スポンサーリンク

2020年06月28日

19日の紅白戦のメンバーはわかったが、昨日の練習試合の情報はまったくない。

 昨日の練習試合は完全非公開だった。スポ新にも相手は全く出ていない。わかるのは45分4本をやったと言うこと。金子が1本目と2本目に90分間出ていたと言うだけだ。

 スポーツ報知は1、2本目がレギュラーと書いていた。

 他の関東のJ1チームの昨日の練習試合相手を見ると可能性としては横浜FMかFC東京のどちらかだろう。

 FC東京と対戦して勝ったと言う話もある。(真偽は不明)

 ところで昨日、JCOMのGOコンサドーレで19日に宮の沢で行った紅白戦の模様を映していた。


主力とみられるメンバーは

         ジェイ

      チャナ     武蔵

菅                    駒井
       深井  荒野

福森  宮澤   進藤

         菅野


サブとみられるメンバーは

          ドド

      ルーカス    金子

檀崎                   白井

       高嶺   駿汰  

直樹    ミンテ  早坂

        カウィン





 昨日の練習試合はどんなメンバーかわからないが、1週間前のメンバーはこうだった。

 駿汰がしばらく主力のスイーパーだと思っていたが宮澤に代わり、右ウイングバックは白井だと思ったが、駒井に代わっていた。もっとも横浜FCのメンバーとも思えないがこの布陣が基本だろう。

 問題は次の中3日の鹿島戦を考えてある程度主力をばらけさせるかどうか。
 更に言うとジェイの先発をどっちに持って行くか。
 考え方によって違うだろう。

 対鹿島練習試合でも結果を出した、ジェイを鹿島戦で先発させ高さで圧倒するか、それとも横浜FC戦にジェイを先発させて全力で行ってまず勝ちに行くか。

 これはミシャの考え次第。

 個人的には再開初戦からジェイで行って獲りに行くような気がするが、昨日の練習試合で金子が主力組に入ったと言うことであれば、ジェイは控えで行くような気がする。

  いずれにしてもアウェイと言ってもリーモートマッチだから是が非でも勝ちたい。
とにかく最善の手を打ってほしい。




            
                勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |17:59 | 練習試合 | コメント(3) | トラックバック(0)

2020年06月24日

昨日の武蔵の1点目は裏抜け。ドドも1点。ドドの全貌を見たい。

 昨日の練習試合は3-0でFC相模原に勝利。

 得点者はドドが1点、武蔵が2点だった。

 武蔵は相変わらず調子が良いのだろうが、  武蔵は「内容はすごくポジティブ。暑くて息が上がったけどいい練習試合だった。」と言っている。

  武蔵のゴールは1点目は進藤からのパスからで相手背後に抜け出す得意の形。

  2点目はカウンターからジェイのスルーパスに反応「決めるだけでした。」
と難なく押し込んだそう。

 

 4月に77キロだった体重が4キロアップ。パワーも増した。
 「連係面でいい部分を何度も出せた。」
 「あとはビルドアップの部分」

  武蔵は紅白戦でも点を取っており、かなり好調そう。得意の裏抜けがかなりうまくいっている。
 今年もかなり期待できるのではないだろうか。

 点をどんどんとって得点王になってほしい。

 一方、ドドも何気に練習試合や紅白戦で得点を取っている。

 もっとももっぱら春先のキャンプの時によく得点をとっていた印象があるが、ここにきてドドも調子が良いのだろう。

 ドドは大卒と同じという扱いという三上GMの話だったように記憶している。

 外国人として即戦力と期待しているのではないと思う。ただ、春先のキャンプから約5か月経過して日本のサッカーにも慣れてきたのだろうか、ダビのように思っても見ない良い結果を出す選手になるような気もする。

 ドドの特徴は前線での運動量と重戦車のような突破力。紅白戦の映像でロングボールから突破してミンテを振り切ってゴールしたシーンがあった。ミンテもかなりフィジカルが強い選手。これを抑えて前に出てシュートまで行ったシーンは圧巻だった。

 ただ、その時の紅白戦でドリブルで突破したが進藤にうまくリズムをあわされて、ゴールラインを割らされたシーンも見た。まだまだ、弱点もあるのだろう。

 ドドは何年かかけてダビのようになってくれればこんなに良いことはない。
 化けてくれればかなりの戦力になると思う。

 

 しかし、今年は過密日程。

 例年のような選手起用でなく、ドドもルヴァンはもとよりリーグ戦にも結構起用されるのではないかと思う。

 

  あまり期待をかけるのは止めた方がいいし、弱点も多くある選手なら厳しいかもしれないが、とにかくドドの全貌をみたい。そんな気持ちが抑えられない。



    
                勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |20:11 | 練習試合 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年06月10日

昨日の紅白戦のゴールはジェイ、金子、武蔵、チャナ、高嶺、ルーカス。他も?

