コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2016年05月29日

Amazing Sapporo

 本当に強いですね。久々のドーム、難敵と思われた山口を3-1で下して遂に6連勝。連続1-0勝利のJリーグ記録更新こそなりませんでしたが、札幌ドーム12試合無敗はクラブ史上初だそうで。おめでとうございます。

 今節のスターティングラインナップは、左の内村と右の都倉のツートップに、トップ下のジュリーニョという万全の態勢。ウィングバックは、左には復帰が待たれていた石井、右には練習で負傷をした荒野(やっと戻って来たと思ったのに…)に代わってマセードが入った他は前節と変わらず。戦い方は、相手陣内では割と自由にボールを持たせ、センターラインを越えて来る相手選手には強く行って引っかけて奪い、縦のパスはコースを読んでカット、後は素早くカウンターという、これも今季鉄板の形。それでも、人もボールも良く動き、連動も見事な山口のサッカーに対し、前半は無得点で終えることに。

 しかし、後半に入ってすぐ試合は動きます。自陣からのロングフィードを頭で逸らしたジュリーニョが、内村とのワンツーのような形で相手ペナルティエリア内に切り込んだところで倒されてPKを獲得。都倉のキックは左ポストに当たってゴール内へ跳ね返り、札幌が先制。今日の都倉は惜しいプレーに加えて“らしい”プレーが多く、復調を窺わせました。53分には宮澤が、左サイドで受けたボールをドリブルで中央へ運び、更に右サイドのマセードへと展開、マセードの素晴らしいクロスにドンピシャのタイミングで走り込んだ内村が、狙いすましたヘディングシュートを左ゴール隅へ叩き込んで突き放しました。内村はこれで3試合連続得点。

 久し振りに2点を取って楽に逃げ切れると思った矢先、深井がファウルの直後にボールを蹴り出すという、まさかのイエローカードコンボ(ラフプレーと遅延行為)で退場。直前に宮澤から稲本の交代を行っていただけに(宮澤の負傷は心配)痛かったはずですが、これにも内村を堀米に替えて堀米をボランチに、石井を進藤の右に配し、都倉を左ウィングバックに下げて、ジュリーニョをワントップに据える4-4-1に変えることで対応、しかもそこから79分、ジュリーニョの突破とループシュートという完全な個人技で追加点を上げたのには驚きました。更に直後、進藤が自陣ペナルティエリア内で不用意なプレーで相手にPKを与えて、6試合ぶりに失点したのも驚きでしたが…。

 残り10分を切ったところでジュリーニョを下げて櫛引を投入、福森の左に並べて、清水戦以来の5バックで試合をクローズ。勝負強さも見せつけてホームのファンを沸かせました。今節は監督の采配も光りましたが、選手個々の判断と頑張りが本当に素晴らしい。前半のプレーに戻りますが、30分、自陣でインターセプトした増川が相手陣内までドリブル、最後は右サイドの進藤がクロスを上げて終わった攻撃など、DF二人がゴール前で絡んでいるだけではなく、その間、リスク管理を含め全体のバランスを取っていた中盤の選手のポジション取りも実に良かった。こういうチームはなかなか負けないような気がします。

 次節もドームですが、今度こそ正真正銘難敵の千葉です。ドームでの千葉戦では良い印象もありますが、勝ってばかりではないことを思い出し、気を引き締めて臨んで欲しい(所用でリアルタイムの観戦は出来ませんが)。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Amazing six consecutive win; it was very eight years ago last time they made it. Saturday, Hokkaido Consadole Sapporo came back to the home pitch of Sapporo Dome and knocked back Renofa Yamaguchi that had done very well for newcomer to J2 so far by a score of 3-1.

For the first 45 minutes it was almost even. Sapporo did not play so tight until the opponent or their feeds came across into their area but once it happened, never missed that and returned quick counter attacks. It had worked and actually created some great opportunities but Yamaguchi matched well with its aggressive play and hardworking.

However, about quality of players for each, Sapporo exceeded Yamaguchi and it moved and decided the game in the end. Soon after started the second half, Consadole went ahead with Tokura’s penalty kick and just six minutes later, Uchimura scored with the strong and sharp header to beautiful cross from Macedo in their right side. Uchimura who scored by heading three games straight was super but Macedo was more remarkable; it was super!

No one expected Fukai’s out in the 64th minute with the combo of two yellow cards for two different fouls just after Miyazawa got wound his calf and left the pitch and Inamoto appeared instead; but more surprising was what the next goal was again for Sapporo that sent back even Uchimura to care Fukai’s place with substitute Horigome. The 79th minute’s Julinho’s robbing goal going over Reofa’s goalkeeper Ichimori’s head showed his skill and experience totally.

When Shindo pushed down Renofa player in their penalty area and allowed one goal fight back with the penalty kick in the 82nd minute, it seemed that some more upset could be happened, still, Yomoda replaced Julinho with Kushibiki to set up tight and thick block line with five defenders to close the game.

Consadole has stayed loseless in twelve late games at Sapporo Dome (estabrished club record) and next game will be again in the Dome. JEF United Ichihara Chiba is never easy to push back but now the team has strength that any players work almost same for the team. We stay excited and enjoy it too. Go, Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |00:47 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2016年05月22日

Sapporo won’t stop

 苦手とする讃岐に初勝利、5連勝は何と9年ぶりだとか。札幌の勢いが止まりません。それが全て1-0での勝利という点については、守備の安定を誇るべきか、心もとない得点力に不安を感じるべきなのか難しいところですが、まずはおめでとうございます。もちろん、暫定とは言え首位もキープ。

 スターティングラインナップは帰って来たジュリーニョをトップ下に、都倉と内村のツートップ、荒野を右ウィングバックで使い、前節で良いパフォーマンスを見せた櫛引を、おそらくはセットプレーでの得点力優先で福森に替えるという、出し惜しみなし、かつ、どうしても勝ちたい気持ちが伝わるものでした。

 実際、札幌のサッカーは開始直後から、相手ボールホルダーに対する寄せ、ピッチ上の何処であっても相手に数的有利を与えないハードワーク、味方同士の連携と距離感がいずれも素晴らしく、各選手の危機管理意識と早目の動き出しで守備も安定、安心して観ていられたのですが、一方で、得点のためには最後の最後で今ひとつ決め手を欠く印象も。内村、都倉、ジュリーニョの組み合わせがやや硬化しているような気さえしました。

(と言うよりはジュリーニョの中央への配置にこだわり過ぎた?後述しますが、後でもっと流動的になってから良化したので。また、前半だけで都倉らしいシュートが2回ありましたが、いずれも枠を捉えられず。やはりちょっと本調子ではないのかもしれません。それでも88分の、DF二人に挟まれてのボールキープは凄かったですが。)

 そんな中でも、30分、宮澤→ジュリーニョの縦へのパス→都倉がボールを抑えて同時に潰れ→走り込んで来た宮澤のシュートがバーを越えるという惜しいプレーが飛び出すと、42分、ジュリーニョの物凄いサイドチェンジを受けた左サイドの堀米が下げたボールを、福森が再び右へクロス、これを都倉が巧く左へ折り返すと、スペースを突いてゴール前へ入り込んでいた内村がニアポストへ、前節に続いてヘディングで捻じ込んで遂に札幌が先制、良い時間帯での得点に成功。あれだけ左右に振れば何処かで入ります。お見事。

(しかしM.O.Mは内村ではなくジュリーニョ。ひとつひとつのプレーの質が本当に高い。常に何とかしてくれそうな技術に加えて、90分通して献身的。良い選手を獲りました。)

 これで気持ちが楽になったか、後半は前半よりも流動的になり攻撃も活性化しましたが、讃岐の固い守備もあり、追加点は遠く、64分には内村から小野、71分にはジュリーニョからヘイスへと、選手もポジションも変えて流れを呼び込もうとしましたが、暑さか疲れか、むしろ札幌の選手の脚は止まり、最後の15分は完全に守勢に回る結果に。もっとも、79分に相手CKのタイミングで堀米を下げて河合を投入していた段階で、しっかり守り切って勝とうという意思統一がされていたかもしれません。

 何はともあれ長いアウェイ連戦も全勝で乗り切り、次節は遂にホームに戻って来ます。相手の山口も今節は落としているものの簡単な相手ではないですが、札幌の今のチーム力なら引けは取らないはず。願わくは複数得点で勝利を。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Hokkaido Consadole Sapporo finally marked five straight victories with the result of the Sunday game against Kamatamare Sanuki at Pikara Stadium by a score of 1-0. At the same time its 1-0 winning streak was expanded to five; for Consadole, it was first time in these nine years, and also it was very first time to defeat Sanuki.

The game had been controlled by Consadole from the first; in the relation and communication between players, skill, and hardworking, they all exceeded Kamatamare but the part of finish alone was not enough. However even the problem was eventually swept away by Ace Uchimra’s scoring in the 42nd minute. It started from Julinho’s extra ordinary long side change from their left side to Horigome in the opposite side. Fukumori’s cross came back to the left side again and Tokura returned it to right really skillfully and then, Uchimura broke narrow space with his header to score two games in a raw. That was totally excellent goal.

For the rest of the game, Sapporo gradually got slow and leaden maybe because they had been tired out and it was too hot for the northernmost team in the league; substitutes Ono and Reis could not change the situations but when the heart of the team Kawai appeared, they decided and found what to do. With the tight and more defensive playing, Sapporo closed it staying the lead.

