スポンサーリンク

2022年11月04日

清水戦展望(相手に敬意を払い、こちらも必死になって戦って最終戦を勝とう。)

明日の最終戦のホーム清水戦

  前節は広島と対戦。押される展開が続いたが、ルーカスの個人技から興梠が得点、その後同点にされたが、後半宮澤のゴールで追加点。2-1で勝利した。この結果残留がようやく決まった。

  そしてホーム最終戦を迎える。今週コロナで何人かが出場できない。

  また、金子が累積で出場停止。

  しかし、今シーズン最後の戦い。ホーム最終戦でもある。とにかく勝たなければいけない試合だ。

  一方の清水は残留がかかっている。この試合に勝たないと残留の目はない。

 とにかく必死で戦ってくるだろう。かなり注目されている試合でもある。

 清水は前節ホームで鹿島に負けて崖っぷち状態。勝ってなおかつ他の試合の結果で残留できるか、それともプレーオフに行くかどうか決まる。

 今シーズン最後の試合はかなりの激闘になると思う。

 しかし、ホームのサポーターの前で負けるわけにはいかないだろう。ましてやメンバーが何人か出られない状況。こちらもかなり崖っぷちでの戦いになる。
 また、このメンバーで戦うのも最後になるし、サポーターのためにもとにかく勝って笑顔でシーズンを終了しよう。

  清水はのシステムは4-4-2
 
  守備はしっかり引いてブロックを作りボールを奪ってから速いカウンター。サイド攻撃が強力で、素早い縦からの攻撃でゴールを奪いにくる。
 しかし、3バックでミラーゲームを挑んでくるという情報もある。当然そうなった場合の戦術も頭に入れてやらなければいけない。

             清水予想メンバー

      23鈴木唯人(カルニーニョスジュニオ) 9チアゴサンタナ

10カルニーニョスジュニオ(西澤)                      11中山

 
               3ホナウド               18白崎

                                               
  29山原    50鈴木      2立田           7片山

                              21権田
                               

控え    GK1大久保、DF5ヴァウド、15岸本、MF8松岡、16西澤、27ピカチュウ、FW32ベンジャミンコロリ

 乾が累積で出場停止
 FWの北川は怪我で出場できないか?

 清水の攻撃はショートカウンター。ボールを奪ってからトップのチアゴサンタナにあててリズムの良い素早い攻撃を仕掛けてくる。

 そしてサイド攻撃が強力。

 特に右サイドハーフの中山からの攻撃がストロングポイント

 中山はスピードがあり、突破力があって、ここのところ清水の攻撃の中心になっている。

  この中山をどう抑えるかがポイントだろう。

 左は大卒ルーキーの山原が突破力がある。FWとのコンビやアーリークロスなどを使ってシュートまで持ってくる。また、サイドバックは中に入ってきて攻撃の人数を増やす戦術も使ってくる。

  サイドからチアゴサンタナにあててくるクロスの攻撃は要注意

 また、サイドチェンジを使ってくる。こちらが前掛りになっているとスペースを狙われる。

  また、セットプレーに気を付けたい。

 西澤が出てきたらFKに注意。ペナ付近でのファウルをしないようにしたい。
  コーナーにも気を付けたい。清水は高さがある選手が多いのでマークを外さないようにしたい。

 守備では引いてブロックを作って守ってくるという確率が高い。

 そうなればスペースがなくパスミスを狙われる。正確なパスが必須でスペースに入っていく攻撃が有効

 もしかしたら前からかなりプレスをかけてくることも頭に入れて戦うことが必要だろう。そうされた場合の戦術もしっかり考えておかなければいけない。
 
 
  こちらの予想メンバーは以下のとおり

                        シャビ

             青木             小柏         

菅                                          ルーカス

               宮澤              荒野               


              福森     大八      駿汰   


                         小次郎

  控え ベンマムンアミン、桐耶、大伍、宏武、ドド、ゴニちゃん、大嘉

  火曜日に6人のトップチームの関係者が陽性判定を受け、水曜日に2人が追加で出たと言うことでどのメンバーが出場可能かがはっきりしない。
 
 しかし、出場できる選手が精一杯戦うしかない。

 清水はモチベーションが当然高い。こちらは前節で残留を決めてモチベーションは確かに上がらないかもしれない。しかし、ホーム最終戦、自らのため、サポーターのため懸命に頑張って勝利に導いてほしい。

 この試合はセカンドボールをいかに多く拾ってボールを握って攻め立てるか。ボールは握れる筈。そこで時間をかけて攻撃しては相手の守備ブロックにかかってしまう。

 清水は守備は中央に寄る傾向がある。ここを利用してサイドチェンジやロングボールを利用して攻撃していきたい。

 また、ミドルシュートも有効だろう。相手をつり出すためミドルシュートを是非とも狙ってほしい。
''
 相手はあまり前からプレスをかけてこないと思われるので、低い位置からのブルドアップはある程度できるだろう。しかし、大事なのは低い位置でパスミスをしないこと。
 そして高い位置での相手の崩しの精度を高めていきたい。

 また引いて守る相手にはワンタッチのパスが有効。

 緩急をかけてスペースを作る。そこに入るということに腐心したい。

 小柏へのロングボールや小柏のDFラインの裏への飛び出しで決定機を演出していきたい。

  セットプレーもチャンス

  コーナーは清水はマンツーマンとゾーンの併用。

 ゴール前はゾーンで守っているのでそこに入るボールで人も入って行ってシュートまで行こう。

  この試合は緩く入らないようにしなければいけない。先に失点してはいけない。先取点をとらないと負けるという意識で先取点を取りに行ってほしい。

 ただ、先取点をとっても安心できない。相手は必死に立ち向かってくる。追加点をとらないと勝てないだろう。こちらも必死になって対抗しよう。

 とにかく必死に向かってくる清水に対して敬意を払いこちらも必死になって戦って勝とう。



 特に気を付けなければいけない選手
 中山

 特に期待したい選手 
  小柏

  スコアの予想
  2-0


  
                                               
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''
     

posted by 孔明 |19:42 | 次節の展望 | コメント(2) | トラックバック(0)

2022年10月28日

広島戦展望(気持ちで上回っていい加減アウェイの広島戦に勝て!

