スポンサーリンク

2019年12月19日

昨日の武蔵は得点ならず。

 昨日の代表戦は韓国に0-1で敗れたが、武蔵も決定的なシュートは1本と得点はできなかった。
 序盤から韓国の攻勢に押されて、なかなか前線にボールがいかない中、CBからのロングボールに武蔵が反応してボールを収めやや強引にシュート。これが惜しくもゴール右に外れた。これが日本代表で一番惜しいシュートだったように思う。

 後半途中から代えられたが不満の残る試合だった。

 日本は後半は相手の疲れもあってボールを所有。

 後半は何度もチャンスを作ったが決定的な場面はなかった。

 そして采配も悪かった。

 左サイドに突破できる相馬をおいて、再三突破させたが、武蔵を代えて仲川を入れて高さを落とすという愚策。そうしてスペースのないなか仲川を投入したのか意味がまったく不明だった。かえって自分で自分の首をしめてしまった感じだった。

 武蔵は頑張って動いていて後半はスペースに走り出してボールを引き出したが、タイミングが悪かったり、ボールをよい位置で受けられなかったり。

 あと1歩のところまできていたがゴールは奪えず。

  守備も真ん中がすかすかで簡単に相手の自陣からこちらの自陣まで突破を許すなどよくなかった。

 攻撃はボランチの攻撃に加わる意識が低く、前線の枚数が少なくてらこぼれ球に反応できていなかった。

 日本は韓国に3連覇を許してしまった。

 とにかく非常にできの悪い試合だった。

 武蔵、菅、田中駿汰にとってこれで年内の試合も終わり。
 来月のキャンプに向けてゆっくり休んでほしい。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:54 | 日本代表 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年12月15日

昨日の代表戦菅と田中駿汰は

 昨日の代表戦は菅の先制ゴール。そして田中駿汰の守備での活躍などがあって5-0で快勝

 菅は前半、ゴールする前までは目立った活躍もなくバックパスが多かったが、右サイドのクロスから相手DFにあたりこぼれたところにダイレクトボレーで見事にゴール。

 これで之で日本代表は勢いに乗った。
 
 そのあと菅は4点目のアシストも

 この日の菅は上下動が激しく、自分で抜けられないと見るやワンツーで向けだす動きを見せたり、ピンチでは最終ラインに素早く戻ったり、よい調子の菅が戻ってきたようだ。

 確かにバックパスは多かったが、安全策をとったことで相手にボールをなかなか渡さず、マイボールを時間が長くなった。

 そこから次々に得点した。

  また田中駿汰は最初最終ラインのスイーパーでしっかりラインを統率。
パスをうまくさばいで、相手のプレスをかわしていた。

 また後半途中からボランチに入り、中盤でセカンドボールを拾ったり前線にスルーパスを出したり、縦パスを出したり、非常にうまくやっていた。

 本当に良い選手だ。

 誰でも彼のプレーを見て正確さ守備の強さを評価すると思う。

 来年加入するのが楽しみだ。

 本当に昨日の代表戦は楽しかった。これだけ楽しいと思わせる試合はなかんかない。

  2人とも韓国戦に出場するかはわからないが、出場したら頑張ってまた活躍してほしい。




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:54 | 日本代表 | コメント(3) | トラックバック(0)

2019年12月04日

菅、岩崎、武蔵、駿太の4人とも怪我なく活躍してほしい。

 今日、U-22ジャマイカ戦、そしてE-1選手権の選手が発表になった。

 U-22は菅と岩崎、フル代表は武蔵と田中駿太が選ばれた。

 U-22は岩崎が選ばれたことにちょっと驚き、フル代表は駿太が選ばれたことに大いに驚いた。同時に進藤や福森、深井が選ばれなかったのは残念だった。

 U-22のメンバーを見ると海外組があまりいなくて、トゥーロンあたりのメンバーに戻ったような感じ。

 菅は納得の選出だが岩崎はチームで試合に絡めていないのでどうして?という感じもするが、もともと能力がある選手なので選ばれたんだろう。コンサではまだミシャサッカーに慣れていないだけで代表のサッカーはもともと馴染んでいるはず。思い切り戦ってきてほしい。菅は再び選ばれて、期待されているんだろう。ただ、前回はあまりアピールできなかったので今回こそはアピールしてほしい。

