スポンサーリンク

2019年02月12日

昨日の練習試合から

 昨日の練習試合は序盤押されていたが徐々に持ち直してコーナーから得点、左クロスから得点となかなかよい形で得点した。4本目に2失点したが、2得点を加えた。

 STVで得点シーンを見たが、中野が良いクロスを上げていたし、ロペスのシュートも良かった。

 3点目は左サイドの白井からのグランダーのクロスを早坂が蹴りこんだ。

 そして4点目は法政大学の練習生の紺野
 ドリブルで右サイドを突破してシュートをゴールに蹴りこんだ。

 この紺野は大学生でかなり人気物件。他のJ1のチームにも練習に参加しており、来年どこに入るかが注目の的だ。 

 失点は2点だった。それはサブメンバーでの対戦の時。3本目、4本目はかなり攻め込まれて危ないシーンが多く、いつ点が入ってもおかしくない展開だったそうだが、昨年からの課題ではあるがサブメンバーの連係等の向上が必要だろう。

 ミシャは昨日の試合を振り返って「試合ごとに前からのプレッシング、ボールを失った後の切り替えは良くなっている。この時期、疲労がある中で走ることはきついことだが、ベターなものになってきている」と評価したとのこと。
 確かにハードな練習でかなり追い込んだ状態なので、そこは差し引かなければいけないだろう。
 ただ、課題の攻守の切り替えが良くなることはいいことだ。これをサブメンバー含めて90分行って行きたい。
 開幕メンバーはだいぶ固まったのだろう。少なくとも昨日の1本目の選手は大部分何もなければ、先発だろう。気になったのがジェイが相手選手と接触して鼻から血を出していたということ。骨折でなければいいが。
 ともかく明日から最後の熊本キャンプが始まる。課題だった攻守の切り替えや守備を重点にやってほしい。攻撃陣はこれまでの好調さを維持できるようにしてほしい。 



     勝手に叱咤コンサ外伝
                               
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |20:55 | 練習試合 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年02月11日

練習試合FC琉球は6-2

 今日のFC琉球戦は45分、30分、45分、45分の4本

 現地に行っているフォロワーさんやブロガーさんによると

 トータル6-2で勝ったらしい。


1本目の序盤は琉球に押されて危ないシーンが多かったが
左コーナーから宮澤ゴール 

 左サイド中野からのクロスをロペスがダイレクトシュート。はじかれるもロペスがゴール。 

1本目は2-0
序盤はおされる展開も徐々にぺースを掴んでいったらしい。


2本目はいきなりルーカスのパスから琉球の選手に当たってゴール。記録はルーカスの
ゴール。
チャナからのパスを福森がクロス。ロペスがゴール。

2本目は2-0
ミシャは選手が削られ主審にかなり激高する場面があったらしい。

3本目はだいぶメンバーを代えて
だいぶ攻められ菅野がファインセーブ連発。

終了間際にPKを得るが武蔵が失敗

3本目は0-0

4本目はいきなり2失点
そして早坂が得点
また、サイドからドリブルして練習生の紺野が得点
だいぶ押され何点も失点してもおかしくなかったらしい。
でもなんとか同点に追いついた。

 結果だけだがロペスの好調さが出ているように思う。


 ほぼポジションはとったろう。本番でも好調さを維持してほしい。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                               
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |15:28 | 練習試合 | コメント(4) | トラックバック(0)

2019年02月08日

東京Vとの練習試合は3本で5-1

 今日の東京Vとの練習試合は3本45分でトータル5-1

1本目は現在のベストメンバー

 ロペスが相手のパスをカット、ドリブルして右サイドからのクロスをジェイが左足で合わせてゴール。
その後ロペスのミドルもあったが、ポストにあたるシーンも
 ほぼボールをもったが、結構カウンターを浴びたらしい。
1本目は1-0で終了

 2本目はメンバーをほとんど入れ代えた。
 ゴールの近い位置で伸二がシュートも相手がハンド。FKを獲得して唯一2本目のメンバーに残った福森が壁の上を落としてゴール。1-0
 見事なFKだったらしい。
 しかし、パスワークでサイドを崩されて失点1-1
 その後は中野が良い動きを見せていたそう。

 3本目は練習生の高嶺や紺野を入れてメンバーを大きく代えて

 東京Vは9人が練習生(https://www.verdy.co.jp/news/7742)

