コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2017年07月07日

Breathing period never last long

 水曜日の夜、C大阪をドームに迎えたルヴァンカップ プレーオフ第1戦は残念な結果に。Jリーグのサイトでテキストを追っていただけでも、前半終了間際にCKを与えた場面では、危ない匂いが充満していました。次の更新で相手に1点入っていた時には、案の定過ぎて苦笑。後半すぐに追加点を取られた時点で勝負あったと思いました(むしろ、そのまま終わったのが不思議。後半は内村が良かったみたいですが、前半エンジンがかからなかったのは何故なのか)。絶対に与えたくなかったくらいのアウェイゴールを二つも取られては、正直、敵地で逆転は望めないでしょう。応援はしていますが、次は控え組に試合勘を取り戻させる場にして良いのでは。

 この結果を受けて心配された土曜日のリーグ戦は、残留のライバル清水相手に1-0で逃げ切り、遂に連敗を6でストップ、他の対戦にも助けられ、降格圏内からも脱出と、なかなか良い方向に転がりました。都倉とヘイスのフォワードふたりによる得点(ヘイスはリーグ戦2試合連続)、DF陣も久々の無失点と、明るい兆しも。かと言って変に色気を出さず、今週の大宮戦はシンプルに思い切ってぶつかっていただきたい。選手起用は最後まで動ける選手優先で(石井が長期離脱なら痛いです)。

 ジェイにチャナティップという新戦力が加わったことで、刺激と競争がチームを活性化させ、強化してくれることが望める一方、チームとしてのまとまりが損なわれたり、戦術の方向転換に失敗する可能性も生まれるため依然楽観視は出来ませんが、それでも停滞よりは良いのではないでしょうか。何とか踏ん張って、しぶとく中位チームについて行ってて欲しいです。

 頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Hokkaido Consadole Sapporo lost Wednesday's first game of Levain Cup play off  at Sapporo Dome by a score of 2-0 for Cerezo Osaka. Two away goals behind is obviously serious; although there is a slight chance that that Consadole turn over the unfavorable situation in the next game on July 26 on the away pitch of Kincho Stadium, it might be difficult for them more than we hope.

On the other hand, they finally stopped the harsh long losing streaks at 6 with the 1-0 victory to Shimizu S-puls on another game at Sapporo Dome on Saturday; Consadole went ahead in the 6th minute early from Reis' goal and kept the lead to the end. Reis who scored two game straight now seems to be getting better and better, and so is the relationship between him and Tokura. As same as the shut out game for the defenders, it allowed all Consadole people to  breath again. 

Aggressive newcomers joying to the team has been announced too; Jay Bothroyd is ex England national team player and Chanathip Songkrasin is now plays for Thai national team. They can refresh and boost up the team with their play and good rivalry; however, it also can be problem when they cause discord instead of chemistry. 

How all players unit strong and work for the team whole 90 minutes might be key. Omiya Ardija they will meet this Saturday has faicied difficulty since the start  too, still, it never means easy game; quite the reverse. Work hard and play for the team to make best; straight winning can call fair wind. Go, Hokkaido Consadole Sappro! 

posted by masamaru |07:03 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2017年06月27日

Bet on Levain Cup

 いよいよ追い詰められて来たなという感があります。

 天皇杯は初戦でアマチュアに敗退。これはさすがにアウェイで鹿島に3-0でやられるのとは訳が違う(特に現地観戦のファンにとっては。しかも雨の中、延長後半まで応援した末とあっては…。お疲れ様でした)。とは言え、初めての屈辱というわけでもないし、番狂わせや上位喰いは天皇杯では珍しいことではない。むしろ大会はそれを欲しているわけだし。仮に次のリーグ戦で意地を見せることが出来たならば、丁度良い奮起の材料になった、むしろ今季のウチにとっては、自然とリーグ戦に集中出来る態勢になってありがたかったではないかと負け惜しみさえ言えたであろうに、その大事だった柏戦も、踏み込みなのか踏ん張りなのかがもうひとつ足りず惜敗(せめて引き分けようよ)。

 特定のクラブチームやリーグを長く見ているとは言っても所詮は素人。素人に「難しいなー」「ここからでは届かないだろうなー」と感じさせている段階で、実際に状況は深刻なはず。また(見る側の)経験則からすると、一旦そこにハマると、何をやっても、大抵は裏目に出て迷走する。大型補強や監督交代が功を奏することもありますが、(輝かしいドラマによる驚愕や興奮がもたらす印象ほどには)その数は多くない。いわゆる「自分たちのサッカー」を貫いて来た結果が厳しい現状であり、クラブとしても(特に出資者や株主に対して)「何かをした」という姿勢と事実を示さなければならない以上、その最も簡単で判りやすい方法として理解は出来るんですけれどね。個人的には、あくまで現体制と現有戦力で戦局を変える方向で頑張って欲しい(主に、結局は失われるお金のことを思うと。まあ、それが上手く行く率は、大型補強や監督交代が功を奏するより、更にまれなような気もするのですが…。今の時期ならまだV字回復の目もある)。

 そんな中、明日は札幌ドームにC大阪を迎えてのルヴァンカップ プレーオフ第1戦が開催されます。ルヴァンカップ自体も、実は勝ったら勝ったで、チームとして今後どういう姿勢で臨むのか、内外に向けて、ますます難しいことになって行くような気もしなくはないのですが、今のコンサドーレにとって唯一明るい話題の要素でもあるため、ここは大事にしたい。もちろん、勝って弾みがつけばそれに越したことはありません。

 テキストでしか試合を追えていないので、誰が良い悪いは判りませんが、まずは守備から、と言っても後ろを厚くするのではなく(そのつもりで人数かけてもどうせ抜かれたり押し込まれたりしますから)、中盤で(2列目で)ガッツリ守備をして、早め早めの前への展開とシュートで主導権を握って欲しい。あと、四方田監督には、できれば選手それぞれが最も得意なプレーで自分の色を活かせるような布陣をお願いしたい。もちろん、ラインナップは考え得るベストのもので(次のリーグ戦は中2日でまたホーム、相手は同じ昇格組の清水、意識せざるを得ないでしょうが、ここで戦力をケチって負けた場合、土曜日の観客数やファンのモチベーションに与える影響が大きそうですし…)。

 明日は残業しながら応援します。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Last Wednesday, Hokkaido Consadole Sapporo appeared to the second round of the Emperor's Cup and lost it against an amateur team Iwaki FC and left the tournament easy and early. The blunder on the holy home pitch of Atsubetsu was totally different from previous one, 3-0 perfect defeat in Kashima (especially for the fans in the roofless stadium soaked to the bone after the extra 30 minutes). However, it always happens in the Japan biggest tournament games and an upset or giant killing is even a kind of catch copy of the event; it was rather expected.

So at least if they won the next league game in Kashiwa, they could say it was rather great opportunity to focus their attention on the rest of the league; however, actually they failed in that; it ended in 2-1 for Raysol as another disappointment.

With this background, the first game of Levain Cup play off on this Wednesday that they will meet Cerezo Osaka in Sapporo Dome turned to be difficult and important. Yomoda might want save his key players as many as he can for Saturday's league game against Shimizu S-puls again at the Dome but acting too much carefully can be not good. Surviving Levain Cup is now almost only bright topic for both fans and team; of course, the most important thing for the club is to stay J1 so that the result in the league make them nurvouse. Still, missing the chance that fans can get excited or they are porud of the team, just for the next game never seemed to be good idea. Atmosphere always can be great concern. And the thing more worried about is when we cannot any point from Shimizu after we gave up the cup game from the first. It can beat us all down and bring big confusion mainly because of the dismay.

I want Yomoda to chose the best line up for Cerezo rather than prepare S-pulse even though the time the club think about the action to change the situation is aproacing and generally replacing head coach is their fist option. And I also want him to give his players the positions they can work with their own strengths and caractors. Although they might try tight defence, too much difensive would not work. Try to play closer to the center line as possible instead of their goal and attack quickly and finish it off; once they have the lead first, there is a good chance to stay that to the end.

Tomorrow night, I check how it goes with the internet while I work late. Go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |23:29 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2017年06月08日

Light and shadow now on them

 ルヴァンカップではグループリーグ最終節に“聖地”厚別で柏に勝利、しぶとくプレーオフに滑り込んで喜ばせてくれた札幌。相手は昨季から何かと大事な試合、大事な局面で当たっているC大阪ですが、対戦成績から見ても勝機は充分あるのではないでしょうか。まずは初戦、会場の札幌ドームで地元ファンを沸かせる可能性は大だと見ています。

 一方、リーグでは苦戦しています。前節は(そのドームで)神戸相手にジュリーニョのゴールで先制するも逆転負け、連敗は4に増えました。今のところまだ(少なくともテキストで見る限り)「もう少し」と言える域にあると思います。もう少し踏ん張れれば、もう少しシュートに精度があれば、といった印象。開幕当初の貯金で、順位もかろうじて降格圏外ですし。

 ただ、出来るだけ早いうちにこの状況を脱しないと、ずるずる行って気付けば万事休すとなりかねない、と言うより十中八九そうなることは、ある程度Jを観て来たファンなら嫌と言うほど知っていること。もちろん、じゃあどうすればという話になるとこれがまた、過剰に慎重に守れば良いというものでも、とにかくリスクを恐れずに攻めれば良いというものでないので難しいのですが…。知将・四方田がその辺を考えていないわけも出来る手は既に打っていないわけもないですし。それでも予想以上に苦労しているんじゃないかとは思いますけれど。

 その点、暦の長いファンは、むしろこうした展開も想定内と言うか、状況に耐性があると言うか、もう少しは余裕を持って楽しめるような気がします。願わくはその間に盛り返すなり上向くなりしてくれれば。とにかく直接試合を観られないので、具体的に何処がどうで誰がどうなのかも判らない、当然、文句も希望も言えないのは何とももどかしいですが、突き詰めればいずれにしろ、勝って欲しいと願うことしか出来ないわけで。次は国際Aマッチデー明けにアウェイで鹿島戦。これまた厳しい相手ですが、頑張ってもらいたい。

 負けるな、北海道コンサドーレ札幌!