 フル代表はかなり若いメンバーを選んだように思われる。若手の伸び盛りの選手を試すんだろうか。

 武蔵はその中で選ばれたのは結果を出せということか。まだ得点をとっていないから、得点をとらないといけないだろう。MF登録ということはシャドーで出場もあるかもしれない。

 駿太は非常に驚いた。しかし、彼のポテンシャルからすれば森保監督は、フル代表でも大丈夫と考えたのだろう。確かにトゥーロンでの活躍は群を抜いていた。今回はトゥーロンで出ていた選手も多くいるのでやりやすいだろう。

 田中碧とのコンビのボランチというも面白い。大いに活躍してほしい。




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |21:08 | 日本代表 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年11月20日

昨日の日本代表戦の武蔵は

 昨日の日本代表戦の前半は本当に酷いものだった。1対1で負けるわ、パスは通らない。

 相手に押し込まれサイドで数的不利になって、サイドを狙われ失点重ねた。

 武蔵は先発だったが、なんとかボールをはたいて前に出るもボールは来ないし、見せ場はほとんどなかった。胸でトラップしてダイレクトでシュートを打ったくらいか。

 武蔵が悪かったという人も多いが、いつもの武蔵だと思った。それでもポストプレーやスペースに抜けるプレーはよくやっていたと思う。

 もう少し積極的にボールに絡むプレーはしたかったが、日本の守備が酷く下がる場面が多くて攻撃になかなか回ることができなかった。

 武蔵は前半で交代。

 前半2トップにしていたことが疑問だった。浅野とのコンビだったが、どちらかというと武蔵とは同じくスピードタイプ。2人横に並べても連携はほとんどなく、1+1が2ではなく0.5位になっていた。前線に人数をかけるだけ、無駄で中盤の人数が足りなくなっていた。ここは前半で2トップを縦の関係にして、ワントップ2シャドーの形に変えるべきだったと思う。

 後半、逆に日本の猛攻で1点はとったが、ベネズエラがもう攻める気がなくしていたので、まったく参考にならないだろう。

 また、後半の交代策もよくわからなかった。

 永井や山口といった経験のある選手を入れて、1つ交代枠を余すし、「キリンチャレンジカップ」と言っているんだからチャレンジして新入りの選手を試すべきだった。

 後半はオナイウをワントップに武蔵と中島のシャドーを見たかった。

 いずれにしても森保監督の修正力やしいては能力がないというのがわかった。

  進藤は結局使われなかった。3バックならと思ったが、3バックに変えることもなく、終わった。

 「進藤だせ」と思ったがあの状態では確かに難しかったかもしれない。

 しかし、本当に3年後を見据えて日本代表を鍛え直すなら新しい選手を試すのは必要だし、自分で呼んで試さないでどうすると強く思った。



    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |21:20 | 日本代表 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年11月18日

田中駿太は昨日のU-22戦でアピールしたが

 昨日、,U-22日本代表の試合が行われたが、コンサからは菅と来年入団予定の田中駿太が先発だった。そして今日の日刊スポーツには田中駿太の話題が載っていた。
ボランチとして後半42分までプレーした。
 「ボールに触ってリズムを作るように言われていた」
 候補選手の中で唯一の大学生
「サバイバルなので枠が少ないですけど、しっかり(五輪代表を目指して)やれる位置にいる」 
  10月のブラジル遠征にも参加し、同世代トップクラスとの練習で
「クオリティも考えていることも、レベルが高かったのが見習う部分。自分自身もアピールしていいかないといえないと思った。」
 
 「いっぱいお客さんが来てくれたなかで、自分の力を発揮することの悔しさをあらためて感じた。もっと選手同士でコミュニケーションを取ってやれれば」

 試合には負けたが要所で駿太の球際の強さとか、厳しいあたりを垣間見ることができた。
よいアピールになったのではないだろうか。
 

 守備では良かったが攻撃ではなかなか参加できなかった。

 また、急造チームと言うこともあったので、連携がなかなかとれなかった。

 縦パスも久保や堂安になかなか入れられず、攻撃のスイッチを入れることができなかった。

 もっとも相方の中山の出来が悪かったのでそこに引っ張られてしまったということもあっただろう。

 ただ、唯一の大学生で来年の東京五輪にアピールできたことは良かった。

 他にもボランチのライバルがいて、オーバーエイジもいて厳しい競争が始まっているがこのままいけば選ばれてもおかしくないと思う。

 来年コンサに入ってからも必死にアピールしてほしい。


    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:14 | 日本代表 | コメント(3) | トラックバック(0)

