スポンサーリンク

2013年11月27日

「ドームの悲劇」?ちゃんちゃらおかしい!

 ひとみさんのブログ(→こちら)でコメントを書いていたらやたら長くなったのでエントリーを立てた。

○【札幌】PO逃し8位終戦 格下相手にスコアレス、最後まで取りこぼし

 これは報知新聞の記事なのだが、文中の「ドームの悲劇」にものすごく違和感を覚えた。

 元祖(?)とも言えるドーハの悲劇もタイムアップ寸前で引き分けになったから悲劇になった。秋天の陽炎も勝っていたのを追いつかれたから悲劇になってしまったわけで、自力で決められたのに勝てなかった、ましてや1点も取れずに一度もリードできなかった北九州戦を悲劇と言うには無理がある。ましてや、見出しで格下相手とか取りこぼしとか書いているんだからある意味文章が矛盾している、一貫性を欠いている。

 サポはもちろんのこと、財前コンサをずっと観てきた人なら北九州戦を悲劇とは言うまい。
 あるいはこの試合に注目していた人やプレーオフを争っていた選手およびサポーターたちも皆
 「勝てなかった方が悪いのだ。」と思うのが自然だろう。

 悲劇という言葉を用いるなら「アルウィンの悲劇」のほうがよほど説得力がある。

 松本のプレーオフ進出条件は基本的には自分が勝った上で①千葉の負け&徳島or札幌が引き分け以下②長崎の負け&千葉の負けor札幌引き分け以下。いずれにしても千葉の負けが成立しなければダメという細い糸。千葉の最終節はアウェイで鳥取戦。いくら調子を落としている千葉でもビリ相手に負けはあるまいというのが大方の予想だったと思うが、千葉がまさかの2点ビハインド。終了間際まで1-2の状態が続き、松本サポが「行ける!」と思ったアディショナルタイムに千葉が同点に追いつき天国から地獄へとなってしまったんである。

 W杯出場やJ1昇格、プレーオフ出場を自力で掴んでいながらスルリとその手からこぼれ落ちたからそれがドラマとなり、“悲劇”として語り継がれる意味や価値がある。終盤に可能性を広げた頑張りは確かにあるが、多くの人に関心を持ってもらう意図があったにしてもこれはぶっちゃけミスリード。ペンでメシ食うにしても思い入れがあるにしてもキッチリした線引きはしてほしい。というか、安易に悲劇なんて言葉を使うのはどこか読者をナメているんじゃないの?とさえ思う。

 7位以下なら皆同じというくくりで言うなら「僕らは何も手にしなかった。」
 来年、堂々と上がりたいね。
 幸村殿なら「こういう記事が勘違いをさせるんだ!」と一刀両断だろうなあ。早く復活してください! 

posted by flatta |13:49 | コンサについて | コメント(4) |

2013年11月26日

'13第3次弾丸ツアーレポート~VSギラヴァンツ北九州観戦記~

 11月24日、日曜日。

 勝てばプレーオフとなる大一番。チケットには開場時間9:15とある。SS指定なので席がなくなる不安はないけど、OBマッチもあるし早めに動くに越したことはない。札幌駅到着は8:10。重役出勤かな(苦笑)。今回は素直に東豊線を利用。でも、札幌駅からだと異様に歩かされるんだよなあ…。既に赤黒を身につけた方もちらほら。福住駅到着後はたじさんのところでたこ焼きを買い、コンビニで1本いっといてドームへ。

 「…けっこう並んでるぞ」

 待機列で開場を待っていると声をかけられた。何でもNHKの方のようで「カメラとかはないので気軽にお話を…」といった感じ。遠方からの参戦に少なからず驚いていたが、そりゃ大一番ですから。注目選手は?の問いにも素直に荒野と答えた。思えば年2の参戦は今年が初めて。確実にビョーキ参戦欲が増しているよなあ。

 開場後は○たさんと合流。声をかけられたことを話したら「(頭に)バンダナつけてるからじゃない?」と。あ、そうか。参戦時はいつもこうだしね。今日は人多いよというのは足しげく参戦する○たさんだからわかることでもあるが、参戦する機会の少ない僕でも“いつもと違う”のがわかる。周りを見渡すと黄色いユニの方が。「え?」と思っていたら淡路さんだった。何でもコンケーンFCのユニだそうで。タイ修業組のことを思いやってのこととか。

