スポンサーリンク

2019年02月01日

キャンプ前半を終わって(シャドー、ワントップ陣)

 タイキャンプを終わっての対外試合やマスコミの情報を見て感想の第3弾

 シャドーとワントップ陣

 シャドーはかなり競争が激しい。

 チャナはアジア杯から帰ってきて、カップ戦で早速点を決めた。チャナは今年も中心選手だと思う。他にはアンロペ、岩崎、早坂、駒井、ふじれんらがこの位置を狙っている。

 チャナで左シャドーが決まりだろうから、後1つのポジションを争うことになる。

 タイキャンプの対外試合では駒井とアンロペが右シャドーに入っていて競っていたが、駒井はボランチの方がメインになると思うので、実質アンロペと岩崎との争いだろう。両者とも特徴があって選択は難しいと思うが、ここまではアンロペ有利のような気がする。

 ここで注目したいのはふじれんだ。練習試合では大きな正確なサイドチェンジを通していたし、カップ戦では武蔵のDFの裏に抜ける動きを誘発するスルーパス。かなり成長しているように感じた。もともとFWの選手だが、昨年はチーム事情によりボランチを努めたが本来は今のシステムから言えばシャドーがいいと思う。ミシャの下でもっとうまくなってほしい。

 トップはジェイと武蔵の争い。恐らくはジェイが中心になるだろう。2人とも対外試合では結果を出している。特に武蔵は特徴であるDF裏への抜け出しからゴールを多く獲っていて、アピールを続けている。課題は足もとの技術とポストプレーのが向上。

 残りのキャンプで徹底してほしい。

 ジェイは1年間フル出場できないだろうから、出られない時には武蔵に頑張ってもらいたい。武蔵のシャドーはあまりないかもしれない。






     勝手に叱咤コンサ外伝
                               
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |20:11 | キャンプ | コメント(2) | トラックバック(0)

2018年01月31日

今日のスポーツ新聞から

今日のスポーツ新聞は

日刊「ジェイ初弾ゲッツ」
道スポ「今年もやるジェイ」
報知「38歳小野が元気です。」
スポニチ「ジェイ今季実戦初ゴール」

と1本目でゴールしたジェイのことを大きく扱っていた。

フォーメーションは
日刊から
1本目

   ジェイ 

 ヘイス  三好 
菅       駒井 
   小野 深井 

 福森 宮澤 進藤 
 
  ソンユン 

2本目

   ジェイ

 内村    三好 
菅       早坂 
   駒井  深井     
          (藤村)

   福森 宮澤 進藤 
 
    ソンユン 

3本目
            都倉

        チャナ  宮吉

ジュリーニョ       白井

        イナ   兵藤  

  雄大     横山  早坂

        菅野

4本目
            都倉

        チャナ  宮吉

ジュリーニョ       白井

        イナ   兵藤  
        (藤村)

  雄大     横山  菊地

        阿波加


 ジェイの得点は1本目14分三好からのパスを受けて相手GKをドリブルでかわして右足で押し込んだ。
「ゲッツ」のパフォーマンスで喜んだそう。
「チーム的に良いゴールだったね。コウジ(三好)から良いパスをもらった」。

しかし、ジィイ出場の90分はトータル1-2で負け
「練習試合でも勝ちたい。良い部分もあったが結果はがっかり」

 ジェイはその後ヘッドを3本打ったが、ノーゴール。

 ジェイはミシャのサッカーは「すごく好き。若い頃によくこういう練習をしていた」そうだ。

 意外かもしれないがジェイ自身、昨年のサッカーには違和感を感じていたらしいので、ミシャ式サッカーはジェイにとってあっているかもしれない。


 ミシャは1試合目は「散歩しているようだった」と言っていた。
結構ボールをもたれ、攻撃はカウンターからしかなかったらしいので、かなり不満は残ったようだ。

昨日は宮吉がハットトリック。「一つの結果として良いゴールだった。練習で少しずつ積み重ねたものが出せた。」

2試合目は7ー1で完勝
ミシャ「みんなよく走り、狙いにチャレンジしていた。」

報知には伸二のことが書いてあった。
1本目45分フル出場
「コンディションはまだまだだね。」「(一次キャンプは)あっという間だった。いいトレーニングができているので、質を高めていければ」
このキャンプでは一次腰痛で別メニューがあった。
もう「腰は大丈夫」
(ミシャのサッカーは)「考えるサッカー。みんなが、ただ動けばいいものではない。一つのボールを11人が(イメージを)共有してゴールに運ばないといけない」

  伸二にとってはミシャのサッカーは楽しいサッカーだろう。より伸二が活かされるサッカーだと思う。


最後に内村
2本目に出場
素早い飛び出しで何度も決定機を作った。
しかしノーゴール
「まだまだ周りとのコンビネーションがしっくりきていない。しっかりと修正するところは修正していきたい。」

