スポンサーリンク

2017年11月19日

チームがこれから目指すもの

今年のクラブ目標達成!
J1残留はチームの念願であり、サポーターの悲願であったところです。
勝利&残留のビールは美味しいですね!

さて、今年はあと2試合。
ジェイ選手の言葉では、チームはまだ2勝を目指すとのことですが果たして?
故障がち、疲労蓄積した選手に無理をさせるよりも、来期の戦力構想の試験として若手の起用、出番の少なかった選手の見極めなど色々とできる2試合です。

降格争いを抜け出した今、他チームよりさきに来期の編成を考えられます。
選手としても、来期のコンサドーレが何を目指すのかが見えないと、チームに残る、出ると言ったその選手なりの判断にも影響するでしょう。
コンサドーレで出場機会を確保できるか?
チームコンセプトに自分は必要か?
など、選手はこれから現実的に色々と考える事になります。
実際、昨年は生え抜きの堀米選手が出場機会を求めて移籍の選択肢を選んだのですから。

今年J1残留を果たしたのだから、来期はJ1定着?
でも、それは『J1残留』という言葉を変えただけで、もっと具体的に目標順位を設定するとか、目標総得点数や失点、順位や勝点を具体的に設定するなどしないと、今期からの発展はないのでは?
恐らく選手たちも、そこが気になるところだと思います。

この先、選手の慰留や補強交渉でココが一番のポイントですし、可能ならサポーターにも具体的に示して欲しいところです。
目標がはっきりする程、選手、クラブ、サポーターの一体感が高まり、今期終盤戦のような相乗効果を生むことが、お金に頼らないクラブのより高いクラブポテンシャルを引き出し、より強い団結力や組織力を生み出すのではないでしょうか?
現実的に来期はJ1制覇!、ACL出場権獲得などという夢は、まだ実現できる力が無いことは皆んな知っています。

残留を決めて喜ぶ間も無くこんな話。
と考える方もいるかも知れませんが、他チームより二週間早く来期の編成に動き出せるアドバンテージをもらったのですから、せっかく手に入れた時間を無駄にしてはいけません。

最終到達目標ではなく、来期の目標、テーマをどこに置くのか?目標達成の為のチームコンセプトをどのように設定するのか?
次節以降、出来るだけ早い段階でそこが示せると、選手への素早いオファーや有力選手の流出阻止も可能になるのではないかと思います。

posted by ykk-i |16:17 | チーム強化への提言 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年11月04日

鹿島戦振り返り

鹿島戦当日、身内に不幸がありまして大一番を見る事ができませんでした。
あらかじめ、地上波中継の録画予約をしていましたので、
後からざっくりと見ました。

全体的な印象は、細かい部分で出るプレーのクオリティの差がジャブを連打されるようにコンサドーレにジワジワとダメージを与えていました。

鹿島の選手は簡単にボールを奪われない
コンサドーレの選手はちょっとした隙を付かれて簡単に奪われる

ゲーム全体からしたら些細なことの積み重ねですが、
これがずっと続くと、ピッチ上の選手は気持ちの迷いが生じて積極的なチャレンジがしづらくなり、全体が守備的になります。
象徴的なのはゲーム開始直後に都倉選手が相手DFと果敢に競り合ったり、相手DFを股抜きでかわしてゴール前へ突進など、非常によくチャレンジ出来ていました。
ゲーム終盤は鹿島得意の逃げ切り体制で比較できませんが、録画した方は前半開始10分と後半30~40分頃の両チームのプレーを比較してみてください。
1点ビハインドの札幌は、もっと攻めなければならないのに、ボールを奪ってもチャレンジせずに前に蹴り出すだけ、味方がボールを貰いに来ないという悪循環で全く別のチームになっていました。
コンサドーレが消極的になればなるほど鹿島の術中にハマっていきます。

90分の間にはゲームの流れも変わりますから、最後まで攻撃をやりきる事は非常に難しいですが、鹿島相手に意識が守りに入ってしまったら勝ち点は取れません。
あのまま最小失点差で終えられた事があの時点のベストだったと思います。

