スポンサーリンク

2022年11月25日

カタールW杯における日本人サポーターの行為が称賛されてはいるが‥

 W杯でのサポーターの行為が世界から称賛を得ている。

 W杯が開催されるたびに言われているが、日本人サポーターが観戦した後にものを食べたり飲んだりしたりしたゴミをしっかり持ち帰るという行為だ。

 そして日本の選手達の控室(ロッカー)も選手達がゴミ一つなく綺麗にして去ったということも称賛されている。

  この称賛は日本人にとっては誇らしい。

 ただ、この行為に外国から偽善だという声も上がっている。
 また、日本人でも反対する人もいる。昨日はその人のツイッターが賑やかだった。理由は掃除をする人の仕事を奪うからということ。

 日本と海外では明らかに違う。私は経験したことがないがインドでは道端でチャイを買って飲んだらその陶器をすぐさま叩き割らないといけないそうだ。
 そうしないと売っている人に怒られるらしい。これは陶器を作っている人の仕事がなくなるから。

 外国に行ったらその文化を受け入れその通りにやらないといけないという理論だろう
 確かにそう言うこともあるだろう。

 また、外国で良い日本人を見せようというミエもあるかもしれない。  

  しかし、日本では授業が終わった時には掃除して下校するように教わったし、親からもゴミを片づけるように言われて育った人が多いだろう。

 外国人にはなかなかない日本人の美徳というか文化のようなものだと思う。

 もっとも日本には「旅の恥は掻き捨て」という言葉がある。誰も見ていない時には何をやってもいいというような土壌もある。
 近年、富士山に置かれたゴミが問題になっていて、このような問題も日本にあることも事実だ。
 
  国内のサッカーの試合でもドームや厚別に行くとゴミを散らかしている人もいる。このような問題が過去に議論になったこともあった。

  カタールW杯の話に戻るとどっちかの意見を押し付けるというのも問題だろうが、それぞれよかれと思ってやっているので、どっちにが正解とも言えないのだろう。

 ただ、今回のW杯の清掃はボランティアがやっているようで、そのゆえにさらに称賛されているようだ。
 個人的には日本人のこういう習慣や文化は大事にしたいと思っている。

   勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
    孔明ツイッター
  

posted by 孔明 |20:16 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年10月19日

こうして寒い日が多くなると気になるのは選手のコンディション

 昨日、今日あたりは日中かなり気温が下がったが練習はしっかり行われただろうか。
  この季節になると体がなかなか温まらないのでちょっとした怪我をするのが心配。北国のデメリットの部分だと思うが、なんとか工夫して練習をしてほしい。
 広島戦まであと10日以上あるが怪我人の状況も心配だ。菅がどのくらい治っているかだとか怪我明けの宮澤や福森の調子が上がってきたかどうかとか気になる部分はたくさんある。

 練習も試合まで間があるから一度体を追い込んで作って、それからまた緩めてとなんどか上り下りがあるだろうから風邪など引かないようにしてほしい。

 残り2試合、ここまでくれば選手のコンディションだけが心配だ。

 怪我だったり体調不良だったり、試合に向けて何かあればチームのマイナスになる。もちろん選手が気を付けてもどうにもならないアクシデントはある。

 とにかくまずは広島戦に万全の調子で臨めるようにしてほしい。

 広島は天皇杯で甲府に負けたがルヴァンカップ決勝もあるし、なによりリーグ戦で3位以内に入る目標もある。モチベーションは中位のチームよりはあると思う。そして広島のホームだから当然強い思いで戦ってくる。そこを打ち破らないと残留の自力決定はない。


 もちろんミシャはコーチ陣はうまく広島戦にあわせてくると思うが、選手もできるだけうまく調子のよい状態で臨んでほしい。


  
    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター

posted by 孔明 |20:10 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年09月26日

昨日のサポーターズデイの裏側を見て感じたこと。

 昨日のサポーターズデイは現地に行かなかったが、ユーチューブで配信されていたものを見させてもらった。2つのサプライズがあって、サポーターも沸き上がった。

 その後、大伍が昨日の舞台裏をユーチューブで上げてくれた画像をみていた。

 大伍がサイン会を抜け出してカーリングをやっていてなかなか戻らずに注意されたり、いろんな選手の様子を伝えてくれていた。

 入院中の深井の他、全員確認できた。いずれも元気そう。

 大伍のユーチューブの代名詞「WEST」で手の指の3本を示す挨拶を選手がやっていたり。コーチ陣も何人か出てきて相変わらず仲が良さそうな様子だった。

 ちょっと気になったのはクラブハウスの狭さと雑然としている様子。

 建ててから20年近くなっているのだろうか。クラブハウスを建て直すという話もあったと記憶しているが、かなり手狭になってきて、建物も老朽化まではいかないと思うが、使い勝手がよくないものになっているのかもしれない。