  昨日は全体練習再開後2回目の紅白戦。35分2本。ホームとアウェイのユニを来てやったとのこと。
  STVで紹介されたゴールは武蔵のパスからジェイのゴール。金子がこぼれ球をゴール。武蔵がゴール。武蔵から菅、菅からチャナゴール。チャナから高嶺のゴール。ミシャは思わず「ブラボー」

 ジェイはワントップでフル出場。1得点だった。
「久々にコンサドーレの赤黒を着てうれしかった。気持ちも熱くなるし、モチベーションが高まった。本当の試合が楽しみ」
 かなり厳しい接触プレーもあったようだ。
  「最後はきつかったけど、再開するくらいにピークに持っていけるように頑張る」
 「私はベテランなので無理する必要はない。ちょうど再開時にピークをもってこれるようにしたい。」
  再開初戦は横浜FC
「どんな相手でもいいスタートを切るのが大事。モチベーションは変わらない。リーグでもカップでもトロフィーを持ちたい。去年はルヴァンの決勝までいったので、今年こそ優勝したい。」
 
 ロペスの再来日が遅れているので、ジェイのワントップがメインになると思う。
 ジェイがこのまま怪我をしないでやってくれればと思う。
 横浜FCのCBはさほど高くないのでジェイの空中戦はかなり有利になる。
  前回の紅白戦でもジェイがゴールを決めており、調子がよさそう。
 リーグ戦でも活躍が期待される。
  ただ、過密日程なので、連続して出場は難しいだろう。その場合にはワントップに武蔵とがあるいはドドがくるかもしれない。
 調子と疲労を見極めて起用することになるのだろう。
 なによりジェイの得点力に期待する部分は大きい。
 再開まで調子を上げてやってほしい。




      
              勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



 

posted by 孔明 |19:23 | 練習試合 | コメント(2) | トラックバック(0)

2020年02月29日

ジェイ曰く「酷い試合、みんなバラバラ」

 昨日は北九州との練習試合が行われたが、内容はかなり悪かったらしい。

 ジェイが「ひどい試合」というくらい。

 ジェイ「ひどい試合だった。みんなバラバラ。ミシャサッカー3年目なのにうまくできていない。」

 主力組が出場した1、2本目は2点リードしながら、終了間際にカウンターから2失点した。

 3本目は怪我人などで右CBに練習生、ボランチには不慣れなルーカスを起用したとは言え、守備やビルドアップが全く機能せず、3失点

 ジェイは2、3本目に出場。熱くなるあまりチーム内でも不穏な空気が流れるなど荒れた試合に「キャンプが長くてみんなすることがない。ストレスがたまっている。」
  「キャンプが延び、公式戦がない状況。モチベーション維持が難しく、それもストレスになっている。」

 今日から4日間の休みが救い。ジェイは札幌に戻ったそう。家族はロンドンにいるが
「自分の家でリフレッシュしたい。」

 家族がくるのは「5月くらい」

 それでも

「オフ明けからチームは良くなると思うよ。」

 昨日の試合は失点が多いと思ったら、やはりこれは仕方ないだろう。
長期のキャンプでみんなストレスをもっている。気にしていないのはゴールをあげた「どこでも寝られる」金子くらいだろうか(失礼)
 

 それでも1、2本目はチャナと金子のヘッドで2点先制した。

 公式戦ならある程度守備をかためて失点しなかったのではないか。

 この状態でホームでやれる北九州とコンサではモチベーションに差があっただろう。

 酷い試合も仕方がなかったかもしれない。

 この4日間の休みは選手にとっては少しでもストレスを和らげるのとなってほしい。
 札幌に帰った選手・スタッフもたくさんいるだろう。

 新型コロナが猛威を振るっているが風邪などひかずに無事にまたキャンプに戻ってほしい。


     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:16 | 練習試合 | コメント(4) | トラックバック(0)

