スポンサーリンク

2021年07月14日

VARが過剰に介入してくると感じることも多い。

 昨日もVARのことを書いて今日もというのは申し訳ないが、読み応えのある面白い記事があった。ゲキサカの 記事で7月9日にレフェリーブリーフィングが行われ、VARの現況が説明されていたという内容
           ↓

https://news.yahoo.co.jp/articles/9538d9887bc00c6254a3858a99e18baae7929324

 そのなかで柏戦でPKを取られた青木のプレーも紹介されていた。
その時の主審の上田さんは最初ノーファウルと判断してコーナーを示したがそのあとVARが介入して、結局青木がファウルしたととられてPKを与えた。

 しかし、審判委員長の扇谷さんは、「柏の選手はボールに向かうことなく、相手選手に向かって右足を出している事実があり、ノーファウルとした最初の主審の判断は理解ができるものだったと捉えている」と述べ、上田主審の原判定を指示した。

 誤審だったということだった。

  この結果は覆ることはないが、他の例を2例も出してVARの判断は主審も悩む難しいもので、VARが必ずしも介入しなくてもいいものもあるのではないかというような構成だった。

 柏戦の青木の場合を今更どうのこうのいうものではないが、今年、VARが本格的に導入されたということもあり、審判も試行錯誤の状態だ、ということも理解しつつ、最近サポーターの中でも大きな疑問になっているのが、VARが過剰に試合に介入しているのではないかということ。

 土曜日のこれも青木のファウルをとられて宮澤のゴールがノーゴールになったシーンもあったが、あまりにもVARが介入しすぎという意見も多くみられた。

 もっとも逆の立場になったら「なんでこれがVARにならないんだ」と思うこともあうと思う。それは否定するものではない。

 ただ、VARがあまりも介入してくれば正直じゃまくさいとしか思えない。

 そんな些細なことは流してもいいんじゃないかとも思う。

 本格的にVARが導入されたのが今年からだからいろいろな問題がでてくると思う。

 今年のいろいろな問題が今後の検討材料にもなればとも思う。

 とにかくVARは毎回ハラハラさせられる。得点をとっても主審がVARと交信していないかドキドキする。

 とにかくこの状態がなんとかならないかと思っている。

                          
                             勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 
  
  

posted by 孔明 |20:40 | 話題 | コメント(3) | トラックバック(0)

2021年06月16日

リーグ戦もこれから巻き返そう。

 天皇杯とルヴァンカップが一段落して、五輪前は厚別大分戦、鹿島戦はアウェイ、徳島戦は厚別、仙台はアウェイと続く。そのうちホームは2連勝がノルマだろう。

 大分には昨年も勝てなかった。ここに勝たないとリーグ戦で上位にはいけない。'

  鹿島にはホームで引き分けだった。鹿島は強いが勝ち点1以上はとりたい。

 そして徳島には今シーズンアウェイで勝っているが、ポゼッション主体のチームだけにやりにくさはないと思う。

 また仙台のアウェイは最近勝っていない、アウェイで勝ち点3をとりたい。

 この4戦は少なくも勝ち点10以上はとりたい。

 ただ、それも怪我人がどれだけ戻ってくるかによって変ってくるだろう。

 チャナ、ジェイが戻って、深井ももうすぐ。小柏はいつ戻れるだろうか。ノノ社長によればそんなに重い怪我ではなかったよう。

 また移籍の噂があるロペスがどうなるか。

 サブもルヴァンカップや天皇杯を経てだいぶチームに馴染んできた。確実に計算できるようになってきた。

 また、連係の面でまだよくないガブちゃんがどのくらいでフィットしてくるか。

 移籍のウインドーは7月16日(金)から8月13日(金)まで。はたして加入、移籍があるだろうか。

  いずれにしてもリーグ戦も楽しみ。これから巻き返そう。


    
                             勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

  

posted by 孔明 |20:18 | 話題 | コメント(4) | トラックバック(0)

