スポンサーリンク

2021年10月25日

遅攻もロングボールも精度を欠きホームリーグ戦5試合連続無得点

 福岡の長谷部監督は戦前。「互角以上の戦いをしたい」と言ってたので、してやったりとまではいえないけど、まずだいたいは思うような内容と結果だったのではないか。

 システムを4バックから5バックに変えてきて、いつものようにというかさらに真ん中に高さを増してジェイを自由にさせず、起点をつぶした。

 こちらは相手が引いたことでスペースがなくなり遅攻ではまったく決定機を作れなかった。

 そこでロングボールをかなり使ったが、福森のようなピンポイントのパスを送れず精度も良くなかった。

 唯一の小柏の決定機も試合前にしこたま撒いた水が原因で?足を滑らせた。

 ここで点が入っていれば相手も攻撃的になり大量得点での勝利もあったと思う。

 こういうような素早い攻撃はかなり相手に効いた。

 しかし、あまりこのようなシーンがなかったのが残念。ただ、ただロングボールを蹴ってボールロストしたシーンが多かった。

 遅攻でも相手を崩すことはできたと思う。しかし、相手のペナになかなかはいれないしパスを精度を欠き、ペナに入る前に跳ね返された。数少ないペナに入るシーンでも連係が悪くパスが繋がらないシーンが多く決定機はまったくなかった。

 福岡の術中にはまったとも言えるが、こういうチームを崩すことができないと、J1で優勝争いをするチームにはなれない。

 もっと精度が必要だと思う。

 気になったのは中盤でボールを奪ってカウンターができるシーンでも受け手の問題もあるが、多くはバックパスを選択肢てわざわざ時間をかけるプレーが目立ったこと。

 確かにここでパスミスをすれば逆カウンターで危険な目にあうかもしれないということは分かるが挑戦しないことには成長しない。 

 わざわざ時間をかけても崩すことができないのだからチャレンジしてもいいと思う。

 とにかくホームはリーグ戦5試合連続で無得点。
 ホームで勝てないというか点さえもとれていない。

 これは相手がアウェイで固く守っていることもあるが、もっと攻撃に工夫がほしい。

 まったくホームのサポーターにも失礼だ。

 次もホームの試合だからとにかく点をとってほしい。

 ホームのサポーターに得点の喜びを与えてほしい。



    
    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:30 | 今節の反省 | コメント(4) | トラックバック(0)

2021年10月24日

相手の仕掛けにはまってしまった。つまらない試合だった。

 0-0 1点もはいらなかった。

 福岡はシステムを変えて5バックになって守ってきた。

 こちらはなかなかスペースに入り込めずほとんどチャンスがなかった。

 前半の唯一の決定機は青木からのスルーパスに小柏が飛び出しDFをおいてGKと1対1

 そしてうまくGを交わしたと思ったがその瞬間滑って倒れてしまった。肝心なところで転んだ。ちょっと。転ばなかったら完全に1点だった。

 そのほかはFKがあったが得点できず。

 前半はスコアレス。

 後半は相手がメンバーを変えてきた。

 相手が滑ってチャナがマイボールにしたがシュートは枠を捉えず。

 なかなかチャンスはなかった。

 こちらもメンバーチェンジをするも機能せず。

 ラストパスの精度が非常に悪く、シュートすら打てない。

 FKのチャンスはあったが、シュートまでいけず

 危なかったのは相手にとられてカウンターで相手をフリーにしてしまい。

 1対1のピンチも菅野がシュートをブロックしてくれた。

 このシーンは、荒野と高嶺がいつものように後ろで2枚

 荒野が何を思ったか持ち上がって、ここでボールを奪われたらヤバイと思ったら案の定ボールを奪われ、荒野がいたスペースにはいられそこからシュートを打たれた。

 こういうところだろう。失点しなかったが、こういう所から失点する。

 シュートで終わるか、前の誰かに声をかけて誰かが下がるとか。

 このまま得点が入らずに0-0で終了した。

 前線でボールが収まらず。ジェイが特に悪いというわけではなく、シャドーとの距離が非常に悪かった。小柏もチャナも動きわまるので、それも悪いとはいえないがジェイが孤立するシーンが多かった。

