スポンサーリンク

2020年07月29日

神戸にもゼロトップ戦術を行うか?

 日曜日はイニエスタ擁する神戸と対戦、観客数制限試合とは言え、かなりチケットが売れているようだ。もちろんイニエスタ目あての人もいるだろう。はたしてちゃんとくるかどうかも気になるが、万が一これなくても神戸はポゼッションサッカーをきっちりやってくる。  

 しっかりGKからつないで緩急をつけた攻撃をしてくる。

 そんな相手に対していかに戦うか。横浜FMで見せたゼロトップ前線動き回りの戦術を使ってくるだろうか。

 この戦術は相手がつなぐサッカーをしてくる場合、とラインが高い場合には非常に有効だと思う。神戸もつなぐサッカー。またラインも高めだ。神戸はそしてCBに上背が高い選手が揃う。そうなるとジェイやドドを並べても圧倒的に有利とは言えない。

 ここは横浜FM戦と同じく地上戦を挑んだほうがいいと思う。

 前線からプレスを厳しくして神戸のパスミスを狙う。神戸の失点はショートカウンターが多い。神戸のパスミスを狙って高い位置からショートカウンターが一番良い戦術だと思う。

 この戦術の肝はやはり動き回れる選手が多いと言うこと。荒野やチャナそして駒井が次週自在に動き回る。中野が出場出来るかどうかはわからないが、できないとしたら金子か。しかし、金子を交代の切り札とするならふじれんを先発に入れる手もある。

 どんな状態かわからないがふじれんの調子がいいのならチャンスを与えてもいいような気がする。                                                                

 もちろん神戸も横浜FM相手に行った戦術を研究しているはず。ロングボールを多用することも考えているかもしれない。

  どんな戦術で神戸と戦うか。横浜FM戦の戦術があるので神戸も疑心暗鬼になっているのではないか。

 横浜FMのゼロトップ戦術で試合をやる前から神戸に対しては有利な状況だと思う。

 神戸も状態は悪くないがとにかく勝つしかない。

 果たして対神戸に対してどんな戦術を立てるのか。



                      
                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 




}
}

posted by 孔明 |19:27 | 戦術 | コメント(2) | トラックバック(0)

2020年07月28日

ミシャ曰くクレージー?な監督の戦術を考える。

 ミシャが誇った「次のトレンドになる。」どこでもやれる選手をそろえた機動力をもったゼロトップ。

 横浜FMには昨年までは4バックを敷き、相手の3トップに数的優位をとることで抑えようとしていた。

 そして今年の6月中断期に横浜FMと行なった非公開の練習試合で1-3で負けていたそう(スポーツ報知より)。そこで考えたのだろう。

 自らの持つ武器を最大限に活用しようとした。もっともここには過密日程でジェイやドドの疲労を考慮した面もあっただろう。

 それをゼロトップとはミシャは本当に思いきった手を使った。

 ミシャは冗談と前置きしながら「私自身は典型的なサッカーというものの概念から考えれば、少しクレイジーな監督だと自分でも思っている。」と言っているがまさに常識にとらわれない策を考えた。

 また、普通なら横浜FMにはワントップを置いて2シャドーにして前からプレスをかけて相手のミスを誘う作戦を行なうと思うが、FWを置かない前線で必ずしも得点力がない彼らを使うなど考えられないことだった。

 この戦術は2トップでトップ下を置き、その下にいつでも飛び出せるボランチ1人を置いてその4人がポジションチェンジして流動的に動くもので、相手はかなり面食らったと思う。海外サッカーは詳しくないがゼロトップのような戦術は海外にはあった。(70年代のアヤックスや86年W杯のアルゼンチン代表、90年代のバルセロナなど)

 ただ、前線の複数の選手がポジションチェンジして連動して前線で動き回るのはなかなかなかったのではないだろうか。(定かではない。)