It was a kind of surprise that  our Hokkaido Consdole Sapporo had slipped into the play off games for the  tournament stage of the Levain Cup with the 2-1 victory to Kashiwa Reysol, on the home pitch of their original "holly place"; Atsubets. They will meet Cerezo Osaka that we has played important games like this many times since last year on Jun 28 in Sapporo Dome and, maybe there is a good chance they greatly excite and please the home fans in the stand of the Dome.

On the other hand, about the league games, it seems that Consadole is now in a kind of tunnel. The losing streaks already has counted 4 with the result of last Sunday they failed in keeping a lead with Julinho's score and finally allowed turning it over to Vissel Kobe (it was also in the Dome...). 

Although now those games still remain in "close"; they could stand and hold a little longer or some crosses and shots would be more accurate (at least check with the text report; I am not in viewing environment with DAZN) and the standing is not really on the edge of the cliff, they should break out the situation as quick as possible before they got in a bottomless swamp up to their shoulders.

Of course, it is difficult. Both playing too much defensive and concerning offence too much would not work to the upper classes in J1, and before that, they might have already tried and done their best; Yomoda could find much difficulty than he expected.

Actually many fans spent the history of the club even could know that better; yes, we can stand and stay for a while. I wish the surrounding changes while most fans can be patient. Kashima Antlers they will meet for the next league game on the away pitch never can be easy to make that though, only we can do for them is call the name of Hokkaido Consadole Sapporo...

posted by masamaru |07:37 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2017年05月12日

Now hanging on

 リーグ戦では、勝てそうに思えた相手に負けるも、正直難しいだろうと思えた相手に勝ったり、しぶとく引き分けたり、ドームの魔法(もちろんファンの力ですとも)が健在だったりで、大方の予想より少しだけ上を行く頑張りを見せているここまでの札幌。ルヴァンカップでは、ここまでグループステージ2位(Aグループ)に付けています。

 Jリーグのテキストでゴールシーンが見られるのはありがたいけれど、やはり通しで映像を見ていないと、何処が良くて何処が悪いのか、今ひとつ見えて来ませんが(と言うか、テキストを読む限りでは勝った試合でも、押してたり強かったりという印象を受けない…)、リーグ戦とカップ戦で完全にチームを分ける(リーグ戦に主力を割きカップ戦をトレーニングと位置付ける)チーム編成や戦い方をしていないことが、メンバーの入れ替えがあってもチームとしては基本的に同じことをするという昨季からのやり方を活かすうえでも、練習で調子の良い者や高いパフォーマンスを見せた者に均等に出場機会が与えられるという選手に対してのモチベーターとしても、良い方向に働いているのかもしれません。

(実際は負傷者も試合数も多い中で、そうせざるを得ない台所事情がある中で、相手も見ながらチームを上手く回している四方田監督の手腕が光っているということなのだと思いますが。策士・知将であることを昨季以上に感じています。)

 連休中ルヴァンカップのFC東京戦は観に行ったのですが、最終ライン中央に河合を配し、ある意味リーグ戦以上に安定感のある守備(守備からの攻撃)を構築出来ていた前3試合とは異なり、出場機会の少ない選手を起用したことが見え見えで残念な内容と結果になりましたが(小野任せだったにしても、せめて荒野を頭から使っていればと思います。収穫は小野が90分動けると確認出来たのと、ドロンパが可愛かったことくらい)、その分、リーグの大宮戦で河合を使ってきっちりホームで先制逃げ切りを決めました。まだまだ楽観的にはなれませんが、この調子で頑張って欲しいと思います。特にホームでは。観客動員と成績がリンクする状態は続けて欲しいですね。

(去年から続く、スタジアムまで行くと負けてしまう当方の状態は早いところ終了して欲しい。観に行くしかチームと接点ないんだからして…。行けるのがアウェイのみで回数が限られてるのが、良いのか悪いのか判らんけども。)

 今週末はどうでしょうか。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Hokkaido Consadole Sapporo now is in the 15th place of J1 league with 12 points (It is the double of 16th placed Hiroshima's 6!)  and kept second place in the group stage of YBC Levain Cup too. It seems that they have done very well; at least, it is much better than I expected before this season. 

Their strength is its play style; defend carefully and patiently for the moment of score (even though it would be just a good fortun) especially always same whoever on the pitch. We knew they are capable of that and used to from last season (Little and often fills the purse; yes. Besides that, they have not lost any home games yet and it draws more fans to stadium to fill club's purse), and now the newcomers getting used to and adjusted to the team. It sounds good.

However, actually it is not so easy with the limited players (caused injuries as usual) in higher stage than J2 year. Head coach Yomoda has managed the team considering the opponents, meaning of each game, and season schedule. It is almost amazing.

Of course, it never can be safe nor stable; when I went to see the cup game against FC Tokyo at Ajinomoto Stadium, it totally should have been more aggressive and creative. Although they all had worked hard, relied on Ono Shinji too much; and some young talents (maybe had been expected to get experience) was just a young. The result of 1-0  for the home team was rather lucky. 

Conversely, about the next league game they met Omiya Ardija at Sapporo Dome and won by 1-0 with Captain Miyazawa's score and tough defence led by Kawai, it was really like them. As long as they stay current situation and mood, we can enjoy the season longer.

Make it came true. Go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |23:26 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2017年03月18日

Getting warmed up?

 水曜日は、J'S GOALのTEXT中継を横目で見ながら残業していたので、オフィスで歓声を上げそうになりましたよ、もう。

(どう見てたって読んでたって勝てそうには思えなかったですし。)

 前節の今季初勝点獲得に続いて嬉しい結果でしたね。C大阪戦は欲を言えば勝ちたかったですし、勝てたと見る方も多いみたいですけれど、追い付いて同点ならまだしもでは。ホームの力の後押しもあったのではないでしょうか。

 先週末も水曜日も、FWが得点しているというのも良い傾向に思えます。個人的にはC大阪戦の内村アシスト都倉ゴールというのが字面だけでも燃えますね。後は、磐田戦を無失点で凌ぎきった守備ですが、やはりDFリーダーは河合が良いのではないでしょうか。この日の磐田は確実に2線級、対してウチは1.5線級だったこともあるので、一概には言えませんが…。今節は無理でも、来節からは横山と入れ替えてみて欲しいです。

 石井をここで使ったということは、広島戦の右サイドはマセードでしょうか。いっそ両サイドをブラジル人に任せて(右にジュリーニョ)、トップに相性の良い戸倉と荒野を並べるなんてのも面白いと思うのですけれど(当然、切り札は内村です)。

 頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Hokkaido Consadole Sapporo’s 2-0 victory to Jubiro Iwata in Wendy night’s Levain Cup game on the away pitch was a kind of surprising; it had not seemed to be for the visitor at least from the live texture report in the internet I checked (while I was working late). Consadole might have stood very hard and well as their best almost whole 90 minutes and just stung twice. Whereas Jubiro’s line up was totally second class, Consadole’s was 1.5 class, but win is win. Last Sunday, they had drawn with Cerezo Osaka at Sapporo Dome by 1-1 and gotten the season first point; we can expect the team got more adjusted and wormed up now.

In both game, players in aggressive position worked well, and it is good thing. Sunday, the goal came from the combination of Uchimra and Tokura, and Wednesday, Uehara and Tokura scored and Arano seemed to be good. One of the reason that they shut out Jubiro might be Kawai who played in the center defender; strict defence leader is necessary and important after all. So, mixing up those two games’ line up can be interesting. Ishi is definitely good player (because always can run long, long time and long distance, and work hard) but how about using Macedo for his right side and put Julinho in the other side? “Brazilian Wings” sounds cool too. And for the two top, I want to see Arano next to Tokura, the chemistry is right between them (of course, Uchimura always works as an ace in the bench).

Today they meet Sanfrecce Hiroshima at Sapporo Dome. How does it go? Go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |11:03 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2017年03月05日

Harsh season starting

 開幕戦に敗れ、それでもグッと顔を上げたいところでしたが、さすがJ1、現実は厳しいです。第2節、三ツ沢での横浜F・マリノス戦は3-0の完敗かつ大敗。正直、心の準備は出来ていましたが、目の前で見るには少々辛い内容と結果でした。

 マリノスが明らかに様子を見て力をセーブしていた前半、こちらの右サイドから再三攻め込まれながら、石井と進藤で斎藤学を(危なっかしいながらも)抑え込めていたように思えたことも、悔しさを増しているかもしれません。後半、向こうがスピードを上げて来たらああは行かないことは判っていたのですが…。

 いい勝負をしているように見えたあの前半で、向こうは狙い所を絞っていたのでしょう、後半からいきなりギアを上げて来た相手に、あっさりおいて行かれた形の失点。斎藤学のクロスに斜めに走り込んだダビド バブンスキーの速さは前半とは別物でした。強烈なシュートであっさりと失点。

 実は同じやりかたは札幌にも出来たと思います。後半の頭から(足技がキレていたにもかかわらずJ2の頃のようには行かず)苛々していたジュリーニョを諦めるか、スピードと縦への突破が物足りない左サイドの田中を下げてジュリーニョを移すかして、内村を使っていれば、こちらも攻撃力を上積み出来、結果的に相手の攻勢を減じられたのではないでしょうか。まあ、結果論ですが。いずれにせよ、あれで完全にホーム優位の流れが出来上がってしまった。直後、全体的に腰が引けたところを再び斎藤学に凄いドリブルで切り込まれ、シュートまで打たれると、ソンユンが一度は弾いたものの、しっかり詰めていた富樫にこぼれ球を押し込まれて追加点を許し、実質勝負がつきました。後はほぼ防戦、それでもフィニッシュの手前まで行く反撃の回数は少なくなかったと思いますが、得点には至らず。28分、交替で出て来たばかりのウーゴ ヴィエイラのトリッキーにも見えた技術の高いボレーでソンユンが股を抜かれて、チーム力の差も思い知らされました。

