スポンサーリンク

2018年07月18日

1点差負けなら御の字。

>平日の厚別ナイトゲームで1万人越えは大健闘だと思う

 ホーム川崎戦は1-2の負け。

 タイトルの通り、結果だけなら主力3人を欠いた中での戦いとしては最良の負け。
 川崎強しというよりは川崎の雑さ、粗さで一応は接戦に見えるようにしてくれた。
 そんな印象さえある。阿部の途中交代は決定機を外した懲罰交代だったりして…。
 ソンユンの頑張りがなければ大量失点の大ダメージで引きずる負けにもなっていただろう。

 コンサと川崎の質の差を最も如実に感じたのはパスのズレ。

 後半、ジェイがダイレクトに菅に流した時にパス(というより思惑)がズレてやり直さざるを得なかったシーンはガックリきたなあ。あのシーンはスピードに乗って一気にゴールに迫れただけに尚のこと悔やまれる。

 5レーン理論とか、先日の番組では中央にパスを入れてからというのを取り上げていたが、
 戦術厨の見方としてはバスケットボールの3線速攻のイメージが一番近い。
 両サイドの上下動はそこそこ見ている。あとはセンターラインの質だよなあ…。

 型にこだわるのが戦術厨の悪い癖(苦笑)。9月になればNFLも開幕するし、機会があればそのあたりは暑苦しくブログでも書いていきたい。あとは神戸戦の日程が早く決まれば…。

posted by フラッ太 |22:00 | 試合後の印象 | コメント(3) |

2018年07月18日

宮澤不在が痛い。

>ようやくコンサモードに入れそう…

 地上波でオンタイム視聴中。

 失点はソンユンのミスではあるのだが、
 それまでに決定機を防いでもいるのであまり叩く気にはなれない。 

 ミンテ・宮澤・三好の3人を欠く今日のホーム川崎戦。ミンテの穴は石川が埋めている。三好の代わりに都倉のシャドーはテクニックは劣るけどこれはこれでやりようはあるのかなといった感じ。あえて戦犯探しをするなら荒野か。

 荒野がまともに前へのパスを出せたシーンが思い浮かばない。ビルドアップの菱形に入ってもバックパスばかり。守備でも攻撃でも宙ぶらりん状態。直接FKを与えた場面でもボールには行っているが、後ろから追いかけているというのがポジショニングの悪さのように思えるが…。

 さて、どう軌道修正してくるのかな?

posted by フラッ太 |20:01 | コンサについて | コメント(2) |

2018年07月11日

第2幕。

>J2の福岡がメンバー落とすって妙な話もあったもんだ…

 今年はいろんな意味で特別、いや特殊なシーズンと言える。第1の開幕戦が第1節、第2の開幕戦がホーム開幕戦、第3の開幕戦が厚別開幕ゲーム。これはコンサにとってはおなじみの光景。ただ、今年はW杯イヤーで1ヶ月もの長い中断期間がある。

 さしずめ、今日の天皇杯3回戦は“第2のプレシーズンマッチ”、次週のホーム川崎戦は“第4の開幕戦”と位置づけられ、ひいてはミシャコンサの第2幕、第2章の始まりを告げると考えることが出来る。ルヴァン杯はグループリーグで敗退してしまったため、天皇杯はチーム力の底上げのために必要な試合であり、クラブの実力やステイタスを上げていくためにも勝っていくことが求められている。

 …で。

 相手がメンバー落としてきて、こっちはガチで臨んでいるのだから当然といえば当然なのかも知れないが4-0でタコ殴り&クリーンシートというのは実に幸先がよい。まあ、川崎戦に出られないメンツまで総動員するのはどうかとも思うけど、全力で当たることをミシャは決めたのだろう。

 …うーむ、どうも調子が出ないな。仕事が忙しくなったとはいえ、そろそろテンション上げていかなあかんとは思うんだが。いっそ赤黒スズメの部屋にしてだらだら書くか?

 ミシャコンサの“伸びシロ”がどれだけあるのか?

