スポンサーリンク

2018年04月21日

試合に賭ける思い

「絶対に勝って勝ち点3を持ち帰り、サポーターと勝利の喜びを分かち合いたい。」
普段ならこんなコメントが見られるのに今回はダゾーンのインタビューで
「ミシャを男にしたい」(都倉)
「ミシャを勝たせてあげたい」(福森)
と、単なるチームの勝利を超えた選手にとって高いモチベーションの試合になりそうです。
https://youtu.be/Z_BfNgLbZWQ

一方の浦和も、組長、いや大槻監督のラストマッチという事で相当な気合いが入っている様子です。
 
両指揮官は冷静に試合前に次のようにコメント(要約)

「(札幌と浦和の)試合が注目されるのなら、Jリーグは他の試合はもっと頑張らないといけない。」(ペトロビッチ監督)

「(自身のラストマッチという)ストーリーを乗っけるなと選手には言ってます。」(大槻監督)
大槻監督の試合前日インタビューより(浦和公式サイトより)
http://www.urawa-reds.co.jp/static/ttt/144387.html


今日の試合の個人的な見どころですが、
浦和の右サイドで頭角を現した若い橋岡選手と左で対決するであろう菅のマッチアップ
都倉と槙野の因縁の対決と、武藤、興梠対ミンテ、進藤、福森の対決
柏木、長澤、阿部ら強力な中盤と宮澤、深井、チャナティップ、三好の激突
福森と西川のセットプレー対決。

かなりの見どころ満載で、浦和との因縁めいたものがこの試合でも生まれそうです。
もしかしたら、今後の浦和戦は今日の試合いかんでは「レッドダービー」と呼ばれるダービー戦になって行くのかもしませんね。

最後に私の素人目からの今日の展開予想。
浦和が警戒する都倉、チャナティップ、三好、福森は封じ込められ、興梠、武藤のカウンターに苦しめられる展開。
でも福森がいるためバイタルエリアで浦和はファールが怖いはず。そこをチャナティップ、三好が自由に動けるのが大きいです。
でも、警戒が薄い伏兵、兵藤、進藤や最近好調なストライカー13、31あたりが試合を決めてくれそうな予感がします。
特に31は最近、流れを引き寄せるゴールで確実にチームに勢いを与えている、まさに影のエースストライカーです。
途中出場からの札幌のジョーカーは都倉以上に怖い存在です。

アウェーですが、今日勝ち点3を取ればチームに与える勢い、影響は勝ち点3以上のものがあります。
年間を通してもあまりない、今日はアウェーで勝ちに行く試合です。



posted by ykk-i |06:04 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年04月19日

素朴な疑問

運動量が多い戦術であり、W杯の影響から過密日程で過去最大の負荷が選手にはかかっているであろう今年のコンサドーレ。
張りや違和感、多少の痛みが選手から出るのは当然で、多少の離脱者はいるものの、現時点で大きな怪我でチームを離れているのが菊地選手だけ。
これから先怪我人が出るかもしれませんが、毎年試合だけではなく練習中のものを含みコンサドーレは選手の怪我に悩まされてきたのに、何故か今年は離脱する怪我人が全く出ません。

情報統制をしているのかも知れませんが、今までと何が違うのでしょうか?

そういえば、最近試合に出て来ませんがジェイのてんかんは大丈夫かな?

posted by ykk-i |04:48 | 私的コラム | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年04月15日

反省会

昨日は浮かれて早々に祝杯をあげましたが、次に向けてしっかり反省も必要ですね。
私のような素人から見た内容ですから、チームとして弱点を晒すことにはならないでしょう。
特筆すべきは、キーパーを含む最終ラインのパス回しの危なさです。
昨日は特に普段の最終ラインからの出し手(福森)と受け手(宮澤とチャナティップ)不在の為に、ゴール前で非常に不安定なパス回しをさせられました。
特に柏のハイプレスが効いて、見ているこっちがヒヤヒヤするくらいですから、ピッチの上とベンチはかなり焦っていたのではないでしょうか?
次の浦和で同じようにあれやってたら、間違いなく興梠の餌食です。
あのようなシーンを作らない為に何をどうするべきか。
ミシャさんや四方田さんはもうわかって手は打って来ると思います。
次節はそこの改善に注目です!