明日のアウェイ広島戦

  前節と2週間以上空いた試合となる。残留決定まであと勝ち点1となった広島戦。

 当然、勝って自力で残留を決定したい。

 中断期間は練習試合を1度しかやっておらず、試合勘が心配だが、ここまできたらどうのこうの言ってはいられない。メンバーがどれだけ揃っているかが気になるが広島のアウェイで初勝利といこう。

 一方の広島はこの中断期に天皇杯、ルヴァンカップの決勝があってルバンカップは見事に優勝。大きな大会を終えてを一段落してモチベーションは下がり気味だと思うが、リーグ戦は3位を争っていて、ここは勝って3位を決めたいだろう。
 こちらは残留するんだというモチベーションを高く持って初めからガンガン前に出て戦ってほしい。そうすれば勝つチャンスは十分ある。
 
  広島のシステムは3-2-2-2ー1
  前からかなり強いプレスを行い、ボールを奪ってショートカウンター。ロングカウンターももっている。サイド攻撃が強力で、素早いパスワークからゴールを奪いにくる。


             広島予想メンバー


                       13ベンカリファ

                10森島               39満田

18柏                                                      2野上
              
        27川村                   7野津田              

                                                
        19佐々木      4荒木          3塩谷

                              38大迫
                               

控え    GK22川浪、DF21住吉、MF6青山、松本、15藤井、14エゼキエウ、FW20ソティリウ

   広島は前からのプレスが厳しく、そこでボールを奪ってショートカウンターが基本戦術。

 低い位置からが縦パスを入れたり、パスをつなげてスピードをアップして攻撃してくるが時折、ロングボールも使ってくる。

 サイド攻撃が得意でサイドから仕掛けてきてペナの中に入ってきて細かなパスでシュートまで持ってくる。

  またサイドからクロスをいれてFWに合わせてくる。

 攻撃の中心は満田でスペースに彼を走らせ、そこに合わせてシュートまでいく攻撃が得意。

 サイドは高い位置をとってドリブルで仕掛けてくる。右サイドは野上の予想だが藤井でくるとドリブルで突破してサイドを頻繁に上がってくる動きに注意したい。

 広島はとにかくカウンターのチーム。このカウンターをいいかに防ぐかがポイントだろう。

 また、前線に人数をかけて攻撃してくる。マークの受け渡しなどに十分に気を付けたい。

  セットプレーも得意。今シーズンはセットプレーから15得点している。コーナーもそうだが、低い位置でファイルをしてしまうと野津田のキックがあるので、低い位置でのファウルは禁物だ。
 
 
  こちらの予想メンバーは以下のとおり

                        興梠

             シャビ             小柏         

ルーカス                                        金子

               高嶺             青木   


              福森      大八      駿汰   


                         菅野

  控え 大谷、桐耶、菅、大伍、ミラン、ゴニちゃん、大嘉

  2週間以上空いたのでどの選手が出場可能かがよくわからない。

 広島は自陣の空中戦が強いので適当なクロスでは得点にならない。うまく地上戦でパスをつなげてシュートまで持っていきたい。

  まずはセカンドボールを拾うこと。マンツーマンを徹底し、ボールを奪われたらすぐさま奪って攻撃の時間を長くすることが大事だろう。

 低い位置でのミスが厳禁だ。特に広島相手ではカウンターの絶好のチャンスを与えてしまう。

 サイド攻撃がポイント。広島の右サイドは守備的。ここをいかに崩すか。ルーカスがサイドから仕掛けて周りがパスを受けて素早くシュートまでもっていきたい。

 広島は3バックなので当然3バックのサイドがねらい目

  サイドチェンジで3バックのサイドに入って行ってここから攻撃しよう。

  ロングボールで揺さぶる攻撃が有効だろう。

 広島のラインは高い、ここの後ろのスペースを狙って前線やサイドが入っていきたい。

 遅い攻撃や手数をかけた攻撃では広島の守備の人数を揃えてしまう。

 とにかく縦の速い攻撃で最後はシュートで終わろう。

  ボールは握れる筈。相手から素早くボールを奪って2次攻撃3次攻撃をしてシュートを浴びせよう。また、引いた相手にはミドルシュート。ミドルをどんどん撃ってこぼれ球に詰めていきたい。

 セットプレーもチャンス

 特に相手のペナ付近でFKのチャンスを得たい。

 また広島はコーナーはマンツーマンで守る。 

 ショートコーナーやサインプレーを使って相手のマークを外してシュートを決めよう。
 この試合は重要な試合だ。引分け以上で残留が決まる。しかし、この地で勝っていないことも考えれば勝たなければいけない試合。勝って残留を決めよう。
 


 特に気を付けなければいけない選手
 森島

 特に期待したい選手 
  青木

  スコアの予想
  2-0


  
                                               
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''
     

posted by 孔明 |20:14 | 次節の展望 | コメント(2) | トラックバック(0)

2022年10月11日

浦和戦展望(福森からのサイドチェンジを頻繁に。ミドルを打って得点を重ねよう。)

明日のアウェイ浦和戦

  前節の福岡戦は青木のゴールで先制しながらも駒井の負傷退場が響いて後半に逆転負け
 せっかく残留を決められる試合にホームで負けてしまった。ここからアウェイ2連戦。残留争いのチームがかなり頑張って勝ち点を積んでいることからとにかくこの一戦で勝って残留を決めなければいけないだろう。
 一方の浦和は現在8位、今シーズンは中位終始するもACLでは決勝に出場はする。
  現在はモチベーション的にはあまり上がらないだろうが、前節ホームで勝っていて、再度ホームの試合だけにサポーターの声援がたくさんあり、より動きが良くなってくるだろう。
 こちらとしてはとにかく1試合でも早く決めたい。残留がなかなか決まらないと焦りがでてくる。
  アウェイだが勝たなければ行けない試合。相手は強敵だが、それだけに余計やりがいはある。とにかく結果を出して残留を決めよう。
 
  浦和のシステムは4-4-1-1
  前からかなり強いプレスを行い、ボールを奪ってショートカウンター。サイド攻撃が強みで、カウンターも得意とする。連動したパスワークから個人技で得点を奪いにくる。




             浦和予想メンバー

                       33江坂

                             9リンセン

29大久保                                                 14関根
              
        19岩尾                    3伊藤              

                                                
   44大畑     28シュルツ   4岩波          2酒井

                              1西川
                               

控え    GK12鈴木、DF20知念、MF11松尾、8小泉、22柴戸、10モーベルグ、FWユンカー
  
 攻撃では浦和はボールを持ってショートパスでつなげサイドから攻撃してくる形が多い。そのスピードは速く、縦パスを入れてくさびを入れて、少ない手数で前にボールを出しシュートまで持ってくる。

 また、前線は絶えずDFの裏を狙ってくる。ここは注意しなければいけないだろう。
 
 ドリブルの得意な選手が多く、前を向かせればやっかい。特にペナ付近でスペースを作って相手に簡単にドリブルをさせないようにしたい。
 5バックの間の裏街道を狙ってくるだろう。スペースをあけないようにしっかり守りたい。

  守備ではかなり前からプレスをかけてきてボールを奪う、あるいはサイドに寄せてボールを奪うことを主眼としている。

   守備は堅い。4-4ー2のブロックを作ってスペースを与えない守りをしてくる。
 
  セットプレーは特に注意したい。セットプレーからの得点は12点。PKでも7点取っている。特にコーナーはマークのずれがないようにしたい。
 
 
  こちらの予想メンバーは以下のとおり

                        シャビ

             青木             小柏         

ルーカス                                        金子

               高嶺             大伍   


              福森      大八      駿汰   


                         菅野

  控え 大谷、桐耶、宮澤、荒野、菅、ゴニちゃん、大嘉

 興梠はレンタルなので出場できない。ゴニちゃんを先発にするかどうか。ミシャならシャビをまたトップに持ってくるのではないか。

 宮澤と荒野が復帰すると思う。また小柏も復帰して先発だろうか。

 まずは前半、スピードのミスマッチで戦いたい。
 DFの裏をどんどん狙って行ってスペースに飛び出し起点を作っていきたい。
 相手の守りを崩すのはなかなか難しいが、前線で動き回って相手のマークを混乱させスペースを生じさせそこにどんどん入って行こう。

