スポンサーリンク

2020年12月20日

昨日は完ぺきな試合だったが、課題はやはり引いた相手をどう崩すか。

 昨日の試合は完ぺきな試合だった。

 前半、序盤からボールを握って、攻め立てた。

 しかし、前半はなかなか決定的なシーンを演出できなかった。

 ただ、ボールはしっかり持って、攻勢をかけていた。

 前半はどうしてもペナの中に入ってシュートまではいかなかった。

 後半も同じようにボールを持って攻撃を仕掛けた。

 1点目は右サイドからのカウンター。やはり相手の守る人数が少ないプレーから得点を生まれた。相手が引いてしまうとどうしても崩すのが難しくなる。そして先に失点しなかったことも大きかった。ただ、1点ではなにが起きるかはわからない。駿汰の追加点が非常に大きかった。これで勝利を確信した。

 相手が中2日ということも幸いしたのではないか。

 前からプレスにこず、中盤でボールを持てたのが大きかった。そして攻撃の起点の福森が自由に動けたことが大きかった。

 ただ、こちらがボールを持てたのはこれまでの成果だろう。

 心配したのは浦和のカウンター。2度ほどカウンターで脅かされたシーンがあったが、菅野やDFがしっかり防いだ。

 ただ、なかなか点がとれないと危なかった。やはり先制点が効いた。

 このような戦い方ではやはり先制点が重要になる。

 カウンターからとれたのは非常に良かった。

 内容的にも完勝だった。このような戦い方が常にできれば上位争いを常にするチームになるだろう。ただ、やはり守ってカウンターのチームにどのくらいできるか。

 引いた相手をどう崩すかが依然として課題。

 来年はこのようなチームにいかに勝つか。これが問題だと思う。

posted by 孔明 |19:53 | 今節の反省 | コメント(2) | トラックバック(0)

2020年12月19日

相手は3バックできたが、中盤、福森を自由にさせてくれて完勝した。

 2-0で勝利。

 前半序盤から中2日の相手を押し込み。ボールをもって攻め立てた。

 しかし、前半は福森のミドルシュート以外決定的な場面がなく、いやな感じも少ししたが、後半もひるむことなくボールをもって、駒井のゴール。そして駿汰のゴールが出て2-0で完勝した。

 前半は押し込むもラストパスの精度やペナの中での落ち着きが足りなく決定的なシーンは福森が低い弾丸で打ったシュート。これは相手GKの西川に横っ飛びで防がれた。

 後半、カウンターから点をとった。駿汰がボールをもって金子へパス。金子が宮澤にパス宮澤がダイレクトでロペスへパス。ロペスがドリブルして左サイドのスペースに飛びだす駒井へパス。駒井が冷静にGKとの1対1をダイレクトで決めて先制1-0

 その後は交代を上手く使って1点を守る形だったが、それでもドドを投入して、あくまでも追加点をとりにいく姿勢が良かった。

 2点目はなぜか右サイドにいた福森がボールをもって中央へパス。ロペスがスルーして駿汰が右からカーブするシュートで右隅を狙い相手GKの西川にはじかれたがゴールに入った。2-0

 これで勝負は決まった。

 その後福森のグランダーのクロスがスペースに走り込む早坂に合わせたが、早坂が触れず。ここで早坂が点をとったら最高だったが、惜しいシーンだった。

 しかし、そのまま2-0で勝った。ようやく10勝をあげた。

 ほぼ完勝だった。危ないシーンは1、2度あったが、菅野がセーブしたり、DFが戻って処理をしてくれた。
 

 また、相手は今日は3バックにしてミラーゲームを挑んできた。しかし、解説の柱谷さんも言ってたが、中盤は3枚だったのでこちらは福森の上がったスペースが空きそこから自由にボールを出すことができた。このことで相手の中盤をかなり疲労させたのが勝因か。

 とにかく最終戦を勝利で飾った。まずは良かった。



                       勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


posted by 孔明 |16:41 | 今節の反省 | コメント(5) | トラックバック(0)

2020年12月13日

前半うまくいかないのでメンバーを替えて何とかしなければいけないと思う。

 ミスが重なれば必ず失点する。昨日の試合もこのことがやはり当てはまった。しかし、そのような失点はミシャにとっては織り込み済みだろう。

 なにより良くないのは点が取れないこと。昨日もとったのは1点だけだった。

 ただその得点の仕方は素晴らしかった。深井のスピードのある縦パスからロペスが得点した。しかし、それ以外にも決定的なチャンスが何度もあった。大分も2,3度あったが菅野がビックセーブしてくれた。

