スポンサーリンク

2019年11月10日

仲川のドリブルはイエロー覚悟で止めてほしかった。

 4分間で2失点は確かに痛かったが、1点取り返して1-2にした後の仲川にドリブルで決められたのは非常にいたかった。最後福森が追い付けず追い越され失点したが、そこは福森よりもその前のボランチのところでイエロー覚悟で止めなければいけなかっただろう。

 累積の関係で難しかったとはいえ、そこで点を取られるかどうかは試合の結果に相当影響した。ミシャも言っているがここが1つのポイントだったろう。



 良いところもあった。点を2点入れたところ。
 2失点した後にコーナーからそして相手に追加点を取られてから横浜FMを崩すならこういう崩し方という見本のような崩し方だった。
 

 また、後半武蔵のワントップになって前半よりもDFラインの裏へ飛び出す攻撃がさらに有効になった。
 もっともジェイも言っていたが前半のジェイのDFラインの裏への飛び出しはかなり微妙なものであった。VARが導入されていたならもしかしたら何本かは覆ったのではないか。

 

 とにかく、結果は負けた。ACLはなくなったが、まだ試合が3試合も残っている。最終戦は必ずリベンジを果たさなければいけない川崎F。また次節はホームの磐田戦とサポーターに勝利を届けなければいけない。消化試合ではまったくない。

 目標を7位以内と定めたからにはこれを必ず達成するように3連勝しなければいけない。逡巡している暇はない。リーグ戦は代表戦で2週間空くが、しっかり戦術をたたき込んで次の磐田戦の準備をしてほしい。




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |18:33 | 今節の反省 | コメント(5) | トラックバック(0)

2019年11月09日

序盤は相手の厳しいプレスに失点を重ねた。気持ちの問題も大きい。

 2-4で敗戦。開始2分でバックパスからソンユンがトラップミスして相手に突っ込まれボールをとられて失点。

 そのあとも浮足立ち、右サイドをからクロスを入れられミンテがマークを外して失点。これでだいたいの流れは決まってしまった。しかし開始4分だったのでまだ追い上げられたはず。
 得点は福森のコーナーをジェイのヘッドを相手GKがこぼしてそれを武蔵が蹴り込んだ。1-2

 これでチャンスができたが、相手陣地からののドリブルを許し誰も止められずあれよあれよというまに運ばれ失点。

 1-3これはかなり痛かった。なによりも相手の厳しい高い位置からのプレスに後手後手、ビビッてパスを出せず、ミスから相手にとられた。ビルドアップのボールをことごとく狙われた。そしてチャナが徹底してマークさてまったく自由にできず。チャナもどんどん調子が悪くなりほとんどの場面でボールを失っていた、

 後半はさすがに相手のプレスが弱くなり、前の意識を強め攻勢をかけるもFKから進藤のヘッドがGKのファインセーブされそのこぼれ球も武蔵が相手のGKにあてた。

 これが入っていればまた違った展開になっていたと思う。

 

 これが入らず相手のカウンターからペナ内に入られ福森が手で倒してPKをとられた。それを決められ1-4これで完全に試合は決まった。

 そのあとあきらめないで相手のゴールに迫り、宮澤からのクロスにチャナのダイレクトで前に出し、荒野が折り返し武蔵がゴール。2-4

 その後も相手のゴールに迫るもオフサイドを取られたりクロスの精度が悪く、決定的なシーンがなかなかない。そのまま試合終了

 やはり前半序盤の失点がいたかった。試合の入り方がまったく相手と違った。

 相手のモチベーションの高さからくる厳しいプレスにひるんで、なかなかボールを前に出せなかった。高いラインを破ろうとジェイを裏に走らせるもことごとくオフサイド

 また相手のプレスがきつければロングボールを使うべきと思ったが、相手のラインをやぶれなかった。

 後半はだいぶ持ち直したが、決定的なチャンスもあったがなかなか決めきれず。

 もしかしたらという感じもあったが調子が悪い選手がはっきりしていて、なかなかうまくいかなかった。これで完全にACLは手が届かなくなった。

 あとはどれだけ順位を上げられるか。残り試合。モチベーションをしっかりもって残り試合を全勝するしかない。サポーターにためにもこんなぶざまな試合はもう見せられないだろう。