2020年02月10日

昨日の大敗はハイプレスの問題以前の安易なミスが原因か。

昨日の川崎F戦

1本目



                      武蔵
                                        (ロペス)
                チャナ          荒野
           菅                     白井 
                  宮澤       深井
                                                     (荒野)

              福森      ミンテ     進藤

                       ソンユン

2本目
                        ロペス
                                            
                チャナ          武蔵
                             
           菅                     ルーカス
                  宮澤       荒野

              福森      ミンテ      進藤
                        
                                           ソンユン


3本目
                      早坂
                中野          金子
           檀崎                    ルーカス
                  ふじれん     駒井

              高嶺      駿汰      濱

                        菅野

4本目
                      ドゥグラス
                早坂         金子
                              (練習生)
           練習生                    練習生
                  藤村      駒井

              高嶺     練習生     濱

                       小次郎


  日刊、報知、スポニチから

 ミシャは今季着手した守備改革の途上とはいえ、簡単に失点を重ねる姿に首をひねったそうだ。
  相手にボールを長く持たれ、前で奪おうにも、奪えず、自陣で防戦一方。敵陣深くでボールを奪うハイプレスからの攻撃につなげる理想の展開に持ち込めない。1本目の終盤に2連続失点を許すと、2本目は開始34分から終了までに3連続失点だった。
  1月のタイキャンプから続く実戦では、これで6戦26失点。変則形式の試合も含めるとは言え、1試合平均1.44でリーグ11位の失点に象徴される昨季の弱点と言える守備の強化は数字の面では進んでいない。

 1試合目と2試合目の7失点のうち、半分以上はマイボールを奪われたものだったよう。自陣で流れを崩していった。

 川崎Fに前からプレスにくるところではめられ、パスミスをして、失点につながったようだ。ハイプレスの問題よりも昨年からの問題が多かったよう。

 やはり川崎F相手にはパスミスは厳禁

 このような相手にはとことんつかれてしまう。
 そしてハイプレスもあまりうまくいっていなかったようだ。
 
 パスワークがうまい相手にはハイプレスはかなり難しい。
 琉球とこの川崎相手に痛感したのではないだろうか。
 疲労があると行っても川崎Fも同じだ。疲労考慮してもやはり1,2本で7失点は多すぎる。
 練習試合でよかったことは確か。これを本番でやってしまとかなりのダメージがある。

 ミスについては録画を見直し、どうすべきだったか議論してほしい。

  前からプレスをかけられたときの抜け出し方、逃げ方がよくないのはまだまだ課題として残っている。しっかろ反省して次に進んでほしい。

 ただ、前からプレスに行って相手をはめてとった点もあったそう。この試合の本目までの2得点はハイプレスから得点につなげたものらしい。これはこのまま進めてほしい。

 前からプレスは90分できない。いかにメリハリをつけるか。川崎Fのようなチームにはいかに強弱をつけるかが大事になってくる。本番ではうまくそこらへんに気をつけて
やってしい。

 それから昨日の試合のけが人は深井。おそらくは肉離れらしいが、今日検査したようだ。開幕には間に合わないだろうが、しっかりリハビリして早く戻ってきてほしい。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:50 | 練習試合 | コメント(7) | トラックバック(0)

2020年02月09日

また大敗の上に怪我人も出たとの話もあり心配。

 川崎F相手に5-11はさすがに失点が多すぎる。
1、2本目は主力だったらしいが、1本目、2本目のトータルは2-7

 得点をとったのはいいが失点7はダメだろう。

 中盤でボールを奪われてとか、ドリブルでぶち抜かれたとか、最終ラインが交わされてとか多かったらしいが、ハイプレス以前の問題だろうか。

  もっとも相手がパスワークを優れたチームだと、戦術が今のままでは機能しないということが分かっただけでもいいか。

  疲れているとかは言い訳にはならない。相手の川崎は1週間で 3試合練習試合をやっている。

 もっとも練習試合でこのような試合をやった以上、反省して立て直すしかないともいえる。

 そこで一番恐れていたのがけが人。どうやら怪我人が出たようで、かなり心配。

 誰なのかわからないが、長引く怪我でなければいいが。

 明るい話題は4本目に金子がハットトリックしたことだろうか。

 4本目だと相手も練習生が多くて参考にはならないと思うが、やられっぱなしではなくちょっとはやり返した金子は素晴らしい。

 開幕ベンチ入り、レギュラー入りにアピールしたと思う。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |18:43 | 練習試合 | コメント(6) | トラックバック(0)

