京と対戦して勝ったと言う話もある。(真偽は不明)

 ところで昨日、JCOMのGOコンサドーレで19日に宮の沢で行った紅白戦の模様を映していた。


主力とみられるメンバーは

         ジェイ

      チャナ     武蔵

菅                    駒井
       深井  荒野

福森  宮澤   進藤

         菅野


サブとみられるメンバーは

          ドド

      ルーカス    金子

檀崎                   白井

       高嶺   駿汰  

直樹    ミンテ  早坂

        カウィン





 昨日の練習試合はどんなメンバーかわからないが、1週間前のメンバーはこうだった。

 駿汰がしばらく主力のスイーパーだと思っていたが宮澤に代わり、右ウイングバックは白井だと思ったが、駒井に代わっていた。もっとも横浜FCのメンバーとも思えないがこの布陣が基本だろう。

 問題は次の中3日の鹿島戦を考えてある程度主力をばらけさせるかどうか。
 更に言うとジェイの先発をどっちに持って行くか。
 考え方によって違うだろう。

 対鹿島練習試合でも結果を出した、ジェイを鹿島戦で先発させ高さで圧倒するか、それとも横浜FC戦にジェイを先発させて全力で行ってまず勝ちに行くか。

 これはミシャの考え次第。

 個人的には再開初戦からジェイで行って獲りに行くような気がするが、昨日の練習試合で金子が主力組に入ったと言うことであれば、ジェイは控えで行くような気がする。

  いずれにしてもアウェイと言ってもリーモートマッチだから是が非でも勝ちたい。
とにかく最善の手を打ってほしい。




            
                勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |17:59 | 練習試合 | コメント(3) | トラックバック(0)

2020年06月27日

来週の横浜FC戦まであと1週間

 J2.j3が再開・開幕し、いよいよという感じ。J1も来週から再開でワクワクが止まらない。

 スポニチは見開き2面で大きく取り上げていた。

 J1~J3の各チームの代表選手に意欲を聞いていた。

 わがチームは宮澤は
「リーグ再開が決まりワクワクしている。タイトルへのモチベーションは高いので今年は獲りたい。連戦が多くなるので全員しっかり戦いサポーターの思いを背負ってプレーしたい。」

 宮澤のコメントは良いががあまり重荷に思わずにやってほしい。サポーターの思いは当然あるが、それに押しつぶされることなく思い切りやってほしい。幸い今シーズンは降格はない。やりたいことを思い切って試せるはずだ。

 新しい選手をたくさん試すことや新しい戦術を試すことができる。とにかくこれから半年間気負わず、思いきりやってほしい。

 そういえば今日の練習試合はどうだったか。

  最後の練習試合になったが悔いのない内容だったろう。

 横浜FC戦まであと後1週間。

 怪我などをなくしてやってほしい。

 関東はかなり蒸し暑いと思うけど1週間たって少しは慣れただろうか。
 
 再開初戦は必勝を願っている。


         
                勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |19:08 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年06月26日

ボランチのレギュラー争いはチームで一番熱く厳しい。

 チームで一番熱いのはボランチのレギュラー争い。

 ここのところ練習試合等では主力組に荒野と深井が起用されているようで、宮澤もレギュラーの座は危うい。また、高嶺も虎視眈々と狙っている。
 そして駒井はボランチが一番やりたいポジションでだろうし、本当にし烈だ。
 本来は駿汰も加わるが駿汰はスイーパーのレギュラーをとりつつあるので、ボランチ争いには加わらないか。
 
 数年前までは、荒野と深井のコンビは良くなかった。

 2人とも潰し屋と言うことと、荒野のパスの正確さがいまいちだったので、そのようなことになっていたように思えるが、最近は、荒野のパスが正確になってきたことと、深井が大けがから回復して、かなり動けるようになったことで、互いに補完しあう関係になってきたことが大きいと思う。

 一方、宮澤は2人に比べて守備範囲が広くないと言うことと、動きが少ないと言うことで、2人よりも先発での出場機会が減るかもしれない。

 もしかしたら宮澤はボランチよりもスイーパーの方が出場機会があるかもしれない。

 また、高嶺はジェイに期待をかけられているように基本は潰し屋だが、長短のパスが正確で気持ちもあって、足元の技術にも優れている。前述の3人にも劣らないばかりか、もしかしたら今シーズンの後半くらいにはレギュラーをとっているかもしれない。

 サポーターからしたらボランチのポジションが4つ位あったらと思うことがあるかもしれない。
 かなり高いレベルでの争いは、本当にたいへんで厳しい。

 

 しかし、中盤でボールを奪える、拾える、持てるということがミシャサッカーの肝なので、ボランチがよりポジション的に重要だろう。


  とにかくボランチのレギュラーが誰になるかがかなり気になる。

 再開日は誰と誰になっているか注目したい。




      
                勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 




posted by 孔明 |19:48 | 戦術 | コメント(3) | トラックバック(0)

2020年06月25日

武蔵は裏抜けに磨きがかかり、体重が増えてパワーがついた。

 武蔵が好調だ。火曜日の練習試合でも2得点。武蔵は6月からの全体練習での紅白戦でも結構点をとっていた。

  練習試合では得意のDFの裏を抜けるプレーで点を獲っていたようだし、また、足の速さを最大限に利用して2点目をとっていた。

 それでもインタビューでは「まだまだやれる。」とどん欲なところを見せていた。

  武蔵の武器はそのスピードだが、紅白戦のダイジェストなど見ると足元のテクニックも見せている場面もあって、かなり自信を深めているように思えた。

 また、春先から比べて4キロ太ったそうで、もちろんただ太ったわけではなく、パワーに加わったとのこと。武蔵は身長の割に体重は軽く、相手DFとのパワー比べでは負けていたところもあったので、これで屈強なDFに対しても負けないパワーはついてきたのではないだろうか。

 そうはいってもやっぱり武蔵はやはりスピードに乗ったプレー。それに益々磨きがかかってきた。カウンターが一番得意だ。

 武蔵にはそのまま好調さを維持してもらって再開後もどんどん得点をとってほしい。

  武蔵が点をとるためにはやはり攻撃のスピードが必要だと思う。
 カウンターやショートカウンターが一番だ。

 そして攻守の切り替えの早さが武蔵にとって有利になる。

 攻守の切り替えを早くすれば相手が自陣に戻ってブロックを作る前に攻撃できる。
その場合には武蔵が活きるスペースが前方に多くある。

 武蔵が得点できるような環境づくりが必要となる。

 とにかく武蔵には得点王を狙ってほしい。それだけの可能性は十分ある。
 再開が本当に楽しみだ。 



    
                勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 




   

posted by 孔明 |19:52 | 選手のこと | コメント(2) | トラックバック(0)