 やはり、最終ラインが弱い。絶対的なDFリーダーの不在が響いているのは明らかです。スピードで劣る、スタミナに不安があるとは言え、河合に頼った方が良いのでは。また、攻撃では縦に持ち込む意識が低いように感じました。サイドからドリブルで攻め込めている時のクロスを入れるタイミングが早過ぎる。さほどプレッシャーがかかっていないのに…何故?という場面が少なくなく、もったいなかった。後はシュートの精度。結構、打ててはいただけに、せめて枠を捕えていれば…と思わずにはいられません。そして全体的にはプレスが緩い。寄せて抜かれたらお終いというリスクを取っているのか、J1のスタイル(?)に合わせているのかは判りませんが、主導権を取れないならば、せめて相手のやり易さを封じるくらいはしないと。

 一方で、全く希望が感じられないと言うわけでもなかったことも書いておきます。深井はところどころ輝きを放っていましたし(相方が宮澤であれば…)、兵藤は技術が高かった。福森のプレースキックは相変わらず良いところに行きますし、やりようによってはどうにかなるんじゃないかという可能性のようなものはありました。ビジター席を埋め尽くしたファンからも、そういう手応えを感じていることは伝わってきました。問題はその「やりよう」をどうするか。先制され、突き放されてからのこちらの交替は、進藤→金園(58分)、ジュリーニョ→内村(65分)、福森→河合(83分)。今後、どういう戦い方を目指すのか、あるいは方向変換を図るのか、四方田監督の采配にも注目です。

 ホーム開幕前の2試合、ひとつ負けた後に勝てないまでも引き分けられれば、「やはり駄目か…」と「まだやれる!」の間で印象の差も随分違ったのですが、これで次節のホーム開幕戦、札幌ドームでの昇格組直接対決、セレッソ大阪戦の持つ重要性は跳ね上がってしまいました。何とか勝ちたいところ、昨季のドームマジックが、まだ続いていることを祈るばかり(ちなみに当方の生観戦連敗は継続中…)。ホームのファンの皆様、後押しをよろしくお願いします。長いシーズン、まだ始まったばかりです。厳しくても頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Hokkaido Consadole Sapporo starting this season as one of newcomers to J1 league seems to have faced the difficulty for playing in higher class; Saturday, they lost the night game against Yokohama F Marinos in NHK Spring Mitsuzawa Football Stadium by 3-0 perfect score for the home team following previous game in Sendai and already got in tight corner.

In the first 45 minutes while Yokohama was still playing a little carefully and saving gas, it seemed as if they matched or it could be even a close game; in Sapporo’s right tide, Ishii and Shindo stopped the whirring dribble of Saito Manabu, and they also created some good chances to go ahead.

Maybe the first and only one chance for Consadole is the beginning of the second half. Uchimra’s speedy and sleek running to F Marinos goal could hesitate the home team and remain quiet for a while but Yomoda did not move, and it ended in the result they felt behind easily and quickly when the opponent just changed the gear to second. David Babunski’s super diagonal shot to Saito Manabu’s scooping up cross in the 4th minute was almost lightning for Consadole players (and for the fans in the stand filling the visitors area). And 8th minute’s Togashi’s score that he sent back the reflection from Gu Sun Yun blocking Saito Manabu’s shot from super dribble (again!) almost decided the game. Actually, Consadole held on and tried counter attack well; at least it was more than expected, still, far from enough yet. Two center midfielders, Hyodo (playing for F Marinos till last season) and Fukai worked well. Julinho who played as a forward next to Tokura was also good but got frustrated struggling against J1 quality defenders. Newcomer left side midfielder Tanaka ran up-down well but always was impatient to send crosses. The lack of accuracy in finish was problem too. They missed a few great opportunities because of poor finishes. Whereas Hugo Vieira, a Yokohama’s substitute made another super and tricky volley shot score going through under Gu Sun Yun’s legs to set the game, Sapporo’s substitutes Kanayama, Uchimura, and Kawai were nothing to remark. About Uchimra alone, it depended on how to use him though. And Kawai could work more as a center defender in the game from the start; absence of the strict defence leader is a weakness for the team obviously.

Anyway, now the surrounding of Consadole is very difficult before the season first home game on next Saturday, they meet Cerezo Osaka, last season’s rival for the promotion, in the Sapporo Dome. How Yomoda modify or boost up the team to hold on and hang on in the J1 league is waited to see. 

posted by masamaru(現地観戦) |16:42 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2017年01月04日

Consadole can survive J1?

 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 昨季は見事J2優勝でシーズンを終えて念願の昇格を果たし、今季は5年ぶりにJ1で戦う札幌ですが、どうでしょうか。現実的な目標は言うまでもなく残留ということになると思いますが、果たして達成出来るでしょうか。

(ちなみに昨季、自分の中でシーズン通しての最優秀選手は増川、裏は福森、次点は内村、ベストマッチは41節千葉戦、次点は27節清水戦、ベストシュートは41節千葉戦の内村、2位は27節清水戦の都倉、3位は9節C大阪戦の稲本。)

 昨季はチームとしての、戦い方の共通認識の徹底と浸透が他に抜きん出ていた印象がある札幌ですが、ベースとなる選手個々の能力もJ2では相当なものでした。最優秀選手に挙げた増川は文句なしに素晴らしかった(昨季初戦の敗戦で“もっさりしている”などと言って本当にごめんなさい)。最終戦こそ怪我で欠場でしたが、それ以外ではディフェンスリーダーとして、また、正にゴール前の壁として身体を張った守備を見せてくれました。裏最優秀選手の福森が頻繁に攻撃参加出来たのも、彼による守備の統率によるところが大きい。しかし、その増川をもってしても、スピードで物足りなさを感じさせるのがJ1です(いわんや河合をや)。

 そうなると、福森の威力も差し引いて考えなければならないでしょう。逆サイドが菊池なら、J2でさえ、たまの軽いプレーが怖かったのに、それが何倍にもなります。進藤の強気で大胆なプレーなど、諸刃の剣過ぎて震えが来ます(それでも進藤で行くのはひとつの手と言うか、むしろ個人的にはそこを承知で彼を使うべきと思うのですが。後述)。その増川が夏までは戻って来られないわけです。実に痛い。期限付きとは言え櫛引を名古屋に出したにもかかわらず、DFの補強は今のところ聞こえて来ませんが、コミュニケーションと戦術理解が大切なポジションなだけに心配です。

 攻撃陣では都倉が19得点でリーグ2位の成績。ジュリーニョが12ゴール、内村が11ゴール、ヘイスが7ゴールと、これも充分な数字。ただ、ご存じのとおり、都倉は終盤(疲れもあったとは言え)ポストプレーさえ思うようにさせてもらえませんでしたし、ジュリーニョはある程度自由に持てるスペースと時間を必要とするタイプで、内村が武器である裏に抜けるスピードを最大に活かすためには、相手DFラインを引き出した状態で、かつ自分たちも攻撃に人数をかけられている(相手DFに余裕を与えていない)ことが重要となる、つまりちょっとマークがキツかったりチームとしての攻撃が機能していなかったりすると、もう駄目ということになります。純粋なキックの技術で言えばヘイスが期待できるのかもしれませんが、当たりは弱くないまでも、ゴール前で自らキープもしてシュートもガツガツ撃ってという印象はない。補強は仙台から金園を獲得しましたが、“ライバルチームから主力を抜いた”というほどのものでもなさそうです。

 ヘイスと言えば、ヘイス以外も昨季の外国籍選手は明確に“当たり”でした。ただし、3人合わせて、シーズン通しで見てという条件は付くと思います。マセードは技術がありましたが、スピードも強さも“日本人にないもの”を外に求めた結果としては物足りなく、ジュリーニョは華麗な個人技と創造性溢れるプレーでブラジル人らしさを見せつけ、得点でもチーム2位でしたが、途中から失速しました。そこを補うようにヘイスが終盤調子を上げましたが、チームにフィットして存在感を出すまでの時間がかかり過ぎ(とは言え、最もJ1で通用しそうな匂いがするのは彼ですけれど)。現時点では来季も全員残りそうですが、過度な期待は禁物でしょう。ジュリーニョについては、堀米が新潟に完全移籍してしまったので(驚きでした)、左サイドを任せたいところです。ここで彼が機能してくれれば、右サイドは石井がいるので、何とか形になりそうな気はします。

 問題はボランチ。昨季の札幌では宮澤プラス深井の組み合わせが魅力でも迫力でも最上でした。そうではない場合でも、“宮澤プラス誰か”で何とか回して来た。宮澤は素晴らしい選手です。しかし、彼の視野の広さと危機察知能力、機動力をもってしても、札幌がJ1で1シーズン持ち堪えようと思ったら“○○プラス宮澤”の形まで増強する必要があると感じます。○○に入るのは、特に攻撃時より守備時に、とにかく味方に“息継ぎをさせてくれる”スーパーな選手。月刊コンサドーレで平川さんも言っていましたが、かつて在籍した選手ではクライトン級が不可欠でしょう。そのクライトンがいてもどうにもならなかったあの頃よりはチーム力も上がっているようには思いますが、一方的に攻められる時間が長くなると予想される今季、失点だけは避けようとした挙句の守備疲れから押し切られる負けが増え、次第に負け癖が付く…という悪循環を逃れるためにも、安心できる選手が欲しいのですが。MFの補強で現在情報があるのは、仙台からのキム ミンテと、タイ代表のチャナティップ・ソングラシンのみ。どちらもそこまでの選手ではないでしょう。

 宮澤の更なる成長のためには、宮澤に任せても良い、と言うより、個人的にはそうして欲しいくらいですが、チームも安定して、宮澤がその凄い選手から色々と吸収して、最終的には近い位置にまで到達してくれる…というのが理想。また、最初から宮澤中心で行くなら、彼が疲れて潰れた場合や、何かがあって戦列を離れた場合の覚悟と準備は不可欠。稲本はまだ時間がかかるでしょうし、上里も移籍(熊本)したことを考えると、中央でチームを支えられる選手がいない。ちょっと心配です。

