スポンサーリンク

2010年05月31日

第15節VS富山・アフターインプレッション。

 既に多くの方が言っていることだけど、三上の抜擢は驚きだった。
 厚別初戦かつチーム状態も良くない。勝ったから言えることだけど、もし引き分け以下だったらサポーターのフラストレーションは多分限界を超えていただろう。ただでさえ勝ち点で引き離されていて勝利以外許されないシチュエーションでルーキーを抜擢するってのは勇気がいる。ケガ人続出で内村もフル出場がまだ難しそうという状況はあったにせよ、この決断にまず拍手を送りたい。

 富山戦のカギの1つはメンタルにあったと思う。
 前節の徳島戦でサポーターにお説教を食らって、厚別開幕という特別なシチュエーションが選手やサポーターのメンタルに相当影響したであろうことは想像に難くない。「3200万がかかっているってのを隠して打たせてみな。けっこう打てるから・・・」じゃないけど、三上が思い切ってプレーできたのは三上には最低限の指示だけして良い意味で考えさせなかったんじゃなかろうか。

 最初の失点は苔口のシュートも良かったけど、西嶋のスライディングがどうだったのか。スライディングは最後の手段なのでやるんだったら確実に潰してほしかったかな。同点ゴールで帳消しにしているものの、ちょっと気になるところ。三上がナナメに走ってスペースを作っているというのを大森さんが褒めていたが、なるほどああいう動きなのね。うーむ、あれを狙ってやっているとすればスタメン起用はうなずける。
 宮澤のゴールは胸トラップがオシャレ。簡単にやってるように見えるけど、冷静にゴールに流し込むあの落ち着きっぷりはすごい。古田のゴールはDFをかわした時点で勝負アリ。あの喜びっぷりはゴールを挙げた喜びというよりも重圧から解放された喜びの方が大きいように見えたのは気のせいじゃないと思う。

 今まではサイド攻撃といっても“サイドに張る”だけで終わってて、そこからの崩しが個の能力頼みの小さい動きでしかなかったのではないだろうか。三上がよく動いたのは視野を狭めていたのを開くきっかけになった・・・と思いたい。
 心配なのは征也かな。SHでもSBでもやってるプレーが同じなのは喜ぶべきか悲しむべきか。本職ではないSBで守備の軽さがチームとしてリスク要因になっているように見えてしまったのは不安だなあ。三上があれだけやれたことで一番意識しているのは岡本だろう。でも、征也もうかうかいているとどっちつかずになって使いにくい選手になってしまう可能性もあるような・・・。宮澤が結果を出したことで石崎コンサの“背骨”は少しずつ固まってきたが、サイドを中心とした崩しのゴールをどう増やすか。きっかけになったのが初スタメンの三上ってのが皮肉だよなあ。

 今までのコンサだったら先制されても逆転勝ちまで持っていけただろうか?
 恐らく答えはNOだろう。ここまで先制された試合は4試合あるが全て負けである。前節まで1試合当たり1点以下。先制されたら引き分けが精一杯なコンサが逆転勝ちを可能にしたのはひとえに厚別の空気がもたらしたもの。西嶋のミドルは年に1回(と言っては失礼かな)出るか出ないかのすんごいゴール。これでメンタル面ではかなり優位に立てたはず。
 三上がもたらしたトップへの危機感。ユースにもたらした期待感。この緊張状態をどこまで続けていけるかはけっこう重要。少なくとも富山には勝って当然というほどの力は石崎コンサにはまだない。次の草津戦だけでなく、1戦1戦にどう取り組んでいけるかが問われている。災い転じて福となすではないけれど、厚別での開幕戦がいい結果になったことで転機になる試合。久しぶりに良質な緊張感のあるホームゲームであった。

posted by フラッ太 |23:29 | アフターインプレッション | コメント(0) |

2010年05月30日

喜び3倍!

 いやあ、長かった。
 ホームで2ヶ月勝利なしって恥ずかしいにもほどがあるが、とにかく今日は勝てて良かった!
 久しぶりにホーム勝利時限定のあのネタ、いってみよう!

 本日試合、第十五節、対戦相手、蚊垂富山、昨年対戦、全部引分、今年対戦、全勝希望。
 聖地厚別、今年初戦、選手各々、試合直前、広報活動、選手佐保、気合十分、本日到来。
 怪我人多、選手不足、札幌監督、石崎信弘、驚愕采配、下部若梟、三上陽輔、先発起用。
 先取得点、蚊垂富山、苔口卓也、序盤失点、札幌劣勢、試合内容、凡庸半端。
 前半札幌、陣地風上、徐々攻勢、四十二分、同点得点、西嶋弘之、中長距離、劇的得点。
 後半五分、宮澤裕樹、逆転得点、胸章誇示、存在主張。
 於七十分、古田寛幸、追加得点。宮澤古田、両者共々、祝初得点。
 終了間際、中山雅史、交代出場、次節以降、長期出場、期待期待。
 試合終了、参対壱也。札幌勝利、聖地厚別、開幕試合、勝利祝福。我等札幌、五月無敗。
 苦辣疾駆、久々痛飲、気分爽快、中断直前、残二試合、連勝義務。
 小堺一機、九月公演、事前募集、切符確保、小生体重、壱帰路減、喜色三倍、万歳万歳!

