スポンサーリンク

2021年10月15日

横浜FM戦展望(前からどんどん行ってボールを奪ってゴールを重ね勝利しよう。)

明日はアウェイ横浜FM戦

  前節のG大阪戦は喪章をつけて臨んだこともあり、モチベーションが高く、プレスを厳しくしてこぼれ球から駒井が先制点をとって、次々とチャンスをつくり加点。後半は1失点したがトータル5-1で久々の大勝だった。

 この試合は連続してアウェイとなるが、横浜FMは優勝争いをしているチーム。また、ホームでモチベーションも高いだろう。かなり厳しい戦いになるが、こちらもモチベーションを高くして勝利を得たい。ここまで試合になるたび、圧倒的にボールを持って勝ち点が伸びないチームはないだろう。

 G大阪戦で爆発したとしてもそれはだった1試合のこと。これを継続しないとダメだろう。

  横浜FMはここまで勝ち点を重ね、一時は首位川崎Fに勝ち点1差まで迫ったが、CBの畠中が長期離脱の大けがをして、失点が増加。ここ5試合で2勝1分け1敗と調子はいまいち。前節の湘南戦も後半点をとって勝ったとは言え、前半はほとんんど何もできない状態だった。調子はあまりよくない。

 しかし、そうかと言って個の力があるチーム。一瞬のスピードで打開してくる力は十分
 かなりの難敵だろう。

  横浜FMのシステムは4-2-3-1

  パスを素早く回してDFの裏を狙って前線が走り出しシュートまでもってくる。

 とにかくテンポのいい攻撃が得意。スピードのある選手が多く、一瞬の選択が早い選手が多い。

  ただ、最近の練習ではワンボランチで2人のインサイドハーフを置く形も試しているらしい。もしかしたら最初からそのような布陣で臨んでくるか、途中でやってくるか。
 

              横浜FM予想メンバー

 
                           9レオセアラ  

 38前田                         23仲川

                       10マルコスジュニオール
                                                               
 
                     6扇原          26渡辺

                                 
5ティラートン    24岩田   13チアゴマルチンス  25小池   

                             1 高丘

  控え GK21梶川、DF19實藤、27松原、MF8喜田、18水沼、FW7エウベル、41杉本

   横浜FMの攻撃はとにかくテンポがいい。前を向かせたらワンタッチでボールをつないでサイドからシュートを狙ってくる。

  こちらはいつものようにマンツーマンDFだろう。当然横浜FMはワンタッチでパスを回してマンツーマンをはがしにくる。これをいかにさせないかがポイント。

  厳しく行くところは厳しくいかないとはがされて危ないシーンになってしまう。 

 横浜FMは足の早い前田と仲川がサイドから走ってDFの裏をとってこようとする。

 特にDFの裏を前田がとってくる動きには要注意。前田に向けてパスを出してくるのでまずはパスを出させないように 厳しくプレスをかけなければいけない。

 サイドの攻防がポイント。個の強い前田と仲川がどんどん仕掛けて来るので、後追いにならないようにしっかり守りたい。
 
 攻撃していても2人のカウンターがあるだけに、簡単に彼らにパスを出させないようにしなければいけないだろう。

 横浜FMのカウンターには要注意。まずはカウンターをさせないようにボールを奪われたらすぐ奪い返してほしい。

 横浜FMのコーナーには十分に気を付けたい。

 コーナーは俗にいうトレイン(列車のように縦に並びキッカーがキックをすれば散らばって前に出てくる。)を仕掛けてくるので相手にしっかりとついていきたい。

 こちらの予想メンバーは以下のとおり


                    小柏

            チャナ            金子

菅                                   ルーカス

               高嶺         駒井           

            福森     駿汰        柳

                      菅野

  控え 小次郎、深井、荒野、青木、ドド、ミラン、ジェイ

 試合の入りをしっかりして先に失点しないように十分に気を付けたい。

  いつものように先制点が重要だ。

 先制点をとれるかどうか。

 ボールはある程度握れると思うので前半、是が非でも点をとりたい。

  いつものように狙いは当然、カウンター。
 
 マンツーマンでボールを奪ってそこから素早い攻めてシュートまで行きたい。

 また、相手はDFラインが高いのでその裏へ小柏やチャナ、金子を走らせていきたい。

 そしてサイドの攻防は重要なポイント

 相手のサイドのスピードが速いのでここをいかに抑えるか

 ただ、抑えようと思って守備的ではやられるだけ

 前から行ってできるだけサイドにパスを出させないようにしなければいけない。

  相手のGKの高丘は足下が危なっかしいところも見える。小柏はGKにボールがわたったら思い切りプレスをかけて高丘の混乱を引き出そう。

  菅とルーカスはどんどんサイドから抉ってほしい。

 抉ってボランチやシャドーがスペースに入って行ってシュートを決めよう。
 セットプレーはチャンス

 福森が復帰した。ドリブルで仕掛けてペナの付近でファウルをとってFKを決めたい。

  またコーナーもチャンス

 横浜FMはコーナーはマンツーマンとゾーンの併用。チアゴマルチンスを避けてボールを蹴ってゴールの近くのゾーンのスぺースに入り込んでシュートを決めよう。

 第3者的には横浜FMが勝利するという見方が多いだろう。それを覆さなければいけない。

 ホームの試合では先制するも逆転された。そのリベンジを図らなければいけない。

 とにかくチームのため、サポーターのためそして自分自身ために懸命に戦って勝利してほしい。
 

警戒したい選手は 
マルコスジュニオール

期待したい選手は   

小柏

  予想スコア
    3-0


                                               
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''
     

posted by 孔明 |19:45 | 次節の展望 | コメント(2) | トラックバック(0)

2021年10月14日

横浜FM戦をモチベーション、気持ちの部分で考えると?