 OBマッチはゴール裏で観させていただいた。ドームは傾斜がかなりあるのでゴール裏でも見やすい。逆に僕がゲットしたSS指定は12列目と前すぎて観にくかった(泣)。SS指定はTV中継と似たようなアングルだが、ゴール裏はまた違った景色で左右の展開はこちらの方がよりわかりやすい。ゴンの動き直しなどは観ていて勉強になった。いろんな意味で2度美味しいOBマッチ。

 さて、いよいよ運命の一戦。予想としては天皇杯で必要以上に消耗してしまったので前俊は途中交代でフェホとのニコイチはほぼ既定路線。前半0-0でも焦る必要はないけど、前俊がいるうちに得点できないと苦しくなるかなというのはあった。試合開始後はコンサがイケイケ。特に右サイドは日高が高い位置を取れていたし荒野も守備で貢献してこちらはほぼ制圧。
 ただ、左サイドがダメ。特に三上が役に立っていなかった。岐阜戦で観られたタイミングのいい上原の攻撃参加は影を潜め、たまに上がっても逆に裏のスペースを衝かれてしまって上がっていいのか悪いのか躊躇しているように見えた。前半唯一肝を冷やしたのもコンサの左サイドから一本入れられてのもの。その時は宮澤がカバーに入っていたが、宮澤が悪いというより三上が穴を空けたためと僕には感じられた。
 ナラ&クッシーは問題なし。奈良はヘディングでは全勝、一歩目のパス出しも落ち着いて出せるようになっていたし安心して観ることができた。この2人ならよほどのことがない限りは失点はないと思える出来。あるとすればGKとのコミュニケーションミスくらいか。

 前半終了で0-0。戦術厨の予想としては攻撃にも守備にも効いていない三上はスパッと代えてもいいくらい。ただ、サブにはヤスがいない。荒野を左に回してレ・コン・ビン投入か。でも荒野が日高と上手く挟んで守備をやれていたので守備が甘くならないかというリスクもある。勝つしかないのだから早めに手を打ってほしいと思いつつ後半開始。

 僕の周りはわりと年齢層が高かった。二言三言交わしていくうちに左隣の方が「孫が選手で…」と言いながら赤黒の#23を見せてくれた。えーっ!?じゃ奈良のお爺さん、いやご祖父様ですか!?これにはさすがにビックリした。関係者(といっていいのか微妙なところではあるが)にこのような形でお会いできるとは思っていなかったので。ただ、奈良について訊くこともおかしな話だし何より試合に集中したかった。

 最大のヤマ場はレ・コン・ビンのFK。ゴール裏は言うに及ばず両隣のSA席からも手拍子が沸き起こる。この盛り上がりは今まで感じたことがなかった。「これはもう入ったな…」と思った。事実、蹴った瞬間そう思ったんだが、無情にもポストに嫌われる。
 選手交代直後は気づかなかったが、前俊を引っ込めた時点でパワープレーに切り替えるという戦術だったんだろうか?ナラ&クッシーの出来からして後ろに不安はなく、池元を引っ込めた時点で北九州はもう引き分けOKのガチ守備にシフトしていたからあるいはこのタイミングか。フェホの投入は予定通りだったろうが激昂した場面には肝を冷やしたぞ。1発レッドもらわなくて良かったよ…。

 ラストプレーではGK杉山もゴール前に上がってきていよいよ最後の総攻撃だったが結局スコアレスドロー。悔しさは正直あまり感じなかった。「ああ、終わったんだな…」という緊張感からの解放が先で。試合全体を通じて感じたのは「抉ったりしてはいるものの、最後の一手が足りない」ということ。砂川の出場停止でプレースキッカーがいない、飛び道具がないということも遠因としてはあったかもしれない。