    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |17:06 | 今節の反省 | コメント(6) | トラックバック(0)

2019年11月03日

チームがこれでリセットされた。

 昨日のドームの帰りは久々の勝利で余韻を楽しんだ。

 やはり苦しい時のセットプレーは重要だ。

 コーナーは相手は進藤とロペスにマンマークを付けていた。これを避けて深井というのはよい選択だった。また、他にもヘッドが強い選手がいる。次節はしっかり深井をマークしてくるだろう。今度は深井を外して違う選手に蹴るという方法が出てくる。いずれにしてもセットプレーはコンサn武器だ、

 3点目のパス回しは「これがコンサだ」と言わんばかりの攻撃だった。
相手が集中して守っている真ん中をワンタッチで抜いてしまったのは見事だった。やっぱり練習は裏切らないということが言えるのだろう。

 ただ、課題もある。相手が引いてきてスペースがない中の攻撃がやはりできていない。

 昨日気になったのはロペスがボランチのところまでぼたびたびボールを受けに来たこと。ロペスがいないと前線の人数が少なくなる。ロペスが下がってくれば誰かが入らなければいけないが誰も前線に入っておらず。攻撃が形にならなかった。ロペスも何度も下がりすHぎだ。もう少し前線に張っていてもいい。

 しかし、昨日は攻撃の面でかなり進歩がしたように思う。

 疲労感や精神的なものがあったにも関わらず3点取れたのは素晴らしかった。

 守備では名古屋の攻撃が迫力がなかったので助かったが、またGKからのパス回しでボールを取られて危ないシーンがあった。

 これは正確につながなければいけないのと、出しどころがなかったらロングボールを蹴ってもいいと思う。こんなプレーで失点するのは馬鹿らしい。もっと考えてほしい。

 そうは言っても久しぶりの勝利はうれしい。

 チームがこれでリセットされた証にもなった。

 

 残り試合は4試合。ミシャは7位以内を目指すと目標を下方修正したらすうが、4位に入るにはもう勝つしかない。残り4勝は全勝で行きたい。






    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |21:44 | 今節の反省 | コメント(3) | トラックバック(0)

2019年11月02日

ジェイの投入で流れを変えて完勝した。

 3-0で快勝

 前半ボールを持ちながら遅攻が多くて攻撃の形ができなかったが、こういう時にはセットプレ^。福森の惜しいFKがあったが、そのあと福森のFKからノーマークの深井がヘッドで決めて1-0

 相手は進藤とロペスにマンツーマンをしていたが、ルヴァンカップを見ていなかったのだろうか、進藤がフリーになっていたし、それをまたついた福森は見事だった。

 前半は1-0でリード

 後半序盤から相手のペースで危ないシーンがあったがポストに嫌われる。ここはジェイの出番だと見ていたらミシャと四方田さんがなにやら話していてジェイの出番。ジェイの投入が流れをこちらに引き戻した。

 そしてジェイのフリックからチャナのスルーパスに武蔵が走り込んでペナ内で倒されPKゲット。おまけに倒した吉田が得点機会阻止で一発レッド。PKは武蔵とジェイが争うも武蔵がボールを離さず。武蔵が蹴ってゴール。2-0  これで試合は決まり。

 あとは何点取るかだった。

 そして最後はルーカスとチャナと武蔵、ジェイのワンタッチパスから流れるような攻撃でルーカスが飛び出しゴール。これで3-0で完勝。

 なにより苦しい時にコーナーから点が取れたのがよかった。

 相手が集中してマークしていたのは、進藤とロペスと武蔵。深井ノーマークだったのはよかった。
 そして流れのなかから点が取りたかったが3点目で実行した。

 今日は選手交代もうまくはまった。

 宮澤もケガから復帰

 ただ、名古屋がまったく攻撃の形がなかったので助かった面も多々あった。
今日は相手もよかった。


 でもとにかくホームで久々の勝利だった。まずはよかった。これで
波に乗ろう。


 とにかく残り試合は全勝しなければいけない。まずは1勝した。




1572688042-IMG_1835.JPG
1572688170-IMG_1869.JPG
1572688203-IMG_1886.JPG
     勝手に叱咤コンサ外伝                                       孔明ツイッター


posted by 孔明 |18:31 | 今節の反省 | コメント(6) | トラックバック(0)

