スポンサーリンク

2021年10月20日

残り6試合されど控えの選手にとっては大事な6試合だ。頑張れ。

 残りは6試合。泣いても笑ってもあと実質2か月もない。
 この時期選手も契約更改のこともあり落ち着かないことも多いだろう。

 また、強化部も契約更新選手や更新しない選手のすみわけや、補強リストの作成で忙しいのではないだろうか。

  監督はミシャにオファーしているらしいのでよほどのことがない限り来年以降もミシャ体制ではないかと思う。

 選手はまずは大卒4人の残留が一番。そして主力選手の引き留め。外国人選手をどうするか。また、レンタルで出している選手を戻すのか、また移籍させるのか。

 補強はCBを中心にFW、サイドあたりか。

 ただでさえ人数が少ないので少し多めに補強してほしい。もちろんお金があってのことだが。

 ちらほらサポーターの中でも来年誰がほしいということが出ているが、ここまで来年のことを書いていて申し訳ないが、改めていうこともないと思うが残り試合、選手には必死にやってほしい。

 残り6試合で人生が変ることもあると思う。

 控え選手はミシャの下では明確な特長がないとすぐには先発に抜擢されないと思うが、誰かは見ている。           

 コンサでは活躍できなかったが、鳥栖の中野や岩崎は特長を出して試合によく起用されている。このように他のチームで活躍できることもある。

 残りわずか6試合だが、されど6試合だ。



    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:44 | 選手のこと | コメント(3) | トラックバック(0)

2021年10月10日

頑張れ小柏。得点をうんととれ

 昨日のU-18との練習試合で45分でハットトリックをした小柏

 相手がU-18ということで、割り引いて考えなければいけないと思うが、1試合に3点取ったということで得点感覚も上がっただろうか。

 おそらくはワントップだったのではないだろうか。

 小柏は毎試合何度もチャンスがあるが、最近はなかなか得点できなくてじりじりとした感じだったかもしれないが、得点の感覚を思い出しただろうか。

 スピードという武器があって、運動量もある選手なので1試合では何度も決定的なチャンスを作る。本当に何度もチャンスがあるだけにそこを決めてくれというシーンが多い。 もっとも大卒1年目なので過度な期待は本人にとってはかなりのプレッシャーになるかもしれないが、これだけいい選手なのでサポーターの期待はどうしても大きくなる。

 本人にとっては、このような経験もかなり重要。

 今年はいろんな形でのシュートのチャンスがあるだけにこのような経験も来年のプレーにかなり良い影響を与えると思う。

 とにかく残り試合はできるだけゴールを決めてほしいと思う。

 そのためには強引なプレーも必要だと思う。

 自分がチームを引っ張るんだという気持ちを表に出して泥臭いプレーも厭わずやってほしい。

 小柏は攻撃も守備も一級品の選手。

 新人だがチームの中心だということを強く心に持ちながらやってほしい。

 頑張れ小柏。得点をうんととれ




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:37 | 選手のこと | コメント(2) | トラックバック(0)

2021年10月08日

ドドは着実に成長している。更なる成長を期待している。

 G大阪戦で今シーズン2ゴール目をあげたドド

 多くのサポーターも喜んだと思う。

 ドドは最近かなり目覚ましい成長をしていると思う。

 ドドと言えば決定機を必ず外し、ボールを簡単に失い、肝心な時のプレーは残念なプレーばかりといったことばかり言われてきたが、ここにきてかなり頼もしくなってきた。

 ボールを収められるし、ワントップでも後ろに下がって献身的に守備をする。球離れも速くなってパスの精度も上がってきた。

 一時は守備要員としかみなされなかったが、ベンチの層も薄いせいもあるが、攻撃の切り札になりつつある。

 ワントップでも使えるようになってきた。

 致命的だったのは上背があるのにヘッドがまったくできないことだったが、チームでかなり指導されたのだろう。普通の選手の技術くらいを身に着けたようだ。

 ドドの良いところは運動量。トップから中盤まで動き回り、ボールを追いかける。その動きには感動さえ覚える。

 ただ、やっぱり強化してほしいのは決定力。

 G大阪戦でも1度決定機をふかしてミスをした。こういうところをしっかり決めてくれればドドに対しての信頼感はかなり増す。

 ドドは体格に恵まれているので更に技術が上がればとんでもない選手になる可能性を秘めている。 

 ドドの加入時は育成枠と言ってはばからなかったノノ社長だが、最近のドドの成長はうれしいだろう。

 ドドはまだまだ成長できる。この先のドドの成長を期待したいと思う。



    
  
     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |02:24 | 選手のこと | コメント(2) | トラックバック(0)

