2010年03月29日

the memory of Derlis Florentin

http://www.canchallena.com/1248373-fallecio-el-futbolista-paraguayo-derlis-florentin
derlis



posted by minerva |12:51 | コンサドーレ札幌 | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年05月25日

底が割れた実力を糊塗できるのか

しばらくぶりです。最近ちょっと風邪気味で気力を著しく欠いて
いたもので。

前節名古屋戦は、ウンザリするほど今季何度も見せられたダメ試合
になりましたが、何よりも他チームにとって完全に安全牌のダメチームである
ことが露呈したということにおいても最悪でした。
すなわち、先制点をとってもそれを守って勝ち試合に結びつけられない
低劣な技量と、それを本来補うべきスタミナすら持ち合わせていない
ということが白日の下にさらされたわけで。

浦和戦の逆転負けと似ていながら違うのは、浦和は失点リスクを
前提としながらそれを上回る得点力で相手を倒すチームであり
それに粉砕されたわけですが、名古屋戦は明らかに等質の試合を進んで
いながら、それを持続できなかった札幌の方の自滅であり、
チーム自体の弱点・欠点が敗戦につながったという意味では、
力負けした浦和、京都、東京V戦以上に大きなダメージと思えます。

攻撃力に劣る札幌は、先制する事が勝利への前提、とよく言われる
わけですが、名古屋戦の敗戦によって「先制されても逃げ切る
力がない」、相手からすれば「先制されても慌てる必要はなく
ガス欠で自滅するのを待てばいい」という認識が確定してしまい
ました。こっちとしてはいくら先制し得点しても全く安心できず、
それは自信の崩壊に繋がり、逆に相手はいくら先行されようと
追いつけ、逆転できるという自信が持てるようになってしまいました。

それにしても去年までのJ2の過酷日程を必死でくぐり抜けてきた
はずのチームが、いくら相手の強さの負荷があるとはいえ、
ここまでひ弱になってしまっている事に目を疑います。
特に顔ぶれが一変してしまったDFに関しては、技量・スタミナ
両面に於いてやはり温室的な虚弱さを感じずにいられません。

補強とか何とか言う前に、現勢力に対して何らかの対処がどうしても
必要ではないかと、どうしても思わずにはいられません。
選手全員を総入れ替えできない以上、いまピッチに立つ選手の
自彊と同時に、崩壊しかけた精神的なよりどころを新たにしなくては
ならないのではないか、と思います。今のままでは
何をしたって負けるという絶望的な自信喪失が蔓延した
03年の再現すら危惧します。

posted by FT |09:22 | 080517vs名古屋in札幌ドーム | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年05月10日

サポも金欠

はてさて、恥ずかしながら今回の増資にまだ応じていません(汗) 
集まりが悪いことをチームの商品価値の凋落に絡めて嘲笑っている
声も聞くが、これは時期が厳しいよ。

3月4月の年度末年度初めの出費(去る人来る人、これ莫大だぜ)
ガソリンはじめ諸物価高騰(85円でカップラが買えなくなったな…)
オイラは何もしなかったが人によっては散財だろうGW、
そしてそんな財布カラ状態に追い打ちをかける自動車税。

個人的には、3月に自損で車を失い、その後片付けに出費。
愛用の腕時計が二つトラブり、修理費。そして持病の治療。

例の年金未納問題のせいか、なぜか職場に役場からお達し。
期限内に必ず自動車税を納めろ、だと。未納者が職場に通知される
わけでもなかろうが、上司を通じてのお達しだと何がどう影響するか
わからんしな。それに、ちょっと遅れただけで利子が付くし。
若い人たち、見栄張って高い車なんか買わない方が良いわ。
どうせ10年もすればスクラップ、財産になんかならないんだから(笑) 

というわけで、自由になる金は応援にだけ特化させます(汗) 

寒さのせいで身体が動かなかったなどという言い訳不可。
今日の大宮戦は選手もサポもがばれ

posted by FT |12:42 | 080510vs大宮inNACK5 | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年05月06日

とにかくサッカーにはギネスだ

ええと、何を言えばいいのかな(汗)

