スポンサーリンク

2020年01月08日

開幕戦は柏か?今年こそ開幕戦に勝ちたい。

 スポニチや報知によると開幕戦はどうやらアウェイ柏らしい。

 ここまで開幕戦は4連敗中

 開幕戦は勝てないのではないかというネガティブな予想がサポーターの間では大きくなっているかもしれない。なにしろここまで4連続無得点。これでは勝てるわけもない。

 対戦相手の柏はこのオフ補強が凄かった。

 J2に再び落ちないようにという意欲の表れだろう。

 柏はJ1昇格で勢いに乗ってる。戦力もそろってかなりの難敵だ。

 厳しい戦いが今から予想される。

 こちらは開幕戦は長いキャンプで疲労が蓄積され、コンデションもよくない。

 あまり条件的にはよくないが、今年こそは勝ちたい。

 柏は補強が多かったとはいえ、ビックネームはないし、昨年はJ2のチーム.
侮ることはもちろんできないが、憶することはない。

 一昨年はアウェイで勝っているし、日立台は苦手意識はないだろう。

 柏はメンバーが変わって戦術の浸透もさほどしていないだろうし、苦手な引きこもってカウンターのチームではない。 


  昨年の湘南や一昨年の広島のようにはならないだろう。

 こちらはミシャ体制が3年目でメンバーもほとんど代わらず積み重ねがある。
 連携もとれているし、有利な面もたくさんある。

 昨年はなかなか勝てなかったホーム開幕戦に勝っている。
ジンクスを破るときだ。

 とにかく開幕ダッシュを決めよう。

 開幕戦に弱いのは過去の話にしよう。


  そういえばオルンガはどうなるのだろう。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:15 | 今季 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年01月06日

23人の契約更新と中村のレンタル継続及びルーカスの完全移籍が発表された。

 今日、契約更改の選手が発表された。

 幸いチャナも名前を連ねていた。

 また、ルーカスが完全移籍ということになった。

 そして中村がHondaFCにレンタル継続

 またスタッフも昨年通り

 まずはよかった。

 昨年のメンバーから岩崎が抜けて残りのメンバーが全員契約を更新した。

 こういうことは非常に珍しいのではないか。

 契約満了選手がいなく、1人をのぞいて23名が更新など聞いたことがない。

 それだけコンサに魅力を感じてくれているということだろう。

 この23人と大卒3人の合計26人で始動

 またレンタル保有選手が1人もいなくなったことは大きい。すべて自前の選手になった。

 人数は少ないが、1,2年ミシャの下でやっている選手がほとんどということは、他のチームよりも当然連携はとれるはず。

 デメリットはマンネリ化だがミシャは絶えず新しい戦術を加える監督なのでそこはあまり問題ないだろうか。
   
  ただ、昨年はチャナのところにかなりマークが集中してボールをもてなかっただけにここを改善しないと厳しいだろう。

 く開幕もこの26人で迎えるかもしれない。

  チーム始動まであと1週間。

 いよいよだなという感じ。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:23 | 今季 | コメント(3) | トラックバック(0)

2020年01月04日

どうやら岩崎以外(23人)+大卒3人=26人で開幕戦は迎えそうだ。

 今日のスポーツ報知を買ってきたら、

 岩崎以外の全員が契約更新することになったと書いてあった。

 クラブ幹部「細部の調整こそ残っているが、全員、札幌でプレーすることになった。」

 岩崎以外の23人に大卒3人を加えた26人でスタートするそう。

  大卒以外の補強選手がいないというのも珍しいが、ほとんどの選手が契約更新というのも前代未聞だろう。

 お金がないというのと、新たな選手を多数抱えてミシャ式を行えばかなり現場が混乱するということ、少数人数で若手を伸ばすという意味で、これで大丈夫という判断だろう。

 個人的には補強は必要と思っていただけに、戦力的に気になるが、三上GM以下それでやれるという判断だろう。

 他のJ1チームはかなり補強している。いろんな選手が移籍している。

 しかし、大卒以外補強しないと言うことは、戦術の浸透が他のチームよりありということで、メリットがあるということだろう。
 そしてチームの連携ということでも他のチームよりもとれるということ。

