スポンサーリンク

2020年05月18日

サッカージャーナリストの清水さんはコンサの優勝を予想していたが。

 
 サッカーシャーナリストの河治さんと清水さんの対談

 今年の優勝の予想に清水さんはコンサと言っていた。

しかし、
「トランジションをどうするかなあ。今季はカウンタープレスを志向していますが、過密日程では辛いと思う。後ろでゆったり回すか、割り切って引くか。いずれにせよゲームスピードを落として、のらりくらりと意図して戦う要素がないと。開幕戦みたいなノーガードの打ち合いは明らかに厳しい。」
また、
 「ミシャはおそらく、攻守どっちもアグレッシブに行けと言うのかな。浦和は経験のある選手が多かったので、「ミシャはああ言ってるけど、俺たちは割り切るところは割り切って判断しようぜ」みたいなバランスがあり、ミシャもそれを尊重する様子がありました。でも札幌はまだミシャに対して、素直というか、愚直に彼のアイデアを実践しようとする気がする。そこが勝負事としては、心許ないですね。過密日程を賢く乗り切れるかどうか。」

 確かに一番心配しているところは、夏場に暑さで前からの守備ができなくなった時のやり方。
  それでもある程度前から行けとミシャはいうだろうけど、ミシャもさすがに夏の暑い時には考えるだろう。ハイプレスは控えると思う。

 そうなると後ろで回して一気にロングボールが増えるのではないか。

 幸い福森やチャナというキックの精度が高い選手がいるのでそこで武蔵やロペスを走らせることができる。

  プレスの位置も変えるかもしれない。そこらへんは柔軟にすべきところ。

 中断期間が明けてどんなレギュレーションになるのかもわからないが、どのような戦術になっていくかも楽しみだ。
  

      http://www.legendsstadium.com/column/12/313/



     
              勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |19:45 | 戦術 | コメント(2) | トラックバック(0)

2020年05月03日

右ウイングバックは白井か?ルーカスか? 

 右のウインバックはボランチ、シャドーに次いで競争が激しい。

 昨年は白井がレギュラーをとって、シーズン終盤にはルーカスも巻き返したが、ここのポジションは白井、ルーカス、駒井及び早坂がレギュラー争いをしている。

 駒井はセンターのポジションへのチェンジを明言していたし、早坂は先発よりも控えの方が監督にとってはやりやすいことから、主に白井とルーカスの争いだろう。

 白井は突破力もあるし、ドリブルの能力もある。ルーカスはドリブルが得意で個の力をもっている。ここぞという時には決定的なチャンスを演出してくれる。

 白井は、ドリブルはトラップ、パスの精度と高いレベルを持っている選手だ。

 守備もそこそこ頑張れる。ルーカスは仕掛けるのがうまく、押せ押せのムードの時には切り札となる。

 どちらを先発に使うかは一概には言えないが、対戦相手にもよるだろう。

 また、相手が先発を読んできてなら駒井を先発にすることもいいと思う。

 基本的には守備もできる白井を先発に、控えにルーカスを置いて、点を取りたいときにルーカスを入れて点を取りに行くと言う形ではないだろうか。

 対戦相手によってはルーカスを先発でもいいと思う。

  最初からガンガン仕掛けて点を取って逃げ切るという戦いもできるだろう。

 一番いいのは先発は白井で言って、点が取りたいときにはルーカスを入れる。



 点が離れていて守るときには駒井か早坂を入れて守備を強化する。

 右ウイングバックはチームの生命線。いかにここを起点にして点をとるか。

 コンサにとって右ウイングバックの出来はその試合の結果をかなり左右する。その言う意味では層が厚いと言うことは良いことだ。

 右ウイングバックの選手起用の選択は重要だ。




         
              勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |18:32 | 戦術 | コメント(2) | トラックバック(0)

2020年04月23日

檀崎はシャドーが適任か?ウイングバックが適任か?

 月曜日は直樹と檀崎のインスタグラムトークライブがあった。そのなかでのコメントに檀崎がどのポジションが好きかというものもあった。

 檀崎は急にウイングバックをプレーするように言われ、練習を行っているらしい。

  檀崎は高校時代サイドハーフだった。

 昨年は主にシャドーで試合に出たので、てっきりシャドーでずっとやると思いきやWBとは、特に左は層が薄いので、層が厚いウイングバックと比べて出場の機会は多いだろう。

 ただ、当然だがサイドハーフとウイングバックの動きは同じサイドと言えどもだいぶ違う。ウイングバックの動きの方が最終ラインまで戻って守備をしなければいけないだけに単純に上下動の距離が長い。