2020年02月06日

7失点はさすがに多いが。どんな内容だったか。

今日の練習試合のFC琉球戦は

1本目は1-0(45分)
SNSからだと、どうやらチャナからのパスに菅が反応して菅のクロスにニアに走り込んだ駒井のゴール。
2本目は1-3(45分)
ロペスのゴール
3本目は0-1(35分)
4本目は1-3(35分)
小柏
だった。

1本目は主力だったと思うが、内容はどうだったか。
2本目以降が失点が多いのが気になる。
3本目、4本目はおそらく練習生も出たと思うので、仕方ない面があったかもしれない。

 ただ、2本目はどうしたか、3失点はやはり多い。

 琉球はパスワークがうまいチームなので、プレスをするもかわされて数的不利になって失点をしてしまったか。

 前からの守備がはまらないとやはり難しい。

 もっとも練習試合なので悪いところも出たと思うが、悪いところをしっかり次に修正してもらいたい。

 ルヴァンカップまではあと10日足らず。

 この分だと公式戦が始まってもまだ、ハイプレスは完全には浸透しないと思うが徐々にやっていくしかない。
 練習試合だから試せたと考えてしっかり反省して次に臨もう。




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:41 | 練習試合 | コメント(2) | トラックバック(0)

2020年01月30日

良いこと言うわ進藤

昨日の釜山戦
30分4本

                      ジェイ
                駒井            武蔵
           白井                    ルーカス 
                  宮澤       荒野
              福森      ミンテ     進藤
                       ソンユン

   2本目
  
                      ジェイ

                駒井            武蔵
                        (ふじれん)              (ロペス)
       白井                          ルーカス 
                                                      (早坂)
                  宮澤       荒野
                                  (深井)

              福森      ミンテ     進藤
                       ソンユン

  3本目


                        ロペス
                ふじれん            早坂
           白井                       濱 
                  深井       荒野
              福森      ミンテ      進藤
                        菅野



 1点目はパスがジェイへジェイが駒井にはたき、駒井がDFラインに上がったジェイにパス。ジェイがGKと1対1になってゴール。


 2点目は福森からロングボールで白井へ、白井が左サイドを奥深く侵入し、マイナスのクロスそのになぜかフリーになっていた武蔵のヘッドでゴール。


 3点目はロペスは1人でボールを持ち込み相手のペナのなかで切れ込んでシュートもキーパーにはじかれる。それを白井がダイレクトシュートでゴール。

 4点目は早坂からの横パスをゴール前で絶妙なトラップ。左足のシュートはゴール。

 道新には試合の内容が書いてあった。

 開幕までの課題が見えた試合だった。

 勝利したもののプレスが空転する場面も多く、試合を支配しきれず。
 武蔵「もっと勇気をもって(球際に)行き切らないと、後手に回ってしまう。」
 釜山の布陣は4-3-3で守備はかみあわず、1本目はなかなか圧力をかけきれず。ろくにサイドは後手に回った。

 ウイングバックはサイドバックに対応したかったが、背後が気になり、出足が遅れた。
白井「「前に出ていけるとき、いけない時があって、出ていけない時にプレスがはまらなかった。僕が出るのかシャドーがでるのか明確にしたい。」

 2本目以降はミシャのげきが飛んで修正した。前線からの守備も増えた。

  やはり失点3は反省だろう。道新の記事からはやはりサイドのプレスがはまらなかったとしているので、前回の試合と同じような状態か。キャンプでかなり疲労していることを考えればまだまだ結果を厳しく批判するのは早計だが、もっと早く厳しくいかないとプレスが機能しないということがわかったのではないか。

  一方得点はまずまず。特に前線の動きがいい。シャドーの入っている選手が動きがいいのとジェイが動きがいいので得点がとれている。

 このまま行ってほしい。

 ミシャはおのキャンプでは守備をやると言っていたがだまだたのようだ。

 沖縄キャンプでそこの修正をぜひしてほしい。

 シーズン開始までもう1か月を切っている。そろそろ課題に合わせた練習を徹底的にやってほしい。

  進藤はイチモニでこういう時期は「充実したキャンプ」と報道されることが多いが自分はそう思ってない。疑わしいと思うと言って100パーセントではない。またまだ満足できないと言っていた。