 だがその一方で昨年、かなり研究されたことで、戦術が読まれ、なかなか勝てなかったことを繰り返す恐れもある。

 今年はより有効な戦術を加えなければいけないし、違った攻撃のパターンも熟成しなければいけない。

  とにかくこの26人で行くと言うことらしいので、ただでさえ少ない人数なので、キャンプでは大きなけがをしないでほしい。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

   

posted by 孔明 |11:15 | 今季 | コメント(3) | トラックバック(0)

2020年01月01日

令和2年及び3年は記録にも記憶にも残る年にしよう。

2020年元旦。
  皆様明けましておめでとうごさます。今年もよろしくお願いします。
 
「1年の計は元旦に有」ということだからまずは今年の目標を

1 早期に残留する。
2 リーグ戦優勝
3  天皇杯優勝
4  ルヴァンカップ優勝

以上3冠達成

「棒ほど願って針ほど叶う」ということなので、考えられる最高の結果を願った。

 そのためにはしっかりとした計画を立てなければいけない。
 ミシャ3年目は飛躍の年。

 ミシャ式が浸透して、戦術が徹底され攻撃がさらにスケールアップする。
また、守備を鍛えることで失点を少なくする。

 今年は東京五輪を行うことでスケジュールがタイトになる。
その意味ではいかに疲労をためない選手起用をするかということが大事。
  控え選手のレベルアップが大事になる。

 また、昨年のウイークポイントをいかにカバーするか。

  そして新たな戦術を構築しなければいけないだろう。

 とにかくかくやるしかない。 
 2020年、令和2年は記録にも記録にも残る新しいコンサの年にしよう。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |13:46 | 今季 | コメント(3) | トラックバック(0)

2018年06月09日

おそらく11月10日の浦和戦は10月28日(日)に変更されるはずだ。

 さっきまでルヴァンカップ浦和対甲府の試合を見ていた。

 浦和が2-1で勝ったが、アウェイゴールが効いてトータル甲府の3-2で甲府が浦和を破った。

この結果如何では11月10日の浦和戦の日程が変更になるかもしれないと考えて。

11月10日はEXILE コンサートがドームに入っており当日はドームは使えない。

11月10日は厚別ということになりそうだったが、この結果で日程の変更が考えられる。

 一番考えられるのは10月28日(日)、ルヴァンカップの決勝戦が10月27日(土)にあるので、この週末はJリーグの試合がない。

 

 日程の変更はJリーグの承認がいるが、多数の動員が見込まれる浦和戦、11月ともなると降雪も考えられるので、コンサも浦和もドームでやるほうがいいだろう。

 

 浦和がルヴァンカップで敗退したからこのような可能性も出てきた。

 個人的にも11月の厚別はきつい。

 また平日のドームよりも週末のドームの方がサポーターは入るはず。

 おそらく浦和戦は10月28日に変更されるはずだ。 



       勝手に叱咤コンサ外伝
                    
         孔明ツイッター 

posted by 孔明 |17:55 | 今季 | コメント(10) | トラックバック(0)

2018年06月02日

育成マッチの日程を早く明らかにしてもらいたい。

  以前に他の方も書かれていたがいったい育成マッチデーはどうなったのか?

 コンサの場合にはまだ開催されていない。

 最近見たJリーグのリリースでは岡山と山口の育成マッチデーが岡山と東京Vの再試合で延期されたというのがわかったが、他のチームはやっているんだなということがわかった。

 育成マッチデーは
 横浜FC、鳥取、広島、山口、岡山とコンサの6チームで行われることがすでに決まっている。試合開催にはかなりのお金がかかるのはわかるが、ルヴァンカップもなくなって若い選手やサブメンバーの試合の出場が機会が少なくなっているので、是非たくさんの試合ができるようにしてほしい。

  これまで5月13日(日)に鳥取と山口が、5月20日(日)に岡山と鳥取の試合が行われている。

 J2やJ3はW杯中断期間もリーグ戦をやっているので難しいかもしれないが、それなら広島はルヴァンカップも敗退しているし、中断期に広島と対戦するということもありだと思う。