2019年10月27日

この悔しさをチームの財産に

 やっぱり一晩明けても悔しい。ほんのちょっとのことで優勝を逃してしまった。優勝カップにもう少しで手を付けられるところまで行った。

 これをものにできなかったのはやはり勝負弱さだろう。

 ミシャが1失点目、2失点目は誤審だとい言っているが、確かに1失点目の相手コーナーは谷口が進藤を引き倒しているし、2失点目は小林のハンドと見えなくもない。

  いずれも試合を止めてVARルームで検証していたようだが、VARにはならなかった。

 2失点目は微妙だが、1失点目は完全に倒していたので、谷口のファウルとしてノーゴール判定でもおかしくはなかった。

 PKについても納得はしないところはあるが、PK戦は多分に運も左右する。直樹もあのコースしか考えていなかったと言っているのでどうしようもないだろう。

 しかし、ゲーム運びとして稚拙なのは延長後半の戦い方。

 1点リードしてなおかつ相手が1人少ない中で完全に引いて攻め込まれたこと。あの場面は疲労もあって引いて守ってカウンターが主体だろうが、もう少し攻める意識が必要だった。

 福森が点差を広げるか守るかどっちつかずだったと言っているが、ここは相手が1人少ないんだからもっと前に出て、追加点を狙いに行き、息の根を止めるべきだったろう。そうしなかったのが若さというか、経験の少なさだろう。

 ただ、菅や深井、福森のゴールなどは素晴らしいものばかりだった。

 後半ロスタイム深井の同点ゴールが出て時には本当に興奮した。

 選手たちはよくやったと言えるが、川崎Fとの差はやはりあった。GKからのパス回しでプレスをかけられボールをとられて絶対的なピンチになったシーンは2度あったし、1失点目のコーナーで大外の選手につききれなかったし、3失点目も武蔵が中途半端なヘッドですらしてしまい相手に渡してしまった。

 このような反省をいかして次に行かなければいけない。

  準優勝はチームの経験になるがやはりコンササポ以外の記憶に残るのは優勝したチームだろう。勝ったら天国で負けたら人々の記憶から遠ざかる。

 勝つか負けるかでは天と地の差がある。賞金でも1億円を損をした。

 この悔しさをしっかり認識して財産にしてほしい。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 


posted by 孔明 |17:32 | 今節の反省 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年10月26日

頑張ったが勝負弱さを露呈した。こういう試合は勝ち切らないとダメだ。

 シーソーゲームから最後PK戦で直樹が決めれば勝ちといった場面で、GKに取られその後進藤が動き回ってGK正面に蹴ってしまい。敗戦。何度も優勝カップに手が届きながらミスミス逃した。

 前半、白井のクロスから相手DFに当たって菅の右足のシュートがバーに当たってゴール。ここからしっかり守ってカウンターだったが、相手の攻撃にさらされ危ないシーンが続出。ポストをたたくシーンが2度あった。そして相手コーナーからサイドに相手の阿部をフリーにして決められ同点で後半に

 後半序盤は攻めの姿勢だったが徐々に押されて危ないシーンんがしかしこちらもカウンターから打開を図る。ジェイを早々に諦めろロペスを投入。ルーカスも投入して攻撃を活性化させる。

 これは?が残る。ジェイをもっと長く残しておいた方が良かったのではないか?
 案の定前線でボールが収まらなくなり、カウンターしかなくなって、いつもの雑なラストプレーから相手にとられるシーンが多くなった。
 