 ノノが社長になる前に言っていたことでもあるんだけど、長いシーズンではチームの実力が隠しようもなく現れる。この1試合だけを切り取ってしまいそうになるけど、勝てばプレーオフという状況も41試合の積み重ねの中でできたこと。もっと前にプレーオフ圏内に入れていたかもしれないし、逆に早々と終戦を迎えていたかもしれない。
 北九州戦は1試合だけとってみても1年を通じた戦いの中で眺めてみても結果としては力が足りない、妥当と言えるものだった。でも、選手はみんな戦っていたしゴール裏をはじめとしてサポも戦っていたのは間違いない。ただただ、上に行くためには力が足りないのだと思うしかなかった。

 奈良に関しては非常に出来は良かったし、去年散々苦しんだ経験が今の成長に繋がっていると素直に伝えた。電話口でサッカーに詳しい若い人に教えてもらったと祖父様が言っていたけれど、心の中で「いやいや、こちとらおっさんですから!」「別に詳しくないですから!」とツッコミを入れていた。でも、上に行くにはまだまだだというのは僕が特に何か言わなくても感じ取っていたご様子。祖父様とは時間の関係のためかセレモニーを観ることなくお別れ。北見からだと5時間かかるしねぇ…。

 今回はいろんな意味で切ない観戦と相成った。来年はどんな出会いが待っているのか…。

 

posted by フラッ太 |15:24 | 旅行記 | コメント(3) |

2013年11月25日

【第3次弾丸ツアー・最終日】そして日常へ。

 午前中に帰宅&荷物整理。

 今日は夕方から仕事なのでひと寝入りして、参戦記は明日以降に。
 今回は試合当日に絞って書きます。それ以外は特に目立った動きもないので。

 ブロガーさんにはあまりお会いすることができなかったけど、
 ちょっとビックリする出会いもあったのでテーマは果たせたかな。

 え?誰かって?そいつは今言えねぇなあ(薄ら笑い)。

posted by フラッ太 |12:36 | 旅行記 | コメント(0) |

2013年11月24日

【第3次弾丸ツアー・2日目】全力で…

>やべー、全力で喰ってた…

 最終戦、ホーム北九州戦はスコアレスドロー。

 勝たなきゃダメという試合でこの結果なので多くの方は諦めがついたというか納得したというか、サポーターズブログのタイトルからはそんな印象を受けた。僕も受け入れるのは早かったけど。

 炎の宴は社長が挨拶に来たのとドーレくんがずっと仕事してたこと以外は特になし。
 参戦記はツアー終了後に書きます。

※レンタルPCのあまりの使いにくさにレスも遅れています。しばらくお待ちください。

posted by フラッ太 |21:04 | 旅行記 | コメント(0) |

2013年11月24日

【第3次弾丸ツアー・2日目】さあ、行こうか。

>目のクマがひでぇ…

 おはようございます。

 勝てばプレーオフと大団円を迎えるにはもってこいのシチュエーション。
 自力で掴み取る。今までの集大成と同時に次へのステップの試合。

 稀勢の里が白鵬に堂々の勝利。よって宮澤がミドルを叩きこむのを期待する。
 あとは櫛引が久しぶりのスタメンでどこまでやれるか。

 さあ、行こうか。

 ドームへ、プレーオフへ。そしてJ1へ。

posted by フラッ太 |07:30 | 旅行記 | コメント(0) |

2013年11月23日

【第3次弾丸ツアー・初日】チケット忘れた!

 …ということもなく無事札幌に到着(←何だそのフェイントは!)。

 なるべく無理しないつもりでいたけど、いざ着いちゃうと無理しちゃう。
 今日は稀勢の里の一番を見て晩飯の後はさっさとホテルに戻って静養。

 明日はおもいっきり応援するぞ!

posted by フラッ太 |17:23 | 旅行記 | コメント(3) |

2013年11月21日

返す返すも…。

>ホーム最終戦の前日にドームが使えないってやっぱりおかしいと思うの…

 天皇杯4回戦、甲府戦は0-1の負け。
 昨日の出勤前にJ's GOALで結果をチェックしようと思ったら延長前半14分の表示。
 「へ?甲府さん、まだお付き合いしてんの?」てっきりフルボッコにされてたと思ってたので。