 特に今のチームでは守備が多く求めらるだけに守備を強化しないとダメだろう。

 檀崎のウイングバックはルヴァンカップの鳥栖戦の1度だけ45分しか見ていない。その時ははっきり言ってダメだった。本人も相当自覚があったはずだ。

 思い切りのある檀崎の良さは完全に失われていた。

 この1度の機会だけで評価するのは良くないが、WBはかなり厳しいとしかいえないだろう。

 ここで檀崎はシャドーで行くべきかウイングバックで行くべきかを考えてみたいと思う。

 今の状態を見ていないのでわからないが、本人もやりたくなくて成果が出ていないなら辞めるべきとも思っていたが、現代は複数ポジションをやって当たり前。できないとばかり言っても仕方ないのではないかと考え方を変えた。

 チャレンジすることが大切だと思う。

 若いので何事も経験。1年間やってみて適性を判断するのもいいのではないか。

 本人がどこをやりたいかも重要だが、どこができるかも重要だろう。

  その意味ではどんどんチャレンジしてほしい。

  とにかく精一杯やってほしい。そのことが檀崎の成長を促すと思う。



                         
          勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |19:48 | 戦術 | コメント(6) | トラックバック(0)

2020年04月17日

ワントップは武蔵で行くべきか?ロペスで行くべきか?

 鹿島との練習試合ではロペスがワントップで先発した。これまでジェイや武蔵をワントップとして使う場合が多かったが、ロペスをワントップにしたのは、新鮮だった。

 昨年前半までは武蔵をワントップにロペスをシャドーという形が多かったが、昨年の終盤あたりからロペスをワントップに武蔵をシャドーという形が多くなった。

 これはどうだろうか。

 ワントップにどちらを置くか議論の余地があるかと思う。

 武蔵をワントップに置くなら、ロングボールで一発武蔵を走らせてということもできるし、ハイプレスにも対応が可能。

 ロペスをワントップに置くなら前線でタメができ、攻撃の時間が長くとれる。

 個人的にはロペスをワントップに置くべきと思う。

 

 ロペスは鹿島との練習試合でも頑張ってプレスに行っていたし、武蔵はシャドーだと後ろから飛び出してスペースに抜け出すと言うこともできる。

 またロペスをシャドーに置くとボールをもってこね回すと言う悪癖もでる恐れもある。 タメができる分ロペスをワントップで置いた方がいいと思う。

 もっとも武蔵のワントップも魅力がある。スペースにより早く出てゴールまで目指すこことができる。

 対戦相手でも変わってくるだろうか。ロペスをワントップにしたり、武蔵をワントップにしたり。もちろんこの2人限定で書いているがジェイのワントップももちろん有力だ。

 はたして再開後誰のワントップで行くか興味がある。


            
          勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


}

posted by 孔明 |19:45 | 戦術 | コメント(4) | トラックバック(0)

2020年04月12日

スイーパーは駿汰でいくか、ミンテの復権がなるか。はたまた宮澤か。

  チームで気になるポジション争いの一つがスイーパーの争い。

 昨年はミンテが多く守ってゴール前に鍵をかけていたが、ビルドアップを重視する試合には宮澤が入っていた。今年は駿汰が入って、競争が激しくなった。

 練習試合ではこのところ駿汰が1本目に入ることが多くなった。駿汰のビルドアップ力を買っているのだろう。

 ただ、屈強な外国人FWに対してはどうだろうか。駿汰は結構あたりに強いが、慎重に比べ体重が軽いので吹っ飛ばされるという懸念もある。そういう意味ではミンテは昨年まで当たり負けはしなかった。

 ミシャの中では駿汰を育てたいのかもしれない。駿汰が屈強になれば、ビルドアップ力もできるし鬼に金棒な選手になると思うのだが。

 ただ、駿汰にはボランチをやってほしい。駿汰はボランチが一番彼が活きるポジションだと思っている。

 宮澤はもしもの時でいいと思う。宮澤もボランチがいい。ピンチの時に宮澤の出番があれば良いと思う。

 ミンテがこのところ1本目のメンバーから外されているのが気になる。調子が悪いのかそれとも駿汰をどうしても使いたいからか。

 ミンテも結構ビルドアップはうまい方だと思う。ただ、やはり宮澤と駿汰と比べれば劣る。
 今後このポジションに誰を当てはめるか、気になる。

 このまま駿汰で行くか。それともミンテの復権なるか。





          勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


}

posted by 孔明 |18:24 | 戦術 | コメント(4) | トラックバック(0)