 それ以上に惜しかったのがドドのシュート。前半の菅のシュートもあった。両方ともポストに嫌われた。

 もっともそこまで行けるのは行けている。後は決定力。昨日はそれをつくづく痛切に感じさせる試合だった。

 しかし、もっとチャンスをつくれば得点の可能性も上がったはずで、その意味では前半が悪く、もっとチャンスを作らなければいけなかっただろう。
 それはやはり判で押したように駒井をシャドーに使ったことも原因だろう。駒井が前線で絡まないからビックチャンスはなかなか生まれなかった。後半、ボランチに下がって、ゲームを組み立てたり前線に上がったりで生き生きした姿を見るとやはり駒井はボランチだろうなと実感した。

 いつも前半うまくいかなくて、失点をして後半前掛りになってまた失点するか、点をとっても1点だけという試合が続いている。どうしてもっと前線のメンバーを代えていかないのか疑問が多い。

 金子をシャドーに入れたが、ここで何度も言っているが金子は右サイドに行って左に開いて斜めに入ってくる癖があるためルーカスとかぶることもあって、前線がジェイ1人になる。それどころかジェイも下がってボールを受けるのも好きなので前線にはボランチ1人しかいないこともあった。金子をシャドーに置くのはいいがルーカスとの役割分担をしっかり決めないと

 また交通渋滞を起こすことになる。個人的には金子はシャドーと思っているが前線に入る人間を増やすようにもっと整理をしなければいけないだろう。

  とにかく逆転できなかったのは実力がない証拠

 残りは1試合。せめて最後に勝って笑いたい。

       
                          
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |17:47 | 今節の反省 | コメント(0) | トラックバック(0)

2020年12月12日

ミスをいつものように重ねて失点。決められない弱さをまた露呈した。

 1-1の同点

 前半から動きが鈍くまたミスが2つ重なり失点。前半あった何度かのチャンスを決められない。後半、ロペスとドドを入れて攻撃的にしてボールをもって攻め立てるがなかなか決定的なシーンが出ない。

 その中で、深井の縦パスからロペスが受けて迫ってきたGKから右足でシュートでゴール。ようやく同点に追いついた。しかし、そこからなかなか点がとれない。
 ロスタイム、ロペスが右サイドでえぐってクロスをドドがフリーでシュートを打つもポストにあたる。唖然。

 そのまま1-1で引き分けた。

 先に失点したので、かなり苦しい戦いになった。また前掛になって危ないシーンが2度ほど。それは菅野が素晴らしいセーブを見せてくれた。

  失点のシーンは菅がロングボールを蹴ったが相手に当たって相手のボールにそれをパスされてミンテと1対1になってミンテが1対1をそらしてしまいそこから失点。いつも書いているがミスにミスを重ねて失点した。2度もミスすれば失点する。

 しかし、前半のうちだったのでまだ挽回するチャンスがあった。しかし、1点しかとれない。
 決定的なチャンスは何度もあった。前半、福森からの縦パスを菅が中に入ってシュートもポストに当たってしまう。また、菅のクロスに駒井がジャンプしてヘッドも枠の上だった。ここは駒井がジャプしすぎ。そんなにジャンプしなくても大丈夫だったろう。経験がないからこういうことになる。

 後半もチャンスはあった。駒井のGKとの1対1のチャンスはGKに当たってしまった。

 1点をとったのは素晴らしいシーンだった。深井のロペスへの縦パス。これが見事に決まってロペスが決めた。



 その後本当に惜しかったのが、ドドのシュート。ドフリーに中に入って行ったがシュートはポストに当たってしまった。他にもポストに当たったシーンがあった。いつものように決められない弱さを見せてしまった。


     
                          
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |17:36 | 今節の反省 | コメント(7) | トラックバック(0)

2020年12月06日

理想をあくまでも求めるミシャと現実的なロティーナのサッカーの差が出た試合だった。

 昨日の試合は監督の差を見たような試合だった。別にミシャが劣っているというわけではなくて、ロティーナ監督は現実的に勝ち点3を突き詰めて狙ってきたのに対し、ミシャはあくまでも理想を求めたサッカーをして、理想に届かなくて競り負けた感じだった。