Of course, more than a goal a game has been waited. Still, no goal allowed in five games is super; especially when the latest three games was all on the away pitch. And finally they are coming back to Sapporo Dome. Why we cannot expect great thing from this? Renofa Yamaguchi is now in the fifth place and never easy visitor to knock back but they must make it; at least we have good reason to believe home team’s win. Delight us, go, Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |22:58 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2016年05月15日

Sapporo win 4 games straight

 熊本戦延期のため週末ひとつ空けての水戸戦、累積警告によるジュリーニョ不在をどう乗り切るかの答えは、荒野トップ下、都倉とヘイスのツートップでした。更に、中盤右サイドのマセードも休ませ、前寛之が入りましたが、他では特に変更は見られず。個人的に嬉しかったのは控えにイルファンが入っていたこと。これからも今季これまでのような戦い方を続けるなら、最後の数分、ほぼ全員で引いて守らなければならない時間帯は多くなるはずで、味方の苦し紛れのクリアーやロングボールに対してでも、追い付けるのみならず、前目のポジションからなら一気にゴール前までドリブルで運べる彼のスピードは、頼もしい武器になるはず。

 そろそろ奮起が期待されるヘイスですが、15分、前寛之のインターセプトからのショートカウンター、荒野のドリブルから中央のヘイスにスルーパスが通った時は決まったと思ったのですが、キーパー本間と1対1で放ったシュートはサイドネットを叩きました。35分、相手パスをカットして自らドリブルで上がった進藤からのパスを左サイドの都倉へ繋いだ場面や(都倉のシュートは惜しかった)、前半終了間際に荒野のクロスに詰めたプレーも惜しかったので、少しずつでもチームにフィットして来ているのだろうかとは思いますが、なかなか結果が出ません。頑張って欲しい。

 試合自体は前半から積極的にプレッシャーをかけてくる水戸の勢いに、こちらのやりたいことをやらせてもらっていない印象がありましたが、心配だった暑さに対しても(スカパー!観戦でしたが見るからに日差しが強そうでした)、荒野以外はそこまで走り回っている感じでもなく、同時に個々のプレーにおける選手の技量では少しずつではあってもこちらが上回っているように感じられ、0-0の折り返しにもさほど焦りや不安は感じられませんでした。55分、荒野のパスに抜け出した都倉の折り返しを堀米が飛び込んで頭で合わせるも相手DFにブロックされた惜しい場面の後、四方田監督は61分にヘイスを下げて内村を、そして72分に(またしても脚を攣ったっぽい)深井を下げて小野を投入、これでスイッチが入りました。

 75分、宮澤→小野→都倉と繋がり最後は再び小野に戻ってのシュートはゴール上に外れ、79分、櫛引→小野→都倉→櫛引(?!)のクロスに宮澤がボレーシュートを合わせるもバーを越えたものの、81分、都倉が競って内村へ繋いだボールは左サイドの堀米を経由、小野がゴール左へDF2枚を引き付けたため中央でフリーになっていた内村が、クロスを豪快にヘディングで叩き込んで遂に先制。今季3点目となる内村のジャンプとシュートも見事でしたが、堀米のクロスも良かった。いつもあれぐらいの精度があれば良いのに…と思ったファンは多はず。

 その後は85分に前寛之を河合に替え、増川と進藤を右にずらして、進藤ウィングバックで3バック気味の4バックで守り切って前回J1昇格の2011年以来となる4連勝、上位に止まることに成功しました。4試合がいずれも無失点という点も素晴らしい。守備が安定していないチームは、まずリーグで上位に止まれません。今日も、増川と櫛引は、得点した内村に次ぐ功労者でしょう(他では宮澤と堀米も)。

 次節は讃岐戦。まだアウェイゲームが続きますが、コンディションを保って勝ち続けて欲しい。ここで貯金が出来れば夏も少しは楽になります。頑張りは自分たちを救う、頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

 最後に。熊本にとってのリーグ戦が再開になりました。良かった。被災された多くの方々にとって何の影響もないかもしれませんが、こうして少しずつ物事が前に進んで行くのは決して悪いことではないはずです。柏レイソルもありがとう。来週はよろしくお願いします。

Sunday, Hokkaido Consadole Sapporo met Mito Hollyhock at K’s Denki Stadium and won it by 1-0 with Uchimura’s season third goal. Sapporo expanded its winning streak to 4 with this result for the first time in 6 years; last time they made, they also promoted to J1.

To care suspended Julinho’s absence, Arano took over his his place; and Reis played next to Tokura instead of Uchimura. Arano helped team well with his hard work but Reis seemed to still need some more time to fit the team. Sapporo suffered from Mito’s aggressive pressing from the first but they stood that up; it seemed almost always each Consadole players finally exceeded the rivals a little. Yomoda gave up Reis in the 61st minute and sent Uchimra, and then, replaced Fukai with Ono in the 71st minute; and this decision totally worked to change the tide. The 81st minute’s Uchimura’s play was marvelous; once he had the pass from Tokura, expanded it to their left side end, Horigome, and shot the cross back with beautiful jumping header to break the goal guarded by Honma, one of the greatest and most experienced goalkeepers in J league. Ono’s help drawing two defenders to left out to create the space for Uchimura at the moment was also remarkable. Waiting Kawai appeared to close the game (for Mae Hiroyuki), Sapporo got ready to stay this one goal lead to the end. (Masukawa was really good as center defender but Kawai could have an extra power especially for the situation like that…)

Next game is on the away pitch again for Consadole players but if the remain in this good condition, Kamatamare Sanuki is not so difficult to play. Work on, Hokkaido Consadole Sapporo!

Lastly, Roasso Kumamoto restarted playing the league game this weekend. It never resolve the damaged area and people because of the earthquake in Kumamoto, still, I feel good to know the thing moves forward. I wish the games cheers up suffers from the disaster.

posted by masamaru |18:31 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2016年05月04日

Managed to win to the bottom placed team

 札幌の選択はターンオーバーではなく「勝っている時はいじるな」。まあ、結果から言っても間違いではなかったでしょう(土曜日の熊本戦がないことを踏まえてだったかもしれません。一日も早い地震の終息と地域の復旧を願います)。それでも、河合を使って来るなどラインナップの幅を広げて行こうという意図は覗かせつつ(増川はベンチにいたので別に怪我ではないでしょう)、1-0で勝利。これで3連勝。C大阪は勝ったものの町田が引き分けたため、札幌が得失点差で首位に立ちました。

 序盤から金沢のタイトな守備と積極的なプレスに勝ちたい気持ちを感じましたが、それでも結局は札幌ボールになって終わってしまう、中盤の力量の差を感じました。最終ラインに5枚並ばれても、シュートまで行ける、場合によっては波状攻撃まで持って行ける、今のウチの強さが出ていました。

 先制は17分、マセードのスローイン→都倉のリターン→マセードのクロス→ジュリーニョのヘッドで札幌があっさり得点。しかし後が続きませんでした。宮澤と深井は今季も大車輪の活躍でしたし、進藤の攻撃参加も効いてはいましたが…。2点目が遠い。

 後半は前節同様、何故か相手のペースに。カウンターやワイドなサッカーで押し込まれる時間が増えました。途中65分に内村に替えて小野、81分にジュリーニョに替えてヘイスを投入するも攻撃は活性化せず(ヘイスはチームにフィットしませんね。あれなら確かに菅の方が良い)、それでも要所で攻撃を遅らせることは出来ていましたし、相手の拙攻や運にも救われ、最後はアディショナルタイムに堀米に替えて櫛引を入れてクローズ。何だか前節を見ているような、物足りなさも残る試合でした。

 最初の交替は、疲れの見える都倉よりも、得点の匂いがする内村を残すべきと思いましたが(小野が入るなら尚更)、四方田監督は都倉を選択。都倉は最後まで走り回って監督の期待に応えましたが、あそこで追加点が取れないようでは、チームとして今後辛いかもしれません。もう少し得点への意識と工夫は高めた方が良いかも。

 次の試合はジュリーニョが警告累積で出場停止。荒野も小野もいますし、もともとジュリーニョ自身トップ下の選手でないことを思えば問題ないような気もしますが、誰であっても替わって入った選手には全力でアピールかつ活躍して欲しい。それがいずれは厳しい時期を持ち堪える層の厚さに繋がると思いますし。まずは今節の分析と評価、そして次に向けた練習。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Amid of the Golden Week, holiday Tuesday, Hokkaido Consadole Sapporo met Zweigen Kanazawa on the away pitch of Ishikawa prefecture Seibu Ryokuchi Park Field and Track Stadium, and win that keeping one goal lead with Julinho’s header to same Brazilian team mate Macedo’s cross from their right side in the 17th minute.

However, the rest of the time Sapporo got slow down as if we saw the video of the previous game. It was too narrow victory to the bottom placed team. About the quality and technique, Consadole midfielders overwhelmed the other side but sometimes the home team’s aggressive playing broke even defence line. Substitutes such as Ono and Reis would not work to change the situation (Kanazawa suffered from their poor finish and also bad luck).

Playing in the temperature over 30 degrees was hard for Consadole player coming from snow covered city but it could be frustrated for the fans there as same as them. Still, what one of the most important player for the team Kawai full played in the center back was welcome also for the rest of the season; and with the result, Consadole expanded its winning streak to three and came to the top of J2 league.

Saturday’s match planed in Kumamoto will be postponed due to the earthquake disaster (I wish it stopped and the people and the area got back usual lives soon). Use the time to brush up the team and to study the rivals; we cannot rely on just lucky all the time. Go, Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |09:39 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2016年04月29日

Stay good, stay rising

 快勝のイメージを残したまま試合に入る意図もあったでしょうか、札幌のスターティングラインナップは、深井に替わって稲本がボランチに入った他は前節と同じ。相手の徳島はここまで思うような成績を残せずいることから、まずはしっかり守って来るとの予想の下か、前半はセンターラインより向こうでは割と相手にボールを持たせて、守備ラインを引き出す戦法。これがハマりました。

 20分、堀米のヘディングでの長いクリアをジュリーニョがこれもヘッドで前に逸らせると、左サイドからスルッと抜け出した内村が、ペナルティエリア内までドリブル、最後はディフェンダー二人を振り切り、ゴール右隅へ綺麗に対角線を描くシュートを突き刺して札幌が先制。ドームの雰囲気も一気に良くなりました。チームもこれで落ち着いたか、細かく速いパス交換とピッチを広く使ったプレーで中盤を制しつつ、カウンターで追加点を狙う戦い方で終始優位に試合を展開、39分には福森のコーナーキックに進藤の惜しいヘディングシュートがあるなど、良い形で折り返すことに成功。

 後半は一転、相手陣内に攻め入る人数を増やして押せ押せの様相を見せましたが、毎度思うことながらサッカーという競技は判らないもので、勢いがかえってプレーを雑にでもしたのか、すっかりリズムを崩して、気が付けば徳島の時間帯に。攻め切れないどころか、次第に危ない場面が増える有様。57分にはマセードを荒野に替え、スピードと運動量とアイデアの補充を図り、実際、荒野は入った直後から奮闘しましたが、気付けば守備に回っている状況。67分には内村を下げて上原を投入、上原が右サイドに入り、荒野がトップにスライド、縦への推進力と前線の攻撃力を回復させた…はずでしたが、都倉とジュリーニョが疲れ過ぎていたことで、この交代は機能せず。上原もその後、戻りの早さと身体能力の高さで効いてはいましたが…。

 69分のキム キョンジュンの突破がかなり危なかったこともあり、何となくでも、リードを広げるよりはしっかり守り切りたいという空気が生まれていたのかもしれません。77分に脚を攣った福森に替わって櫛引が入った段階で、逃げ切るしかない態勢に。結果、今日も14,000人を超えるドームのファンの後押しもあって逃げ切って連勝できた訳ですが、正直、少し物足りなさも残る内容でした。贅沢か?

