スポンサーリンク

2019年12月31日

今年を振り返る8(シャドー、FW編)

 今年のFW、シャドーの3枚は主にジェイ、チャナ、武蔵だった。ジェイが怪我等の場合には武蔵をワントップにおいて、チャナとロペスがシャドーに入った。
 期待された岩崎はミシャ式に慣れず、先発はなかった。チャナが代表、もしくは怪我の時には荒野が入った。


 ジェイは今年は9ゴール。清水戦でハットトリックをした。高年齢による運動量が心配されたが、アバウトで上げたクロスも確実に相手CBに競り勝ちヘッドで得点を重ねた。また、前線でためを作れるので攻撃の連続性が保たれ、2次攻撃。3次攻撃がスムーズに行った。 
  今年も大活躍とは言えないが、自分の仕事を着実にこなしてアシストの面でもきっちりやってくれた。来年は怪我を少なくしてやってくれれば、順位をアップさせることができるだろう。



 武蔵は今シーズンは自己最高のシーズンだった。ゴール数も13とし日本代表に選ばれた。スペースに抜けるスピードは秀逸でそこから次々に点をとった。サイドからのクロスにも反応してヘッドでも点をとった。ジェイがいないときにはワントップを務めた。
しかしながら相手にひかれた時のボールキープがおろそかになったり疲労したときのトラップが雑になるなど課題も見えた。
  身体能力は抜群のものがあるのでもう少しテクニックをつければ日本代表でもエースになれる。来年はゴール数をもっとあげて日本代表の常連になってほしい。



 ロペスはドームでの清水戦の4ゴール。そしてフェンスを超えてドームに床に体を打ちつけたシーンが印象に残った。そのころはかなりゴールも量産したが、研究されるにつけなかなかゴールを奪えなくなった。
 強引に行くプレーと周りを使う判断をもう少し身に着けてほしい。素晴らしいドリブルと推進力があるのでもったいない。判断の速さと球離れの速さが身に付けば鬼に金棒だろう。

 

 チャナは今年は1月からほとんど休みが取れずに、かなり疲労が残ったシーズンだった。そのためか体にキレを欠き、昨年のような大活躍はできなかった。そうかと言ってもチャナを中心にボールは回っていき、チームに貢献したことは、間違いない。
 チャナ曰く今年は昨年までの起点が2つ(チャナと三好)ではなく起点が1つになったので集中的に狙われてあまりうまくいかなかったそうなので、来年はもっとチャナを有効に利用できるよう、マークを分散させたい。
 チャナの得意であるキープ力やボールを運ぶ能力は一級品なのでチームはここを有効活用したい。

 岩崎は期待されて鳴り物入りで移籍したが、正直期待外れに終わった。なかなかミシャ式を習得できなかったことと、プレースタイルがあまりあわなかったことからだろう。
 ルヴァンでも結果が出なかったので、悔しい思いをしたのではないか。
 スピードやキレがあってゴール前に入っていく動きがいいが、どうしても約束事がうまくす消化できなかった印象だ。
 来年は湘南へのレンタルが決まった。湘南の方が今の岩崎のプレースタイルを生かせるはず。東京五輪を目標に移籍するのだから開幕から懸命に戦って結果を積み重ねて五輪に行ってほしい。

 

 ふじれんはこの1年で成長した選手。ルヴァンや天皇杯で着実に実績を上げてリーグ戦でもベンチに入り1試合だが途中出場した。前線での突破力、ボールキープ力のいずれも向上した。来年はルヴァンカップに出場しつつ、リーグ戦にも割って入れるよう頑張ってほしい。

 

 檀崎はルヴァンカップで得点をして大いに期待され、リーグ戦にも2試合途中出場したが、シーズン後半、壁にぶち当たり、ストロングポイントでもある思い切りのよいプレーが影を潜めた。ミスを恐れ、プレーーが縮こまったように思えた。今年の前半のような思い切りの良いプレーを思い出してほしい。来年こそ伸びてほしい選手の1人だ。


   金子は特別指定選手としてルバンカップやリーグ戦に出場した。人生初のボランチも経験した。主なポジションはシャドーかサイドだろう。突破力があってパスの精度が高い選手。来年は即戦力選手として活躍してくれるはず。
 プロの経験もかなりしたのでルーキーだけど落ち着いてプレーしてほしい。