 イニエスタやフェルナンド・トーレスといったビッグネームだけでなく他のクラブは補強に動いている。もっとも、コンサの場合は補強したくても出来ない(それだけの金がない)というのが実情だと思うので、補強に動かないことを殊更に不安視する気はない。

 菊地も戻ってきたし、今までメンツが固定されがちだったミシャコンサにどれだけ“厚み”をつけることが出来るか。厚みを増すのが先か、息切れするのが先かで第2幕の行方は大きく左右されるだろう。ともあれ、こっちも徐々にコンサモードにしていきましょうかね。

posted by フラッ太 |22:25 | コンサについて | コメント(0) |

2018年06月20日

喜びも中くらいなり第1戦。

>まあ、あんまり気張らずにやっていきますわ…

赤:いやあ、日本代表やりましたね!
黒:まあな。
赤:…あんまりうれしそうじゃありませんね。
黒:いや、うれしいんだけどさ、安堵したってほうが大きいんだよな。
赤:どうせボロ負けすると思ってたから今さら手のひら返しできないとか(笑)。
黒:…お前、だんだん性格悪くなってないか?
赤:おたくほどじゃないですよ。
黒:まあ、今までにないほどに期待感の薄い代表だってのは確かだ。
  本大会2ヶ月前に監督のクビすげ替えるなんて正気の沙汰とは思えん。
赤:パラグアイに4-2で勝って何とか光が見えたかなって感じでしたからねぇ。
黒:ところがフタを開けてみたらいきなりの1発レッドだもんなあ。
赤:まさかの展開でしたね。
黒:ある意味、あれでサッカーの試合ではなくなったと言ってもいい。
赤:そんな大げさな。
黒:11人VS11人でどうやって穴を空け、どうやって穴を塞ぐかっていう試合じゃなくなった。
赤:もともと穴が開いていた、と。コロンビアはFK1発で追いついたじゃないですか。
  数的有利だからって必ず有利になるわけじゃないですよ?
黒:普通の状況だったらあんなに楽にボールを持てることはまずない。
  ただ、どんな状況であれ問われるのは勝ったか負けたかという結果しかない。
赤:ファルカオやハメロドさんにもけっこう冷や汗かかされましたからねぇ。
  オスピナも良い反応で止めてましたし。
黒:だから「よっしゃーっ!」ってんじゃなく、
  拳握って「…よし。」と控えめに喜ぶくらいが丁度いいと思うんだよ。
赤:初戦で勝ち点3ゲットとはいっても何も決まっていませんからね。
黒:むしろ、初戦でエネルギーを使い果たしてしまった感すらあるのが不安だよな。
赤:大活躍した大迫も足が攣っての交代でしたし、原口や乾も相当守備で頑張ってましたね。
黒:そういう意味でも本田のスタメン外しが勝因じゃねーかな。
  本田の俺様ぶりじゃあそこまで献身的に守備やらないだろう?
赤:恐る恐る本田ディスりですか?
黒:じゃあ、あの2列目のような守備が本田に期待できるか?スピードがあるか?
  もはや俺様プレイが許されるのはメッシやクリロナクラスの選手だけだよ。
赤:それは否定しませんが。でもCKで良いボール入れたでしょ?
黒:逆に言えばそれだけだろ?本田が入ってギアが上がるどころか下がってる気がしてな。
赤:それこそ無理する必要がなかったからでしょう。不公平じゃないですか?
黒:しかしなあ、それまで国内で全然盛り上がらなかったのに
  1つ勝ったらしつこいくらいに「大迫半端ないって!」なのが腹立つよなあ。
赤:それは言っちゃいけませんよ。
黒:こんな時だけ急に「代表スゴい!」ってのは
  メッシ狂いの小柳ルミ子をゲストに呼ぶくらいに違和感しかないんだわ。
赤:まあ、バルセロニスタの小柳ルミ子がW杯のコメンテーターってのは
  フジテレビのセンスがどうかとも思うんですが。
黒:まあ、百歩譲って代表人気ってのはバブルみたいなもんだからと納得したとして、だ。
  アツくなれるのは何も代表に限った話じゃないんだぜってのは言いたいよな。
赤:代表になるにはJリーグで活躍しないと選ばれませんしね。
黒:コンサドーレっていう身近にアツくなれる存在があるのに
  妙に距離置かれることがあるのが歯痒くてならん。
赤:今年はJ1で上位につけていますし代表には頑張ってもらって
  コンサのアピールに上手く活かしたいですね!