 後半の失速、上にも書いた都倉とジュリーニョの他にも、福森、進藤(光るプレーもありますが、所々冴えがなくなって来た印象も)、稲本など、動きが落ちた選手が目立ったのは気になります。次節は思い切ったターンオーバーで挑んでみるのも面白いかもしれません。案外行けそうな気もしますが、どうでしょう。

 町田が引き分け、C大阪が敗れたため、セレッソを抜いて首位に勝ち点1差の2位に。これは突っ走りたいところです。この追い風を逃すなよー。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

On the Holiday Friday opening the Golden Week, Hokkaido Consadole Sapporo met Tokushima Vortis at Sapporo Dome and won it by 1-0. With the victory two games straight, it counted 5 that Consadole never lose home game this season and the result of the other games lifted up them to 2nd place.

Sapporo took a lead first in the 20th minute with Ace Uchimra’s score that he caught and dribbled the ball Julinho’s jump header had forwarded the clearance from Horigome, and broke Aizawa’s goal leaving two Vortis defenders behind. The beautiful diagonal orbit of the strong shot charmed and excited the fan over 14000 gathered to the Dome despite the heavy snow in spring.

However, especially for the second half, the home team gradually slowed down and the visitor rather got their second wind. For the first 45 minutes, Sapporo led on Tokusima to attack and picked the sprit effectively with many quick short pass changes and succeeded in controlling the game; but in the rest, they suddenly played aggressive and it finally did not work after all; they lost the balance and momentum. The substitutes Arano and Uehara could not recover that.

Still, it was good for Consadole to switch them to defensive a little earlier. The play they allowed Kim Kyung Jung to intrude penalty area and shot in the 69th minute could be the trigger but anyway they focused on defence to stay one goal lead, and when Kushibiki appeared to close the game in the 77th minute, it already firmed.

One thing worried was it seemed that some players had gotten tired such as Tokura, Julinho, Fukumori and Shindo and Inamoto (Inamoto has not played such long so far still he is a little elder). Plan B or B team with fresh players is expected for the tight schedule from here. Now they can try that in good mood and it can work enough. Go confidently and lively and expand the winning streak Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |21:11 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2016年04月24日

Upset heats up the Dome!

 情報シャットアウトで今朝の録画を観ました!一日遅れですが、おめでとうございます!そしてヤッター!ここまで無敗の首位C大阪相手に1-0の勝利。まさに接戦、まさに激闘。得点するまでも、得点場面も、その後の逃げ切るまでの時間も含めて、ドームの雰囲気も熱気も今季最高だったのではないでしょうか。素晴らしい試合でした。

 まずスターティングラインナップが良かった。四方田監督、やっと内村と堀米を最初から使う気になったかと思いましたが、現状考え得るベストの布陣と言えたのではないでしょうか。これにより頭から、強敵とがっぷり四つの互角の試合を繰り広げることが可能になりました。少しでも様子を見るような真似をしていたら、一気に押し切られていたでしょう。それくらい相手のレベルは高かった。

 特にソウザとブルーノ メネゲウ、そして柿谷、DFの松田は脅威でした。中でもソウザは、巧くてサボらないブラジル人と言うだけで迷惑(?)なのに、稼働時間まで長いという困りもので、いつか抜かれるのではないかと気が気ではなかったです。ブルーノ メネゲウも動きが直線的かつ攻撃的で、ボールに触ったら時間をかけずに撃って来るところが怖かったですが、幸い今節はちょっと雑で助かりました。

 もっとも、ブラジル人選手について言えば、ウチの二人も(まるでつられてレベルアップしたように)この日は凄かった。マセードはいつもよりも集中力と熱さが持続していた程度でしたが、ジュリーニョはいつにも増して個人技とセンスが光っていました。相手にとっても相当のインパクトだったのではないでしょうか。ファーストターゲットとなってボールを持って良し、散らして良し、追い抜いて受けて良し、今や完全に札幌の心臓です。そして中盤の深井と宮澤がまた良かった。特に深井は一体どれだけインターセプトを見せたか、あれでセレッソの攻撃のリズムが少しずつ狂って行った可能性はあります。

 中盤で負けなかったことにより、DFラインの隙間を抜け、裏を取る内村のスピードと、一度ボールが収まれば簡単には失わない都倉の脅威はより大きいものとなり、更には福森の攻撃参加と併せて、相手を攻撃に専念させなかった(実際、内村には流れの中から大きな得点のチャンスが2回あった)。それにより、柿谷をこちらのゴールから遠ざけ続けられたことこそ、実質的な勝利の要因と言えるでしょう。

 それでも前半は(ファウルの数に)じわじわとこちらが押されている印象があり、後半に不安を残してもいたのですが、こちらの守備陣の奮闘にむしろ相手が攻め疲れたか、反対に時間と共に札幌が調子を上げる展開に。ここで、70分にマセードから上原、77分には疲れた上に脚を痛めた(?)深井に替えて稲本と、チームのバランスを崩さずパワーのみチャージする交代を選択した四方田監督の判断が的中。試合がショートカウンターの応酬の様相を呈する中、稲本が入って僅か5分後、自らカットしたボールをジュリーニョに預けると、ジュリーニョは右の内村へと大きくサイドチェンジ、内村がスピードに乗ったドリブルで中へカットイン、そのまま右へと流れていた稲本の前へ流すと、これを稲本が綺麗に対角線上ゴール左へ突き刺し、遂に札幌が先制。見事なゴールでした(本人がヒーローインタビューで触れていた2002年日韓ワールドカップのゴールとは、ベルギー戦、ロシア戦どちらのことか、ちょっと判らなかったですが)。

 残りはカウンターからの追加点も意識しつつ、きっちり守り切る戦法にスイッチ、85分に殊勲の内村を下げて櫛引を投入、ゴール前の人数を増やし、ソンユンの終始安定したセーブと、最後は2万人を超えるスタンドのファンの声援にも助けられ、相手の猛攻を凌ぎました。ある意味、今節の真の勝者は現地観戦したファンではないかと思えるくらい見応えのある、そして結果も含めて楽しいゲームだったと思います。毎回こんな試合は厳しいかもしれませんが、大事な時にこれくらい魅せてくれれば、観客動員数も順位も確実に上がって行くはず。

 次節は金曜日、徳島戦。一日間隔が短いですが、連続してホームです。ここから連休の過密日程に入りますが、落としたくないゲームが続きます。慎重に丁寧に戦って行けば、今のチームなら結果は付いて来るはず。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

(私事ですが、大事な試合をリアルタイムで観られなかった時の勝率、100%継続中…。もう今季は、ここぞという時は用事いれることにした方が良いのか?)

Saturday’s Sapporo Dome, Hokkaido Consadole Sapporo made an upset against Serezo Osaka that had been leading the league with no loss in 8 games so far, by a score of 1-0. Cerezo was pulled down from the top by their season first defeat (and a newcomer from J3 Machida Zelvia took over the position instead!) and Consadole stepped up to the 3rd place again.

It was totally even, so close, so tense, and therefore became hot and exciting game. Both teams started it with almost the best lineup and clashed and locked face to face from the first. Every players were in good condition and kept their concentration but especially Brazilians were incredible. Souza and Bruno Meneghel for Cerezo, and Julinho and Macedo for Consadole seemed as if they had lifted up each other by good rivalry. Of course, Cerezo still has Kakitani and this day a defender Matsuda worked well too, but the home team player Fukai and Miyazawa were more excellent in their midfield, and also Tokura and Uchimura who kept pressing and threatening opponent’s defence line were remarkable. Fukai showed big intercepts again and again with his limitless hard work, and Uchimura’s speed sometimes almost reached to Kim Jin Hyeon’s goal. Defender Fukumori helped the front line well too, by taking part in the offence.

However, it still was for Cerezo slightly at least in the first half; some Consadole players had to make fouls to stop Cerezo's attack and yellow cards they had been shown always could turned into vital trouble. What many fans got surprised was Sapporo stayed the aggressive playing and tight defence much longer than expected, and it seemed that Cerezo Osaka even a little slowed down first. At the moment, Yomoda’s decision worked this time; he sent Uehara for Macedo to refresh their right side in the 70th minute and then replaced Fukai who would have run out the gas and hurt his ankle with Inamoto in the 77th minute to keep team balance and his players' rolls same.

And it works only 5 minutes after that in the quick short counters had been exchanged. Inamoto who had intercepted the ball at the center of the pitch passed it to Julinho.and Julinho’s long feed to their right side reached to Uchimura already started running, Uchimura dribbled and cut into the center of the penalty area, and he slid it to the out to right again instead shot it to Inamoto coming over. When Inamoto scored with his beautiful diagonal shot the dome almost exploded with over 20 thousand fans in the stand saw the chemistry of Inamoto’s experience, Julinho’s technique and Uchimura’s speed. (After the game Inamoto mentioned about his score in the 2002 world cup games but it was really various for them this day as same as those days Japan national team.)

