スポンサーリンク

2018年07月12日

DFラインの裏を抜けるプレーが目立った。

 試合のダイジェストを見た。

 1点目は宮澤が効いていた。宮澤のところからテンポ良くボールがつながって最後はチャナからのスルーパス。三好が良いところに走り込んでのゴール。
これでずいぶんやりやすくなった。

 前半はパスもつながり、スルーパスからジェイが飛び出すシーンが2度ほど

 1度は完全にGKと1対1になって余裕があったが、GKに当ててしまった。

 前半は1-0でリード

 後半序盤から押される展開もなんとかしのいで

 三好のシュートが福岡のペナの中で福岡DF田村の手にボールがあたりPK

 ジェイがしっかり決めた。

 ピンチもあった。ソンユンが2度ほど横っ飛びで防いだシーン。

 ソンユンならではの身のこなしが素晴らしかった。

 3点目はそのソンユンのスーパープレーが起点となった。

 ソンユンからボールをつなぎ、最後は駒井からのふわっとしたパスに飛び出したチャナがキーパーと1対1をGKをかわしてゴール。

 4点目は福森のFKからDFの裏に向けた都倉がドリブル・GKとの1対1をしっかり決めて4-0で勝った。

 シュート数が少ない(6本)割にゴール数(4ゴール)が多かった。
 効果的に攻撃できたのだろう。

 福岡はホームということでかなり積極的にきていたようだ。

 なかなかボールをとれない場面もあって、いらいらさせられたシーンもあったのではないだろうか。

 この試合が良かったのはみんなにつなぐ意識があったことだろう。

 また、DFの裏を徹底的に狙っていたこと。

  福岡のDFのラインが高かったこともあったと思うが、やはり1つのことを徹底的に行うのがいいのだろう。

 Jでも強いチームはDFの裏を徹底的に狙ってくる。DFラインが高いとわかればそこをついてくる。鹿島しかり川崎Fしかり。

 コンサもこれを狙っていくのはいいと思う。

 実際この試合でDFの裏を狙ったゴールは4点中3点だった。

  パスもつながっていたようだ。テンポ良くワンタッチツータッチでパスがつながっていた。
 ピンチは相手コーナーからの折り返しをヘッドでソンユンが片手で防いだシーン。ソンユンらしいビックプレーだった。
 
 アウェイなので結構攻め込まれていたようだが少ないチャンスで点をしっかり入れられたのは良かった。

 来週からのリーグ戦につながる勝利だろう。



       勝手に叱咤コンサ外伝
                     
         孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:55 | 天皇杯 | コメント(3) | トラックバック(0)

2018年07月11日

点を取るべき人が全員とって4-0で勝利

天皇杯4回戦福岡戦は4-0で勝利

 前半早々に三好が1点をとったのが大きかった。

 相手のゴールキックから

 宮澤が落として相手に当たってまた宮澤がゴールをとって三好へ。三好からチャナへ

 チャナのスルーパスに三好が反応してフリーでゴール。

 そのあとジェイがGKと1対1になるも決められず。

 前半は相手にFKを与えるも得点を許さず。

 後半早々

 相手選手のパナ内のハンドでPKゲット

 それをジェイがゴール右隅上にゴール。2-0

 そして相手に攻められソンユンのビックセーブからボールをつないで
 駒井?からのロングパスにチャナがDFラインを抜け出してGKと1対1

 それをかわしてチャナがゴール。3-0


 最後は福森のFkからDFの裏へ飛び出した都倉がGKと1対1を見事に決めた。

 4-0と福岡を圧倒した。

 しかしシュート数は6本で相手が15本倍うたれた。

 常にリードしていたから仕方ないが、内容はどうだったか。

シュート6本で4点は効率良い

 点を取る人が全部決めた。ワントップとシャドーが全員決めたのは良かった。

 これで次のリーグ戦に思い切って臨めるだろう。



      勝手に叱咤コンサ外伝
                    
         孔明ツイッター 

posted by 孔明 |21:13 | 天皇杯 | コメント(2) | トラックバック(0)