今年のエントリーはこれで終わりになります。

 2019年はミシャの2年目で「新しい景色」をたくさん見ました。
  しかし、それゆえに新たな課題も出た年でもありました。
 来年は、目標であるACL出場を目指して戦っていかなければいけません。
  来年はタイトルをとることとリーグ戦でACLをとれるように頑張ってほしいと思います。
 今年は当ブログに訪れていただきましてありがとうございました。


 皆様良いお年を。


     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

   

posted by 孔明 |16:57 | 今年を振り返る | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年12月28日

今年を振り返る7(ウイングバック編)

 ウイングバックは序盤は右はルーカス、左は菅だった。途中で右に白井が入って覚醒。
右からの攻撃が活性化した。
 左は終始菅がポジションをとって、福森の上がりに対応していた。
 ルーカスは終盤再びポジションを奪取して、攻撃にアクセントを加えていた。


※評価 ルーカス(慣れない中、よく頑張ってくれました。)白井(よく頑張りました。)
菅(日本代表おめでとう。よく頑張りました。)、早坂(出番が少なくなっても頑張ってくれました。)、中野(もう少し頑張りましょう。)

 ルーカスはそのドリブルのキレ、クロスの精度、どれも一級品だった。右サイドでボールを受けると1対1は必ず仕掛け相手を抜き去り、クロスまで行くというウイングバックのお手本のような選手。しかし、これまでウインバックをやったことがないというのがまた、驚きだった。ただ、シーズンが半ばになるとだいぶ研究されてきて、白井にとってかわられた。しかし、途中からでも出場して流れを変える切り札としても有効だった。
 今はレンタルだが、当然完全移籍をするようにチームは働きかけをしている。

 白井はシーズン途中から右ウイングバックのポジションを奪った。とにかくキレキレで名だたる相手の左サイドをけちょんけちょんにして突破する動きは爽快だった。
  左が主戦場と思っていたが右でも素晴らしい動きができるということがわかったのが大きい。日本代表の声もかかるか?と思わせたが、白井もシーズン途中から複数で対応されるなど研究されて、あまり突破ができなくなった。
 来年はこの壁を破らなければいけない。個人だけではなくチームとしても白井を生かす方法を考えなければいけない。 

 

 は今年も左サイドを任せられた。リーグ戦では得点こそなかったが、福森の上がったスペースをよくカバーして、自ら行くところは行って攻撃を仕掛けていた。
 相手を抜け切る前のアーリークロスは武器になった。
 またルヴァンカップの決勝でのゴールはチームを勢いづかせた。
 初めて日本代表に選ばれてゴールまで決めた。とても印象深い年になっただろう。
 ただ、課題もやはりあって、もっと単独で勝負に行かないと、相手に脅威を与えられない。
 また、守備ももっとできるはず。中に入ってくる相手に厳しく寄せて自由に相手をさせないようにしてほしい。
 しかし、何にもまして良い年であったことは確か。課題を克服して来年はもっと活躍してほしい。


 早坂は前半戦は、今年もポリバレントに使われた。右ウイングバックでは安定した攻守を見せてくれた。ただ、ルーカスと白井という攻撃に特徴がある選手が起用されため、右ウイングバックではなかなか起用されず。
 ルヴァンカップでCBなどをやってチームに貢献した。
 後半はなかなか出番がなかったが、何かあったら早坂がいるというベンチに安心感を与えてくれていた。来年はもっと出場できるように頑張ってほしい。 

 
 中野はウイングバックの控えとして試合途中からの出場がほとんどだった。
サイドでは積極的に仕掛けることもあったが、多分に緩急をつけるそのプレースタイルからサイドではやや消極的な仕掛けを批判されることもあった。
 ただ、独特のリズムで相手を抜け去るプレーは素晴らしくもっとやってほしかった。
ボランチの駒不足からボランチも挑戦して、良い動きをしていたのが新たな発見だった。プレッシャーが少ない分思い切りプレー出来て、自由にできる分、ボランチの方がいいのではとも思わせるプレーぶりだった。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |17:25 | 今年を振り返る | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年12月27日

今年を振り返る6(ボランチ編)

 ボランチは主に宮澤と深井が組んでいたが、宮澤のけがや宮澤がスイーパーに入っているときには荒野と深井とのコンビだった。このコンビは両方とも「潰し屋タイプ」なのであまり連係がよくなかったが、何度も組むことで徐々にスムーズになっていった。
  ただ、宮澤のようにキープ力があって持ち出せる選手が1枚ほしかったところ。駒井が該当するが度重なる怪我であまり出場できなかったのが誤算だったろう。