 代表に関してはいろいろな思いがあるけれど、やるからには勝って欲しいし、今大会は強者が勝てない、苦しんでいるというのがあるから頑張って欲しいというのはある。選手の頑張りを協会とか周りがスポイルしている気がするのはオレだけ?昨日の試合で改めて「やっぱ代表ってスゴいんだな…」という思いを新たにした。普段、Jの試合を観ている方やサポーターは既に分かっていることだと思うけど、代表の試合ばかり観る方にはJリーグを観て知ることで代表選出の価値や重さを感じて欲しい。

 日本代表、頑張れ!

posted by フラッ太 |20:20 | ネタの殿堂 | コメント(0) |

2018年06月09日

神戸戦を目指して。

>日程君がちゃんと仕事してくれますように…

 えー、生きてます(汗)。

 今月に入ってちょっと仕事が忙しくなり、気温差の大きさで風邪を引き、
 仕事のハードさにやられながらも休みもなかなか取れずでやっとひと息つけたところ。
 で、近況報告的にアリバイ投稿でもしておこうかなといった具合で。

 差し当たってコンサ関連では天皇杯はジャイキリ食らわずに済んでひと安心。
 あと、思い切ってハーフシーズンシート(August)を買いました。
 劇場シート2試合分とチャナティップ完全移籍に少しでも役立てればいいかな、と。
 この前みたいにカードを忘れるなんてネタを提供する…もとい失態は避けねばならん。ノベルティもらえないし。

 以前にも書いた通り、参戦予定は神戸戦と最終戦の広島戦。
 で、神戸戦でホーム開幕戦で流れてしまった第5回B型会を考えています。

 ①試合日が9月1日の土曜日であること、②キックオフが16時以前であること
 これを満たすようであれば一丁ブチかましてやろうかな、と。
 16時キックオフなら試合終了後の19時半スタートでも何とか行けるかなと踏んでいます。

 日程の発表を待たないと動きようがないのがつらいところではあるんだけど、
 もし行けるようなら久しぶりに思いっきりハジけたいもんですなあ。

 …風邪が治らん。真夏日が連続の後に気温5度(!)なんて、ついていけねーよ(泣)。

posted by フラッ太 |19:00 | 日記 | コメント(0) |

2018年05月26日

気がつけばひと回り。

>イニエスタ効果で神戸戦はみんな行く気なのかな?アクセスが普段よりもかなり多かったし。

 今年は転職というビッグイベントがあった。オッサンどころかジジイに片足突っ込んでいるオレとしては心身共になかなかにキツい日々で、ペースを掴むのはけっこう大変だった。今もなお体はキツいけど、生活のリズムはそれなりに掴めてきたので落ち着いたとは言えるのかな。

 早いもので地獄の15連戦を乗り越えてコンサもひと息ついたので
 改めて自分自身を振り返ってみると、このブログも12年目。干支で言うと一回り。

 今年のコンサはいろいろと変わった。

 強くなっている、結果が出ているというチームの進化という意味でも、どうせ春の椿事だろと思われていたのが「札幌、けっこうやるぞ…」といった周りの見る目などの環境が変わってきた。同じJ1でも去年は溺れ死なないように必死でもがいていたけど、今年は多少なりとも対戦相手や周りが見えてきているのかなという違いは感じる。

 でも、それはJ1の一部分。右も左も分からない状態から右と左が分かるようになっただけ。
 …どことなくオレの今と重なる部分があるんだよなあ。

 まあ、とにもかくにもここまで続けてこられたのはコンサがあるからだし、読んでくれる方がいるからということに変わりはない。格調高いブログというワケにはなかなかいかないけれど、オリジナリティあるブログにはしていきたいかなと思う。一応、サポーターズブログとしては古株になると思うんだけど、ただ古いだけじゃダメだし。

 よろしければこれからもお付き合いの程を。…今月はカード払いが多くなりそうだ。

posted by フラッ太 |09:50 | 日記 | コメント(0) |

2018年05月24日

神戸戦の宿がない!