 相手はやはり3バックできた。ロティーナ監督はこちらの広島戦を見て十分研究したであろうし、対大分ではやはり3バックにして相手の良さを完全に消した試合をした。コンサには3バックで後ろにスペースを生み出さす守ってカウンターが一番ということは自明の理だったろう。
 一方ミシャはよくも悪くもそんな相手に嫌なことをするような作戦を立ててはいなかったはず。愚直にいつものように前からマンツーマンでハメてショートカウンターで点を取ろうとした。
 C大阪には川崎Fが力ずくで引いた状態を崩して点を重ねて勝った。ミシャも目指すところは同じだろう。しかし、川崎Fのようなチーム力がない。同じように引いた相手を崩す力がないのに力づくでやるからあのような失点を重ねた。このような戦い方をする限り今の戦力、戦術では相手が守ってある程度力のあるチームでカウンターのチームには勝てないだろう。

 勝ち点3を得るには違うサッカーをしなければいけなかったが、ミシャがそんなことをするはずがない。とにかく戦う前からこちらが不利なだったと言えるかもしれない。

 相手に勝つには今の状態ではあくまでもミスをなくして守りは数的同数以下でも防げないと勝てないと思う。

  緻密なロティーナサッカーには今のチーム力であの戦術ではやはり難しかった。

  勝つ確率を上げるつもりなサイドから徹底的にルーカスや菅にクロスを上げさせてジェイに合わせるか、相手ペナ付近に何度も仕掛けて、ファウルをもらうか。

 そのためには金子をシャドーにしてルーカスを右、菅を左にしてロペスは控えにすればよかったと思う。あくまで結果論だが。

 とにかくチーム力を上げないと今のサッカーでは上位にはいけない。
 そして決定的なミスを連続させたりしては絶対に勝てない。


    
                        
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


posted by 孔明 |20:32 | 今節の反省 | コメント(5) | トラックバック(0)

2020年12月05日

ミスが多発。相手の監督の術中に案の定、見事にはまってしまい失点を重ねた。

 1-3で負け
 前半序盤はボールをもって攻め立ててがそこで点がとれないと手数をかけない相手に次々とチャンスをつくられついに失点。0-1。

 相手は予想通り3バックにしてきて引いて5バック気味にして守ってカウンター。こういう戦いをやられればまったく手も足も出ない。後半、前掛りになってそこから失点して0-2。これで大勢は決まった。しかし、そこからなんとかしてほしかった。

 相手からすれば引いて30分くらい我慢すればミスをしてくれそこに付け込めば点はとれると簡単なわけで相手の監督からすれば本当に楽なチームだろう。


 早くルーカスを右に持って行けと思っていたがようやくそうしたのは0-2から
 ルーカスからのクロスからジェイのヘッドで1-2。そこから追い上げていくも、前線を変えずにいると、3失点目を許してしまい、1-3これで試合は決まってしまった。


 その後はウーゴを入れて最後は早坂、直樹を入れてそのまま1-3だった。

 なによりミスが多かった。1失点目は高嶺の中盤でのパスミスから
 福森があわててスライディングでいくがとれずに相手に良い位置でボールをもたれ「クロス から失点。2失点目はカウンターからつぶせずにDFの裏を抜かれた。
 3失点目は福森の1対1の対応でヘッドを後ろにそらしてしまい相手をフリーにさせた。

 攻撃もパスミス、前線でボールが収まらない。前半など相手のペナ内にまったく入れず、そもそも引いた相手にミドルシュートすら打たない。またドリブルで仕掛けることもしない、相手はただ引いてミスを待つだけでいいから楽だっただろう。

 唯一のゴールだがルーカスのクロスから。、ジェイのヘッドがさく裂した。

 試合の入りは左ルーカス。右に金子だった。なぜこの形にこだわるのか。ミシャは一旦決めると同じ形に固守する。

 ルーカスを右に早く持ってきて、左に菅を置き、アーリークロスを入れてジェイに合わせていけば相手は嫌だったろう。相手はこちらの嫌なことをやり、こちらはほとんどしない。監督の指向の差だろうがやはりミシャは勝負に向かない監督ということがつくづく分かった。

 今日も勝てる確率が高い試合をしなかった。そういうことだろう。

 つまらない試合でもなんとか競って勝利を欲しかったが、このような試合まミシャはなにもできない。こんな試合で負けるのは本当につまらない。そうつくづくそう思う。


  
                        
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


posted by 孔明 |16:36 | 今節の反省 | コメント(6) | トラックバック(0)