 ミシャの言うようにこれがこれからトレンドになるかどうかはわからないが、動き回れる選手が前線で何人もいておのおのがポジションにとらわれることなく動き回るのはなかなか破壊力がある。

 ミシャの好きなトータルフットボール(ポジションが流動的でかつ全員攻撃全員守備)?で
結果を出したことはミシャ自身もかなり自信を持ったのではないか。

  武蔵が欠場して得点力に乏しくなったチームの得点力アップの起死回生の戦術だったと思う。

 駒井や荒野、チャナ、中野は普段あまり得点をしていない。(チャナは微妙だが)そういった選手をあえて前線に置くことで得点せざるを得ない状況を作り出して結果を出させた。

 次にこの戦術を引き続き使うかどうかが注目になる。いつもこの戦術をとれば当然、対抗策をとられる。ここぞという時に使う。メンバーを5人も代えられる今年は使いやすい手だと思う。 
  

 はたして次の神戸戦はどうするか注目したい。


                      
                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 




}
}

posted by 孔明 |20:10 | 戦術 | コメント(3) | トラックバック(0)

2020年07月20日

荒野の代わりは誰?できるだけターンオーバーをしてほしい。

 FC東京戦までもうあと2日。荒野が1試合の出場停止ということで次のボランチをどうするかそして日曜日にも横浜FM戦があり連戦になるということでメンバーをどうするか悩みどころだろう。

 仙台戦はミスもあったが疲労感があった福森と菅を後半交代させた。FC東京戦のことも考えたのだろう。さらには日曜日の横浜FMを見据えてターンオーバーするかがポインとだと思う。
 まずボランチだが幸いボランチには困らない。また、深井は連戦で先発には使わないかもしれない。

 駿汰や高嶺、駒井もいる。また、中野やふじれんもできる。荒野の欠場もさほど問題は起きないだろう。

 駿汰はスイーパーの人選にも影響してくる。宮澤が仙台戦をフル出場だったので、休ませるかもしれない。駿汰はスイーパーに入ると言う考えもあるだろう。仙台戦は高嶺が良かった。

 ボランチは高嶺を軸に考えた方がいいいのではないか。加えてFC東京のボランチは今年明治大学卒の安部が入る。高嶺とはライバル。高嶺の心にかなり響くだろう。その高嶺を使わない手はない。高嶺を潰し屋としてその相方に駒井をおけば中盤を制することができるのではないかと思う。

 高嶺と駒井は練習試合でもたびたび組んでいた。連係はとれるだろう。

 ミシャはメンバーを固定する監督だが、さすがに日曜日までの連戦となるとメンバーをターンオーバーしなければいけないはず。
 
 その時期はこのFC東京戦ではないか。

 高嶺はもしかしたら仙台戦に不調だった福森の代わりとして左CBとして考えるかもしれない。しかし、福森はリベンジを狙っているはず。福森は公式戦は全て出たいといっているから、疲労がかなり残らない限り使うと思う。


 他のポジションもできる限りターンオーバーしてほしい。シャドーには金子を使ってチャナとのコンビは面白いだろう。

 この連戦をどうするかはミシャの腕の見せ所。 

 FC東京戦に勝たないと川崎FやFC東京にますます離されてしまう。このFC東京戦こそポイントになる試合。慎重にメンバーを考えてほしい。




   
                
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター


posted by 孔明 |19:32 | 戦術 | コメント(4) | トラックバック(0)

2020年07月15日

近年ミシャの戦術はより柔軟になってきた。

 湘南戦の前半は湘南が攻めあぐんでいた。なかなかコンサの陣地に入れなかった。その主な原因はコンサがある程度引いて守って湘南の好物のスペースを消したからだろう。

 前半湘南のチャンスは石原のポストに当たったシュート位だった。

 後半は湘南はさすがに考えたのかロングボールを使って、セカンドボールを拾う作戦に。ジェイとドドがプレスにいかなかった?いけなかった?ので、結構自由に蹴り込んでいた。