2018年07月09日

明後日は天皇杯3回戦

 スポ新では続々と選手の完全合流の話題が出ている。
 また、土曜日に練習見学をしたがその日にも多くの選手が完全合流した。

 河合、福森、駒井、宮吉、そして昨日は菊地が完全合流している。

 一部合流は濱、進藤。
  日本人の選手達は概ね完全合流している。

 話を聞かないのはジュリーニョ、ヘイスのブラジル人コンビだろうか。
2人とも怪我が多いので心配だが、なるべく早く合流して欲しい。

   また、今週は天皇杯3回戦が行われる。

   来週にはリーグ戦が18日の水曜日に行われるので、そのちょうど1週間前になる。ゆえに主力選手の調整の場にもなりうる。

  おそらくは主力中心で行くのではないかと思う。

 福岡は西日本における豪雨の被害があっただけに開催には問題ないのだろうか。心配である。

 開催すれば水曜日はテレビ放送がない。テキスト速報やフォロワーさんのツイッターを追うことになるだろう。

  福岡は次の日曜日にリーグ戦があるので、サブメンバー中心か。

 こちらはアウェイだが主力がでると思うので是非とも勝ちたい試合。

  中断期間の練習の成果が発揮される試合でもあると思う。

 公式戦なので結果は大切だが、内容も大切

 どのように普段の練習の成果が発揮できたか、問われる試合。
 リーグ戦にもつながる試合だろう。

  とにかく目の前の試合を大事にして勝ってほしい。



       勝手に叱咤コンサ外伝
                    
         孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:21 | 天皇杯 | コメント(2) | トラックバック(0)

2016年08月26日

天皇杯1回戦筑波大学戦(厚別できっちり勝って2回戦に進もう。)

 明日の天皇杯1回戦筑波大学との試合

 筑波大学は天皇杯茨城県予選決勝で流通経済大学と対戦0-0で延長戦を戦っても決着がつかず、PK戦に。PK戦を6-5で勝って天皇杯出場権を手に入れた。

 筑波大学は関東大学リーグ1部に今シーズン昇格
 現在は2位と好調だ。

 メンバーにはコンサユース出身の高嶺君がいる。

 1年生だがカップ戦に先発したり、流通経済大学との天皇杯予選ではサブメンバーに入っていた。

 筑波大学のフォーメーションは4-2-3-1のようだ。

 戦術はわからないが、関東大学リーグの1部にいるので大学でもかなり強いチームだろう。

 こちらはサブメンバーだがよほど心してかからないと足元をすくわれかねない。

流通経済大学との天皇杯予選のメンバーは

先発メンバー

     GK30阿部
     DF5  鈴木大誠
     DF14会津
     DF3  小笠原
     DF17野口
     MF7 三宅
     MF18鈴木徳真
     MF22長澤
     MF25西澤
     MF16戸嶋
     FW11中野

サブ GK1 森本
      DF2 浅岡
      DF24山川
      MF20三苫
      MF27高嶺
      MF28吉川
      FW10北川

だった。

 明日もこのメンバーが主体となるはず。


 このうち小笠原と戸嶋と北川が関東大学選抜に選ばれている。

 ワントップのFW中野は関東大学リーグの得点数では2位につけている。

 大学生だからといって侮れない。

 しっかり戦って勝ちきらないといけないだろう。

 こちらはサブメンバーの予想だが、中断開けのリーグ戦に入り込みたい選手達のはず。

 しっかりアピールしてほしい。

 明日は昨年以来の厚別での戦い。

 厚別できっちり勝って2回戦に進もう。



       コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

  孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:01 | 天皇杯 | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年10月14日

相手を苦しめたが最後はPK戦で敗れた。

 前半序盤はよかったが徐々に相手に押された。
 惜しいシーンもあった。前半の中原のシュートや後半の上里のシュートからGKが弾いたところに荒野のヘッド。しかし決めきれなかった。

 コーナーもあったがいつものように得点の臭いがしなかった。

 前半はやはりラストパスがつながらず。決定的なパスを出すことができなかった。

 後半はやはり押されてなかなか決定機が演出できなかった、

 最後は120分戦って決着がつかず。PK戦に

 上里、前俊、福森が外し、金山も3度セーフしたが。最後はその金山がキッカーになってポストにあたって外してしまった。運もなかった。pk戦で敗れた。


 守りは踏ん張っていた、何度かあった相手の決定機は金山がナイスセーブ

 得点を許さなかった。

 鳥栖は最後になってベストメンバーを繰り出してきた。120分相手を疲労させた。

 1点もとられなかったのはよかった。

 永坂や進藤はよい経験になったのではないだろうか。

 中盤ではボランチのニウドが効いていた。セカンドボールを拾い、パスはあまりうまくない
 が、必死で守っていた。

  交代選手がもっと頑張ってほしかった。特に前俊、あれがプレースタイルなのだがもう少し頑張らないといけないだろう。

  やはり120分戦ったら勝たないと。それでも若手はJ1と戦って自信がついたのではないだろうか

 とにかく主力を休ませたからには磐田戦は勝たなければ始まらない。

 次は磐田戦に集中だ。



     勝手に叱咤コンサ外伝

     孔明ツイッター

posted by 孔明 |22:11 | 天皇杯 | コメント(5) | トラックバック(0)

