スポンサーリンク

2020年04月10日

最近のコンサで気になること。

 昨日の報知では直樹が肉離れから回復して、13日には全体練習に復帰できると書いてあった。ここにきて阿波加は全体練習に復帰したし、練習試合の鹿島戦で痛めた荒野やミンテも道内の夕方のニュース番組で出される映像を見ていると元気な姿を見せているし、もしかしたら直樹が復帰したら怪我で離脱している選手はいなくなるのではないかと思う。

 推測に過ぎないがそうなると全員そろって来週は全体練習ができるのではないかと思う。

 これは中断期間があるからというのも大きいかもしれない。また、試合がないのでそこで思わぬ負荷がかからず、けが人が出ないと言うのもあるかもしれない。いずれにしても良い状態だと思う。

 そして最近気になるのは、本州に行って練習試合をやると言う話がどうなったか。国の緊急事態宣言で関東に行くのはできないし、困ったことになっているのではないかと思う。もっとも昨今の情勢を見ると練習ができるだけましということも言える。
 あえて危険を冒してまで行く必要はないということだろう。

 ただ、やはり宮の沢で単独の練習はいかにミシャが工夫したとしても飽きてくることもあるだろう。

 今後の様子を見て近場の感染者数が少ない東北で試合をするとか。仙台やJ3秋田、八戸などと練習試合を行うとかもあるだろうか。ただ、これはこちらのほうの穿った見方で、感染数が多い、北海道から行くとなると逆に相手はOKしない可能性も高い。これはやはり無理か。 
 やはり宮の沢で粛々と練習をしなければいけないだろう。

  今日の報知では紅白戦をSNSで、あるいはダゾーンでほやるかもしれないとのことが書いてあった。

 これは画期的なことだ。練習試合でもなく紅白戦を映像で見えるならサポーターも大喜びだ。選手たちも放送されているということなら、いつもと違う感じでやれるだろう。

 先の見えない中、いろいろと工夫をして練習を行うのは良いことだ。





        勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


}

posted by 孔明 |19:35 | 話題 | コメント(1) | トラックバック(0)

2020年04月07日

チーム宮澤とチーム福森

  おとといの宮の沢ではチーム宮澤とチーム福森に選手を分けて紅白戦を行った。

  宮澤と福森が順にメンバーを選びチームを編成ポジションも自由に決めたそう。

  昨日の道スポに書いてあった。


チーム宮澤
                        ジェイ
               ドド           金子
           檀崎                      ルーカス 
                  深井        宮澤
               菅        進藤      早坂
                      カウィン(阿波加)

チーム福森
                        ミンテ
                チャナ           福森
           ふじれん                     駒井 
                  高嶺        荒野
              駿汰       ロペス      武蔵
                  
                       菅野

   武蔵は「CBかサイドをやりたい。」
「むちゃくちゃ楽しかった。きつかったけど、その中でもガチの勝負。勝利を求めてやっているのでしっかりカバーリングしたり、ラインを上げたり。DFの気持ちがすごく分かった」
   「(リーグ延期は)誰しもが初めての経験。どう過ごしていくか正解は見いだせないが、自分たちのできることをできる範囲でやりたい。」

  普段と違うポジションだとそのポジションの選手の気持ちがわかっていいのではないか。
 

 この試合ではミンテ、福森やロペス、武蔵が正反対のポジションをやって盛り上がって ようだ。そして聞くところによるとロペスがゴール前で両手でシュートをブロック。レッドで退場してPKを取られたらしい。(笑)。本番ではやらないようにしてほしい。(笑)  しかし、なかなか激しい試合だったらしく、攻守の切り替えが早く、かなり本気でやりあったらしい。
 でもこのような紅白戦はいいと思う。たまには趣向を変えたほうがいいと思う。なにより公式戦がない状態。いろいろなことをやらないとマンネリ化してしまう。
 

 とにかく、いつやるか目標が定まらない中。選手たちは大変だがとにかく頑張ってほしい。



         
      勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


}

posted by 孔明 |19:35 | 話題 | コメント(5) | トラックバック(0)

