スポンサーリンク

2022年03月17日

C大阪戦は苦しい戦いになるが、こういうときこそ団結力で。

 明後日土曜日はC大阪戦。

 こちらは陽性者がトップチームに出て、どんなメンバーが出場できるのかもわからない。とりあえず荒野と大谷は大丈夫そう。スタッフではミシャは大丈夫そうだ。

 C大阪は前からかなりプレスをかけてきて、ボールを奪ってショートカウンターが得意なチーム。

 そのC大阪もこのところ怪我人が多い。清武、乾、進藤と主力メンバーが離脱している。

 しかし、J2から今年移籍してきた上門や中原、高校生の北野など新戦力が躍動している。決して侮れないし、アウェイであることやコンディションなどを含め総合力ではC大阪の方が上だろう。

 しかし、ここまで4分けでいい加減に勝ちたい試合。相手は勝てない相手ではない。

 こちらはかなりメンバー的には苦しいは返ってどこういう時こそ団結心が強くなる。
 
 今日のスポ新は荒野のインタビューだったが
 スポーツ報知では

 開幕当初は本来の動きになかったが「試合をこなすにつれて状態は上がっている」と好感触は得ていて「僕にとってはチャンスなので。自分が出て主力になっていく」と言っている。

   荒野は前節は慣れないシャドーだったが良い動きをしていた。

 土曜日はどこのポジションに入るかは分からないが頑張ってチームのために勝利を目指してほしい。

 とにかくこういう時こそチームの力が試される。
 こういう苦しい戦いに勝ってこそチームは浮上すると思う。

 まずは今、ピッチに立てる選手はより頑張ってチームの勝利をゲットしてほしい。やるしかない。



     
     コンサドーレなどサッカー、日本ハムなどのプロ野球、レバンガなど北海道のスポーツ、またそのほかのスポーツなど芸能関係もとりあげているブログです。是非よろしくお願いします。
           ↓
  なまら速いスポーツ速報
            
  なまら速いスポーツ速報ツイッター

    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
     孔明ツイッター
 

  
  

posted by 孔明 |20:20 | 今季 | コメント(2) | トラックバック(0)

2022年03月16日

この状況を返って奇貨として出てくる選手がいないとダメだ。

 週末のC大阪戦はできるだろうか。

 チームは今日は陰性と判定された選手達だけで練習をしたらしいが、やはり難しい期間になってしまったことはさけらない。

 9人のトップチームの関係者のうちどんな選手が陽性になったかはわからないが、とにかく残った選手でやるしかないと思う。陽性になった選手の中にはもしかしたら主力メンバーがいるかもしれない。

 戦力はもちろん低下するだろうが、やらなければいけないことは確か

 しかし、残った選手は逆にチャンス。この機会にレギュラーをとってやろうという選手がでないとダメだと思う。

 こういうことがあって返ってチームがまとまることもある。

 チームの力は一時落ちるかもしれないが、団結してやるしかない。

 はたしてどんなメンバーでやれるのか、やるのか。アウェイでこれも困難な状況になるがここで勝ったら、一気に自信につながる。
 とにかく団結してやるしかない。そしてこの困難を乗り切ろう。


   
     コンサドーレなどサッカー、日本ハムなどのプロ野球、レバンガなど北海道のスポーツ、またそのほかのスポーツなど芸能関係もとりあげているブログです。是非よろしくお願いします。
           ↓
  なまら速いスポーツ速報
            
  なまら速いスポーツ速報ツイッター

    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
     孔明ツイッター
 

  
  

posted by 孔明 |20:16 | 今季 | コメント(2) | トラックバック(0)

2022年03月15日

陽性者がたくさん出たが影響が最小限に収まることを願う。

 遂にコンサにも陽性者がたくさんでた。

 トップチームの9人と言うことだから選手だけではないだろうが、もちろん選手も含まれるのだろう。ただ、こういうことはいつ起こってもおかしくはないし。どこのチームでもあることだ。たまたまコンサにこういうことが起きたと思うことにしないといけないと思う。

 週末はC大阪戦。練習は日曜日と月曜日がなくて今日行われる予定だったがこのことでなかったとのこと。もっとも外は雪がふっており、あったとしてもままならなかったに違いない。