 スポーツをモチベーションだけでもちろん語ることはできないが、G大阪戦は完全にモチベーションで相手を上回った試合ではなかったか。G大阪も30周年記念というモチベーションはあったが、どっちかというと記念試合に良い試合をして勝たなければいけないという焦りもあったうと思う。

 こちらは石水さんの訃報で、喪章をつけていたということもあり、また、惜しいところでいつも負けていたという悔しい気持ちがさらに加わりかなりモチベーションが高かったと思う。

 その意味で横浜FM戦を見ると横浜FMは川崎Fとの優勝争いがあって、モチベーションはかなり高いはず。また、直近のルヴァンカップでコンサに負けたことも仕返しをしようという意識が高いだろう。

 一方の我がチームはモチベーションという意味ではG大阪戦に勝ったことで一段落という気持ちがあるのではないか。この意味ではさほど明確な目標を持たない我がチームはかなり不利のように思える。

 ただ、横浜FMは川崎Fとの優勝争いでかなり勝ち点差をつけられているということで目の前の試合に勝つしかなく、勝たなければいけないというプレッシャーがかなりあるだろう。

 また、このところの成績も芳しくなく、付け入る隙は十分にあると思う。

 横浜FMのホームであるし相手は勝たなければという意識が重なり、気持ちが空回りする可能性も考えられる。

 こちらは良い意味で勝敗にこだわることなく頭を空っぽにして戦える分返って有利とも言えるかもしれない。

 選手達は一旦試合にはいったら無我夢中でやると思うが、コンサは失うものは何もなく固くならないでプレーできる有利さがある。はたしてどうなるか。

 はたしてこのモチベーションの差や気持ちの差がどうなるか。どうでるか。
 コンサにうまく出てほしいが。


  
     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:48 | 次節の展望 | コメント(3) | トラックバック(0)

2021年10月01日

G大阪戦展望(アウェイでリベンジを図れ。勝利以外必要ない。)

明日はアウェイG大阪戦


  前節の広島戦はいつものような「コンサドーレ病」の発症。そして決定的な場面も少なかった。お約束で先制され、引いた相手を崩せずに失点を重ねた。
  降格もない上にACL圏内も絶望的だが、なんとかサポーターのためにも頑張って一つでも勝利しなければいけないだろう。

  今週はコンサドーレ生みの親 石水石屋製菓会長の訃報があり、明日は喪章をつけて戦う。

 選手のモチベーションは高いはず。アウェイだがとにかくこの試合は勝たなければいけないだろう。

  G大阪は現在勝ち点33で13位。コンサのすぐ下にいる。残留を確実にするためにもホームで勝ちたい一戦だろう。

 G大阪は今シーズンはコロナの感染が選手に出てスタートから出遅れ、ACLもあって厳しいシーズンだったが、ハードな日程も一息つき、徐々に調子を戻してきたが、怪我人も多く出てきており、万全ではない。付け入るスキは十分にある。

  G大阪のシステムは4-4-2
  前からプレスに行ってボールを奪ってのショートカウンターが得意。縦に速い攻撃もやってくる。ショートパスをつなげて素早く攻撃をしてくる。


              G大阪予想メンバー

                   39宇佐美        18パトリック

28ウェリントンシウバ                                      21矢島


          15井手口       17奥野         
                                                               
 