 今日で沖縄キャンプは終わり選手は家に帰ってくつろいでいると思うつかの間の休養で鋭気を養って次のハワイキャンプに臨んでほしいと思う。




         勝手に叱咤コンサ外伝
                
         孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:23 | キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年01月22日

三好がキャンプに合流した。

 昨日三好がキャンプに合流した。



 日刊スポ-ツには三好のことを書いてあった。

 チームメイトとは初対面だったらしい。

 U-21で大会の行われた中国から20日夜に帰ってきたばかり。

 疲労を考慮され、昨日の午前中はランニングなどチームと別メニューで調整し午後から全体練習に加わり、生き生きとボールを追ったそう。
「いい雰囲気。コミュニケーションを取っていけたら」
生まれ育った川崎を離れてやってきた。かなりの決意があるのだろうぷ。
「レギュラーを獲得するためにも、成長していけるように。自分の良さを出したい」。
複雑な動きが要求されるペトロビッチ監督のサッカーに関して「できるだけ吸収していけたら」

  川崎でもボールをポゼッションして攻撃を仕掛けるスタイルは同じだっただろう。まったく正反対にチームに行くよりもやりやすいはず。
 後は複雑な動きを覚えるだけ。

 終了後「連係の部分など必死に落とし込んでいきたい」と、楽しそうに振り返り、今後への期待感を漂わせたそう。
    レンタルなので余計に活躍しないとダメだろう。

 三好も自分の置かれている立場をよくわかっている。とにかくやらないといけない。

   三好がどれだけできるか楽しみ。ポジションはシャドーだと思うが、競争相手はたくさんいて、気が抜けないというか、ポジション奪取はかなり厳しいものあるだろう。

    しかし、三好の実力ならレギュラー争いに残ってくるだろう。
 そして三好のいいところをどんどん出してほしい。レギュラー争いに高いレベルで頑張って競い合ってほしい。



          勝手に叱咤コンサ外伝
            
         孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:55 | キャンプ | コメント(2) | トラックバック(0)

2018年01月14日

明日からキャンプが始まる。

 明日から沖縄キャンプが始まる。

 今日は選手たちはゆっくり自宅で休んでいるだろうか。

 沖縄ではまずはミシャのサッカーを行うための基礎トレーニングを行うのだろう。

 一部の選手を除いて足下の技術があまりないチームだけに心配だが、ボールをもって相手を崩さなければいけない。ミシャのいう魅力的なサッカーをやるためには自分たちがボールを持ち、仕掛けなければいけない。昨年まではあえていえば受動的なサッカーをしていただけに、切り替えはたいへんだろう。
しかし、やらないといけない。

 月曜日から練習の様子がいろいろと明らかになるだろうが、驚いたり、意外だったりすることもあるだろう。
  そして練習の様子が明らかになっていくと試合が恋しくなる。どうしても試合が見たくなる。
 

 練習試合もやるだろうが、今年は沖縄でニューイヤーカップはやらないのだろうか。ここまで告知がないとすると今年はやらないのだろうか。

 そうなると現地で見ることができないサポーターは2月にハワイで行われるカップ戦がはじめてだろうか。(FCいわきとの対戦があれば有明放送局で見ることができる?)

 これから情報が入るたびにどんどん試合が見たくなるそんな状態が続くのだろう。



       勝手に叱咤コンサ外伝
            
         孔明ツイッター 

posted by 孔明 |15:54 | キャンプ | コメント(3) | トラックバック(0)

2017年02月07日

沖縄キャンプが終わった。

 沖縄キャンプが終わった。

 沖縄キャンプでは、基礎体力と向上とニューイヤーカップや練習試合を入れながら実戦を交えて、攻守の形を試行し、基礎体力の向上につとめた。

 ニューイヤーカップは優勝したが、その後の練習試合は結果は負けとなった。ただ、この時期の結果は二の次。内容が大事だが、ACLに出場する2チームとの対戦だったが内容的にもあまりよくなかった。失点が多かったし、失点の仕方がよくなかった。

 確かに両方とも強敵だったが特に浦和戦は6失点もした。1本目は相手も主力だったが、プレスがかからずにボールを回された。

 ニューイヤーカップの琉球戦でも見られたがペナ内でボールを回され失点。相手の精度の高いパスワークに翻弄された。

  J1は高いパス精度を持っている。そしてJ1の上位チームはラインを高くして、プレスを厳しくかけてきて、ボールを奪い、ボールをとられても厳しくチェックしてきてセカンドボールを拾いかさにかかって攻撃してくる。