  いいこというわ進藤。


     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |20:07 | 練習試合 | コメント(2) | トラックバック(0)

2020年01月20日

練習試合の得点と失点から考えると

 一昨日の練習試合は5ゴール。その一つはオウンゴールだから、自力でのゴールは4ゴール。セットプレーは2ゴール。流れの中からは2ゴール。

  今日の朝のどさんこワイドのコーナーで4ゴールを映してくれていた。

 セットプレーはいずれも福森からのコーナーキックを武蔵とジェイが頭で打ったモノだった。
 
 
 流れの中のゴールは自陣でワンタッチのパスをつないでロペスが後バックパス。これをふじれんが受けてドリブルで上がる。左を駆け上がっていた金子へパス。金子はふじれんに折り返す。ふじれんがPAに入り込みDF交わして左足のシュートが見事にゴール右端に突きささった。


2本目ジェイの2点目は
 荒野からのサイドチェンジをルーカスが折り返し相手が跳ね返えしたボールを福森がヘッドで中野にパス。中野がそのまま走り込んでくる福森にパス、福森GKが寄せて反対側がフリーになりフリーで待っていたジェイがなんなく押し込んだ。

 セットプレーは今年もストロングポイントだろう。福森の正確なキックからシュートまであれば得点が増える。
 ただ、相手も当然マークしてくるから昨年よりもかなり厳しくなる。
いかに工夫して相手のマークを外すかということがポイントとなると思う。
 流れの中ではふじれんがいい動きをしてゴールした。
 また金子もかなり走ってアシストした。
 また次は福森の上がりからジェイのゴールが出た。
  福森が最終ラインから上がることでマークがはがれ、フリーになった。
 中野のパスも良かった。 

 失点は映っていなかったが、報道によると前からのプレスが効かずにボールを運ばれてのものだったらしいが、この点はやはり今後の課題になるはず。
 ミシャは今年は前からのプレスを徹底して厳しく行ってボールを奪う方針とのこと。
 とにかくボールを奪い取ることに重点を置き、そこからこぼれたモノは1対1で勝ってボールを奪うというだろう。


 今後キャンプでこれらの課題に練習で改善していくことになるはず。
 厳しいキャンプだが怪我には十分に気をつけて頑張ってほしい。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター


posted by 孔明 |19:09 | 練習試合 | コメント(3) | トラックバック(0)

2019年02月12日

昨日の練習試合から

 昨日の練習試合は序盤押されていたが徐々に持ち直してコーナーから得点、左クロスから得点となかなかよい形で得点した。4本目に2失点したが、2得点を加えた。

 STVで得点シーンを見たが、中野が良いクロスを上げていたし、ロペスのシュートも良かった。

 3点目は左サイドの白井からのグランダーのクロスを早坂が蹴りこんだ。

 そして4点目は法政大学の練習生の紺野
 ドリブルで右サイドを突破してシュートをゴールに蹴りこんだ。

 この紺野は大学生でかなり人気物件。他のJ1のチームにも練習に参加しており、来年どこに入るかが注目の的だ。 

 失点は2点だった。それはサブメンバーでの対戦の時。3本目、4本目はかなり攻め込まれて危ないシーンが多く、いつ点が入ってもおかしくない展開だったそうだが、昨年からの課題ではあるがサブメンバーの連係等の向上が必要だろう。

 ミシャは昨日の試合を振り返って「試合ごとに前からのプレッシング、ボールを失った後の切り替えは良くなっている。この時期、疲労がある中で走ることはきついことだが、ベターなものになってきている」と評価したとのこと。
 確かにハードな練習でかなり追い込んだ状態なので、そこは差し引かなければいけないだろう。
 ただ、課題の攻守の切り替えが良くなることはいいことだ。これをサブメンバー含めて90分行って行きたい。
 開幕メンバーはだいぶ固まったのだろう。少なくとも昨日の1本目の選手は大部分何もなければ、先発だろう。気になったのがジェイが相手選手と接触して鼻から血を出していたということ。骨折でなければいいが。
 ともかく明日から最後の熊本キャンプが始まる。課題だった攻守の切り替えや守備を重点にやってほしい。攻撃陣はこれまでの好調さを維持できるようにしてほしい。 



     勝手に叱咤コンサ外伝
                               
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |20:55 | 練習試合 | コメント(2) | トラックバック(0)