 そしてラストパスの精度の悪さ。

 WBもまったく中に入っていけず。

 こちらはいつものように遅攻ばかりで、引いた相手を崩せない。

 それを嫌がってロングボールを仕掛けるもなかなか前線でボールを持てなかった。

 とにかくホームで勝てなかったし、1点もとれなかった。福岡の仕掛けにはまった感じだったが、なんとかできなかったか。

 スタジアムに今日は行ったがつまらない試合だった。

1635066116-IMG_3269.JPG
1635066070-IMG_3336.JPG
1635066093-IMG_3307.JPG
1635066163-IMG_3337.JPG
       勝手に叱咤コンサ外伝                                          孔明ツイッター 


posted by 孔明 |17:58 | 今節の反省 | コメント(4) | トラックバック(0)

2021年10月18日

横浜FM戦はもう少しなんとかならなかったか。

 横浜FMには最後の6分間で逆転されてしまったが、そこまでのマンツーマンDFは横浜FMに対してピッタリはまっていた。

 ほとんど何もさせずに時間が経過してもしかしたら1-0で勝つかな?と思ったがやっぱり甘かった。

 BSで解説者も言っていたし、高嶺も言っていたが、相手の2トップのフォーメーション変更でマークのずれが生じ、杉本にヘッドを許し、最後は柳のミスもあったが、前田に入れられてしまった。

 横浜FMは杉本が入って前田と2トップになり、その後ミランとジェイが入ったこともあって、マンツーマンに綻びが出た。

 90分マンツーマンができないことはミシャにだってわかっていたはず。

 そして横浜FM戦は最初から飛ばして前からはめて行ったので荒野が足をつったり著しく選手に疲労があった。

 それならミランとジェイを投入した時にマンツーマンからゾーンに変えるとか、ドドを杉本にマンツーマンでつかせるとか何か工夫はできなかっただろうか。

  横浜FMにはマンツーマンだということで、終始同じことばかりやってはやはり厳しい。

 そもそも論だが大差がついた試合にしか出さない伸二ではなく大嘉や西野をサブに入れた方が良かったのではないかとも思う。

 また、チーム事情を無視すると深井はエリートリーグで出られたんだから深井をサブにいれるとかできなかったんだ ろうか。

 このように悔しい試合ばかりでは、采配に文句も言いたくもなる。

  もっともチームの内情を知らないからどうにでも言えるが、ハッキリ言いたいのはとにかくもう少しミシャに柔軟性があればとも思う。

 こういうところでミシャは勝負師でないということも言えるのだが。

  
  
     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:01 | 今節の反省 | コメント(7) | トラックバック(0)

2021年10月17日

「控え選手の差」と嘆かないで控え選手の質を上げることや戦術でカバーしてほしい。

 追加点がとれなかった。

 菅のスーパーゴールが出て1点リードしたが、マンツーマンDFだから最終ラインでマンツーマンになる危さは相変わらずだったがなんとか相手のミスやDFが頑張って失点しなかった。

 しかし、たくさんあったチャンスのシーンをいつものように決められない。
  コーナーからの高嶺のドンピシャヘッドのこぼれ球の福森のシュートシーンだったり、青木のゴールがオフサイドになったシーン。これらが決まっていれば大量点をとって勝つことも可能だったはずだ。

 だが、なかなか点がとれない。

 後半も小柏のシュートが相手DFに防がれたり、チャナのフリーのシュートが枠を外したり。ここぞという時に点がとれないから守備で後手後手になってミスがか絡んで失点する。