 対湘南に対してはミシャは以前からある程度引いてスペースを消す作戦を実施していた。

 湘南戦はその意図が鮮明に出た試合だったが、このところ今年の目玉の戦術だったハイプレスが影を潜めている。

 鹿島戦もそんなに前から行っていなかった。もっとも夏の蒸し暑い中でハイプレスは難しい。その意味では現実的だな思っている。

 もっともアウェイの4連戦。ただでさえ、暑い時期。そしてアウェイの連戦で疲労した中ではハイプレスは難しいだろう。

 ハイプレスはホームで涼しいドームで徐々にやり始めるのではないだろうか。

 とにかく今の暑い時期、連戦の疲労の中では現実的な戦術が有効だろう。

  以前のミシャなら強引に自分の戦術を押し通したような感じがしたが、もちろん暑さもあってのことだと思うが、かなり柔軟な戦術をとるようになってきた印象がある。

 そういう意味ではミシャは、近年はより現実的な監督になってきたのだろうと勝手に思っている。



                    
                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 




}
}

posted by 孔明 |19:56 | 戦術 | コメント(3) | トラックバック(0)

2020年07月10日

湘南戦のワントップは?ターンオーバーするか?

 武蔵が全治2週間と言うことで、湘南戦の出場はないだろう。そして3連戦の最後。主力選手はかなり疲労がたまっているはず。
 
 ということで湘南戦はどんなメンバーで臨むのか?

 ジェイも足の打撲で昨日は別メニュー

 ジェイを先発で使うかどうかもポイントだ。

 横浜FC、鹿島戦を主力メンバーで戦ったのでおそらくターンオーバーするのではないかと思う。

 そうするとワントップが誰かと言うことになる。ジェイを使わないなら、ドドあるいは困った時の早坂か。サポーターの間では早坂という声も大きい。また、宮澤という声もある。

 確かにドドは未知数。練習試合のダイジェストの短い時間しか見たことはないが、シュートまでの形に行くのは結構うまそう。

 練習試合でも結構点を決めていたのでドドがくるかもしれない。あるいはやはり早坂か。おそらくはジェイは湘南戦に間に合うと思うが無理はさせたくない。サブで様子を見ることになるのではないか。

 シャドーは金子がスタメン濃厚という報道もあった。

 やはりここは大胆なターンオーバーをしてほしいところ。

 サブメンバーの成長のためにも必要だろう。

 福森のようにできるだけ試合に出たいという選手もいるが、この連戦でかなり疲労をためた選手も多いはず。

 湘南はこの連戦はターンオーバーしたので、動きはいいはず。こちらも動きをよくするにはフレッシュな選手が必要だ。

 ミシャは選手を固定化するのがすきだが、そんなことも言っていられないだろう。
 とにかくやるしかない。



   
            
                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |20:03 | 戦術 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年07月06日

今年は付け込む隙がかなりある。大卒3人に期待。鹿島に勝とう。

 水曜日はアウェイ鹿島戦。鹿島にはもちろん対戦成績は非常に悪い。アウェイでは今まで勝ったことがない。

 しかし、今年はチャンスだ。鹿島は新監督になって戦術が大幅に変わりまだ、戦術が十分に浸透していない。また、外国人もフィットしていない。
 外国人のポジションもまだ手探り状態だ。
  これはかなり可能性がある。

 ただやはりそこは鹿島、個人個人の能力は高く、最後、個人技の戦いになればなかなか勝つことは難しい。

 また、中3日での戦いにもなる。はっきりいって選手層は鹿島よりは薄い。

 おまけにジェイと武蔵は前節90分出場し、疲労が残った中での戦いになるだろう。

 そうはいってもリモートマッチだし、相手のサポーターの応援もない。

  ここは、是が非でも勝ち点3がほしい。

 コンサも昨年に比べて選手層が厚くなった。

 なにより、大卒3人の加入が大きい。

 キャンプ中で試合勘がない中、ミシャも戻るには3、4試合が必要と言っていたが、サポーターはやはり対鹿島と言えば、勝ちたい思いはかなり強いだろう。

 一昨年は後一歩と追い詰めながらアウェイで勝てなかった。昨年はホームは鹿島の老練さに負けてしまった。アウェイでは引き分けがやっとだった。

 ここは新しい力に賭けてみたい。

 大卒の3人が先発になるかどうかわからないが、試合には出場するだろう。彼らのパワーに期待したい。

 
 鹿島は名門で戦い方はうまい。しかし、今年は付け込む隙がかなりある。
 とにかくやってやろう。鹿島に勝とう。





        
                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |19:40 | 戦術 | コメント(6) | トラックバック(0)

2020年07月01日

横浜FC戦のメンバー勝手に予想

 いよいよJ1リーグが再び始まる。土曜日は横浜FCとの対戦

 果たしてどんなメンバーで臨むか

 この試合は横浜FCとの対戦だけを考えていればいいという訳でもない。連戦が続くので次の中3日の鹿島戦やその次の湘南戦のことも考慮して、メンバーを考えなければいけない。
 鹿島戦を重要視するなら鹿島戦に主力を持ってきて、横浜FC戦をサブ中心にするという考え方もある。

 しかし、横浜FC戦も鹿島戦も勝利の勝ち点は3
横浜FC戦に勝って勢いを持って鹿島戦に臨むというのが良いのではないか。

 故に主に主力を横浜FCにあてるという考え方が良いと思う。

 ただし、ジェイは練習試合の鹿島戦に2得点と活躍したから相性を考えて鹿島戦に先発したほうが良いのではないか。

        横浜FC戦予想メンバー

             武蔵

      チャナ       金子

  菅                     駒井

         深井   荒野

      福森  宮澤      進藤

              菅野

 控え カウィン、直樹、駿汰、高嶺、白井、ルーカス、ジェイ


 右ウイングバックは横浜FCの左サイドハーフがスピードがあって突破力のある松尾なので臨機応変な守備ができる駒井の方がよいと思う。
 また、白井は次の鹿島戦に左ウイングバックを任せると考えれば控えの方がいいだろうか。

 次にスイーパーは宮澤、ミンテ、駿汰のいずれかだと思うが、横浜FCのワントップが若い一美と予想されまた、再開初戦と言うことで経験のある、いなし方のうまい宮澤の方がいいだろうか。
  しかし、勝手な思いつきに過ぎないので開けてみないとわからない。



                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |19:52 | 戦術 | コメント(4) | トラックバック(0)

2020年06月30日

はたして横浜FC戦の先発の右ウイングバックは誰になるか。

 再開初戦、ウイングバックは左は菅で決まりだと思うが右は正直わからない。19日の紅白戦では主力は駒井がやっていたし、それ以前の紅白戦では主力は白井がやっていた。他にルーカスもいるし、早坂もいる。

 ここも結構層が厚い。

 正直駒井か白井のどちらかだと思うが、ふたを開けるまでわからない。

 駒井ならボールを持つことができて、中に入っていく動きもできる。

 白井なら突破する力があってドリブルもできる。得点する力も持っている。

 この2人のいずれかでも相手を圧倒するプレーはできる。

 横浜FCの左サイドは松尾。昨年、特別指定でレギュラーに定着、ドリブルが得意で突破力がある。今や横浜FCの攻撃の核だ。

 ここを抑えることが勝利への近道だ。

 駒井と白井の守備を考えると駒井の方が安定感があるが、攻撃は最大の防御と考えれば白井の方に軍配があがるだろうか。

 どちらでも大丈夫だと思うが、前半は駒井で行って様子を見て、白井を投入するということも考えられるし、ルーカスを投入することも考えられる。

 いずれにしても層が厚いこちらの方が有利だと思うが、横浜FCの攻撃ポイントが左のサイド攻撃だからかなり慎重に選手の選択をしなければいけないだろう。

 次節の鹿島戦のこともある。ウイングバックはターンオーバーすると思うが、そうするとどういう順番にするかも考えてやらなければいけない。

 横浜FC戦の先発の右ウイングバックがいったい誰になるか注目だ。


                
                勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |19:32 | 戦術 | コメント(3) | トラックバック(0)

2020年06月29日

シャドーもかなり激戦区、横浜FC戦は右は金子が先発か?

 チームで1番層が厚いのはボランチだがシャドーも結構層が厚い。

 左はチャナで決まりだが、右はロペスがブラジルからなかなか帰ってくることができなくて、心配な面があるが、金子がいることで、問題はあまり生じないだろう。

 ジェイがワントップの時には武蔵が入ることで、攻撃力が増す。
 
 また、シャドーをやれる選手は駒井、ルーカス、中野、ふじれん、檀崎と駒が豊富だ。

 今シーズンは過密日程だが、このように豊富な駒を持っているので、シャドーに関しては問題ないように思われる。


  昨日のスポ新の金子のインタビューでは主力が出た1、2本に90分出場したと言っているのでもしかしたら横浜FC戦は金子がシャドーで先発かもしれない。

 そうなると自動的に武蔵がワントップ、ジェイが控えということになる。そうならくても鹿島戦には金子はシャドーで先発するのではないだろうか。

 他にもこのこのところルーカスがシャドーをやっていてシャドーもかなり競争が激しい。

 また、中野もシャドーがいいと言うことでやっていて、虎視眈々と先発を狙っている。

 非公開で行われたJ1との練習試合は最終チェックでそこに1本目、2本目で起用された選手が横浜FC戦の先発に近いと思われる。

 そのとおりだと、右は金子が先発になるが、果たしてどうなるだろうか。




               
                勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |20:01 | 戦術 | コメント(2) | トラックバック(0)

2020年06月26日

ボランチのレギュラー争いはチームで一番熱く厳しい。

 チームで一番熱いのはボランチのレギュラー争い。

 ここのところ練習試合等では主力組に荒野と深井が起用されているようで、宮澤もレギュラーの座は危うい。また、高嶺も虎視眈々と狙っている。
 そして駒井はボランチが一番やりたいポジションでだろうし、本当にし烈だ。
 本来は駿汰も加わるが駿汰はスイーパーのレギュラーをとりつつあるので、ボランチ争いには加わらないか。
 
 数年前までは、荒野と深井のコンビは良くなかった。

 2人とも潰し屋と言うことと、荒野のパスの正確さがいまいちだったので、そのようなことになっていたように思えるが、最近は、荒野のパスが正確になってきたことと、深井が大けがから回復して、かなり動けるようになったことで、互いに補完しあう関係になってきたことが大きいと思う。

 一方、宮澤は2人に比べて守備範囲が広くないと言うことと、動きが少ないと言うことで、2人よりも先発での出場機会が減るかもしれない。

 もしかしたら宮澤はボランチよりもスイーパーの方が出場機会があるかもしれない。

 また、高嶺はジェイに期待をかけられているように基本は潰し屋だが、長短のパスが正確で気持ちもあって、足元の技術にも優れている。前述の3人にも劣らないばかりか、もしかしたら今シーズンの後半くらいにはレギュラーをとっているかもしれない。

 サポーターからしたらボランチのポジションが4つ位あったらと思うことがあるかもしれない。
 かなり高いレベルでの争いは、本当にたいへんで厳しい。

 

 しかし、中盤でボールを奪える、拾える、持てるということがミシャサッカーの肝なので、ボランチがよりポジション的に重要だろう。


  とにかくボランチのレギュラーが誰になるかがかなり気になる。

 再開日は誰と誰になっているか注目したい。




      
                勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 




posted by 孔明 |19:48 | 戦術 | コメント(3) | トラックバック(0)