 こちらはやはりしっかりプレスをかけてボールを奪い、前線でタメをつくり素早く攻撃していきたい。
 
浦和戦の4得点はいずれもカウンターからだったようだが、収穫はカウンターがはまったことだろう。

  1点目の内村のゴールはボールを奪って素早くカウンター。ジュリーニョからのパスに内村が前線にすばやく詰めていた。
 こんな攻撃をどんどんしてきたい。

 カウンターは機能したが、カウンターだけでもダメ。しっかりボールを持って攻撃する形も作っていきたい。そのなかで沖縄で練習してきたサイド攻撃を仕掛けていきたい。

 熊本キャンプでは戦術の徹底と開幕戦に向けて体調の管理を行っていかなければいけない。

 沖縄でのキャンプの成果をいかし、熊本では実りあるキャンプにしてほしい。



     勝手に叱咤コンサ外伝

     孔明ツイッター   

posted by 孔明 |18:59 | キャンプ | コメント(2) | トラックバック(0)

2016年01月19日

沖縄キャンプの目標は?

 沖縄キャンプが始まった。

 沖縄キャンプはシーズンを通した基礎体力をつけ、実戦の感覚を養うことは主眼か。

 しかし、何と言ってもやはり怪我をしないのが1番の目標。

 昨年はキャンプで伸二が怪我をした。それが影響したのかスタートダッシュがかけられなかった。
 小さな怪我はやむを得ない。やはり大きな怪我をしないでほしい。

 今日の日刊スポーツには内村が股関節痛で別メニューということが書いてあったが、別メニューをいかに減らすかもキャンプの課題だろう。

 練習に負荷をかけるとどうしても怪我する選手が多くなる。これがはどうしようもないことだが、やはりそれでも最小限数日位の別メニューで復帰できるようにしてほしい。大きな怪我はしないでほしい。

 そして2番目は基礎体力の養成。都倉が今日のツイッターで練習内容に弱音を吐いていたが、やはり1年間シーズンを戦うには有酸素運動等基礎体力の向上が必要。
選手達は厳しいトレーニングだが、頑張ってほしい。

 3番目戦術的には得点力の向上。昨年は相手ペナ内に入る回数は多かった。しかし、点がとれなかった。それはクロスやパスの精度が悪かったり、シュートが精度を欠いたり。
いかに得点をとるのかしっかり突き詰めてってほしい。

 課題のシュート精度も問題も何度も練習をしてものにしてほしい。ただ、ゴールに入れるだけのシュートを何本も外している。

 とにかくキャンプでしっかり課題に取り組んで欲しい。



    勝手に叱咤コンサ外伝

    孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:58 | キャンプ | コメント(4) | トラックバック(0)

2015年01月24日

初実戦は2月9日の川崎F戦

 いよいよ沖縄キャンプが始まる。

 今日の日刊スポーツには2月9日に川崎Fと初実戦を行う旨記事が書いてあった。
いきなりイナの古巣との対戦となる。

 川崎FはJ1でも優勝を争う力のあるチーム。初実戦の相手としては格好の相手となる。
 そしてその後の試合は12日には岐阜経済大学、14日には名古屋と計3試合行うとのこと。

  名古屋も実力があるチーム。現在の力を図るにはよい相手だと思う。

 まずはキャンプでは基礎体力の向上を図る。各選手は自主トレをちゃんとやってきただろうか。太めで臨む選手はいないだろうか。今年はフィジカルコーチが変わった。新しいフィジカルコーチのもとでどのような基礎トレーニングをするのかも興味深い。

 キャンプはまずは大きなケガをしないことが第1だろう。小さなケガは仕方がない。

 しかし、とにかくケガをしないということが必要となる。そして深井や上原慎の大怪我をした選手の回復も気になるところ。どれくらいで試合に出場できるようになるか、

 バルバリッチ監督がどんなシステムで臨むかも注目だ。昨シーズンは終盤は3バックで臨んだが、そのまま3バックを続けるのかそれとも4バックに戻るのか。
 稲本をどこで使うかも気になる。本人も納得のボランチで使うのかそれともCBで使うのか。

 攻撃陣はどのような並びになるか。都倉とナザリトは併用するのか否か。

  奈良が抜けたCBはどうなるのか。

 古田の復帰で中盤の競争がより激しくなる。だれがレギュラーに近いか
 考えてみるといろいろと注目点があるキャンプ。

 開幕まで1ヶ月と2週間ほど。しっかりと準備して闘えるメンバーを揃えて欲しい。



   勝手に叱咤コンサ外伝

    孔明ツイッター

posted by 孔明 |20:03 | キャンプ | コメント(2) | トラックバック(0)