 終始相手を押していたのは我がチーム。

 横浜FM相手に1-0で勝てるほど甘くはなかった。だから追加点が重要だった。

 後半高さのある3人が出てきたが、戦術もいまいち徹底されなかった。

 そして流れがこちらの方にある時にもうう少し早く投入すればまた違った結果になったかもしれない。

 DF陣に怪我人が出ていることも大きかった。

 宮澤と大八が怪我で帯同できなかったのが痛かった。

 最後は惜しいところで失点を重ねることもいつもの通りだが、全員がハードワークしてマンツーマンDFを徹底してやっていただけに本当に勝ちたかった。

 中村憲剛さんは知ったかぶりにマンツーマンDFは90分もたないとわかったと言っていたが、解説者にこんなことを言われるようではまったくダメだ。

  もっと戦術を詰めてやらないといけない。

 ミシャも毎回「控え選手の差」と言うんなら主力ばかりにかまけていないで、「私が補って控え選手の質を上げる」または「それは私の戦術で補う」とくらい言ってほしい。

  またマンツーマンが90分持たないことは当然わかっているんだから、特攻ばかりではなく逃げ道も用意すべきだったと思う。

 これはミシャの宿題でもあるだろう。

 とにかく残念な試合だった。


  
     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:57 | 今節の反省 | コメント(2) | トラックバック(0)

2021年10月16日

相手が強かったわけではなくこちらが及ばなかっただけ。

 1-2で逆転負け

 前半からマンツーマンDFが効いて相手にサッカーをさせなかった。

 そして何度もコーナーをとり。そのショートコーナーから菅の左足一閃で先制点。

 追加点も望めたがコーナーからの高嶺のヘッドがGKに防がれてそのこぼれだまを福森が押し込めず。またコーナーからの福森の速いクロスに駿汰があわず。

 おまけにチャナからのスペースに飛び出した青木のシュートはゴールだったが、オフサイドをとられた。

 ここらで追加点をとれていれば結果はまったく違ったはず。

 後半は相手が練習でやってきたワンボランチ2インサイドハーフのシステムをしてきて序盤は押されたが徐々に流れを引き戻し、コーナーのこぼれ球から駿汰のパスに荒野がスペースに飛び出しチャナへパス、これをチャナが枠の上に飛ばしてしまう。

 ここでも点がとれれば勝ったはずだ。

 その後、相手の交代策で押され始め2トップにされてマークがずれてしまい、クロスからヘッドを入れられて同点にされる。 

 その後右サイドから途中交代のCBの柳が突破されフリーになってクロスを入れられて失点。終了間際だっただけに痛すぎる失点だった。

 これで相手を完全に勢いづかせた。

 こちらは3人のFWを入れるも、戦術が徹底されずに追加点がとれなかった。

 相手を追い詰めながらいつものように簡単なミスから失点するというていたらく。

 まずは追加点を決められなかった攻撃陣。

 何度もチャンスはあった。ここぞというところで決められないからこういうことになる。

 そしてミスをしてしまった柳。全員がハードにマンツーマンをやっていただけにここは体を呈しても止めてほしかった。

 もっとも自陣のペナに入っていたということもあっただろう。
 しかし、なんとかして止めてほしかった。

 今日の試合は全員がマンツーマンでハードワークしていただけに勝たせてあげたかった試合だし。勝たなければいけない試合だった。
 
 相手が強かったわけではない。こちらが及ばなかっただけだ。


  
     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |21:39 | 今節の反省 | コメント(8) | トラックバック(0)