2021年06月15日

ここまで好調さが発揮されている。試合運びがうまくなってきた。

 このところチームの調子がいいので、かなりうれしい。

 天皇杯は1回勝っただけだが、ルヴァンカップは8強入り

 ここ最近は試合内容もいい。ルヴァンカップや天皇杯も入れれば川崎Fに負けてから7戦負けなしだ。

  試合運びもうまくいっている。

 リーグ戦も勝率5割に戻したし、後は上がるだけという希望もある。

 けが人は多いが、その代わりのサブメンバーがそれぞれ経験を積んで、チームの力になってきている。明るい話題が多い。

 リーグ戦は頂点をとるのは無理だと思うが、ルヴァンカップや天皇杯は可能性がある。

 個人的には天皇杯をとりたい。理由はACLの切符をもらえるから。

 もちろんルヴァンカップもとりたい。

 この好調の源は試合運びがうまくなってきたことだと思う。

 90分フルコートマンツーマンではなく、基本はマンツーマンだが要所要所リトリートしてゾーン気味に守るようなDF。

 さすがに大逆転を喫した神戸戦や相手の監督に戦術を読まれた横浜FMの敗戦が契機になったと思う。

 ミシャの采配も現実的になってきた。

 そして選手も時間配分や試合運びをうまくできるようになってきた。

 一説には宮澤が選手を代表してミシャに要望を伝えたというような噂もあるがどうだろうか。

 これから季節が夏になる。今年の札幌はここまで真夏日がほとんどなく、本州の気温とかなり差がある。この差がかなりあればきつい。

 また、北海道の暑さは湿度が低く、本州の暑さとはレベルが違う。ゆえにチームが好調だからと言って心配の種は途切れない。また、怪我人がでるかもしれないし。

 ひいき目にみなくても個々の能力はJ1のトップクラスには劣っていても組織力で言えば個々の能力を十分に補って互角以上に戦えるのではないかと思う。
 もうすぐリーグ戦は後半戦が始まる。後半戦のことはまた書くがとするが。
とにかく残りの公式試合をできるだけ勝っていきたい。

'
 
  
                             勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

  

posted by 孔明 |20:25 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年04月14日

今年は25周年。いろんなことがあったがまずは金曜日の試合に勝つしかない。

 コンサドーレは今年でチーム創立25年。金曜日には記念試合が行われる。
想えば25年過ぎたんだとつくづく思う。サポーターになって25年。降格最初に昇格した厚別の夜も行ったし、降格した室蘭の冬も経験した。ドームのこけら落としにも行った。別に自分のこれまでの経験を連ねるつもりは毛頭ないが、いくつもの貴重な試合を見させてもらった。

 しかし、昨年は1試合も行かなかった。本当にこんなシーズンは今までなかった。

 そして今年は前節の鹿島戦にようやく行った。今年はいったい何試合行けるだろうか。
このような世の中ではなかなかサッカー観戦ともいかない。

  やはりドームの中はこれまでとまったく雰囲気が違った。

 声援がないし、選手の声が聞こえたのは新鮮だった。

 会場は太鼓のリズムで手拍子はあったが、知らない人が聴いたらどちらの応援をしているかもわからないような感じ。

 必死にリードしているUSの人には申し訳ないがこれでは確かに選手に対しての大きな後押しにならないだろうし、ホームの利はあまりないだろう。

 はたしていつになったら普通の応援ができるか。

  仕方ないとは言え、本当に早く元の状態に戻ってほしい。

 そしてチームの成績もよくなってほしい。

 まずは25周年記念試合。コンサはメモリアルゲームには弱いがそんなことは言っていられない。とにかく勝つしかない。



     
  
                         勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |21:01 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年04月09日

過剰なピッチへの水撒きをJリーグはなんとかしなればいけないのではないか。

 FC東京戦でピッチ上で滑って肩を脱臼してしまった。小柏。

 非常に滑りやすいピッチだったようだ。

 ここ最近世界的にピッチに試合直前やハーフタイムに多量に水をまくのがはやっているらしい。日本のスタジアムでも結構水をまいているスタジアムはある。特に凄いのが福岡のホームスタジアムである「ベスト電器スタジアム」。

 ここの水まきはちょっと異常だ。ここで今年2試合をやったが、滑る選手が後を絶たず。そして主審まで滑って転んでいた。

 水をまく行為は何を目的にするかということだが、普通に考えれば主にパススピードを上げるためだろう。また、ロングボールで一気にシュートまでもっていくためだろうか。ただ、福岡はパスを丁寧につなぐチームでもないし、そんなに水をまく必要性はまったく感じない。

 また、おとといのFC東京戦を戦った「味の素スタジアム」。ここも結構滑った。そして小柏の怪我の原因となった。

 相手側にも言い分はあるだろう。そんなに滑るならスパイクを取り換え式にしたらいいと。

 しかし、ボールタッチを大事にしている選手は取り換え式を履きたがらないし、取り換え式を履いたって大量に水を撒けば滑る場合はすべるだろう。

 スタジアムの水をどの程度まくかは、チームの意向によるものと聞いたことがある。
現にミシャが監督になってからドームも厚別もピッチに水を撒いている。

 これは単純にパススピードを増すため。

 しかし、水を多量にまくのは単にパススピードを増す意図ではなくアウェイチームを混乱させるためとしか思えないものもある。

 現に小柏が怪我をしてしまった。もともとホームチームはそこでの練習や試合も多いから慣れるが、一方試合数が少ないアウェイチームは慣れない。そのために怪我人が出ては本末転倒だろう。

 昨日のブログでも書いたがJリーグはこのことについてなんらかの指導をすべきだと思う。

 このまま水撒きがエスカレーとしたら小柏以外のけが人も多数出るだろう。

 このような傾向を考えなおさなければいけないのではないか。




  
            
                       勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:40 | 話題 | コメント(3) | トラックバック(0)

2021年03月13日

延期のホームG大阪戦はみなし開催が決定か?