※評価 宮澤(よく頑張りました。)、深井(よく頑張りました。)、荒野(もう少しできるはず。頑張りましょう。)、伸二(琉球で輝いて)、駒井(来年に期待。)中原(頑張らないと忘れられるよ。)、高嶺(来年期待してるよ。)



 宮澤は今年もキャプテンだった。中盤でボールを出しどころとなり、また、バランスを考えてうまくポジショニングをしていた。セカンドボールもうまく奪って2次攻撃3次攻撃につなげていた。危ないところには必ず宮澤がいて、しっかりカバーをしていた
  シーズン終盤にはスイーパーもやっていたが、うまくこなしていた。
 今年も存在感を見せつけてくれた。たらればだがルヴァンカップの決勝戦にいてくれたなら違った結果になっていたに違いない。



 深井は今年も大けがはなかった。中盤でのボールを奪取する動きはさすがのものがあり、何度もピンチを潰してくれていた。
 そしてルヴァンカップの決勝戦の後半のロスタイムの同点ヘッドはなによりサポーターのなかでは今年1番印象に残ったシーンだったろう。その後もリーグ戦でヘッドで点をとり、新境地を開拓した。
 1年通じて試合に出続けたおかげで、深井本来のプレーを取り戻しつつあり、無双状態になるのもそう時間はかからないと思う。
 課題はやはりパスの精度。もう少し上げていかないと日本代表は難しいかもしれない。 とにかく焦らず自分のプレーをし続けることだ。
 

 荒野は今年も「良い荒野」と「悪い荒野」の姿が見え隠れしたいたが、「良い荒野」の方が多く出ていた。心配していた深井とのコンビネーションも良好になり。渇望していたJ1初ゴールも記録した。チーム方針でシャドーをやることもあったが、ここ最近プレーしていないせいかどこかぎこちなく見えた。
 やはりボランチは最適なポジションだろう。
 来年は駒井も復帰してくるし、田中駿汰や高嶺も入ってくる。先輩として苦手なパスを克服しなければ、ポジションを取ることはできないだろう。
 ミシャはチャレンジすパスは認めてくれるだろうが、やはり正確なプレーの方がいい。
来年は日本代表目指して頑張ってほしい。

  伸二は今年は開幕から調子が良かったが、もっぱらルヴァンカップに出場した。さすがの違いを見せてくれて、リーグ戦での出場も期待されたが、夏の移籍で琉球に。
 琉球ではレギュラーをとったが怪我で終盤出場できなかった。しかし、琉球と契約更改したので、来年も琉球で頑張ってほしい。

 

 駒井は今年はボランチにポジションチェンジして期待されたが、大怪我で前半戦は出場できなかった。怪我が治ってエンジンがかかリ始めたかと思った矢先、また怪我をして後半戦を棒に振ってしまった。しかし、けがはすでに完治しており、シーズン当初から復活が期待される。
 駒井の復活はまるまる補強と同じなので戦力アップが期待される。ボランチにはボールを運べる視野の広い選手が少ないので駒井にかかる期待は大きい。

 

 中原は長崎での活躍から期待されたが、ルヴァンカップでは周りとの連携が合わず。リーグ戦でもなかなか出場できずに夏に仙台に移籍した。
 仙台では期待されて出場したが初戦で良いパフォーマンスを出せずにその後の出場はなかった。誰しも相性が良い戦術というのはあると思うので、ミシャ式や渡邊監督の仙台の戦術は合わなかったのかもしれない。来年はどこでプレーするのかはわからないがしっかり相性の良さを考えてよいチームでやってほしい。

 高嶺は今年は特別指定選手としてルヴァンカップに出場しただけだが、戦術になれないのかあまり目立った活躍はなかった。もっとも出場時間も短かったので評価できるものもないが、大学NO.1ボランチと呼ばれていたので、その実力を来年見せてほしい。大卒なので即戦力と周りは見るはず。試合になると人が変わるそうなので、どんどん厳しいプレーをして違いを見せてほしい




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |20:00 | 今年を振り返る | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年12月25日

今年を振り返る5(CB編)

 CBはシーズン通して福森、ミンテ、進藤で固定されていた。ただ、終盤はミンテの代わりに宮澤が入ることもあったが、多分に相手あってのことだった。
  ミシャサッカーでは最後は相手と1対1になることが多かったが最後はミンテが防いでいた印象が強い。また、福森や「なぜそこに進藤」と言われるように進藤が前線に上がって点を取ることもたびたびだった。

