スポンサーリンク

2019年12月05日

川崎F戦はとにかく動き回りたい。ガチャガチャした展開にもっていく。

 いよいよ土曜日は最終戦の川崎F戦。

 月曜日に当ブログにも書いたが、とにかく個人的に川崎F戦は思い入れがある。サポーターも今年はルヴァンカップの決勝戦でカップに手がかかるまでいって川崎Fにさらわれたので、余計に勝ちたい気持ちが強いだろう。

 さてどう戦うか。

 ルヴァンカップでは先制しながらやや消極的な戦いをして逆転されてしまった。また延長になって相手が1人退場してからこれも消極的になって同点に追いつかれている。

  確かに川崎Fのパスワークに食いつけばそれを利用して食いついた相手選手を置き去りにして、数的有利をもって攻撃を仕掛けてくる、今年はかなりミスも多い。過剰に恐れる必要はないし、恐れたら勝てない。

 いつものホームで見せる、スタートから積極性をだしていけば良いと思う。

  また川崎Fと対戦した横浜FMの戦いを見ていると、やはりスピードを使って、運動量を使ったサッカーに持ち込めばいいのではないかと思う。

 川崎Fはショートパスを使って、相手を崩してくる。時間に余裕を与えれば与えるほど、素晴らしいプレーが出てくる。その余裕を与えないことだ。

 試合開始からは前から厳しく行って相手のパスワークを封じ、パスミスを狙ってボールを取りスピードある攻撃でシュートまでもっていく。

 カウンターがやはり有効。

 そのためには先発メンバーはワントップにジェイではなく、ロペスを使うのがいいと思う。
なぜ武蔵ではないかというと、ロペスなら前線である程度キープできるし、スピードもある。

 武蔵には慣れたシャドーでカウンターに頑張ってほしい。

 右ウイングバックはルーカスでドリブルでどんどん前に出てほしい。

 他のチームと違って川崎Fはドン引きにはならない。前にスペースはあるはず。ルーカスが生きるはずだ。

 また川崎Fはガチャガチャした展開が嫌だ。できるだけマイボールの時間を長くして
スピードを徐々に上げていってパスで崩していきたいはず。

 そうはさせないようにピッチをカオスになるような状態にもっていきたい。
要はこちらのペースにもっていくことだ。

 もちろん攻めてばっかりにはならない。相手の攻撃も当然、受けなければいけない。ただ、こちらもドン引きにはならないで勇気をもって前からプレスをかけよう。

 どうしてもDFの裏をとられたルヴァンカップの苦い思い出があるが、そこはパスを出させないようにボールフォルダーに厳しく行こう。

 引かなければいけないときにはしっかりブロックを作って守らなければいけない。

  ゆっくりとしたサッカーは相手の思うつぼ、とにかく動きを付けるべき。

 たいへんだが激しく動いて相手の考える時間を与えないことだ。

 消極的に行って悔いを残すのは一番ダメなパターンだ。

 どうせなら思い切って戦って、悔いを残さないでほしい。

 幸い最終戦だ。イエロー3枚の選手も思い切ったプレーができる。

 とにかく前から行く。これを徹底してほしい。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

 

posted by 孔明 |21:05 | 戦術 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年11月26日

深井は次節以降厳しくマークされるはず。そこをあえてチャンスととらえよう。

 磐田戦では深井のゴールが出た。

 公式戦で今年深井がコーナーから得点したのは3度目

 もはやまぐれではないだろう。

 本来、深井のコーナーにおける期待値はそんなに高く無かったので、相手のマークもそんにヘッドが強くない選手とか、厳しいマークがついていない。

 そこを狙って福森が深井に合わせている。

 これが何度も成功している。

 しかし、次の鳥栖戦や最終戦の川崎Fはうまくいくかはわからない。もしかしたら深井を相当マークしてくるかもしれない。

  鳥栖はマンマークだからヘッドの強い選手を深井につけてくるかもしれない。

 深井に強いマーカーがつけば他のコンサの選手にはそんなに強くないマーカーがつくので、ギャップができる。そのギャップを利用して得点をとれるのではないだろうか。

 ゆえに次節以降は考えた方がいいだろう。

 いままでの傾向を見てみると、進藤に一番強い選手、2番目にロペス、3番目に武蔵などつけてきている。もちろん対戦相手によって変わってくるだろうが、深井の順番は上がってくるのではないか。これを返ってチャンスととらえ、深井を外して誰かをめがけてキックするということも良いと思う。 