 またこの試合はミドルシュートが有効だ。相手はある程度引いて守ってくると思うので、ミドルシュートを打ってラインを前に出させよう。

 またサイドチェンジを多用しよう。相手は4バックなのでSBの外、CBとSBの間が空く、そこを徹底してついていきたい。

 低い位置でのパスミスは厳禁だ。パスミスには十分に気を付けたい。

 そしてカウンターに十分に気を付けよう。

 相手のカウンターは速い。危ない場面があったら体で止めなければいけない。
   運動量が勝負だ。いかに相手よりも動くか。

 ボールは握れると思う。ただ、横パス、バックパスばかりでは駄目。思い切った縦パスや有効なパスを出していきたい。

  ミシャが監督になってからアウェイでは負けていないがこんなことは過去の話とにかく目先の1勝だ。まずは先取点をとりたい、先取点をとれれば優位に立てる。
 目指すのは勝ち点3。それ以外はない。

 特に気を付けなければいけない選手
 江坂

 特に期待したい選手 
  小柏

  スコアの予想
  3-0


                                                    
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''
     

posted by 孔明 |20:39 | 次節の展望 | コメント(2) | トラックバック(0)

2022年10月07日

福岡戦展望(菅ちゃんの新ポジションが吉と出るか?とにかく勝て!)

明日のホーム福岡戦

  強豪の連戦で勝ち点4をとった。特に前節の川崎F戦は伝説になりうる壮絶な試合で最後小柏のゴールで決着をつけた。そして数字上はJ1残留に王手をかけた。

  この試合はJ1残留を決定する試合になる。ホームの試合で必ず勝たなければいけない試合だ。

 一方の福岡は一時は順位を上げたがここにきて残留争いを展開している。前節の神戸との一戦で負けてプレーオフ圏内に転落。何がなんでも勝たなければいけない試合でもある。

 とにかくこの一戦にかけてくるだろう。

 福岡の長谷部監督はこの試合の前に奇策を用いず、いつもの戦いをすると言っているのでロングボール中心の戦いを頭に入れていると思う。

  福岡の事情はともかくこちらは残留を決めなければいけないし、一桁順位を目指さなければいけない。川崎Fと壮絶な試合をして緩めることはできない。ホームの戦いでのあるし勝ち点3を必ずとりたい。
 
  福岡のシステムは4-4-2
  前から厳しいプレスを行い、ボールを奪ってショートカウンター。セットプレーも得意。今シーズンはセットプレーからの得点は伸びていないが当然狙ってくる。
  もしかしたらさらに堅く守るつもりで3バックでくるかもしれない。十分考慮に入れて置いた方がいい。

             福岡予想メンバー

                   45ジョン・マリ     9ファンマ

39田中                                                14クルークス
              
        6前弟                    40中村              

                                                
   13志知     5宮    33グローリ         29前嶋

                              31村上
                               

控え    GK41永石、DF20三國、2湯澤、MF35平塚、7金森、FW11山岸、17ルキアン
  
   福岡はかなり前からプレスをかけてきてボールを奪ってショートカウンターが基本戦術。

 時折ワンタッチでパスをつなげてスペースに入って行ってシュートまで完結するスタイルも持っている。

 右サイドのクルークスがストロングポイントで左利き彼のところからカットインして中に入っていくとあるいはクロスというシーンが多い。

 左サイドは田中を予想しているがここ2,3試合ベンチにも入っていないので、出て来るかはわからない。

 福岡のラインはコンパクトで守備のところはスペースを空けずに自動的に組織的に守ってくる。

 バランスが崩れない。4バックを予想しているが、5バックで守ってロングボールで両外国人に攻撃を任せるというスタイルをとってくるかもしれない。

 守備は堅い。相手の侵入を許さず、素早く寄せて全体がスペースをあけずに守ってくる。

 セットプレーは要注意。上背のある選手を揃えている。今シーズンコーナーからの得点は2得点と伸びていないが、コーナーでマークがズレればかなり危険だ。
 
  こちらの予想メンバーは以下のとおり

                        シャビ

             菅              小柏         

ルーカス                                        金子

               駒井             大伍   


              福森      大八      駿汰   


                         菅野

  控え 大谷、桐耶、宮澤、青木、ゴニちゃん、興梠、大嘉


 UHBの情報だが菅はシャドーという布陣だそう。

 はたして明日は先発でそれをやるかどうか。もともと菅は攻撃の選手だから特段支障はないが、はたしてそうだとしてずっと前線をやっていなかった菅は機能するのだろうか?はなはだ不安

 福岡は恐らくは前半序盤は前からかなりプレスをかけてくると思う。そしてその後は割り切って引いてブロックを作ってしっかり守ってロングボールを使ってカウンターという形になるだろうか。

  ゆえにまずは前半序盤相手のプレスをかわしてパスをできるか。
 
  相手がかなり圧力をかけてきたときにロングボールで前線で収められるか。

  あるいはスペースに抜けることができるか。

 ただ福岡はかなりうまくスペースを埋めてくる。簡単なロングボールではボール保持はできないだろう。

 ゆえにこちらも前からの守備で相手のミスを誘いボールを奪ってからのショートカウンターが基本戦術
 
 またポジションチェンジを頻繁にして相手のマークの混乱をさせる。  

  サイドチェンジをして守備を片側に寄せて反対サイドのスペースを使うとかしないと福岡の組織的な守備はなかなか崩せない。

  とにかく運動量を増して動き回らないとなかなか決定的なチャンスは生じないだろう。

 福岡に勝つには相手の守備を動かさないといけない。
そういう工夫をちゃんとdけいるのかがポイントだ。

  セットプレーはチャンス。コーナーは福岡はマンツーマンで守る。うまくマークを剥がしてシュートまでもっていきたい。

 福岡は球際に強い。そこに負けないようにしなければいけない。また、こちらが勝っていれば相手は高さを利用したパワープレーを仕掛けてくる。

 ここをいかに防ぐか。これもポイントだ。

  この試合はホームで行われるので必ず勝たなければいけない。前節の川崎F戦の激闘で現地に行くサポーターも多いはず。

 そのサポーターに報いるためにも勝利はマストだ。

 とにかく動き回って得点を重ねて勝とう。

 特に気を付けなければいけない選手
 クルークス

 特に期待したい選手 
  ゴニちゃん小柏

  スコアの予想
  2-0


    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:13 | 次節の展望 | コメント(2) | トラックバック(0)

2022年09月30日

川崎F戦展望(前半抑えめ後半は厳しく行ってロングボールを上手く使って勝とう。)

