スポンサーリンク

2024年03月28日

三上GMラジオで復帰した選手で怖がっていた選手がいたというのがに気になった。

今日の三上GMラジオのポイント4つ

1つ目は児玉選手完全移籍
児玉は去年の夏くらいから直接見ていた。
けが人が出てGKが3人になって、3人はどうかなと思った。紅白戦では1人余ってしまうので、フィールドプレイヤーのトレーニングさせるには4名だと感じた。
児玉は今後はGKからの攻撃的な方が増えると思い、中長期的なビジョンとして児玉に声をかけさせてもらった。

2つ目は札大との練習試合
 1,2本目は神戸戦を見据えた戦術と構成選手だった。
しかし、復帰したがゲームをやるのは怖いように見える選手が何人かいたのは計算外だった。ただ、高尾が入ってスムーズなボール回しになっていた。
 監督、コーチにとって選択肢を持てたと思う。大味なゲームだったがの意義のある練習試合だった。
 狙いをもって3本やった。
3つめは馬場のU23代表について
 馬場の代表は2本目でしっかりやっていた。
4神戸戦について
  トレーニングにメンバーかなり復帰して競争が生まれて選択肢が豊富になってきた。
コンディションをどこまで上げられるか。
 試合の入り方は良いが先に失点しているのをなんとかしたい。
 先に得点できるかどうか

 札大との練習試合でゲームで怖がっていた選手がいたというのが非常に気になる。こういう選手は実力があってもなるべく先発させないようにしないといけないと思う。
 この試合は結果はよくなかったが、内容的には意義があったというのが非常によかった。
 神戸戦に繋がると試合だったということがそれこそ意義があったと思う。
 またこの1週間、多くの選手が復帰してきた。
 ただ、やはりミシャに言いたいのはいくら能力がある選手でもコンディションを上げた選手でないと先発に起用しないでほしいと言うこと。

 今はそんな己の理想を追求する試合をするのではない。とにかく結果が必要な試合だ。


  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター
   

posted by 孔明 |19:14 | 話題 | コメント(3) | トラックバック(0)

2024年02月28日

福岡戦のゴール裏での警備員とのいざこざ。はっきり映っていたユーチューブがあった。

 あるユーチューブで福岡戦のゴール裏をずっと映しているものがあった。

 そのユーチューブの12分頃にベンチに上がって太鼓や応援をしているサポが、1人の警備員に何度も注意され、疎ましく思ったかその数人が警備員を無理やり押して警備員が倒れてしまったシーンがはっきり映っていた。

 このことは先日からSNSでコンササポが警備員を殴ったとという噂が駆け巡っていたが、このことを言っているのだろう。この動画を見る限りでは殴ったようには見えないが、邪魔だから押したということであろうか。
 そんなに激しい暴力行為ではないと思うが、物議を生じさせる動画だろう。
 実は動画のURLは知っているがあえてここには貼り付けない。個人のプライバシーもあるからだ。会社はこのことを知っているだろうか。
 とにかく今後どうなるか注視していきたい。 


   勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター

続きを読む...

posted by 孔明 |03:40 | 話題 | コメント(2) | トラックバック(0)

2024年02月14日

今日から熊本キャンプ。今日の紅白戦のメンバーは?サポの気になるあの人たちが結婚!

 今日からチームは熊本でキャンプスタート。果たしてどのような感じでスタートしただろうか。熊本キャンプは主に開幕戦に向けてけが人のリハビリと選手たちのコンディションを上げることと、さらには出遅れているチーム戦術の底上げと連携をできだけ深めることだろう。

 このキャンプで注目なのが駒井と青木、雄也、武蔵、チェックの調子をどれだけ上げられるかだと思う。中でも駒井は、かなり長い期間別メだったと思う。
 ミシャは駒井に全幅の信頼を寄せていて、開幕戦でも先発に使いたいだろうから、彼の調子がどのくらい上がるかによって開幕戦の出来が左右されると言っても過言ではないだろう。