 4藤春          19キムヨングォン     13菅沼     26柳澤


                             1 東口

  控え GK25石川、DF16佐藤、24黒川、27高尾、MF29山本、FW30塚元、32チアゴアウベス

 倉田は怪我で出場できないか。

 G大阪は前からプレスを厳しくかけてきてボールを奪いにくる。
   ここで後手を踏んでは早々に試合は決まってしまう。

  また、ロングボールを使ってパトリックや宇佐美を走らせてカウンターをしてくるので要注意
 サイド攻撃が得意、サイドからどんどん仕掛けてシュートまで持ってくる。

 個の力があるチームなのでこちらのマンツーマンが突破されたらかなり危険

 1対1に負けないようにしないと一本のパスで崩されることにもなる。

  そこは集中力を高めないといけないだろう。

 ペナの位置でのファウルには注意したい。ここでファウルを取られることなく守りたい。

 基本的にはG大阪はボールをこちらに持たせてカウンターの形をとるはず。

 4バックでサイドバックの藤春か柳澤を下げて5バックで守ってくるだろう。
 当然、こちらのミスを狙って一気に攻勢をかけてくる。

 下手な位置でボールを取られたら一気にピンチになるのでここは十分に気を付けたい。

  セットプレーはG大阪は得意
 
 
 こちらの予想メンバーは以下のとおり


                    ジェイ

            小柏            金子

青木                                   ルーカス

               高嶺         駒井           

            菅     宮澤       駿汰

                      菅野

  控え 小次郎、大八、柳、荒野、ドド、大嘉、ミラン


  前半に先に失点してしまえばその時点で試合は終了だ。

 いかに前半、失点しないかがポイント

  前半得点できなくても焦らないことだ

  チャンスは必ずくる。

 サイドからの攻撃を活性化させたい。

 特に左サイド、青木のサイドから攻撃をどんどん仕掛けていきたい。

  相手の右サイドのスペースをうまく使っていきたい。

 相手のCBとサイドバックの間に入って行ってシュートを打とう。

 そのためには素早い攻撃が必要だ。

 いつものように横パスで時間をかけていけば相手にしっかり守られる。

 いかに縦に速く攻撃するか

 ミドルシュートもどんどん打っていきたい。

 コースが空いたらすぐシュートを打ってほしい。

 とにかく素早い攻撃が必要。

  また緩急をつけた攻撃をしないと相手にしっかり守られシュートを打てなくなる。

  G大阪はセットレーからの失点が多い。

  セットプレーには集中力を高めて得点をとろう。

 コーナーはG大阪はゾーンで守る。

 スペースに入って行ってヘッドを決めよう。

 ホームで負けているからアウェイでリベンジをしなければいけない。

 引分けや負けは必要ない。とにかく勝利しかない。

 喪章をつけて戦うからには1人1人責任を持って戦ってほしい。

 必ず勝利を持ち帰ってほしい。

警戒したい選手は 

パトリック


期待したい選手は   

ミラン

  予想スコア
    3-0


  
                                              
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''
   

posted by 孔明 |20:20 | 次節の展望 | コメント(3) | トラックバック(0)

2021年09月25日

広島戦展望(どんどんシュートを打って、とにかく早い時間に先制しよう。)

明日はホーム広島戦

  前節の神戸戦はいつものように圧倒的ボールを握るがゴールできず。そして前半のうちに失点するという「コンサドーレ病」がまたも発症、そのまま引いた相手を崩せずに敗戦。

  内容は圧倒しながら結果が負けという悔しい試合だった。

  一方の広島は今年は上位を期待されたが、なかなかうまくチームが機能せず、勝ったり負けたりの繰り返し。

  現在の順位は10位で勝ち点39。コンサと同じ勝ち点数だ。

 この試合に勝てば順位は逆転する。とにかく勝って順位を上げたい。

 また広島にはアウェイで1対2で負けている。是が非でもリベンジしなければいけない。

  広島のシステムは3-4-2-1

  前からプレスに行ってボールを奪ってのショートカウンターが得意。縦に速い攻撃をしてくる。また、セットプレーが得意。特にコーナーからの得点が多い。

              広島予想メンバー

                          9ドウグラスヴィエイラ   

        30柴崎        37ジュニオールサントス         
                                                               
 24東                                                      15藤井

                     25茶島            6青山

                                 
      19佐々木      4荒木         2野上    

                             1 林

  控え GK38大迫、DF33今津、MF17松本、26土肥、14エゼキエウ、27浅野 27ハイネル

 柏は怪我で出場できないか。
 
広島はしっかり守ってカウンターを当然狙ってくる。

 しかし、前節ホームでシュート3本に終わったことを城福監督は重く受け止めて攻撃的な布陣にするそう。

 ゆえに前後半序盤はかなり前からプレッシャーをかけてボールを奪いにくるだろう。ここで後手になったらダメ。

 そこで失点してしまえば早くも試合は終わると考えなければいけない。

 ゆえにまずは前半の序盤で失点しないことだ。

 ただ、試合が進むごとにボールは握れるはず。ここでいかにすぐ相手から得点をとれるかがポイント

 広島は少ないチャンスで得点を狙ってくる。

  ボールを奪ったら素早く前に進めてシュートまでもってくる。

 そこで生じたコーナーは要注意。集中力を高め、相手をがっちり体で固めて動かさないようにしたい。

 いつものように広島のカウンターには十分に注意しなければいけない。

 特に自陣の低い位置でのパスミスをしないようにしたい。

 また広島はDFの裏を狙ってくる。簡単に裏を狙わせないようにしたい。

 広島のジュニオールサントスは個の力が強い。

 単独でも突破してくるのでカウンターからの1対1にならないようにしたい。 
 
 こちらの予想メンバーは以下のとおり


                    ミラン

            小柏            金子

青木                                   ルーカス

               高嶺         駒井           

            菅     宮澤       駿汰

                      菅野

  控え 小次郎、大八、柳、荒野、ドド、大嘉、ジェイ

  前後半の序盤の入りが重要だ。

 とにかく後手を踏まないようにやってほしい。

 その後はボールは圧倒的に握れると思う。

 そのボールをいかに素早くシュートまでもっていくか。

 いつものように綺麗な崩しばかりでは点を取れないと思った方がいい。

 サイドからの崩しは奥深く入って、マイナスのクロスをどんどん入れていきたい。

 そしてシャドーやボランチはどんどんスペースに入っていきたい。

  ラストパスの精度を高くしたい。

 連係をしっかりしてシュートまでもっていきたい。

 またとにかくシュートを打とう。

 相手は引いて5バックで守ってくる。

 スペースがないので食いつかせてスペースを作って、フリック、ワンツーなどで崩して必ず最後はシュートまで行こう。

 先制点が前半のうちにとれないと苦しくなる。

  とにかく前半の内にそれも15分以内にとりたい。

 先に点をとられたらまず勝てないと思った方がいい。

 ゆえにチャンスには集中力を高めてゴールしよう。

 コーナーは広島はマンツーマンで守る。

 ショートコーナーやニアやファーをうまく使ってゴールにねじ込もう。

 また跳ね返されてもそのこぼれ球をねじ込もう。

 広島は中3日。疲労もあるはず。この相手には負けていられないだろう。

  ましてやアウェイで負けている。とにかくリベンジしなければいない。

 引分けや負けは必要ない。とにかく勝利のみだ。

警戒したい選手は 
ジュニオールサントス

期待したい選手は   
ミラン

  予想スコア
    2-0



                                              
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''
   

posted by 孔明 |19:22 | 次節の展望 | コメント(2) | トラックバック(0)