 問題はC大阪戦ができるかということだろう。

 もしかしたら中止になるかもしれない。そうなったら遠征を考えていたサポーターも大変だし、なによりC大阪側にも迷惑がかかる。

 明日陰性が確認された選手からトレーニングを行うとしたが、チーム活動にも大きな影響を与える。とにかく影響が最小限に収まることを願いたい。

 ただ。こんなことはどこでも普通に起こることだ。過度には考えない方がいいと思う。

https://www.consadole-sapporo.jp/news/2022/03/7034/


 
     コンサドーレなどサッカー、日本ハムなどのプロ野球、レバンガなど北海道のスポーツ、またそのほかのスポーツなど芸能関係もとりあげているブログです。是非よろしくお願いします。
           ↓
  なまら速いスポーツ速報
            
  なまら速いスポーツ速報ツイッター

    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
     孔明ツイッター
 

  
  

posted by 孔明 |20:03 | 今季 | コメント(2) | トラックバック(0)

2022年01月21日

日程発表で明らかになった初戦から5連戦でスタートダッシュを

 Jリーグの日程が発表になった。

 ホーム開幕戦は2月26日(土)広島戦。

 早くも昨年勝てなかったチームとのリベンジマッチだ。

 ルヴァンカップもすぐ始まりリーグ開幕戦の清水戦(2月19日(土))から中3日でアウェイで2月23日(水)の鳥栖戦、そして中2日でリーグホーム開幕戦の広島戦と続き、さらに中3日でアウェイの柏戦が3月2日(水)となる。さらにリーグ戦はアウェイ福岡戦が中3日で3月6日(日)となる。

 この最初の5連戦がかなり厳しいだろう。

 この間でキャンプ地から札幌へ行ったりきたりしなければいけないし、かなりたいへんだ。

 初戦からサブメンバー含めた全員の力が必要になってくる。

  5連戦だから選手の疲労も心配だ。うまくターンオーバーを行って大きな怪我がないようにやってほしい。

 W杯で日程がつまっていて、例年よりも厳しい日程だ。やはり層の厚いチームが上位にいくだろう。

 若い選手をうまく使ってチームの層を厚くしていくしかないと思う。
まずはスタートダッシュ。これがポイントになると思う。


 最終戦は11月5日のドームの清水戦。とにかくそこまで必死にみんなで頑張ろう。
  https://www.consadole-sapporo.jp/news/2022/01/6828/

  私の姉のブログです。コンサドーレなどサッカー中心、日本ハムなどのプロ野球、スポーツ全般 芸能関係もあります。是非よろしくお願いします。
           ↓
  なまら速いスポーツ速報



   勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
     孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:21 | 今季 | コメント(2) | トラックバック(0)

2022年01月13日

新年会で目立った興梠の誠実さと西野のふてぶてしさ

 2022年コンサドーレ新年会
    ユーチューブを見た。

    個人的な注目は興梠

  じっくりと興梠の話を聞いたことがなかったので、興味深かった。

  コンサで知っている選手はやはり元チームメイトの駒井と大谷

  メールで連絡をとり合っていたそう。

  他の選手はまったく名前も知らなかったそうで、キャンプは嫌になるほど長いのでしっかり連係を深めてほしい。 

  そして「体がぶっ壊れても戦う」と言ってくれたこと

   感動したのは「17年にミシャが浦和監督を解任されたときに、なぜもっと貢献できなかったんだろうと悔やむ日々が続いた。もう二度と同じような思いは味わいたくない。もう一度チャンスを頂けるなら、もう一度戦いたい。体がぶっこわれても、チームのため、ミシャのために頑張っていきたい」

   と言っていたこと。頼もしい言葉だった。やってくれるだろう。期待したい。
  
   そして次に目についたのは西野の堂々とした言動

  一発ギャグもやっていたし、今でも守備は十分に通用するといってのけたふてぶてしさは頼もしい。
  いつも思うのだが、こういうハートが強い選手は成功する可能性が高いと思う。
 西野はキャンプでアピールしてレギュラーをとるくらい活躍してほしい。



    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
     孔明ツイッター

posted by 孔明 |21:20 | 今季 | コメント(4) | トラックバック(0)