2021年10月09日

今日の成果は中村のWBと西野のCB福森の90分そしてドドのヘッドの向上だった。

今日のエリートリーグ


                      ジェイ

               ドド       ミラン

        中村                                  柳

                 伸二    荒野

           福森   大八  西野

                     小次郎

 控え 阿波加、荒木、鈴木、田村、早坂、大城、大嘉


    序盤は相手がボールを握るも徐々にボールを支配して攻めたてた。しかし、ラストパスの精度がやはり悪く、決定機にまでいかない。

 攻撃は主に左から。中村のWBがうまく効いて中村のシュートが惜しくも右にはずれたり、コーナーからミランのヘッドが枠の右にはずれたり。

 そのなかで不味いプレーもあった。大八が裏をとられて相手FWと出て行って小次郎が交錯。どっちも大丈夫で良かった。

 またシュートを打つ場面で打たなかったシーンも。

 中村からミランにパスをしてワンタッチで中村に中村はパスを選択したが打たないと。

 しかし、中村はWBで良い動きをしていた。案外WBの方がCBよりもいかもしれない。 前半は0-0

 後半はGKを阿波加に代えてスタート

 左サイドから中村が突破してシュート。GKがはじいたボールがDFにあたりオウンゴール。で先制

 その後は大八が痛んだり、柳が痛んだりしてユースの1年生が入った。

 さすがに相手の攻撃する時間が多くなったが。

 こちらのFKで福森のFKからドドがドンピシャのヘッド一閃

 ドドの成長したシーンが

 練習したのだろうドドはヘッドが人並みになった。素晴らしいヘッドだった。

 その2点を守り切った。2-0で勝利

 最後はユースの1年、西野、福森となったDFラインだが西野がうまくラインコントロールをして漬け込むすきを与えなかった。

 そしてなにより福森が90分出られたことが良かった。

 今日は成果が中村のWBと西野のCB、そしてドドのヘッドの向上だった。


  
     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:11 | 今節の反省 | コメント(4) | トラックバック(0)

2021年10月03日

中盤の働きもあって大勝を生んだが、一つの壁を破ったかもしれない。

 昨日はいつものように前半から圧倒的に相手のミドルサードに攻めこんだ。

 そしていつもと違ったのは先制点をとれたこと。ミランがしつこく相手DFによせてそれを嫌がってボールをこぼしたところで駒井がボールを奪って一気にペナに侵入した。

 この先制点は非常に大きかった。最近、相手に先制を許していつも苦境に陥ったのが一気に流れがこちらに来た。

 ボールを持って相手のペナに入っていく組織力は今やJ1N0.1だろう。その組織力でセカンドボールを拾って次から次へを決定的チャンスを作り出した。

 ただ、ここですんなり畳み掛けることができないのが今のチームの力。2点目が遠く見えた。小柏がフリーでドリブルを仕掛けてGKと1対1になるもシュートを打てなかったことや金子がゴールネットを揺らしたがオフサイド判定されたり嫌な感じになったが、ルーカスの個人技で相手のDFを完全に崩して2点目をとって、早くも勝利を手によせた。これが大きかった。

 そして高嶺のミドルでダメ押し

 後半はG大阪が猛攻を仕掛けてきたが、金子のゴールで4点目

 その後は1失点したがドドのダメ押しのダメ押しのゴールを決めて、久しぶりに大勝。

 この勝利は中盤の働きが大きかった。

 駒井は得点という結果を出したが、ボランチで非常に素晴らしい動きをしてくれた。

 また高嶺はパスミスもあったが、厳しく相手に寄せてボールを奪い続けた。

 ルーカスはいつも以上の無双状態。

 そして特筆しなければいけないのがミランの働き。ゴールこそなかったが、トップでうまくボールをおさめて、素早く味方にはたいて攻撃のリズムを作っていた。
 惜しいシーンはあった。ルーカスのパスから決定機。これを決められれば良かったが、GKに止められてしまった。

 そして後半出てきたドド。

 前線で動き回って相手の攻撃をうまく防いでそして得点をした。1度決定機をふかしていつものドド?を思わせたが、最後決めて見せた。

 しかし、課題はやはりあった。

 それはやはり決定力。特に小柏は何度もチャンスがあったが決め切れず。ここをなんとかしないと昨日は大勝したが、接戦をものにできないだろう。 

  また、何度も相手ペナに侵入したが、シュートを打たずに横パスをしたりして相手にボールを取られたこともあった。やはりここは反省しなければいけないと思う。

 しかし、久しぶり勝ったのは良かった。また大勝でムードも良くなったはず。
 次の試合に向けて一つの壁を破ったかもしれない。



  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |21:38 | 今節の反省 | コメント(5) | トラックバック(0)