 
 そして、一瞬の隙から失点してしまう。ミンテの裏を取られ小林にゴールを許す。

 1-2 
 そしてロスタイム。これで終わりかと思ったが福森のコーナーから起死回生の深井のヘッドでゴール。これで延長戦に

 延長戦前半チャナのドリブルが相手ペナ付近で倒されFKのチャンス

 そして倒した谷口がレッドで退場というおまけつき。そのFKを福森が見事に決める。3ー2でリード

 しかし、後半相手コーナーから武蔵が頭ですらしてしまい折り返しを決められる。武蔵のヘッドは余計だった。

 そのまま延長戦も終わってPK戦に

 PKはコイントスで相手のゴール  相手の先行

 ロペス、武蔵、深井が決めた。 相手が失敗。そしてルーカスが成功

 最後直樹が決めれば勝ちというときに相手GKに弾かれ失敗。そのあと進藤が小細工をしようとして失敗GKにキャッチされる。これでジエンド

 何度も聖杯に近づきながらミスミス逃してしまった。

 まずは延長戦で1点リードしながらそれも相手が少ない中で点を取られたのはよくない。相手コーナーだったが小林にマークがついていないし、荒野がオフサイドラインに残っていた。こういうミスはいつでも痛い。


 そして相手のDFへのプレスにボールを回せずに、危ないシーンが続出
川崎Fを突き放せなかった。

 PK戦に持ち込まれたのが痛かった。それでもPK戦で勝つチャンスが十分あった。なぜ最後に直樹をもってきたか。荒野やチャナでも良かったような気がする。
でも仕方ない。弱いということだ。深井の起死回生のゴールはあったが、なかなか攻め切れなかったし、勝負弱い点も露呈した。

 残念だが残っているリーグ戦に全力を挙げるしかない。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 


posted by 孔明 |16:58 | 今節の反省 | コメント(13) | トラックバック(0)

2019年10月19日

残り試合は最初から気持ちを入れてやってほしい。

 試合の入りが非常に悪かった。中途半端なプレスで相手は余裕をもってパスを回していた。やられるなと思ったら案の定。柿谷に決められた。

 そこからまだたくさん時間はあった。ようやく目覚めたのか猛攻に転じたが、C大坂の堅い守備を崩せなかった。

 C大阪はゴール前を固めて4バックをスライドさせるように守ってきた。
そうなればどちらかのサイドが空くはずだが、そこを生かせず。
クロス、中央からの攻撃はスペースがないなか精度を欠き、工夫もなく、最後は相手にとられてしまうのが多かった。

 こういう時にはセットプレーだったが、コーナーを14本も打ったが1つも決まらず。
福森自身はニアに蹴ったり、ファーに蹴ったり、工夫したつもりだったろうが、蹴るにつれ相手は、慣れていって難なく弾かれた。

 FKの場面では相手に横っ飛びではじかれ惜しいシーンだった。

 守備も気の抜けたプレーを連発。進藤が菅野に返すパスが短く相手にわたり、決定的な場面があったが深井のプレーで難を逃れたシーンや福森がこれも単純に相手にパスをしてしまいピンチになった。

 追加点を許さなかったのだけは良かったが、負けは負け。ホームで敗戦はかかなり痛い。準備期間は相手が2週間もあり、こっちはたった2,3日では最初からどうしようもないが、前半、早々に宮澤が負傷交代してルーカスを早々に使わなくてはいけなかったことも誤算だろう。そ

 れにルーカスはおそらくは右WBで白井の代わりに使いたかったはずだ。

 早々にプランが変わってしまったが、でもそのような状況になったチームはたくさんある。それでも強いチームなら立て直せたはず。できないというのはやはり弱いとしか言いようが得ない。
   これでリーグ戦は連敗。4戦勝ちなし。ACLが風前の灯になる痛い結果だった。

 来週はルヴァンカップもあるし、気持ちを入れなおさないといけない。

 やはり気持ちの問題も多い。試合の入りが悪い試合はここまでかなりある。

 ルヴァンカップの決勝進出で浮かれたとはいわないが、心に隙があったことは確かだろう。今一度気持ちを作り直してやるしかない。

  残り試合は最初から気持ちを入れてやってほしい。




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 


posted by 孔明 |19:20 | 今節の反省 | コメント(3) | トラックバック(0)