Finally Kushibiki appeared for Uchimura to close the game safe, and actually they succeed in it. Goalkeeper Gu Sung Yun remained calm and steady to the end. This victory as not only sweet but also very important when it comes to how they play the tight schedule in upcoming holiday week in May. Maybe they overcome it having great confidence and reliance on teammates. Competition in the team can be them stronger too. Stay there, go, Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |17:17 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2016年04月17日

Ace brought second wind to team

 やりづらい試合になるとは思っていましたが、11分、ゴール前で綺麗に崩されて先に失点。守備の人数は足りているにもかかわらず、完全にフリーの選手を作ってしまいました。守備の連係が良くないと言うよりは、ポジションの受け渡しや、危機を早めに潰す動きに問題があるような気がします。進藤にしろ、櫛引にしろ、ポジショニングも攻撃参加も、もう少し3バックであることを意識しても良いのでは。攻撃的なサッカーを指向しているのは判ります。先に点を取りたいのも解る。ただ今日の前半で言えば、DFのフォローで中盤が下がって来る結果、攻撃の起点が定まらず、前線は孤立するか、こちらも中盤に引っ張られて下がって来るかしかなく、これでは得点に繋がるわけがない。

 全員攻撃全員守備のサッカーを意図しているならそれもありなのかもしれませんが、そのための面子とも思えません。何を意図した選手の選出なのか、特に、悪くもないが良くもなかったマセードと、何を期待されていたのかが見えない菅については疑問が残ります。今日は福森も(特に守備でミスが目立ち)あまり良くなかった。もちろん、今コンディションが最も良い選手を選んでいるのだとは思うのですが…。それでも、これが本当に最適なラインナップなのか?という疑問は、ここ暫く、ずっとあります(他の選手はそんなに使えないのか?という疑問も)。

(ちなみに。最初にDFが悪いようなことを書きましたが、選手個々としての印象は全くそんなことありません。増川は以前より動きが軽くなった分、身体を張った守備が“読み”と映る場面が増えていますし、櫛引や進藤の攻撃参加も、それ自体は悪くない。もともと“そういうことも出来る”のは彼らの強みですし。要はタイミングや流れを見ることと、戻りが間に合わなくならないようやりきれるかどうか。今日の櫛引の、シュートまで行ったようなプレーなら良です。)

 雷による37分から40分間の中断は、あるいは札幌に味方したかもしれません。この間に戦い方を整理できたのか、四方田監督は、前半の残りを凌ぐと後半頭から菅に替えて内村を投入、ジュリーニョの位置をトップ下に変更。すると、内村の縦への動きとスピード、ボールを収めて捌くジュリーニョの個人技、この二つが攻撃の形とリズムを一気に変えることに。59分には、サイドに相手の意識を向けておいて、ジュリーニョから都倉へ中央を抜けるパス、これを都倉が右に流れつつキープ、逆サイドへクロスを送ると裏を抜いて滑り込んで来た内村が綺麗に合わせて同点。あっさり追い付きました。

 そこからはほぼ札幌のペースで試合が進みます。ジュリーニョを起点に、空いているスペースに次々と選手が侵入し、ボールを呼ぶことで主導権を握った攻撃が続きました。攻める時間が長くなることで選手間の距離もどんどん良くなり、追加点が生まれるのは時間の問題…のような雰囲気もあったのですが。今季初勝利を諦めない山形の執念を上回るほどではなかったか、82分には進藤(脚はもう限界だったでしょう)と小野を交替(小野がトップ下、ジュリーニョは左サイドへ、福森が最終ラインへそれぞれスライド)、86分には今日殊勲のジュリーニョを上原に替えて、押し切りを図りましたが叶わず、引き分けました。

 前半だけ見ると、御の字のようにも思えますが、後半があっただけに欲も出て来ます。と言うか、本当に最初から“もっとやれる面子”で臨むわけには行かなかったのか。次節は首位C大阪が相手です。勝てば大きいですが、負けてもさほど文句は出ないでしょう。ホームで慎重にならざるを得ないのも解る一方、勝負になっているところを見せてファンを沸かせて欲しいとも思います。ここはひとつ、後者でどうでしょう?期待します。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

 末尾ながら熊本を中心とした九州の地震が一日も早く収まることと、地域と被災者の方々が一日も早く平穏な日常を取り戻すことをお祈りします。今節、多くの試合が中止になっていますが、皆がスポーツ観戦を楽しめる週末に早く戻って来てほしい。頑張れ、熊本、頑張れ、九州。

Sunday, Hokkaido Consadole Sapporo met Montedio Yamagata at ND Soft Stadium Yamagata and drew it by 1-1. Yamagata went ahead with Yuruki’s fine score in the 11th minute but failed in staying the lead.

The 40 minutes interruption because of the thunder and strong rain from the 37th minute could work for Sapporo to wash away the first plan and to fix it for the rest. After going past the rest of the first half, Yomoda gave up his high schooler rooky Suga and sent Uchimura instead. Julinho had played in top slid down to take over Suga and his moving from striker position to final pass sender incredibly worked; it turned over almost everything. Soon the chemistry came with the Ace Uchimura; in the 59th minute, another marvelous striker Tokura held and carried the ball from Julinho to their right side and when he crossed it to the other side, Uchimura had raided in the back of the defenders to equalize the game. It was clearly the best play of the match; it was super!

However, Sapporo also failed in grabbing this fair wind. Even though Julinho kept working excellently and Consadole players got better with time, next score was far for the away team.

Still, it seems to be found how they should start and play next week against current league leader Cerezo Osaka. There is no need to challenge. Just face it with the correct lineup and the best strategy they can make now. Go! Hokkaido Consadole Sapporo!

Lastly, I wish the earthquake in Kyushu, around Kumamoto prefecture settle down soon and every people in trouble will be secured. Many games have been prevented due to the disaster. I wait for everything get better soon and people get back the life they can enjoy the sports.

posted by masamaru |21:11 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2016年04月10日

Magical win lift up Sapporo again.

 菅の先発が注目されたドームでの岡山戦は、13分、福森のFKが直接ゴールに届き、札幌が先制。福森は前節2点目のミスを早々に取り戻した形に(懸命に爪先を伸ばしたジュリーニョ、もともとは自分が受けたファウルだけに自身の得点にしたかったところだろうが、あそこまで詰めているだけでも立派)。ところが、その後のコンサドーレはあまりに振るわず、この1点を必死にまもって何とか逃げ切りに成功。しかも相当危なかった。

 上原を先発させたのは、前節お粗末だったサイドからの押し上げ強化、縦に深く切り込んだ攻撃から折り返して中央の得点力を活かす…という意図のもとだったのではないかと想像するのですが、彼が期待された働きが出来ていたとは思えません。正直、今の攻撃では怖さを感じない。縦への運び屋として、今日の相手の田中奏一のような選手が欲しい。堀米が先発ではないことを考えると、やはり石井の不在が痛いのか。

 後半はもう岡山の、前からの激しいプレスと組織的な押し上げに、守備ラインを下げさせられる一方。一度手詰まりになると何も出来なくなる悪癖を露呈。今節の札幌は何処か中心が定まらず終始不安定な感じがしていましたが、ボランチの組み合わせも悪かったのかもしれません。いや、宮澤と深井それぞれはどちらも良いのですが、と言うよりその前に深井って、特にカットとかサイドチェンジとか、ちょっとした身体の使い方とか単発の凄いプレーで光りまくりなのに、それが全体の流れや得点に直接関係することが案外少ないような気してなりません。いずれにしても、フリーマンっぽくさせておいて面白い選手なので、やはり動き回って活きる宮澤との組み合わせでは、シナジーが生まれ難いような気もします。他で目立ったのは進藤。上下運動を厭わない積極性と運動量は買えます。ただこれも、彼の本来のポジションと後ろの枚数を考えると、怖さも残る。

 菅はと言うと、ポジションはトップ下。味方のコーナーキック、サインプレーからの早々のチャンスに、緊張していたのか、空振り。ゴール前でジュリーニョとのワンツーで見せ場を作ったかと思えば、プレスから相手ボールをカット、見方の攻撃を引き出し、自らもペナルティエリア内に侵入しながらボールを見失う。前半終了間際のシュートでは大きく枠を外す、しかし後半の右サイド突破からのシュートは直接ポストを叩くなど、80分に脚を攣って堀米と交替するまで、良いも悪いも取り揃え。2種登録の高校生ルーキーとしてならば「落ち着いていた」「頑張った」となるのでしょうが…。

 個人的には後半から菅→稲本で宮澤をトップ下に上げて稲本と深井のボランチでも、菅→堀米で、2列目を福森、深井、宮澤、堀米にしても、菅→内村でジュリーニョか都倉をサイドに張らせても面白かったと思うのですが、実際の最初の交替は57分、都倉から内村へ。まあ、悪くはなかったです。すぐチャンスを作り、一瞬とは言え、流れを取り戻しましたし。85分には単独で凄く長い距離を走破し突破しましたが、これをシュートで終えられなかった段階で―彼がどうこう言うよりは誰もサポートに付いて来られていなかった段階で―追加点の目はなくなったかも。その後も、相手ボールホルダーには誰かが必死に食いつく一方、周りは脚が止まってしまっているという場面が続きました。最後の交替は89分、福森からクローザーとしての稲本へ。稲本が何かをしたわけではありませんが、長いロスタイムを乗り切って勝てたのは幸運でした(個人的にはあそこまで引っ張らずとも、菅の交替の直後、ボールではなく相手選手に競って跳躍、膝から落ちて痛がると同時にイエローカードを貰ったジュリーニョを下げて稲本投入…で良かったと思うのですが)。

 それでも勝つのと負けるのとではもちろん、勝つのと引き分けとでも順位と今後の展開は大きく変わって来得ただけに、勝利は大きい。この幸運に乗って、次節も山形を撃破だ!頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!(やりづらい相手だけどね…。)

Saturday, Hokkaido Consadole Sapporo is back to Sapporo Dome to meet Fagiano Okayama and totally managed to win by the score of 1-0. Consadole took lead with the 13rd minute’s Fukumori’s scoring that his free kick directly reached into the goal net; Fukumori made up his fail in previous game deciding their defeat, and stayed the one goal lead to the end.