2020年04月04日

Jリーグの試合のさらなる延期と練習見学の再開

 昨日、Jリーグはさらなる試合の延期を決めた。
「第5回新型コロナウイルス連絡対策会議」で専門家チームから5月末の再開を目指すのが妥当との提言を受けた。

 そしてJクラブの臨時の実行委員会をウェブで開催して日程を白紙に戻すことを全クラブで合意したそう。

 再開は少なくとも1か月以上先延ばし。6月初旬になる見通しもあるそう。
 
 これは仕方ないだろう。東京や関西などの感染状況はピークになってきていて、開催に伴うリスクがかなりある。

 村井チェアマンはやる気は満々だったろうが、専門家委員から提言を受けたらやはりそれを尊重しなければいけない。

 残りの試合をどうやるか。 
 スポニチには
 村井チェアマンは「大会の骨組みを変えずにできる余地を検証する。」と言っているが
6月再開でも全日程消化には1か月に6、7試合が必要。

 再開がさらに遅れればリーグ成立条件の全体75%消化は極めて困難、ルヴァンカップの縮小など大会方式の変更も迫られる。
 
 リーグ戦70%以下の消化ではダゾーンとの放送権契約にも問題が生じる恐れもあるそう。
 一方コンサでは昨日から練習見学が再開された。
 日刊スポーツの保坂さんは「もう少し事態が落ち着く時期まで待ってもよかったのでは、と個人的には感じた。」と言っている。
 「クラブ内でも議論は重ねられたようだ。見学再開に踏み切ったクラブの判断が『時期尚早だった』と言われないために、サポーターも含めて感染予防への自覚が求められる。」と結んでいる。

  それから、五輪男子サッカーが24歳以下になることが決まったようだ。
 国際オリンピック委員会の通達文書で「年齢制限がある場合、2020年7月に資格がある選手は21年まで保持できるように基準を広げなければいけない」と明記されたそう。


 まずは五輪男子サッカーの年齢制限が引き上げられたのは良かった。駿汰や他の大卒の選手たちにも朗報だろう。


 また、Jリーグの開催時期のさらなる延期が決まった。この問題はクラブの存続までかかってくる。これにより何億もの負債がクラブにかかっている。体力のなおクラブは大変だ。
 まずは選手の待遇面。試合が開催されないと、給与カットということも考えられる。

 そして、何度も開催が延期して選手たちの体作りにも影響を与えている。また、一から作り始めないといけないし、選手たちはたいへん。
 
 本当に困ったことだ。

 そして6月に再開されるとは限らない。個人的には東京や関西圏が落ち着いたら、まずは無観客試合を行って、様子を見て観客をいれた試合を逐次やっていくしかないのではと思っている。もちろんすぐ観客を入れてすぐできればいいとは思っているが、開催にかなりリスクが伴うなら、ここは段階的に行うべきではないかとも思っている。
 
 いずれにしても難しい問題だ。判断を一つ間違えれば大きな問題となる。

   練習見学の再開はやはりちょっと早かったのかと思っている。

 必要な手立て(検温、消毒、座る位置の工夫など)はしているが、もし、これが原因で選手に感染者がでたらという危惧もある。今日も200人を超えるサポーターが宮の沢を訪れたそうだ。

 ただ、そうは言っても、あまりにも恐れるのはどうかとも一方で思っている。

 感染者数が少なくなった北海道から行うと言うことにも意義はあるとも言える。ここで問題がなければ全国でも徐々に練習見学の再開が広まっていくはずだ。


 しかし、もう再開したのだからルールを守って選手たちを見守るしかない。



     
      勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


}

   

posted by 孔明 |18:39 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月28日

選手の自主トレとJリーグの話題。

 チームは8日間の休みを取っているが、GK陣とかチャナとかぽつぽつと個人練習をやっているようだ。

 GK陣ではソンユンを除く3人が仲良く宮の沢で練習をやっている様子がツイッターで出てたし、今日の日刊スポーツではチャナが自主トレで宮の沢でやっていて、直樹の子供とじゃれあっている様子が映っていた。