でも、この先J1で勝てるチームになるのなら、もっと基本的なプレーを確実に出来るようになる事が、遠回りなようで一番の近道なように思います。

難しい事をするより、シンプルに何事も基本が大切という事を再認識した試合でした。

posted by ykk-i |07:48 | ゲームプレイバック | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年10月28日

ストライカーと決定力

歴代外国人ストライカーとの比較です。
試合数が少ないので単純比較ですが、ジェイ選手、ヘイス選手は歴代外国人の中に入って遜色ない成績を残しています。
コンサドーレが欲しい決定力を持っている貴重な存在です。

バルデス       21得点/31試合(1998年)67.74%
エメルソン    31得点/34試合(2000年)91.18%
ウイル          24得点/26試合(2001年)92.31%
フッキ          25得点/38試合(2006年)65.79%
ダヴィ          17得点/39試合(2007年)43.59%

ジェイ         6得点/10試合(2017途中)60.00%
ヘイス          6得点/12試合(2017途中)50.00%
https://www.nikkansports.com/m/soccer/jleague/j1/data/ranking/index.html

鹿島戦でも期待が高まるのは当然ですね。
ヘイス選手がいたら、相手チームは更なる脅威になりますね。

posted by ykk-i |18:59 | 注目の選手! | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年10月28日

ドラマの再現を!

一昨年の11月
札幌ドームで荒野選手が決めたゴールをノーゴールにされ、抗議した都倉選手にイエローが出る非常に雰囲気が重くなった中で上原選手が決めた劇的ゴール。
https://youtu.be/CdWUR0YxY_Q

そして去年の11月。
J1昇格をかけた終盤戦にフクアリで起きたドラマがあった。
https://youtu.be/0FNRxkK-Eow

この時我々は最後まで諦めず前に進めば必ず道が切り開ける事を選手から教えてもらいました。
鹿島戦は非常に厳しい戦いになることは誰の目にも明らか。
その中で諦めずに最後まで戦い抜くことができるか?

相手のチーム、選手のネームバリューに気圧されてしまう事が無いように、
今年のコンサドーレは今までと違う!
ということを鹿島に示しましょう。

シーズン終了後、鹿島から「札幌でのあの試合が痛かった」と後々まで言わしめるような戦いを挑みましょう!

一昨年、去年と続くあのドラマの再現を明日起こしましょう!
いいイメージを持って。
二度あることは三度あります!
この時期に関東のチームと対戦する時は何かが起こる予感がします!

さあ!いよいよ明日、J1残留に向けて首位チームを迎え撃ちましょう!

前節のアウェーFC東京戦。
もはや伝説になるであろう、ホームチームを圧倒し関東サポのプライドをかけたあの大応援。
https://youtu.be/Zok1MOE6yqA
我々道民も関東サポに負けない熱い応援でホームで勝利を掴みとりましょう!

行け!サッポロ!!
勝利信じ 最後まで戦え!!!

posted by ykk-i |05:39 | コンサドーレ的妄想話 | コメント(2) | トラックバック(0)

2017年10月25日

上方修正

平川さんのコラムを拝見しました。

好調なチーム状況から、チームの目標を
「残留ではなく、仙台の上の順位にした方がいい」
というものです。

チームが昇り調子の時は勢いをつけるため、景気のいい話を出した方が盛り上がるのは事実ですし、そうすることでチーム内の雰囲気が良くなるのならそれもいいですね。

でも、私はまだ残留も手に入れていない現状で、それを口にするのは時期尚早かと考えます。
まずは次の鹿島戦に勝利を求める事。
今はそれ以外の雑念に囚われず、目の前のミッションを一つずつ確実にクリアしていく事、選手にもサポーターにも、目標はシンプルにわかりやすい方がいいです。

まだ、残留争いをしているさ中に遥か上ばかり見て足元を掬われることは絶対に避けたいものですね。

posted by ykk-i |12:46 | 私的コラム | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年10月22日

中原!