 チームそして福森が適宜判断してやってほしい。


    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      [[孔明ツイッター|http://twitter.com/kaxtutenisixtut

posted by 孔明 |19:39 | 戦術 | コメント(4) | トラックバック(0)

2019年10月30日

気持ちを切り替えて名古屋戦に勝利しよう。

 今週土曜日はホーム名古屋戦。

 選手達は気持ちを切り替えられただろうか。いつまでもルヴァンカップの決勝戦を引きずっていれば、名古屋戦は勝てないだろう。
 
 しっかり気持ちをを切り替えて臨みたい。

 名古屋はシーズン序盤はよかったが、だんだんと相手チームに対策をたてられ失速、9月に攻撃的な戦術をとる風間監督を更迭、守備的な戦術をとるフィッカデンティ監督を新監督に据えてチームを立て直している最中だ。

 180度戦い方が変わったチームだがまだ新監督の戦術がまだ浸透せず勝ち点に結びついていない。現在は攻撃か守備かで中途半端な状況だ。

 7試合勝ち無しで新監督での勝利はまだない。

 チームがまだ固まっていないので十分に付け入るチャンスはある。


 名古屋は攻撃は風間監督の頃の攻撃の戦術を主にとっている。ショートパスを重ねて相手のゴールに迫ってくる。サイドバックを上げてサイドを使って攻撃してくる。攻撃の迫力は十分に感じられるが、攻撃のスピードが遅く、なかなか得点に結びつけられていない。また、後半投入される切り札の赤崎が前節の仙台戦でイエローをもらって累積警告で 出場出来ないのがチャンスだ。
 
  守備は3ボランチを敷いて、中盤で落ち着きをはかるも新監督の元では無失点試合はまだない。
 こちらとしては必ず複数点をとって勝ちたい。

 名古屋とは前回アウェイでの対戦は0-4で大敗している。原因は雪で練習できなかったなどあるが、単純に戦力の差を発揮されたとも言えた。

 名古屋は、この試合のために2週間対策をたててきている。こちらは1週間というよりは実質は4日間。不利な状況にはあるが、ホームでもあるし、前回対戦で負けたリベンジを図らなければいけない。

  こちらも4試合勝利がないし、リーグ戦ホームで勝ったのは7月の湘南戦以来ない。久しく勝っていない。やはりサポーターに勝利を味合わせてほしい。

 また、勝って上位にいきたい。まずはこの試合には勝つしかない。

   とにかく気持ちを切り替えて名古屋戦に勝利しよう。


     勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:42 | 戦術 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年10月23日

ルヴァンカップ決勝戦川崎F戦をどう戦うか。

 土曜日のルヴァンカップ決勝まで中2日

 今日は選手達は対川崎F用の戦術練習をやったはずだ。

 川崎Fはリーグ戦は2連覇中

 そして対戦成績はJ1で最悪の相手、一番対戦相手としてはやっかいなチーム。ただ、そんな事ばかり言っていられない。決勝に出る以上勝たなければいけない。

 川崎Fはボールを持ってつないでくるチーム。パスは正確で一旦ボールをもたれたらなかなか相手にボールを渡さない技術を個々の選手が持っている。また、こちらがボールをもったら厳しく前からボールをとりにきてすぐさまボールを奪いに来てボールを奪うとまたフィニッシュまでボールを持っているというようなチームだ。 

 しかし、最近の川崎Fは怪我人が多く、パスミスも目立ち、攻撃の形は必ずしもよくない。つけいるチャンスは十分にある。

 