 また、ルーカスと駿汰が抜けた右サイドはすんなりと近藤と髙尾でいけるのか。

 雄也が万全ならミシャは右WBに使いたいだろうが、ぶっつけ本番ではさすがに無理かもしれない。

チェックが本日合流した。
https://twitter.com/consaofficial

  スポーツ報知によれば
        ↓
  https://twitter.com/hochi_consa
  今日の熊本キャンプ初日も紅白戦を行ったらしい。そこには駒井も参加。「まだ状態を見ながらだけど」と言う段階らしい。

 ここには写真が数枚あるが、青木や荒野、祐希、大森、近藤、さらには駒井がビブスをつけており、これらの選手が主力だったのだろうか。

 もっともビブスをつけた選手は紅白戦の時間帯によって交代するし、この写真をとったのがいつの段階かわからない。ただ、メンバーを見ると恐らくは紅白戦が始まって比較的すぐのような気がする。

 駒井がいきなり主力組ということはやはり今年もミシャは相当、駒井を信頼しているんだろうということがわかった。
 
  それからともにコンササポの将棋の渡部愛女流三段(30)と野月浩貴八段(50)が結婚された。コンササポとしてはこんなに嬉しことはない。公私ともども御活躍を記念したい。



  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:31 | 話題 | コメント(2) | トラックバック(0)

2024年02月12日

順位の予想だが、批判は置いておいて、別なことでチームを盛り上げていければと思う。

 この時期、評論家等によるJリーグの順位予想がいろんな雑誌やWEBで行われる。中には仕方なく予想をする解説者もいるようだが、雑誌等もそんなことでもしないと盛り上がらないから、あるいは読者等が期待していると勝手に信じ込んで言るのだろう。

 紹介する気はあまりないが、それでもあえて言えばコンサは全体で15位。1位は神戸、降格圏は18位、湘南が19位、最下位は東京Vだった。
 ちなみにコンサの順位を一番高く予想してのは河治さんと小宮さんの9位。河治さんはコンサラボにたびたび登場し、コンサにだいぶ肩入れしてくれるのでわかるが、二宮さんはそんな基準でそういう順位をつけたのか知りたいところだ。

 逆にコンサを降格圏の19位と予想したのは「ボンちゃん」ことに草野さん、サッカージャーナリストの加部さんや清水さんだった。 
 これらの人たちは、J2の予想もしているが、推測するに実際にキャンプを40チーム全部見た人はいないだろう。まず物理的に不可能だ。また、1日だけ見てもわかるはずもなく、当然、去年の成績や出入りの戦力、ネット上の記事、人に聞いた評判等を見るなら聞くなりして自分なりに判断しているのだろう。

 ゆえに過去も順位の大部分を当てた人もいないだろうし、大部分を当てる自信をもっていう人もほとんどいないだろう。現に昨年、神戸の優勝を当てた人はほとんどいなかったのではないか。そして元浦和の福田さんも以前、言っていたが、本当はやりたくないと言う人が多いと思う。それなのに大きく外れると批判されることも多い。

 そういうことなので評論家等の予想する順位などまったくとは言えないまでもあまり、気にすることはないし、過剰に反応する必要はない。

 ただ、例外があるとあえて言えば下位の予想だろうか。大体は降格候補の何チームかは実際に降格することも多い。

 翻ってコンサのことを考えれば客観的に見れば、出た戦力と入ってきた戦力過去の選手の実績から単純に戦力ダウンだろう。コンササポーターの中には全く反対の感想を持つ人ももちろんいると思うが、個人的にも確実に戦力ダウンだと思う。

 サポーターの中にはそんな順位をつけられて「こいつらに後悔させてやる。」という人も多いだろう。そう思って応援に増々熱を上げるのは良いと思う。

 しかし、この予想をする人々を過度に批判することは避けたい。

 そんなことは頭の片隅に入れるだけにして、今後のチーム状況やチームの成績がどうしたら向上するか論じたり、スタジアムに行ったり、別なことにお金を落としたり等で盛り上げていってチームの成績向上に少しでも役立てて行けば良いと思う。
 シーズンは長いので選手の成長や怪我によっても戦力は著しく変わる。

  コンサのここ数年は大体この順位予想に沿っているともいえるが、今年こそはその予想を大きく覆すような結果を出したいものだ。



  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター

posted by 孔明 |20:30 | 話題 | コメント(3) | トラックバック(0)

2024年02月05日

河治良幸さんのキャンプの感想。昨年までとは変わった。それは誰のせい?