とりあえず、オイラが去年の秋に言っていた事と
似た事を言っている人が多いのは何よりと言うべきか
残念と言うべきか。

前半と後半の、まるで別のチームのようなプレイに
そして観客が果たして(まあ最終スコアはともかく)どちらに
スポーツ観戦の喜びを感じるか、そして何よりも
どちらに状況の打開の可能性を感じるかは、
言葉を費やさなくても、見ればわかったよね、てことだな。

posted by FT |23:47 | 080506vs東京Vin札幌ドーム | コメント(2) | トラックバック(1)

2008年05月03日

先延ばしにしていた結論が勝手に出てきそうです

何か言うとただの愚痴になりそうで浦和戦後には何も言いませんでした。
(まあ、今さら言えば、先行しているのに4失点は相手がどうすごかろうと
 完全に破綻しているってことがわかったってことですが)

残念ながら京都にこのパフォーマンスでは、いくら過密日程と
30度の中でもダメ。収穫なし。京都まで行ったサポに怒られる。
技量がないのはハードワークでカバーするといくら言っても
今日はハードワークの欠片もなかったのが致命的だった。

新潟戦から延期していたチームへの評価は、やっぱりバツ。
非力さをカバーする懸命さの欠如と、破綻した戦術を手当てできない
指揮系統の麻痺、もしくは無さ。守備主体のチーム戦術が、
その守備を確固たるものにできないのはやはり指揮官の手腕に
責任を帰されても文句は言えないのでは無かろうか。

マイナス要因は種々あって、それを考慮に入れるのは当然だが、
降格ラインを考えれば、それも詮無き言い訳になりかねない。
何らかのテコ入れが必要な事態に足を突っ込んでいる、という
現状理解がさらに強まった。
(もちろん現有勢力が一皮むけるのを期待しているが、
 時間はあまりないだろう)

posted by FT |15:01 | 080503vs京都in西京極 | コメント(1) | トラックバック(0)

2008年04月28日

弱者のレッテル

怪我人は増えるばかりなのに、復帰する者は比例して増えず。
ただでさえ人材が不足していてチーム戦術を組み立てるのも
ままならない上に、要らぬ暴発でさらに自分の首を絞める、
まさに蛸の共食い。

オイラは以前、監督のチームコンセプトの評価を先日の
新潟戦まで待つつもり、と明言していたが、さすがに現状において
断を下せない。チームの枠組みを維持する事すら青息吐息では
監督の采配をどうこう言うのは僭越すぎる。
しかしながらそうこうしているうちにも負けが込んでしまって
残留の目標をクリアできない事態になってからでは手遅れになる。
手遅れになってから「アレはまずかった」と愚痴を言うのでは
六日の菖蒲、十日の菊というやつだ。
評価のタイミングをとるのが難しすぎる。

とりあえず、函館まで待ち延長かなあ…。

で、明日の浦和戦だが…「弱者」のレッテルに反骨の気概を示せるか
どうか、あいにく焦点はここだけになってしまった。

posted by FT |19:04 | 080429vs浦和in埼スタ | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年04月26日

呑んできた帰りに明日に向けて

さっき職場の歓迎会のラスト一つがやっと終わって帰ってきた。
もう試合は明日だ。

新潟との対戦は、やはり2年前の天皇杯を鮮明に思い出す。
削り削られ、裏をかき、表を射抜き、延長戦までを雨の中戦ったあの日。
その劇的な幕切れは、いまさら言うまでも無い。

あの相手が、リーグ戦の相手。
思えば長い道のりだった。あの相手と普通に対戦する日が、明日。
いやもう今日だ。

相手は現在低迷してるが、前節京都の轍を踏むべからず。
去年も唐紙に京都が酷い目にあったその直後に、うちが
愛媛で唐紙にやられた。二の舞はごめんである。
応援でいい雰囲気だけをドームに満たしたいものだ。

posted by FT |01:11 | 080426vs新潟in札幌ドーム | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年04月19日

パチンコ玉サッカーへの倦厭

最近のんべんだらりとしたことしか言ってないので
少し過激な本音を。
あまり過剰にはとらえないでいただきたいが(笑) 