2019年11月17日

今日のU-22代表の菅と田中駿太

 今日のU-22日本代表はコロンビアのU-22と対戦0-2で敗れた。

 菅と田中駿太が先発。

 菅はいつもの菅だったが、消極的なシーンが多く。また、せっかく上がっても使われず、他の選手がボールを奪われるというシーンが多かった。

 田中駿太はさすがのボランチぶり、良いDFをしていたし、ボールを奪ってからのパスもよかった。相方の中山が酷くて余計目立っていた。
 このままだと五輪代表に選ばれるはず。

 ただ、もう少し攻撃に参加したかった。中山に守らせて前に出ていくことも必要だろう。 

 菅はもう少しやりたかった。コンサと代表の場合のプレーで求められているのは違うはず。

 コンサでは福森の黒子を演じていればよかったが、代表では自ら縦に行かなければいけないし、もっと自ら上がってクロスを上げていかなければならない。
 

 今日のU-22はバラバラ。久保と堂安をいれたことで意思の疎通が合わず。2人対残り9人といったようになっていた。もっと周りと連係しないと浮いているのが見え見え。 レべルは高いがもっと周りを使わないと孤立するだろう。

 失点の仕方も悪かった。

  解説者が言っていたがコロンビアは良い相手だった。レベルの高い相手と戦わないと自分たちのレベルはあわない。今当たって現実問題を突きつけられて良かったのではないか。




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:16 | 日本代表 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年11月15日

昨日の武蔵はわずか5分間の出場。次に期待。

 昨日の日本代表戦。武蔵の出場に期待していたが、後半42分からわずか5分だけだった。

  ボールに触ったのは1回、ロングボールをヘッドしただけだった。

  最後にはクロスに頭を合わせたが、惜しくも届かなかった。

 5分では何かをやれというのは無理な話だろう。

  サポーターからすればもう少し武蔵に時間を与えてほしかった。

 ただ、それは試合の流れとか永井の調子とかあるので、仕方が無い面もあるかもしれない。

 武蔵の代表初得点はまた次の試合に持ち越されることになった。

 しかし、次は来週火曜日に行われ親善試合のるベネズエラ戦合がある。どんなメンバーがくるかどうかはわからないが正直キルギスよりも実力は遥か上、こっちの方がレベルは高い。

 その高いレベルの相手に得点をとれば価値は上がる。

 おそらく、キルギス戦よりは時間をもらえるはず。
 そこで結果を出してほしい。

 南米のチームなので、かなりハードに来るかもしれない。

 怪我をしないように自分の力を十分に発揮して欲しい。

 とにかく初得点を期待している。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:51 | 日本代表 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年11月07日

昨日の日本代表発表は福森には相当悔しかったのではないか。

 昨日フル代表の発表があって、武蔵と進藤が選ばれたが、これで悔しい思いをしたのは福森かもしれない。

 福森は誰が見てもキックの精度は日本一。FKは直接ゴールに決めたのも何度もある。能力は他の日本代表以上のものをもっていると思う。

 ただ、なぜ選ばれないか。

 外伝でも書いたが、スカパーでミシャが「数が月前位に福森におまえがなぜ日本代表に選ばれないか考えた方がいい。と言った。」そう。

 やはりDFの面だ。

 守備をしている時にサボっていることがある。

 たとえばルヴァンカップの決勝で後半、小林にミンテの裏を取られて失点したが、このとき福森はミンテの横にいながらじっとみていた。福森が素早く寄せておれば失点は防げたかもしれない。


 ミシャは「福森の横に人をつけてサボったら尻に針を刺せばいい。」と冗談を言っていたが。
 やはり福森はもっと守備を頑張らないとで日本代表には選ばれない。

 攻撃が好きというのはわかる。しかし、DFなのだから守備も必死になってやって欲しい、

  はっきりいってキックの精度だけなら日本代表の誰よりも上だ。そんな福森が選ばれないのはやはりもったいない。

 ミシャは福森にシーズンが始まる前には「福森のところで5点失点しても、福森の攻撃で10得点以上とれ」と言っているそうだが、 そんな福森も日本代表になりたかったら、もう少し、守備の勉強をした方がいいと思う。

