スポンサーリンク

2023年10月01日

アジア大会サッカー日本代表北朝鮮戦の馬場ちゃんの働き

 今日のアジア大会サッカー日本代表は2対1で北朝鮮を破った。

 前半は相手のフィジカルと徹底した前からのプレスと引いて守る守備の使い分けに苦しんだ。馬場ちゃんの相手のフィジカルにやられたり、相手の引いて守る作戦に前線に出しどころがなくパスを連発、危ないシーンが多かったが、前半失点しなかったのが大きかった。

 後半は相手が前半に飛ばし過ぎたのが影響したのか徐々に疲れが見え、馬場ちゃんのコンサ仕込みの左へのサイドチェンジからのプレーでサイドからクロスに内野が得点。

 そこから相手も前に出てくることが多くなり、スぺースができてそこを攻め込んだ。しかし、相手の左サイドからの抉った攻撃で日本選手の何人もボールウオッチャーになり、バイタルを空けてしまい、そこから決められた。1-1

 しかし、日本はロングボールから飛び出した西川がGKに倒されPKゲット、そのPKを松村が決めて再びリードそのまま逃げ切った。

 この試合は北朝鮮選手のラフプレーがやはり目だった。かなりのイエローをもらいもしかしたら退場者がでるのではないかと思ったほど。

 この連中は試合後でも審判に食ってかかる様子も見せ慌ててスタッフが守るような状態に。またその前には日本のスタッフが水をよこさないとして叩くふりをして水を強引にとるなどやりたい放題。こういう連中は再び国際大会に出さない方がよい。

 馬場ちゃんは前半こそ前線に動きがなくパスコースがなかったこともあり、パスミスが多かったが、後半は1点目の起点になるサイドチェンジや守備でも安定した働きを見せた。
 


   勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター

posted by 孔明 |22:21 | U-21日本代表 | コメント(1) | トラックバック(0)

2023年09月25日

アジア大会今日のパレスチナ戦での馬場ちゃんの働き。

 今日のアジア大会男子サッカーはパレスチナとの戦い。1対0で勝利。
馬場ちゃんは先発で4バックの右CB。また、第1戦に続いてキャプテン

 試合はいきなり動いた。相手の選手がペナのすぐ外で突破しようとする選手倒してしまいドグソで1発退場

 そのFKを見事に決めて日本が先制。

 しかし、日本も2枚目のイエローで退場となって開始10分足らずで互いに1人少ない状態。そして相手は1点負けているのにドン引きサッカー。日本も相手のカウンターを恐れてか、1点取っているからか後ろでパスを回すことに。

 馬場ちゃんもこれに加わるだけのプレー。1度相手のカウンターを防ぐためにプロフェッショナルファウルくらいか。前半はまったく退屈なサッカーだった。

 後半は多少動くも基本的には相手は引いて守ってカウンターのみ。日本は悪い時のコンサのようなバックパス、横パスばかりで横に受けてから攻撃し、真ん中の攻撃がほとんどないので、なかなか決定機がない。

 馬場ちゃんは後ろでカウンターを防ぐか、パス回しのみ。コンサの役割とはまったく違っていた。

 それでも1本縦パスを入れて攻撃のスイッチを入れるも決定機を作れず。
 そのまま1対0で勝利した。

 弱い相手だけにもっと追加点がほしい試合だったろう。

 馬場ちゃんだけの目線で言えば難なく試合をこなしたということだろうか。 
 疲労もさほどなかっただろうし、何もなければ次も先発ではないだろうか。
 とにかくこのチームでアジアで優勝して凱旋帰還してほしい。


  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター

posted by 孔明 |22:33 | U-21日本代表 | コメント(0) | トラックバック(0)