 いろいろな事情があって端からやれやれと言っても難しいかもしれないが、せっかく登録しているのだから、是非この機会を利用してほしい。

 コンサの場合には他のJチームと遠隔地でリーグ戦を除くとなかなかJチームとの試合ができにくい環境にある。ここはお金と時間をかけても試合をやる意義はあると思う。

 3月23日のスポーツ報知では三上GMが「ホームで3試合程度やりたい。メインは練習場のある(札幌の)宮の沢になるが、室蘭や旭川など北海道全体の人に見てもらえるよう、調整している」と言っていてやると思うのだが、今後やると思うが、どうなったか日程くらい明らかにしてもらいたいものだ。




         勝手に叱咤コンサ外伝
                    
         孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:16 | 今季 | コメント(3) | トラックバック(0)

2018年03月23日

J1リーグ4試合を終わって

 J1リーグは4試合終わって中断している。

 コンサは1勝1分け2敗の11位

 ここまで想定外はドームの清水戦の1-3での敗戦か
 ここは勝ちたかった。

 しかし、4試合で勝ち点4は悪くないし、残留するペースを行っていると思う。



  他の順位を見ると川崎が首位で広島が2位、清水が3位。
川崎の首位はある程度予想できたが広島、清水の躍進は予想できなかった。

 まだ4試合だが降格圏にG大阪や浦和がいることに驚き。

 この状態で浦和はサポーターにメッセージを発信したが、たった4試合でそんなメッセージを出さなければいけないというのもかなり深刻だろう。

 浦和はこれから上位にくると思われるが、そのためには今の堀監督を解任しないとダメなような気がする。

 G大阪もかなりやばい。新外国人の補強はしたが、新たに市丸が怪我など戦力が整っていない。もっとも日本代表クラスがいるので徐々に上がってくるとは思うが。悪ければ下位にずっと低迷しそうな感じもする。

 このように今年のJ1リーグは思ってもみない状態が続いている。残留争いにしても予期せぬチームが争いそう。

 コンサもまずは残留を決めるためにも最低でも勝ち点≧試合数を堅守していきたい。

 まずはホームで勝つことだ。また、アウェイでも勝ち点を積み重ねていきたい。
そして得失点差がマイナスなのをプラスにもっていきたい。

 勝負はこれから、課題がたくさんあるがようやく守備力に注意を払うことになってきたので、多く得点をとれるようになっていきたい。



      勝手に叱咤コンサ外伝
                  
         孔明ツイッター 

posted by 孔明 |11:01 | 今季 | コメント(4) | トラックバック(0)

2018年01月25日

日程をゆっくり眺めると

 日程をゆっくり眺めると、今年はW杯の影響で平日の開催が多い。金曜日はアウェイ2回水曜日はホームも多い。

 さてさて水曜日のホームは行けるだろうか。

 ルヴァンカップは難しいが、リーグ戦ならば都合をつけて行かなくてはいけないと思う。

 そして、厚別の試合がたくさんある。個人的には厚別は好きなスタジアム

 是非行きたいが、ナイトゲームがある。厚別だとどうしても帰りが遅くなる。

 非常に困った。次の日を休めればいいが、そうにも行かず。思案中
開催地未決定のホーム3試合ははたしてどこになるか。
はたして函館になるか。厚別かドームか。

9月29日(土)か30日(日)の鳥栖戦は日ハムが30日に西武戦でドームを使う。
29日なら大丈夫のような気がするが、練習かなにかで使うのだろうか。それなら初めから厚別等と決めたらいと思うが。

 11月3日(土)か11月4日(日)の仙台戦は※日本シリーズのセの開催会場だがよくよく考えるとセリーグのチームの会場が雨等で3日以上順延になった場合にはパリーグの開催チームがホームで行う場合がある。それを見越して日ハムが押さえているのだろう。

 11月10日(土)の浦和戦はほとんど可能性はないだろうが日本シリーズが雨等で順延や引き分け再試合等重なった場合を考慮してこれも日ハムが押さえているのだろうか。あるいは嵐のコンサートが入るとの話もある。