2021年10月06日

福森の来年以降の契約締結はともにWIN、WINの関係ではなかったか。

 どうやら福森は来期以降3シーズン以上の大型契約を締結したらしい。

 今日のスポーツ報知が報じていた。
https://hochi.news/articles/20211005-OHT1T51177.html?page=1 

 福森の契約は今シーズンまでだったそう。チームとしては早く福森と契約を結びたかったに違いない。

 チームの戦術は福森の存在に大きく依存している。福森のロングボールやセットプレーからの得点が多く、福森なしでは攻撃を語れないようチームにもなっている。なによりミシャの信頼は厚い。

 このことは非常によかった。福森なしではタイトルはとれないだろう。来年以降タイトルを取るためにも福森のキックはチームにとっても重要。

 ミシャにとっても福森はどうしても必要な選手だろう。かつて浦和時代にもラブコールをしたように、ミシャは福森をなくてはならない選手と言っている。

 福森にはたくさんの他チームからのオファーもあったらしい。そのなかでまたコンサを選んでくれてありがたい。

 また福森自身もこの3バックのフォーメーションや福森を生かすシステムでずっとやりたいだろう。福森にとっても有益な契約だったのではないだろうか。

 ミシャが何年このチームで指揮をとるかはわからいが、今更他チームで新たなシステムで苦労するよりもいいのではないだろうか。

 とにかく来年以降も福森がいてくれることでチームもサポーターもタイトル獲得への意欲も増してきただろう。とにかく来年以降もよろしく。



   
  
     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:55 | 選手のこと | コメント(2) | トラックバック(0)

2021年10月05日

ここ数試合は駒井の躍動とミランの潤滑油的な働きが目立っている。

 ここ数試合駒井が躍動している。だいぶ前にはシャドーだけでなくボランチでも軽いプレーが目立ったが、ここ数試合はボランチで生き生きとしてプレーしていてその貢献度は非常に高い。一時はボールを奪われたりして失点の原因になってしまうプレーも多くあったが、ここ数試合は中盤でボールをうまく出し入れして、時には前線に入っていってシュートまでいくようなプレーをしてうまく攻撃の起点になってなっている。

 今やチームに欠くことのできない選手になっている。

 ミシャの過剰な酷使に大丈夫かと思う時もあったが、体調もよさそうで安心している。

 駒井は自分で真ん中をやりたいと言っていただけにいまや水を得た魚のように頑張っている。

 このままシーズン終了までチームを引っ張っていってほしい。

 もう一人目立たないがチームに好循環を与えている選手がいる。それはミラン
 足下が確かで滅多にミスはしない。 

 確かにまだノーゴールで物足りない面はあるが、ワントップでボールをうまく収めて素早くボールをはたき、組織的なプレーの潤滑油になっている。

 G大阪戦の連動したプレーの数々はミランのテンポよいボールさばきがもたらしたと言っても過言ではないと思う。

 彼は1人での個の力で得点をとるような選手ではないと思う。周りとうまく連係してゴールに迫る選手だと思う。

 ただ、DFのマークを外すプレーはまだまだだと思う。クロスになかなか合わせられないのも、動きがDFに読まれていることが多いからではないだろうか。

  マークを外してスペースに入る込むことができれば点を重ねることができるのではないかと思う。

 チーム全体ではG大阪戦は大量得点を取ったが、まだまだ得点をとるチャンスがあったことはミシャも言っていた。

 決定力ももちろんだが、もっと組織的なプレーから得点ができるようにもなりたい。

 もちろん綺麗なプレーばかりでなく泥臭いプレーも必要だが。



  
  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:54 | 選手のこと | コメント(3) | トラックバック(0)

2021年10月04日

TBSのS1で鈴木啓太さんが高嶺を「日本代表に入っていい」と絶賛していた。

 昨日のTBSのS1でコメンテーターの前浦和鈴木啓太さんにコメントして貰いたい今節活躍した選手を募集。そのトップ3人の2位に高嶺が入っていた。もちろんあの無回転シュートが印象深かったと思うが、鈴木さんは高嶺のことを「日本代表に入っていい」とまで絶賛。

 鈴木さんと言えば名ボランチとして鳴らした選手だけに高嶺の評価が非常に高いのは非常に嬉しいとともに興味深かった。

 高嶺はシーズン当初、不安定さがあって一時レギュラーを外されたが、深井の怪我もあったが、ここのところレギュラーに定着

 ボールを奪う力はやはり素晴らしく、また、ロングパスも伸二の教えがあって安定してきた。

 ボールを持って奪っての「高嶺ターン」もミスがほとんどなく、持ち上がって攻撃の起点になる動きもチームの売りの1つになってきている。

 ただ、厳しいことを言わせてもらえば簡単なパスミスをすることがあって、それも失点につながる低い位置からのパスミスが多く、ここを直さないと日本代表はまだまだだろう。

 しかし、高嶺のミドルシュートがゴールできたのはチームにとっても大きい。

 対戦相手は高嶺のミドルを警戒して寄せて来るだろうし、その分前方にスペースが発生して味方は容易に入り込める。

高嶺もうまく相手をいなすことを求められるし、その技術を磨くことができる。

 またこのシュートはデザインされたものだった。高嶺が練習通りと言っていたのはその直前の駒井の動きだろう。駒井が縦のスペースに思い切り走っていったことで相手の寄せる動きが遅くなり高嶺が余裕を持ってシュートを打てた。