それとゴール前、フィニッシュの精度です。
昨日のJリーグタイムでも言ってましたが、シュート本数はリーグ最多な訳でチャンスは一番作れているのに、得点ランキングベスト3に何故かコンサドーレの選手がいません。(都倉が6位)
https://www.jleague.jp/sp/stats/goal.html?s=J3
「どこからでも点が取れている」
「ジェイの欠場が響いている」
と言う理由があるかも知れませんが、この辺りが改善されないとJ1上位にいるのが厳しくなりそうです。

4月12日時点のデータですが
http://www.football-lab.jp/summary/team_ranking/j1/?year=2018&data=chance
コンサドーレは首位サンフレッチェより遥かに多くチャンスを作っていますが、結果に繋がっていません。
シュート成功率はJ1中位〜下位にいるチームと同等です。 
これを見ると明らかです。コンサドーレは順位がかなり下になっています。
http://www.football-lab.jp/summary/cbp_ranking/j1/?year=2018&data=shot

決定力のあるFWはやすやすと手に入らないし、今はピッチにジェイが居ないから仕方ないかもしれないですが、その点レイソル戦で大きく輝きそうな選手が現れました。
宮吉選手です。
彼の直近サンフレッチェ時代のプレー動画です。
https://youtu.be/z0BGpx0i9ns
プレースタイルを見ると、彼のシュートセンスや得点感覚はミシャサッカーで開花した佐藤寿人や興梠になり得る存在だと感じます。
レイソル戦で見せたヘッドや、惜しかったバイシクルには彼のセンスを感じました。
今のコンサドーレには、スルーパスの三好やアーリークロスの駒井と菅、ロングパスの福森と、パスの出所はかなり豊富です。
出場時間が増えたら、彼は輝きを更に増すと思います。
とは言え今の攻撃三枚に食い込むのは至難の技。
ここは当面はジョーカー的な役割で、途中出場からでも毎試合使ってゴール感覚を下げずに結果を待つのはどうでしょうか?
チャナティップの運動量で出ずっぱりは厳しそうですから、彼との交代枠をヘイスと競わせるのがいいのではないでしょうか?

宮吉、三好の日本人ホットラインは今後も注目です!

posted by ykk-i |17:05 | ゲームプレイバック | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年04月15日

躍動する若者たち

昨日、長崎はガンバに0-3の快勝でした。
調子を落としたガンバでしたが、中原が豪快なロングシュートで3点目を決めて勝負が着きました。
彼は着実に力をつけています。

中原のロングシュート https://youtu.be/BFD1FZA-1HQ

コンサドーレもフロンターレから期限つきで獲得した三好が中心になって攻撃を牽引しています。チャナティップも欠かせない戦力です。

三好の記事
http://www.sanspo.com/smp/soccer/news/20180414/jle18041420340024-s.html

彼らがいない時もヘイス、宮吉が居てくれますが、来期は宮吉以外期限つきの彼らがどこにいるのかはわかりません。

宮吉の記事
http://www.sanspo.com/smp/soccer/news/20180414/jle18041420300023-s.html?aja_src=www.sanspo.com

中原がミシャサッカーでどんな成長をするのか見てみたいです。
私はずっと中原のことを買っています。
そろそろコンサドーレで覚醒する中原を見てみたいです。

中原の記事
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/04/15/kiji/20180415s00002179084000c.html

また、今のコンサドーレでプレーしたいと言ってくれる、今期の三好のような埋もれた実力を持った選手たちがいたら、中原同様に札幌で一緒に成長し夢を掴んでほしいです。
夏の移籍市場が今から楽しみです。

都倉と似たフィジカルのCF、オナイウ阿道(レノファ山口)や、ミシャサッカーに凄く相性が良さそうな杉本太郎(徳島ヴォルティス)などの若手が私が注目する若手です。ただし、二人ともレッズ、アントラーズからのレンタルでJ2にいるのですが、札幌なら主力に成長しそうな気がします。
ジェイの後継にオナイウ、チャナティップの後継に杉本。二人はまだ発展段階ですが、可能性は感じさせてくれます。
浦和さん、鹿島さん。川崎から来た三好のように札幌で才能を開花させませんか?