オイラは昔から神戸が嫌いというか虫が好かなくてね。
緑とはまた違った意味で、チーム戦術よりも選手個人の能力
(とくに足の速さ)に依拠する割合が強すぎるのがムカムカしてね。
ずっと「パチンコ玉サッカー」と呼んで揶揄…というよりも
誹謗に近い呼び方をしてきていた。

ただもう少し考えてみれば、それはかつての自画像なんだよな。
チームとしての戦術や基本能力をおろそかにして、バルデスや
エメルソンの一発のカウンターの得点に頼り切っていたために
結局は金がなくなるとスッカラカンだった空しさ。
その意味では神戸に対すして抱いている過剰な不快感は、
かつての自分の恥部を連想してしまうからだろう、と思う。

今の札幌もカウンターが攻撃の基本だが
(正直物足りなさはあるが、これは財布の問題でもある)
神戸とは志が違う、と勝手に信じている。
その志の差を今日見られたら最高ではあるが。

posted by FT |10:20 | 080419vs神戸inホムスタ | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年04月17日

やれやれ、後付になってしまった

試合間隔が短いせいもあるが、後追いのエントリになってしまった。

今季になってあまり書き込みをしていない。最近ちょっと
文字コミュニケーションに距離を置くようになってしまったのと
何よりも今のチームのJ1におけるいっぱいいっぱいさを実感する
につけ、ここはこういう分析をしよう、ここはこういう改善を
期待しよう、という建設的批判をする余裕を自分自身が持てなくなって
いる、というのが正直なところ。

去年までは「それではJ1でやっていけない」という批判が出来た。
もっと先を見越したチーム造りというものを夢想できた。
昇格を果たしたその時のために、より魅力のあるチームをどう
作っていったらいいのかを考えることが出来た。
それが今は、何も考える余裕がない。どこもかしこも格上で
チームも選手もサポも自分たちよりも上に思えてしまう。
よその芝生は青く見えるものだとは思いつつも、なにもかもが
最底辺のポジションで、選択肢など無い、ただただ必死で転落を
避けようともがくのが精一杯に思えてしまう。

そういうわけで、ほぼ思考停止状態でひたすら応援するのみ。
昨日などは中継もないので、スカパで浦和vs京都で視覚と聴覚を
ごまかしながら、妄想で試合を透視するばかり。
無得点ながら無失点であったことに安堵するのが限界だった。
どこかで長めに分析して欲しいが、すでに明後日にはリーグ戦が
待っている。安閑としていられないのだった。

posted by FT |18:33 | 080416vs千葉inフクアリ | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年04月12日

約4ヶ月半ぶりのドームの歓喜

さっき帰宅しました。
ひっさしぶりの感覚だったな。昇格試合以来のドームでの勝ち。
ヤンツーさんへの「恩返し」も含めて磐田からの初勝利。
時代が違うとはいえ、磐田に勝ちたいと切実に思ったあの日が蘇った。
なんでだか、試合終了後に泣けてきた。

試合自体はまだまだ穴も多く、失点の宿題もまだ残ったままだし
怪我人は戻らず黄紙も増え、問題山積ではあるので、もちろん
手放しには喜べず、今の磐田だから勝てた部分も否定は出来ない
ゆえ、J1仕様への産みの苦しみは続くが、何よりホームで勝てたのは
チームの新顔や若手への精神的な強みになってくれるだろうと思う。

しかし、個人的にはなぜかホームの勝ち試合で不幸が来る(笑)
室蘭での川崎線の前日には長年愛乗していたRVRが自損して
廃車になった(汗) 
そして今日の試合前には飲みに行った先でカード入れを紛失し
せっかくの旨い酒台無し(汗) 
でも、勝ち試合後に帰ってきたらタクシー会社さんから連絡が
あって、保管していてくれたと知って安堵。

我が身を削ってチームの勝利に当てているような気もするが、
きっと気のせいである(笑) 

posted by FT |20:51 | 080412vs磐田in札幌ドーム | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年04月04日

You cannot kill what’s not your creation!