 同じく以前の大伍のバーベキューの画像にも出ていたが、選手の口々からこのチームは本当に仲が良いという話もあった。

  昨日の大伍のユーチューブも選手の仲良さが出ていたような気がする。

 ただ、仲が良いというのも考えもので、仲が良すぎて練習に真剣みが足りなくなったり相手へのあたりが弱く成ったりするものだ。ここ等へんはずっとこのチームに言われていたこと。これはプロフェッショナルな個人の気持ちでカバーしてほしい。

 選手もサポーターも残り5試合の厳しい戦いの前のひと時の良い時間を過ごした。
 今週末から再び試合が始まる。とにかく勝っていくしかない。難敵も残っているし、かつて勝ったことのない場所での戦いも残っている。とにかくやるしかない。
 まずは勝ち点3を積み重ねて行って最後はシーズンを笑って終わろう。
 
    西大伍のユーチューブ
↓
    https://www.youtube.com/watch?v=F2X8-05Mois


              
      勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター

posted by 孔明 |20:33 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年09月21日

J1残留争いがとんでもないことになっている。

残留争いはとんでもないことになっている。
           勝ち点 得失点差 残り試合
11位 コンサ 35 -12  5試合    H川崎、H福岡、A浦和、A広島、H清水
12位  清水   32 -7 4試合    H磐田、A川崎、    H鹿島、A札幌
13位  神戸   31 -9 5試合    A福岡、H広島、H湘南、A川崎、H横浜
14位  福岡  31 -9 4試合    H神戸、A札幌、H柏、          A浦和
15位  湘南   31 -13 5試合   AC大阪、A東京、A神戸、H鳥栖、A柏
16位  京都   30 -7 5試合A鳥栖、H名古屋、A川崎、HC大阪、A磐田
17位  G大阪 29 -15 4試合   H柏、A横浜FM、H磐田、       A鹿島
18位  磐田   24 -24 5試合  A清水、H鹿島、A横浜、AG大阪、H京都

      コンサは少し余裕があるとは言え、まったく気が抜けない戦いだ
  12位から17位までは勝ち点わずか3、1試合、2試合で順位が大幅に変わる。
 コンサも3連敗でもしようものなら一気に降格圏に落ちてしまう可能性もある。
  ただ、これらのチームの多くが連勝するというのも考えにくいから、そんなに簡単に順位がかなり下がるのはないだろうが、ここは最低でもまずは1勝はしたい。

  早めに残留を決めないと来季の体制を整えるのにも後手を踏んでしまう。

 まずは難敵の川崎F戦はホームなので勝って残留をほぼ確実のものにしたい。
  他のチームも直接対決だったり、優勝を争っているチームとの対戦もある。はたしてこれがどう転ぶか。

  このなかで湘南はアウェイが続く、神戸は最後に難敵が並ぶ。ただいずれも

 モチベーションもかなり上がっていてどんな番狂わせがあるかもしれない。まったく気が抜けない。とにかく目先の勝ち点3だ。



  
               
      勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター

posted by 孔明 |20:14 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

2022年07月19日

柏戦で興梠が倒されたシーン。ジャッジリプレーでは全員がやはりPK妥当

 今日、ダゾーンのジャッジリプレーを見た。

 柏戦の前半終了間際、興梠が柏のCBの上島に倒されたシーン。

 結論から言えば出席者4人ともPK妥当ということだった。

 ゲストの 平畠さんはなんであれがPKにならなかったのか理由が知りたいと言っていた。

 実況のアナウンサーの桑原さんが「イニシエイト」疑ったのか?と問いかけ解説の深野さんももしかしたら審判団は「イニシエイト」を考えたのではないかとも言っていた。

 「イニシエイト」とは相手のプレーをじゃまするように接触してわざとファウルをとられて倒れるプレーらしいが、審判団は興梠の左足が出て上島の体にあててわざと転んだということを疑ったのではないかという苦しい見立てをしていた。

 その後ゴール裏からのカメラを見た深野さんはこれはイニシエイトではないと言ってた。

 もう一人の解説の家本さんは完全にPKで後ろから上島が興梠の足にいっていて、上島のファウルと明快に応えていた。興梠は上島のじゃまをしてはおらず、左足で上島の動きをさえぎったのは自然な行為だろう。