参考
オナイウ選手プレー動画 https://youtu.be/INaVUyth_TA
杉本選手プレー動画 https://youtu.be/ixfTT9xWGlc



posted by ykk-i |06:20 | 注目の選手! | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年04月14日

ジンクス

今日の宮吉の同点弾はヘッド。
今年はヘッドからの得点からみんなゴールを決め出している印象。
チャナティップ、進藤、みんなヘッドからでしたね。
ジンクスかな?

三好もヘッド狙ってみたらゴールできるかも?
そう言えば三好、今までヘッド狙ってないよね。
苦手なのかな?

祝杯あげている酔っ払いの戯言です。

posted by ykk-i |19:05 | ゲームプレイバック | コメント(2) | トラックバック(0)

2018年04月14日

見たことがない景色

暫定順位ですが2位!

まさに見たことがない景色です。
野々村社長、有言実行ですね。
20年札幌を応援して、この順位にいるのが現実‼︎
大感謝です!

リーグ戦はまだ序盤で、他チームのサポーターからは「去年は浦和も」なんて揶揄されているようですが、チーム強化費のコスパを見たら驚異的です。
監督だけでこんなに劇的に変わるんですね!

札幌の最大戦力はミハイロビッチ監督と野々村社長かもしれませんね。

今日はもう、細かいことは言わない!
20年来の夢の実現に酔います!!

カンパーイ!

posted by ykk-i |16:32 | 私的コラム | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年04月14日

必要なもの

今日の対戦相手は柏レイソル。
強いです。
昨年の厚別の借りを返そうと雪辱に燃えているとか。
相手のモチベーションも生半可なものではありません。

そんな中、連戦で予想していたとおり一部のスタメンが欠けています。
ジェイ、チャナティップ、宮澤、福森
この四人が居ないチームは今までと違います。
それは弱いという意味ではなく、選手の特徴が違うため、基本戦術は同じでもシュートに行くまでのプロセスが変わるということです。
今日のメンバーは単なる代用品ではありません。
今日のメンバーの特性を発揮して、数多くゴールに迫る事がチーム力の底上げになるのです。
今日のスタメンには、ジェイの決定力、チャナティップの推進力、宮澤の中盤構成力、福森の精密なキック力はありません。
が、我々が求めるところはそこではありません。
その選手の個性、特徴がチームにいかに融合して勝利に繋がるかを期待しています。

最近の攻撃の活性化は、守備の安定がベースです。
守備無くして攻撃はあり得ません。
何気なくやっているように見えるパス交換の精度、2手3手先を読む選手の連動した動き。
地味な基本が完璧に出来ることがいかに難しいか。
サポーターも理解し始めています。
都倉の派手なバイシクルも、地味で完璧な作業の積み重ねの先にあるものです。

今日のスタメンは胸を張って堂々と戦ってほしいです。

posted by ykk-i |07:47 | 思いつきコラム | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年04月08日

コンサドールズに拍手!

コンサドールズ、試合前のパフォーマンスは無くさないで欲しいですね。
Jリーグでダンスを取り入れたパイオニアですし、クオリティも落とさない努力は現場を見ていなくてもわかります。

今シーズンはピッチに水を撒き、滑りやすい状態の芝で誰一人として足元が不安定にならないパフォーマンスは地味に感動しました。
選手とは違い、芝を傷めないようにスパイクなんて履けない彼女たちがこれだけ安定した足運びをすることにビックリです。
https://youtu.be/VEv0AQ9r6cA 

自分達が同じことをやったら出来ないんじゃないだろうか?
普段の努力を感じます。
これからも頑張ってスタジアムを盛り上げて欲しいです。

posted by ykk-i |07:34 | 私的コラム | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年04月07日

これからチームの総合力が問われる

3-0でグランパスに完勝!