明日のホーム川崎F戦

  強豪との連戦になる。前節の横浜FM戦は引分けて貴重な勝ち点1を獲得した。
 この試合は今シーズン最後の厚別の試合になる。また、川崎とはJリーグではリーグ戦でホームで勝ったことがない。この試合のスローガンは「リベンジ」なのでこのままやられっぱなしでは終われないだろう。まさに「リベンジ」をしなければいけない試合。

  対戦相手の川崎Fは現在2連覇中。しかし、今年は移籍があったり、怪我人が多く出たりして昨年や一昨年のような圧倒的な力はない。それでも徐々に新戦力が出てきて歯車が噛み合いだしたが、ここにきて立て続けにダミアン、大島、チャナの怪我と確実に戦力を落している。

 しかし、そうは言っても相手は川崎F。家長もいるし、天敵の小林悠もいる。勝利のポイントは彼らにいかに試合をさせないか。

 残留争いもあるし、ホームだし、とにかくリベンジして勝たなければ行けない試合だろう。

  川崎Fのシステムは4-1-2-2ー1
  後ろからしっかりつないで、緩急をつけてスペースを作ってそこに入って行ってシュートマでもっていく。決定力が髙い。守備はプレスの強度が髙く、ボールへの寄せが速くすぐ奪いに来る。

             川崎予想メンバー


               20知念

23マルシーニョ                                            41家長

        19遠野                    8橘田              
                                                                                      
                 6シミッチ


   15佐々木     5谷口    4ジェジウ        13山根

                            1チョンションリョン
                               

控え    GK27丹野、DF31山村、2登里、MF16瀬古、14脇坂、24宮城、FW11小林

  
   川崎Fは後ろからしっかりパスを回してビルドアップしてくる。ロングボールが少ないが、カウンターは速い。アンカーのシミッチを起点にして縦パスを入れながら展開してくる。

  緩急の使い方がうまく、バックパスや横パスも多いがここぞという時にはスピードを上げてスペースを見つけ、あるいは作ってそこに入って行ってシュートまでもってくる。

 サイドは家長がうまくポジションチェンジをしながら中に入って行って前線の3枚と一緒に攻撃に参加してくる。

  全般的にポジションチェンジをする回数が多く、当然ながらこちらのマンツーマンを剥がしに来るだろう。

  守備は堅くボールを奪われたら素早く奪いにくる。セカンドボールを拾う意識も髙く、中盤の3人がうまくスペースを埋めに来る。

 プレスは強く相手にロングボールを蹴らせてCBでうまく処理をするパターンが多い。
  カウンターも速い。特に終盤はスペースが空いてくる。ここでうまく守らないとカウンターにやられることになる。

 セットプレーは注意。特にコーナーは上背の高い谷口やジェジウがヘッドが強い。ここをしっかりマークしたい。

  小林悠は後半出てくると予想。スペースがよりできている状態だが、彼はDFの裏を抜けるプレーがうまい。彼を抑えるにはスペースをできるだけ空けないこと。
 またオープンな戦いにはできるだけしたくない。

 
  こちらの予想メンバーは以下のとおり

                        シャビ

             小柏            金子         

菅                                         ルーカス

               高嶺           駒井    


              福森      大八      駿汰   


                         菅野

  控え 大谷、桐耶、荒野、青木、チェック、興梠、ゴニちゃん
 
  明日は前半、暑さも予想されるが守備ではマンツーマンを徹底させたい。特に家長とシミッチには仕事をさせないようにピッタリマークしていきたい。

  守備はしっかり前から行って簡単にパスを回させないようにしたい。

 相手はスペースをよく利用してくるので引いてブロックを作る場合にはスペースを空けないようにしたい。

 後半出てくる小林悠にはマークはつきづらいと思うが、うまくスペースを埋めて守ってほしい。
 
 相手の左サイドマルシーニョとルーカスの対決がポイント。ここでしっかり勝つことが大事

 攻撃は相手のゆっくりとしたペースに合わせずにメリハリのあるスピードで細かくパスをつなげ攻撃していきたい。

  中盤ではセカンドボールをしっかり拾いたい。高嶺と駒井の働きが勝敗を分けるというっても過言ではないだろう。

  川崎Fの弱点はCBとSBの間。ここが空くのでうまく使って攻撃したい。
 また相手のアンカーの横のスペースに入って行って起点をつくりここから攻撃して行こう。

 川崎Fにはサイドチェンジが有効だ。長いボールを使ってスライドを頻繁にさせて疲れさせボールサイドに寄ったところをに一気に入って行ってシュートまで行こう。

 セットプレーもチャンス。良い位置でFKのチャンスをもらって決めたい。

 またコーナーは川崎Fはマンツーマンで守る。ショートコーナーやサインプレーでマークを外しシュートまでもっていこう。

  明日は前半と後半の気温差が著しく変わると思う。ゆえに前半は抑えめに後半、フルで動き回り、試合を決めよう。勝つチャンスは十分ある。相手の弱点を徹底的につこう。

 こちらは残留がかかっているのでモチベーションを髙く臨みたい。もちろん川崎Fも優勝がかかっているのでモチベーションは高いだろう。まずは気持ちで勝つことだ。

 川崎Fには積年の恨みがある。2度、3度勝ったからと言って晴れるわけではないがとにかく今年最後の厚別を勝利で飾ろう。


 特に気を付けなければいけない選手
 マルシーニョ

 特に期待したい選手 
  小柏

  スコアの予想
  3-0


         
      勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター

posted by 孔明 |21:15 | 次節の展望 | コメント(3) | トラックバック(0)

2022年09月17日

横浜FM戦展望(動き回ってシュートを打とう。そうすれば勝利が見えてくる。)

明日のアウェイ横浜FM戦

  前節の磐田戦は福森の久々の直接FKゴールで先制し、素晴らしいパスワークから2点目。試合終了間際には高嶺のゴールと小柏の今季初ゴールが出て4-0と圧勝した。
  ただ、もっと点が取れた試合だった。ポストに当てたシーンんが2回やGK正面のシュートもあった。

 対戦する横浜FMは現在首位。選手層の厚さや攻撃のパターンの多様さで勝ち点を積み重ねている。強敵ではっきりいって勝つのはかなり難しいだろう。

 しかし、横浜FMは怪我人も多く出て、累積警告で出場停止の選手もいる。この相手に勝ってこそJ1残留への意地が見られるのではないか。
 
 横浜FMとはこれまで比較的相性はいい。相手のビルドアップにうまくこちらのマンツーマンDFがはまるからだと思うが。横浜FMも当然対策は考えているはず。こちらもそれを上回る戦術で戦っていきたい。