2015年10月13日

天皇杯3回戦鳥栖戦展望(ガムシャラに戦って次のステップに進もう)

明日の天皇杯3回戦鳥栖戦。

 対戦する鳥栖は天皇杯2回戦から登場。V大分を4-0で退けた。

  鳥栖はリーグ戦はこのところ調子が出ていない。シーズン当初は調子がよかったがだんだんと調子を落とし、現在は年間で14位。降格圏である16位の松本に勝ち点で5差をつけているが安全圏ではない。残留が現実目標になってきたチームだ。

 鳥栖は17日土曜日にホームで名古屋との対戦を控えており、サブメンバー中心で臨んでくると思われる。

  鳥栖との対戦は最近は負けがこんでいる。アウェイでは連敗している。
借りを返さなければ。

  天皇杯では対戦するのは初めてだが相手の方がやりにくいだろう。J2との対戦で勝って当たり前。相手はJ1。負けて元々で臨んでいきたい。
 そして最後には勝利をつかみたい。

鳥栖のシステムは3-4-2-1
 
  縦に早い攻撃が特長で、ロングボールとショートパスをうまく組み合わせ攻撃してくる。セットプレーからの得点が多く、セットプレーは大きな武器となっている。

  サイドからの攻撃も活発。サイドから中に切れ込んでくるプレーが多く、シュートまでもってくる。

 ワントップの池田は前線からの守備をしてくる選手で、運動量が凄い。突破力もあって彼の前にスペースを与えないようにしなければいけない。

 シャドーの鎌田は今年ブレークした1人、高卒新人だが、鳥栖の攻撃のピースとなっている。シュートの能力も高く。決定力がある選手。周りを生かすプレーもできる。彼には要注意だ。

 もう一人のシャドーの岡田は昨年J2で14得点した。ハードワークと得点力が持ち味。
前線への飛び出しが得意。彼はしっかりとマークをしたい。

 左ウイングバックのチェソングンは運動量があり、高さがあるので前線に飛び出す動きをしてくるので気をつけたたい選手


 右ウイングバックの吉田は運動量あって、対人の強さもある。対応する選手は1対1で吉田に負けないようにしなければいけない。


 鳥栖予想メンバー
         
            22池田  

            24鎌田   39岡田

  16チェソングン              23吉田

          28高橋  30福田  

    3磯崎  38菊池  5キムミンヒョク   
 
         1赤星

控え GK21藤嶋、DF29谷口、27笹原 MF6岡本、8水沼、9ペクソンドン FW25早坂

  鳥栖はリーグ戦では得点力不足に悩んでいる。豊田が怪我で戦列を離れていたことも影響があるだろう。鳥栖はホームで当然勝ちを狙ってくるはず。

 やはりセットプレーにかけてくるだろう。

  豊田やキムミヌや藤田はベンチ外の予想だが、もしかしたら控えに入ってくるかもしれない。危ない場面では出場する可能性もある。

 まずはペナ付近でファウルを冒さないことだ。そしてセットプレーは集中して守ること。コーナーは鳥栖はいろいろと工夫してくると思うのでつられずにしっかり守りたい。

 攻撃では鳥栖のDFラインが高いので鳥栖のDFラインの裏を狙っていきたい。徹底的に裏のスペースを狙っていきたい。

 カウンターが勝敗を分けるだろう。

 攻撃は相手の守備が揃う前に攻めきりたい。シュートまでいかないと逆にカウンターを受けるのでしっかり攻撃はシュートで終わりたい。
 セットプレーから得点を入れたいところ。

 鳥栖はコーナーはゾーンで守る。

 ゾーンの間にボールを入れて複数人が入ってシュートまでもって行きたい。

 鳥栖は今J1で地力があるので、胸を借りるつもりでガムシャラにやろう。こちらもサブメンバーが中心となるだろうが、選手のレベルでは劣っていないはず。

 悔いのないように思い切りやってほしい。

  とにかく次のステップに行こう。



   コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝

  孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:17 | 天皇杯 | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年09月06日