 平畠さんも興梠が右足にボールを呼び込もうとして左足を出した体勢なのでわざとじゃないだろうという見立てだった。

 カードの種類は家本さんはイエロー、あるいはノーカードという判断。

 結論は先に書いたが全員PK妥当ということだった。

 実況の桑原さんもこれは全員PKと言うでしょうねと言っていた。

 やはりそういうような結論になった。

 主審は映像をを見ておらず、後ろからの状況だけだったのでしかたないかもしれないが、VARはゴール裏からもいろんな角度からの画像を見たはず。

 それでもVARが指摘しなかったのは理解できない。

 VAR担当の荒木審判は毎回のように問題を起す。まさにJ1の主審に適正なのかJリーグも考えなければいけないのではないか。


                                                    
            コンサドーレなどサッカー、日本ハムなどのプロ野球、レバンガなど北海道のスポーツ、またそのほかのスポーツなど芸能関係もとりあげているブログです。是非よろしくお願いします。
           ↓
  なまら速いスポーツ速報
            
  なまら速いスポーツ速報ツイッター

    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
     孔明ツイッター

}

posted by 孔明 |20:19 | 話題 | コメント(3) | トラックバック(0)

2022年03月27日

チームの雰囲気は非常に良いようだ。このまま浦和戦を迎えたい。

 今日の全体練習は軽いメニューだったらしい。
 そして練習後なんとバットとグラブが登場し、ノックが開始

  ルヴァンカップの京都戦が中止になっただけにモチベーションを下げないように
 いろいろと工夫しているのだろう。

 昨日はPK戦をやったし、雰囲気もだいぶ良いようだ。
 メンバーも続々と復帰している。

  いないのはルーカスと青木だろうか。

  心配なのは試合勘。しかし、これは仕方ない。ミニゲームをやって慣れていくしかない。

 昨日はミシャも鬼になって鬼ごっこもやっていた。相変わらずミシャも愛されている。

  このよい雰囲気で週末の浦和戦を迎えたい。
 ただ、今後コロナの陽性者が出ないように願いたい。

 とにかく良い雰囲気でチームは練習をしている。
 このままいい状態で浦和戦を向かえたい。


    
  
       コンサドーレなどサッカー、日本ハムなどのプロ野球、レバンガなど北海道のスポーツ、またそのほかのスポーツなど芸能関係もとりあげているブログです。是非よろしくお願いします。
           ↓
  なまら速いスポーツ速報
            
  なまら速いスポーツ速報ツイッター

    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
     孔明ツイッター

posted by 孔明 |20:27 | 話題 | コメント(2) | トラックバック(0)

2021年11月14日

決定力不足解消に力強い道具を練習の映像で発見

 昨日の練習試合は2本目は主力だったらしい。しかし、惜しいチャンスがありながら点がとれなかった。

 得点力不足ということだろうか。

 ところで練習の動画を見ていたら面白いものを発見。

 ゴールマウスに網?布?を張っていた。面白いのがその布は四隅だけを空いているという代物。ゴールマウスをただでは空けておかないというものだろうか。

 これはナイスアイディアだと思った。おそらくは最近、販売したものだろう。一昨年の練習見学時には見たことがなかった。

 キーパーが動ける範囲が布で覆われ四隅しか得点が入らないようになっているのだろう。

  これは選手にとってはよい練習台になると思った。

 GKを置かないでシュート練習をする場合に確実に四隅を狙わないとゴールできない。 決定力が不足している我がチームにはもってこいの道具だと思う。

   戦術練習をしてもパスワークで崩して最後シュートを打つときに四隅に打たないとゴールが決まらない。

  シュートの決定力を上げることができる便利な道具だと思った。

  特にキーパーの真正面ばかり打ってしまう選手には有益なものだと思う。

 この道具も利用しつつ得点力を上げてほしい。とにかく決定力をつけてほしい。


   
     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター

posted by 孔明 |20:11 | 話題 | コメント(2) | トラックバック(0)

2021年11月02日

【速報】今季で退任するJリーグチェアマンの最終選考にノノ社長が残っているって。

 今朝来たばかりの日刊スポーツに来年3月にJリーグチェアマン村井さんが退任、新たなチェアマンを選ぶことになり、今年春から100人以上の面接をして最終選考に元楽天社長島田氏と、うちのノノ社長、Jリーグ木村正明専務理事らが候補として残っているという内容の記事が載っていた。
 