 それにしても毎年、毎年開催場所が初めに決まらないのは困ったものだ。


 それにこれらの3試合はシーズンチケット対象外になる。シーズンチケット購入者の持ち出しも増えるのも頭が痛い。

※10月27日(土)【第1戦】セリーグ出場チーム本拠地
  10月28日(日)【第2戦】セリーグ出場チーム本拠地
  10月30日(火)【第3戦】パリーグ出場チーム本拠地
  10月31日(水)【第4戦】パリーグ出場チーム本拠地
  11月  1日(木)【第5戦】パリーグ出場チーム本拠地
  11月  3日(金)【第6戦】セリーグ出場チーム本拠地
  11月  4日(土)【第7戦】セリーグ出場チーム本拠地

 昨年の柏戦は現場の声で厚別になったが、ミシャなら函館でやってもいいと言い出しそう。

 たまに函館もいいのだが、はたしてどうなるだろうか。




       勝手に叱咤コンサ外伝
            
         孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:28 | 今季 | コメント(2) | トラックバック(0)

2018年01月24日

日程が発表になった。

 リーグ戦及びヴァンカップの日程が発表された。

 目につくのが横浜FM、川崎F、G大阪といったアウェイ動員数を期待できる対戦が厚別になったこと。

 何試合かはドームの改修のため厚別でという話は聞いていたがそれらドル箱カードを集中させなくてもよかったものを。

 そして期待していた函館は当初発表ではなかった。

 ただ、ホームで場所未定の試合は3試合ある。

 11月10日(土)の浦和戦、9月29日(土)か30日の鳥栖戦、11月3日(土)か4日(日)の仙台戦

 函館はなかったと書いたが、もしかしたら鳥栖戦か仙台戦であるかもしれない。

 金曜日は2節3月2日アウェイC大阪戦、10月5日29節アウェイ横浜FM戦だった。  ホームはなかった。

 そして水曜日の試合が多い。ホームの試合で3試合もある。


 野球がらみでは仙台戦は日本シリーズはセリーグ本拠地なのでなぜ未定なのか?

 浦和戦も日本シリーズは関係ない。それなのに未定とは

 ドームが他の催し物に抑えられたのだろうか?

 注目の第2節は噂のとおりC大阪戦。C大阪にはアウェイで負けているからぜひ勝たないと。

最終戦は広島と。最終戦広島というと曽田の最後の試合を思い出す。
それまでに良い成績を収めていればよいが。


一方ルヴァンカップは、甲府、清水、磐田との対戦。また清水とかという感じ。もっと違うチームとやりたかった。

  

    https://data.j-league.or.jp/SFMS01/search?competition_years=2018&competition_frame_ids=1&competition_frame_ids=11&team_ids=14&home_away_select=0&tv_relay_station_name=



          勝手に叱咤コンサ外伝
            
         孔明ツイッター 

posted by 孔明 |17:45 | 今季 | コメント(4) | トラックバック(0)

2018年01月11日

スポニチの情報によれば開幕戦はアウェイで広島戦

 開幕戦の対戦相手がリークされた。

 スポニチによれば、アウェイで広島戦だ。

対広島とは

 開幕戦は川崎Fというもっぱらの噂が流れていたのでそうかと思ったが、そうではなかったらしい。

 こういった情報はスポーツ新聞が何日か前にすっぱ抜くので

 スポニチの情報の方が正しいだろう。

 広島といえば新たにタイ代表ティラーシンが入って、タイ人の興味がわいているところ。ティラーシンはスペインリーグでやったこともあるストライカー
 国民の期待もチャナと同様に高い。

 チャナ対ティラーシンとあらばタイの国民もかなり訪れるだろう。

 

  タイ人がたくさんくるのではないか。

 リーグもこういう盛り上げ方をするのもありだろう。

 また、広島にいたミシャ監督と宮吉との対戦になるのも注目

 広島には昨年はアウェイで引き分け。

 キャンプ地の熊本からは近いが北海道からは遠い。

 サポーターが行くのは遠いが熊本から近いので選手のコディションは整えられるはず。
アウェイの広島ではなかなか勝てていない。こんどこそチャンス。

 広島も昨年下位に低迷したが能力はある。今年は積極的な補強で上位を狙っている。
対戦相手に不足はない。

 毎年開幕戦は勝てない。今度こそ勝って流れをものにしたい。




       勝手に叱咤コンサ外伝
            
         孔明ツイッター 

posted by 孔明 |18:17 | 今季 | コメント(0) | トラックバック(0)