2021年09月17日

神戸戦展望(前回の戦いの屈辱を晴らさずいられるか。とにかく勝利を)

明日はアウェイ神戸戦

  前節のC大阪戦は前半からボールを圧倒的に握って久しぶりに前半は無失点、後半7試合ぶりに先制点を上げ追加点をあげて勝利した。

 対戦する神戸は夏の移籍で古橋を移籍させたが、日本代表の大迫と武藤を補強、また元バルでロナのボージャンを獲得。攻撃力をかなりアップさせた。

 元々個の能力が高い選手が多く、さらにレベルの高い選手の加入で3位以内を狙っている。

 神戸とは前回ホームで対戦して3点リードするも守備のまずさから4点取られて負けるという屈辱の試合をしている。選手たちは期するものがあるはず。とにかくそのリベンジをしなければいけない。
 
  神戸のシステムは3-1-2-2-2あるいは4-2-3-1

 ここでは4-2-2-2を予想

  しっかりボールを握ってビルドアップしてサイドを使って攻撃してくる。
    ワンツーなどを駆使して速いボールタッチから一気にシュートまで持っていく。
    サイドからのクロスからの得点も多い。


              神戸予想メンバー


                         10大迫          11武藤


           8イニエスタ     22佐々木
                                                               

                      7郷家        6サンペール

                                 
19初瀬       4フェルマーレン     17菊池     24酒井    

                             18 飯倉

  控え GK32廣永、DF25大崎、23山川、3小林、MF31中坂、FW49ドウグラス、9ボージャン


   神戸はイニエスタが起点となってパスを供給、前線が動き出す。ワンタッチ、ツータッチでプレスをかわしてパスをつなげて素早くシュートまでもっていく。

 また、前線の大迫に一気にあててそこから展開していくプレーもある。

 神戸の得意なプレーはそこからサイドに入れてクロスから大迫や武藤に当ててくる。

 神戸はサイドからのクロスが得意だったがさらに武藤がDFの裏を狙ってくる動きもしてくるので要注意だ。

 もともとポゼッション率は高いので、ボールの奪い合いがポイントになる。
 いかにセカンドボールをとるか。

 攻守の切り替えが速いので素早く攻撃していきたい。

  セットプレーも気を付けたい。ペナ付近でのファウルは気を付けたい。

  またコーナーは神戸はヘッドの強い選手が多いので相手の動きをすっかりマークしたい。


 こちらの予想メンバーは以下のとおり


                    ミラン

            小柏            金子

青木                                   ルーカス

               高嶺         駒井           

            菅     宮澤       駿汰

                      菅野

  控え 小次郎、大八、柳、荒野、ドド、大嘉、ジェイ

  神戸とボールの握り合いに勝たなければいけない。中盤の高嶺と駒井がいかにボールを拾うか、また小柏がプレスバックしてボールを追ってほしい。

 こちらはできるだけ前からプレスに行きたい。ボールを奪ってショートカウンターが攻撃のポイントだろう。

 DFの裏を狙われないようにコンパクトな布陣をしたい。

 また、攻守の切り替えを早くしたい。

 相手は低い位置でボールをまわしてくるので、ここで前から行ってボールを奪おう。

  サイドからの攻撃が中心になると思うが、ただのクロスだけにならないようにしたい。

  工夫と思い切りのよいドリブルからシュートまでもっていきたい。

  右は金子とルーカスが重ならないようにしたい。

 左は青木がうまく中に入っていってシュートまでもっていきたい。

 できるだけ自分たちの時間を作りたい。攻撃の時間を長くしてできるだけ手数をかけないでシュートまでもっていきたい。

 セットプレーでも点をとりたい。

 特にコーナーから得点をとっていきたい。

 神戸はマンツーマンとゾーンの併用

 ゴールから距離があるところはマンツーマンで。ゴールにより近いところはゾーンで守る。うまくゾーンのところにボールを入れてシュートマでもっていこう。

 またコーナーからのこぼれ球を握って決定機をつくりシュートをしよう。

 とにかく神戸には借りがある。選手たちは忘れていないはず。

 アウェイだが是非とも複数得点をとって勝利しよう。

 
警戒したい選手は 
佐々木

期待したい選手は   
ミラン

  予想スコア
    3-0

  
                                            
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''
   
   
   

posted by 孔明 |19:27 | 次節の展望 | コメント(7) | トラックバック(0)

2021年09月10日

C大阪戦展望(とにかく先制点をとれ。話はそれからだ。)