 戦前の予想は当然横浜FMの勝利だろう。しかし、試合はやってみないとわからない。勝利のチャンスは十分ある。懸命に戦って勝利を得よう。

  横浜FMのシステムは4-2-1ー3
  後ろからしっかりつないで連動した動きでスペースをつき素早く攻撃してくる。守備はプレスの強度が髙く、ボールへの寄せが速い。

             横浜FM予想メンバー


             11アンデルソン・ロペス


9レオセアラ                               18水沼

                          10マルコスジュニオール
                                                         
                     6渡辺             16藤田


 2永戸       4畠中        24岩田         27松原

                              1高丘
                               

控え    GK50オビ、DF39角田、MF8喜田、14吉尾、23仲川、FW7エウベル、40金子、20ヤンマテウス
 
   横浜FMは基本は後ろからしっかりパスを回してビルドアップするが、ロングボールも多い。

  パスを回しながら徐々にスピードを上げて行って前線が流動的に動いてスペースに入って行く。パスは素早く縦へつけるという意識が高い。

 とにかく素早い攻撃が特長だ。

 スペースに入っていく動きに反応しないとマークを剥がされフリーの選手を生むことになる。ここはしっかり守りたい。

 守備では高い位置からのプレスを行ってきてボールを奪われたら素早く奪い返しに来る。ここで躊躇していたらすぐさま奪われてしまうだろう。

 攻守の切り換えが速いサッカーをしてくるので、後手に回らないようにしたい。

 相手は当然、こちらのマンツーマンを剥がしに来る。動き回ってマークを剥がしに来るのでここで剥がされると広大なスペースを与えることになるので、早く潰すことができるかがポイントだ。

 セットプレーも注意したい。特にコーナーはマークを剥がされないようにしたい。


  こちらの予想メンバーは以下のとおり

                       興梠

             小柏            シャビ         

青木                                       ルーカス

               高嶺           駒井    


              福森      大八      駿汰   


                         菅野

  控え 大谷、桐耶、荒野、チェック、金子、大嘉、ゴニちゃん
 
  守備ではマンツーマンを徹底させたい。はまらないとかなりなピンチを背負うことになる。相手は中3日。

 こちらの方がコンデイションは良いと思うので、前半から飛ばしていきたい。寄せを厳しく行って、ボールが奪われたらすぐさま奪回するように複数でボールをとりにいきたい。

 相手にカウンターを許さないこと。これがポイントだろう。相手はボールを奪ったら素早く縦に走ってくる。ここに出させないように前から行きたい。

 攻撃では相手のボランチがサイドバックとセンターバックのスぺースをカバーしてくるのでそう来る前にサイドからどんどん攻めたい。

  ロングボールも有効だろう。小柏をスペースに走らせて後ろから攻めあがりたい。

 DFの裏を徹底して狙ってほしい。

  中盤でボールをいかに奪って速く攻撃するか。勝利するためにはこれにつきる。
  ミドルシュートも狙っていきたい。特に高嶺はスペースがあったら必ず狙ってほしい。

 明日は雨のピッチが予想される。グラウンダーの球足が速いシュートは有効だろう。

 セットプレーはチャンス。

 相手はコーナーはゾーンで守る。スペースに入って行ってそこで決めよう。

 横浜FMとの戦いは運動量との勝負となる。

 いかに動いて相手に自由にやらせないか。これが大きなポイント。

  明日はピッチが濡れて湿度ももちろん高い。これを克服して運動量勝負で勝って得点を重ねたい。いつものようなパスの選択ばかりでは点はとれない。

 ピッチが濡れているのでシュートをたくさん打つことが勝利への鍵となる。
 とにかく勝て。

 特に気を付けなければいけない選手
 ロペス

 特に期待したい選手 
  小柏

  スコアの予想
  2-0

 
  
               
      勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:10 | 次節の展望 | コメント(2) | トラックバック(0)

2022年09月10日

磐田戦展望(ホームの声援を背に先制点を必ずとって、追加点をとって必ず勝とう。)

明日のホーム磐田戦

  前節のC大阪戦は前半、まったく出来が悪くなかなか攻撃ができなかったが、後半メンバーを代えて息を吹き返すも先制される。しかし、ゴニちゃんの個人技で同点に追いつくと終了間際のラストプレーで青木のゴールで劇的な逆転勝ちだった。

  ホーム4連戦の最後の磐田戦

  6ポイントゲームになる。相手は残留争いで必死になって戦ってくる。こちらもホームで勝たないといけない。とにかく勝ちに拘ってやってほしい。気持ちを入れてここで勝つという強い意思を示さないと負けてしまうだろう。とにかく勝ち点3をとること。これが大事だ。

 磐田は現在最下位。成績不振で監督が渋谷監督に交代。前節から指揮をとっている。前節は2点取られてから後半2点を入れて同点に追いついた。勢いに乗ってきているチームとも言えるだろう。

  磐田はこの試合に負ければ本当に土俵際に追い詰められる。ゆえにかなり気持ちを入れて戦ってくる。それこそ必ず勝ち点3をとるために戦ってくる。
 この試合は勝利が必須だ。監督や選手も十分に解っていると思うがそれを肝に銘じて戦ってほしい。万が一負ければこの節でプレーオフ圏内に落ちる可能性もある。ホームでサポーターの声援に応えて必ず結果を出してほしい。


  磐田のシステムは3-4-2ー1

  後ろからしっかりつないで縦に素早く攻撃してくる。前線の3人とウイングバックとで攻撃する。守備は5-2-3のブロックを作ってしっかり守ってくる。

             磐田予想メンバー
 
                 9杉本

                    11大津                   17鈴木
                
14松本                          27吉長                         
                    7上原              50遠藤

    3大井        6伊藤            2山本義道                 


                              21三浦

                               

控え    GK24梶本、DF5小川、MF23山本康裕、8大森、FW18ジャーメイン良、40金子、29ファビアンゴンザレス

 
   磐田は後ろからしっかりパスを回してビルドアップしてくる。遠藤を起点にして周りが遠藤からパスを受けてそこから前に出してくる。

 プレスに激しく来られるとロングボールも結構蹴ってくる。

 前線の杉本は高さがあるのでここに当ててくるボールには簡単に収められないようにしなければいけない。

 前を向けばワンタッチ、ツータッチでパスをつなげて相手を崩し、素早くシュートまでもってくる。

  守備から攻撃の攻撃は速い。そこは意識してやっているようだ。

 杉本には昨年もやられたので彼には十分に注意したい。

 サイドからのクロスを簡単にあげさせないようにしないと簡単にクロスからやられてしまうだろう。

 また彼はポストプレーがうまいので簡単にはたかせないようにしなければいけない。
  守備は杉本が前からきてサイドに誘導。ここで奪うか攻撃を遅らせようとしてくる。

 この守備に引っかからないようにしたい。

  セットプレーも注意しなければいけない。キッカーが遠藤なので、キックの精度が高い。そして磐田のメンバーは高さがある。集中してマークにつかないとやられてしまうだろう。
 また、ペナの付近ではファウルをしないようにしなければいけない。
 