 このゴールはチーム全体の組織力のゴールとも言ってもいいいと思う。

 とにかく元プロの名ボランチに褒められたことは自信になると思う。

 このままいけばチームの成績が上がれば来年あたりには日本代表になれるのではないかと思う。

  とにかく高嶺には期待したい。


  

  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:01 | 選手のこと | コメント(4) | トラックバック(0)

2021年09月16日

できればミランを先発で使い続けてほしい。

 前節先発したミラン。

 よほぽどのことがない限り新加入の選手をすぐには先発にしないミシャが加入早々に先発に起用した。
 メンバーが揃わなかったという理由かもしれないが、ミランが直前までリーグ戦に出ていたということもあっただろうし、足下の技術が高かったこともあっただろう。

 前節見た印象は、下がってボールを収めてはたくのはうまそうという感じ。
 足下はうまい。

 ただ、DFに密着マークをされて一歩先に出るという動きと強引に振り払っていく動きが物足りなかった。

 道新で平川さんが「前線からのプレスと運動量はまだまだ足りず、初先発としては良くも悪くもなかった。」と書いているが、日本のサッカー、とりわけ ミシャのサッカーに当然慣れていないということもあるだろう。

 しかし、ミランは以前所属していたチームはコンサの今のチームの戦術と似ていたと言っていたのでそんなにチームにフィットする時間はかからないかもしれない。

 ミランの武器はヘッドだろう。これを生かすにはやはり瞬間の判断力。前節クロスにヘッドが合わなかったシーンがあったが、練習で合わせていくしかないと思う。

 そしてミランは決定力はあると断言していたので、とにかく早く得点を見たい。

 得点が取れればどんどん慣れて得点を量産するような気がする。

 今後ミシャはミランをどのように使っていくかわからないが、できれば先発で使い続けてほしい。慣れれば爆発しそうな予感もする。

 やはり試合をこなさないと彼の良さはでないと思う。

 ミランはオルンガのような爆発的な身体能力はないと思う。

 うまくいけば昨年リーグ戦の終わりにいたウーゴ・ヴィエイラに高さとスピードをアップさせた感じの選手になりそう。
 
 とにかくミランのゴールに期待したい。


         
                                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 
     

posted by 孔明 |20:23 | 選手のこと | コメント(2) | トラックバック(0)

2021年09月14日

駒井の使い方をどうするか考えた方がいいと思う。

 土曜日のC大阪戦は後半、駒井の活躍で2-0で勝利

 まさにMVP級の活躍だった。

  駒井の動きはいつものボランチとしてはあまりやらないプレー。

 ドリブルして突破する動きからFKを得た1点目

 またサイドを突破して倒れそうになりながら青木にクロスを入れたシーンが素晴らしかった。

 駒井は疲労からかずっとボランチでも精彩の欠くプレーもあったが、最近の2,3試合はシャドーでも精力的なプレーを見せ、ボランチでもここぞというところで大事なプレーをしてくれた。

 しかし、正直、ずっと駒井の働きではシャドーはもちろんボランチも厳しいかなと思っていた。

 しかし、この2,3試合は盛り返したというか、かなり調子を戻したように思う。

 だが、依然として駒井のプレーには不安が残る。

 駒井や駒井の好きなサポーターには怒られるだろうが何かミスをしそうな感じがしてならない。

 これもこのところのミシャの酷使に原因があるのではないかとも思っている。
 正直、駒井を少し休ませた方がいいような気がする。

 また、駒井の適正ポジションを考えるにどこだろうかというような疑問も湧いてきた。

 昨年くらいからミシャは駒井を右WBには使っていないと思う。駒井が真ん中でやりたいという希望があったこともあるのだろう。もっとも選手だから当たり前だがミシャの指示には従うとも言っていた。 