 小野という声もあるかもしれませんが、小野はトップ下でしょう。ただ、トップ下は荒野に任せて欲しい。と言うより、それをしなければ今季のJ1は非常にもったいないことになる。自前で育てて来た若い選手をもっともっと使えなかったのは(最大の結果と引き換えだったとは言え)昨季の四方田采配におけるほとんど唯一の失敗だったのではないでしょうか。あそこまで成長した櫛引や前貴之や神田や堀米を手放した今、J1をシーズン通して経験させる意味が大きい選手は荒野が最上位。(チームではなく)クラブとして、何処を見据えて何を目指して戦うのかということにもよりますが、極端な話、チームが残留できなくても、荒野が“個人残留”出来れば、コンサドーレの育成力アピールとして成果が残る(注:西大伍=鹿島であって札幌にはならないといったような“ファン”向けの話ではなく。また、今季終了時の移籍なら収支上も利がある)。

 少し話が逸れてしまいましたが、書き出しの問いへの答えを兼ねて、正直、今季残留は難しいと思っています。だからこそ、この1年を有効に使える部分は最大限に使って欲しい。ちなみに、ゴールキーパーについては、全くと言っていいほど不安も不足も感じません。ク ソンユンで問題ないでしょう。

 戦い方としては、やはり手堅い守備から隙を見て速攻しかないでしょうけれど、先にも書いたように、守り疲れたところで1点取られて、反撃に出たところで止めを刺される形にハマるのも避けたい。前線から果敢にプレスを仕掛け、守備に力があるうちにラインを押し上げ、少しでもチャンスがあったら一気に攻め切りたい(まあ、そういうサッカーで定着したかに見えた湘南でも結局落ちて来ましたし、それを言うなら遂に名古屋までJ2を経験する時代?です。ただ、裏を返せば札幌以外の“まさか”のチームが3つ落ちて、ウチが残る可能性もなくはないということで)。そしてカップ戦や、スケジュールがタイトなところでは、どんどん生え抜きの若手を使って経験を積ませて欲しいと思います。

 ファンとしては、負けた時にはリーグのレベルの高さに唸り、勝てた時には一勝の重さを噛み締め、存分に喜べることを楽しむシーズンにしたいと思います。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

 ところで、来季は放送権がスカパー!からDZNAへ移りますが、当方ではそれに合わせて視聴環境を移行するつもりはないため、観戦数は極端に減ることになります。幸い、スタジアムで観戦する回数だけは増えそうですが…。ブログへの投稿もほぼなくなると思われますが、これまで定期的に覗いて下さっていた方、首都圏での試合の後は感想を書いているかもしれませんので、探してみて下さい。


A Happy New Year!

The season of 2017, our Hokkaido Consadole Sapporo move back to J1 league after 5 years stay in J2. Last season, Consadole won J2 league with its unity and strategy based on tight defence and hard work but actually, players’ quality was also excellent. 

Defenders worked very well and Masukawa who kept leading and balancing them as center defender almost whole season was literally the pillar of the team; his physical strength and experience was always remarkable. Fukumori who helped the team many times with his free kick and sometimes even scored too was also great. 

About the offensive players, Tokura started the season really well. Althought he was studied by the rivals and got stopped as the result, finally scored 19 goals in the season and it was the second league best. Julinho’s 12, Uchimura’s 11, and Reis’ 7 were also good number. Uchimura alone played in all game through the season and it was splendid.

However, even they never can be super in the upper stage unfortunate. Above all, center midfielder was not enough at least now. Our Captain Miyazawa is obviously good player. Last season his wide-vision and wide-range playing with the sharp nose to catch and pick off the risk quickly saved the team many times as same as before; he is doubtless the center player of Sapporo but they might need someone who has more physical strength and technique, someone who hardly lose the ball once he hold and can keep dribbling and turning defenders to wait for teammates and perfectly rule the midfield alone (!) if they want to survive safe and state. Maybe similar class player as Claiton who played for Consadole in 2008 and 2009 is wanted. If Miyazawa learned many from him and follow him, and eventually grew enough to take over the position, it is perfect. But all information about newcomers announced officially so far have been not kind of that (Chanathip Songkrasin from Thailand is a little interesting though). Practically, Miyazawa and Fukai will be best combination and Inamoto comes next.

So my answer to the question “Consadole can survive J1?” is “Difficult”. How they stand and hang on the games until Masukawa and Inamoto recovered from their injury (Goalkeeper Gu Sung Yun alone never causes any anxieties and it is incredible; I thank him). But the thing is only surviving is not everything they should focus; benefit from those high quality and tough situation of J1 to grow the team and the young talents especially they have trained in the youth team. This time the club has already released many players including those young talents such as Kushibiki, Mae Takayuki, Kanda, and Horigome; so the reminders should be cared well. 

No.1 concern is definitely Arano. The position for him must be more offensive midfielder or the third forward just behind two-top (maybe Tokura and Uchimura) to control the front line and drew the finish. In other words, game maker. Consadole should remember that he missed the chance playing Olympic game in Rio de Janeiro as a member of the national team and should think about the reason. Arano originally has capability to be a key players of J1 team but before that, his growth will give another meaning for this tough (and maybe bitter long) season and also can help the club financially even though they failed in avoiding relegation (Spreading out how Consadole trains fine youth players to the other clubs and society is important and useful).

Lastly and personally, for this season, broadcasting right of J league games moves from Skyperfectv! to DZNA but I will not make any action for that; it reduces the time I watched their games. I think to go to stadiums more (Kanto region has many J1 team!), however, mostly I just get the results and limited information from some media acceptable especially about home games. It also make me far from uploading to this weblog.

Anyway, I am looking forward to seeing my favourite team plays in J1 league and of course, stand by them always. Go! Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |14:18 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2016年11月20日

Champion Sapporo goes to J1

 前節の劇的な逆転勝利で首位のまま最終節を迎えた札幌。河合のロングフィードに飛び出した内村がボレーシュート一閃で勝利を引き寄せた瞬間は、まさしく奇跡。雷に打たれたファンは多かったことでしょう。2位の清水、3位の松本山雅との勝点差は3。つまり引き分けでも優勝でJ1昇格、自分達が負けて2位3位が勝った場合でも(松本山雅との得失点差を考えると)昇格はほぼ確定という有利な状況で今日を迎えました。最終戦の舞台は今季滅法強かった札幌ドーム。相手は最下位の金沢。これで負けたらどうするんだという条件下ではありますが、福森とジュリーニョが出場停止、また38,000人超も予想された大観衆(実際は33,697人)も、却ってプレッシャーとなる可能性はありました。残留争い真っ只中の金沢が順位以上の力を出すことも考えられましたし、案外難しい状況だったと言えるのではないでしょうか。

 コイントスで勝った金沢がピッチを変えて始まった前半は、比較的静かに進み、0-0で折り返し。と言っても決してスローだったり守備的だったりしたわけではなく、むしろ双方の、勝負に掛ける想いと得点を狙う意識、同じく高い集中力と堅い守備が正面からぶつかった結果、拮抗した展開になったと見るべきでしょう。少なくとも首位と最下位の対戦とは思えない緊張感に満ちた内容でした。それぞれに決定的なチャンスがあり、いずれも身体を張った守備がゴールを防ぎました。札幌について言えば、セットプレーでのキッカーが上里であることで、いつもと勝手が違う部分はあったかもしれませんが、その分、上里得意の大きなサイドチェンジで見せ場を作ることもありました。櫛引も守備だけではなく積極的に持ち上がる場面もあり、不安を感じる部分はありませんでした。

 後半は、前からの守備を強め、高い位置で奪って攻め切りたい金沢に対し、まずはきっちり守ってロングボールからチャンスを狙う札幌という構図が、より顕著に。そんな中、四方田監督は67分にヘイスから内村、74分に上里から前寛之という交替で、縦への推進力及び中盤の運動量増加を図りましたが、これも金沢の運動量と攻撃的姿勢が緩まないことで、今ひとつ機能せず。

 思いがけなかったのは、他会場の結果により、時間が経過するほどに両チームにとって引き分けがそれほど悪くない選択肢になっていったこと。それは双方の選手にとって、最終節を勝って終えたい誇りや意地と、優勝と昇格あるいは入れ替え戦へ進んで自動降格回避を決めたいという勝負に徹する冷徹さの間で揺れる、しかし揺れている場合ではないという、非常に困難な選択だったと思います。結局試合はそのまま終了、札幌が今季の優勝と昇格を決めました。

(ブーイングをしていたファンの気持ちも解らなくはないですが、例えば、あそこで無理に攻めてカウンターから失点しても良しと出来たのかどうかは問いたい。おそらく来季は、相当上手く行ったとしてもこういうスッキリしない試合は増えると思うので、覚悟はした方が良いでしょう。もちろん、状況にかかわらず試合ごとの面白さが第一という考え方もありだと思いますので、その場合はその限りではありませんが。なお、この点については、試合後の勝利監督インタビューにおける四方田監督の選手へのサポートが素晴らしかった。また、ホーム最終戦後のセレモニーで、野々村社長からのサプライズとして上映されたVTRも、今日のこうした戦い方を可能とした今季の積み重ねを改めて振り返る意味で良かったと思います。)

 クラブ創立20周年を優勝と昇格で決めた札幌。まずはおめでとうございます。次にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。ヒーローインタビューでキャプテン二人が言っていたとおり、来季は厳しい戦いが待っています。正直、楽観は出来ませんが、今日はひとまずそこは置いて、クラブも選手もスタッフもファンも、全員で歓喜に浸りましょう。そして来季、また一丸となって頑張りましょう、熱くなりましょう。やったぞ、北海道コンサドーレ札幌!