  こちらの予想メンバーは以下のとおり

                       興梠

             小柏          シャビ

菅                                       ルーカス

               高嶺          駒井    


              福森      大八      駿汰   


                         菅野

  控え 大谷、桐耶、荒野、金子、青木、チェック、ゴニちゃん

  磐田は必死の思いで戦ってくる。まずは気迫で相手に負けてはいけない。

  こちらも必死の思いで戦わないと勝ち点3はとれない。

  ビルドアップでは相手はさほど強いプレスはかけてこないが、ワントップがボールフォルダーによせてシャドーがサイドに誘導する。こちらは最終ラインからうまくボランチにボールをつなげればチャンスになる。

 ロングボールも狙って行ったほうがいいだろう。

 小柏がスペースに走っていく、興梠にあてるか。

 守備は前からいきたい。相手のビルドアップはあまり上手とは言えない。

 ここを狙っていきたい。また相手はロングボールがあるので、できるだけロ
ングボールを蹴らせないようにしなければいけない。

 大八の任務は重要だ。杉本を抑えなければいけない。どうしても先に触れらるようならボランチとサンドで簡単にボールを収めさせないようにしたい。

  相手の守備の時にサイドに寄せられたらこちらのウイングバックは相手のウイングバックの背後を狙っていきたい。そこにスペースができやすい。

 そこを徹底して狙って行こう。

  サイドからの攻撃は有効だろう。ルーカスや菅が中やサイドにボールを預けて自分で入って行き、最後はシュートで終わろう。

 相手のカウンターには十分に気を付けたい。

 低い位置でボールを失うのは厳禁だ。中盤でボールを失ったらイエロー覚悟で相手を止めてほしい。

 セットプレーはチャンス。そろそろ福森の直接FKのゴールが見たい。

  コーナーは磐田はゾーンで守る。 
 うまくスペースに入って行って大八や駿汰にボールを送ろう。

 パスばかりではなくシュートをどんどん打っていきたい。シュートコースをうまく作って必ずシュートで終わろう。

  とにかく勝たなければいけない試合。ホームで勝ち点3は必須だ。

 先制点が重要になる。

 このところ先制を許した試合が多い。何が何でも先制しないと勝利はかなり苦しくなる。
 とにかく先制して追加点をとって勝て。


 特に気を付けなければいけない選手
 杉本

 特に期待したい選手 
  シャビ

  スコアの予想
  3-0


   
               
      勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:14 | 次節の展望 | コメント(2) | トラックバック(0)

2022年09月01日

C大阪戦展望(気迫、運動量で勝たなければ勝ち点3をゲットできない。)

明日のホームC大阪戦

  前節の鳥栖戦は前半、興梠のゴールで先制するも後半、動きが鈍くなり逆転負け。ホームで連敗となってしまった。そこから2週間空き、チームとしてしっかり修正できたか。
 残留争いにどっぷり浸かった状態でさらにホーム2連戦。後々の対戦相手を考えればここは連勝しかない。そのためには硬直した選手起用ではなくミシャの柔軟な采配が求められる。
  相手のC大阪は現在6位。今シーズン監督が代わったが、主にJ2から補強した選手がうまく機能してここまでの成績となっている。前節は好調の広島に負けたが、調子は良く、勝利するにはC大阪には気迫、運動量で上回らないと勝てないだろう。
  この試合は勝利が必須、監督や選手もそれを肝に銘じて戦ってほしい。万が一負ければこの節でプレーオフ圏内に落ちる可能性もある。ホームでサポーターの声援に応えて必ず結果を出してほしい。

  C大阪のシステムは4-4-2
  前からかなりプレスをかけてきて、ボールを奪ってショートカウンターが中心
 とにかく縦に速い攻撃をしてくる。カウンターにしっかり対処しないと簡単に1対2を作られてしまうだろう。


             C大阪予想メンバー
 
          34山田    20加藤

                
 26パトリッキ                       16毎熊                         
                    17鈴木              15奥埜

6山中     33西尾  22マテイヨニッチ    29舩木(OR3進藤)          
                              21キムジンヒョン

                               

控え    GK31清水、DF3進藤、MF19為田、10清武、FW38北野、7上門、11メンデス

    右サイドの松田が累積で出場停止
 
   C大阪は後ろからしっかりパスを回してビルドアップしてくる。GKのキムジンヒョンが足下がうまく、低い位置から組み立てるのを得意としている。ただ、時折ロングボールもあって、前線に当ててくる攻撃もしてくる。

 攻撃は縦に速い攻撃が得意で横パス、バックパスは少なく縦パスをFWに入れてそこから手数をかけずにシュートまでもってくる。

 プレスは厳しく、ボールを奪うかサイドに寄せてコースを限定してくる。ボールを奪ったら素早くショートカウンター
 低い位置でボールを持てばスピードあるカウンターを仕掛けてくる。

 ここをいかに防ぐかがポイントだ。

  こちらの攻撃はシュートで終わる。相手に奪われたら3秒位以内で奪い返すことを徹底しないと失点を重ねることになる。

 C大阪はサイドからの攻撃が活発。フリーにさせればサイドからクロスを入れている。簡単にクロスを入れさせないように両サイドは厳しく行ってほしい。

 特に左サイドのパトリッキには注意したい。ドリブルや突破の動きをしてくるので右サイドの選手は負けずに応対してほしい。

 守備はハイプレス。いかにそのプレスをかわして攻撃にでるか。引っかかっていたらピンチになる。あまりにもプレスを厳しくされたらロングボールも選択肢に入れた方がいいだろう。

 そしてC大阪はセットプレーが得意。今シーズンはセットプレーから10点取っている、FKやコーナーは十分気を付けてほしい。


  こちらの予想メンバーは以下のとおり

                       興梠

             チェック           金子

青木                                       ルーカス

               高嶺          駒井    


              福森      大八      駿汰   


                         菅野

  控え 大谷、桐耶、宮澤、荒野、深井、シャビ、ゴニちゃん

  C大阪は相手としてはやりにくい相手だ。

 かなり前からプレスをかけてくるので、ロングボールを打たされるとCBに跳ね返された回収される。このパターンをなんとか避けなければいけないだろう。

 勇気をもってできるだけつなげて、どうしようもなければ前線の興梠に当てる作戦以外ないだろう。

 守備は前からどんどん行きたい。GKが足下が得意なのでつなごうとしてくる。ここを徹底して狙いたい。

 しかし、当然相手もわかっているのでロングボールを前線に当ててくる作戦もあるかもしれない。そういう流れになったら、余計こちらのプレスを強めて簡単にロングボールを蹴らさないようにしたい。


 相手のパスを奪ってショートカウンターが一番得点のチャンス。これをものにしたい。

 相手は絶えず縦パスを狙ってくる。まずは縦パスを出されないようにしなければいけない。出されたら相手の2トップには厳しくチェイスして簡単に収めさせないようにしたい。

 この試合では両サイドの守備は重要。厳しくチェックに寄せないと簡単にクロスをあげさせてしまう。

 攻撃は低い位置でのパスミスは厳禁だ。いかに相手に引っかからないようにするか腐心しなければいけない。

  ちんたら横パス、バックパスばかりだと引っ掛けられ決定的なピンチになる。前線やサイドがいかに動いてボールを受ける体勢に早く移行するかがポイントだろう。

 縦パスをどんどん狙っていきたい。そのためにはまわりのオフザボールの動きが必要だ。動いてFWやシャドーがスペースでボールを受けられるようにしてほしい。

 また、相手のサイドバックの横を狙っていきたい。また横縦とゆさぶりスぺースに入っていこう。

 シュートは枠にが必要だが、特に攻撃はシュートで終わらなければいけない。また躊躇してパスを選択すればカットされカウンターを浴びてしまう。この点はしっかり頭に入れておかないといけないだろう。