とにかく来週勝たないと。

 リーグ戦ではないがJ2相手に久々の勝利。

 勝利はいいものだ。

 厚別の風を感じて屋外で見るサッカーはまた格別。

 雨が降らなかったのも助かった。

  前半からボールを所有して攻撃するシーンが多かった。
左サイドからのパス交換でナザリトのクロスがドフリーの伸二にわたってゴールかと思ったが伸二が大きく枠を外してしまった。

 なんとなく嫌な予感がしたものだが、宮澤のパスを受けたナザリトが相手をかわしてシュートは見事にゴール右隅に突き刺さった。 これで先制。

 先制して楽な気分で応援できた。前半は前弟の体の強いプレーもあって、相手にボールを渡さない。点をとってからはカウンターも狙いつつ追加点を狙っていく。
しかし、決定的なシーンが少なかった。

 前半は1-0で終了

 後半は風下になって相手に押されるかと思ったが、それでもしっかり攻撃はしていた。ボールを持たれたがすぐボールを奪い返して攻撃する。イナの奪取力がファウルをしないと効力を有しないという嫌な展開だったが中盤でボールを持たれても最後はDF陣が踏ん張った。

 しかし、相変わらず追加点がとれない。後半は決定的なシーンがほとんどなかったが、ゴールに向かうシーンもあった。なによりコーナーやFKで得点がとれなかった。
 やはりそこら辺が課題だろう。セットプレーで点がとれないのはやはり致命的だ。

 逆に相手に危ないところでファウルをしてFKを許すシーンもあった。壁に当てたりふかしてくれたりしてくれたので助かったが来週ドームでは危ないところでファウルを犯さないようにしなければいけない。
 結果は前半とったナザリトの1ゴールを守りきったがもっと点がほしかった。

  伸二は前半の決定機にゴールをしてくれれば最高だったが。

 イナとのコンビネーションもあって面白かった。

 ただ、イナがやはりまだ回復していないような気がする。なかなか中盤でボールを奪えずにファウルをしてしまうシーンが多かった。

 それから大久保と櫛引が競り合う場面が多かった。櫛引も頑張って負けていなかった。しかし、パウロンがいるので来週はパウロン先発させてほしい。前兄では高さがない。

 横浜FCも主力メンバーをつぎ込んできた。来週はどんなメンバーになるか楽しみ

 しかし、来週勝たないと話にならない。とにかく来週勝て




     勝手に叱咤コンサ外伝

     孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:32 | 天皇杯 | コメント(2) | トラックバック(0)

2015年09月05日

ナザリトの1点を守りきって久しぶりJ2相手に勝利。

 なんとか勝った。前半のナザリトのゴールを守った。

 後半はたくさんFKやコーナーのチャンスがあったが追加点がとれなかったのは反省点。やはり1点ではこころもとない。もっと点をとって勝たなければ。

 前半は風上で攻撃。相手のボールをカットして、カウンターからチャンスをつくっていた。

 決定的なシーンはあまりなかったがずっとコンサペースだった。中盤でも粘り強くボールを奪い取り。マイボールにしていった。ボランチのイナや前弟のテクニックや体の強さが目立った。
 おしかったのは伸二のシュート。左サイドからクロスが入ってフリーでいた伸二がシュートしたものだったが、ゴールは空いていたので、蹴りこめばゴールの場面だった。
 しかし、概ねコンサノペースで推移


 得点は宮澤からのパスをいいところでナザリトが受けて相手をかわしてフリーになりゴールを右隅に入れたもの。見事だった。
 ナザリトはこれがあるから期待するサポーターも多いのだ
ろう。ナザリトが結果を出してホッとした。