 ※評価 福森(素晴らしかったけどもっと守備に頑張りましょう)、ミンテ(よく頑張りました。)、進藤(よく頑張りました。)
  直樹(もう少し頑張りましょう。)、濱(もっと頑張りましょう。)、中村(頑張らないと忘れられるよ。)

 福森は守備はさほど向上したとは言えないが、今年は特に攻撃が凄かった。セットプレーのキッカーでアシストを多く記録したり、FKでゴールを何本も決めたり。特にルヴァンカップの決勝戦では一時リードするゴールをFKで決めた。このように攻撃での寄与が認められてJリーグ優秀選手に選ばれた。という本人にとってはよい年だったろう。あとは日本代表に選ばれればというところまできた。
 福森からのロングボールやサイドチェンジ、クロスはチームの確固とした戦術になっていた。
  福森なくしてはチームの攻撃はなかなかうまくいかなかっただろう。それだけ攻撃に関与していた。
  福森はやはり守備が課題。高さはさほど競り負けることもないので、あとはどうやって危険な場所に素早く行ってカバーするか。よく言われたシーンはルヴァンカップの決勝で後半に失点したシーンで小林へのパスを黙ってみて、寄せなかったこと。こういうことを
やるとやはり守備ダメと言われる。
  もっと守備の意識を高くしないとダメだろう。

 ミンテは今年もスイーパーのポジションで起用された。ビルドアップが比較的得意で、対人の強さもあるのでシーズン序盤からスイーパーに起用され続けた。1対1での強さがあって、危険察知能力もあって何度も決定的なピンチを止めてくれた。
 不用意なイエローは減って安定感が増した。サポーターをあおる姿も様になってきた。サポーターからは韓国代表の声もあったが、今年は選ばれなかった。
 ミンテはコンサの守備の砦として活躍してくれた。来年も同じようなパフォーマンスを期待したい。

 進藤は今年は守備に攻撃に活躍した。特にCBとして6ゴールは素晴らしかった。
攻撃の選手ではないのに、バイシクルをいきなり打ってゴールしたり、「なぜそこに進藤」と言われるように前線にいてゴールを決めたこともあった。また、得意のヘッドでのゴールも量産した。
 守備では早々にイエロー3枚をもらってDFの強度が落ちたと言うことも言われたが、
カウンターを受けやすいミシャ式のなかで良く踏ん張っていたと思う。
 ただ、もう少し1対1に磨きをかけて、サイドから簡単にクロスを上げさせないようにしなければいけない。
  来年はマークも厳しくなる。もっと1段階上のプレーをしなければいけない。

 

 直樹は今年もWBと併用された。守備固めにWBに起用されることも多かった。今シーズンは福森が欠場の際に1ゴールした、また、スイーパ-や左WBに入って守備を引き締めることもやっていた。
 途中怪我をしてチームに加われないこともあったが、控えでも直樹がいるといないではやはり安心感が違っていた。

 

 はキャンプで一番成長した選手と言われ、期待したが、リーグ戦には出場できなかった。ルヴァンカップや天皇杯では右CBやスイーパーとして頑張っていたが、もっと成長を示すような結果がほしかった。失点に直結するような守備が多かったのではやはり厳しい。彼に足りないのは進藤のような図々しさ。図太さだ。もっと自分に自信をもってプレーしてほしい。彼はできるはずだ。


 中村は高卒ルーキーとしてルヴァンカップや天皇杯に出場したがあまり活躍できなかった。前年の2種登録でのルヴァンカップの勢いはまったく感じられなかっった。そこで夏に天皇杯でゴールしたホンダFCにレンタル移籍した。ただ、ホンダでもレギュラーは取れなかったので、もう1年ホンダで頑張るそうだ。来年こそ活躍して凱旋してほしい。





    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |20:15 | 今年を振り返る | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年12月24日

今年を振り返る4(チームの人件費)

 今年のチームの人件費は約18億円。

 しかし、2016年の7億、2017年の12億、2018年の15億に比べると
右肩上がりにかなり上がってきた。
 それでも2018年の横浜FMの23億円や鹿島の31億円に比べればかなり落ちる。