 相手のカウンターにはくれぐれも注意したい。パスカットされないように適度なパススピード出し手と受け手のタイミングもうまく計ってほしい。

  先制点がこの試合も重要になる。先制点をとったら追加点が重要になる。
 相手は前節の大敗で守備を強固にしてくるはず。ここをいかに破るかが問題。
 セットプレーはコーナーはゾーンとマンツーマンの併用

 マンツーマンは2,3人につくので、恐らくは大八と駿汰、興梠あたりにつけてくるはず。ここのマークをいかに剥がして得点をとるか。

 とにかくこの試合が正念場だと思って、湘南戦のように気持ちを入れて戦ってほしい。気持ちを入れて動き回れば勝利はできるうはず。 

 サポーターの応援の声も後押しになると思う。

 頑張って勝ち点3をとってほしい。


 特に気を付けなければいけない選手
 パトリッキ

 特に期待したい選手 
  金子

  スコアの予想
  2-0


        
                                                                 
    コンサドーレなどサッカー、日本ハムなどのプロ野球、レバンガなど北海道のスポーツ、またそのほかのスポーツなど芸能関係もとりあげているブログです。是非よろしくお願いします。
           ↓
  なまら速いスポーツ速報
            
  なまら速いスポーツ速報ツイッター

    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
     孔明ツイッター

}
  
    

  
 


   

posted by 孔明 |20:59 | 次節の展望 | コメント(8) | トラックバック(0)

2022年08月19日

鳥栖戦展望(圧倒する気迫で動き回わりしつこく行って いい加減結果を出せ)

明日のホーム鳥栖戦

  前節の神戸戦は前半から気迫を感じさせない展開でミスから失点。前半終了間際でまた失点。後半選手交代で流れを変えたが得点できず。0-2でホームで見どころのほとんどない試合をしてしまった。

 再びホームの試合。残留争いに片足を突っ込んでいることから何が何でも勝たなければいけない試合。

 とにかくホームで勝利という結果を出さなければサポーターは満足しないだろう。

 一方の鳥栖は夏の移籍期間に右サイドの飯野を抜かれるも広島から長沼を獲得。そのポジションを埋めた。また中野嘉大が湘南へ移籍。横浜FCとの間で石井と手塚をトレードのような形で異動があった。
 
 ここにきて結果が出ない試合が多かったが、3バックかFら4バックにして

 最近の5試合は1勝2分け1敗とまずまず。勝ち点33で9位にいて中位の位置にいる。

 最近は戦術岩崎と言われてもおかしくない岩崎中心の戦いをしていたが、岩崎は契約上出場できない。

 鳥栖とは今シーズン4回目の対戦。リーグ戦のアウェイでは0-5と屈辱的な負け方をしただけにホームではたくさん点をとって勝ちたい。

 ただこういう試合には得てしてリベンジできないのが我がチーム。まずは気持ちで勝って圧倒するような試合運びにして点を重ねてほしい。

  鳥栖のシステムは4-2-2-1-1
  前からかなりプレスをかけてきて、縦に速い攻撃をしてくる。低い位置からしっかりつなげて攻撃してくる。CBには高さがあって強い選手が2人なのでロングボールを蹴らせてくるような守り方をしてくるだろう。


             鳥栖予想メンバー
 
              11宮代

                          8本田

 44堀米(18西川)                  24長沼                         

                    14藤田               6福田


 13中野      5ジエゴ     20ファンソッコ      42原田 

            
                              40朴

                               

控え    GK31岡本、30田代 MF7手塚、47森谷、27相良、18西川、FW19垣田

   鳥栖はしっかり後ろからパスをしてビルドアップしてくる。パスをテンポよくつなげてシュートまでもってくるのが得意のパターン

  鳥栖は当然ながら涼しいドームで前からプレスをかけてあわよくばパスをカットしてそこから素早くシュートまでもってくる形をとってくるだろう。

  また、プレスがはまらなくてもロングボールを蹴らせてCBで跳ね返す計算をしていると思う。

 リーグ戦での戦いではうまく連動したプレスでボールをとられ、鳥栖に得点を重ねられた。当然今回もうまくはめてくる形を狙ってくるだろう。そこにはまらないようにしなければいけない。
  鳥栖は攻守の切り換えが速い。特にボールを奪ってからの攻撃に特長がある。
  いつもながら鳥栖のカウンターにはくれぐれも注意したい。

  鳥栖のサイド攻撃には要注意だ。今週、サイドからの攻撃を繰り返し練習したらしいので、サイドからの攻撃に重きをおいて戦ってくるはず。

 岩崎がいないので左サイドの圧倒的な攻撃力はないが、代わりの堀米もリズムのよいドリブルが特長の選手。また右サイドの長沼は周りの選手をうまく使って突破してくる。

 そして藤田とジエゴのロングスローにも注意したい。しっかり密着マークして簡単に折り返させないようにしなければいけない。

 ジオゴの攻撃参加にもしっかりマークしたい。

  セットプレーも注意したい。

 特にFKのキッカーは右藤田、左堀米といるので、ゴール前のファウルには十分に注意したい。

  こちらの予想メンバーは以下のとおり

                       興梠

             駒井           小柏

菅                                       ルーカス

               高嶺          駒井    


              福森      大八      駿汰   


                         菅野

  控え 大谷、桐耶、宮澤、荒野、チェック、シャビ、ゴンちゃん

 とにかく勝たなければいけない試合。

 前節神戸戦で気持を感じない試合をしたのでこの試合はしっかり気持ちを入れてほしい。

  中盤でいかにセカンドボールを拾うかがポイント。相手の鋭い寄せに負けずに寄せて行ってボールをとって2次攻撃3次攻撃をしていきたい。

 サイドの攻防が勝敗の1つのポイント。ルーカスが相手のサイドハーフにいかに勝って右サイドから攻撃できるか。

 試合の序盤のビルドアップをしっかりできるか。相手が激しく寄せてくると思うのでいかにパスミスなくうまく、素早く前方に持って行けるかが大事

 相手が寄せてくれば最後にはロングボールでも良いが、相手はそれを狙ってくる。ロングボールは正確なキックで前線に収まるようなボールを蹴っていきたい。

 守備では簡単に縦パスを入れさせないようにしたい。

 そこから相手にスピードを出させないように厳しく寄せていきたい。

 鳥栖は運動量のあるチームなのでこちらも負けずに動き回ることが必要だ。
  特に前線の運動量は必須

 小柏はDFラインの裏を徹底して狙ってほしい。 

  こちらが引いて守れば鳥栖は横パスも結構多い。そこをタイミングよく出て行ってカットしてショートカウンターを狙っていくのもいい。

 セットプレーはチャンス

 コーナーは鳥栖はゾーンとマンツーマンとの併用。

 うまくマークを外してゾーンにボールを入れていってそこでシュートを決めたい。

   この試合は勝利が必要だ。

 そのためには先制点が大事。

 いつものように序盤でパスミスを繰り返せば失点の可能性が高い。そしてチャンスにはパスではなく必ずシュートで終わること。
  まずは気迫で勝たないと話にならない。 

 自分達が置かれている立場をしっかり認識してこの試合は絶対にし勝利しよう。
  四の五の言わずに必ず勝て
 
特に気を付けなければいけない選手
 本田

 特に期待したい選手 
  小柏

  スコアの予想
  6-0

 
    