 川崎F相手に前から行くのはいいが、パスワークでプレスを外されそこからスピードあるカウンターを浴びる恐れがある。

 川崎Fにボールがある内はできるだけ、ある程度引いて守ってパスミスを待ち、ボールの奪いどころを決めておき、そこで奪うようにした方が良い。

  しかし、あまり引き過ぎると相手にスペースを支配され、セカンドボールを拾われてしまう。適度な距離は難しいが、ある程度決めてしまいそこで奪い取りたい。

  もっともチャンスがあれば一気に前進して相手を複数で囲みボールを奪うということも必要だ。

 攻撃は相手のサイドバックの横を徹底的に狙いたい。川崎Fは4バックなのでサイドにスペースがある。そこに入り込んで起点をつくり攻撃していきたい。

 ただ、当然相手もそこはケアしてくるはず。

 サイドを使ってから中を攻めて食いつかせギャップを生じさせそこからシュートまでもってくるというような攻撃を仕掛けていきたい。

 ロングボールも有効だろう。武蔵を走らせでDFの裏を狙うことを徹底してやりたい。そしてラインを下げさせ、ボールを持って攻撃したい。

 そしてカウンターの場面を多く作りたい。

 ボールをできるだけ高い位置で奪って素早く攻撃していきたい。

 試合が膠着したならセットプレーだ。

 コーナーやFKを多く獲って得点を決めたい。

 こちらのセットプレーは川崎Fはかなり対策してくるはず。昨日の外伝にも書いたがもっと工夫がほしい。工夫をこらして点をとろう。

  川崎Fは確かに難敵だが、勝てない相手ではない。最近のリーグ戦では結構点をとられている。とにかく強い気持ちを持って戦おう。
 


     勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 


posted by 孔明 |17:59 | 戦術 | コメント(4) | トラックバック(0)

2019年10月11日

第2戦の前線は?

 明後日はルヴァンカップホームの準決勝第戦G大阪戦。少なくとも1-0、または2点差で勝たなければいけない。

 ボランチより前をどうするかがポイントだろう。

 ここで問題になるのは前線の3人

  多くのサポーターが指摘しているが、ジェイ、ロペス、武蔵の前線では重すぎて、ポジ
ションも重なり、うまくいかないと思う。ビハインド時のパワープレーしか使えないだろう。

 本当はチャナがいれば一番いいがないものねだりをしてもどうしようもない。再び荒野をシャドーにするか。どうか。ミシャならまたそうしそうだが、あえて異を。

 荒野はシャドーではあまり攻撃力が高まらない。荒野は潰し屋で水を運ぶ選手ではない。本来は前目もできる選手だが、最近はボランチが多くて、前線はあまりやっていないのでやはり厳しい。

 本当はルーカスが最適だが、怪我明けとあっては仕方ない。他に誰かいるかと探すと。金子がいた。アウェイの試合では帯同していたが引き続き帯同しているかがそもそもあるが、帯同しているならぜひ先発で使ってみたい。

 金子はスペースへの飛び出し、パスセンスももっている選手。シャドーには最適だと思う。

 ジェイのワントップで金子とロペスを先発に。武蔵は後半のカウンター要員
前半のうちに得点を重ねれば、後半出てきたG大阪相手にカウンターが生きる。

 武蔵の独壇場だ。

 そううまくいくかどうかはわからないが、そういう展開にもっていきたい。


 第2戦の前線は  

              ジェイ

        金子          ロペス

でどうだろう。




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:10 | 戦術 | コメント(3) | トラックバック(0)

2019年10月07日

チャナのポジションをどうするか

 いよいよ明後日ルヴァンカップ準決勝が行われる。

 アウェイからの戦いだが、リーグ戦でG大阪には大敗しているだけに、この試合はアウェイゴールをとって引き分け以上の結果を出さなければいけない。

 リーグ戦では荒野のシャドーやジェイのシャドーと悪手を打ったけにどう戦うか注目だ。もともと代表で出られないがチャナの怪我と言うことで、チャナは出場はできない。またソンユンも代表で出られない。残ったメンバーをどうやり繰りして臨むのか。

 ポイントはチャナのポジションだろう。

 リーグ戦では荒野が務めたが、アンカーをマークすると言うことで、なかなか前線に上がっていけなかったし、後ろに下がってゲームを作ってボランチのような動きも見せていて前線の枚数が足りなかった。 