 昨日のUHBのコンサラボは顧問の河治良幸さんの登場。
 その中で興味深いキャンプの話題について話していた。

 主な注目の選手は長谷川と近藤。

 近藤は五輪代表もかかっているので、コンサに来たのがよかったのではないか。
 また、長谷川はフィットネスと判断の速さが特徴。コンサのシャドーにははまっているのではないかと言っていた。

 菅ちゃんに聞いたらチャナに似ているとのことだったそう。
長谷川は瞬間的な判断の感覚や優れて、cm単位のこだわりがある選手とも河治さんは言っていた。

 また、河治さんは例年コンサのキャンプを視察しているが、今年は表情の険しさが違っているそう。例年はかなり笑顔が溢れているキャンプであった。

 しかし、伸二がインタビューで「練習中はもう少し厳しさもあって良い」とも言っていた。

 キャンプのムードが変わったのは祐希のせいだと河治さんが言っていた。
 祐希がONの時は集中してやろうとチーム全員に話したらしい。

 この結果が直ぐには出るかわからないが、やはり祐希も見かねたのだろう。

 もしかしたら完全に推測だが、三上さんがその空気を変えたいとして祐希に頼んで、更新をお願いしたのかもしれない。それを粋に感じて祐希は契約を更新してくれたかもしれない。

 コンサの場合は仲良しクラブが過ぎるという話はずっとある。もちろんそういう面は良い部分もある。オフはそれでいいだろう。ただし、ONの場合にはそれは支障になることは明らか。これを変えてくれたことは、非常に良いと思う。

 すぐさま効果は出ないかもしれないし、なかなか狙った結果にはならないかもしれないが、いずれは効果が出ると思う。

 とにかくこういう面でも変わってくれたのは非常によいことだと思う。



  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:45 | 話題 | コメント(2) | トラックバック(0)

2024年01月26日

祐希が色々と考え率先して明るい雰囲気を作ってくれているのは非常に良いこと。

 コンサというチームは入ってくる選手のほぼ全員が仲のよいチームだと証言する。

 こんな雰囲気のよいチームはないとも。

 昨日伸二がキャンプに訪れてくれたが、早々大八が伸二の肩に手を回して、伸二に「昨日の代表戦の解説。凄いよかったとみんな言っていましたよ。」と。朝、Xでもトレンドになっていました。と非常になれなれしく(笑い)。こういう大八の行為でもわかるだろう。

 このことは長所、短所があると思うが、あまりにも仲が良いとチームの士気が緩み、試合に臨む姿勢が厳しくなくなるという指摘もいままで言われて生きた。正直、自分もそう思うが、要するに時と場合だろう。

 通常の練習でも鳥かごではみんな笑顔でミスをした選手には必ず突っ込み時には大笑いで笑顔が溢れるシーンが多い。こういう時にはこれで良いと思う。

 また、ランニングのスタートとか。一方紅白戦はそうは行かないだろう。

 ポジションどりに必死になって時にはそれこそ相手を削りにいくという意欲で行くということもやらなければいけないだろう。 

  その観点を踏まえでのこの沖縄キャンプだが、かなり笑顔が多いような感じがする。ローカル放送やチームのユーチューブを見ただけの感想で申し訳ないが。

 特に祐希を始めベテランが率先して明るい雰囲気を作っている。

 HBCの祐希のインタビューでもインタビューする人が今年のキャンプは笑顔が多いと感じていると言っていて、それに対して祐希が明るい雰囲気にするのは意識してやっていると言っていた。

 ランニングでも鳥かごでも、菅野はもちろんだが、祐希を中心に武蔵や荒野、長谷川あたりが笑顔を見せて楽しくやっているように見せている。

 ただでさえ、きついキャンプ。少しでも楽しい気持ちになればというベテランらしい気遣いだろう。これは非常に良いことだと思う。

 若い選手はそのベテランの雰囲気を見てやっているはず。とっつきにくい祐希が率先してみんなに笑顔をふりまけばチームの雰囲気もより良くなると思う。
 一方で祐希は、自分の役割やチームの課題を把握し解決したいとも切実に思っている。