  土曜日のC大阪戦のプレーはWBのようなプレーだったような気がする。

  もっとも「私のような素人」ではない人からすると駒井はやっぱり真ん中がいいというような意見もあるだろう。

 駒井はもちろんボランチである程度のプレーをしてくれると思うが、一度気分転換も兼ねてWBをやってもいのではないかと思っている。

  そうするとまたボランチのプレーが生きてくるような気がする。

 ミシャは駒井を重用するだけに、なおさら駒井の使い方を考えてほしいと思う。

 少し休ませたり、WBで気分転換させるとか

 まあしないだろうけど。


      
                                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 
   

posted by 孔明 |20:43 | 選手のこと | コメント(4) | トラックバック(0)

2021年09月13日

駿汰のうまさが際立っている。ボランチで使うことも考えた方がいいのでは

 日曜日のC大阪戦は改めて駿汰のうまさを目の当たりにした。

 ボランチに入ってから余計に目立ったが、ボール扱いはやはりうまい。
 相手のプレスを余裕でかわしてしっかり前につなげるプレーが
 余裕さえ感じられるほどうまい。

  このブログにコメントをいただいた方々の多くも駿汰のことを褒めている。

 また、このチームを離れて海外にいくという心配もまた出てきた。

 ミシャは駿汰をチーム事情からCBで使っているが、やはり駿汰はボランチがベストポジションだろう。

 駿汰がこのチームにしばらくいるということを前提にすれば、駿汰をずっとボランチで使えるようになれば、優勝争いができるチームになるのではないかと思う。

 CBで使うのは本当にもったいない。

 しかし、CBをやっている経験は駿汰のためになっていると思うし、複数のポジションができることはメリットにもなるのも事実。

 駿汰がボランチに入るとボールが収まって、落ち着くし、攻撃の起点も作れる。 

 今シーズンはボランチの層も厚かったし、逆にCBの層が薄かったので駿汰をボランチで先発にすることはなかった。

 ただ、深井も結構時間がかかるらしいし、荒野も前節は欠場した。

  福森の怪我でCBの数が足りなくなり、高嶺をCBに使うことも増えるかもしれない。 

 いよいよ駿汰を先発のボランチで使うことも考えた方がいいのではないかと思う。

 もっともCBの層が薄いことはやはり問題。駿汰をボランチに置けないジレンマでもある。

 ただし、駒から言うと右CBは柳を入れることも考えられるし、大八もいる。

 このチームは福森が実質ゲームを作っていた。その代わり駿汰をボランチに置くことでゲームを作ってより攻撃の手数が増えるような気がする。

 もっともミシャは頑なに駿汰を右CBで使うだろうが。
 

    
                                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 
   

posted by 孔明 |19:50 | 選手のこと | コメント(3) | トラックバック(0)

2021年08月30日

ミランは軽快な動きをしていた。過剰な期待はしないが、早く見てみたい。

 ミランが今日からチームに合流した。ルヴァンカップのアウェイFC東京戦から出場か?という気の早いマスコミもあるが、まず練習を見てからだろう。 

  HBCの今日ドキッとどさんこワイドで今日のミランの練習風景をちょっと映していたが、まずはイケメン。来日直前に結婚。

 身長は高く、そしてひょろっとしている。ただ、動きは軽快だった。来日ぎりぎりまで前のチームで練習をやっていたからか、案外早く試合に出るかもしれない。

 本人はコンサドーレの攻撃的なサッカーは好きで、ゴールを期待してほしいと言っていたが、言葉通りの結果を見せてほしい。

 ミシャは初見ですぐ先発に使ったのは小柏くらいで、じっくり選手を見る傾向のある監督

 小柏といえば圧倒的なスピードがあるからミシャの心も動かしたのだと思うが、ミランも圧倒的な何かなければすぐ起用ということにはならないのではないか。もっともこちらとしては圧倒的なものがあってすぐさま起用されることを望んでいるが、あまり過剰な期待は持たない方がいいかもしれない。

 しかし、噂ではミランはミシャのつてから獲得した選手という話もあるので、もしかしたらミシャ好みの選手かもしれない。だが、実際にプレーを見てみないとやっぱりわからない。

 サッカーは環境が変ればまったくプレーの質も内容も違う。ましてや欧州のリーグとJリーグではやっぱりサッカーの質と内容は違うだろう。

 もしかしたらかなり戸惑うかもしれない。また日本での生活の面もある。

 外国人選手はやって見ないとわからないとは言え、日本でのサッカー経験がないミランは最初からハンデがあるだろう。

 福島にいったガブちゃんは実戦経験すら何か月もなかったとは言え、日本のサッカーにかなり戸惑っていたようだ。ミランがはやく日本のサッカーに慣れることを期待したい。ゆえにあまり過剰な期待はしないでおきたい。

 それゆえすぐに活躍してくれれば儲けもののような心構えでいようと思う。
 とにかくどんな選手か早く見たいものだ。



          
                                勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 
  

posted by 孔明 |19:53 | 選手のこと | コメント(2) | トラックバック(0)