2020年11月29日

せっかく苦労してとった2点なんだからもって大事な試合運びをしてほしかった。

 本当にもったいない試合だった。2点リード。それも流れの中ではなかなか得点できない中でセットプレーで2点もとった最良の状態で、立て続けに5分間で2失点。

 まったく言い訳などできない試合だった。

 攻撃では前線の選手がなかなかボールをキープできなくなんとか守っていたが、2点リードした状態であえてこちらからわざわざ後ろの枚数を少なくして前掛りする必要があったかどうか。

 1失点目はまだ相手の攻撃がうまく運のない状態でもあったのでしかたないにしろ、2失点目は十分に防げた失点だった。

 駒井が相手に寄せられて簡単にはたけなくてボールを奪われたのが原因だが、その危険性がある状態で福森がカバーの意識もなく上がってしまい、後ろを数的同数どころか数的不利にしてしまった。

 また右の駿汰も上がっていて、駒井がボールを持っている状態で2対4になっていた。

 少なくともこの時間帯は前掛になる行動は控えて、ゲームを落ち着かせ流れを戻してから攻撃に参加すべきではなかったか。


 その後も前掛になって次々と数的不利になってしまい、あわや逆転される状態に陥ってしまった。もっと守備の意識を持ったほうがいい。

 あまりも守備が軽すぎる。

 これはベンチにも言いたい。1失点してからすぐに選手の交代を用意して交代が間に合わなかったとしてもその姿勢を見せるべきではなかったか。また2失点目の後でも守備を再構築すべきではなかったか。浮足立っているチームをなぜ傍観していたか。

 あまりもプロの試合として情けない試合をしてしまった。

 昨日の前半は相手のマンツーマンぎみの守備があって、なかなかパスを出せない状態に陥っていた。また出しどころかなくてボールをもって逡巡していると相手のマークが近くてすぐ寄せられてボールを奪われた。

 もっとボールの受け手が動いてボールを呼び込んでほしかった。

 ボールを受けても相手の寄せが素早くてすぐボールを奪われた。

 ロペスや駒井の状態がそうだったろう。

 そのなかで苦労していながら2得点とったのは素晴らしかった。しかし、その後がいけなかった。せっかく苦労してとった点なんだからもっと大事にしてほしかった。

 

 あまりももったいなく情けない試合だった。




                 
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


posted by 孔明 |19:54 | 今節の反省 | コメント(6) | トラックバック(0)

2020年11月28日

いい加減2点もリードしたなら守備の意識を持つべき。ベンチも無策だった。

 2対2のドロー

 前半福森のFKと後半早々コーナーからの宮澤のヘッドで2-0でリードしながら、守りの意識が飛んでしまったのか、よりにもよってカウンターから連続失点。

 その後も危ないシーンが多数。ベンチも何の手も打たずに見ているだけ

 ロスタイムに最後に良い位置でFKのチャンスを得たが福森のFKは枠を超えてジエンドだった。

 前半から前線でボールが収まらず。ロペスや駒井などがボールロストを重ねなかなか決定的なシーンを得ることができなかった。

 左サイドからルーカスのシュートやドドのシュートがあったが枠にとばず。

 そんななか高嶺がファウルを受けて良い位置で福森のFK。福森にしては近い位置だったが、軽く蹴ってゴールに蹴り込んで先制1-0

 後半はいきなりコーナーから宮澤がドンピシャヘッドで追加点。2-0で優位に立つと思いきやその後さらに前掛りなってカウンターを受けて失点。

 

 そのすぐ後にも駒井がボールを奪われてそこから展開され失点。その後も波状攻撃を受けて失点しそうな雰囲気があったがなんとかリズムを取り戻した。

 その間交代はなし。1失点して交代するかと思いきや、そのまま何の手も打たなかった。ようやく立て続けに思い出しように交代をして流れを戻したがラストパスの精度が悪く、決定機を生み出せない。

 最後福森の絶好の位置でFKを得て、ここで点をとれればよかったが、枠に入らず。

 それにしても前半からボールをロストしすぎ。相手がマンツーマン気味で守ってきてマークが近くにいたと言うこともあったが1対1で負け続けた。特に前線のボールロストが顕著だった。
 

 こういう試合はそこから失点する。案の上だった。

 普通なら2点取ったら少し守りに入ると思うがそれもせず漫然と攻撃の意識ばかり高くしてカウンターから連続失点した。

 このチームもっと守備の意識を持つべきだ。2-0から行う試合ではないだろう。いい加減なプレーが多すぎる。

  またこの試合に拍車をかけたのが池内主審。相変わらずのどうしようもないジャッジぶり。

 前半の高嶺のゴール前で受けたファウルも第3者に見ればおかしいし、後半終盤ウーゴに恨みがあるのだろうか、ファウルを受けているのに取らず。おまけにウーゴのファウルにするいい加減さ。