 仕事帰りのイチ○シ!で映像を見た程度だが、純貴が決めてれば90分で勝てた試合だと思う。つーか、あの場面で枠外すってのは…。純貴びいきなだけにガックリ度が倍になった。純貴が来季赤黒のユニを着ることはないんだろうなあ…。
 試合に関してはお互い相手をナメすぎというか。コンサはパウロン&小山内の急造CBコンビ、主力と言えそうなのは次節お休みの砂川くらいでサブ組の練習試合かと思わせる露骨なターンオーバーぶり。まあ、プレーオフがかかっているのだからこれで正解ではあるんだが。にもかかわらず甲府は延長までお付き合い。甲府は勝てたからいいものの負けていれば説教確実だったんじゃ。

 返す返すも延長まで観る時間がないからと録画をあっさり消してしまったのが悔やまれる。
 海野社長とノノ社長の解説に名を借りたトークバトルは聴きたかったなあ…。

 さあ、切り替えよう。全ては最終節の北九州戦に。
 一応土曜日は宮の沢には行くつもりだけど、練習は早めに切り上げるんだろうなあ。
 バタバタしっぱなしなので忘れ物が心配(汗)。てなわけでこれから仕事だい!

posted by フラッ太 |19:28 | 試合後の印象 | コメント(0) |

2013年11月17日

安心した。いざ参戦!

 アウェイ岐阜戦は3-0の勝利。試合をゆっくり観るためにJ's GOALでのみチェック。

 実は結果を知るまでイヤな予感がずっと消えなかった。コンサのやらかし癖の持病は相変わらずだし、財前コンサは今年3連勝が1度もない。アウェイ熊本・ホーム群馬戦で連敗という体たらく。岐阜戦はフェホと前俊が有休でイキのいい荒野がケガ&神戸戦の影のMOM深井もいない。メンツ的にこじ開けて勝つイメージが湧かなかった。ガチ引きで守られてセットプレイ1発のウノゼロ負けとか、1-0でずっと押していたのが終了間際に追いつかれ…とかやたらネガティブに傾いちゃってて。稀勢の里は豪栄道に首投げで負けるし…。

 心の底でどこか財前コンサを信用しきれないでいる自分がいたのが正直な気持ち。そんなんじゃサポとしてはダメなんだけどね。「よしっ!」っていうよりホッとした気持ちの方が大きい。「ここまできたら!」というのは今日勝ってやっと実感できるようになった。我ながら精神的に予防線張りすぎだよなあ(汗)。

 さあ、いよいよオーラスのホーム北九州戦だ。

 シフト上は参戦に問題なかったけど念には念を入れて今日きちんとお伺いを立てて参戦の障害は取り除いた。いつもはえチケをお願いしているのだけど今回は正式に決めるまで時間がかかったのでご迷惑にならぬようコンビニでサクッとチケットをゲットした。もちろんSS指定席で。クラブにお金を落とすこともさることながら、じっくり試合を観たいというのが僕のスタイルなもんで。戦術厨がゴール裏にいたら迷惑かけるし…。ホテルは既に抑えていたけど、今日はチケットと同時にJRの切符も確保した。満を持して参戦させていただきます!

'13 第3次弾丸ツアー ~食・当たり・バッタリ~

 気がつけば今年の弾丸ツアーはもう3回目。土曜日の朝イチの特急に飛び乗ってというのはもうお約束。しっかり準備したつもりがいざツアーが始まればドタバタしっぱなし、行き当たりばったりになってたので今回は無理しません。ただでさえ急ごしらえなツアーになりそうだし…。といってもスープカレー屋さん巡りはキッチリやるし、今回はサッポロビール園での炎の宴のチケットもゲットしたので試合と食の2本柱って感じかなあ。美味しい食と当たりの試合、そしてバッタリ誰かに出会うことを期待して。

 …さて、食べログをチェックするかな(←試合はいいのか?)。

posted by フラッ太 |19:23 | コンサについて | コメント(3) |

2013年11月09日

神戸戦の展望。

>やっとこっちでもコンアシが観られるようになったぞ!