2019年10月18日

失点は必然だった。コーナーは時々ルーカスに蹴らせろよ本当に。

 0-1で敗戦。早々に中盤に厳しくいかず。ボールを持たれ、危ないシーンが続きそこから柿谷にミドルを打たれた。

 そこからとり返そうと攻勢をかけるも、クロスの精度やラストパスの精度、宮澤が負傷してプランが崩れ得点できなかった。やはりふわっと試合に入るからこうなる。危惧していたことが現実になった。

 失点は必然だった。序盤から攻めこまれ、厳しくプレスに行かず、簡単にパスを許しぽかっと中盤を開けてしまい、ミドルを決められた。            

 そこから前に出る意識が戻り前からボールを獲りに行って、猛攻を仕掛けるも決定的な場面を作れない。惜しかったのはFKの場面で福森のFKが相手GKにはじかれたシーン。横っ飛びに取られたがこれが入っていればだいぶ違った。

 C大阪の先制して後は守るという戦術にまんまとはまってしまったと言っていいだろう。

 それでも時間がたっぷりあったのでなんとか同点にできるかと思いきや相手に引かれてスペースもなく、コーナーはとるが福森のコーナーはニアやファーと工夫はすれども相手にはじかれ得点できず。シュートはほとんど枠を外れるかGK正面ではほとんどチャンスはなかった。

  宮澤が前半で負傷交代して控えの薄いボランチがなおさら手薄になってしまった。そしてこのことによったプランが崩れてしまったのは誤算だったろう。

  このように負傷者が出てしまうとほとんどの場合は負けている。'
'

 そして宮澤の代わりは中野だった。中野はシャドーでは横パス、バックパスばかりでほとんど攻撃に参加できなかったが、ボランチでまずまずの働きをしていた。

 やはり引いて守られるとなか得点はできない。パスの精度が悪いのと、動き出しが悪いので連係がうまくいかずラストパスが合わず最後はほとんど相手GKに行ってしまっていた。
 工夫も足りなかった。

 またたくさんあったコーナーもきめられず。これは目先を変える意味でも全部福森の蹴らせずにルーカスが時々蹴るべき。

 ショートコーナーもほとんどしないし、もっと工夫をすべき。今回ソウザ1人マンツーマンは進藤だった。それならミンテや武蔵にもっと合わせたかった。

 とにかくリーグ戦でホームで敗戦は非常に痛い。
リーグ戦はここまでなかなか点がとれていない。

 ルヴァンに力が行くのはいいが、そのせいでリーグ戦がおろそかになっているとしか思えない。やはり選手層の薄さが出てしまったか。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 


posted by 孔明 |22:29 | 今節の反省 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年10月14日

令和元年10月26日はコンサドーレの歴史を作ろう。

 前回の当ブログで武蔵に謝罪したが、本当に武蔵のゴールが起死回生の一発だった。

  しかし、これがなかったら、武蔵は戦犯になっていただろう。それだけチャンスにミスばかりしていた。

 だが、やはり武蔵はなにか持っている。あれだけ難しい、また抜きでミドルを突き刺すといったことをやる選手。簡単なシュートを外してしまうのは御愛嬌

 とにかく良い時間帯で良いシュートが出て、ドーム内は完全にお祭り状態になった。そのあとは守り切ればいい。

 ただ、G大阪もロスタイム何度もコーナーをとってきて本当に生きた心地がしなかった。
最後のコーナーから渡邉のヘッドが外れてほっとした。周りはハイタッチ。本当に良かった。

 昨日はなかなか得点が入らない中で、ラストパスの精度が悪かったり、シュートが枠に入らなかったり。シュートがGK正面だったり。後半途中からは最悪のことも考えていた。
 流れが変わったのはルーカスの投入だろう。

 シャドーで投入すると思いきや白井に代えてウイングバックでの投入は意外だった。しかし、それが吉とでた。昨日の白井は疲れもあり、3試合目で研究されたこともあったのだろう。1対1でほとんど抜けきらず、苦戦していた。ルーカスは久しぶりで生き生きしていた。たびたび右サイドから侵入してクロスを上げていた。