 チャナは母国のタイで武漢ウイルスが蔓延しているため、帰れないそうで、体を持てあましてもどうしようもないので、宮の沢にきてトレーニングをしているらしい。

 この他にも報道はされていないが自主トレをやっている選手は多いに違いない。

 スポーツ選手だから体を何日も動かさないと体がなまるのだろう。

 程よく体に運動を忘れさせないようにしなければいけない。

 Jリーグ始まって以来の長い中断期間を設けざるを得ないが、なんとか選手がモチベーションを落とさないためにも5月GW明けに再開してもらいたい。

 選手のインタビューを聞くとやはり試合に飢えているらしく、落ち着かない日々を過ごしているようだ。また中断するたびに体っを作っていて、かなりたいへんだ。

 サポーターも試合に飢えている。

 クラブの英断で練習試合の対鹿島戦がダゾーンで放送されて好評だったのだろう。

 今日の練習試合をダゾーンが配信した。

 このような試みは非常に良い。全チームにこのような試みが広がれば有利不利もなくなるはず。

 また、Jリーグは昨日リーグ戦の成立条件を明確にした。

 リーグ全体で消化率を75%とし、各チームの消化率を50%と定めた。

 リーグ戦は試合数の50%以上やらなくてはならない。

 このような基準を示せば今後試合数をどうこなすかを考えることができる。

 サポーターの願いは早く公式戦が再開すること。

 選手達もJリーグも最大限の努力をしている。

 とにかくいち早い公式戦の再開を望んでいる。





     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


}

posted by 孔明 |19:16 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月26日

東京五輪男子サッカーの年齢制限はどうなるか。

 東京五輪の延期が決定して、五輪のサッカーで気になるのは年齢制限の運用をどうするか。

 五輪の年齢制限は23歳以下だが、来年夏までに24歳になる選手を扱いをどうするかだ。コンサでは駿汰がこれに該当する。5月生まれだから今年5月で23歳になる。五輪が来年7月開催だとすでに24歳になっている。

 このような選手は世界中でたくさんいるはず。

 こんな選手をどうするのか。いっそのこと来年の五輪だけ特別にサッカーはU-24で行うべき。もし、あくまでもU-23というならば、五輪にそもそも出られない選手が出てきてしまう。それは公平ではないだろう。

 はたしてどうするのか非常に気になる。

 駿太は東京五輪世代でもかなり本選に選ばれる可能性が高い選手だと思う。戦力的にもどうか。
 また、このことでいえば、海外勢では三好や板倉、中山なども資格を失う。

 はたしてどのようになるか。

 コンサでは菅や高嶺、金子はかつかつだが(7月30日生まれ)大丈夫。

 ただ、生まれ月で運不運があってはいけないだろう。

 これはやはり特例として東京五輪だけは24歳以下にすべきだろう。

 そうしないと不公平が生じる。

 賢明なFIFAの判断を待ちたい。


     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


posted by 孔明 |21:04 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年03月18日

サッカー界の重要人物も感染してしまった。

 サッカー協会の田嶋会長が新型肺炎ウイルスで陽性と診断された。サッカー協会のトップがかかってしまったのは世間に強い衝撃を与えた。

 しかし、会長は世界を飛び回っており、感染の可能性は高かっただろう。今や、感染するのは珍しいこととも言えない状態になった。

 心配するのはこれによって、サッカー界が変に委縮しないかということ。

 依然として先が見えない状態だが、決して後戻りすることなく、サッカー協会やJリーグはやるべきことをやってほしい。

 海外では選手たちの感染のニュースが報じられている。日本でもいつ選手に感染するかわからない。

 ここでも以前書いたが、新型肺炎ウイルスは完全に殲滅はできないだろう。語弊のある言い方だがいかにうまく付き合っていくか考えなければいけない。

 専門家のある人は正しく恐れた方がいいと言っているが、なんとなく意味はわかるような気がする。

 いまだワクチンを開発できるという話は聞かない。

 新型肺炎ウイルスはなかなか殲滅されないしぶといウイルス。

 いかにこれからピークを低くしてできるだけ沈静化させるかだろう。

 しかし、このようにサッカー界の重要人物は感染してしまってはJリーグの再開も厳しいものになりそう。

  本当に厳しい戦いだがなんとか人類の叡智で早い時期に沈静化させたい。



        
  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:56 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年11月19日