 …というわけで、神戸戦の展望をばざっくりと。本来はこの方のブログにコメントでおじゃましようかと思ったんだけど、長くなりそうだったしけっこうプレビューも出ているのでちゃんとエントリー立てた方が生きてる証明にもなるかな、と。

 内村が出場停止なのが非常に痛い神戸戦。前俊抜きで攻撃が成り立つかどうかというとちょっと疑問。なので前俊は起用せざるを得ないと思うが、不安要素もある。前俊がフルタイム保つかどうかということもさることながら、前俊の“ファール癖”も気がかり。
 前俊はファールをもらいに行くプレーがわりと多い。その時に笛を吹いてくれればいいが流された時にどうなるか。ボールの預けどころ、タメを作れるのが前俊オンリーだと神戸も袋叩きにする。低い位置に下がってボールを受けた時に自分ではファールをもらうつもりが…なんてことになるのが一番怖い。神戸にしてみれば高い位置でプレスをかけて一気に決めきることになり、実際決めきる力は神戸にはある。

 前俊は実際には1トップというより偽FW的な感じで受けることが多いので前俊を“感じられる”選手が近くにたくさんいた方が攻撃としては面白そう。宮澤のトップ下は最善の選択肢だと思う。後方からの経由地として宮澤は適任だし、変t…もとい、天才同士感じられる部分は多いと思うし。ワンタッチでポンポン出しちゃうので神戸に引っ掛けられないでね、というのはあるが…。トップ下ならシュートをガンガン打って神戸守備陣の注意を引きつけてほしいところ。三上と波長が合っているのは今までの結果からして実証済み。よって前俊1トップを支える2列目は左から三上、宮澤、荒野が希望なんだが、財前監督はたぶん砂川スタメンで行くでしょう。

 砂川がスタメンってことは同ポジションで交代カードを切るのは決まったようなもの。とすると、交代策としてはまず砂川OUTでヤスor三上で1枚が確定。深井がスタメンなのはボールの捌きや散らしを期待してのことかな?かなり危険だけど河合をアンカーにした4-1-2-3ってのも勝ちに行くなら妄想としてはアリか。その場合は深井OUTでゴメスor荒野を内側に入れてヤスを右SHとか。あとは前俊OUTでフェホINで的になってもらう。

 …あれ?純貴の出番がねぇ!うーん、どうしようか。深井OUTで宮澤をボラに下げて純貴と前俊(orフェホ)の2トップにしよう。でも、これって神戸相手に残り15分で結果出せっていうすんごく難易度の高いミッションになりそう(汗)。純貴にチャンスが巡ってくるのかすら怪しい気がしてならんが…。でも、宮澤がいればスルーパスが来るはず。決勝ゴールを決めて看板飛び越えて雄叫びを挙げるのだっ!

 既に前売りもかなり売れている模様。悪天候が心配だが、それでも千葉戦以上に観客は入るだろう。神戸のJ1昇格を目の前で許したくないってのもあるけど、千葉戦以上にシビレる試合になるのは確実。そこで勝ってみせるってのが「コンサってすごい!」と説得力を持たせる何よりの証。もうひと踏ん張りできるかは選手も監督もサポも観客も全部ひっくるめたみんなの力を結集できるかにかかっている。

 上を目指す力があるかどうかが問われる神戸戦。何がなんでも勝つ!

posted by フラッ太 |15:36 | スチャラカプレビュー | コメント(0) |

2013年11月05日

'13第39節VS千葉・アフターインプレッション。

>ボード、バッチリ映ってましたぜぃ

 久しぶりの試合観戦。といってもスカパーで、しかも早回しだけど。情報は極力遮断した。勝敗だけは流石に気になるのでJ's GOALでチェックしたがオフィシャルブログ&公式HPも開かずにいた。ウッチーが決めたのだけは知ったが…。でも、早回しでも緊迫感がありスリリングな試合だった。得点こそ少ないけど、今年のベストと言っていいかも。もっとも、この上を目指さないとJ1には行けないけどね。

 自分の長所を出して勝つのか、相手の長所を消して勝つのか?