 福森が日本代表になるのを心待ちにしているサポーターも多い。
 その期待に応えるためにも守備も頑張ってほしい。




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:25 | 日本代表 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年11月06日

チームから代表選手が続々と

 来週、再来週は、代表ウイーク

 コンサからは韓国代表にソンユン。タイ代表にチャナ、U-22に菅と田中駿太が選ばれた。
 またフル代表に武蔵そして初めて進藤が選ばれた。

 ソンユンはこのところずっと選ばれているのでもはや常連になった。しかし、まだ、第1GKではないので、レギュラーをつかめるように頑張ってほしい。
チャナは前回怪我で出場できなかった。前回の悔しさも込めて活躍してほしい。


 U-22はメンバーを見るとかなり「ガチ」なメンバー。来年の東京五輪を見据えたベストメンバーと言えそう。
 そのなかに菅と田中駿太が入ったにだから素晴らしいと思う。
  特に田中駿太は唯一の大学生。かなり期待されていると思う。
 おそらくはボランチとして選ばれたと思うが、2人とも是非そのなかでレギュラーをとってほしい。
 
 日本代表は武蔵が選ばれた。武蔵はW予選と親善試合の両方とも、進藤は親善試合の方。
武蔵は選ばれると思ったが進藤は意外だった。しかし、あのDFながらの得点力を買われたのだろう。他の代表に比べてもなんら臆することはない成績だ。出場するとしたらサイドバックだろうか。もしかしたら3バックにして右CBかもしれない。いずれにしても嬉しい選出だ。 



 とにかく、チームから代表選手が多く出ることは嬉しい限り。もちろんチームに影響は少なからずあるが、コンサの名前を広げるには素晴らしいことだ。
 みんな活躍してチームに元気で戻ってくることを期待したい。




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:28 | 日本代表 | コメント(4) | トラックバック(0)

2019年09月11日

武蔵を使った攻撃は日本代表のオプションに

 昨日のサッカー日本代表はミャンマーに2-0で勝った。

  前半に2点取ったときには何点とるだろうと思わせたが、結局2点止まりだった。周りの評価ももっと点をとらないといけないという意見が多かった。引いて守ってくる相手はやはり難しい。

 初戦のアウェイで勝ち点3だからまずまずではないか。

 ところで武蔵は試合終了約10分前に途中交代で入った。

 いきなり動き回ってチャンスをつくっていた。

 惜しかったのは右サイドのグラウンダークロスから飛び込んだシーン。
触れば1点だったが、惜しくも触れなかった。

 それでもあの中ではスピードは別格だった。

 サイドに流れて突破を図ったり、スペースに飛び出したり、武蔵の動きをして
後は点をとるだけと思わせた。もう少し長い時間を与えてくれれば点は取れたかもしれない。

 大迫との2トップも面白かった。大迫が下がってボールを捌いてスペースを空けてそこに武蔵が入ってくるようなことをやっていた。

 スカパーで鹿島OBの岩政さんとライターの清水英斗さんが試合の振り返りをやっていたが、このオプションはこれまでなかったことでなかなか面白いといっていた。また清水さんは
 武蔵は大きなストライドで速くて、ミャンマーの選手も面食らっていたのではないかと解説していた。
 
 武蔵はコンサの選手としてW杯予選初出場。チームの歴史を作ってくれた

 次に期待するのはやはりゴールだろう。

 昨日の試合で日本代表は1つの可能性を提示したと思う。それは武蔵を使った攻撃だ。

 足の速い武蔵が前線で動くことで相手DFを慌てさせ、スペースを生じさせることにより、そのスペースを利用して決定的なシーンを作る。 

 森保監督は武蔵を使った攻撃をオプションとして考えているのではないか。

 次の日本代表の試合は10月のW杯2次予選ホームモンゴル戦

 武蔵はまた選ばれるようにリーグ戦に頑張ってほしい。




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:53 | 日本代表 | コメント(0) | トラックバック(0)