 祐希は今年は特に紅白戦でも練習試合でもゴールした選手や良いプレーをしている選手に率先して声をかけ、気になる選手には話しかけているように見える。

 選手やスタッフ、サポーターにも要望をしている。雰囲気が緩すぎる時があると。負けたときにはサポーターに別に罵声しろとは言わないけど、厳しいことを言ってほしいとも言っている。こういうことを言う選手もほしいから三上さんは俺をチームに入れたんではないかと思ってもいる。

 確かに祐希の存在は戦力的にも雰囲気作りにも必要だと思う。ゆえに契約を更新してくれたときには非常に嬉しかった。

 祐希に引っ張られて祐希に年が近い選手が率先してチームの雰囲気を良くしようとしているように見える。(ただ、ただ、チームを明るくすることだけではなく) このままチームは祐希を先頭によい雰囲気で1年突っ走ってほしい。
 
  

   勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター
  

posted by 孔明 |19:15 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

2023年12月13日

Jリーグがスポーツ報知の報道を名前を上げて否定したが…真相は?

 今日の夜中のスポーツ報知で 「Jリーグがチーム名に企業名を解禁」という記事が出たがJリーグがそれを完全に否定した。
                ↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/13ec2880a180238a2dbce38fbd5b8df306b34758

 Jリーグは12月13日、一部報道についてリリースを発表。「スポーツ報知より、『Jリーグが、スポンサー企業名入りのクラブ名称を認める』との報道がありましたが、本件は、実行委員会や理事会でも全く検討されていない内容であり、事実無根です」

  否定してくれて良かったが、なぜ今、スポーツ報知がそんなガセネタをぶち上げたか?
 かつてナベツネがヴェルディに「読売」と入れたくてJリーグと大げんかをしたが今にななってその意趣返しだろうか。

 それにしてもだいぶ古い復讐劇をしたものだとは思うが、まったくその話がないのに報知がぶち上げたら悪質な世論誘導だとはとりあえず思う。
 マスコミはたびたびこのようなことをやるが、果たしてどうなのだろうか。       

 個人的には火のないところに煙はでないということでこれはJリーグの事務局あたりが腹案として持っているのではないかと思う。

 穿った見方をすれば、Jリーグ内のコンセンサスを得る前に例えばそのなかの誰かがわざと報知にリークしてJリーグにもこのような考え方もあるような推測をさせるアドバルーンを上げて、徐々に自分達のやりたい方針に持っていくということを考えているのではないかと思う。

 あるいは、Jリーグ全体と報知が結んでいてこのような観測気球を打ち上げて世間の世論を見るということも考えられる。
 これはただの邪推でそこまでやっているとは思いたくないが。

 現にスポーツ報知はまだこの記事を消していない。

 秋春制もこのようなスタートではなかったかとも思う。それが結果どうなったか。
 まあ、このことはよほどのことがないとそうはならないと思うが、個人的には何度も書くがチーム名に企業名を入れるのは断固反対だし、外資を入れる話はよほど参入条件を厳しくしないといけないと思ってる。


 
   勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
   孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:26 | 話題 | コメント(6) | トラックバック(0)

2023年12月13日

チーム名に企業の名前が入る?横浜FCの山下はG大阪に取られたか?

 Jリーグがチーム名に企業名を解禁という記事が出た。これが本当ならJリーグが初年度から頑なに守ってきた、おの掟を変えることになる。

 ノノさんこれは悪手だわ。

 これを許せば野球やVリーグと同じになる。弱小チームにはよいかもしれないが、親企業が変わるたびチームの名前が変わることになる。これは決して良いこととはいえないだろう。

 サポーターが誇りにしてくたのはチーム名。おらがチームはこれだと言えるものだろう。これをこの先何度もお変えるということは許せないと思う。
 「19日に開かれる理事会で承認されればかれば、来季から施行される。」そうだがいくら何でも早急すぎないか?

 Jリーグは今後、制限されている外資企業によるJクラブスポンサー参画条件を緩和する見通らしい。いい加減な中国企業が入ってきたらどうする?
 とにかく個人的には大反対だ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/0626a33ada5c902035c071ffeaf00eb4816606eb


 また、スポニチにはコンサが狙っていた横浜FCの山下はどうやらG大阪がさらっていくそうだ。かなり厳しいストーブリーグ。また、誰か獲得に動かなければ

https://news.yahoo.co.jp/articles/34ea8aba70a8fe3b1c1c4c878660a7c0f07584b0


  
   勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
   孔明ツイッター

posted by 孔明 |02:38 | 話題 | コメント(2) | トラックバック(0)

2023年12月10日

Jリーグ好きなクラブランキングで堂々の1位はどこ?