 その流れからのカウンター。この試合ではこのようなカウンターが何度もあったがそのたび 武蔵にボールが渡っていたがことごとくチャンスを潰していた。

 このシーンは荒野が左に走っていて、武蔵がパスを出すのかと思ったが自分で振りぬいた。

 やはりストライカー。自分で決めるという意思が勝った。荒野にパスしても引っかかるか荒野がシュートミスをしたかもしれない。武蔵の選択は間違っていなかった。

 とにかくG大阪に勝ってチーム初の決勝進出

 相手は川崎Fで宿敵の相手だがとにかく勝つしかない。

 選手も言っているが決勝に進むのが目的ではないし、決勝で勝ってこそこの試合が生きる。そうサポーターも心積もりをしたい。

 10月26日はコンサドーレの歴史を作ろう。そしてユニーフォームに1つ星をつけよう。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |18:51 | 今節の反省 | コメント(4) | トラックバック(0)

2019年10月13日

武蔵さん。すいませんでした。素晴らしいゴールでした。決勝決めた。

 1-0で勝ち。後半武蔵のゴールで逃げ切って決勝進出

 正直点が入るような雰囲気はなかったが、武蔵が決めてくれた。

 武蔵は今日は得点まではあまりよくなかった。ボールはロストするし、いつものようにトラップが大きくボールを失うことがたびたびあった。しかし、ストライカーたるもの最後に決めてくれればいい。その前は武蔵は今日はダメか。と思ったが申し訳なかった。
 

 1点をとった時にはドームはお祭り騒ぎだった。周りはハイタッチの嵐、本当にうれしかった。そのまま1点を守り切った。アウェイのミンテのゴールがここにきて本当に効いた。
 
 前半はなかなか決定的なシーンがなかった。序盤は相手も前からきたがやがて引きこもって堅く守ってきた。またカウンターからこちらの右サイドをずいぶんつかれていた。危ないシーンになりかかった場面も多かった。

 惜しかったのは福森のFK。相手のハンドからゴール目の良い場所でチャンスを得た。おそらくは左から巻いて左隅を狙うかと思ったが、予想に反して右隅を狙った。

 これには相手のGKの東口も動けなかったが惜しくも右ゴールポストに当たってしまった。

 そのあとは引いて5バックで守る相手を攻めあぐみなかなかチャンスができなかった。前線までボールを運んでも最後にパスが悪かったり、トラップが長かったりシュートまでいかなかったシーンが多かった。

 後半は早めにルーカスを投入した方がいいと思ったがシャドーかと思ったが白井と交代で右WBに。これがあたってルーカスの右からの突破で何度もチャンスを作った。惜しかったのは右サイドから攻めてこぼれ球が菅の所へ、菅が思い切りシュートを打ったが凄いシュートだったが枠をとらえきれず。上に上がってしまった。

 そういった中での75分過ぎの武蔵の得点は低い位置でボールを奪って福森からジェイへジェイからスペースに走り出した武蔵へ武蔵がドリブルして左に走って行った荒野にパスを出すかと思ったが自分で降りぬいた。素晴らしい弾道のゴールだった。

 そのあとは必死に守るだけ。ロスタイムには相手のコーナーが何本も続いたが菅野を中心にジェイも戻って必死にボールをクリアして試合終了
 ついに決勝進出を決めた。

 なんとか1点を守った。武蔵の1点はいい時間帯だった。これがかなり前だと1点とられておたかもしれない。本当にちょうどいいタイミングで点をとった。

 とにかくこれで決勝へ行く。出口には決勝のチケットを売りますと言っていたG大阪のサポもいたが、現実になったとは信じられないくらいだ。

 しかし、堂々と決勝の舞台を戦おう。決勝でも粘り強くやれば勝てるはず。

 久々の勝利だし、今日は本当にうれしい1日だ。



   
     勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |16:51 | 今節の反省 | コメント(11) | トラックバック(0)