明日はアウェイC大阪戦

  ホームで0-3と情けない試合をした。明日は選手たちは必ず勝つと言っているが、メンバー変えるとか戦術を変えるとかしないとまったく期待はできないだろう。

  また、決定力が乏しかっただけとミシャが思っているならホームと同じように先制を許し、失点、敗戦をするはず。

 これを払拭するには大胆なメンバー変更が必要だと思う。

 以下ぐだぐだ書いても仕方ない。

 おそらくミシャは前節と同じような布陣にすると思う。
ルーカスを休ませるくらいだろうか。

  ミシャの選手起用予想
  
                           小柏
 
                    青木         駒井

   菅                                         金子

               高嶺       荒野

            宮澤     駿汰     柳

                        菅野

  控え 小次郎、大八、伸二、ルーカス、ドド、ミラン、ジェイ

  このようなこて先のメンバー変更では閉塞感のある現状を打ち破れないだろう。

  以下希望布陣
 
                            ミラン

                青木          小柏     

菅                                                   駒井
                   高嶺       駿汰

             宮澤      大八           柳

               菅野

 
  控え 小次郎、荒野、ルーカス、金子、ドド、大嘉、ジェイ

  前半は駿汰や高嶺が縦パスをミランに当てて素早く青木や小柏がボールを運んでミランにラストパス、ミランがシュート。右サイドから駒井がどんどん縦に突破してマイナスのクロスを入れる。そしてミランや小柏がシュート

 高嶺と菅のコンビで突破してクロスを入れてミランのヘッド

 これで点がとれないなら仕方ない。

     後半はミラン→ジェイ、駒井→ルーカス、菅→金子、青木→ドド
      高嶺→荒野OR負けてたら小柏→大嘉

    後半は左金子、右ルーカスで徹底してサイドからクロスを上げる。

  とにかく先制点を入れないと話にならない。

 話は先制点をとってからだ。

  以上

                
                                勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 
   

  

posted by 孔明 |20:23 | 次節の展望 | コメント(3) | トラックバック(0)

2021年09月07日

C大阪戦展望(チアゴの背後を徹底的に狙って、先制して追加点をとって勝とう。)

明日はホームC大阪戦

  C大阪とは今シーズン初対戦、日曜日はアウェイでルヴァンカップを戦い、FC東京に敗戦、準決勝進出はならなかった。

 気持ちを切り替えてやるしかない。しかし、怪我人が多数、福森もおそらくは欠場で苦しい台所事情。連戦で選手の疲労もあるがとにかくかるしかない。

 ホームのサポーターに勝利を見せてほしい。

 一方のC大阪はクルピ前監督の下シーズンを戦って来たが、成績が低迷、ACLもあってなかなか成績が上がらず、また、クルピ前監督のメンバーを固定する選手起用や練習方法なども批判を受けて監督交代。コーチの小菊氏が監督に就任。

 思いきった選手起用でチームを活性化。ルヴァンカップではチームを準決勝に導いた。

 清武が長期離脱の怪我をしたが、乾がチームに復帰という明るい話題もあった。
 C大阪は若手を使って上り調子のチーム。かなり手ごわいと言ってもいいだろう。
 また、守備が堅く、いつものように先に失点すれば勝つ可能性は非常に低くなる。
  C大阪とは土曜日にアウェイでも対戦する。初戦のホームだけにとにかく勝ちたい試合 

  C大阪のシステムは4-4-2
 高い位置からプレスをかけてショートカウンターからシュートまでもっていく。
 サイド攻撃が活発。ハイラインがだがコンパクトで攻守の切り替えが早い。 