                                                             
    コンサドーレなどサッカー、日本ハムなどのプロ野球、レバンガなど北海道のスポーツ、またそのほかのスポーツなど芸能関係もとりあげているブログです。是非よろしくお願いします。
           ↓
  なまら速いスポーツ速報
            
  なまら速いスポーツ速報ツイッター

    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
     孔明ツイッター

}
  
    

  
 

posted by 孔明 |20:02 | 次節の展望 | コメント(4) | トラックバック(0)

2022年08月12日

神戸戦展望(縦横の幅を使って揺さぶってズレを生じさせ得点しよう。)

明日のホーム神戸戦

 前節はアウェイで湘南相手に5-1と圧勝。小柏が復帰したことで縦のパスが生き、相手ラインを下げてセカンドボールを拾ってシュートまでいく良い形が再三見られた。

 この試合も湘南戦のような戦い方をしたい。神戸にはここまで5連敗。昨年は3点リードしながら4点取られて逆転負けという屈辱を味わっただけに圧倒してリベンシしたい。

 前回対戦もアウェイで1-4で負けているだけにできれば大勝してやり返したい。
 一方の神戸は優勝候補と言われながら連敗続き、監督を2度代えるも怪我人も多く、思うような結果が出ず。最下位になっている。

 神戸としても相性が良い相手と言うことで浮上のきっかけを掴みたいだろう。神戸は水曜日にルヴァンカップを戦っている。ただ、完全ターンオーバーしていて主力の出場もさほどなくさほど影響はないかもしれない。

 コンサはこういう有利な状況では必ず負けるというジンクスがある。これも打ち破らなければいけない。

  神戸のシステムは4-1-2-2-1

  低い位置からボールをつなげて、スピードをあげて攻撃してくる。ワンタッチでボールと人が動いてシステムティックに動いてくる。中盤のイニエスタから攻撃が始り、サイド攻撃が得意。


             神戸予想メンバー
 
                       10大迫

         16汰木                     22佐々木

                     8イニエスタ           5山口

                               49小林祐希
            
                                                          
24酒井      3小林友希    15マテウストゥーレル 2飯野

            
                           18坂倉                               

控え    GK1前川、DF14槙野、19初瀬、MF25大崎、7郷家 、20井上、30ムゴシャ


 神戸が良い時はワンタッチでテンポよくボールをつなげて相手の守備を崩し、シュートまで持ってくる。サイド攻撃が得意で特に左サイドからの攻撃が多い。

 左サイドの汰木が中に入ってサイドバックの酒井が上がり、イニエスタからパスが出てシュートまでもってくる。
また、トップに大迫がいるのでサイドからクロスをどんどん入れてくる。

 ボールを動かして相手を走らせ、ポジションを高めてセカンドボールを拾って2次攻撃、3次攻撃を仕掛けてくる。

 また。DFの裏を常に狙ってくる。

 守備はある程度前から来て、ラインはある程度高い。コンパクトな状況でボールをもって攻め立てる。

 神戸がいかにボールを握るかということに腐心している。

 イニエスタがいるのでゴール前で細かなパスをつなげて崩してくるので十分に注意したい。

 このところ山口にやられ放題なので彼を徹底マークしたい。

 セットプレーはイニエスタもいるのでペナ付近のファウルをしないように気を付けたい。またコーナーは要注意。特にマテウストゥーレルのマークはしっかりしたい。

 後から出てくるムゴシャは高さがあってヘッドが強いセットプレーやサイドからのクロスには要注意だ。   

 こちらの予想メンバーは以下のとおり


                                   興梠

                    駒井        小柏
                                  

青木                                        ルーカス

            深井             宮澤


            高嶺       大八         駿汰    


                          菅野

  控え 大谷、福森、荒野、菅、チェック、ミラン、大嘉 


  神戸にはとにかくリベンジをしなければいけない。それもできれば大差をつけて叩きのめしたい。

 守備では相手のショートパスやイニエスタのイドリブルには要注意
 イニエスタには深井がつくと思うが、しつこくマークしてまた仕事をさせないようにしてほしい。

  バイタルを使ってパスをつなげてくるのでオフザボールの動きをしっかり見て、マークの受け渡しをちゃんとやってほしい。

 また相手のカウンターには要注意

 特に相手のロングボールを相手に拾われて後ろから出てくる攻撃には十分すぎるほど気を使ってほしい。

 山口には仕事をさせてはいけない。宮澤あたりがきっちりマークしてほしい。

 サイドの攻防がポイントだろう。相手の左サイドとこちらのルーカスとの戦い。

  攻撃では相手のDFの裏へのランニングが勝利へのポイント。小柏は何度もDF裏へ飛び出してほしい。

  相手は4バックなので素早い横幅を使った揺さぶりが効くはず

 要は縦、横幅を使ってゆさぶってでスペースで広げてそこから攻撃していきたい。

 相手はプレスはさほど厳しくないのでパスはつなげるはず。

 いかに早く縦へつけるか。縦パスもどんどんつけていこう。

  ロングボールで小柏を走らせ相手DFを押し下げて興梠でタメをつくって、シャドーやボランチが入っていく。こういうプレーをしてシュートまでもっていきたい。

 またいつものようにカウンターには十分に気を付けたい。カウンターを潰して攻撃の芽を摘もう。

 セットプレーはチャンス。特にコーナーは大八や深井がいるので彼らにボールを集めていきたい。

  とにかく最初から圧倒するつもりでどんどんシュートを打って打って攻め倒そう
 これまでのやられたリベンジを図ろう。


特に気を付けなければいけない選手
 山口

 特に期待したい選手 
  小柏

  スコアの予想
 4-0


                                                           
    コンサドーレなどサッカー、日本ハムなどのプロ野球、レバンガなど北海道のスポーツ、またそのほかのスポーツなど芸能関係もとりあげているブログです。是非よろしくお願いします。
           ↓
  なまら速いスポーツ速報
            
  なまら速いスポーツ速報ツイッター

    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
     孔明ツイッター

}
  
    

  
 

posted by 孔明 |19:48 | 次節の展望 | コメント(4) | トラックバック(0)