2021年10月02日

前半で勝負を決めた。大勝ももっと点をとらなればいけない試合だった。

 5ー1で勝利。ようやく内容と結果が揃った。

 前半から攻め続け、出足が非常に良く、sセカンドボールを拾って。チャンスを作り続けた。

 先制点はミランのプレスからボールを駒井が拾ってフリーになってシュートをGKに当てながら右隅に決めた。1-0

 ようやく先制点をとって楽に試合をやることができた。ニ

 2点目はルーカスの個人技。ドリブルしてペナに入って相手をかわしてかわしてゴール。キレキレのゴールだった。


 そして3点目はようやく出た、高嶺のミドル。GKの東口がまったく動けなかった。前半3-0で早くもゲームを決めた。

 後半はさすがにG大阪も選手を3人かえたが青木のパスから金子が飛び込んでGKの股を抜いてゴール。4-0

 この後半の追加点で相手の勢いを完全に止めた。

しかし、やはりセットプレーから失点した。 

 FKだったが駿汰がパトリックに競り負けた。

 ここは厳しい言い方をすればここで簡単にヘッドをさせてがダメだ。1対1で負けるようではまだまだ

 最後の得点はドド。駒井のロングボールに右サイドにいたドド。GKが突っ込んできたところを見事にかわしてゴールした。

 完勝だった。

 中盤で駒井がしっかりボールを拾って攻撃につなげたし、守備では宮澤がパトリックを完璧に抑えた。
 右サイドのルーカスがキレキレ。
 ボールへの寄せが早かったし、前半はセカンドボールをほとんど拾って圧倒的に攻め立てた。
 
 しかし、ツッコミどころはたくさんあった。

 前半小柏がフリーになりながら、GKをかわしながらシュートを打てなかったシーン。

 ミランがGKと1対1になってゴールできなかったシーン。そのこぼれ球を金子が押し込めなかった。

 また何度もペナに入りながらシュートを打たずに相変わらずパスを選択肢てチャンスを潰したシーンなど。もっと得点をとらなければいけなかった。

 この試合は何とか先制点をとったのでこのような試合展開になったが内容からすれば前半に5点以上は取れたはず。

 厳しいことを言えばもっと点をとらないとダメ

 大勝したが上に行くにはここらへんを厳しくやらないといけないだだろう。

 また、最後はせっかく大嘉を帯同させたんだから大嘉を見たかった。
 
 こういう試合に出さないと成長はないだろう。                                  
                                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |21:35 | 今節の反省 | コメント(9) | トラックバック(0)

2021年09月27日

果たして今のサッカーは「攻撃サッカー」と呼べるのか?

 ホームの4試合で1点もとれないサッカーをはたして「攻撃サッカー」って呼べるのか?

 そして判で押したように前半早うちに失点する守備。

 馬鹿らしいから調べていないがリーグ戦ではここ10数試合でおそらく1回くらいしか先制していないだろう。それだけ前半から不利な状態で試合をやっている。

 これまでは決定機を逃し続けなかなか得点が取れずに集中力を切らすという、言い訳もある程度は許されると思っていたが、コーナーからの失点は言語道断だ。

 それも同じように相手をフリーにしている。いい加減なんとかしてほしい。ちゃんと練習をやっていないのか?それとも何も考えていないのか?

 そして得点がとれないのは相変わらず。
 これは同じようなシステムで同じようなメンバーというとが大きいと思う。ミシャは意固地にメンバーを代えずに案の定、毎試合玉砕。

 自業自得の部分が非常に大きいと思う。

 プロは結果を出さなければいけない。ミシャはプロの厳しい世界には馴染まない監督だが、いい加減にしてほしい。

 得点できないなら大幅にメンバーを替えるとかしなければいけないはず。。このようなことはまったくしない。意固地にただただパスで崩すことばかりやらせている。

 攻撃のスピードは非常に遅い。また緩急がなかなかつけられない。

 とにかく相手が揃ったところでパスで崩すことばかりやるから、ラストパスの精度が非常に低いチームには決定機が訪れない。

 これは福森がいないことも大きな原因だろうか。

 福森がいればロングパス一発で相手のDFが揃う前に素早く攻撃もできるが、まだ戻ってきていない選手を頼らなくても今いる選手でやらないと。

 相手を食いつかせてスぺースを生じさせワンタッチやフリックなどで相手を崩してみるとか工夫はできるだろう。

 そして緩急をつけて攻撃しないといけないだろう。引いた相手にはなおさら緩急が必要だと思う。

 またペナに入る前からスペースが空いたらシュートしてほしい。パスが目的になってしまいシュートを打たない姿勢にも腹が立つ。

 とにかく守備がある程度堅いチームにはまったく点が取れないのは事実。
 もう一遍、ミシャも選手も基本に戻って考えてほしい。



                         
                                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 
     

posted by 孔明 |20:19 | 今節の反省 | コメント(6) | トラックバック(0)