              C大坂予想メンバー

                      32豊川      20大久保
 
23乾                                                      17坂元       

                         25奥埜       4原川
                                 

26小池         24鳥海      6チアゴ              33西尾


                             21キムジンヒョン



  控え GK50松井、DF3進藤、MF30喜田、5藤田、13高木、FW29加藤、34山田


   C大阪はロングボールをうまく使ってDFの裏を狙う攻撃が得意。また、サイド攻撃に迫力があって右の坂元の前にスペースを与えると突破してくるので注意したい。

 低い位置からしっかりビルドアップもするが、そんなにパススピードは速くない。

 ただ、前にスペースがあればワンタッチでつなぐプレーもあって、それが見事に決まってくれば途端にピンチになるので十分に気を付けたい。

  また、乾は先発かどうかはわからないが、サイドからのドリブルやトリッキーなープレーに気を付けたい。

 C大阪は前から強くプレスをかけてコースを限定してあわよくばボールを奪ってショートカウンターを狙ってくる。

 低い位置でパスミスやトラップミスをすればすぐさまボールを拾われ素早いカウンターを受けるので十分に注意したい。

  またセットプレーが得意。

 正確なキックの精度を持つ原川がいるだけに、ペナ付近のファウルは絶対にしないようにしたい。

 そしてコーナーはほとんどCBのチアゴの頭に当ててくる。誰がマークにつくかわからないがしっかり密着マークをしてほしい。

 こちらの予想メンバーは以下のとおり


                    ミラン

            ドド              伸二

菅                                       柳

               荒野       駿汰           



            高嶺    宮澤      大八

                      菅野

  控え 小次郎、中村、駒井、ルーカス、金子、大嘉、ジェイ

  メンバーは予想できない。連戦なのである程度ターンオーバーすると思うがミシャなのでそのくらいターンオーバーするか。

 まずは先制点をとりたい。ここまで6試合連続先制を許している。

 いくらなんでもこれは不味いだろう。いい加減先制してほしい。

 サイドからの攻撃を活発化させてミランに当ててその零れ球を狙いたい。

 後方と中盤でリズムはとれるはず。

  相手を圧倒するまではいかないだろうが、セカンドボールを拾って何度でもシュートが入るまで攻撃してほしい。

  この布陣だとなかなか流れのなかでの綺麗な崩しはできないだろう。強引にドリブルしたり、クロスをサイドから入れたりしてトップにあわせよう。

  クロスの質は大事。質を上げてシュートまで持っていきたい。

  まずは先制点。先制点をとらないと勝てないと思った方がいい。

 C大阪の弱点はCBのチアゴの背後。チアゴは足はあまり速くなく、俊敏性も劣る。

 彼の背後を徹底的に狙いたい。また彼に相対してドリブルを仕掛ければファウルを犯してくれる可能性もあるのでどんどん仕掛けていきたい。

 セットプレーは菅かルーカスが蹴る。

 福森ではなく相手もあまり研究できていないだろうから返ってチャンス

 こちらは高さがあるのでチアゴをうまく外してシュートを蹴っていきたい。

  C大阪はコーナーはゾーンで守る。

 スペースに蹴ってそこに飛び込んで行こう。

  この試合はかなり厳しい戦いになるだろう。

 しかし、ホームなので勝たないと始まらない。綺麗なシュートはいらない。

 強引なドリブルやシュートを打ってほしい。シュートは打たないと始まらない。シュートを打ってそのこぼれ球でもいい。

 やり切って結果を出してほしい。

 とにかく勝とう。

 
警戒したい選手は 

坂元

期待したい選手は   

ミラン

  予想スコア
    2-0



                
                                勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 
   

posted by 孔明 |19:20 | 次節の展望 | コメント(4) | トラックバック(0)

2021年09月04日

ルヴァンカップFC東京戦展望(立ち上がりに十分気を付けて、必ず先制して勝とう。)

明日はルヴァンカップアウェイFC東京戦

  いよいよ明日はルヴァンカップFC東京戦。水曜日の対戦では先制されたが駿汰のヘッドと荒野のミドルで2-1の勝利
 
 優位な立場で試合を行うことになったが、まったくわからない。アウェイだし、FC東京は3人のブラジル人を先発にしてくるだろう。水曜日の対戦よりもかなりレベルアップしてくろはず。

 しかし、引分けか勝たないと次には進めない。また先制されたら得点をとらないと準決勝にいけない。とにかく勝って次に進みたい。

 対するFC東京は水曜日はいつものようにカウンター攻撃をしてきた。また、前からプレスをかけてきてこちらが守備に追われるシーンもあった。

  FC東京も点をとらないと次に進めないので、初めからかなり前に出てくると思う。
 これをいかにかわしてこちらのペースにもっていくか。そして先制点をとるか。
  これがポイントだと思う。
   
   FC東京のシステムは4-2-3-1
 
 高い位置からボールを奪ってショートカウンター。また縦に速いファストブレイを信条とする。3人のブラジル人で攻撃を仕掛けてきてフィニッシュまでもってくる。


              FC東京予想メンバー


                        9ディエゴ オリヴェイラ

15アダイウトン                                             10東   
 
                              20レアンドロ
                          

                   31安部        21青木              


6小川       29岡崎       4渡辺           28鈴木


                                  13波多野



 控え GK1児玉、DF25蓮川、MF8高萩、7三田、23渡邊、FW11永井、27田川     

   FC東京のカウンターは脅威。3人のブラジル人が先発であればなおさら。

 FC東京は序盤からかなり前からくると思う。
 いきなりの失点はさけたい。

 また、低い位置でボールを失ってしまえば失点に直結する。

 万が一とられても体を張ってイエロー覚悟で止めなる必要がある。

 FC東京のカウンターはワンタッチ、ツータッチでテンポよくやってくる。

 ボールフォルダーにプレスをかけてもうまくかわされる。無理にでも厳しくいかないと

 ディエゴ オリヴェイラには簡単にボールを収めさせないようにしたい。

 前後からはさんで、ボールをとるか、それ以前にそこにわかる前で防ぎたい。

 守備は前からくる。プレスはかなり厳しい。ここをいかにかわしてボールを運ぶか。ポイントになる。

 水曜日の対戦では低い位置でのパスミスから危ないシーンが多かった。これは十分に気を付けなければいけないだろう。 

 セットプレーは気を付けたい。ペナ付近のファウルは絶対にしたくない。相手にはキックがうまいレアンドロがいるので危ない位置でFKをさせないようにしたい。
  また、水曜日のセットプレーで渡辺に2度もドンピシャヘッドを許した。セットプレーはくれぐれも用心したい。