 伸二とイナのパス交換も結構あった。ただ、そこからがなかなかつながらない。前線で宮澤が体を張るがボールをロストしてしまうシーンがあった。

 後半は風下

 横浜FCは攻めてきたが、決定的なシーンは1度くらいか。

 左サイドからクロスをいれられ、合わされたが枠を左に外してくれた。

 そして攻撃はボールを奪ってカウンター。そして相手に倒されるシーンが多かった。

 FKが多かった。しかし、そのFKのチャンスを生かせない。 

 相手に弾かれたり、マイボールにできなくて、シュートまでもっていけなかった。コーナーもあったがシュートまでいかず。

 やはりセットプレーからの攻撃は課題だろう。得点の臭いがしなかった。依然として課題だ。

  後半は相手にボールを持たれる場面が多かったが、決定的なシーンはほとんどなく、逃げ切った。

 最後は河合を入れて、最終ラインを強化す徹底ぶり。勝ちにいったシーンが見れてよかった。

 とにかく天皇杯はこれで3回戦に進出。おそらく鳥栖との対戦になるだろう。

 これからはJ1チームが相手。臆せず戦えばチャンスは巡ってくる。

 そして来週はまた横浜FCとの対戦。次は横浜FCは本気になって戦ってくるだろう。こちらも頑張って退けなくてはいけない。

 つぎが大事なリーグ戦。リーグ戦で勝たないと話にならない。つぎも勝利を
1441437675-008.JPG
1441437684-010.JPG
1441437700-012.JPG
1441437712-018.JPG
1441437725-020.JPG
1441437741-030.JPG
1441437753-031.JPG
1441437763-032.JPG
1441437781-036.JPG
1441437793-044.JPG
1441437807-046.JPG
1441437818-052.JPG
1441437830-056.JPG
1441437839-058.JPG
1441437847-060.JPG
     勝手に叱咤コンサ外伝      孔明ツイッター


posted by 孔明 |16:14 | 天皇杯 | コメント(3) | トラックバック(0)

2015年09月04日

天皇杯2回戦横浜FC戦の展望(いい加減にJ2のチームに勝て)

 明日の天皇杯2回戦横浜FC戦。

 対戦する横浜FCは天皇杯1回戦tonan前橋を3-0で破って2回戦に進出
 来週は12日(土)にリーグ戦で横浜FCとの対戦が予定されている。
  同じ相手に2週連続あたるのも珍しいが、2戦ともホームで別々の会場でやるものも珍しい。
  天皇杯はトーナメント戦。これに負ければ3回戦には進出できない。
 明日はホームでもあるし、来週のリーグ戦に向けて勝ちたい試合になる。
 横浜FCは現在リーグ戦では7連敗中。どん底状態。
  その相手に対してしっかり勝つことができるかどうか。
 
 横浜FCは天皇杯1回戦はtonan前橋と対戦。
 1点目はセットプレーから。佐藤謙介のゴール。2点目は松下の直接FKが入ったもの。3点目はアーリークロスから黒津のヘッド

 横浜FCのシステムは3-4-2-1
 
 サイドからの攻撃が活発で、サイドからクロスを上げでシュートまでもっていく攻撃が得意。中盤からのスルーパスも入れてくる。

  天皇杯の1回戦は横浜FCは主力メンバーが出てきた。この試合はどんなメンバーかわからない。もしかしたらサテライトメンバーで臨んで来る可能性もある。

 しかし、ここでは主力メンバーで臨んでくると予想。

 ワントップは黒津。黒津はスピードがあり、DFの裏をつく動きが得意。彼を視野に入れておかないと突破を許してしまうので要注意
 
 シャドーは内田。足元のテクニックがあり、クロスの精度も高い。ドリブルも仕掛けてくるのでしっかりと対応したい

 もう一人のシャドーは松下。攻撃の中心。FKのキッカーもつとめ、FKは過去何度もゴールネットを揺らしてきた。天皇杯1回戦でもFKから得点をした。この試合はペナ付近でのファウルは厳禁だ。

 右ウイングバックの市村は効果的な攻め上がりと、しつこいくらいのプレーが特徴。サイドからどんどん上がってくるので対応する選手は気をつけなければいけない。


左ウイングバックの永田は運動量があって、頑張れる選手。ハードワークで負けないようにしなければいけない。


 ボランチの佐藤はテクニックがあり運動量がある選手。好守の鍵と成る選手。この選手にはしっかりとプレスをかけていきたい。

  左ストッパーの中島はクロスが得意で正確な縦パスを持っている。特にクロスには要注意。試合では永田が上がって、左サイドバックのような位置で上がってくるだけにクロスを上げさせないようにしなければいけない。