 当然相手のレベルは落ちており、ほとんど圧倒していたらしい。

 中野からのクロスをよろけながら檀崎がゴール1-0
 檀崎がゴールライン近くまで持ち込んでクロスして岩崎が無人のゴールに蹴り込む2-1右 
 右サイドの紺野(法政大学練習生)からのサイドチェンジに白井がクロス、相手のクリアボールが味方にあたりこぼれて中野が豪快ゴール3-0

 得点を3点もとった3本目は練習生がほとんどの相手だったので、あまり参考にはならないと思うが、檀崎が1ゴール1アシストなのが凄い。早速アピールした形。
東京Vのメンバーを見ると2本目は主力級も多かったので1-1で終わったのだろうか。
 FKで福森が直接決めたのは大きい。福森はFKからゴールの感覚を取り戻しただろうか。
 

  相手はカウンターから攻撃してきたらしいが、1点で抑えた。しかし、必ず点を取られるのはなんとかしないと。


     勝手に叱咤コンサ外伝
                               
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |16:02 | 練習試合 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年02月06日

昨日の名古屋との練習試合。

 昨日の試合は3本トータル3-4
日刊と道スポにメンバーが書いてあったのでポジションは推測で書いてみた。


1本目

ジェイ

    チャナ         ロペス

菅                             ルーカス

       深井     荒野

福森        宮澤          進藤

         ソンユン

2本目
            武蔵

    チャナ(岩崎)      ロペス

        深井   荒野(ふじれん)

   進藤(中村)   宮澤       濱

         ソンユン


3本目
            早坂

      岩崎           檀崎

中野                       白井

       伸二  ふじれん(練習生)

     中村  中原  ミンテ

            菅野

1本目何度も決定的なチャンスをつくりだした。
3バックから前線の3人に縦パスを送り、そのリターンを誰かが前向きに受ける。
さらにそこから飛び出す。そんなシーンを数多く見ることができたそう。
1点目はコーナーからのこぼれだまをチャナがゴール。
2点目はロペスの約20メートルのミドルシュート。「パスコースがなかったので、シュートを選択した。」
昨日はロペスの動きが良かったようで、シャドーに入り、ボールを引き出す動き、そこから背後への飛び出しと存在感があったそう。味方を使いながら相手を崩す場面と自らのスピードとテクニック、力強さを使い単独で突破を試みるプレーが何度も見られた。
「まだ、全然だよ。評価は監督や周りが決めること。」

1本目の30分過ぎまでは名古屋の倍以上のシュート10本で圧倒していた。しかし、雨が強くなり、徐々に水たまりができてパスサッカーが封印されてきた。グラウンダーのパスは途中で止まり、ドリブルが得意な選手もボールコントロールに苦しんだ。


2本目はPKをとられ失点。雨の中ピッチの水の影響でボールが変化してゴールを取られたようだ。0-2

3本目はいきなり開始早々にミドルを入れられ失点          0-1
相手のループシュートをGKがはじくがそれを詰められて失点。0-2
岩崎がボレーシュートでゴール。1-2

ミシャは「ピッチが悪くなって難しくなった。」

スポニチでは砂川が課題を挙げている。
「チームの課題を挙げるとすれば相手を押し込んでからのボールを失った時の奪い返し。連動、スライドでボールサイドに相手をはめこむ精度と運動量。それと、それをはがされた時のリスクマネジメントとDFラインのポジションか。これはミシャがトレーニングやミーティングでかなり指摘しているので、今後の改善に期待したい。」

 ピッチが雨でぐちゃぐちゃになってことでかなり2本目からは苦戦したようだ。それが原因なら問題があまりないと思う。1本目30分過ぎまでは圧倒していたらしいので、これまでやってきたことは間違いがないと選手たちも思っただろう。
 特にロペスの動きが良いようだ。岩崎も結果を出した。ますます競争が激しくなってチームとしては良い方向に向くだろうと思う。
 

 昨日の反省点は砂川の言っているとおりらしいが、やはりまずは攻撃はシュートで終わること。パスカットされたときに備えてのDFのポジション。
 これはずっと課題。この沖縄キャンプで対応をしっかりしてほしい。




      勝手に叱咤コンサ外伝
                               
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |20:04 | 練習試合 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年02月05日