 今日は本来はドームでG大阪戦だったがG大阪の選手の感染拡大で延期。この試合がどうなるかについて今朝のラジオ番組でノノ社長が言っていた。

 延期になった試合は1ヶ月以内に開催できなければみなし開催にするっていう原則だそうだ。

 みなし開催になれば3-0ということで結果が残り、コンサに自動的に勝ち点3が入る。

  はたしてどうなるか。ただ、ノノ社長は0-3扱いになっていると明確に言っていた。

 G大阪は複数の試合が延期になっているし、スケジュール調整はかなり厳しいに違いない。

  たなぼたの勝ち点3になるかもしれないが、いつ我が身になるかもしれないし、もちろん手放しで喜べるわけでもない。G大阪には同情する。

 また、クラブの経営にもいマイナスだ。G大阪戦なら制限がかかっているとは言え、1万人前後の集客が見込めるだろう。

 また、せっかくだから試合をやって正々堂々勝ちたいというのもあるだろう。

 はたしてどうなるか。

  これはやはりJリーグの発表を待つしかない。



                     
                       勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


posted by 孔明 |11:36 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年02月15日

スーパーサッカーバナナキングのコーナーの福森

 昨日深夜TBSのスーパーサッカーを見た。

 その番組のなかでバナナキングというコーナーがあって、両端に大きなバナナの張りぼてを置き。ボールを蹴っていかにカーブをかけて番号を書いた的に当てるかを競うものだが。そこに福森とルーカスが出場した。

 だいぶ以前にもその企画をやっていて、復活したコーナーだったが先々週は中村俊輔が出ていた。

 今回の企画にはさらに利き足と反対のところに小さな的があってそこに当てればバナナ1年分ということだった。

 中村俊輔の次は当然福森だろうと思っていたが案の定、福森が出場した。

  結果は10回蹴って3枚打ち抜いた。他には3回番号を仕切るバーに当ててしまいもったいなかった。

 また、一番惜しかったのは、7番(一番小さな的)を狙ってぎりぎりあたらなかったこと。ほんのサッカーボール1個分くらいの上で6番を打ちぬいた。

   司会の加藤さんはバナナ3個くらいあげてもいのではと言って笑っていた。
 
福森の当てた3枚は多いかどうかだが、その前に川崎Fの選手達が挑戦していたが最高が3枚だった。

 やはりかなり難しいのだろう。

 プロでもカーブをかけるのはかなり難しいようで、カーブをまったくかけられない選手もいた。
 福森のカーブはやはりかなりえぐい。
 Jリーグトップではないだろうか。
  とんでもなく曲がる。

 福森の3枚は自他共に予想より少ないと思うが、またこの企画が続けば出場はあるはず。
次に期待したい。 なお、ルーカスは来週の予定だ。


                             
                       勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


   

posted by 孔明 |18:25 | 話題 | コメント(4) | トラックバック(0)

2021年02月05日

ノノ社長は宮の沢のグラウンドでほぼ毎日練習を見ていて、選手のはけ口になっている。

 最新のスカパーのJリーグラボでは、ノノ社長、名波さんとC大阪森島社長。相模原の望月会長と仲良し4人組

  そのなかでコンサに関係ある話をいくつか紹介したい。

 昨年、武蔵とソンユンが抜けても補強しなかった点ではノノ社長は「補強する考えはなかった。」「若手を使って若手を伸ばす選択をした」と言っていた。
 よく日本は選手が抜けたらそこの穴埋めをすることが多いが、若手を伸ばすことも択肢として十分に考えられると名波さんも言っていた。

 ノノ社長は「昨年は降格がなかったが、たとえ降格があったとしても補強はしていなかっただろう」とも言っていた。
  それは「選手が抜けて戦力が低下しても降格はないだろう」という判断だったそう。
 それだけチームに自信を持っているということだろう。