土曜日の磐田戦は正直不利な戦いになると覚悟している。

 土曜日は中断明けの磐田戦。正直、この試合は不利な戦いになると思っている。



1つ目は練習のこと。
 明日、明後日と札幌は雪が降り、宮の沢で練習ができるかどうかわからないこと。

2つ目は代表組の疲労の影響があること。

3つ目は磐田のモチベーションの高さから。

1つめはこれは自然のことだからどうしようもない。宮の沢に10cm以上の積雪があれば、ピッチで練習するのは難しい。少し除雪してその範囲内で練習するか室内でやるか。いずれにしても練習は制限され、中身が乏しい練習になってしまう。

 思い切って雪の少ない苫小牧のグラウンドを借りて行うということも考えた方がいかもしれない。以前はこのような状態になったときには苫小牧のグラウンドを借りて練習をやっていた。使用する器具等の移動や練習後のケアが難しいが、制限されたピッチでやるよりも良いのではないだろうか。

 2つめはこれも仕方がない。菅はすでに戻ってきているだろうが、武蔵と進藤は今日が試合なので、明日戻ってくると思う。そうすると木曜日と金曜日しか練習ができず、対磐田戦用の練習があまりできないことになる。また、出場するかどうかに関わらず疲労もあるだろう。
 
 ソンユンとチャナは海外での試合なので移動の疲労や試合に出場した疲労で磐田戦の出場はかなり厳しい。
 戻ってくるのはいつかはわからないが、タイはベトナムとアウェイでw杯予選がある、今日の夜試合をするので、チャナは出場するはず。

 また韓国の今日夜、UAEでブラジルとの親善試合があってソンユンが出場するかわからないが、中東なので移動がたいへんだろう。

 戻ってきてもチャナとソンユンが木曜日から練習にでられるかわからない、いずれにしても疲労を抱え、対磐田の練習もままならないだろう。

 この2人は思い切って先発からはずすということも考えられる。

 今後このようなことは毎回起こると思うから、何らかの対策ができればしなければいけないだろう。

 3つめはかなりやっかい。磐田はこの試合に負けるとJ2降格が決定する。ゆえにかなり高いモチベーションで戦ってくる。このモチベーションと対峙しなければいけない。しかし、一旦ピッチに立つと相手の迫力に負けてはいけない心理が働く、こちらもモチベーションは高くなるはず。序盤から勢いよくいかないとやられてしまうので気をつけた方が良い。



 1から3について不利な面ばかり書いたが、このようなことは今後も十分考えられる。そのためにしっかり対策を立てておかなければいけないだろう。

 
 ACLに出場しているチームとか代表メンバーが多くいるチームではこれまでも結果を出してきたチームもある。例えば鹿島などはそのような不利な条件でもリーグ戦にはあまり負けていないはずだ。もちろん層の厚さはあるだろうが、こんな条件でもしっかりやらなければいけない。

 この磐田戦も不利な条件はあるが必ず勝たなければいけない試合であることは確かだし、勝つと信じている。

 これは選手自身のため、サポーターのためといろいろとあるだろうが、一旦試合になったら選手達も目の色を変えて試合に勝つため一生懸命あってくれるはず。

 とにかく目の前の試合を1つ1つ勝っていこう。





    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |17:49 | 話題 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年11月11日