名古屋との練習試合

今日の名古屋との練習試合は4本45分の予定だったが雨のせいか3本45分で行われた。


 1本目はコーナーからのチャナのゴールとアンロペのミドルで2-0で折り返した。

 2本目はPKをとられ失点。雨の中ピッチの水の影響でボールが変化してゴールを取られたようだ。0-2

 3本目はメンバーを控えメンバーに入れ替えて
 いきなり開始早々にミドル?を入れられ失点          0-1

 
 相手のループシュートをGKがはじくがそれを詰められて失点。0-2
 岩崎がゴール。1-2

 果たして内容はどうだったか。1本目、2本目は今のレギュラーメンバーが出たようだが、相手も主力メンバーで2点先制して追いつかれた。

 ボールを持てただろうか。

 名古屋もかなり強力なメンバーらしいので2-2はまずまずか。もっとも結果よりも内容。

 それだけチャンスがあったか、どれだけ自分たちでボールを動かせたか。

 3本目は控えメンバーだったらしい。

 いきなり2失点はまずい。今年も控えの力が足りないとなればルヴァンや天皇杯に影響が出る。最後に岩崎が得点したのは良かった。

 やはり失点が多い。ミシャからすればそれはある程度想定内だろうが、沖縄キャンプは守備をしっかりやるということが課題になっているはず。

 この4失点をどう少なくしていくか、しっかり対策を練ってほしい。



    勝手に叱咤コンサ外伝
                               
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |18:18 | 練習試合 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年01月24日

攻撃のスタイルをさらに向上させ、守備はもっと頑張ろう。

 昨日の練習試合は2本合わせて3-2だった。

 得点シーンはいずれも素晴らしかったが、失点シーンはいただけない。
チームの方針が2点取られたら3点とれだから仕方がないが、もう少し守備も強化していきたい。

  得点はPKを除き凄く意図が感じられるゴールだった。
1点目はワンタッチのパスでつなぎ右サイドを完全に崩して入れた。おそらくタッチ制限がかかっていたと思うが、テンポのよいパスが出ていた。

 2点目のPKになる相手のハンドはラッキーだったが、武蔵が完全にキーパーのコースを読んで右隅に決めた。

 3点目もコンサの得意とするサイドチェンジという大きなプレーでダイレクトでゴールをとった。これも見事。

 攻撃は昨年よりも確実に進歩している。
 しかし、守備は相変わらずおぼつかない。

 ミシャは「ボールを失ってから守備への切り替えは改善が必要」
といっているように攻撃に主眼が置かれるとは言え、守備もしっかりしたい。

 ボールを奪われないことが一番だがボールを奪われてからの切り替えをもう少し素早くスムーズにしたい。失点の仕方はやはり反省しなければいけないだろう。

 ワントップ争いが熾烈だが、シャドーの争いも結構たいへんだ。
 昨日は岩崎が良い動きを見せていて、右シャドーを争うアンロペとの競争も激しい。
これからの練習試合でそれぞれどんな内容・結果を出していくか。
  攻撃の内容はいいので、攻撃のスタイルをさらに向上させ、守備はもっと頑張ろう。





     勝手に叱咤コンサ外伝
                             
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |20:52 | 練習試合 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年01月20日

昨日の練習試合の内容は?

 昨年の練習試合は日刊スポーツにメンバーが書いてあった。

 1本目、2本目は武蔵のワントップでチャナがいないので駒井とアンロペをシャドーにおいた。
 しかし、1本目のできが悪かったようで、ミシャから「第1セットの30分はサッカーじゃない。」と一喝されたそう。

 確かに失点はパスミスからのカウンターでやられた。中央から突破され。かわされて1対1になってしまい。シュートを許した。あれではソンユンは防げない。

 昨年の悪いところが出た。1本目はボールを支配しながらも横パスばかりで縦に入れるパスがまったくなかった。

 やはり新戦力が4人も入っていたことが原因だろうか。

 ただ、ミシャに怒られて、攻撃を急ぎ、2本目は武蔵のPK、駒井のクロスからアンロペのゴールと得点ができた。

 武蔵は「うれしかった。(得点は)とても意識していた。」
「個人的にもコンディションはまだまだ。キャンプ序盤と割り切って、今後もっとよくなると思う。」
「前半もっとチャンスがあった。得点を、もっととっていかないといけない。頑張ります。」
アンロペは「いいボールが来て落ち着いてゴールを取れた。」
「ゴールはあのポジションの役割として大きな部分。アピールになるし、僕の特徴もわかってもらうのに非常に大事。」と言っている、