Jリーグ好きなクラブランキングで堂々1位は我がコンサドーレ札幌
                   ↓
https://article.yahoo.co.jp/detail/3d1b50571698f6c04e92332d2d9fd8bfe576b694
    「Jリーグ」好きなクラブTOP10

ウェブアンケートにて総勢8898名に調査した結果だそうだ。

抜粋

第1位 北海道コンサドーレ札幌(486票)
第2位 鹿島アントラーズ(481票)
第3位 ガンバ大阪(461票)

(4位以下は『ランキングー!』サイトに掲載中)

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした結果を集計。
※有効回答者数:全年代の男女(性別回答しないを含む)8898名/調査日:2023年11月12日

どさんこに愛されるクラブ!1位は北海道コンサドーレ札幌!
<投票者のコメント>
「北海道出身なので同郷として頑張ってほしいから」
「96年からだからもう28年応援してる。そろそろ優勝シーンを見たい…」
「残留おめでとう!」

「北海道初のプロスポーツチームで、1998年にJリーグに加盟。北海道民に愛されるクラブは「北海道とともに、世界へ」をスローガンにしています。名将ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下、毎年着実に力をつけてきており、長年の悲願である初優勝も近づいてます!ホームスタジアムの札幌ドームは日本唯一の完全屋内天然芝です。

 暗い話題が多い中で、これは明るい話題だ。恐らくは任意の人を抽出しただろうから恣意的なものは含んでいない調査だろう。

 やはりコンサは人気チームだということはわかった。やはりこれを自他ともに認めさせるのは結果を出さなければいけない。三上さんやフロント、ミシャ、選手たちはこんなに応援してくれる人がいると言うことをしっかり心に刻んでとにかく来年は結果を出してほしい。



   勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
   孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:33 | 話題 | コメント(0) | トラックバック(0)

2023年10月24日

せっかく怪我が回復してもすぐさままた別メになる選手が多いことについて

 今日から練習が再開された。別メだった、宮澤と青木、荒野はどうだったか。宮澤と青木は先週の木曜日は宮澤はグラウンドをランニング、青木は紅白戦前まで合流していてその後宮澤と一緒に走っていた。

 荒野は昨日STVのどさんこワイドの生放送に出ていたので今週は合流するのだろう。

 気になるのは青木。怪我をして一旦合流するも、すぐさままた怪我をして別メということを繰り返している。ミシャも合流してもすぐさままた怪我をしてしまう選手が多いと嘆いているがこの1人が青木だろう。

 青木はこの2,3ケ月ずっとこれを繰り返している。試合に出場してもあまり精彩がない。昨年チーム最多のゴールをして活躍した姿は今年はないことが残念だ。

 もう一人怪我を繰り返している選手がいる。ゴニちゃんだ。ゴニちゃんも復帰してはすぐ怪我をして合流してまた怪我をしてを繰り返している。それゆえになかなか本調子にならない。

 サポーターの中にはフィジカルコーチの大塚さんの千葉時代のことの話も引き合いに出して悪いという人も多い。しかし、何年も大塚さんを雇っているのでチームとしては大塚さんが悪いという判断もしていないように思う。

 来年筋肉系の数値を計る機械も導入するということらしいのでいろいろと対策を考えているのだろう。

 思うに他のチームのけが人も大なり小なり同じような状況で出ているのではないかと思う。それでも今年は長期離脱になる選手が出ていないだけましだろうか。

 ただ、青木やゴニちゃんのように復帰してもすぐまた怪我をするような選手をできるだけ出してほしくない。

 特に我がチームはフルコートマンツーマンで瞬発力や素早いターンなど筋肉にかかる負担も多いだろう。そういう意味では仕方ないのかもしれないがもう少しなんとかならないか。

 とにかく残り4試合、全員ができるだけベストコンディションで試合に臨んでほしい。


  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:54 | 話題 | コメント(4) | トラックバック(0)