 横浜FC予想スタメン、サブメンバー
         
            黒津  

            内田    松下
  永田                        市村

          佐藤  中里  

     中島   野上  森本   
 
         南

控え GK渋谷、DF楠元、石井 MF小池、FW大久保


  横浜FCはここまで調子が良くないが、天皇杯とあって気分を変えて臨んでくるはず。
難敵であるのは間違いない。
  横浜FCはセットプレーが強い。セットプレーには注意しなければならない。
  また、サイドからのクロスにも要注意。両サイドバックが攻撃的なだけに気をつけて対応したい。また、こちらが3バックなのでサイドは数的不利になる。いかにその不利を克服するか。
 いかにして勝つか。ホームなので積極的に前に出て、攻撃をかけていきたい。
 厚別のデーゲームでそんなに気温は上がらないはず。ハードワークをして相手の運動量をを上回ろう。 とにかくJ2のチームには12戦勝っていない。いい加減に勝たなければいけないだろう。


  コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝

  孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:24 | 天皇杯 | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年09月01日

天皇杯2回戦横浜FC戦はどう臨む?

  天皇杯1回戦に完勝したチーム。次は横浜FCとの対戦になる。
 横浜FCは天皇杯の1回戦はtonan前橋に3-0と完勝

 リーグ戦は7連敗中だが、なんとか連敗を止めて札幌に乗り込んでくる。
 その横浜FC戦はどんな戦術で臨むだろうか。

 システムは3-5-2のトップ下を置くことで変更はないだろう。

 2トップにしてからシュート数が増えている。

 横浜FCのシステムは3-4-2-1

 ほぼ同じシステムの対戦となる。


 コンサは控えメンバーで臨むのではないか。
 2週連続で横浜FCと当たるだけに、レギュラー陣を出さないと思う。

 次週のリーグ戦のことを考えたらやはりサブメンバーでいくだろう。

GKは杉山か。1回戦では1失点したが。失点は仕方なかっただろう。概ねよい働きをした。ソンユンということも考えられる。

 CBは若い進藤、永坂、パウロンでいくだろう。
進藤は1回戦得点もとった。まだ守備は危ういが、J2の攻撃陣にどう対応するか見たい。永坂は1回戦はほぼ無難な内容を見せたが、永坂もJ2の選手達をどう抑えるか見たい。

 パウロンはリーグ戦で横浜FCの大久保の高さを抑えなければいけない。天皇杯で大久保が出てくるかどうかはわからないが、高さと速さを見せてほしい。

 ボランチは前弟とニウド
前弟は1回戦で得点をとった。持ち前の体の強さを発揮してこの試合も活躍してほしい。ニウドは1回戦は相変わらず足下がおぼつかなかったが、運動量を上げて、特にセカンドボールを拾ってほしい。 

  右ウイングバックは上原。だいぶ絶好調時に戻ってきた。上原は試合を経る毎に調子が上がっていくタイプ。試合にどんどん出してほしい。調子を上げてリーグ戦に弾みをつけてほしい。

 左ウイングバックは神田か。神田は調子がよかった。神田の突破からチャンスをどんどん作って行ってほしい。

トップ下は中原。中原は1回戦は活躍した。得点こそなかったがアシストを2つした。
次の試合でも活躍してほしい。

トップは前俊とナザリト
前俊はさすがの動きを見せた。学生相手には次元の違うプレーを見せただけにこの試合でもレベルの高いプレーを見せてほしい。

ナザリトは敢えて先発させてほしいと思う。調子を上げるために試合慣れさせてほしいと思う。1回戦ではまったく試合に入り切れていなかったがこの試合はしっかり自分の特徴をいかしてプレーしてほしいと思う。

天皇杯2回戦横浜FC戦予想メンバー


     前俊    ナザリト

        中原

神田                             上原

              前弟 ニウド


    進藤  永坂      パウロン

                杉山


控え ソンユン、櫛引、前兄、伸二、古田

 横浜FCとはホームで2連戦。相手はどん底状態だが、リーグ戦の千葉戦をみるにどん底から抜けつつある。
 天皇杯だからといっても相手はリーグ戦に向けて勝ちたいだろうから全力で戦ってくるはず。こちらも全力で対応しなければいけない。
 厚別だから風も味方に引き寄せなければいけない。

 そしてそんなに暑くないはずなので、ハードワークをして、必ず勝たなければいけない。J
 リーグ相手には12戦勝っていない。勝ち癖をつける意味でも勝っておきたい。



     勝手に叱咤コンサ外伝

     孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:57 | 天皇杯 | コメント(2) | トラックバック(0)