こちらの予想メンバーは以下のとおり


                    ミラン

           駒井              金子
菅                                   ルーカス

              高嶺       荒野


            福森    宮澤       駿汰

                      菅野

  控え 小次郎、大八、柳、荒野、宏武、ドド、ジェイ

 とにかく前半の立ち上がりは注意

 徐々にボールは持てるだろうが、そこからいかにメリハリをつけた展開に
できるか。また、ボールを持たされたような状態にはなりたくない。

 ボールを持ったらスピードにメリハリをつけて攻撃しよう。

  疲労はあるだろうが頑張って動き回ってほしい。

 またボールを持って攻撃をどんどん仕掛けたい。

  右サイドのルーカスがいかに相手のサイドを押し込めるか

 また左サイドの菅がどうやって突破するか。

  ラストパスの精度を高くしてシュートを枠内に収めてゴールしたい。

 サイドから相手を押し込んで緩急をつけてシュートまでいきたい。

 縦、横の幅を使って揺さぶって攻撃したい。

   ロングボールをうまく使って素早く攻撃したい。

   前からプレスを厳しくしてショートカウンターから得点をしたい。
  FC東京はセットプレーからの失点が多い。

 特にコーナーはチャンスだ。

  FC東京はコーナーはゾーンとマンツーマンの併用。

 ゾーンのスペースに入り込んで得点をとろう。

 コーナーは直接でなくてもこぼれ球を拾って畳みかけたい。

 また、サイドを抉ってマイナスのパスを入れてシュートまで行こう。

 チャンスは何度もあるはず。必ず決めよう。

   とにかく一番大事なのは先制点をとること。 
 この試合は特に先制点が重要になる。

  先に点をとれないとかなり苦しくなる。

  先制点をとって追加点をとって最低2点をとって勝とう。
 

注意したい選手
 ディエゴ オリヴェイラ

期待したい選手
 ミラン

予想スコア
  3-0



                                            
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''
   
   

posted by 孔明 |19:41 | 次節の展望 | コメント(4) | トラックバック(0)

2021年08月31日

ルヴァンカップFC東京戦展望(縦横の幅を使ってゆさぶり、必ず先制して勝とう。)

明日はルヴァンカップホームFC東京戦

  いよいよ明日はルヴァンカップFC東京戦。リーグ戦ではホーム連戦で無得点で連敗
この試合でまた無得点で敗戦となればかなりダメージがくる。

 連戦だがホームでやれるので、とにかく勝たなければいけない試合だ。

 勝って、アウェイの試合で優位に立ちたい。

 対するFC東京は今シーズンは低迷、しかし、ようやく怪我人も復帰、ブラジル人の3人のアタッカーが好調で調子を上げてきた。FC東京とは8月14日にドームで対戦、逆転勝ちしたが、その時はディエゴ・オリベイラがいなかったとは言え、2人のブラジル人にやられてしまった。

 この試合もこの3人が出てくればかなり苦しい。ただ、リーグ戦から中3日だけに3人が全員先発する可能性は低いかもしれない。

 ただ、こちらとしては、ホームでもあるし、リーグ戦では結果が出ていないので勝たないと始まらない。
  そのためには先制点がどうしても必要になるだろう。
  
   FC東京のシステムは4-2-3-1
 
 高い位置からボールを奪ってショートカウンター。また縦に速いファストブレイを信条とする。3人のブラジル人が先発かどうかもポイントになる。


              FC東京予想メンバー


                        9ディエゴ オリヴェイラ

15アダイウトン                                               10東   
 

                         8高萩 

                21青木                   7三田


6小川         32ジョアンオマリ   3森重       28鈴木


                                  13波多野



 控え GK1児玉、DF4渡辺剛、49バングーナガンデ、MF31安部、20レアンドロ、FW11永井、27田川     

   FC東京のカウンターは脅威。前回大戦もカウンターからやられている。

 当然、FC東京はボールを持たず、守ってカウンターを狙ってくる。

  いかに低い位置でボールをとられないか。低い位置でミスをしては失点に必ずつながる。

 万が一とられても体を張ってイエロー覚悟で止めなければならない。

 FC東京には前にスペースを与えないようにしたい。スペースを与えればワンタッチ、ツータッチでパスをテンポよく重ねて攻撃してくる。

 ディエゴ オリヴェイラが先発なら前線に起点ができる。ここは前後からはさんで、ボールをとらなければいけない。

 守備は前からくる。プレスは厳しい。ここをいかにかわしてボールを運ぶか。ポイントになる。

 セットプレーは気を付けたい。先発かどうかはわからないがキックがうまいレアンドロがいるので危ない位置でFKをさせないようにファウルには十分に気を付けたい。


 こちらの予想メンバーは以下のとおり


                    ジェイ

           チャナ             金子
菅                                   ルーカス

              高嶺       駒井


            福森    宮澤       駿汰

                      菅野

  控え 小次郎、大八、柳、荒野、宏武、ドド、小柏

  ボールは持てるだろうが持たされているような状況になりたくない。

  圧倒してセカンドボールを拾って二次攻撃、三次攻撃をしたい。

 ボールを持ったらスピードにメリハリをつけて攻撃しよう。

 きれいな形ばかりではなく強引なプレーも必要


 サイドの攻防がポイントとなる。

 特に右サイドは相手の強力な攻撃に対したい。
 
 ラストパスの精度はくれぐれも正確に出したい。

 右サイドの攻撃で優位に立ちたい。

 サイドから相手を押し込んで緩急をつけてシュートまでいきたい。
 縦、横の幅を使って揺さぶって攻撃したい。

   ロングボールをうまく使って素早く攻撃したい。

   前からプレスをしてショートカウンターから得点をしたい。
 
 FC東京はセットプレーからの失点が多い。

 特にコーナーはチャンスだ。

  FC東京はコーナーはゾーンとマンツーマンの併用。

 ゾーンのスペースに入り込んで得点をとろう。

 コーナーは直接でなくてもこぼれ球を拾って畳みかけたい。

 チャンスは何度もあるはず。必ず決めよう。

   とにかく一番大事なのは先制点をとること。 

 いつものように相手にとられると、後手後手になり守られるので必ず先制しよう。

  とにかく勝とう。



注意したい選手
 ディエゴ オリヴェイラ

期待したい選手
 ジェイ

予想スコア
  2-0


                                          
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''
   