 今後厳しい調査をして来年1月末には新しいチェアマンが発表される。
 
 ノノ社長はいずれチェアマンになるのではという期待も大きかったが、勝手な言い分だが一サポーターとしては万が一なったら、非常に困る。

 コロナ過で業績は悪いし、まだビッククラブになっていない。新スタジアムの目途も立っていないし、困ることばかり。

 ノノ社長はどう考えているかわからないがただ、もしチェアマンになったら心底応援する。

 ノノ社長のほかに楽天球団を設立して軌道に乗せた島田元社長とかいるから今回はならないとは思うが、非常に気になる記事である。

https://news.yahoo.co.jp/articles/59611a6d55f26351647c361bdf3d90bdc0fe4f74


   勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |04:43 | 話題 | コメント(4) | トラックバック(0)

2021年07月14日

VARが過剰に介入してくると感じることも多い。

 昨日もVARのことを書いて今日もというのは申し訳ないが、読み応えのある面白い記事があった。ゲキサカの 記事で7月9日にレフェリーブリーフィングが行われ、VARの現況が説明されていたという内容
           ↓

https://news.yahoo.co.jp/articles/9538d9887bc00c6254a3858a99e18baae7929324

 そのなかで柏戦でPKを取られた青木のプレーも紹介されていた。
その時の主審の上田さんは最初ノーファウルと判断してコーナーを示したがそのあとVARが介入して、結局青木がファウルしたととられてPKを与えた。

 しかし、審判委員長の扇谷さんは、「柏の選手はボールに向かうことなく、相手選手に向かって右足を出している事実があり、ノーファウルとした最初の主審の判断は理解ができるものだったと捉えている」と述べ、上田主審の原判定を指示した。

 誤審だったということだった。

  この結果は覆ることはないが、他の例を2例も出してVARの判断は主審も悩む難しいもので、VARが必ずしも介入しなくてもいいものもあるのではないかというような構成だった。

 柏戦の青木の場合を今更どうのこうのいうものではないが、今年、VARが本格的に導入されたということもあり、審判も試行錯誤の状態だ、ということも理解しつつ、最近サポーターの中でも大きな疑問になっているのが、VARが過剰に試合に介入しているのではないかということ。

 土曜日のこれも青木のファウルをとられて宮澤のゴールがノーゴールになったシーンもあったが、あまりにもVARが介入しすぎという意見も多くみられた。

 もっとも逆の立場になったら「なんでこれがVARにならないんだ」と思うこともあうと思う。それは否定するものではない。

 ただ、VARがあまりも介入してくれば正直じゃまくさいとしか思えない。

 そんな些細なことは流してもいいんじゃないかとも思う。

 本格的にVARが導入されたのが今年からだからいろいろな問題がでてくると思う。

 今年のいろいろな問題が今後の検討材料にもなればとも思う。

 とにかくVARは毎回ハラハラさせられる。得点をとっても主審がVARと交信していないかドキドキする。

 とにかくこの状態がなんとかならないかと思っている。

                          
                             勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 
  
  

posted by 孔明 |20:40 | 話題 | コメント(3) | トラックバック(0)

2021年06月16日

リーグ戦もこれから巻き返そう。

 天皇杯とルヴァンカップが一段落して、五輪前は厚別大分戦、鹿島戦はアウェイ、徳島戦は厚別、仙台はアウェイと続く。そのうちホームは2連勝がノルマだろう。

 大分には昨年も勝てなかった。ここに勝たないとリーグ戦で上位にはいけない。'

  鹿島にはホームで引き分けだった。鹿島は強いが勝ち点1以上はとりたい。

 そして徳島には今シーズンアウェイで勝っているが、ポゼッション主体のチームだけにやりにくさはないと思う。

 また仙台のアウェイは最近勝っていない、アウェイで勝ち点3をとりたい。

 この4戦は少なくも勝ち点10以上はとりたい。

 ただ、それも怪我人がどれだけ戻ってくるかによって変ってくるだろう。

 チャナ、ジェイが戻って、深井ももうすぐ。小柏はいつ戻れるだろうか。ノノ社長によればそんなに重い怪我ではなかったよう。

 また移籍の噂があるロペスがどうなるか。

 サブもルヴァンカップや天皇杯を経てだいぶチームに馴染んできた。確実に計算できるようになってきた。

 また、連係の面でまだよくないガブちゃんがどのくらいでフィットしてくるか。

 移籍のウインドーは7月16日(金)から8月13日(金)まで。はたして加入、移籍があるだろうか。

  いずれにしてもリーグ戦も楽しみ。これから巻き返そう。


    
                             勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

  

posted by 孔明 |20:18 | 話題 | コメント(4) | トラックバック(0)