 来年は20億円にしたいが、東京五輪でドームを使用することで使用回数の不足がありかなり難しいと思う。大口のスポンサーがついてくれればいいのだが。

 チームは既存の選手の契約更改が基本だが、代表選出などでかなり年俸が上がって、既存の戦力を維持するだけでかなり厳しいとなれば、補強なしもいたし方なしかもしれない。

 ただ、ロッペンを取ろうとしたことは間違いなかった。NHKのインタビューで三上GMが言っていたが、一時はロッペンが札幌にくるか引退するかで迷っていたらしい。

 結局引退を選んだが、海外の大物を取りたいという意思はノノ社長が持っているのもので、
 一時期ダビド・シルバを取るという話がマスコミに出たが、これはスカパーJリーグラボで代理人のツアーでダビド・シルバの代理人が札幌を訪れることがあり、1度会ったということを言ってた。

 はたしてどうなるか注目だが、人件費が18臆しかないなかでいったいそんな大物を取れるのか?という疑問もある。そこは大物選手に個人的につくスポンサーがあって、コンサにいる間が年俸等払ってくれるという約束になっているとしか思えない。
  ノノ社長はコンサの経営がよくなるのは2021年からと言っていた。そのときにはドームの使用回数もかなり増えるだろうし、大口のスポンサーもかなりついてくれるのではないかと思う。
  とにかく来年までは我慢の年だ。人件費を急激に上げられる大口スポンサーが出てくれればと切に願っている。

  




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |20:19 | 今年を振り返る | コメント(4) | トラックバック(0)

2019年12月23日

今年を振り返る3(GK編)

GK陣は昨年と同じく、菅野、ソンユン、阿波加の3人体制だった。
リーグ戦はソンユンが代表がえりで疲労を考え1試合を除き出場。菅野はリーグ戦1試合ルヴァンカップ、天皇杯に出場だった。阿波加は公式戦出場はなかった。

 ※評価 ソンユンは(まだ頑張れる)、菅野(よく頑張った)、阿波加(もっと頑張れる) 

 ソンユンは今年も活躍した。特に前半戦はかなりソンユンの力を借りた。
 ソンユンの好セーブで何度もピンチを救ってもらった。
また韓国フル代表に選ばれて、チームを留守にすることも多く、帰ってくると明らかに疲労している状態でリーグ戦の1試合は菅野に譲った。
  ソンユンは前半だけならベストイレブンに選ばれてもおかしくはなかったが、やはり代表選出でリズムが崩れたのだろう。後半戦はあまり調子がよくなかった。アウェイの横浜FM戦ではビルドアップのボールを狙われた。対戦相手はそこをかなり狙ってきた。
 課題は代表後のパフォーマンスを維持することだろう。
 ソンユンは報道によると兵役があって来年限りだそう。ぜひソンユンがいる間にタイトルをとりたいと思う。

 菅野はリーグ戦1試合出場した。負けたが内容はよかったし、ルヴァンカップでもビックセーブを連発した。菅野のもつ俊敏さやセーブ力を見せてくれた。菅野のおかげでルヴァンカップの決勝にいけたということも過言ではないだろう。
  リーグ戦ではベンチをまとめ、チームを鼓舞する応援団長のような立場だった、
 今年も誰かがゴールを決めればベンチから率先して飛び出して祝福にいくし、ハーフタイムや試合終了時には、選手達にかけより、勇気を与えた。
 菅野がチームにもたらしたものは大きい。これだけでも価値があった。

 阿波加は今年も公式戦は1試合も出場できなかった。もっはら練習試合だけ出た。なかなか、ソンユンと菅野の厚い壁を乗り越えられなかった。今年はやはりソンユンと菅野がいるだけに難しい年にはなった。今年も地道に練習して練習試合に出場するしかなかったが、チャンスは必ずあるはず。
 来年こそ今年ルヴァンカップやリーグ戦に出場したい。 
 阿波加は持っているポテンシャルは高い。来年も同じ体制だと思うが2人から吸収してレベルの高い選手になってほしい。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:29 | 今年を振り返る | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年12月17日

今年を振り返る2 戦術編(サイドチェンジ、ロングカウンターが増えた。)

 ミシャサッカー2年目

 GKからボールをつないでしっかりビルドアップして相手を崩していくサッカーをより進めることができてきた。

 両ウイングバックが高い位置をとってボランチが1枚下がり、後ろは4バックになって、パスをつなげて行くのが主。また、ボランチが2枚下がって5バックになって前線に5枚並べることもあった。もはやこれらの形がコンサの形と言えるようになってきた。