2020年04月03日

前線の組み合わせをどうするかが興味深い。

 今日から全体練習が再開された。

 注目したいのはまずは前線の組み合わせをどうするか。

 練習試合の鹿島戦はロペスがワントップに入った。

 今はまだいろんな組み合わせを試している最中だろうが、やはりロペスや武蔵だとハイプレスが効いてくる。

 ジェイを先発にするとやはりプレスがあまり効かずに守備がうまくいかないこともあるだろう。
 であれば、やはり基本は武蔵かロペスのワントップ。ジェイはここぞというところで出場していいところで点をとってほしい。

 シャドーはチャナが決まりだろう。あと1人をどうするか。ロペスがワントップなら順当ならば武蔵が残りのシャドーか。しかし、何度も言っているが、ボールが持てて起点となる選手がもう1人ほしい。その意味では金子が適任ではないかと思っている。

 チャナと金子のコンビで前線をかき回し、ためを作って攻撃をどんどん仕掛ける。

 この2人のどちらかが潰されても残り1人で起点になって攻撃できるとかなり有利になる。

 2年前のチャナと三好の関係がだぶる。この2人で率先して攻撃を仕掛けてほしい。

 しかし、まずはどんな組み合わせがいいか。本州へ行ってまた、練習試合をすると思うのでどんな形でやるだろうか。

 いずれにしても前線の組み合わせがどうなるか興味深い。




   
      勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


}

   

posted by 孔明 |20:29 | 戦術 | コメント(2) | トラックバック(0)

2020年03月27日

再びハイプレスの話。

 月間コンサドーレで武蔵のインタビューがあった。そこにハイプレスの話が出ていた。また平川さんのコラムにもハイプレスの話が出ていた。

 興味をひかれて読み込んだが、2人とも同じことを言っていが印象に残った。

 武蔵は「プレスに行くなら前も後ろも行き切る」と言ってたし、平川さんは「前線の選手がハイプレスをかけたら後ろの選手たちはゾーンを捨ててマンツーマンで相手にプレッシャーをかける。」

 ともに前線と連動して後ろの選手は行くべきと言ってる。

 もりろんやみくもに行っても仕方ないが、やるなら徹底的にアリの隙も出さないようにやるという姿勢が必要だろう。そういう点では練習試合の鹿島戦は良くできていた。

 また、どうしてもアリの隙ができて相手にかいくぐられた場合には、いかに後ろの選手が相手のボールフォルダーに寄せるか。

 自分の守るエリアを捨ててマンツーマンDFに行くか、ゾーンで守って寄せてか瞬時に判断しなければいけない。

 しかし、そういう場合にはえてして余裕がなくて相手のボールフォルダーの前に広大なスペースが生じている場合が多い。

 その場合には一生懸命走って、寄せてDFに行くしかない。

 いかに1対1で防ぐかということに専念しなければいけない。

 この話を出すと川崎Fのプレスをパス思い出すのだが、川崎Fのプレスはかなりしっかりしている。前から行ってしっかり後ろも連動して、ボールを簡単に前に出させないようにしている。学ぶところは多いと思う。 

 しかし、コンサもようやく形になってきた。鹿島戦はワントップにジェイではなくロペスを置いたことも幸いしたと思うが、だんだんよくなってきた。

 

 やっぱりこういう戦術をものにするのには慣れと経験というのも大きいだろう。

 そういう意味では中断期間があるおかげて戦術がうまく浸透するようになってきた。 とにかくしっかりハイプレスをやり切ることだ。
 


   
     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


}

posted by 孔明 |20:10 | 戦術 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月24日

ハイプレスはだいぶ形になってきた。

 今シーズンのミシャの戦術の一つはハイプレス

 武蔵が半月前にだいぶ形になってきたと言っていたが、練習試合の鹿島戦はハイプレスはまずまず機能していた。特に勢いのある前半はかなり前から行って鹿島の攻撃のスピードを遅くしていた。

 ハイプレスが漏れたものも何度かあったが、福森や駿汰が素早く戻ってなんとか防いでいた。

 ハイプレスはかなり定着してきたという印象だ。

 特に鹿島戦はロペスがワントップに入り、前から厳しく寄せたりプレスバックを仕掛けたりと、動き回っていた。ロペスは得点という結果は出せなかったが、前半は特によく動いて頑張っていた印象だ。