 アンロペは森保監督時代の広島に在籍していたので、「非常にやりやすい。内容や求められている仕事が似ていて助かっている。」とも言っている。

 3点目はルーカスの右サイドから中に入ってドリブルで突破中に折り返し、荒野へ荒野からのクロスに折り返しジェイが相手DFに寄せられながらもうまくゴールに流し込んだ。


 結果はタイ2部相手にはちょっと失点が多かったので、良くないが、キャンプ序盤だから内容が大事。2本目などはほとんどボールは握っていた。また菅のクロスから武蔵のシュートがバーにあたるプレーもあってまずまずとは思うがやはりボールロストがあったのは今年も課題だろう。

 ミシャは(新加入選手の動きに)「非常に強い気持ちで臨んでくれたし。いい選手を獲得したと信頼を持っている。」と言っているので、新加入選手の動きは良かったのだろう。あとはやはり連係だろうか。
 これはキャンプで徐々にやっていかないといけない。
 初戦としては得点もとったし、こんなものだろう。
これからもっとキャンプで調子をあげていかないといけない。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                             
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |13:34 | 練習試合 | コメント(4) | トラックバック(0)

2018年07月05日

昨日の練習試合の新聞報道から

 道新、日刊と道スポ、スポニチには昨日の鹿島との練習試合のことが載っていた。

 敗れたものの、選手たちは中断期間に取り組んできた成果を出そうと必死にトライしたそう。
  しかし、リーグ戦中断期間で集中的に取り組んできた後ろからの攻撃の組み立てや、前線3人のコンビネーション練習の成果は出せなかった。
しかしその成果を試そうとロングボールを極力蹴らず、パスで前進することにこだわったとのこと。
ミシャは2回目のゲームを例に挙げて、「J1(の戦い)を想定できる試合を見せた」と言っている。
 「狙いとするところも出せていた。強い相手で課題が見えた」

 当初は18日に再開するリーグ戦を想定して、90分間をフルメンバーで戦う予定だったが、DF福森や進藤、MF駒井や深井らが別メニューのため遠征に同行できなかった
そのため可能性を探りながらのメンバー構成だった

 ミシャ 「公式戦に近いかたちでできたのは、選手にとってもいい準備になった。再開後、いいスタートが切れるのではないか」

  1本目の2失点はFKからとPK献上によるもの。流れの中での失点はなかった。
後ろからのチャージでPKを与えたミンテは「VARがあったら違った」と悔しんだ。

 ミンテは「1本目は体が重かったけど、2本目に主導権を握ってからは、やるべきことができた。」

 ソンユンが自陣ゴール近くでボールを失うなど危険な場面があった一方、細かなパス交換から鹿島守備網をかいくぐり、ゴールに迫るシーンも見せた
2本目は相手を押し込む時間帯が増えた。

  前線3人の連携で内村、三好がサイドに開き、パスコースとドリブルする道を作った。
伸二を起点として連係からチャンスを多く作った。

 チャナは相手CBをかわし、後ろから迫ってきた金崎もかわしてミドルシュート。ゴール右上に突き刺した。

 チャナ「ラッキー。ミスは多かったけど、トライすることはできた。」
内村「練習ではできていたが、実戦になり相手もコースを切ってきたので、縦パスがなかなか入らなかった動きすぎず、止まらす、タイミングを合わせていきたい。」

 この日のピッチの気温は28度

 都倉「暑くてびっくりしたけど(暑さを)体験できたのは良かった。」

右サイドで好機を演出した白井は
白井 「やるべきことがクリア(明確)になり、自分の良さを出せるようになってきた」


 チャナのシュートは見事だった。
しかし、やはりもう少し点が欲しかった。
 ただ、2本目はかなりよかったらしいので、希望は見えたのではないか。

 特に伸二を起点として細かパスがつながり崩していたようなので、このまま続けていればそのうちよい結果がでると思う。


 5失点のうちセットプレーが4点らしいので守りの修正はやりやすいはず。
また、最後に出てきた河合も少し試合に慣れただろう。

 宮吉が2本目10分に相手との接触で脳震盪を起こしたそうだが、今日札幌市内の病院で検査を受けたらしいが、大丈夫だったろうか。

 
       勝手に叱咤コンサ外伝
                    
         孔明ツイッター 
  

posted by 孔明 |20:51 | 練習試合 | コメント(2) | トラックバック(0)