  さらにサイドチェンジを多用し、大きな展開を仕掛け、ウイングバックからの仕掛けでて一気に相手の守備の薄いところをついていくことが徹底された。

 ロングボールも多くなった。

 福森が武蔵を走らせて一気にシュートまでもっていく。

 武蔵が前線に入ったことで、よりカウンターが増えた。

  しかし、相手からもかなり研究された。

 GKからのビルドアップを狙われて、強烈なプレスをかけてくるチームも多くあったし、これをはがすのにもまだ結構苦戦していた。これを奪われ失点したこともあった。

 また、相手に引いて守られることも多くなってきた。

 これに対しては、ロングボールやできるだけ大きな展開で攻撃しようとするが、そればかりではうまくいかず、どうしても遅攻になったが、まだアイデア不足で相手を崩しきれない試合が多かった。

 ただ、ワンタッチプレーで相手を崩す形も増えて、動きがより、システマテックになってきた。

  チャナが中盤に下がってボールを受けて、そこからの展開が増えた。  

 セットプレーの得点もより増えた。
 フリーキックもそうだが、コーナーからの得点が増えた。

 福森の正確なキックがこれをもたらしたが、ニアに入っていってすらせてゴールしたり。
 ファーに蹴ってマークを外し、そのままヘッドなど戦術もより細かくなって結果を出した。

 だが、逆にコーナーからの失点も多かった。

 マンツーマンで守るが、どうしてもボールウオッチャーになったことで、相手の動きについていけなかったことも多くなっていた。

  前線に人数をかけるため守備では相手にボールをとられたら、すぐ戻るが3バックの両方が上がっていることも多いため、相手カウンターの時には最後はミンテ1人となってどうしても1対1の守備になってしまうことがあった。

 ミシャ2年目は戦術もより徹底されていったが、相手に研究されることも多くなっていた。

 攻撃の起点が主に福森なので、福森が個人的に狙わることも多くなってきた。

 
 福森にあえてプレスを厳しくしたり、福森の裏を徹底的に狙ってきたり。

  失点は昨年とほぼ変わらない。

 ミシャは3年目は守備を立て直すことを明言しているので、いかに得点を増やして失点を減らすかが課題となりそうだ。

 この方法はやはり積極的な守備。前からボールを奪ってマイボールの時間を長くすることだろう。3年目ミシャ式がどう進化するか。楽しみである。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |21:00 | 今年を振り返る | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年12月13日

今年を振り返る1(今シーズンは層の薄さを露呈した。)

 リーグ戦は今年もおなじみの開幕戦に敗戦。

 しかし、次のアウェイの浦和戦に完勝。

 そして久しく勝てていなかったホーム開幕戦に勝ったことが昨年よりも変わり。
これで勢いに乗ったかに見えたがホームで鹿島と大分に連敗してしまい躍進はできなかった。

 そのあとは4連勝して5位になったのが最高位。このまま行くかと思いきや

 3戦連続無得点をして勝てなくなった。

 それでも勝ったり負けたりを繰り返し、清水戦には8-0という記録に残る大勝もあった。
だが、そのあと代表帰りの選手の疲労やルヴァンカップに勝ち上がるために主力を使ったことでチーム全体に疲労感が増し、仙台に連敗するなど、後半戦は低迷。順位をなかなか上げることができずに、10位でフィニッシュした。
 
 まずは今年は、ルヴァンカップの決勝戦に進出してあと一歩のところで優勝を逃したのが大きなニュース。また武蔵や菅、進藤がフル代表に選ばれたことも大きな話題になった。

  リーグ戦は10位と昨年の4位から大きく後退したが、得点数では昨年を上回り、攻撃サッカーがすっかり馴染んできた。

 ただ、やはり、各国代表を抱えることで、代表選手を送り出し、満足な戦術練習ができなかったこと、また、夏の補強を一切せずに、メンバーが変わらなかったこと。疲労感をもった代表選手をすぐ試合に使わざるを得なかったこと。ルヴァンカップを勝ち上がってことで、主力を投入し、チーム全体に疲労感が増したことが、この成績につながったのだろうと思う。



 新しい景色を見た分、そのしわ寄せが来たというところだろうか。

 やはり代表選手も出してルヴァンや、天皇杯も勝ってとなると層の厚さが必要だ。

 補強がまず1番に必要だと思うが、補強は基本的にしないという方針だそうなので、(この考えには納得できないが)現有の選手を鍛えるしかないだろう。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |20:08 | 今年を振り返る | コメント(5) | トラックバック(0)