   

posted by 孔明 |20:00 | 次節の展望 | コメント(3) | トラックバック(0)

2021年08月27日

川崎F戦展望(運動量を上げて連係をしっかりして1対1で負けずに勝利しよう。)

前節はホームで名古屋と対戦。序盤は攻めるも得点できずにいると先に失点。前半のうちにさらに失点して前半で勝負が決まってしまった。
 ホームで連戦を勝ちなしはやはりまずい。川崎F相手だが勝ち点3をきっちりとらないといけない。
 今年の川崎Fとの対戦ではアウェイで良い戦いをしていたが、失点して終了間際にもカウンターを受けて0-2で負けた。
 昨年はアウェイで勝ったが、ホームでは勝ったことがないので、勝たなければいけないだろう。
  一方の川崎Fは今年は絶好調で負けなしで来たが、夏の移籍で三笘や田中が移籍、大島や谷口も怪我で欠場と戦力が落ちてなかなか勝てず、ついには前節控え中心の福岡に負けてしまった。調子は今、底にあると思っていいと思う。
 ただ、やはり川崎Fは川崎F。層の厚さでは他チームを上回りFWの宮城やMFの橘田などACLあたりから新戦力が出はじめた。
 福岡戦でもその前の広島戦でも圧倒的な攻撃力をもっていて、その質の高い戦いぶりは
変わっていない。このところ勝っていないからと言って侮ってはいけない。
 返って横浜FMから勝ち点1差で追い上げられて尻に火がついて、メンタル面で勢いをつけていると思った方がいい。


              川崎F予想メンバー

                             9レアンドロダミアン
 
                             
           16長谷川                   41家長

                         19遠野       47脇坂

                                  6シミッチ


2登里                7車屋        4ジェジウ      13山根


                             1チョンソンリョン



 控え GK27丹野、DF28山村、26神谷、MF17小塚、FW11小林、24宮城、20知念

   川崎Fは低い位置からショートパスをつなげて攻撃してくる。スぺースがあればワンタッチ、ツータッチでパスをつなげて素早い攻撃をしてくる。
  攻撃は組織化されて、リズミカルにボールを動かしてくる。

 前線のレアンドロダミアンに1度あてて、前を向いて攻撃してくる。

 サイド攻撃が強烈。三笘がいなくなって左からの斜めのパスこそ少なくなったが、宮城や長谷川もDFの裏を狙って同じような攻撃をしてくる。また、右サイドの家長はキープ力があってフィジカルが強く、右から中央に入ってくる動きが得意。

  引いた相手でも強引に中をパスワークで崩してくる。これはもはや得意技。
あえて引かせて攻撃を楽しんでいるかのようにも見える。

 ただ、この夏の主力の移籍や怪我人の影響が大きく、このところの試合ではパスミスも目立ち、付け込むすきは十分にある。

 前線のサイドからのクロスには十分に気を付けたい。先発レアンドロダミアンなら高さのあるクロスや低いクロスでの前線の選手の動きをしっかり予想して守ってほしい。
  

 こちらの予想メンバーは以下のとおり


                    小柏

           青木              金子

菅                                    ルーカス

              荒野      駒井


            福森    駿汰      柳

                      菅野

  控え 小次郎、大八、高嶺、チャナ、田中宏武、ドド、ジェイ

  ボール保持は半々くらいだろうか、名古屋戦よりもボールは当然持てないだろうが、返って名古屋戦よりもやりやすいだろう。

 涼しいドームでの対戦なので前から行って相手を押し込みたい。ただ、こちらも中2日で来週の水曜日にも試合があるので厳しく前から行き続けるのは難しいかもしれない。

 いつものように低い位置のパスミスは十分に気を付けたい。

 名古屋戦でもミスから失点しただけに当然相手も狙っている。

 簡単に相手の思うようにはやらせないようにしたい。

 前から来てくれると思うので、スペースはあるはず。

 こちらはカウンターをうまくやってそこから得点したい。

 また、ロングボールをうまく使っていきたい。

  福森のロングボールからシュートまでもっていきたい。

 川崎Fの失点はサイドからのクロスが多い。

 こちらもサイドからの攻撃で点をとっていきたい。

 名古屋戦ではクロスの精度やパスの精度が非常に悪かった。ここをうまく修正したい。

 ラストパスの精度はしっかり上げていきたい。

  セットプレーもチャンス

 コーナーは川崎Fはマンツーマンで守る。

 福森とルーカスでキッカーを交代しながら、ニア・ファーをうまく使って選手が動き回りマークをはがしてシュートを決めたい。

 名古屋よりはやりやすいと言っても川崎Fはやはり強い。その上、気持ちがかなり入って戦ってくるはず。

 しかし、ホームでは勝たないといけない。

 そのためには相手よりも走らなければいけない。また、1対1で負けないようにしたい。
 とにかく運動量を上げてそして連係をしっかりしてホームで勝とう。


 要注意選手 小林

 期待したい選手は 青木  

    予想スコア
    3-0



                                          
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''
   

posted by 孔明 |18:40 | 次節の展望 | コメント(3) | トラックバック(0)