 現時点では荒野はジャドーは不向きだろう。チャナのようにアンカーをマークしながら攻撃も参加するという器用なまねはできない。

 やはりここはアンカーポジションのマークはワントップやシャドーが臨機応変に見ていくしかないのではないか。

 シャドーは攻撃力があるルーカスでいいと思う。


 左シャドーのルーカスは経験もあるし、過去に同ポジションも良い動きもしていた。

 アンカーのマークはワントップだったり、シャドーがゾーンのマークでやればいいと思う。
  こちらはできるだけ攻撃に人数をかけたい。

 ルーカスが入ればかなり攻撃に厚みがでる。

  他前線はトップにロペスとシャドーに武蔵

 ジェイは切り札に持ってくる。という形でいいのではないかと思う。

 とにかく、リーグ戦での失敗を挽回してほしいし、リベンジして欲しい。


     勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:35 | 戦術 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年10月01日

今のG大阪にはかなりつけいる隙がある。

 金曜日からはG大阪との3連戦。

 リーグ戦と、ルヴァンカップの準決勝が始まる。

 G大阪とは前回対戦ではホームでドローだった。

 5バックで守られてなかなか有効な攻撃が仕掛けられなかった。
 金曜日も相手はしっかり守ってくると思われる。

 いかに相手の守りを崩すかがポイントだろう。

 また相手の個々の選手のレベルは高い。

 攻撃力も2人の外国人のFWがいて非常にやっかいだ。

 G大阪はこの夏には大量の退団者が出たが、補強も宇佐美や、パトリック、井手口など
の復帰により戦力を上げてきた。

 しかし、現時点ではその補強によって、あまりチーム力が決して向上してはいない。
かなり連係に難がある。

  現時点ではG大阪には、かなりつけ入る隙がある。

 G大阪はしばらく3バックだったが個々数試合4バックにしている。

 ただし、ミシャ式に対するには5バックにしてくるのではないかと思う。

 前回も5バックで守られ、かなり守られた。

 これをいかに打破するか。個人技でこじ開けるか、連係してスペースを開けるか。

 できれば相手の陣形が整う前に攻撃していきたい。

 G大阪が引いて守ってくればやっかいになる。積極的に前から来てくれたほうがやりやすい。
 こちらはとにかく、守りの意識を持ってチャンスならば一斉に攻撃していきたい。

 鹿島戦の前半のような戦い方を前後半とやっていきたい。

 それからセットプレーがポイントになると思う。 

  特にコーナーは失点せずにコーナーから得点をとりたい。

  ACL出場には引き分けではダメだ。必ず勝たないといけない。

   


    勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |21:29 | 戦術 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年09月16日

コーナーからの失点を防ぐ練習をもっとしてほしい。

 仙台戦は完全に相手の術中はまってしまった。

 疲労感がある中での試合で難しかったと思うが、修正部分もあった。

 そして看過できないミスもあった。

 それはコーナーでの守備

 2失点はコーナーからの守備だった。いつものように武蔵がマークをはずしたのもあったし、宮澤が付ききれず相手に許したヘッドもあった。

 相手は必ずコーナーからの得点を狙ってくる。間違いなく武蔵をついてくる。ここをしっかり対処しなければいけないだろう。

 コーナーからの失点は今シーズンはかなりあるはずだ。

  武蔵に徹底的に守りのコーナーの練習をさせてほしい。
そして他の選手達もコーナーの守り方を徹底的にやってほしいい。

 仙台戦はその他にも一番ヘッドが強いマテに宮澤を付けたり、よくわからないこともあった。もっとコーナーの守りはしっかり考えてやらないといけないだろう。

 練習では試合前日にコーナーの好守をやるはずだが他の日でもやっていいと思う。コーナーは一瞬でゴールが入るかもしれない危険なプレー。

 これをもっと重要視したほうがいい。

 もともとミシャはセットプレーには関心が少ないが、周りがもっとミシャに働きかけ練習させてほしい。

 とにかくコーナーからの失点はほんとうにもったいない。

 改善しないと今後も失点は増えるだろう。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |18:25 | 戦術 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年09月10日