2022年01月12日

昨年の同時期と比べてのメリットと予想される弱点。

 サッカーのシーズンのブレイクは他のスポーツに比べてかなり短い。
 今月の中旬にはキャンプでもう来月にはルヴァンカップとリーグ戦がはじまる。

 チャナの移籍でかなり戦力の面では心配で満足な補強は難しいと思うが、入れ替わりが少ない分、入れ替りが多かったチームに比べると有利な面もある。

 戦術の浸透が図りやすいという点。ミシャ式はかなり頭を使って身に着ける迄大変だが、、何年もミシャ式をやっている選手が多いのでチームがすぐ出来上がるという点はメリットだろう。

 また、去年と違ってミシャはキャンプ初日から指揮をとる。昨年は怪我でキャンプでほとんど指導ができず、さらにはキャンプのできにかなり不満だったようだが、今シーズンはそういうことはないだろう。スムーズにキャンプに入っていけると思う。

 キャンプではオールコートマンツーマンの守備の強度を上げること。そしてオフザボールの連動性を上げること。以上の2つに取り組むとしている。

 オールコートマンツーマンも3年目、メリットや欠点もかなり整理されてきたと思う。

 戦術のより高度な部分をアップさせることができるのではないかと思う。

  心配なのはやはり選手層。補強が少ないと思うので、やはり他のチームと比べて控えの選手層が劣る。ここをレベルアップさせてやらないことには、昨年よりもさらに今年はハードな日程なので、ついていけない心配がある。

 控え層のレベルアップができれば決して上位のチームと比べて劣る戦力ではないと思う。

 このように昨年と比べてメリットも弱点もあるが、とにかくやるしかない。まだ補強はあると思うが、まずはキャンプでレベルを少しでも上げてほしい。



   勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
     孔明ツイッター

posted by 孔明 |20:18 | 今季 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年01月05日

今年はどうなるか?戦術、そしてレベルアップが必要

 オールコートマンツーマン。ミシャは今年もこれを基本戦術にする。

 個人的にはハイプレスサッカーが好きなのでこの戦術は好きだが昨年の前半戦のような一か八かのハイプレスサッカーはやらないような気がする。

 恐らくは昨年終盤に見せたような、負けないサッカー。前に出てマンツーマンはするがそんなに極端ではなく、相手がボールを持てばすぐ奪いに行くが、奪えなければ、すぐさまよく後ろに下がりゾーンで守るある程度後ろに重心を置いたサッカーをミシャはするのではないかと思う。

   この場合には得点力は減るが守備が格段によくなる。

 なにより守りは相手と数的同数や数的不利の状況は少なくなると思う。

 昨年は攻めても攻めても点がとれず、少ないピンチで数的同数、あるいは数的不利を招き失点をしてしまい負けるシーンが多かったが、今年はこんなことは少なくなると思う。  去年はミシャの怪我でミシャはキャンプに間に合わなかった。ミシャが合流した時にはミシャはかなりチームのできに不満だったようだ。そのできの悪さがチームの成績に出てしまった感が否めない。

 そういうことは今年は起きないだろう。ミシャはキャンプの初日から日本に来て指導をしてくれると思う。

 今日の道新や道新スポーツでこのキャンプで強化することは、オールコートマンツーマンの守備の強度を上げること。そしてオフザボールの連動性を上げる2つに取り組むとしている。

 ミシャは絶えず新しい戦術を入れようと努力している。64歳になってもこのような努力をすることには敬服したい。

 そして決定力不足に悩まされた攻撃陣。興梠が入って格段に違いが出るわけでもないと思うが、興梠の加入で決定力は昨年よりも増すだろうし、金子や小柏の成長もあるだろう。 かなり期待がもてる。

 問題は層の薄さ。去年もチャナや宮澤が怪我で欠場した時にはなかなか勝てなかった。ここをどうするか、正直補強をしてほしいが、なかなかお金の面で難しいのかもしれない。 とにかく補強が満足にできなければ現有戦力の底上げしかない。

  今年は現有戦力のレベルアップとより柔軟な戦術で戦ってほしい。


    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
     孔明ツイッター

posted by 孔明 |21:08 | 今季 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年01月04日

タイトなスケジュールを乗り切るには若い選手たちのブレイクが必要

 新年がはじまったが、コンサにとって今年はどんな年になるだろうか?

 リーグ戦はACL圏に入れるだろうか?リヴァンカップは優勝できるだろうか?天皇杯は?