>オータムフェストかと思いきや…

 未だ試合日程が確定していないホーム神戸戦。

 1日の土曜日であれ2日の日曜日であれ1日の土曜日の宿は抑えておいてもいいかなと思いサイトで検索してみると…ない!お手ごろ価格の宿がきれいサッパリとない!オータムフェストって9月アタマからじゃなかったはず…と思い調べてみたら

 9月1日は矢沢永吉のライブ@きたえーるがある。…道理で宿がないわけだ。
 休みが取れるかどうかはまだ不透明だけど、宿がないのは流石にマズいので
 ややお高めの宿を仕方なく仮抑え。キャンセルが出ればいいがもう3ヶ月しかないし…。

 宿の心配もだが、問題がもう1つある。
 きたえーるでのライブということはキックオフの時刻によっては
 東豊線が激混みになる可能性も十分に考えられるということ。
 地下鉄移動がメインなら地元民はもちろん遠征組も頭に入れておく必要がある。
 イニエスタの神戸移籍も正式に決まったしマジでハーフシーズンシートを買うべきだな。

 …それでも神戸戦は土曜の(できれば14時キックオフの)試合になってほしい。

posted by フラッ太 |21:25 | 日記 | コメント(0) |

2018年05月20日

神戸にて 天狗の鼻を ヘシ折られ

>良薬口に苦しとは言うものの…

 アウェイ神戸戦は0-4の負け。

 ついうっかり後半途中で0-3というのを知ってしまい「負けるにしてもどう負けるかだよな…」と思っていたところにJ公式を覗いたらイエローカードの大盤振る舞い。1点でも返しての負けならまだしも、ミンテと宮澤がイエロー2枚で退場とか相当ひどいやられっぷり。神戸相手だとどうしてこうイエローが出まくる試合になるんだろうか?有給リーチのチャナと都倉がセーフだったのがせめてもの救いか。

 ある意味、これでもかというほどにやられまくった清々しい負けと開き直るしかない。
 0-3になった時点でほぼ決まったようなものだし2人退場じゃ試合は壊れたも同然。
 今まで目一杯突っ走ってきたし切り替えようとは思うものの、負け方があまりに悪い。
 気になるのはミンテの退場よりも宮澤がイエロー2枚で退場になってしまったこと。

 今までが出来すぎな感もあったから今日の負けそのものが問題ではない。
 問題なのはなぜ負けたかであり、それに対してどう修正していくか?ということ。
 宮澤がイエロー2枚で退場になってしまったことが心配なのは
 宮澤に無理をさせてしまった守備のやり方に問題があったのでは?という危惧があるから。
 ミンテが退場の後でかつ3点差がついた状態だから仕方ないっちゃ仕方ないかもしれんが、それにしても…。

 15試合も消化すれば相手のスカウティングも当然精密になってくる。
 ミシャはたぶんそれを攻撃的なアプローチで乗り越えようとするんだろうけど…。
 今まで積み上げてきたものを否定することはないけど、別角度からの上積みも必要。
 ダメなときのミシャ式ってこんなもんっていう脆さをなくしていかないと。

 今日の負けはただの1試合の負けに留まらないけど、
 考えようによってはこの負けを生かすための時間は十分にある。
 「あの負けがあったから…」と言えるように、まずは溜まった疲れを抜いて次に備えよう。

posted by フラッ太 |20:05 | 試合後の印象 | コメント(4) |

2018年05月14日

ハーフシーズンシート。

>第5回のB型会やりたいんじゃぁ…

 「優勝したい」「来年もここで」…札幌を愛するMFチャナティップのひたむきな願い

 11試合連続負けなしでスポーツ紙でも裏1面とかだんだんいい場所で書かれるようになってきた。そのためだけにわざわざコンビニでスポーツ紙を買うくらいならそれほど懐も痛まない。幸い、転職して多少なりとも懐が暖かくなりそうなので来季は思い切ってシーチケでも…と思っていたところに、チャナにこんなこと言われたら「金だ!金が要るんだ!」って話にもなろうというもの。いくら吹っかけられるかわかったもんじゃないし…。