2018年12月31日

今年を振り返る7(シャドー、FW編)

 今年はワントップにジェイ、シャドーにチャナと三好というパターンが多かった。また、三好に代わって都倉が入るパターンもあった。都倉はジェイが欠場の際はトップに入って攻撃を統率した。



 ジェイは今季は9ゴールとストライカーとしては物足りない数字だった。しかしミシャ式がフィットして、アシストが5とチームプレーに徹した。怪我で戦列を離れることもあったが、出場したときにはゴールやアシストなど必ずなんからの貢献をしていた。やはりチームにはなくてはならない存在だった。高さがあって懐が広くボールが収まるので、周りは安心して上がることができる。今年は大活躍とまでは言えないが、しっかり結果を出した選手だろう。


 チャナは今年さらに能力を伸ばした。シュートの意識が低かったが駒井に試合中、ミシャには練習から厳しく指導された。そして8ゴールを記録した。持ち前のドリブルは相変わらず切れていたし、体格のよい相手にも低い重心で突破していき容易には倒れなかった。もはやチームのエースと呼んでいいだろう。ドームMVP、Jリーグのベストイレブンにふさわしい活躍ぶりだった。来年から完全移籍になり、益々の活躍が期待される。



 三好は世代別代表でキャンプに合流する時期が遅れたが、ミシャ式にはほどなく慣れて、右シャドーの位置確保した。
 ボールを後ろ向きに受けてからの素早いターンで前を向き、狭いところを突破していく、三好にボールが入れば必ず前を向いて仕掛けてくれるという安心感があった。
得点はなかなかとれなかったが、鳥栖戦でゴールしてから吹っ切れたように頑張っていた。4位という順位も三好がいなかったらかなわなかっただろう。来年横浜FMへレンタルでいくが、レギュラーをとれるとは限らないし、自分の思うようなポジションではないかもしれないが、それは自分が選んだ道でもあるので、懸命に戦ってほしい。


 都倉は今季J1自己新の12ゴールを記録した。先発はジェイや三好がいないときに入るのみで不満はたまったと思うが、後半に点をとれること、ロスタイムには5ゴールもしたことは本当に素晴らしい。勝負強さでは都倉が群を抜いていた、
ミシャ式にも慣れて、少しばかりテクニックも向上したが、来期はC大阪に行くことになった。サポーターの間ではかなり辛辣な声も聞こえたが、短いサッカー人生だから自分の思った道を進んでよかったのではないかと思う。
 C大阪でもレギュラーをとれるかどうかわからないが、コンサ戦以外で活躍してほしい。いずれは札幌で何かをやるかもしれないが、その時にはコンサにかかわる仕事をしてほしい。


 内村はリーグ戦はターンオーバーをしたアウェイの鳥栖戦1試合だったが、途中で怪我をしてしまい、離脱するなど、運にも見放されていた。カップ戦でゴールはとったが、怪我もあってなかなか活躍できなかった。
ミシャにはあまり使われなかったが、過去の昇格の立役者。他のチームでは活躍する可能性は十分にある。
 まだまだふける年ではないだろう。
 「打てば入る」状態にはならないにしても、ゴールを量産できる自信はあるはず。
 サポーターは早くチームを見言いつけてほしいと願っているはずだ。

 宮吉は柏戦での同点ゴールが一番記憶に残る活躍だった。本人はワントップをやりたかったらしいが、チーム事情でシャドーやはたまたWBをやらされた。
 さすがにWBは宮吉のプレ-スタイルにあわなかった。
 宮の沢では新宮の沢の帝王として練習試合で毎試合のように得点をとって期待させてくれた。しかし、リーグ戦ではシャドー等のポジションだったこともあるのだろうが力を発揮できなかった。京都への移籍が決まった。まだ宮吉は若いのでプレーする時間も多くあるだろう。自分の意志を貫いて我がままでもいいから思い切りプレーしてほしい。

 ヘイスはリーグ戦は4試合しか出場できなかった。ミシャ式に適応すると思ったが、なかなか出場の機会がなかった。運動量不足といったことが、ミシャには届かなかったか。夏に欧州に移籍するという話があったが、移籍できず新潟に移籍。しかし試合には出場できなかった。J1昇格、残留の立役者だっただけに、残念だが、次のチームで頑張ってほしい。