これもJ1効果か、応援したあとの疲労感がひどい。
テンションがJ1になって上がっているのか。
いや、単に老化か(汗)腿の付け根の痛みが抜けない(汗)
足の指の腫れがひかない。

試合の結果とはまた別に腹立たしいことも数々あった前回だが
正直あまり厳しいことをアレコレ言う気が湧かない。
(現場では、拍手はしないぞ、と叫んだ。いかに実力差があっても
敗北を「しかたないもの」として選手に受け止めて欲しくはなかった
から)

というわけで、死屍累々の現状で、明日の東京戦を迎える。
視察に来るという岡ちゃんが一体何を見に来るのかさっぱり想像も
つかないのだが、不様なところは見せたくないものだ。

posted by FT |20:35 | 080405vs東京in味スタ | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年04月02日

不確定情報の冬嵐

寒すぎるこの天気(汗) 

明日は何とか早めに行きたいが、ぎりぎりになりそう。

あれやこれやとウソ情報がネットに走っていて、
全部信じられない状態も先ほど終わり、明日は全部マジ。


レスする余裕がずっと無くて、コメントしてくださった方々
申し訳ないです。
ただ、昨日のコメントに。

フレアーの引退は、時代の流れですが、まさに生ける伝説です。
たぶんフロント入りして、これからも楽しませてくれると信じて
おります。ああ、フォー・ホースメンのTシャツ買えばよかった。

posted by FT |00:17 | 080402vs川崎in札幌ドーム | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年03月31日

喝者は水を夢見る

ろくな補強もせずにJ1にノコノコやってきた身の程知らずの
貧乏クラブ、と揶揄され、横浜FCの二の舞、いやそれどころか
一勝も出来ずに史上最短降格決定間違いなし、その不様さを
とっくり嗤ってやろう、と他チームやサポからは見られていたはず。
チームの窮状はわかっているものの、貧すれば窮すとばかりに
トラブルと怪我人だらけの現実には目を覆わずにいられなかった。

室蘭で川崎を倒した時、おそらくはあの等々力の04/6/23を思い出し
ようやく一矢報いたと思った人も多かっただろう、と思った。
敗北は勝利よりも深く刻まれるものだ。
だが、それとて杯戦ゆえに本気のリーグ戦では問屋がおろさない
というのが正直な気持ちでもあっただろう。

相手が先日当たったとはいえ、怪我人が出ていて本調子ではない
柏だったから「今の柏と対戦してアレでは心配だ」という声も
あるようだが、やはり勝利に餓えたチームにとっては値千金だった。
問題点はなんぼでも列挙できるが、まずは飢えを満たすのが肝心。

水曜日には本気の川崎が来る。
腹を満たして油断はしないで、迎え撃ってほしい。
そしてサブ組の台頭と怪我人の早い復活を。

posted by FT |15:41 | 080330vs柏in日立台 | コメント(1) | トラックバック(1)

2008年03月29日

故障者が多いなあ…

先週の室蘭行きの前日からすでに物心両面で多くのダメージ
が生活内で発生し、キツキツになっておりました。
幸いの勝利に少々心も癒されて札幌に戻ることは出来ましたが、
トラブルの解決にはいまだに至っておりませんで、気分は
下降線です。

まさか車が一瞬で廃車とはおもわんかった(汗)
すでに生活に差し障りが生じていますよ(泣)


チーム状態も初勝利を上げたとはいえ、聞こえてくるのは
復帰のメドの立たない故障者に加え、さらなる故障者続出の
報ばかり。
ここ数日の寒さも選手にはあまりよくないでしょう。

アウェイで、前回対戦と間がなく、ホームでの試合を
直後のわずか中二日に控えた過密日程と、条件もよくない。
個人的には「負けない」が飛び越えるバーなのかな
と思っています。

posted by FT |11:22 | 080330vs柏in日立台 | コメント(0) | トラックバック(1)

2008年03月23日

コンサドーレ号にて

先ほど乗車

団体の車両すかすかだ
もっと混み混みだと思っていたのに
今のところ一人掛け利用ですんでる
みんなもっとツアー利用しよう

posted by FT |09:28 | 080323vs川崎in室蘭入江 | コメント(1) | トラックバック(1)