Sunday, J2 league finally finished this season. All teams had games from 14:00 at the same time and got the result of this year for each. Hokkaido Consadole Sapporo that had got closer to both championship and promotion with last Saturday’s too much dramatic 2-1 turn over victory against Jef United Ichihara Chiba—Uchimara’s super volley shot to the long feed from Kawai in the additional time was almost miracle—kept leading the league with 84 points before the final game they met Zweigen Kanazawa on the home pitch of Sapporo Dome. The difference of the point between Consadole and following Shimizu S-Pulse was still three so the draw game was enough to decide that their champion ship and even though they lost it and got overtaken they would play in J1 next season because of the goal difference between the third placed Matsumoto Yamaga FC with 81 points. Still, the thing that Kanazawa also had been in amid of the survival race on relegation had turned it more complicated, and playing this important game without suspended Julinho and Fukumori was obviously never easy. Even the home attendance that had been expected over 38,000 (actually it counted 33,697) could make the players a little nervous and make the game difficult too.

It became so close and tight game; both team worked really hard and tough, and well concentrated whole 90 minutes. Kanazawa was more aggressive with high pressing but the home team kept pushing it back carefully and patiently and created some opportunities with long feeds. To break the situation, Yomoda substituted Uchimura (for Reis) and Mae Hiroyuki (for Uesato) to hoping their vertical move would boost it up but before it worked the circumstance changed.

Eventually, the difficulty for both team came from out of the pitch; progresses of the other places. The surrounding that both S-Pulse and Matsumoto Yamaga was getting win and Kanazawa’s rival Giravanz Kitakyushu was in 2 goals behind gave both teams an idea to stay 0-0 and share the favorable results each other, and they took it. The game got slow and quiet and ended under the realistic decision.

However, the stadium were filled up with big delight and excitement from their 4th title and the promotion, very in club 20th anniversary year and it remained during the last home game ceremony. (By the way, Yomoda’s words in winner’s interview and the season digest video played in the ceremony was really nice.) 

Anyway, Hokkaido Consadole Sapporo will play in the stage of J1 next year. I would like to say congratulation and thank them, all players and staffs and fans, and hope the team have a great days the rest of this year and rest well for the next year. It must be hard and tough but we already know that enough to stand and walk next to them; yes we can. Enjoy J1! Go, Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |19:04 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(7) |

2016年11月03日

Consaodole took back blaze

 だから石井を使えと言ったろ?

 石井だけではなく、久々にスターティングラインナップに名前を連ねたメンバーは、荒野もジュリーニョも河合も良かったですし、どうした効果か、堀米や福森、そして都倉も輝きを取り戻した試合でした。ドームでの讃岐戦は4-1の快勝、連敗も2で止め、2位3位との差もキープと一安心、21,000人を超えたホームの観客も外の雪を忘れて熱く燃えたのではないでしょうか。おめでとうございます。

 今日の札幌は始めから気合と勢いが違った。そして結局はそこが勝敗を分けました。開始直後で守備が落ち着かない相手を激しく攻め立てると、3分、右のコーナーキックを福森→前寛之→福森と繋いで逆サイド、ファーに入れたクロスを都倉が落とし、ジュリーニョが胸トラップ、身体ごと押し込んであっさり先制。11分には今度は左から、再び福森のフリーキックに、マークについていたエブソンを振り切ってゴール前に飛び込んだ都倉が右足を合わせて追加点。27分も左サイド、フリーでボールを持った堀米が思い切って撃った斜めに長いシュートはゴールキーパーに弾かれたものの、もともとクロスに備えて走り込んでいた荒野が詰めて(素晴らしい反応でした)3点目。31分に右太腿を痛めた菊池が進藤と交替してすぐの自陣左側からの相手コーナーキックで、都倉がかぶってしまったところを背後のエブソンにヘッドで決められ“お返し”されたものの、こちらもすかさず三度福森、右からのコーナーキックが相手のオウンゴールを誘って4点目。前半で勝負を決めました。

 贔屓目もあるかもしれませんが、やはり石井の存在が効いていたと思います。自らドリブルで持って上がれますし、宮澤や荒野といった中の選手とのワンツーでもパスを引き出す動きが攻撃的かつ滑らかでした。彼のおかげで前2戦は堀米頼みだったサイド攻撃が両方で機能したのが大きかった。相手ボールになった際の戻りも速いなど守備も良いですし。チームとしても、今日は中盤で奪ってから一気に人数をかけて分厚く押し上げることで、たとえ流れの中から点を取れなかったとしても相手のミスに繋がりチャンスになる、そういうサッカーが出来ていました(何故いつも出来ないのかは不思議ですが…)。河合軍曹の後方からの喝が効いていたのでしょうか。

(ただ、あの本来のスリーバックから河合が一列下がり、空いた中央にミッドフィールダーの誰かが入るという守備陣形は、河合がソンユンの前のもう一枚の砦になっていると言うよりは、オフサイドにならずに裏を取られる率が高いんじゃないかと実はビクビクしていましたが…。幸いそういう場面は訪れず。)

 後半、ゲームが硬直しかけていると見るや四方田監督は、62分にはジュリーニョ→内村、79分には宮澤→上原と、リーグ戦の仕上げに向けて得失点差も考慮したような強気の選手交替。ただ、J2残留に向けて勝点が欲しい讃岐も反撃を諦めることはなく、後半はむしろ押し込まれる時間帯もあったほどで、代わって入った二人にもそれぞれに惜しい場面はあったものの、得点までは至らず(ジュリーニョにシーズン11点目が出ていたので、内村にも得点して欲しかったですが…)。それでも、最後まで攻撃的な姿勢を貫いてくれたので、観ていて気持ちが良かった。

 早ければ次節にも昇格が決まるとのことですが、ここは余計なことを考えず、目の前の試合に集中して欲しい。エブソンとの接触で荒野が額を切りましたが、大事なく次節もトップ下で活躍してくれることを希望。次節徳島戦も来週の千葉戦もリアルタイムでの観戦は出来ませんが、応援しています。今日のようなゲームをすれば、何処が相手でも大丈夫。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Holiday Thursday, at Sapporo Dome, Consadole Sapporo met Kamatamare and beat it down by a score of 4-1. 

Consadole totally overwhelmed the visitor from the first and went ahead in the 3rd minute early with Julinho’s season 11th goal assisted by Tokura’s header to Fukunishi’s corner kick from their right side. Also in the 11th minute, Tokura left behind Evson who had marked him and shot Fukumri’s free kick into the goal, but it never ended; Horigome’s 27th minute’s long diagonal shot from his left side finally drew their third score by Arano who rushed to the reflection from goal keeper Shimizu. Although Kamatamare hung on with Evson’s header goal that he caught Tokura’s miss clearance to Takagi’s corner kick in the 31st minute just after Consadole defender Kikuchi hurt his right thigh and got changed to Shindo, soon Consadole expanded the lead again by Sanuki’s own goal to Fukumori’s corner kick from the right facing them, and decided it only in the first 45 minutes.

Some fresh players such as Ishii, Julinho, Arano, and Kawai, perfectly match and also refreshed the regular players like Fukumori, Horigome and Tokura. Especially, Ishii’s dribble and long running in his right side helped the team many times to make their soccer quick and aggressive. Ishii worked on defence very well and had great combination with the other midfielders. Julinho put accents on their attack and Arano worked really hard and widely on the pitch for the team. Captain Kawai (now actually their captain is Miyazawa though) kept tightening and heating them form the bottom of the team. Fukumori obviously deserved this day’s Man of the Match with his accurate kicks. Kamatamare now in amid of the survival race against relegation pushed back hardly and the second half got more difficult so the substitutes Uchimura (for Julinho) and Uehara (for Miyazawa), however, the active and livery soccer never stopped to the end. It must have heat up and excited the attendance counted over 21,000 enough to forget the cold snow outside of the Dome.

It seemed that Consadole took back their strength and beauty for the rest of the season (there are only 3 games to finish). If they stay there, maybe it closes in happy. Keep it going and run through, go, Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |19:59 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2016年10月30日

Sapporo face tense situation

 アウェイで熊本に0-2で敗戦、今季初の連敗。これで2位の松本山雅との勝点差は3、3位の清水とも6まで縮みました。リーグとしては盛り上がって来ましたが、追い上げられている当事者としては苦々しさも否定できません。

 それにしても、今日の熊本は素晴らしかった。積極性、運動量、持久力、特にプレスとセカンドボールへの反応は最初から最後まで札幌を圧倒。復興支援活動の一環として被災地から200人をスタジアムに招待しての試合だったと聞きました。地元を元気付けよう、勇気付けようという気持ちも有ったかもしれません。テレビで観ていても、熱が伝わって来るような戦いぶりでした。天晴れ。

 札幌は上原、前貴之、永坂というフレッシュな顔ぶれをスターティングラインナップに揃えて臨みましたが、このうち前と永坂は完全に裏目に出ました。前半立ち上がり、ほぼ一方的に押し込まれる展開の中、11分、熊本の斎藤にスピード負けした永坂がペナルティエリア内で手を使って引き倒してしまいPK献上、清武に先制ゴールを許し、その後もどうしても流れを引き寄せられないまま後半に入ると、65分、今度は前が自陣深いところで左サイドを支え切れず、片山にクロスから平繁のヘディングでリードを拡げられてしまいました。

 その後、札幌は神田(←前寛之)、ジュリーニョ(←永坂)、菅(←内村)と攻撃的な選手を投入、反撃を試みましたが、疲れ知らず、かつ、集中力が切れない熊本の守備陣を崩すことが出来ず。ジュリーニョはともかく、他の交替が効果的なものだったかどうかは疑問。そもそも、ハーフタイムの指示が「サイドを使って行こう」で、実際それが最も有効と思える状況だったことを考えれば、最初の二枚替えで、冴えのない都倉を残し、上原ではなく内村をサイドハーフに下げた意図は、トップに当てて横から追い越させるくらいしか思いつかないにもかかわらず、主体的にそういうプレーをする場面はほとんど見られなかったのがひとつ。更には、次の交替で(前節同様)最も得点の匂いがする選手である内村を菅と替えている。いや、菅は菅で予想以上に良くはありましたが、なら、最初から使うか、もっと時間をあげれば良かったような。いずれにしろ、ちぐはぐ。