 完全に後味の悪い試合となった。
 


  
               
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 


posted by 孔明 |16:36 | 今節の反省 | コメント(7) | トラックバック(0)

2020年11月22日

昨日の5点とも個人の技術が高い素晴らしいゴールだった。

 序盤からの入りが悪く、失点してなおかつ荒野が怪我をしてという悪い流れをあのPKは救ってくれた。

 昨日の中村主審があの4年前のアウェイ鹿島戦でPKを見逃がすと言った大失態を犯した審判。最初はやはりPKを見逃がしたが、副審とおそらく録画を見た第4審だろう。その2人のおかげてPKを認めてもらった。その前に荒野への酷いファウルも見逃がすといった失態。この人の目はいったいどこにちているのだろうか。Jで笛を吹いていい審判だろうか甚だしく疑問

 しかし、PKで追いついた。ロペスがGKの動きをしっかり見て逆のコースに蹴り込んだ。理論的なPKとでも言おうか。本当にロペスはPKがうまい。
 そして再びロペスのゴールもうまかった。

  ルーカスがだふったがそのボールのこぼれ球をふかさずにゴール左上隅に蹴り込んだ。 普通ならふかしてしまうところだが、ロペスの技術がつまった1点だった。

 その後、コーナーからのこぼれ球を押し込んだミンテ。

 ふかさずに抑えて相手の股を抜いて蹴り込んだ。そこしかコースがないシュートだった。
  これも技術は高いゴール。

 4点目は一番うなったゴール。

 後ろからの福森のパスをうまく足で落としてジェイへパス。凄い技術だった。そしてジェイもワンバウンドをわざとさせてダイレクトで右隅へ蹴り込んだ。
 2人が作った素晴らしいゴールだった。

  5点目は福森のキックの技術が濃縮されたゴール。
 あそこに鋭くまげて落ちたらGKは防ぎようはないだろう。

  5点ともキッカーの技術が濃縮されたものだった。

  出足が悪く、プレスがうまくいかず全体的に試合内容はよくはなかったが、とにかく昨日はシュートの技術が髙かった。

 これももしかしたらウーゴ効果だろうか。特にロペスは尻に火がついたような活躍ぶり。ハットトリックを目指そうとウーゴにパスを出さす自分でシュートに行った場面もあったし、良い意味で変わったかと思わせてくれた。 





            
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:00 | 今節の反省 | コメント(5) | トラックバック(0)

2020年11月21日

大勝したが結果ほど内容はよくない。しっかり反省して次に臨まないと。

 5-1で勝利。

 相手の動きがよくて、相手のパスに後手後手になり、危ないなとおもったら案の定失点。プレスの位置が悪くミンテが寄せきれなかった。

 そして荒野が相手に当たってジャンプして着地した時に足を逆に曲げて負傷。大きな怪我にならなけれはいいが。

 しかし、これで交代したロペスが活躍した。

 福森のシュートが相手のペナの中でハンドでPKをゲットするとロペスが良く見て逆にゴール。1-1

 その後も福森のクロスのこぼれ球をジェイからうまくロペスわたりゴール。2-1

 そしてコーナーからのこぼれ球をミンテがゴールで3-1と前半で早くも試合を決めた。

  後半はやはり清水の出足が速く、後手後手に回る場面はあったが相手のラストパスの精度の悪さや最後DFが頑張って失点しなかった。そして圧巻だったのが4点目

 福森の後方からのパスにルーカスがうまくトラップしてそのままジェイへパス。ジェイがワンバンドをダイレクトにシュートして決めた4-1

 そしてさらにうれしいゴールが福森の直接FK。ようやく決めてくれた。5-1

 0福森らしいFKだった。

 そして後はウーゴのゴールだけとなったさすがに合流5日ではうまくいかない。連係も合わないし、コンディションもあまりよくなかった。それでも前線でボールを引き出す動きはさすがのもの。後は試合に出て慣れるしかないだろう。
 
 スタッツシュートは同数。いかに効率的に点を取ったかだろう。

 内容はお世辞にも良かったとはいえなかった。

 なによりマンマークがうまくいかず相手にはがされるシーンが多かったし、パスミスも結構あった。この試合は大勝したがしっかり反省しないと次の試合は勝てないだろう。

 とにかく結果オーライ。ホームで点を取るべく選手がとったのは良かった。



         
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |16:58 | 今節の反省 | コメント(7) | トラックバック(0)