 もっともミシャは楽天的で「大丈夫」と言っていたそうだ。

 「どのくらい社長が人事、補強に関わっているか」に関してはノノ社長は、「ミシャとは毎週何回か話をしていて、その中でこの選手がどうだ」とか話し合っている。「だからミシャとは欲しい選手は自然と一致する。強化部は自分よりも頻繁とミシャとは毎回話しているので当然そうなるだろう。」と言っていた。

 「グランドで練習を見るのはどのくらいの頻度か。」との問いには「ほぼ、毎日グランドで見ている。」「ただ見ているだけ。」「グラウンドにいれば多く気づくこともある。」「しかし、言わない。」

 そこで名波さんが「ノノは選手たちやスタッフのはけ口になっている。そういうキャラクターをやっている。一昨年練習に自分も参加してわかった。」と言っていた。

 事務所が、宮の沢にあることもあるがノノ社長は毎日グラウンドに降りてきて選手たちやスタッフと接している。他の2人は練習を見るのは時々らしいので、ノノ社長のようなトップはめずらしいのだろう。

 そのことから社長とスタッフの隙間もなくうまくやっている。

 今更だが事務所をドームから宮の沢に移したのもそのことを狙ったものだと思う。

 ノノ社長が選手やスタッフのはけ口になっているのもあまり言葉遣いとしては正確ではないのかもしれないが、いろいろノノ社長が相談に乗っているということだろう。ノノ社長の人柄だからに違いない。
 




                      
                       勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


posted by 孔明 |19:40 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年11月09日

仙台のパス囲みを聞いて改めてノノ社長の有難さを認識している。

 昨日、仙台のサポーターが試合終了後バスを囲んだと聞いて、翻ってコンサは本当に良いファミリーだと改めて思った。



 仙台は17戦未勝利。コンサOBでもある木山監督にサポーターは相当不満があるようで、何人かのサポーターは罵声を浴びせたそうだ。
 まあ、それだけ勝てなければそのような不満も出てくるだろう。

 コンサも今年はなかなか勝てていない。しかし、ノノさんが社長になってからはこのようなことは決して起こらないと思う。

 このようなことが起こるのはチームとサポーターの間に距離があって、サポーターが疑心暗鬼になっているから。

 その点ノノ社長は成績不振でミシャが勝てないで弱気になっている時も三上GMを通じてマスコミに解任などしないと素早く公表したし、なによりノノ社長自ら毎週、2つのラジオ番組にに出て、隠すことなく今のチームの実情をサポーターに伝えている。こんなことをやる社長は他にいないと思う。

 実際金がないこともしっかり話しているし、これまで資金力でほぼ順位が決まると言う現実もサポーターに強く認識させている。そのためにどうするかという方法論もしっかり伝えてきている。

 マイナスの話、都合の悪い話も、本当は隠したいことも隠すことなく、つぶさにサポーターに伝え共有しようとしている。だからサポーターに信頼される。今のコンサにはサポーターとフロントの間に隙間風などはまったくないだろう。



 「人のふり見て我がふりを直せ」ということわざもあるが、そのことを頭の隅におきつつ、来年はACL圏内で戦わなければいけないと思う。

 とにかくこのようなチームにしてくれて改めてノノ社長には感謝しかない。



   
                                  
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:46 | 話題 | コメント(4) | トラックバック(0)

2020年10月06日

スーパーサッカーの道内での放送再開は本当にうれしい。

 北海道では久しぶりにTBS(道内ではHBC)のスーパーサッカーが復活。一昨日の日曜日の夜中から再開だったが楽しく見させてもらった。

 負けて見るのは嫌だったが、勝てはしなかったが引き分けでゴールシーンも3度みることができた。サッカー番組の地上波はやべっちFCがなくなり、寂しい思いをすると思いきやHBCの皆さんとか関係者の尽力の賜物だろう。復活は非常に有難かった。

 スーパーサッカーは加藤さんがMCで加藤さんは小樽の出身でサッカー経験者ということもあるので露骨にコンサの味方をしてくれる。もちろんそればかりではない。加藤さんと解説の福田さんの掛け合いが面白い。

 これが北海道で放送されなくなったときには失望感がただよったが本当にうれしい限りだ。

 早速一昨日はゴールを決めた菅の紹介に「小樽水産高校出身」と北海道関係の視聴者にうれしいこともはさんでくれた。

 この番組はまずはJリーグを基本にしてくれているし、海外の日本人選手の紹介もしてくれる。長く続いてほしい番組だ。

 希望はコンサが勝って、加藤さんの嬉しそうな顔を見てコメントを聞きたいと言うこと。とにかく、毎週日曜日が楽しみになるようコンサにはこれから勝ち続けてほしい。



                                            
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |20:16 | 話題 | コメント(2) | トラックバック(0)