2021年09月26日

先発で荒野のシャドーとわかって今日も勝てないと思った。

0-2で負け

  この試合は開始15分以内で先制しないとまずいと書いたが案の定、相手のコーナーから失点。

 この時点で負けが確定。

  広島は序盤からかなり前からきていた。こんなことは当然わかっていただろう。そこをうまくいなせずにコーナーを与えた。

  コーナーの守りは酷い。失点はコーナーのこぼれ球だったが、そのあとの相手のコーナーもフリーにさせてドンピシャヘッドを許すなど話にならない守備を見せてくれた。

 その後は広島も前から来てくれたのでもしかしたらと思ったが、いつものように判で押したように右サイドからの攻撃一辺倒。

 今日はさらにルーカスの調子が悪く、右から左に移動してパスを出してとられるというシーンもあったし、突破してもシュートを打たないし。

 また金子との渋滞もあった。

 決定的なシーンは菅からのパスに駒井のシュート位だったろうか。このように積極的にシュートを打てば何かが変るかもしれない。

 しかし、このような積極的なシュートのシーンはほとんどなかった。 

 先発メンバーにまた荒野をシャドーに入れた。これじゃ負けるなって思ったがやはりそのとおりだった。


 期待を裏切らないミシャサッカーにはもううんざりだ。

 1失点目のコーナーは荒野のパスミスからコーナーを与えた。

 その後、荒野のミスが目立ち後半でドドに代えられた。

 荒野のシャドーは機能しないということは以前からわかっていたはず。ミシャは何度も繰り返さないと理解できない監督。いまだに解っていなとも思うが。そのせいで何点勝ち点を失ったか。

 前半は特にチャンスもなく終わった。

 後半はさすがに相手も引いてきて、圧倒的にボールを持つがなかなか決定機
にならず。

 真ん中からドドのパスに金子が飛び出しゴールしたが。VARでノーゴール。ベンチは金子のシュートの前に相手DFにボールが当たったと抗議したが当然覆らず。

 その後も攻めるも堅く守った相手に得点できず。

 そうしているうちに相手に攻められ危ないシーンも連続も相手の手にボールが当たってハンドをアピールしているうちに相手ボールになって自陣のペナで菅が相手選手の足を踏んでしまいPKを与える。

 こんなセルフジャッジをやっているから失点するんだ。

 そのPKを菅野が反応して手に当てるは入ってしまう。0-2

 その後コーナーも何度もあったし、シュートもあったが枠の外やGK正面ばかり。

 そのまま0-2でホームで3戦無得点という恥ずかしい試合をした。

 やはり先に失点したことが大きいだろう。

 これはカウンターということではなくコーナーからだったので十分守れたはず。

 このチームは本当にコーナーの守備がゆるゆる。危ないシーンもあったし、なんとかしないとまた、コーナーから失点するだろう。

 それにも増して点がとれない。この試合は決定的なシーンもほとんどなかった。

 ただただなんとかの一つ覚えでサイドに必ずボールをまわしてサイド突破してクロスをいられずコーナー。精度のないクロス。横パスか前線に高さがないのに浮かせたクロス。の繰り返し。DFの裏へのパスは必ず大きく外す。

 パスの精度がそもそも悪いんだからシュートを打たないと始まらないだろう。

  また真ん中からドリブルして相手を食いつかせスぺースを作ると言った工夫も一切なし、ただただパスをすればいいのか?

 ワンツーなどで相手をはがすことも1度もなかった。

 まあ、今日は先発を見ても勝てなかっただろう。
 これでは点など入るはずもない。

   とにかくまたどうしようもない試合をした。 



                          
                                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 
      

posted by 孔明 |15:57 | 今節の反省 | コメント(5) | トラックバック(0)