 勝つための考えとして大きく2つの考えがあるが、財前監督は後者にやや比重をかけた。
 SHを普段と入れ替えた左に荒野、右に砂川のスタメンは千葉の右SB・米倉封じのため。

 右のSHは財前コンサでも薄いポジションのひとつ。古田はまだ戻れないし、レ・コン・ビンをスタメンにするには連係面でまだ無理。財前コンサにおいてはサイドの選手には運動量が要求される。さらにSHには正対しての守備力も求められるからどうしても負担が大きくなり交代カードを切ることも多い。それ故にレ・コン・ビンでは現状スタメンにはしにくいということでもあると戦術厨な僕は思うのだが。砂川の選択は監督の信頼の大きさがある証拠だが、ここで突き上げがないのがちと不満ではある。運動量が落ちているかわりに読みでパスカットをしたり上手い体の入れ方で守備に貢献したのは流石の経験値の高さだったが。

 で、その米倉封じは完封とはいかなかったが一定の効果はあった。サイドの攻防は両方とも見応えがあった。無理やり相撲にたとえるなら全体としてはがっぷり四つ、サイドの攻防は指し手争いになるのかな。千葉の左サイドも田中や高橋はスピードがありこれも脅威だった。日高も相当しんどかっただろうがフルタイムよく頑張った。でも、生え抜きの田中を手放さざるを得なかった福岡が哀れでならん。来季は城後もいないんじゃ…。

 1枚目の交代カードは必然の1手だが、このあたりにも監督同士の駆け引き、探り合いがあった。ちょっと前後するが、後半開始時はSHが通常モードに戻っていた(ように思う)。千葉が兵藤OUT谷澤INで動いてきた時に再び荒野を左に持っていった。解説の曽田の言葉を借りれば上原に「ストレスを与える」ということになるが、両監督共にサイドで優位に立ちたいというのが窺えるカードの切り方だったかな、と。

 驚いたことをいくつか。1つは前半すぐの杉山の飛びだし。普段ゴールに貼り付きっぱなしの杉山とは思えなかった。あの時は失点を覚悟したがよく出てくれた。もっとも、その後では上原と息が合わずにあわやってシーンもあったんだが(汗)。もう1つは宮澤の幻のゴール。ウッチーの情報がなければこれが決勝点とマジで信じていたぞ。前俊のスルーパス→上原がクロス→ゴール前で1人潰れて宮澤が…とその前の流れも良かった。上原は左はすごいのを上げるが右足がなあ…。あと、前俊が守備するようになったよなあ。千葉で言えばケンペスの守備も。

 決勝ゴールはウッチーがバックパスをかっさらってのものだが、もしイエローが出ずにいたらあのフルブーストの追っかけっぷりになったかどうか…。イエロー食らって次節の神戸戦は出場停止が決まっていただけに勝負の綾となったというか、「絶対に決める!」という気持ちを呼び込んだのかなとも思ったりして。
 ボランチの2人は押し込むシーンはあまりなかったけど中盤での早い潰し合いがあったから迂闊にスペースを空けられなかっただろうし仕方ないかな。ただ、要所での河合の読みは流石。左サイドを崩されそうになった時も宮澤がカバーしてたし、そんなに破綻はしなかったと思う。

 それにしてもケンペス怖いわ。クライトンを彷彿とさせるガチムチ加減といい“何とかしちゃう”FWでまさに助っ人、反則外人。千葉はケンペスにボールを集めていたけどそれも納得。地味に町田がイヤらしい抜け出しをしてたし、田中のスピードも脅威だったし、裏抜けをもうちょい絡められたらヤバかったかも。とはいえ、その裏抜けをさせるためのパスの精度を狂わせたのは前線からのチェックがあったればこそで、MOMは順当にウッチーでしょう。

 次節の神戸戦はその頼みのウッチーが出場停止。払った犠牲は大きいが、そんな中でもどれだけやれるかってのが順位や勝ち点に現れているわけで、チーム力が問われるのは今に始まった話じゃない。「もうひと踏ん張り!」ってのがシーズン終盤なのと次節は昇格がかかる神戸が相手ってことで色濃くなったということ。神戸は引き分け以上が条件だがドロー狙いはさらさらなく勝ちに来るはず。フェホが最もスタメンには近そうだが、レ・コン・ビンのセカンドトップも観てみたい。適性はサイドよりは真ん中の方がありそうだし。でも、やっぱり言いたい。

 純貴出せーーーっ!

 久しぶりのアフターインプレッションなので、やたら長々しくなったのはお許しを。

posted by フラッ太 |21:44 | アフターインプレッション | コメント(2) |