(何故石井を使わないのか。最初の交替を都倉→石井として前に内村と上原を残すか、最後の交替が堀米→石井でも良かったように思うのですが…。ベンチに入ってはいても、コンディションが良くないのでしょうか。いずれにしろ、やはりもっと余裕がある時期や、日程がタイトなところでもっと若い選手や二番手どころを多く使っておくべきだった。固定された顔触れでここまで戦い続けて来てしまったことは、彼らの経験値を上げられなかった点と、一線級を疲弊させ過ぎた点で、今季の四方田札幌の数少ない失策でしょう。)

 まあ何を言っても、ここに来て出来ることはそう多くないはず。特にファンは、焦れる気持ちや不安をグッと堪えて、むしろこの状況を楽しむくらいの構え方で良いかもしれません。選手には今季の自分たちが強みとして来た点、堅実な守備と中盤で奪ってからの素早いサイドへの展開、自らやりやすい状況を作って、しぶとく守り切るサッカーを思い出してもらいたい。まだ、何も終わってはいません。ここからが勝負、頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Sunday, Hokkaido Consadole Sapporo met Roasso Kumamoto on the away pitch of Umakana Yokana stadium and lost it by a perfect score for the home team; 2-0. It is the first time for Sapporo to lose two games straight in this season; and with this result, the difference of the point between the league leader Sapporo and second placed Matsumoto Yamaga finally got closer to three.

It was the game that Kumamoto kept overwhelming and pushing Sapporo from the first to the end with the aggressive play based on the strong presses and hard work and also the fighting spirit especially to cheer up the people invited for the game; now still suffering from the earth quake damage.

Some fresh players were in the starting lineup of Sapporo for this game but young Nagasaka and Mae Takayuki totally backfired; Nagasaka directly caused the penalty kick in the 11th minute Roasso went ahead, and Mae also could be a trigger of the next goal in the 65th point allowing Katayama to break his right side and to send cross to Hirashige.

Yomoda, the head coach of Consadole, sent more offensive substitutes such as Kanda, Julinho, and another young talent, Suga; but it was a little late or would not work. It was unfortunate for Consadole too that Roasso defence was tight, keen, limitless-energetic, and incredibly concentrated. It also help the team mates’ counter attacks very well.

(I cannot believe Yomoda gave up Uchimura who seemed to be the closest to goal, and stuck Tokura to the end; maybe he was expected as a target in the front line but first of all, they had not done soccer like it would work.)

Anyway, Consadole is getting a little tense situation with the rest 4 games in the final stage of the season. However, also there is not so many things they or we can do now; why they or we do not have fun? For players, to remember and review their play style of this season; hard defence and quick side attacks. Still nothing end. Go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |19:57 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

2016年10月22日

Brake before 80 points?

 お久し振りです。

 先月、ある朝突然ラップトップが壊れまして。修理に出して先週には戻って来ていたのですが、不便ではあっても、なければないで何とかなる状態に慣れてしまって、本格的に画面に向かうのは今日が最初だったりします。齢を取ると、ちょっとしたきっかけで色々なことが面倒になって行くような…。

 さて、レビュー再開が敗戦についてになってしまったのは残念です。何処かでブレーキがかかってもおかしくはないチームの状況と今季ここまでの展開でしたが、残り試合が少なくなり、2位以下の追い上げが激しいこの時期というのは、ファンの精神衛生上あまり良くはないでしょう。ホーム連勝は10でストップ、J2のホームゲーム連続不敗記録更新がならなかったのも悔しいところ。

 試合自体は札幌が積極的な攻撃で押している中、左サイド、ロングフィードに走り込んだ高木大輔の一本のシュートで先制されると、その後もチャンスは作りながらも決め切れない展開で前半を終え、後半も54分に、前節リーグ戦初ゴール、今季初スタメンの中原を上原に替えて前線のターゲットを増やす工夫をしたものの効果は薄く、反対に60分、ドウグラス ヴィエイラに追加点を許してしまい厳しい状況に。菊地の、自陣ゴール前で背後の選手に対して感覚に頼った適当な守備が致命的でした(菊地はこういう、経験則なのでしょうか「何とかなる」的なプレーが散見される気がします。個人的には櫛引の方がいいなあ)。

 72分の前→神田の交替では事態はそう変わらないだろうと思っていましたが(理由後述)、案の定。しかし、76分、相手ペナルティエリア手前でフリーキックを得ると、福森のキックは僅かに外を巻いて直接ゴール左隅に突き刺さるスーパーゴールに。この盛り上がりを一気に同点、逆転と繋げたかったところですが…。86分には内村を下げて永坂を入れ、ゴール前をガッチリ固めるヴェルディに対し、増川を前線に留める策で最後の瞬間まで攻め続けましたが、力及ばず(しかし増川は、相手が守るだけになっていたとはいえ予想以上に多くの見せ場を作って楽しませてくれました(笑)。ただ、内村を下げたのは多分失策)。

 先に相手を褒めますと、今日のヴェルディはDF陣の距離感と集中力が良かった。先制していたこともあったと思いますが、後ろで守り切れると信じられるから、攻撃は少ない好機に、より思い切りが良くなる。そこでハマったと思います。札幌も決して悪くなかったです。久々のマセードは、特に前半は精度の高いプレーが光っていましたし、宮澤の機動力と視野の広さ―最終ラインから相手ゴール前まで、その場所でその時に欲しいプレーを供給する能力は素晴らしかったです。中原も、ボールが足に吸い付くようなところがあって、何かやれそうな雰囲気がありました。

 今日のような試合だと、逆説的に今の札幌に足りないものが見えて来るような気がします。つまりは、相手を混乱させられるテクニシャンかスピードスター、あるいは強烈な飛び道具。(コンディション万全な)小野や(シーズン序盤の)ジュリーニョであれば、そういうジョーカーに成れたかもしれませんが、そもそも今日はベンチにもいません。プレシーズンマッチを観てイルファンにはそういう要素があったと思ったのですが、それ以前の所で足りていなかったようです。今日の面子でそこに近い存在は、最初から出ている内村と中原。だから、中原はもっと使って欲しかった。上原を入れるにしても、堀米と交替で良かったのでは(いや、堀米は決して悪くなかったですが、ポジション的に)。次の交替も中の選手ではなく外、動きが落ちて来たマセードを見切って、これも色々なことが出来る石井を入れれば良かった。とにかく、今日のヴェルディの守備は、サイドから崩して左右に振るしかなかったと思うので(もっとも、石井はそもそも疲れが取れていなくて控えの可能性もありますが)。そして最後、内村は絶対に下げてはいけなかったと思います。彼の最初のシュートと、97分のシュートは今節で最も得点に近かった。あの増川の活躍と内村の得点感覚、両方が残っていればあるいは…と思わずにはいられません。じゃあ、増川を上げるために永坂を入れたとして、誰を下げれば良かったか。ここで前でしょう。いや、菊地でも良かったですけど(注:素人考えですよ?そこは大前提でお願いします)。

 これで明日、松本山雅が勝つようなら、ちょっと嫌な空気が残りますが、あまり深刻になる必要もないのでは。地力はあるのですから、立て直すつもりでしっかり準備して次節に当たれば良い。フレッシュな選手に賭けるのもありですが、今季ここまでの自分たちのサッカーは変えるべきではありません。変に浮足立つことのないように、切り換えて行きましょう。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Saturday’s Sapporo Dome, J2 league leader Hokkaido Consadole Sapporo met Tokyo Verdy and lost the game by 2-1 for the visitor. At the moment, their winning streak in home game finally stopped by 10; and they also failed in expanding their J2 league record, 23 games lose less on the home pitch, to 24. Over 18,000 fans in the stand who expected the moment of the new club history missed it.

Still, the game could be enough exciting. It started as the game for Sapporo; they had overwhelmed the rival all around the pitch with the quality and strength of players, but only one good feed and good shot turned it over; Verdy went ahead with the 30th minute’s Takagi Daisuke’s goal, and also they expanded it in the 60th minute with Douglas Vieira’s score helped by unbelievable carless mistake of Consadole defender Kikuchi. The home team hanged on with Fukumori’s super free kick shook the net directly slightly vend from left side out in the 76th minute, but it was their best.

This day’s Verdy defence was remarkably excellent; defenders concentrated very well and the communication and relation was good, and worked hard. It gave the confidence to the offence and made it more aggressive. Consadole’s substituting did not really work this day; it seemed Yomoda sent the players to strength the center of the team, however, it should have done for the both sides. Miyazawa, Uchimura, Nakahara and Macedo were good. Yomoda changed Nakahara, the center of forwards, but it could be for Horigome in the right side (Horigome was never bad too though) also to left Nakahara. Ishii would have taken over Macedo’s right side when the Brazilian got tired and slow, better than at least making that between center midfielders, from Mae to Kanda. The last substitute Nagasaka was sent to help the team tallest defender Masukawa join the power play (actually there was great chance that he score) but Uchimura should have stay (maybe here, Mae could leave). 