 どうしたもんかと思っていた矢先に思いついたのがハーフシーズンシート。公式HPにも2018ハーフシーズンシート発売のお知らせが出ていたので見てみた。当然買うのは劇場シートなので価格表をチェック。AUGUSTのハーフシーズンシートは白からの切り替えなので22,500円。2試合観てチャナ募金に1万円ちょっとと考えればむしろ安い!とすら思える。シーチケなら最先行入場もできるしね。

 最終戦はマストとして想定しているのは神戸戦。仮にイニエスタが本当に神戸加入ともなればチケット争奪戦になる可能性もないではない。どうせ浦和戦はシーチケ対象外だし。シート選択サービスはご利用いただけませんという記述があるので「そうか、ドームの試合が前提なんだ、シーチケ対象外試合の謎が解けた!」と思いきや、JULYは厚別2試合も入ってるしでとんだ大チョンボ。

 昨日の試合の内容を考えれば試合日時が確定しているFC東京戦も捨てがたいが、休みが取れるかどうかは微妙な状況。もちろん3試合とも観られればそれに越したことはないが、出る物も多くなるので今のところはどっちかに絞るつもり。

 頼むから神戸戦は土曜の14時キックオフになってくれ…。
 

posted by フラッ太 |20:35 | コンサについて | コメント(2) |

2018年05月13日

大変なのはここから。

>ああああ~味スタは~今日も~雨だった~♪

 アウェイFC東京戦はスコアレスドロー。殴り合いを予想していたのでこの結果はやや意外。

 アバウトに放り込んでも何とかしちゃうFWがいる、精度の高い左足のFKを持つ選手がいる、
 下馬評を覆す好成績で上位に食い込んでいると何かと共通点が多い両チーム。

 既に広島が独走でこれ以上離されたくないという状況での直接対決ということで互いに勝ちたい理由はあったが、去年のアウェイゲームでコンサはアウェイ初勝利、しかもDAZNの中継陣にアウェイサポをベタ褒めされるなど雪辱という思いの濃さはFC東京側が上回ったのかな。

 もちろん、コンササポだって気合い十分で乗り込んだことだろうし、去年を彷彿とさせる雨の味スタというシチュエーションも燃える要素の一員になったことは間違いないだろう。両チームがテンションの高い状態で集中を切らさずに戦うとえてして手に汗握るスコアレスゲームになってしまうという典型と察する。

 2位のチーム相手にアウェイでドローは悪くない。強くなっているという実感もある。
 ただ、ここからは勢いで駆け上がるというわけにはいかない。
 今まではぶっちゃけコンサはナメられていたし、いずれ落ちるとタカをくくってくれた。
 だが、これからのコンサは「札幌は強い」という認識の元、研究される側に回る。

 福森封じはこれまで以上に執拗に策を練ってくるし、ミシャ式の弱点とされる繋ぎのミスから一気にゴールに迫ることもどんどん狙ってくるだろう。順位が上にいる、ACLも狙える位置にいるということも新しい景色だけど、それ以上に半ば嫉妬混じりに札幌を引きずり下ろそうとする対戦相手を向こうに回して真っ向勝負で叩きのめすという難しいミッションが始まるということでもある。勝ち続けないと今の位置をキープすることだってままならないのだから。

 大変なのはここから…なんだけど、恐怖はない。むしろ痛快。
 キツいけど楽しい、面白そうっていう充実感。

 チームの成長が急すぎてクラブの成長がそれに追いついていない気もするけど、結果が出ているからこそ感じられることなんだろうな。「J1にいていいのかな…」っていうのはもういいでしょ。堂々とJ1のシーズンを戦っていきましょうや。審判のロックアップの後でもちゃんと試合してくれる程度にはなったんだし。

 …DAZN用にタブレットとSIMカード1枚追加しようかな。あ、ツアーレポートお待ちしています!

posted by フラッ太 |19:25 | 試合後の印象 | コメント(0) |