The fact is it was rather strange victory; except the moment they went ahead, the rest of the game was almost all for Okayama. About Consadole, at least we fans did not see any guideline or system for this game; Tokura had come back but that was all. High school player Suga this time played from the first and actually he did well as his experience but it was not enough to push up the team too. (The only one creative try of Sapporo in their first corner kick; it was really interesting idea but ended in Shindo missed kick…)

It was like there was no “center” of the team. Dois Volante; Miyazawa and Fukai were both well but also too much moved. The position expected to send final pass or cross from to the strikers from the center was Suga. Julinho, now only working Brazilian in the team, seemed to remain good condition and he surely has technique, even though, cannot make everything. Shindo, a young defender always shows his aggressiveness and sometimes creativity too, however, when it comes to his original position, it can be what we call double-edged sword. In the 57th minutes Uchimura came to the pitch for Tokura and very right after that Consadole could get their second wind with his quick moving and speed running; it was just a sing in the end though. If they started the game with him, the result could be deferent.

Anyway, this was true; they stood well long long hard defending time against Okayama’s limitless energetic attacks and finally succeeded in keeping a slender lead. Getting winning point 3 is always important; it could work fantastically when the season end too, of course, to make it closer to the real, how they make us of this lucky is more important. Practice and brush you up more, stay hanging on, go! Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |00:25 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2016年04月05日

Fall in Machida (before bloom)

 初の町田、思った以上に良かったです。駅前はごちゃごちゃっとした印象がありましたが(その分、飲兵衛には優しそうだったし)、特に野津田車庫のバス停から林道(あの広大な土地は個人の私有地?)を抜けて公園に出た瞬間に展開する、あの満開の桜越しのスタジアムという風景は素晴らしかった。帰りは鶯を始めとする春の鳥の囀りに送られて、最後まで雨残りの曇天さえ、色彩のコンビネーションとしてはなかなかのものだった…などと思いつつ、帰途についたのですが…。

 これで勝ててさえいればなあ。今季はスタジアム観戦2戦2敗。ちなみに忙しくて観られなかった試合は2戦2勝。観るなってことか?あ?

 気を取り直してレビュー。入りは決して悪くなかったと思います。躍動感溢れる分、ボールサイドにグワッと人が集まる町田のサッカーは解り易くもあり、突くべきスペースも多い。そこを利用するべく、大きなサイドチェンジを意図していたのは観ていて判ったし、実際、進藤と深井はかなり上手く実践していたと思う。また、前線ではジュリーニョが、ポストとして気を吐いていました。

 問題はその後のフィニッシュ。と言うよりフィニッシャー。具体的にはヘイスでしょう。この日の最大の謎は、都倉が出られなかったとして、なぜ代役は内村ではなくヘイスだったのかという点に尽きます。あれで練習では内村よりも良かったというのであれば、とんだ練習ファンタジスタです。もちろん、ヘイス一人の問題ではあり得ません。この日は宮澤も今ひとつでしたし、稲本も目立たなかった。全体的には縦への運搬をもっとしつこくやるべきでした。きっちり相手に脅威を与えたクロスは2本くらいで、放り込むタイミングの早さにフラストレーションが溜まることが多かった。

 それでも実際、後半の頭からヘイス→内村、稲本→上原の交代が為されると、途端に攻撃が形に成り出し、チャンスも格段に増えた。まあ、そこでさっさと追い付いて、更に流れと勢いに乗って引き離す…といけない辺りが主戦場J2のチームとも、この日のツキのなさとも言えるのでしょうけれど…。

 最初の失点は前半23分、ゴール付近のフリーキックを直接決められてのもの。その前のファウルが札幌守備陣の判断ミスだったと思うのですが、致命的なミスはそれくらい(いや、危ないシーンは幾度となくありましたが、ギリギリで守れていた。特に増川の身体を張った守備は何度も見ました。いつもモッサリしてるモッサリしてる言ってゴメンナサイ。日曜日はありがとうございました)。2点目は必要以上に攻撃に重心を置いていたところを、カウンターで反対に止めを刺された形ですから、まあ想定内。そうなるとやっぱりスターティングラインナップが悔やまれます。

 ちなみに。3枚目で高校生ルーキー、菅を投入したことについては、エンターテインメントにはなり得ても戦術にはなり得ないと思います。若さという未知の領域に賭けたというならその時点で策として終わっている。ベンチの残りで菅が一番良かったというのであれば、他の選手が終わっている(菅個人を取り上げて良くなかったとまでは言いませんが。それほど見えなかったし)。数値に出来ない力と言うなら、河合の闘魂を注入した方がまだ何か起こりそうだった気はしますし。

 いずれにしても、残念ながらこの日は我々の日ではなかった。ちょっと何かが違っていれば得点、後半はそんな場面がいっぱいありました。では誰の日だったのか。言うまでもない、高原でしょう。古巣に恩返しとは良く言いますが、倍返し3倍返しされてしまいましたね。素晴らしい守護神ぶりでした。敵ながらお見事。

 ただまあ、最初に書いたように内容は決して悪くはなかったと思うので、適切な面子で頭から戦えれば、次はこちらに花が咲く可能性は大いにあります。期待しましょう。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Sunday, cherry blossoms in Nozuda Park were very beautiful. Even though the rain still had remained and the sky was grey and cold, the pale pink flowers even made it color combination. The pass going up through the hill from the nearest bus stop to Machida Field and Track Stadium in the park stadium we also heard some spring birds singing; it was really nice.

The result of J2 league soccer game between FC Machida Zelvia and Hokkaido Consadole Sapporo was another beautiful flower for the home team fans; 2-0 winning must have been perfect. Zelvia expanded its winning streak to four with the victory. Conversely, Consadole players were totally far from full blooming.

However, not the all of them were bad; Shindo and Fukai at least worked especially for the side change plays very well from the first, and Julinho was also well as a post player. Still, they kept staying poor finishes (or Machida's goalkeeper Takahara kept staying on fire).

(About defenders, Masukawa was good. He helped the team many times with his physical strength as I never expected....)

The most difficult thing to understand was why Yomoda started the game with Reis instead of Uchimura to replace Tokura who had been off the team because of the flu. They allowed Machida to go ahead with the 23rd minute's free kick coming from defenders wrong decision but if they could press the opponent with another speeder; I mean Uchimura, it would happen in the opposite side .

Actually, once Uchimura appeared taking after Reis (and Uehara came for Inamoto) from the start of the second half, it seemed Consadole would get second wind and almost turn it over. Machida's play was energetic and organized but like to gather the ball little too much and Sapporo picked it out well. If they had been even little much longer or Takahara was not such excellent, the result might be deferent (Unfortunately, it was not Consadole's day totally but Takahara's day. Many fans wanted to wash out the fact he used to play for Sapporo and the club released him...).  The latest score was made in the situation that Consadole played putting the weight on its offence too much; there was no wonder.

(The last player change of Sapporo from Shindo to the high school rookie player Suga could be entertainment but never can be tactics...)

Overall, it was perfect defeat for them and us but never so bad. Only with correct lineup, next weekend they and we can get super blooming enough. I have high expectation. Go! Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru(現地観戦) |22:46 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2016年04月02日

We are going to Machida

 忙しくて2試合観ていませんが、清水戦に続いて京都戦も勝っていたんですね!今4位ですか。凄いな、コンサドーレ。そして、凄いな、都倉!

 まあ、今他所のブログ見てきたら、ウチがどうこうより京都が酷かったようですが…。いやいや、今ここでその京都に当たれたのも立派な運だ。そして、運も実力の内だ。いや、昇格したいと思っているなら、勝ち点なんて1点だって多いに越したことはないんだ、運とか実力とか言っている場合ですらないか。

 明日は花見も兼ねて野津田公園に行きます。誰が出そうなのかも判らないけれど。町田は放っとくと外から来る印象だから、先にこっちから行って出足を鈍らせた方が良いと思います。相手のスカウティングをスカさせるためも込みで、一案として都倉を外めに張らせるのも面白いかも。中央の最短距離を見極めるのが巧い前線の選手(内村でも中原でもヘイスでも)がいれば、スペースを与えて先制点を託してみても良いのでは。

 相手のゴールキーパーが高原なのは複雑ですが(注:元札幌だからだけではないです、プラス高原だから。全く気にならないどころか“吠え面かかせちゃれー!”くらいに思う選手もいるので…)、どうせなら勝ちが見たい。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

(明日は勝っても負けても飲んだくれて来るので、当日中のレポートupはありません。あしからず。)

I did not know that our Hokkaido Consadole Sapporo had won two games straight after drew with Ehime and had come up to 4th place! Well done! It was totally more than I expected. 

Ms. N and I go to Machida tomorrow, of course, to see the game Machida Zelvia. Two games blank have made me too fresh to tell their current situation but I think holding and controlling both sides (especially our left side) can work really well for Sapporo to make opponent slow dawn and to take initiative of the game. It is also interesting if they arrange Tokura (6 scores in 5 games!) to the right side to draw Machida defenders and attack the center space he made with Uchimura or Reis for that.