次節の磐田戦に何が何でも勝って粛々とお見送りをしよう。

 前節の結果により、次節の対戦相手の磐田はJ2降格が決まるかもしれない。
 
 現在の磐田は最下位で残り3試合に勝ったとしても残留プレーオフに出場する可能性しか残っていない。断崖絶壁に追い込まれた状態だ。

 コンサが勝てば磐田のJ2送りをお見送りする状態になる。

 相手のそんな状況を見るのは嫌なコンサのサポーターもいるだろうが、ここは勝負の世界

 こっちもこれまでいろんなチームに見送られてJ2降格を経験してきた。勝負の世界は厳しい。

 こちらも順位を上げなければいけない身。磐田はそれこそ死に物狂いでくるだろうが、こちらも勝たなければ上にはいけない。勝負に徹して勝って粛々とお見送りをしたい。

 相手が必死になって戦ってくるならこちらも必死になって戦うのみ

 勝敗の行方はもちろんわからない、磐田が勝つかもしれないし、こちらが勝つかもしれない。しかし、当然勝負に手ごごろなど加えずに正々堂々戦うのみだ。

 昨日の大分の結果から、7位から8位に落ちた。まだ6位までの可能性はあるが現実はは大分と7位を争う状況だ。

 こちらも7位にはなりたいし、ここ5試合の成績は1勝1分け3敗とかなり悪い。必死になって戦って残り3連勝してこそ、サポーターも喜ぶだろうし来年にもつながるはず。  とにかく磐田を叩いて残り3戦、連勝して7位に上がるしかない。

 たまたま磐田が対戦相手というだけ。正々堂々戦って磐田をJ2送りにしよう。とにかく勝つことだ。




      勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:45 | 話題 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年09月21日

昨日の話題から

 ルヴァンカップ準決勝のホームの試合が厚別からドームに変わった。

 まずはよかった。今の時期はさすがに雪は降らないが雨がふったり気温が下がったりすればかなり厳しい。

 ドームで快適な環境で見たい。厚別も厚別でいい雰囲気で見れるが、やはりドームの快適さにはかなわない。ドームだとサポーターの数も違うだろう。とにかくドームになってよかった。

 またリーグ戦のC大阪戦も日ハムの関係で4位以下が決まればドームになるだろう。これもドームが濃厚だ。金曜の夜だから余計にドームになってほしい。

  そして、HBCのスーパーサッカーが22日で最後になる話。昨日「HBCコンサドーレ取材班」の中の人がツイッターでつぶやいていたが、やはり22日をもって編成上の都合で終了することになるそうだ。ただ、今後の放送は未定とのこと。

 丙プログでも皆さんに呼びかけたが、たくさんのサポーターの意見がHBCに行ったと思う。これは今後復活に向けて大きな力にもなったはず。今後もやはりスーパーサッカー復活を働きかけていきたい。

 そしてびっくりしたのは名古屋の風間さんの解任。成績不振からだそうだが、その後任が元鳥栖監督のフィッカデンティとは。名古屋の攻撃サッカーを180度変えるものだろう。一体チームの方針としていいのだろうか。他チームながら心配するし、チームの基本方針を根底から覆すのはいいのか聞いてみたいものだ。

 チームは残りの1週間を含め鹿島戦の準備をしていると思う。鹿島は強敵でカシマスタジアムでは勝ったことがない。そのジンクスを破ってほしい。必死になって練習をしてほしい。




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:26 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年01月22日

スカパーのJリーグラボから。

 スカパーのJリーグラボ

 毎回楽しみにしているが直近は1年に1度の名波さんの回

 名波さんがプレーオフで東京Vに勝ってJ1残留を決めたが、勝っても負けても監督を辞めるつもりでいたことや名波家の近況などコメントしてくれた。
 そして後半の議題が「ノノ社長」でコンサのことをやっていた。昨年の躍進の話などやっていたが、ミシャの話で広島や浦和ではセットプレーの練習はほとんどやらなかったのにコンサに来てからやりだしたのは、会社がセットプレーの練習をやってくれと依頼したとノノ社長が言っていたのが、驚いた。

 やっぱり言っていたのか。まあ当然と言えば当然だろう。

 2017年はセットプレーでの点が多かったので、まことにもったいなかった。会社があえてミシャにお願いしたのも十分にわかる。

 アウェイの湘南戦では湘南のプレスが厳しいからロングボール主体で戦ってもいいかとをミシャがノノ社長に相談していたというし、ミシャもサッカー選手で解説者もやっていたノノ社長を信頼しているんだろう。

  また名波さんは宮澤がスイーパーに入って1本芯が入ったということを言っていた。浦和でやっていたころは、その中心は阿部で広島は青山だったが、コンサは一体誰がその役割やるのかと思っていたが宮澤がいて存在感が強かったと言って宮澤を褒めていた。

 対戦するチームの監督だから当然と言えば当然だが見てる人はちゃんとみているんだと改めて思った。





     勝手に叱咤コンサ外伝
                             
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |20:39 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)