 今年はW杯の影響でかなりタイトなスケジュールが組まれている。

  昨年以上の厳しさが予想される。

 また、情報がないが5人交代制も継続されるのではないか。そうなるとやはり層の厚いチームが有利になるだろう。コンサにとってはいずれも不利だと思う。

 やはり戦いながら層を厚くしなければいけないと思う。

 檀崎やふじれんが戻ってきた。昨日、人数合わせの感もあるとは書いたが、彼らや若い選手には前レンタル先で試合に出られなかったことを「なにくそ」という気持ちをもってレギュラーをとるつもりでやってほしい。

 ミシャなら練習でよくてもすぐにはリーグ戦で起用はしてくれないだろう。ゆえにルヴァンカップでだれでも分かるような活躍をしてリーグ戦に出場するしかない。

 そこで活躍してレギュラーをとってほしい。

 他のJ1がかなり強力な補強をするなか、こちらはなかなか補強は出来ていない。そうなるとどうしても必要なのは現有戦力の底上げ、特に若い選手には現状に満足せず、下剋上の気持ちをもってやってほしい。

 とにかく今年のようなタイトなシーズンを層の薄い我がチームがタイトルをとるには現有戦力の底上げしかない。

 特に若い選手のブレイクが必要。頑張れ、より必死になってやってほしい。選手達


     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
     孔明ツイッター

posted by 孔明 |20:18 | 今季 | コメント(2) | トラックバック(0)

2022年01月02日

今年タイトルをとるには若い選手の力を伸ばすことが必要だ。

 今日になってふじれんが復帰のニュースがあったが、新規の補強はまだない。
 他のチームの補強の進展を見ると不安になってくることもある。ここ2年コロナで減収が続き、また、三上GMもここ数年は「少数精鋭」と明言している。
 大卒4人の活躍などで年俸を上げなければいけなかっただろうし、かなり台所は苦しいと思われる。

 補強は興梠の他、恐らく1人か2人だろう。なかなか補強にまで手が回らないと思われる。 2022年は苦しい状態が引き続きと思われるが、そんな中でも既存戦力を有効に活用してタイトルをとってほしい。

  やっているサッカーのレベルは高い。

 決して川崎Fや横浜FMに負けてはいない。

 心配されるのは今年もW杯があるということでスケジュールがタイトということ。ミシャサッカーはスケジュールが混むと戦術の面で上積みができなくてなかなか勝てない。

 また、選手層が薄いので主力が怪我等出られないととたんに結果に影響が出てくる。
 それゆえに選手層を厚くするために若い力の伸びが必要だ。

 ルヴァンカップや天皇杯に積極的に若い選手を活用して力を伸ばしてほしい。

 また、それらで結果を出したらリーグ戦ですぐ使ってほしい。

  若手が伸びてこないのは結果を出しても使おうとしないミシャにも責任はある。

 ミシャには自分の我を少し収めてもう少し柔軟になってほしい。

  限られた戦力を最大限に使えるようにする。

 選手の層が薄いチームにはどうしても必要なことだ。とにかく今年は若い選手の伸びに期待したい。

 具体的にはふじれん、井川、宏武、小次郎、中村、檀崎、大嘉、西野の面々。

 この選手達には特に期待したい。


  
     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
     [[孔明ツイッター|http://twitter.com/kaxtutenisixtut]

posted by 孔明 |19:53 | 今季 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年01月01日

今年はコンサドーレにとって良い年にしましょう。

 新年が明けた。今年こそはコンサドーレにとって良い年にしたい。
 
 そのためにはタイトルの獲得が必要だ。

   リーグ戦、天皇杯、ルヴァンカップ。なんでもいいからタイトルがほし
い。
  そして今シーズンは日程的にかなりハードな戦いになる。

 層の薄い我がチームは厳しい戦いが続くと思うが、なんとかまずはスタートダッシュ をはかっていきたい。そのためには充実したキャンプを送りたい。

 1人1人がよりレベルアップした姿を見せてほしい。

 大怪我だけは勘弁だ。

 選手全員がより満ち足りた状況で開幕を迎えてほしい。

 そして若い選手のブレイクが必要だと思う。

  小次郎、宏武、中村、檀崎、大嘉、西野が成長してレギュラーを押しのけるような活躍をしてほしい。
 
  とにかく今年は良い年にしたい。

 皆様今年もよろしくお願いいたします。本年こそタイトルをとりましょう。


     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
     [[孔明ツイッター|http://twitter.com/kaxtutenisixtut]

posted by 孔明 |20:27 | 今季 | コメント(2) | トラックバック(0)