Anyway, we are looking forward to seeing them (as a winner, if we can). It will combine cherry blossom viewing for us; we would like to have fan with both flowers and game. Go! Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |17:26 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2016年03月06日

Tokura shines with Hat Trick

 前節、ほぼベストのメンバーであの負け方、そこから小野と稲本が故障で離脱、どうなることかと思う部分もありましたが、蓋を開けてみれば4-0の圧勝。ゲームの入りから宮澤、深井、河合、都倉と、いきなり気持ちの強さと攻撃への意識の高さを見せた札幌、7分にはジュリーニョのキープからクロスにマセードのダイビングヘッドが飛び出し、直後には前線での粘り強いパス回しから深井がシュートを放つなど予想外(?)の奮闘を見せます。ホームの岐阜に一度は持ち直しを許すも(主に石井の頑張りで)流れは渡さず、22分、右サイドのマセードのキープ→ジュリーニョ→上里と中に持ち込み、宮澤に合わせる縦のパス、宮澤の持ち替えてのシュートをキーパーが弾いたところに詰めていた都倉が押し込んで先制。宮澤のシュートがそのまま入っていても不思議はなかった、完璧な流れからのゴールでした。

 35分には左サイドを外に抜けたジュリーニョの巧いキープから中へのクロス、石井のシュートが相手のハンドを誘い、これで得たPKを都倉がゴール右過ぎにきっちり決めて2点目、39分、高地のさすがのキープからのクロスにエヴァートンがヘディングに行った場面は危なかったですが、ソンユンがファインセーブを見せるとカウンターから都倉の長いドリブル→ジュリーニョのサイドチェンジ→進藤の漫画のようなプレーから、再び都倉のスーパーな半回転ボレーで3点目、何と都倉はハットトリック達成。勢いは止まらず、終了間際にはペナルティエリア内まで攻め込んだジュリーニョから都倉への横パスがオウンゴールを引き出し、前半だけで4点のリードを得る楽な展開に。都倉は文句なしのM.O.M。

 相手もあることなので一概には言えませんが、ボランチが上里と深井になったことで、宮澤のポジションがひとつ上がり、攻撃に厚みが出た可能性は考えられます。更に、頭からの起用で上里の展開力を活かす時間が増えた、加えて全体を見る上里と広く動き回る深井という組み合わせが上手く機能したということもあるでしょう。前節不甲斐なくて叩かれたブラジル人コンビの奮起もあったかもしれません(笑)。ただ、最初の得点シーンから、ジュリーニョとマセードは同じサイドでプレーさせた方が良いような気はしました。ディフェンスラインに福森が入ったことも、実際、守備から攻撃への切り換えが機能した点で良かった。

 しかし、興奮させてくれたのはここまで。後半も相手を抑え込んではいましたが、明らかにスローダウン。中盤を飛び越えた、弾き返すだけの守備と単調な組み立ての攻撃では美しく心躍るサッカーは成し得ないことを証明し、図らずも、前節の敗因が選手の顔触れだけにあったわけではないことを明らかにしました。大量リードの余裕からか、61分には深井に替えてヘイスを投入、宮澤をボランチに下げ、しかし間もなくジュリーニョと前寛之を替えて今度は3ボランチにするなど、手の込んだ(?)采配にもチームとして柔軟に対応したのは評価出来ますが、前半あれだけ圧倒したのだから、バランスとしても後半もう1点あっても良かった(最後に都倉と替わった内村が交替直後にゴール前でチャンスがあったので、あそこで取れていれば文句なしでした)。

 ひとつ勝って余裕ぶるわけではないですが、2試合連続で4点差負けとなった岐阜は苦しくなりましたね。今日見た限りでは、高地の戦況を見る目と落ち着き、レオミネイロの個人技以外にさしたる脅威も感じなかった。レオナルド ロシャも含め、能力の高いブラジル人に任せる割り切り方もありかとは思いますが、自分のところがそれをやられたら、きっとつまらないでしょうし…。ラモス監督3年目、腕の見せ所かもしれません。

 いずれにしても、これで最悪の形で迎えるホーム開幕戦は回避した札幌。次節の日曜日は…何と午前中までは札幌にいるのですが、試合を観ることなく戻って来なければなりません。帰って来てからPCをチェックして、並行輸入したクラシックで乾杯できることを願います。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

This is what we wanted to see last week! Sunday, Consadole Sapporo met FC Gifu on the away pitch of Gifu Memorial Center Nagaragawa Stadium and won that by perfect 4-0. It would be the best result for them before their season first game they will meet Ehime FC at the Sapporo Dome.

Ono and Inamoto had dropped out of the team and it made fans warried but Uesato and Fukai taking them over worked enough or better than expected. Pushing Miyazawa up to the front line was correct to make use of Tokura and Julinho. The first goal was made by Tokura; it started from Macedo’s keep in his right side and the ball got across Uesato and Miyazawa’s shot, and it was once blocked by William Popp but finally Tokura kicked it back the reflection in the 22nd minute.

This day’s Tokura was super. Including this going ahead goal, he actually scored 3 goal; the 35th minute’s penalty kick goal drawing by Ishii’s fine shot (Ishii is one of the players worked the most this day) and the 49th minute’s turning volley shot to Shindo’s funny centering (he showed soul by using his sole?) were all excellent. Two Brazilians also got better than previous game. Difence line got steady and aggressive with Fukumori replaced Masukawa. Adding Gifu’s own goal to Julinho’s cross to Tokura in the 43rd minute, Sapporo ended the first half with 4 goal lead.

For the rest 45 minutes, they clearly got slow down; still overwhelmed and controlled the game. In the 61st minute, even the third Brazilian Reis appeared. When the Ace Uchimura came to the pitch, I expected the fifth goal; it ended in only expectation though.

Anyway, they got chance for the season first home game to in a raw; is there any reason to miss it? Warm up the Dome and pull the spring up for the north land, go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |21:50 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

2016年02月28日

Fail in good start

 今シーズンは黒星スタート。結果もですが、内容も良くなかったのが残念。

 ラインナップ自体は、まあ考えられる中ではベストに近かったように思います。ただ、やっていたサッカーが、それとは合っていなかった。

 中心線に球捌きの巧い選手を並べていて、FWが二人とも裏へ抜けるタイプではない段階で、自然、中盤の高い位置でポゼッションして、そのままゴールへ向かうラストパスに前の選手を並走させて最短距離で決めるか、何処かで外に振り、ウィングバックからのクロスにフィニッシャーが合わせるかが目指すべき得点の形であったはず。しかし、実際は中盤で競り負け、マイボールも効果的に前に運べていなかった。サイドも、石井謙伍の左サイドでは何回か深い位置まで持ち上がれたものの、右のマセードはほとんど見せ場を作れず。相手にそれを見抜かれてからは、左からも攻撃を組み立てられなくなりました。

 それでもと言うべきか、だからこそと言うべきか、少ない好機には人数をかけて圧倒したい気持ちは感じられたのですが、そこで攻め切れなかった時の守備への切り換えと言うか、前に上がったDFの戻りが嘘のように遅い。結果、FWも含めた全員で必死に下がって球を弾き返さねばならず、必要以上に消耗したはず。たまに相手ゴール前でボールを持っても時間を使い過ぎて押し戻されてしまっていたのも、それと無関係ではないような気がします。反対に、カウンターを怖がらなくていいヴェルディの選手は精神的に楽だったのではないでしょうか。前半に限って言えば、良さが目立ったのは石井とソンユン、都倉の3人だけ。ただし都倉が良かったのは献身的な守備であって、本来の仕事はさせてもらえていなかった。

 そして選手以上に問題があったのは監督の采配。てっきり後半頭から選手を変えて来ると思いましたが…。少なくともマセードは下げて上原を入れるか、謙伍を右サイドに持って行って空いた左に堀米を入れるかはするだろうと、欲を言えばジュリーニョを下げて、そのまま内村を入れるか、小野をトップに上げてでもMFを増やして中盤を厚くするくらいのことはして欲しかったですが、何もなかった(現実的ではありませんが、個人的にはDFも増川を櫛引に変えて欲しかった。動きがもっそりし過ぎてる)。

 結果、(開始直後こそ攻め込んだもののすぐに)前半とさして変わらないか、それ以下の内容で時間を浪費してしまうことに。後半も半分近くになっての最初の交代で内村を入れたのはともかく、抜いたのが、内村を裏に走らせるべくパスを送るはずの小野だったのは理解不能(小野が疲れてしまっていたというならともかく)。一方、相手は送り込まれたフレッシュな点取り屋アラン ピニェイロがしっかり仕事をし、75分で1点ビハインドと、かなり厳しい状況に。続く稲本→上里の交替も、サイドチェンジとミドルシュートという選択肢を増やすためなら遅過ぎるし、そもそもあの時間帯、ワイドに展開するサッカーなんてやれてはいなかった。最後にようやく上原を使いましたが、下げたのは河合。確かに今日の河合はそれほど良くはなかったですが、増川と進藤いずれよりも劣るということはなかった。むしろ、手詰まりな状態からの説明不可能なひと押しとか、同点に出来た後にしっかりゲームを終えるための精神的支柱になってくれそうな選手を外す意味は不明。上原は、ポジショニングからしてパワープレー要員だったわけでもなさそうですが、結局、内村ともども守備に追われて終わり。

 それでも最後の方で、もしやと思わせる場面もあるにはありましたが、あれでゴールにならない辺りも、今日は札幌の日ではなかったのでしょう。トータルのチーム力でそれほど劣っていたとも思えないだけに選手も悔しいと思いますが、今日はヴェルディの方が、局面の見極めやプレーの選択における集中も割り切りも上だったような気がしました。

 やれることは気持ちの切り替えと、反省を活かしたトレーニングでしょう。監督は新戦力にこだわらず、チーム戦術を発揮できる選手を起用すべき。ここはひとつ、ホーム開幕前にもう1試合アウェイがあることを幸いと思い、次勝って、ホーム初戦勝利で連勝を狙って行きましょう。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

February 28, Sunday, finally this year’s J2 league started. For one of its first games, Hokkaido Consadole Sapporo met Tokyo Verdy on the away pitch of Ajinomoto Stadium and failed in starting new season with victory; Verdy took lead in the 75th minute with Alan Pinheiro’s goal and styed that. Consadole also showed the desperate efforts to win in the latest attack but it never leached to the opponent at all points.

It was far from what at least fans had expected. Midfielders including world famous ex-national team players Ono and Inamoto and new captain Miyazawa could not hold nor control the game; actually mostly, they got pushed in. Forwards helped them instead of drawing good feed or crosses, they even defend in the front of their goal because the defenders were slow and fragile. Newcomer Brazilians were quiet. Especially, Macedo had not worked at all as a wing back in the right side. (Conversely, in the other side, Ishii had worked really well and created some chances with his running and dribble but he got picked on by Verdy players soon. Ishii and goalkeeper Gu Sung Yun alone were good this day. Tokura also worked well but for defence not his position, striker.) In few opportunities, he wasted the time more than necessary because of indecisiveness or passivity or short of gas to miss them.