ガンバ
これからキックオフのガンバ大阪 スタメンに中原君が 遠藤、今野、井手口と、そうそうたる代表メンバーと並んでいます。 今後も彼の成長が楽しみです! https://www.nikkansports.com/m/soccer/jleague/j1/score/2017/2017102206_m.html


posted by ykk-i |15:44 | 注目の選手! | コメント(2) | トラックバック(0)

2017年10月22日

行け!サッポロ!!

試合前のサポーターからの鼓舞
「行け!サッポロ!!」
これアウェーですよね。
鳥肌たった。
https://youtu.be/yS3bto5WjnA

posted by ykk-i |07:33 | ゲームプレイバック | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年10月21日

価値あるアウェー初勝利!

FC東京を相手に今期アウェー初勝利!
残留争いチームが軒並み勝てなかった今節、この勝利は今期一番意味があるものだと思います。
アウェーで勝てないというジンクスを振り払い、苦手意識を克服したばかりではなくこの大事な終盤戦に負けないゲームを続けられる自信を貰いました。

そして関東サポーターの皆さんの迫力が凄かった!
札幌のホームゲームのような雰囲気、迫力ある声援。
その相手を圧倒する応援に勝利という結果で応えた選手も凄かった!
あの迫力に震えました!

今、コンサドーレは今期で一番勢いに乗っています。

次節はホームで首位鹿島戦。
鹿島は今日これから試合ですが、2位の川崎がぴったり後を追って来ているので、来週の札幌戦は絶対に落とせない、いや、むしろ安パイ位に見くびって乗り込んで来てくれたら付け入るチャンスは十分にあります。

鹿島は試合巧者で一瞬の隙を逃さず、確実にゴールを決めるチームです。
リードされて終盤に来たらまず勝てないでしょう。
今日の試合も勝ちはしたものの、ヒヤリとする場面はいくつかありました。
鹿島はそこを確実に決めてきます。

札幌の攻撃も、ジェイが機能して初めて得点が生まれていますが、鹿島には日本代表DFの昌子がいて、恐らくジェイを封じ込めに来るでしょう。
鹿島戦はジェイだけでなく、チャナティップや今日出なかつたヘイスや兵藤の力が必要です。
彼らがいてマークを分散させて、初めてコンサドーレの攻撃が始まるのです。

次は勝つ事が難しいゲームになります。
でも、もし負けたとしても首位チームと今これだけ戦える!と実感出来る事。
それが、残り三試合を戦う選手の自信に繋がれば、敗戦でも十分に価値があると思います。

とにかく次節は負けを恐れず果敢に最後までチャレンジして欲しいと思います。
今日の勝利は次節は最悪勝たなくても良くなる位の大きな勝利です。
大量失点だけ気をつけて後は思い切ってぶつかって欲しいと思います。
結果は付いてくるはずですから。

そして、次は残留争いの他チームも強敵と当たり、すぐ上の順位のガンバと仙台は直接対決で潰し合います。
今、まさにツキは札幌にあると思います!

(主な次節の対戦カード)
札幌 対 鹿島
甲府 対 神戸
広島 対 浦和
清水 対 東京
大宮 対 C大阪
仙台 対 G大阪

posted by ykk-i |19:03 | 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0)

2017年10月21日

他会場の結果

他会場の結果です。

仙台0-0清水
大宮1-1柏
C大阪2-0甲府
広島0-3川崎

今日勝てば一気に降格争いから脱出し、仙台の背中がすぐ前に見えます!

みんな頑張ろう!

posted by ykk-i |15:57 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年10月21日

他会場の経過

今日の残留争いチームは札幌以外はほとんど2時キックオフですね。

前半終了時点の経過です

仙台0-0清水
大宮0-1柏
C大阪1-0甲府
広島0-2川崎

このまま行けば、今日は勝ち点1でも大きな価値が出ます。
負けだけは避けたい。
出来るなら関東サポーターの前で1勝を。(期待)

posted by ykk-i |14:54 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)