 ジュリーニョはミシャ式に適応できず、今シーズンはなかなか試合に出られなかったが、ターンオーバーしたアウェイの鳥栖戦で同点、逆転のゴールを決めたのが思い出深い。しかし、夏の移籍で山口でプレー。主力として活躍したが怪我で終盤戦は出られなかった。今季で契約満了になったが、ヘイスと同じくJ1昇格の立役者だっただけに残念。次のチームでもテクニックをいかして活躍してほしい。
}
 ふじれんはルーキーシーズンでリーグ戦の出場はなかった。もっぱらルヴァンカップに出場したがポジションはチーム事情によりボランチが主だった。しかし、ルヴァンカップでキッカーをつとめるなど、経験を深めた。また、試合ではドリブル突破などキラリと光るプレーもあった。
 とにかくプレーの正確性、大胆さを前面に出して頑張ってほしい。

 今年のエントリーはこれで終わりになります。

 2018年コンサはミシャの下で「新しい景色」を見ました。
 しかし、これで終わりではありません。今年以上の「新しい景色」
を見なければいけません。来年以降が楽しみです。

 今年は当ブログに訪れていただきましてありがとうございした。

 

 来年も精一杯コンサに関して当ブログで発信していきたいと思います。
 来年もよろしくお願いします。



      勝手に叱咤コンサ外伝
                           
        孔明ツイッター   
 

posted by 孔明 |19:25 | 今年を振り返る | コメント(2) | トラックバック(0)

2018年12月30日

今年を振り返る6(WB編)

 ウイングバックは右は駒井、左は菅が基本だった。駒井がセンターに入って早坂が起用されたこともあったし、菅の代わりに白井が起用されたこともあった。
 ただ、終盤戦菅の所で高さのミスマッチを狙われて失点を重ねたということがあった。

 駒井はミシャの戦術を唯一経験している選手としてキャンプから他の選手にも重宝された。チームとしても駒井の存在は不可欠で、今シーズンは彼の欠場時には1度も勝てなかった。
 駒井のドリブルでの突破力、足元の技術は共に素晴らしく、クロスの精度も高かった。 来年はセンターに入るということでチームとも一致しており、ボランチまたはシャドーでの活躍が見られるだろう。

 はミシャにとにかく試合に使われたことで、シーズン当初よりもうまくなってきた。突破力や、クロスの精度も上がったと思う。ただ、まだまだ、もっとやれると思う。簡単にアーリークロスを入れすぎだし、もっと深い位置までえぐってほしい。
 守備も改善の余地があるだろう。上背がないのは仕方ないが、中に入ってくる相手に厳しく競り合うことをしなければ失点につながってしまう。
 来年は強力なライバルが増えるが、自分の特徴を生かして、頑張ってほしい。

 早坂はポリバレントに使われた。主には右ウイングバックだったが、CBでもプレーしてプレーの幅を広げた。
 ウイングバックでは再三上下動を繰り返し、汗かき役に徹していた。またシャドーでも運動量を生かしたプレーをしていた。
  控えに早坂がいればかなり便利だった。彼のような選手がいてくれれば監督として非常に楽だろう。

 白井はFC東京戦で同点のゴールをあげたのが一番印象に残った。そこから左サイドは白井がレギュラーをとるかと思ったが、菅に再びレギュラーを奪われた。
 白井の良さは思い切ったプレ-。ドリブルや中に切れ込む動きが秀逸だ。
 ただし、スペースがなければなかなか良さは発揮されない。
 白井は左サイドでその良さが発揮される。右サイドでは良さが何割か減になる。
  来年は左専門で使ってほしいと思う。

  雄大はリーグ戦にはリーグ戦には出場できなかった。ベンチ入りも1試合のみと不本意なシーズンだったろう。主にルヴァンカップに出場したが、あまり目立った活躍はできなかった。練習試合ではCBもやっていて、プレーの幅を広げたが、なかなか思うようなプレーができなかったかもしれない。
 しかし、雄大はプレー以外でチームに貢献した。チームを鼓舞し,アウェイに出かける選手たちのバスが宮の沢からの出発する際の誘導と見送りのエールを送り、サポーターの歓声と拍手を浴びていた。
   契約満了になり、J3の秋田に行くことが決定したが、秋田でもハードな運動量で頑張ってほしい。




    勝手に叱咤コンサ外伝
                           
        孔明ツイッター   

posted by 孔明 |22:07 | 今年を振り返る | コメント(2) | トラックバック(0)