Still, they hanged on by 0-0 in the first 90 minutes. However, manager Yomoda stuck his Brazilians 20 minutes more. Finally he send Ace Uchimura but gave up Ono who could send the last pass to Uchimura. The other decisions after Alan Pinheiro’s goal that he replaced Inamoto with Uesato and changed Kawai to Uehara were also irrelevant or too late. Poor conduct could be another reason of the defeat.

Consadole will play another away game to FC Gifu next Sunday and come back to Sapporo for their season opening home meeting Ehime FC. There is enough chance that they win the both, 2 games straight. To make it true, study from this game and training to resolve the problem. Re-start from now, go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru(現地観戦) |22:44 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

2016年02月14日

Again win a training much!

 Jリーグ・スカパー!ニューイヤーマッチ 北九州戦は、稲本のスーパーゴールと、新戦力ジュリーニョのカウンターからのダメ押しで2-0の勝利。トレーニングゲームでの成績が好調です。荒野と内村の故障による出遅れは残念ですが、結構良い感じに仕上がっていると言えそうです。あと2週間、怪我人を出さないよう、しっかり調整して、開幕を迎えて欲しい。

 ディフェンスラインが進藤、増川、福森、ボランチが前寛之と稲本だった前半よりは、後ろを進藤、河合、増川に変え、中央に宮澤を入れた後半の方が断然良かった。やはり中央のラインは大事(前線は都倉が仕上がりの良さを見せつけているので安心でしょう)。後半のラインナップが開幕のメンバーに近いと見てよいのでは。ただ、ジュリーニョ、マセード、小野も含め、このままでは技術で魅せても結局得点に至らず勝ち切れない試合を重ねそうな空気も残ります。また、試合単位でもシーズン単位でも持久力がなさそうな印象も受けました。サイドを使った攻撃は、昨季終盤、少し勢いを取り戻した頃の戦術がベースにあることを感じさせましたが、迫力とスピード両方で劣ったような。今日はジュリーニョとマセードは、調子にかかわらず可能な限り長い時間プレーさせるつもりだったと思いますが、実績のある選手や外国人選手ありきの布陣に拘ると、思わぬ落とし穴になりそうな気もします。

 今日のM.O.Mは稲本でしょう。守備的ボランチとしての危機を潰す動き、守備を攻撃へ繋ぐ働き、いずれも素晴らしかったと思います。加えてゲームが膠着した時間帯の誰も予想出来なかったシュートと得点ですから、これはもう文句なし。他で良かったのは与えられた仕事を最後まできっちりこなした進藤と、マセードと競合しない左サイドでも可能性を見せた石井。石井は前線から守備への戻りも早いし、クロスも上手い(前半出ていた堀米と比べるとその差は明白)。

 解らないのは中原。あの時間帯で運動量が落ちた(落ちてあれなのは凄いですが)都倉ではなく小野と替えた采配にも疑問符が付きますが、それで大人しくトップ下に収まっているようでは、先はないような気もします。内村が故障している今だからこそ、裏に抜けるスピードをアピールして良かったように思いますし、最後にジュリーニョが見せた独走からの豪快なシュートも、本来なら彼がトライして良かったプレーなのでは。もちろん、フォア・ザ・チームの意識は大事なことですし、先に書いた石井のように複数ポジションへの適応力をアピールすることも、何がどうなるか判らないシーズンに向けて意味のあることです。それでも、リーグ戦では出来ないこと(なかなか許されないこと)をやれる(やっても許され得る)チャンスだったので、もったいなかったような。

 まあ、リードしているゲームを、リスクを減らしてきっちり終えるのも重要なことですね。追い付かれて引き分けになって失う勝ち点を、今季は減らさなければいけないわけですし。同時に悪い時でもしぶとく勝ち点を取る強さも求められる。まずは開幕戦、きっちり勝ち点を取って良いスタートを切りましょう。出来れば勝利。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

February 14, Sunday, Hokkaido Consadole Sapporo played the training game to Giravanz Kitakyushu as one of J league SKY PerfecTV New Year Match and won that by a score of 2-0 with Inamoto’s super long shot came from almost the center line (!) and its newcomer Brazilian midfielder Jurinho’s latest middle shot from counter attack.

It seems that Consadole has been in good condition and communication as a team based on last season’s play style and tactics at least with those pre-season matches, we have also heard some key players such as Uchimura and Arano got injure though.

Two Brazilian Jurinho and Macedo played long this day but they could fit more. Sapporo’s side attacks were not so energetic nor quick than expected; maybe they should remain last season’s main players for a while. Man of the Match was Inamoto. He played whole 90 minutes and was almost perfect as a defensive midfielder; cutting, intercepting, feed to the front line, and the amazing goal, everything was super. Young defender Shindo worked well too. Ishii showed up his strength in long running and elasticity for some different positions, with his play for the team even though he came as a substitute for the second half. Tokura, Kawai, and Miyazawa seemed fine and stable too. As wing back player, Ishii was better than Horigome. As center defender, Kawai was better than Masukawa. As one of dois vorante, Miyazawa was much better than Mae Hiroyuki. Nakahara who took over Ono’s place could do more; he should try to show his advantage such as speed and shot as a forward. It was a training game he is young!

Anyway, still two weeks rest for the season open game; we all fans wish they would have it without anyone separated from the team. Even draw will be fine. Please start it safe and well. For the big season, go, Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |18:02 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2016年01月30日

End New Year Cup with Bottom

 Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ 沖縄ラウンドを1勝2敗の最下位で終えた札幌。キャンプ中の、それも開幕までまだひと月近くある時期で、更にはカテゴリーの違うチームとの組み合わせもあった中での順位に(賞金が入らなかったのは残念でも)それほど意味があるとも思えませんが、FC東京戦はともかく、負ける必要はなかったように思うヴェルディ戦に感じる悔しさはありましたし、今日の琉球戦でやっと勝ててホッとしたのも確か。 

 それにしても、放っておいてもどうせ組まれる練習試合をタイトルと優勝賞金付きのミニカップ戦に仕立てて商品とすると同時に、リーグにもクラブにもチームにもファンにも(あるいはキャンプ地にも)利をもたらすスカパー!の手腕には恐れ入りました。いや、実際楽しかったです。Good job, SKY PerfecTV!感謝。

 それぞれの試合への感想は省略します。先にも欠いた通り今この段階で誰をどうこう言うのも何なのですが、3戦で印象に残った選手は下のとおり。他の選手は判断不能か、可もなく不可もなく。

 思ったより良かった選手:進藤、阿波加、マセード、イルファン
 期待どおり良かった選手:荒野、宮澤、都倉、稲本、堀米(堀米はクロスが相変わらず今ひとつだけど。)
 期待したほど振るわなかった選手:中原、内山(特に中原、点こそ取ったものの、あれだけ長い時間出ていて…。)

 それも踏まえて、今見たい、開幕戦スターティングラインナップはこれ。

    都倉  小野
   (内村)

          荒野

堀米  宮澤  稲本  マセード
       (上里)    (上原)

    福森  河合  櫛引
      (増川)(前貴之)

          ク ソンユン
           (金山)

 開幕までに負傷したりコンディションが上がらなかったりで出られない選手もいるとは思いますが。見たこともない選手のことは書けないし…。

 前の3人は流動的に入れ替わって欲しいので、正直、荒野と小野の位置は重要ではない。それでも敢えて荒野をトップ下に置いたのは、今季彼を中心に据えたチーム作りをしないなら、保有している意味さえないと思うから(実質的にチームの中央で働くのが宮澤だとしても)。2トップの一枚を内村ではなく都倉にしたのも、別に内村が間に合いそうにないからではなく、都倉の方がより荒野との相性が良いと感じるため(妄想であっても苦渋の決断だ)。それほど荒野にチームを託したいし、そういうポジションと役どころを、シーズンを通して経験かつ実感して欲しい。もちろん、オリンピックに向けてアッピールの機会を増やすという意味合いも含めて。

 本当はCBにも同じ世代の櫛引を置きたかったのですが、さすがにここは可能な限り河合でお願いします(笑)。昨季とほとんど変わらない面子を強みとする今季のコンサドーレで、増川がフィットするにはさすがにまだ時間がかかると思われますし(今日のFC東京戦でのヘディングシュートは迫力ありましたけど)。

 中盤は、宮澤は動ける限り固定として、ボランチの相方とサイドは競争が激しそう。特に右サイドはマセード、上原、石井、イルファンと豪華。堀米のようにサイドでも中でも一定以上の仕事が出来る選手じゃないと試合に出ることすら難しそうで、反対に掴んだと思えた定位置もちょっとしたことで失いかねない。良い競争による底上げ効果に期待します。

 ゴールキーパーは、オリンピック代表というレベルの高いところで戦っている分、ソンユンが一歩リードしているのではないかと。純粋にリーチが長いという点もあります。今回のカップ戦でも、ソンユンなら届いていたのではないかという失点があった。彼以上に良いと感じさせる活躍を見せた選手もいなかったし。

 今季の開幕戦はヴェルディ戦!開幕戦をスタジアム観戦するのは2008年の鹿島戦以来で、非常に楽しみ。プレシーズンマッチの同カードと結果が逆になるのは割とあること。見事リベンジを決めて欲しいと思います。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!ちなみに。ホーム開幕戦の日も法事で札幌にいるのですが、こちらは都合により観ずに帰ります。残念!

Hokkaido Consadole Sapporo now in training camp before the season played J league SKY PerfecTV New Year Cup with FC Tokyo, Tokyo Verdy, and FC Ryukyu to end it in the bottom place with 1 victory and 2 defeats. Actually, there is no need to mind the result from the category mixed games (FC Tokyo belongs J1 and FC Ryukyu is J3 team) especially when it was in the early pre-season (Of course, they were shooting for three million yen winning prize though) but it was really interesting and enjoyable. 