 ワントップに誰を入れるかで戦術は当然ながら変わるはず。ジェイもよくやっているが、ロペスほど動き回れない。

 その場合は他の選手との連携をどうするか、全体的にプレスをかける位置も変わってくるだろう。

 そこらへんはミシャも細かく指導しているに違いない。

 それにしても中断期間が長いおかげで、戦術もある程度熟成させることができている。

 もし、中断期間がなかったら、シーズンの序盤はかなり難しい試合が続いたのではないかと思う。

 もっともこれとて本番でどうなるかはわからないが、開幕戦のようにはならないだろう。

 ハイプレスは相手のパスワークを分断して、相手の攻撃を遅らせる意味も持つ。いかにカウンターを許さないかもポイントだろう。

 プレスに行く限りはしっかり潰さないと、漏れた選手が飛び出し1対1の対応や悪ければ数的不利の対応を迫られる。

 くれぐれもそういうことが少なくなるように、もっと精度を上げてほしい。



       勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:41 | 戦術 | コメント(2) | トラックバック(0)

2020年03月23日

駒井のCB起用について

 練習試合の鹿島戦。駒井は右CBだった。

 進藤が怪我で出場できなかったことでミシャが考えたことだと思うが、上背がない駒井をCBにするなどミシャくらいしか思いつかないのではないだろうか。

 個人的には以前は違和感があったが、駒井の球際の強さだったり、ボールへの寄せの速さ、ポジショニングなどで、問題なくこなしていて、攻撃では素早く前方にパスをだして攻撃の起点になっていた。また白井とのコンビで右サイドをかなり攻めていたし、ミシャのチャレンジは成功と言えたと思う。

 ただ、高さがないので身長が高い外国人ストライカーとかの対応についてはまだわからない。サイドからクロスをいれられた時の対応とか、高さを武器にやられればかなり苦しいのではないかと思う。

 鹿島戦ではかなり攻め上がるシーンが多かったが、中途半端にボールを奪われた時には、なかなか戻れずカウンターを浴びたりしたこともあったが、これはパスミスを減らすことと、連携を深めて他の選手でカバーをしっかりやれれば問題はあまりなくなるだろうか。

 駒井の武器は後ろから素早く正確にビルドアップできることだと思う。駒井が右CBにいることで、素早くボールを散らし、攻撃のスピードを上げることができる。

  心配はやはり高さでごりごり押された時。いかに対応するか。あるいは駒井でなくて早坂あたりを使うか。

 そういえば濱はどうしたのだろうか。こういう時こそ濱が出てこなければいけない。
 CBを駒井に奪われている場合ではない。

 進藤はいずれ怪我から戻ってくる。いつ戻ってくるかはわからないが、その時までは駒井がCBに入ることが多くなるかもしれない。

 とにかく進藤の復帰を待つのと、駒井がさらにフィットするのを願いたい。



       勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:42 | 戦術 | コメント(2) | トラックバック(0)

2020年03月14日

練習試合でメンバーを代えていろいろと試している。

 チームは先日キャンプ中の最後の練習試合をやって1-2で負けた。詳細はわからないが、内容は良かったらしい。実際に見ているスポ新の記者らがそう言っていた。

  これまでの練習試合では守備の崩壊がみられたが、どうやら徐々に形を作ってきているらしい。

 非公開の練習試合ではロペスワントップが機能していたようで、チャナと武蔵の前線3人が好連携を見せて守備でもいい動きを見せたようだ。

 またCBもうまく相手の攻撃を抑えていた様子だ。

 ミシャの指導が徐々に良くなってきているのだろうか。

 武蔵のインタビューにもキャンプ後半からだんだんとよくなってきていると言っていたし、ハイプレスが着実に形になってきつつあるらしい。

 メンバーだけをみると、主力組と称せられる1本目のメンバーはよく替えている。

 ワントップだけ見てもジェイ入ったり、武蔵が入ったり、ロペスが入ったり。かなり替えて様子を見ているのだろう。どの組み合わせが形になっているのか、ミシャは見ているのだろう。 CB陣も福森、駿太、駒井をCBに並べて試行錯誤。ミシャにとってはCBは守備の要と同様にビルドアップで起点になる大事なポジション。これもいろんな選手を入れて試しているのだろう。

 特筆すべきは新卒の3人。いずれも1本目に試されている。 また、駿太と高嶺はここのところ連続して先発メンバーとなっているようだ。

 まだ中断期間中なのでいろんなパターンを試行している状態。中断空けまで2回ほど本州遠征があるようだからそこで固めていくのではないか。

 しかし、新型肺炎の影響でどう上げていくか難しいに違いない。なかなか読めない中で作っていかなければならないのはかなり大変そうだ。

 しかし、やらなければいけない。

 そんなメンバーがどんなパフォーマンスを見せてくれるのかは本当に楽しみ。
 できるだけ早く試合を行ってほしいというのがサポーターの願いだ。
 

  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

   

posted by 孔明 |20:19 | 戦術 | コメント(3) | トラックバック(0)