It seems a kind of brake before 80 points and fans must be warried about the second placed Matsumoto Yamaga catching up Sapporo. The important thing is stay calm and keep playing as they have done so far this season. Using flesh players decisively will work but breaking the team strategy and play style never sound good. Practice and prepare well for the next game in Kumamoto and restart winning, go! Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |20:15 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2016年09月19日

Quiet draw but Consadole reach 70 point

 長崎戦は0-0の引き分け。終始押し込まれがちな展開でしたが、選手間の距離はそれほど悪くなく、最も懸念された宮澤と増川の不在も、前寛之と河合がそれぞれ埋め、事なきを得ました…と、良かった点を挙げてみても、寒い結果は補えないでしょう(これがリーグ首位を走り来季J1を狙うチームのサッカーか…という、シビアなファンの声が聞こえそう…)。

 幾つものピンチは常に長崎の雑なフィニッシュに助けられましたが、攻撃の精度の点ではこちらも似たようなものでしたし。ヘイスと(途中出場の)ジュリーニョが共にパッとしなかったのが、四方田監督としては計算違いだったでしょうか。

(ジュリーニョと言えば、何故、一度トップ下に入れてからサイドに配置し直すのか?(誰を残して誰を諦めるかは、その日の戦い方や、監督から見た選手の調子の良し悪しもあるとして)この日の交替で言えば、内村→小野、堀米→ジュリーニョで良かったような気もします。)

 この日は幸い松本山雅も引き分けたため、勝点9差は変わらず、しかも札幌のポイントは70の大台に乗りましたが、C大阪と清水が勝って追い上げて来ました。まだまだ緊張感を持って戦わなければならない状況は続いています。ただ、ここまで勝っていれば研究もされますし、故障者が増えて力を出し切れなかったり何処か迫力を欠くゲームが続いたりする状況にしても、もっと前に来ていても不思議ではないくらいで、想定の範囲内。今は踏ん張り時、耐え時でしょう。

 次の町田戦も、負けないことが大事です(もちろん、アウェイゲームの借りを返せればそれに越したことはありませんが)。平日の夜で試合は観られませんが、残業しながら応援しています。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Sunday, a J2 league game between V. Varen Nagasaki and Hokkaido Consadole Sapporo at Trans Cosmos Stadium and the night game after hard rain ended in a scoreless drew. It was quiet and even frustrating especially for Consadole fan (Someone says again that was not the play of the team leading the league and shooting for J1…) but they reached season 70 points first among the 20 teams.

Entirely, the game was for the home team; Nagasaki kept attacking and trying more aggressively, and Sapporo blocked or parried well (or just fortunately) too much long time. Nagasaki’s poor finishes save rivals many times but it was same as Sapporo. Although Mae Hiroyuki and Kawai made up the absence of Miyazawa (suspended) and Masukawa (injured) that fans and the club had been really warried about, Reis was almost lost in the game, and substitutes such as Julinho and Ono Shinji were also plain to change the tide. 

This day, Matsumoto Yamaga F.C. in 2nd place drew too; so the deference between them stayed 9 points. However, Cerezo Osaka and Shimizu S-Pulse both won to come closer. Now is the time to stand steady and hold on. Go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |11:03 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2016年09月11日

Restart season with victory at Atsubetsu

 リーグ中断中に天皇杯を2回戦で敗退、嫌でもJ2優勝と昇格へ専念出来る状況となった札幌、再開後の最初の試合は、今季リーグ戦は初となる厚別で、8月を3勝1分けで終え、下位とは言え好調の群馬と対戦。

 厚別では天皇杯で敗れているうえ、風下を嫌った群馬にコイントスでピッチを入れ替えられるなど、良い雰囲気とは言えないスタートでしたが、10分にあっさりと先制。増川のクリアを上里が冷静に前方へフィード(守備を攻撃にスイッチする良いプレーでした)、後列の福森が良く走って追い付き、左からアーリークロス、ニアで内村が潰れ、ファーの都倉がインサイドシュートできっちりネットに突き刺すという、綺麗な得点でした。これで一気に流れを持って来たかとも思ったのですが。

 その後は何故かフワフワとしたプレーが増え、群馬の激しいプレッシャーと、ここぞという局面で前にかける人数を惜しまないハードワークに苦戦。19分には、直前の相手コーナーキックからのピンチを切り抜けて気が抜けていたのか、上里のパスがインターセプトされたところから、高橋→山岸→瀬川と、自陣での縦パス2本とシュート1本だけで同点とされてしまいます。群馬はこの3人がチームの好調を象徴するような活躍で、しかも最後まで運動量もプレーの質も落ちず、その後も再三、ヒヤヒヤさせられることに。札幌は23分、マセードが右ふくらはぎを痛めて石井と交替しましたが、マッチアップする高瀬の勢いとスピードを考えると、これが案外、怪我の功名だったかもしれません。

 後半終了間際、福森のコーナーキックを宮澤がニアで合わせたヘディングシュートがポストを叩いたプレーが惜しかったですが、宮澤は、危機を摘む嗅覚こそ戻って来ているものの、動きがまだシーズン序盤の溜め息もののキレに届かない印象(後半かなり良化しましたが)。今日の札幌は、中盤で食い止められない、競り負けることで、守備の準備が間に合わず、危ない場面まで持って行かれる回数が多かった。その分、身体を張った頑張りも見られましたが。ソンユンはファインセーブを連発。58分の堀米のゴール前ギリギリでのクリアも素晴らしかったです。

 64分、その堀米がヘイスと交替(ヘイスはトップ下に、トップ下に入っていたジュリーニョが押し出されて左サイドに)。これで流れが変わりました。78分、相手陣内深く切り込んだジュリーニョが個人技を披露、相手DF2人をかわしてクロスを送ると、飛び込んだ石井のヘッドは一度はゴールキーパーに弾かれたものの、密集の中から再度気持ちで押し込み今季初ゴール(意外でした)、スコアは2-1に。

 それでも勢いが落ちない相手に安心は出来ませんでしたが、82分、上里の低空を切り裂くようなミドルシュートがポストを直撃、跳ね返りをキープしたヘイスが粘り強くシュートまで持って行くと、都倉がコースを変えて3点目(都倉はシーズン17ゴール目。再び得点ランキング首位タイに)。これで安心したか、四方田監督は内村を下げて小野を投入。札幌が守りに入らなかったことで、最後まで双方がゴール前で見せ場を作る展開になったことで、その技術と判断が随所で光り、札幌や小野のファンならずとも楽しめたのではないでしょうか。

 調子が悪くとも勝てる、今のチーム状況と強さと逆説的に証明したような試合でしたが、今目指していることを達成するうえでは結構なことです(その先を云々するなら、チーム内の世代交代が思うように進んでいないことを始め不安は尽きませんが、長くなるので割愛)。後半戦も残り半分、東京の2チームには負けるわけにはいかないでしょう。残りは何とか雪辱を果たそうというチームばかり。気は抜けませんよ、頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

J2 league restarted this weekend and Hokkaido Consadole Sapporo met Thespa Kusatsu Gunma on its second home pitch, Atsubetsu Sports Park Stadium, and won it by a score of 3-1. It could be even perfect for Consadole that already finished this year’s their Emperor’s Cup Tournament in the second round during the break to play the rest of the season shooting championship and promotion.

Consadole took lead first with Tokura’s goal in the 10th minute early. It started from the clearance from the defence leader of Sapporo Masukawa. Next, Uesat forwarded it to Fukumori who had come from behind and Fukumori’s early cross went across the pitch from his left side to right to Tokura finally drew the going ahead goal. Uchimura’s play attracted Thespa defenders helped it well.

However, soon after the beautiful score, Gunma equalized it with another excellent play from an intercept; Takahashi, Yamagishi, and Segawa pulled back the home team to the game with only 2 passes and 1 shot. Actually, Sapporo had difficulty with hard and strong pressing and hardworking after that too, and these 3 players kept threatening them almost whole 90 minute).

Macedo’s leaving in the 23rd minute could be another problem for Sapporo but the substitute Ishii scored in the 78th minute in the crowd before the Gunma goal (it was his season first score). Just before that, Yomoda changed Horigome who had been playing in the left side to Reis and it also caused position change between Reis and Julinho; Julinho went back from attacking midfielder position to his original field left side after all, and it had moved the game too.

The 82nd minute’s Uesato’s middle shot was stunning. It hit the goal post but Reis held the reflection and shot, and then, finally it was modified the course by Tokura to the net. Tokura’s season 17th score lifted him up to the top of J2 goal race again.

At last, Ono Shinji appeared to close the game and fascinated fans with his brilliant play, gentle ball touches and accurate passes and shot, and quick decisions to conduct the team. It seemed that a little more concentration and communication were needed but it was good for them to won this kind of difficult game (To be honest, I wish Yomoda tried more his young players or substitutes though…). Stay there and go through the season, Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |17:56 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2016年08月22日

Still not enough to break though…

 気温や湿度といった予想される条件の厳しさに加えて、正直、苦手な印象がある西京極の試合で心配しましたが、結果は0-0の引き分け。勝てればそれに越したことはなかったですが、これも正直なところ、引き分けでほっとした部分も。幸い松本山雅も山口と引き分けたため、すぐ後ろとの差は縮まらなかったことですし(一方、C大阪と清水がまたしぶとく上がって来ました。まだまだ気は抜けません)。


 と言っても、内容が“引き分けで御の字”だったわけではありません。むしろ、プレスやチェイス、攻撃の仕掛けについては「暑いだろうに大丈夫か?バテないか?」と心配になるほど、ここ数試合では最も良かった。特に前半は堀米が、縦に運ぶ意識とトライする気持ちが感じられて素晴らしかったです。7分、堀米のプレスから相手ディフェンダーのミスを誘い、深井のシュートがコーナーキックになった場面、あそこで先制出来ていたらと思わずにはいられないプレーでしたし、他にも、特に内村が同じ左サイドに流れて来た時に可能性を感じさせるプレーが見られました。

 ただ惜しむらくは、それでもプレスは京都の方が上だったこと。悪い時のようにズルズル下がるとまでは行かないものの、やや斜め後ろを向く形で相手に押し込まれる場面は次第に増えました。京都は今節、札幌に合わせてフォーメーションを3バックに変えて来たとのことでしたが、結果、双方がサイドから攻撃を仕掛け、互いに良く防ぐという展開に。やがて、こちらの左が機能していると見た京都が反対側、つまり、こちらの右サイドから押し上げることを選択して、カウンターの打ち合いとなりますが、試合は動かず前半は終了。

 四方田監督は後半開始早々、堀米に変えてマセードを投入(ポジションは彼自身の右WBに。右にいた荒野が左にスライド)。先に書いたとおり、堀米は悪くなかったですが、マセードは更に良かった。53分にはカウンターからマセードが長いドリブルの後に中央に切り込み福森へパス、福森のクロスに逆サイドの都倉が飛び込んだ場面は実に惜しかったですし、直後にもマセードのクロスにジュリーニョがヘディングシュート、これに左の荒野が詰めていた攻撃も惜しかった。それまで右で守備に追われていた荒野が自由になって存在感を増したこともあり、流れがこっちに来たかと思ったのですが、ここを凌がれたのが痛かった。78分には内村を諦め小野を送り出し、また新たな波を起こし、84分には膝を痛めた(?)深井を上里に替えリフレッシュを図り、最後は宮澤を後ろに下げて増川を上げるなど点を取るための手を尽くし、実際、小野とジュリーニョにそれぞれ惜しいシュートもありましたが、ゴールには至らず。それでも、運動量もそれほど落とすことなく、最後まで積極的に攻める姿勢が見られた良いゲームだったと思います。

 木曜日にはドームで熊本戦です。タイトスケジュール再びですが、上位を争う他チームと試合数が並ぶここは、本当に重要になる。今日、ターンオーバーが見られなかった以上、次もベストの戦力を注ぎ込み、週末の天皇杯を控え組で戦うことになるでしょう。主力にはもう1試合、働いてもらうことになりそうです。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!