(Anyway I liked the project matching training games as a cup games with a small title; it can benefit the clubs and teams, the league, fans, and also the people in Okinawa, near by the camp place. Good job, SKY PerfecTV! Thanks.)

And after the three games, now I want to see this starting lineup for the season opening game they will meet Tokyo Verdy on February 28 (in parenthesis is second choice).

           Tokura        Ono
         (Uchimura)

                   Arano

Horigome    Miyazawa    Inamoto    Macedo
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx(Uehara)

       Fukumori    Kawai    Kushibiki
      (Masukawa)  (Mae Takayuki)

                Gu Sung Yun
                (Kanayama)

Above all, I want Arano and Kushibiki to lead the team with their young talent (even though Miyazawa literally take the center of the team this season too). About Arano, it has been really expected also to appeal for the position of U-23 national team just decided to enter the Olympic Game in Rio de Janeiro (Kushibiki still has a chance too). There are other some interesting and good players in Sapporo; good rivalry will make them better and stronger.

I will go to the opening game against Tokyo Verdy with high expectation. Go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |20:47 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2015年12月30日

Look back fore the next

 総括は次回に。と書いたきり、何かと忙しいのとプライベートでまでPCに向かう気ゼロの状況に任せて手を付けずにいるうちに、早、本当の意味での年末です。その間にJ2では大宮と磐田と福岡がJ1へ昇格し、落ちて来たのは山形と松本山雅に何と清水、J3へは栃木に加え大分が降格、入れ替わりに山口と町田が上がって来ました(大分と町田の入れ替え戦は2戦とも一生懸命町田を応援していましたが、実に良かった。高原も頑張った。日程次第では観戦に行ける試合が増えました。ありがとう)。札幌においてもクラブとチームの名称変更が発表されたり(個人的にはHFCという略称が消えるのは少々寂しい)、契約満了選手が決まる一方、四方田監督始め多くの主力が契約に合意し、ブルーノ クアドロスがコーチで戻って来るなど(!また選手より人気出そうなスタッフが…)新体制が概ね決まったり、砂川が引退したり(お疲れ様でした。長い間、本当にありがとう)、色々あって、ほどなくキャンプ情報も入って来ようという時期です。恐るべし、時の速さよ(新加入選手の発表は一切ないんですよね、戦略なのか、勿体付けているのか…)。

 もう総括をしようにもシーズンが終了した瞬間に何を考えていたか定かではないので、かなりフワフワしたものになってしまうのですが、印象込みで全体的に言うと、やはり監督交代があったのは大きかった。そもそも成績がパッとしないから監督が変わるわけで、監督を変えた後に効果が出なかったことをどうこう言うのは正直難しいような気もするのだけれど(残留には成功?しているわけだし)、やはりやろうとしたこと(シーズン当初にチームとして指向したサッカー)を通年やってみた結果が見てみたかったというのはあります。バルバリッチ監督は、それほど面白くはなくとも手堅いサッカーと選手のハードワークに報いる指揮をする印象はあったし(注:戦術や采配そのものに昇格を期待していたと言うのは、愛媛での実績を考慮しても少々無理がある)、一度チームをソリッドにする意味でも、やり切っていただいて良かった気がします。案外、持ち直したかもしれない。監督交代により、勝てない期間があった、交替しなかった場合のあの時期の有無をどう見るかにもよりますが、何より、昇格一本やりの能がない目標設定に対して「シーズン中に何かしら手は打ちましたよ」というクラブのアリバイ作りありきの人事だったのが、何より惜しまれると言うより納得出来ない点ではある。

 もっとも、そこからチームを崩壊させることなく、前任者の残したものを上手く使いつつオリジナリティも表現し、プレーオフ進出の可能性にもしぶとく喰らい付き続けた四方田監督は素晴らしかった。さすがに就任直後は苦しんでいた印象ですが、その後は実際の成績や数字以上に“盛り返した”ようにさえ感じるのは、ひとえにチームが活性したことと、プレーがアグレッシブになったことの証明ではないかと思います。率いていたユースチームとの関係や背景に加え、あのような振られ方をしてなお(注:普通に考えてまともな会社がそこまでふざけたことはしないだろうというところで内示があったのだとしても、あのような演出に噛まされて)打診を承諾してもらえたのは、そうした状況を考えると良かったと言えるのでは。来季は始めから自身のプランと得意とする戦い方で臨めるわけで、こちらもやっと本当の四方田札幌が見られるというもの。期待します。

 選手だと、殊勲は文句なしに宮澤。シーズンを通して、その技術と能力と運動量を遺憾なく発揮した。チームが落ち着かない時期も、波を見せずに働き続けた点も高評価。実はその評価対象は、前半は堀米だったのですが、彼は途中失速したことと、大事な場面で雑なクロスが目立ったことにより減点(終盤の活躍でまた少し取り返しましたが…)。反対に後半同じ評価点で目立ったのが石井でしたが(こちらはクロスの精度も良かったですし)、やはり活躍した時間という点で、Man Of the Seasonは宮澤に。次点は、13ゴールの都倉。また、「来てくれてありがとう賞」(?)を、特に福森のために用意したいと思います。本当にありがとう。もちろん、期限付き移籍延長は歓迎。稲本もさすがというプレーは(個人的には小野以上に)見せてもらいましたが、それも出場時間がもっと安定してこそだと思います。

 他に自分の中で高ポイントだったのは河合と荒野とク ソンユン。河合は何だかんだ言ってチームの柱であり続けていますし、荒野はプレーの一つ一つで、ファンにリアリティのある夢を感じさせる。孤軍奮闘になりがちな都倉を助け、機能させる役割を果たした点も加算。オリンピックも是非出場していただきたい(櫛引にも行ってもらいたいさ。ただ、ここでの評価は贔屓目抜きでは出来ないので自粛)。と言うより、来期、荒野中心のチームにならないようなら、彼を保有する意味すらないのでは。ソンユンについては説明不要でしょう。能力の高さに加え、文字通り何度もチームを救ってくれました。こちらもオリンピック代表入り濃厚なので、リオでの荒野との対決が見られれば嬉しいです。若手では、天皇杯と言え、J1チーム相手に120分を無失点で守り抜いた永坂と進藤に今後を期待。

 チームを去ることとなった選手では、古田について、多くのファンの皆様と同様、意外であると同時に仕方がないような気もします。何処でも出来る器用さが重宝されるチーム(クラブ)に適応する姿勢を見せる一方、“それでも残せる持ち味”を薄れさせてしまったかもしれません(宮澤のように器用さそのものが他を寄せ付けない域に達してしまった選手もいますが…)。金沢でチームごと浮上して来てもらって、再びまみえることを望むのみ。保持しておいても良かったのではと感じるのはニウド。まさにどのポジションもそれなりにこなせそうな点に加えて、意外と真面目で、しっかりプレスに行けていたところが特に。FW起用でもナザリトより断然良かったと思います。クラブとしてのビジネス込みで残されたのは間違いないイルファンと比較することは出来ませんが、どうでしょう、その分、別な選手を連れて来るというのであれば、博打としては勝ち目が薄いようにも感じます。

 こんなところでしょうか。キャンプでしっかり体力を付けて、開幕後は、今季終盤でも見せたピッチ全域でのプレッシャーと、サイドと中央が連動した押し上げから力強い得点という形、そこに散りばめられるお洒落な個人技で、勝ちを積み上げてくれれば。テレビの前でもスタジアムでも、一回でも多く歓声を上げられるよう、聞けるよう、願っています。頑張れ、頼むぞ、北海道コンサドーレ札幌!

The year of 2015, Consadole Sapporo finally ended the season in 10th place of J2 league with 14 wins, 15 draws and 13 losses. It was really close to the Play Off but at the same time also far from the original target club had mentioned; promotion to J1. And now, they already are moving and getting ready for the next season; first of all, the name of the club and the team will be changed to Consadole Co.,ltd and Hokkaido Consadole Sapporo for each (to be honest, I miss Hokkaido Football Club though). It was announced that the team would be leaded by Yomoda new season too and some players were not counted on there. Bruno Quadros coming back to the team as a defence coach and a symbolistic Consadole player Sunakawa’s retirement were kind of big news item.

When we look around the league, Omiya Ardija, Jubiro Iwata and Avispa Fukuoka stepped up to J1 and Montedio Yamagata, Matsumotoyamaga F.C. and Shimizu S-pulse were dropped in instead, and also Tochigi SC and Oita Torinita went down to J3 for Renofa Yamaguchi and FC Machida Zelvia eventually climbed up. How new Consadole should compete those J2 members?

Last season, Sapporo managed to overcome the system transformation from Barbaric to Yomoda. It is difficult to say which was better but the team succeeded in remaining the league and it seemed to even getting better (actually it had been activated at least). Stay there for new season. To keep pressing the rival everywhere in the pitch and use both sides quickly and broadly, and push it up to the end for the goal as a team with some beautiful techniques (How it sounds like simple and easy, I always feel when I type this…). Practically they often showed that kind of play in the season; it never can be just an ideal.

For that, most important and essential player must be Miyazawa; he does deserve the Man of the Season, the most impressive and various player of the Sapporo in the season. Above all, he worked and ran the hardest all the time. The quality of the play and strength were stable and reliable. It cared the pitch very widely not only the center for him and he made it long. Horigome worked as same but it was only for the first half and so Ishii did only for the last half; Miyazawa alone stayed that through the season. Tokura also should be mentioned with his 13 season goals and goal keeper Gu Sung Yun who literally saved the team many times was excellent. Captain Kawai kept holding and lifting the team up enough with his experience and Fukumori helped them as he had been expected (agreement between Consadole and Kawasaki Frontale to extend his stay in Sapporo is really more than welcome). However, more important player for the team is Arano who has been called to U-23 national team for Rio de Janeiro Olympic game. His body strength and skill were real; if the team did not be managed based on his play, even there would be no meaning to hold him. I hope to see him in the center of the team next year.

Finally, we still have more pleasure to hear the news about newcomers to spice up the team. I am looking forward to seeing them with the information from their training camp. Go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |23:00 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |