スポンサーリンク

2020年03月31日

これはビックリ。

>エイプリルフールは明日なんだが…

〇明治大学体育会サッカー部 小柏剛選手 2021年シーズン新加入内定のお知らせ

 正直、これにはビックリした。大学NO.1FWの呼び声高い選手を獲れるとは思っていなかったから。ワイドの構想もあるってことは菅にも刺激になるかな?それにしても、今年加入した3人といい、中野小次郎といい、大卒の即戦力をここまで獲れるようになるとは…。

 そうなると、今ユースに所属している選手がこれをどう思うかはちょっと興味がある。高嶺のように大学を経由して戻るという鮭パターンもあるから一概には言えないが、「ただ(トップに)上がるだけではダメ」という意識付けにはなるのかな。もっとも、今は世界との距離が格段に短くなって、壁も小さく薄くなっているから自然と“意識高い系”になってるかもしれないけど…。

 J1にいることもだが、やはりミシャ式の魅力は相当なものがあるんだろうなあ。もともと、コンサはお金があるクラブではないので“磨けば光る”的な選手を探してきたけど、既に磨かれている選手が来るとなるとそりゃ楽しみは俄然増えるわけで。

 しかしまあ、ウチの腹黒GMは青森山田の藤原も獲得を目指しているとか。今までは指をくわえてみているしかなかった即戦力クラスの新卒を堂々かっさらいに…もとい、獲得に動くとかホント隔世の感があるよなあ。青森山田つながりで檀崎のいるコンサにもワンチャンあると思いたい。知り合いとまでは行かなくてもOBがいるというのはとりわけ新卒には有利に働くだろうし。

 小柏って大宮ユース出身なのか。福森の直接FK2発といい、さらに恨まれそうな気が…。

posted by フラッ太 |14:25 | コンサについて | コメント(0) |

2020年03月23日

北のガットゥーゾ。

>もうネタの需要はないんかな…

 鹿島とのTMで赤丸急上昇中(←古っ!)なのがボランチに入った高嶺。

 「ピッチに立ったら人が変わる」と自分で言うくらいに激しいプレー。
 鳥栖とのルヴァン杯GSではさっそく金崎とバチバチやり合うほど。

 そのせいか、中盤の狂犬というあまりありがたくない通り名がついている。
 深井さんとのボランチコンビは相当凶悪なもんがあるが、さすがに狂犬ってのはいただけない。

 いかにもSTVがつけそうなキャッチフレーズだが(汗)、
 本家赤黒で激しい守備と言えばやはりガットゥーゾ。汚れ仕事はお任せといきたいところ。

 今年の大卒組はみんな“当たり”。つーか、フル代表が新加入ってひと昔前ならあり得んぞ…。
 一括りにするのは気が引けるが、三銃士、三羽烏といった具合にみんな活躍してほしいな。

posted by フラッ太 |23:35 | コンサについて | コメント(3) |

2020年02月21日

身動きが取れない…。

>これはB型会も無理だな…

〇チケット一般発売延期および先行発売中止のお知らせ

 チケットを発券してから帰ってきたので夕方のニュースで知った。開催延期や無観客試合も?など情報が錯綜しているだけでなく、たぶんJリーグ側もどうしたもんかと頭を悩ませているってのが現状だと思う。過剰反応と片付けることができないってのが何とも。

 チケット代はお布施と思えば痛くないけど、オレの場合ツアーは観戦というメインディッシュだけじゃないってのが悩ましい。ただ、コンサはホーム開幕戦を延期できればひとまず2週間は時間が稼げるというのもある。延期は現実的な選択肢に入ってくるだろう。

 身動きが取れない。ただ、宿のキャンセルはいつでもできる。こういう時はじっと静観。
 ただ、予定通り行いますとなった時でもB型会は難しそう。美味いもん食いたかったのに…。

posted by フラッ太 |20:30 | コンサについて | コメント(2) |

2020年02月09日

ブレない補強戦略。

>このタイミングでケガって…

〇ドウグラス・オリベイラ選手 期限付き移籍加入のお知らせ

 もう補強はないと思い込んでいたからビックリした。と同時に思った。
 「ウチの強化部はブレない」

 今シーズンは保有選手の確保で手一杯。とてもJのクラブに手を突っ込む余裕はない。
 外国人選手となれば引っこ抜くなんてもっと無理。ジェイはフリーだったしアンロペはFCソウルからだし…。

 引っこ抜くよりもチームに合った選手を自分で探してくる。

 特別指定から加入した3人もそうだし、外国人に関してはハナっから国外に目を向けている。バリバリやれる選手は向こうでも高いので、ダヴィやダニルソンのように札幌で付加価値をつけて売るというのを着実に。新潟がそのあたりは上手いよねぇ。上得意の浦和さんがいるし…。

〇阿波加俊太選手 負傷のお知らせ
〇カウィン・タンマサッチャーナン選手 期限付き移籍加入のお知らせ

 阿波加離脱による緊急補強というよりはもともとリストアップしていたのを前倒しって感じなのかな?もっともドゥグラスと違ってカウィンはタイ代表で欧州に渡っているくらいだから実績もあるし、そのぶんお高いんだろう。

 いずれにしても、じっくり見定めて他所があまり手を出してこない
 独自ルートを開拓するという補強戦略にブレはない。

 タイは提携国枠なので制約が緩い、親日国で日本になじみやすい、夏の暑さにも強いなどでもはや独自ルートどころか宝の山、垂涎の的だけど、チャナがコンサで大ブレイクしてベストイレブンになるというチーム強化とビジネス双方の成功例を生かしての移籍加入。一番最初に手を付ける、成功例を作るというアドバンテージはマネーゲームに勝てないまでもかなりの武器になっているんだなあ。

 ドゥグラスといいカウィンといい、ほぼステルス補強。目にも止まらぬ早業。さすがウチの腹黒GMは一味違うぜ!早業ついでにCBはコロンビアルートを開拓していただけるとうれしいんだが。去年のB型会でちらっと話題になったけど、ジェイが活躍できているのは本州に比べて湿度が低く欧州に気候が似ているので過ごしやすいからじゃないか?と。

 コンサドーレって案外外国人選手には札幌の住環境含めて
 けっこう良いイメージを持たれているように思うのは気のせい?

posted by フラッ太 |10:05 | コンサについて | コメント(0) |

2020年02月01日

記憶に残る選手。

>あんな劇的な試合なんてそうそうあるもんじゃない…

【リリース】内村佳宏 選手 現役引退のお知らせ

 「そうかぁ…」というのが率直な思い。

 記録に残る選手と記憶に残る選手。内村は間違いなく後者だろう。
 “あのフクアリ”の試合での“あのゴール”。

 クラブ創設時から応援してきた方も最近コンサに興味を持ち始めた人もすぐに思い浮かぶはず。
 あの試合に参戦したサポーターは大げさではなくあの瞬間を一生忘れることはないだろう。

 声が力になる。

 たまにしか参戦できないから何とも言えないけど、あの試合を境に、J1に再び昇格してから
 ゴール裏の声量とヴォルテージは一層大きく、そして高くなったように思う。

 石崎コンサから四方田コンサの間となるとほぼ2010年代。ミシャコンサになってからはあまり出番がなかったけど、それでも一時代を支えてきた選手であることに何ら変わりはない。四方田コンサとなると実績面では都倉が上回るが後味の悪い別れ方になってしまった分だけサポの心証は分かれるだろう。裸足でピッチを確かめる姿や“ブルマ姿”は内村のトレードマーク。誰からも愛された選手だった。

 「あの時には〇〇(選手)がいたよね」という話になった時に必ず出てくる選手。
 内村はそれだけ大きな存在感を示した選手の1人。
 ありがとうとともに、お疲れさまでしたの感謝の言葉を。

posted by フラッ太 |21:50 | コンサについて | コメント(2) |

2020年01月23日

日程雑感。

>仙台サポの嘆きが少しだけわかった気がする…

 さて、日程が発表された。

 ざっと見でアウェイ連戦が多い印象。東京五輪の中断期間までホーム9、アウェイ12。確かにアウェイが多いし、しんどいといえばしんどいが夏のアウェイで厳しそうなのは神戸戦しかないから物は考えよう。今年はルヴァン杯も含めて厚別開催が増えている。仙台がドームなのは意外だったが柏が厚別ならしゃあないかな。去年厚別で負けやがったし。それにしても、アウェイ浦和戦が唯一の駒場送りで日曜19時のキックオフって…。去年ボロ負けした腹いせか?

 初っ端から公式戦でアウェイ5連戦とただでさえ過密日程なのにさらに過酷さを増すわけだが、ルヴァン杯GSは1位抜けを目指してほしい。プレーオフステージ回りだと5月から6月にかけて過密日程に拍車がかかることになる。

 過密日程の一方で東京五輪や代表ウィークでの中断期間もあることで“区切り”はつけやすい。何人のクビが飛ぶかなあ?3月の代表ウィークまで6試合、東京五輪の中断期間まで21試合。日程が詰まっていることで選手層の厚さや頭数の多さがあるチームが有利になりがちだが、そこはキャンプからハードに鍛えてピークを開幕に合わせることで一気に駆け抜ける。7月の中断期間でコンディションは持ち直せるという戦略だと思う。

 というわけで、勝ち点は貪欲に稼ぎたい。本気でACL出場権を獲るのなら
 代表ウィークまでの6試合で勝ち点11以上、7月までに勝ち点37を目標としたい。

 で、残念ながら今年はシーチケを見送ろうと思っている。ホーム開幕戦と最終戦は参戦するけど、それ以外に行けそうなのが頑張って浦和戦くらいしかない(泣)。ホーム鹿島戦はお盆真っただ中だし、日程消化で9月以降の試合日が決まってからハーフシーズンシートを検討が基本線。

 …区切りの10回目はそろそろ考えておいた方がいいのでせうか?
 「浦和レッズやないか!」でネタ作ったら怒られるんだろうなあ、きっと。

posted by フラッ太 |00:10 | コンサについて | コメント(2) |

2020年01月17日

ミシャコンサ3年目の目標は?

>5連続アウェイとかハードモード通り越してナイトメアモードだわ…

赤:はいどうもー、赤黒スズメでーす。…って、何で急にお呼びがかかったんですか?
黒:ウチの飼い主、何をトチ狂ったのか
  バック・トゥ・ザ・フューチャーのような大作に取り掛かるから、その間つないどけってさ。
赤:3部作でも作るつもりですか…。
黒:今年こそは紺野ぶるまのようなオンリーワンのポジションを築きたいな。
赤:オンリーワンすぎ!あんなド下ネタ、サポーターズブログでできるわけないでしょ!
黒:ち〇こ謎かけでググるなよ!絶対だぞ!
赤:今は正統派ネタが見直されてるんですから普通に行きましょうよ。
黒:というわけで、今回は3年目となったミシャコンサの目標についてだ。
赤:…ものすごく周回遅れなネタだけどフリが普通なので助かります。
  やはり今年は去年取り逃がしたルヴァン杯を獲るということになりますかねぇ。
黒:それはどのあたりだ?まさかそれが最大の目標ってワケじゃあるまい?
赤:それはまあ。今年は勝負の年と位置付けていますしACL出場権も狙っていくべきでしょう。
黒:リーグ優勝は狙わんのか?
赤:目指さないとは言いませんが、言うだけならタダくらいにしときましょうよ。
黒:ってことは特上クラスだな。ACL出場権やタイトル獲得は松竹梅の松でいいな。
  ダブルで獲れれば特上にしてもいいが。
赤:相当厳しいですが、それくらいの高い目標は持ちたいですね!
  松竹梅の竹は…どのへんでしょうね?
黒:カップ戦ならベスト4以上だな。賞金がもらえるところを目指したい。
赤:リーグ戦だと上3分の1くらいですか?
黒:最低それくらいには届かないといかんな。
赤:梅は残留…ですか?
黒:去年10位なのに残留とか何を寝言言ってんだ?
  梅は鹿島と川崎をボコることだ。J2に落ちてでもこいつらは倒す!
赤:それこそ寝言言ってんじゃねぇ!ってツッコミ入れられるでしょ。
  だいたい、鹿島と川崎をボコれるならJ2に落ちやしませんって。
黒:今年の鹿島は勝てるチャンスは十分あるぞ?鹿島は監督も代わるし、
  元日まで付き合わされた挙句ACLはプレーオフからでロクに休めない。
  だいたい、鹿島や川崎に勝てんようじゃACL出場権なんて獲れるワケないだろ?
赤:…確かに。今年のルヴァン杯のグループステージの日程が発表されましたが、
  3連続アウェイは予測できたこととはいえかなりしんどいですねぇ。
黒:グループリーグまでもう1カ月しかないんだ。泣き言言わず仕上げてもらうしかないな。
  松竹梅だけに目標達成で美酒に酔ってもらいたい。
赤:わかるかなあ?そのオチ…。
黒:コンサ、ご期待ください。


 …オチが弱い(汗)。

 それにしても、今年は新シーズンの始動がホント早い。NFLプレイオフもカンファレンスチャンピオンシップまで来たし、雨傘番組ネタなんて呑気なことやってる余裕ないかも。タイタンズがまさかレイヴンズにまで勝つとは思わなんだ。いろんな方面で“ミラクル”を期待したくなるなあ…。

posted by フラッ太 |19:00 | コンサについて | コメント(0) |

2019年12月23日

'19コンサを振り返る⓷。

>ミルクボーイの優勝予想は少なかっただろうなあ…。敢えて言おう、和牛ざまあw。

~新加入選手勝手に通信簿(5段階評価・高い順)~

 武蔵 5
 数字上でも都倉の穴を埋めるどころかそれ以上の活躍。出場時間でも起用法でもアンロペとの争いに勝った格好。去年には見られなかった速いカウンターの攻撃は武蔵あってのもの。フル代表にも選出され、自身だけでなくコンサの知名度向上にも貢献した。粗さこそあるが、それも伸びしろと思えるほど。来季は15ゴール以上で得点王、代表定着が目標となる。

 ルーカス 4
 5に近い4。歴代の外国人サイドアタッカーでも1,2を争う“当たり”外国人。独力で仕掛けられるしPAで股抜きドリブル突破という変態プレーで攻撃では随一の存在感を示した。課題はやはり守備か。白井とのスタメン争いは来季も楽しみ。

 アンロペ 3
 4にしたいところだが、安定感を欠き後半はなかなか出場機会を得られなかったのでちょい減点。2ケタゴールに乗せていれば4にしたと思う。ただ、爆発力は魅力。結果を求められる立場だがアウェイ浦和戦のようなシンプルな捌きが増えればもっと出場機会は増えるはず。レフェリングで貧乏クジを引かされたかな…。

 中野 3
 出場時間だけなら2だが、菅がフル代表にまで成長したのと福森の介護…もといフォローという特殊性のあるポジションに入ることが多かったためスタメンを奪うのにはちょっと無理があった感じ。WBよりはシャドーの方が適性があるようにも思うがチャナの壁は高い。早坂のように左でユーティリティプレーヤーを目指すべきか?

 檀崎 2
 中村同様にまずはカップ戦からプロの水に慣れるための1年といった感じ。カップ戦で結果を出せたのは好材料。中村と違ってミスしてもいいと起用しやすいポジションなのでレンタル修業に出さない(出せない)可能性が高いとみる。

 中村 2
 DFにコンバートされてまずはカップ戦から修業といったところ。レンタル移籍はやむなしか。
 ユース出身者なので長い目で見るはず。まずはプロ選手として一本立ちするのが先か。

 岩崎 1
 hanaさんに怒られそうだが(汗)、岩崎は五輪代表という目標があり試合に出てアピールする必要があったのになかなかそれができなかったので一番辛い評価に。自身が求めるレベルもだが、周囲が求めるレベルが高いぶんだけサブに入るだけでは物足りない。今年大ブレイクした白井の例もある。殻を破ってほしい。

posted by フラッ太 |14:20 | コンサについて | コメント(4) |

2019年12月20日

'19コンサを振り返る⓶.

去年の予想はわりといいとこ衝いてたんだけどなぁ…

~ベストゴール~
 1位:深井のヘディングゴール@ルヴァン杯ファイナル
 2位:ルーカスのダイレクト流し込み@ホーム名古屋戦
 3位:進藤のバイシクル@ホーム神戸戦

 通常であれば個人技、直接FK、崩しで決めたゴールでセレクトするんだが、やはり今年は深井さんのあのヘディングゴールを1位に挙げないわけにはいかない。16コンサの内村の逆転ヘッド@フクアリ同様にコンサのメモリアルゴールだし。よって、メッシばりの福森の直接FK@Fマリノス戦が次点になってしまうという…。
 今年は崩して決めたキレイなゴールが増えた印象。武蔵のヘッド@ホーム神戸戦だけでなくアウェイ鹿島戦の進藤のゴールなど強い相手でも崩してゴールできているし、ホーム鳥栖戦のような高速カウンターによる武蔵のゴールなど攻撃面では確実に進化を遂げている。

~今年の漢字一文字~

 今年はかなり悩んだ。フツーに考えれば新しい景色の新とか進化、進歩の進あたりだが、そこはB型の悲しきサガ(つーか、ネタブロガーの血が騒いだだけ?)でそういうのは外したくなる。とはいえ、漢字一文字となるとこれが意外に思いつかない。しばらく考えて、これにしようかと思ったのは「欲」。というのは、ルヴァン杯ファイナルでの試合を経ていろんな意味でコンサに対してもっとできる、もっと上を目指せるという欲が働いたから。ただ、悪くはないけど数年経った後に振り返ると違和感出てくるかなと思ってボツにした。
 次に思い浮かんだのが「研」。背景としては去年コンサが4位に躍進したのを受けて「札幌、マグレじゃねーな…」と他のJ1クラブがコンサを「研」究してきたことが挙げられる。今年も補強はほぼ当たりだったが順位としては10位にダウン。もっとも、去年が出来すぎなので残留争いに怯えることもなくなったから十分に成功している。ルヴァン杯はファイナルまで上がった。攻撃面では得点数が増えるなどポジティブな要素もあるし「研」鑽を積んだともいえる。

 …と、ここまで書いて、もっとしっくりくるのが思い浮かんだのでボツにした。
 今年の漢字一文字は「蓄」である。
 いろんな意味で力を「蓄」えた1年だったのではないか、と。

 順位こそ落ちたが落ちるだけの理由はあるし、それは必ずしもネガティブなものばかりじゃない。スタメンに各国のフル代表が4人もいるって5年前なら想像すらできなかった。より高く飛ぶためには縮まなきゃできんよ。強豪と呼ばれるためには資金面ではまだまだ足りないけど、それでも着実に会社として伸びてきてもいる。ノノ社長、マジでありがてぇ。

 ACL出場権やタイトルなど来季こそは「獲」を実現可能な目標としたい。
 ネタの神様って降りるときには降りるもんだねぇ…。 

posted by フラッ太 |23:55 | コンサについて | コメント(0) |

2019年12月19日

'19コンサを振り返る①。

>コンサですら来シーズンまで1カ月しか休みないとか天皇杯組はマジで地獄だな…

~今年のベストゲーム~

 1位:第23節VS清水@アイスタ
 2位:第8節VSFマリノス@ドーム
 3位:第30節VS名古屋@ドーム

 一三スコアで持っていかれた感はあるものの、清水相手の死体蹴り…もとい大量ゴールはコンサ史上に残る快挙。清水にとってはトラウマ。この試合のダイジェストを観れば元気を取り戻せる。2位のFマリノス戦はゴールのバリエーションもあり向こうのミスに付け込んで殴り倒した試合。3位の名古屋戦はルヴァン杯ファイナルの後の燃え尽き症候群が心配される中ほぼ完勝という試合。

~今年のワーストゲーム~
 1位:第5節VS名古屋@豊田スタ
 2位:第28節VSガンバ@パナスタ
 3位:第6節VS大分@ドーム

 1位2位はすんなり。3位は厚別の仙台戦なども候補に挙がったが緩い入りでいきなり失点、ホームで不甲斐ない敗戦ということでこちらをチョイス。こういう試合で勝ち点を取りこぼしたというのが今年は多すぎたなあ…。

 ターニングポイントとなった試合:ルヴァン杯ファイナルVS川崎フロンターレ戦

 これはもうこの一択。ある意味で今シーズンを象徴する試合と言ってもいい。ここまで来たことがどれだけの意味を持つかは来シーズン以降によって大きくも小さくもなるし、これが新たなコンサの基準となると考えてもいいくらいに大きな足跡となったことは間違いない。

 長ったらしいエントリーが続いたので今回はいったんここで区切ります。

posted by フラッ太 |23:50 | コンサについて | コメント(0) |