It was never bad game and result. Sunday, Hokkaido Consadole Sapporo drew with Kyoto Sanga F.C. on the away pitch of Nishi-kyogoku Stadium by really hard score of 0-0. It had been thought to be very difficult for the northernmost J league team because of the deference of the temperature and humidity between Kyoto and Sapporo, and also the players’ exhaustion was worried even though it was night game, but they fought and held on the tough situation after all, whole 90 minutes. It seemed that even they took back the hard working and pressing and vertical dribbles all getting quiet lately, although it was still not enough to break Kyoto’s defence line and shook the goal net finally.

Both teams kept watching and using the space of the sides of the pitch for offence and pushed back well each other. It moved to exchange of counterattacks but it was stuck too. Kyoto had changed its formation to 3 defenders just to match Sapporo; and it would work totally.

For Consadole, Horigome Yuto was good with his try full of fighting spirit in the first half, but substitute for him; Maced, was more. He created many chances with his dribbles and crosses.

(Accurately, Horigome’s left side wing back was taken over by Arano who had been played the other side that Macedo was sent for. This kind of a little complicated position change or reaction have often seemed in the team and actually, have worked well.)  

Yomoda also sent aggressive players Ono Shinji and Uesato and they answered his demand with their skill; especially, Ono’s shot in the additional time was so close.

This day, the second placed Matsumoto Yamaga FC drew with Renofa Yamaguchi too, so the 6 point lead of Sapporo to Matsumoto Yamaga whole remained. Next game will be on Thursday night; tight schedule again, but it is on the home pitch of Sapporo Dome fortunately, and many players can rest weekend that the first round of the Emperor’s Cup will be held; Yomoda play that with substitutes. So work hard again and show the fans how the team strong on the pitch of the dome with the cheer and support from fans of home town, go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |00:24 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2016年08月14日

3-1 victory rock the dome

 タイトな日程に加え、前節で選手に疲労が見えたことから、色々な意味で心配された山形戦でしたが、終わってみれば3-1の快勝、札幌ドームでの不敗記録も19まで伸びました(こうなると反対に、前節が何だったのかと言いたくもなりますが…)。入場者数も4月のC大阪戦以来の、今季3度目となる20,000人超え、またその数字をずっと声に出して要求し続けて来た都倉は、オウンゴール以外の2点を決めて今季15ゴールで得点ランキング首位タイに躍り出るなど、話題に事欠かない試合になりました。まずは良かった。

(しかし今の都倉は凄い。実行力があると言うか、華があると言うか。インタビューでも良く喋るけれど、ピッチ上で結果を出しているので、言葉が軽くなり過ぎることもない。お見事。)

 先にリード出来たのも幸運でした。13分、右サイドの上里からのゴールに向けて斜めに走るスルーパスに抜け出した内村が、ぎりぎりペナルティエリア内で倒されてPKを獲得、これを都倉が、GK山岸の逆を突き、きっちり右隅に決めて先制。ところが、勢いに乗って何度か良い形を作った後は、一転、山形のペースに。21分、カウンターからディエゴにフリーでミドルシュートを打たれた決定的な場面は金山のファインセーブに救われたものの、その後も押し込まれる時間が長く続きました。

 久々の河合のCBが弱いと感じることはありませんでしたが、攻撃で相手にブロックを作られた時に、ある程度前に運んだ後、横以外にパスを出すところがなくなると一度下げて縦にフィード、前の3人に託すことの繰り返しになり、その下げたところを狙われたり、放り込んだボールを引っかけられたりして、反撃されている。それでもプレスの量と中盤の運動量で勝っている時はそれで問題ないのでしょうけれど、今節も前節同様プレスでは完全に負けていましたし、宮澤は守備範囲の広さも技の切れも本調子ではないように見えました(その分、荒野が動き回って早く疲れてしまう)。

 いや、だからこそ今日は相方の上里の展開力を活かして、攻撃はシンプルにパス一本で好機演出という考えは良く解ります。荒野、都倉、内村、ジュリーニョで構成される前線の距離感は良く、実際、それで何とかなってしまう可能性は決して低くない。実際、後半、それほど持ち直したとも思えない内容から、58分、そうした攻撃で得た上里のCKが相手オウンゴールを誘って追加点を上げると、62分には大きなサイドチェンジから、右サイドの荒野が内村に繋ぎ、内村がドリブルで最終ラインまで突破、マイナスのクロスで大きく左に振ると、これを都倉がヘディングで決めて3点目、リードは広がったわけですし。

 ところが、直後に自陣ゴール前、山形の鈴木の粘りから永藤→林と繋がれ、完全に崩されて失点。山形は後半、交替で鈴木と永藤が入ってからカウンターのスピードが一層上がっていて、前半と同じサッカーでは何処かでやられると思って観ていました。石崎監督はすかさず大黒を投入、大黒もさすがでしたが、この頃には相手もかなり疲れて来ていたこともあり、やや孤立気味になってくれたことと、四方田監督もジュリーニョ→深井の交替(深井がボランチに、宮澤がトップ下へスライド)で中盤を持ち堪えられるように修正したため、大崩れすることはなかったものの、この展開は怖い。相手に読まれていると判っていても、なかなかやり方は変えられない中、停滞やミスから危険な状況へ落ち込むという。攻撃陣の調子が良いことによる思わぬ弊害でしょうか(ここに、相手の強さという要素が加わった時に、ストイックなファンの方々がご自身のブログで表している(主に来季以降についての)危惧や懸念になるのでは)。

 最後は内村に替えて小野をそのままトップへ入れ、2列目を3人に、守備時には両WBを下げて5バックにする布陣に。更には荒野を永坂に替え、逃げ切りで意識を統一しつつ、攻撃時は、全員が可能な限りポジションを上げる心意気も見えたのは良かったですが。まずは休むこと、次は攻撃のバリエーションを増やすことに取り組んで欲しいと思います。来週も3試合とキツいですが、次節京都戦と、続く平日の熊本戦を終えた後の順位は大事。ここが後に振り返った時にターニングポイントになるような気がします。また、今回、出番を逃した若手は、次こそ狙って欲しい(アピールったって難しいとは思うけれど…。だからこそ過密日程はチャンスじゃん)。まだ止まれない、頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Sunday, Consadole Sapporo met Montedio Yamagata at Sapporo Dome and beat it by a score of 3-1 to show they already recovered from Thursday’s season fourth defeat. Tokura’s 2 goals fixed their standing, the top of J2 league, and also lifted him up to season top scorer with his 15 goals. It was enough to rock and heat the over 20000 home team fans filling up the stand.

(20,000 was the number Tokura had kept mentioning as his wish in past interviews and this time, he wanted 30,000 after the game! How does it go?)

It was 10th minute early; Arano in their right side made run Uchimura with the slightly diagonal pass to Yamagata’s penalty area and Uchimura drew defender’s foul and penalty kick but he left it to Tokura. Tokura outwitted Yamagishi with the grounder to the right corner and the team went ahead. After Yamagata’s own goal to Uesato’s corner kick in the 58th minute, again Uchimura dribbled into Yamagata’s penalty area and sent the cross to Tokura in the other side of the goal, and this 62nd minute’s Tokura’s header expanded their lead to 3, it seemed to even decide the game.

However, generally the game never was for the home team; they seemed tired and slow as same as Wednesday they played in Mitsuzawa, especially, pressing was poor. Side changes and long feeds still worked but their play relying on Tokura, Uchimura and Julinho too much were rather predictable and easy to prepare for the rival. Yamagata’s counterattacks had worked well so when Montedio’s substitutes Suzuki and Nagatou broke Consadole’s defence line totally to help Hayashi’s goal as a quick strike back after the home team’s 3rd goal, enthusiastic fans must had big anxiety (even like de ja vu). Practically, Tokura, Uchimura, and Julinho (Arano can be counted too) almost always can be the strong point of the team with their speeds, skills, physical strength, and experiences. They also have had good relationship each other but once they got studied and stopped or when they are absent, unfavorable situation can happen. (And Montedio is not the only one; there is no reason the other team they will met in the rest of the season miss the idea.)

This day, Consadole defence line stood out till the end with “Captain” Kawai who had played for the first time in 9 games. And it was fortunate for them that when the real striker Oguro appeared in the other side right after Hayashi’s goal, Montedio’s players also run out of gas. Yomoda’s carefulness and patience to send substitutes to hold it on and closed safe and steady was also successful (it finally came out as 5 defenders formation). Of course, no one can deny the holly magic in Sapporo Dome; the no lose streak in the dome was expanded to amazing 19! 

Still, they need find something new to care those week point. Reviewing the attack or working harder with hard pressings seem good but use fresh players also can work (the tight schedule in August is great opportunity for them too). First, rest well, and prepare and practice well for the next game in Kyoto. Go! Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |20:44 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(4) |