2018年07月04日

今日の鹿島との練習試合は3本トータルで1-5

今日の練習試合は45分3本
1本目は0-2
2本目は1-0
3本目は0-3
トータル1-5だった。

 ブロガーさんやフォロワーさんによると

 1本目はサブメンバー中心。

 ゴール前のFKから大伍のヘッドを許し失点。ミンテが相手を倒してPKを取られる。それを鈴木にゴールされる。
決定機は鹿島にあったようだ。
あまり内容はよくなかったらしい。

 2本目は29分過ぎで主力メンバーが入って来て
チャナのミドルシュートで1点返した。


 2本目が一番良かったようだ。パスが思うように通ったらしい。

 3本目は前線に主力メンバー。後方はユースの福田君やDFはけが明けの河合なども出ていたとのこと。あまり内容は良くなかったらしい。ただ、福田君はかなり頑張って気を吐いていたらしい。

右サイドのコーナーを山本に決められ失点0-1
左からのカウンターについていけずに失点0-2
左サイドのコーナーを小田に決められ失点0-3

合計1-5で敗れた。

 主力とサブメンバーを混ぜて行ってようだが、負けたのは仕方ないが
内容はトータル的にあまりよくなかったらしい。

 フォロワーさんの情報ではミシャはあまり機嫌がよくなかったようだったので
あまり満足できない試合だったか。

 鹿島は強敵だが昌司と植田の両CBがいなかったことを考えればもっと点がとりたかった。

 2本目はさすがに主力メンバーが多かったせいか内容は鹿島を上回っていたらしいが3本行ってチャナの1点だけではやはり心もとない。

 しかし、暑い中アウェイでJ1の強豪と試合をやったのは良かった。

 いろいろと課題が出ただろう。

 その課題をもってあと2週間しっかり練習して欲しい。


       勝手に叱咤コンサ外伝
                    
         孔明ツイッター 

posted by 孔明 |18:22 | 練習試合 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年07月03日

明日は鹿島との練習試合

 明日は鹿島との練習試合 

今日の道スポには連日の2部練習で別メニューが7人いると書かれていた。

 中断期間に入り、ビルドアップ、前線3人の連係、フィニッシュの質の向上を図ってきた。そのなかで左アキレス腱痛から全体練習に合流したばかりの宮澤も鹿島に帯同したらし
い。

 鹿島とはアウェイで0-0だった。
 宮澤「去年に比べると、やれる自信がついたし、自分たち次第で勝ちにもっていける試合だった。」

宮澤 「これから夏場のアウェイもあるし、この時期に暑い場所での試合を経験できることは大きい。チームとして大切な時間にしていきたい」

 今回の遠征は、プレー可能な全員が帯同し、チーム全体で、さらに自信を深めてくるつもりだ。
 宮澤「やってきたことをどれだけ出せるか、リーグ戦に出ていないメンバーも含めて、全体でいい練習試合にしていきたい」

 別メニューが多く、荒野が人生初CBに入って練習をしていたそう。


 チームはここまで次の3点を重点に練習をやってきた。

         1後方からのビルドアップの質の向上
        2前線3人のコンビネーション強化
        3サイド攻撃でのラストパスの精度アップ


 これらがいかに改善されたが明日の練習試合で結果がでるだろう。練習試合とは言え、試合なのだから結果がほしいが、やはり結果よりも内容だろう。

 いかに中断期間でやってきた練習の成果が発揮されるか。

 もっとも完全に発揮されなくても今後の課題が浮き彫りになるのはいことだ。

 相手は強敵鹿島だけに、簡単にはいかない。腕試しとしてはいいと思う。

 明日は最高気温も30度は超えそう。夏の時期のアウェイを想定した試合になる。

 これからのアウェイはかなりしんどい。

 札幌との気温差があればあるほど、難しい試合となる。

 そのなかでいかにペース配分を考えた試合にできるか。

 何本やるかはわからないが、実りある練習試合であってほしい。

 

 またくれぐれも怪我には気をつけて欲しい。



        勝手に叱咤コンサ外伝
                    
         孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:38 | 練習試合 | コメント(0) | トラックバック(0)