予想以上にコンサドーレが自由にプレーでき、素晴らしい試合で我々サポーターも溜飲を下げた1日。今夜の美酒は格別です。
そして都倉のゴールがネットニュースになりました!
http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/14546282/
早くも今シーズンのコンサドーレのベストゴールになるのかも知れないですね!

さて、次は水曜日。
ルヴァン杯ではなくリーグ戦です。
水曜日はターンオーバーで行くのかわかりませんが、しばらくの間は水曜日と土曜日の過密日程のリーグ戦です。

途中交代した三好や今日欠場した深井、かなり走っていたチャナティップや宮澤、荒野あたりには連戦はキツイかと。
今までのルヴァン組で、今日のクオリティを維持しながらリーグ戦を戦えるのか?
各チームの総合力が問われます。
今日の勝利は大きいですが、次節のスタメンが早くも気になります。

となると、やっぱり次はこんな感じ?
都倉(JB)
早坂  宮吉(ヘイス)
ジュリ  小野  兵藤  白井
石川 ミンテ  進藤(横山)
ソンユン

うーむ。
読めないですが、攻撃のクオリティ維持が出来るか、ルヴァンを見る限り心配です。
今、湘南が鹿島と戦っていますが、湘南はターンオーバーでくるのかな?

posted by ykk-i |19:21 | ゲームプレイバック | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年04月02日

ジェイと都倉を同時起用できない理由を考える

ジェイと都倉。
決定力と強さで2人が前線に居たらさぞ強力だろうと考えますが実現しません。
そこには必ず理由があるはず。
私なりの考えをまとめてみます。
所詮、素人考えなので的外れならご容赦を。

鹿島戦で相手DFを慌てさせた攻撃。
鹿島がラインを上げられなかったのは、一本のロングパスからチャナティップと三好が常に裏を狙っていたからだとダゾーンの解説で聞きました。
DFが前に行けない事が鹿島の攻撃のコンパクトさを失わせ、中盤が空くことでボランチが自由にパス回しができ、攻撃のいいリズムを作り、結果として厚みのある攻撃を持続させられるのです。

トップ下でボールを失わず、前への推進力でチャンスを作れる選手は、チャナティップと三好が札幌でトップでしょう。
都倉は足元の技術が、ジェイは前への推進力が彼らよりありませんから代わりができません。
適材適所を考えると、これが現時点でのベストなのだと思います。
チャナティップと三好が片方だけなら、相手に守備の的を絞らせるため上手くいかないのだと思います。

チャナティップと三好があそこにいる事で、相手はカウンターを意識せざるを得なくなり、それがパスサッカーを活かしているのだと思っています。
常に攻撃の選択肢を複数持ち、相手DFの守備を迷わせる事が絶対的な個の力が無い場合はとても大事です。
DFは一瞬の判断ミスが命取りになるポジションですが、鹿島戦では日本代表の昌子選手、植田選手が常に判断に迷い、惑わせ続ける事が出来たのはチャナティップと三好の存在がいかに大きいかということの現れだと私は感じました。
ハーフタイムの入りに昌子選手が慌てて戦術ボードを持ち出して確認作業をしたのはその為だと思うのです。

攻撃は最大の防御
でも、ロングパスで常にカウンターを狙うためには組織的な守備が前提です。
相手がロングパスを放り込んでくるだけのチームなら跳ね返す高さと強さがあるジェイと都倉の両立があり得るかもしれないと思いますが、試合展開や状況によりけりだと思うのです。

posted by ykk-i |06:05 | 思いつきコラム | コメント(0) | トラックバック(0)