仙台戦はどう戦ったら良いか。

 土曜日はリーグ戦が再開される。相手は仙台。仙台には前回アウェイの対戦で、負けている。今回はホームでもあるし。厚別でもあるので勝たなければいけない。

 厚別での仙台との対戦は相性が非常にいい。1度も負けたことがないし、引き分けすら1度切りで後は全部勝っている。

  験のいいスタジアムでしっかり戦って勝利を収めよう。

 仙台は一時調子を上げリーグ戦4連勝を飾ったが(この中にコンサとの対戦もある。)その後はまったく勝ち点を伸ばせず、下位に低迷して残留争いをしている。
尻に火がついている状態だ。

 かなり危機感をもっているはず。仙台も尋常ではないほどの気持ちを持って戦ってくるのではないか。

 油断を生じるので厚別が有利とか言っていられない、こちらも上位に行くには仙台に勝たないとかなり苦しくなる。なりふり構わず必死になって戦わないと勝てないだろう。

 仙台は守備はCBのシマオ・マテを中心に堅い。

  攻撃は右サイドハーフの道渕や左サイドハーフのジャーメイン良がサイドか積極的に攻撃を仕掛けてくるのが特長。

 これをいかに抑えるかがポイントの1つだろう。

 また、攻守の切り替えが早く、守備から攻撃はカウンターが鋭いし、攻撃から守備の意識が非常に高く、躊躇していたらすぐブロックを使って守りに入られる。素早く攻めないとがなかなか点はとれない。

 また、CBのシマオ・マテが高い壁として立ちはだかる。いかにに攻略するか?あるいは避けて攻撃するか。前回対戦でマテにやられただけに考えなければいけない。

 そして相手が4バックなのでサイドを広く使った攻撃をしたい。サイドの幅をつかって揺さぶって、サイド、中と攻めていきたい。

 ショーパス、ロングパスで相手の守備を突いていってほしい。

 DFの裏を抜けるプレーも何度もやっていきたい。

 とにかく攻撃の形を多彩にやっていけば守備は破れるはずだ。


 とにかく攻めよう。攻め倒そう、




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |21:17 | 戦術 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年08月28日

神戸戦はどう戦うか。

 土曜日は神戸戦

 神戸はここまで成績は悪いが、ここのところ3バックにして戦術を整えて調子を上げている。前回対戦したような神戸ではないことは明らか。
イニエスタが怪我で欠場するが、夏に補強した選手が豪華で個々は非常にレベルが高く、連係も整ってきており、かなり厳しい戦いが予想される。

 神戸は攻撃のタクトを全面的にふるっていたイニエスタがいないが、それだけにショートパスを重ねテンポの速いサッカーで縦に速いサッカーをやってくると思われる。

 神戸の攻撃はショートパスで相手を食いつかせ、薄くなったサイドへのサイドチェンジから攻撃してくる。こちらも5バックなのでサイドチェンジはなかなか決まらないだろうが、注意しなければいけないポイントだ。

 神戸は左CBの左利きのフェルマーレンがゲームをつくる。彼のところからサイドチェンジもやってくる。彼をいかに抑えるかが勝敗のカギとなる。
 いかに彼に自由を与えないかもポイントだと思う。

 神戸で気をつけなければいけないのはカウンター

 一気にロングボールからFWのビジャや古橋が抜け出てくる。これを防がなければいけない。ただ、あまり意識ずるとラインが深くなり、セカンドボールを奪われボールを回されることになる。ここは注意したい。

 こちらは、相手のパスワークに惑わされず、プレスに行くときはいく、行かないときにはいかないとメリハリをつけてやっていきたい。

 プレスは厳しくないと相手のパス回しがうまいので、ダメだろう。中途半端なプレスはやめた方がいい。

 また、相手のGKは横浜FMから移籍した飯倉がいてGKからビルドアップしてくるのでここを狙いたい。しつこいくらい前から行ってボールを奪い取ろう。

 また、相手のCBの3人は上背はあるがあまり足は速くないので、チャナや武蔵がドリブルで仕掛け、またDFラインの裏を徹底的に狙おう。

 何度もオフサイドになっていいので徹底的に狙っていきたい。

  セットプレーもポイント。守りは前節も失点しているので十分に気を付けてほしいい。 
 攻撃はチャンス。正確なボールを蹴って行けばチャンスは広がると思う。

 今の神戸は難敵だが勝利を得るために戦術を徹底しよう。 





     勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:39 | 戦術 | コメント(0) | トラックバック(0)