2012年02月09日

一番良かったのは誰も大きな怪我をしなかったこと。

 グアムキャンプが終了した。

 フィジカルが大部分だったが、一番良かったのは誰も大きな怪我をしなかったことだ。 日刊スポーツによると皆勤賞は前田と杉山と高柳だそう。

  あれだけのハードなトレーニングで別メにならなかったということは凄いことだ。

  それも新加入選手が3人というのは特筆すべき。

 そのなかで前田の皆勤賞は意外と行っては怒られるか。もしかしたら怪我体質かと思ったら、しっかり全メニューをこなしたことは、後々に必ず良い影響が出てくるはず。

  もはや攻撃の中心になっているよう。大島がずっと別メニューだっただけにワントップを張っていて、しっかりボールが収まっている模様。もしかしたらこのままワントップで行くのかもしれない。

 道新によると古辺コーチはグアムキャンプの総括として「オフからみんな気合いを入れて準備してきたようだ。昨年と比べ、持久系(の運動能力)は大きく上がっている」との感想。監督も「大きな故障者が出なかったのがなにより。」
 「熊本では練習試合が増えるので、ゲームのなかで修正していきたい」
日刊スポーツでは「フィジカルも時間をかけられたし、新戦力の良さも課題も分かった。中身の濃い合宿になった。」
ということで総括した。

 古辺コーチや監督の言葉からは順調という感じがする。なにせ、リーグ戦は後1ヶ月ほどで始まる。これからの熊本キャンプは総合力を鍛える場。グアムキャンプで浮かび上がった問題を解決する場所でもある。
 熊本キャンプではこれから戦術を徹底させ、課題となった連携を深めなくてはいけない。

 グアムキャンプでは練習試合は1試合しかしなかったが、熊本キャンプではプレシーズンマッチを含めて6試合ほど行うようである。

 試合の中でいろいろと修正していってほしいものである。

posted by 孔明 |20:52 | キャンプ | コメント(5) | トラックバック(1)

2011年01月21日

キャンプへの不安と期待

 今日で札幌でのトレーニングは終了。これからグアム、熊本と長いキャンプ生活を迎えるとなる。選手にとっては気の遠くなるような大変長い合宿生活。コンサの選手になった故の宿命だが、頑張ってまずはフィジカルからトレーニングしてほしいと思う。

 キャンプの目標としては当然、年間通して戦える体力を整えること。そして大切なことは大きな怪我をしないこと。石崎監督のキャンプでは別メニュー選手がでることはたびたびだと思うが、それが長期にならないことを祈りたい。

 また、戦術的な面では選手が大幅に変わったので、まずは各選手の特長を把握することだろうか。実際にプレーを見てわかることもあるだろう。石崎監督が考えていたピースになりうるだろうかということ、また、選手の特長によってはチーム戦術を変えることを余儀なくされることがあるかもしれない。そして次は連携の構築を図ることが大切になってくるだろうか。特にDFラインは岩沼以外全員移籍選手になる。GKにも外国人選手もいて、連携面は不安要素が多い。キャンプでそれを解消していかなくてはいけないだろう。

 ただ、連携面は実践を通して鍛えるということもあるはず。練習試合はどのくらい組むのかは現在情報はないが、できるだけ多くの練習試合をこなして開幕に備えてほしい。

 昨年に比べ期待できる点は、チームのセンターラインに中心メンバーとして能力が高い外国人選手を配置できることだろう。後ろからチアゴ、ブルーノ、アンドレジーニョとチームの中心選手ができたこと。彼らが額面通りに働けば昇格争いにも参加できるのではないか。

 今シーズンの目標の第1はスタートダッシュだと思う。昨年、一昨年とスタートダッシュがかけられずに、どんどん上位のチームに差を空けられてしまった。

 スタートからそういうことがないように、キャンプではしっかりチーム力を整備して開幕に望んでほしい。

posted by 孔明 |23:03 | キャンプ | コメント(3) | トラックバック(1)

2010年02月14日

李がようやく合流した。

   熊本キャンプが始まった。道内組の選手が飛行機の遅れで練習時間が1時間遅れたらしいが、そのせいでメインスタジアムでナイター練習ができたらしい。

 まずは注目は李。熊本でようやく合流した。

  都内の施設でフィジカルコーチから渡されたメニューで個人的にトレーニングをしてきたらしいが、全体の判断スピードについていけないとは言っていたものの自主的にサイドバックを務めるなど積極的にチーム練習をしたようだ。

 彼の場合にはまだ、どのポジションで使われるか白紙。トップ下が本職かもしれないが、チーム事情によりボランチ、サイドバックといろいろなポジションが試されるだろう。

 吉弘の怪我でDF陣の層が薄くなった。サイドバックということも十分に考えられる。とにかくチームに早くなれることだ。

  やっぱり1人で練習しているよりも複数で練習した方が効率があがるだろう。熊本では戦術の積み上げが必要。

  しっかり練習して戦術を体にしみこませてもらいたい。

posted by 孔明 |19:15 | キャンプ | コメント(4) | トラックバック(0)