 うーむ、映像がないとイマイチ決まらないなあ。
 コンサも勝って、おすましのチケットもゲットして、体重も減ってといいことずくめ。
 地味に増え始めていたのが減っただけなのはこの際考えない。明日コンサドーレパンを食うからその分増えるのも気にしない(汗)。試合に勝ったその日くらいは素直に勝ったことを喜ぼう。あーだこーだ言うのはその後でもいいじゃん。

 ぞっこんとFが今から楽しみ。早く映像が見たいぞ! 

posted by フラッ太 |16:55 | ネタの殿堂 | コメント(4) |

2010年05月30日

遅ればせながら・・・

 ただいま帰還。

 遅ればせながら仕事帰りにコンサドーレパンを2種とも買ってきた。
 見た目に目立つ赤黒とドーレくん。ロゴとかの関係で150円くらいするかと思ってたけど値段も手ごろ。夜中の2時過ぎにわざわざ帰り道と逆方向のローソン様に寄り道した自分を褒めてやりたい。ここの店長さんとはちょっとした知り合いなんだがこの時間帯にはいるはずもなく。

 もう5月も終わろうかというのに気温はたったの2度(!)。帽子を常備しておいて良かったよ。

 ベーコンチーズマヨデニッシュはかなりのヘビー級。
 女性だったらこれ1つでおなかいっぱいになるんじゃなかろうか。さすがに今から食うのは太るのでやめにする。3時のおやつ・・・だとコンサを喰らうことになりそうだからやめとくか。ロスタイムにまたやらかしたなんてのはもうこりごりだし。

 そうだ、クラシックのお供にすればいいんだよ。だったら今日はもう勝つしかないな。
 だから勝て!(←どんなまとめ方だよ!) 

posted by フラッ太 |02:55 | 日記 | コメント(2) |

2010年05月29日

厚別開幕、当然勝つのみ!アイウエオ作文大作戦・カターレ富山編

 さあ、いよいよ聖地厚別での開幕戦だ!
 征也とヤスもイチ○シ!に生出演してアピールに余念がない。
 こんなにいっぺんにやっちゃって大丈夫か?ってくらいにイベントも盛りだくさん。
 天気も良さそうだし舞台は準備万端整った。あとは勝利あるのみ!

 ではいってみよう!

   か・・・・開幕戦の 聖地厚別
   たー・・・たーふる そろそろ決めてくれ
   れ・・・・列を揃えて ゆりかごダンス
   と・・・・父ちゃんになる 近藤のため
   や・・・・やきもきしている サポのため
   ま・・・・まとめてストレス 解消だ

 うーむ、今回も強引きわまりないなあ。たーふるってどこの業界人なんだか・・・(汗)。
 たーふる、じゃない古田も1発決めればあとはイケイケだと思うんだがその1発がなかなか出ない。厚別の空気が力を与えてくれると信じる。もちろん征也も遠慮せずにゴールを決めて一向に構わないのだが。

 いろんな意味で厚別開幕戦は勝たなきゃヤバい。何が何でも勝ち点3だ!

posted by フラッ太 |09:00 | ネタの殿堂 | コメント(0) |

2010年05月26日

厚別には“物語”がある。

 同じホームゲームでも厚別ってやっぱり違う。
 最近では専用スタジアムも増えたので(特にJ1のクラブでは)、スタジアムにまつわる“物語”という点では厚別以上に長い物語を持つところはそう多くないように思う。瑞穂と万博くらいかなあ?三ツ沢と等々力はクラブが変わっちゃったし・・・。

 キザなことを言っちゃえば、
 クラブの栄枯盛衰とサポーターの喜怒哀楽はスタジアムに宿る。

 そして、厚別ではドラマティックなシーンが数多く生まれた。
 古いところではディドが攻撃参加したとかウィルのPKとか、最近だと謙伍のダイビングヘッドとかが“喜”にあたるし、“怒”ではなすすべなく敗れてJ2降格となった柏戦やロスタイムで大黒にやられた緑戦。“哀”は10人になって最後の最後でやられた千葉戦で“楽”は高原がPKを止めた湘南戦かな。僕はあまり参戦したことがないのでこれくらいしか思いつかないけど、ずっと厚別に通ったサポーターの方であればもっと違った喜怒哀楽があることと思う。

 初めて参戦した08年のガンバ戦は霧雨が降る中でのナイトゲーム。最後は押し切られちゃったけど、すごく締まった試合で初参戦ということ以上に「生で観に来て良かった!」と感動したのを覚えている。引き分けという結果は残念だったけど悔しい思いはなかった。去年の愛媛戦は前半があまりにもグダグダで、0-2になった時はよほど帰ろうかと思ったほど。我慢の甲斐あって0-2から3-2の逆転勝ちで勝てたのは良かったけど、喜びは半分くらいしかなかった。でも、ダニルソンのあのドッカンミドルはマジでビックリしたし、きっと忘れることはないだろう。

 今年のホーム開幕戦は散々な結果だった。
 福岡にやりたい放題にされた挙げ句、こっちは何にもできずにボロ負け。
 大いに失望し、プライドはズタズタに切り裂かれた。
 昇格争いに加わるはずがいっこうに調子を取り戻せず、低空飛行を続けている。
 選手や監督だって勝ちたいに決まっている。サポーターだってそれは同じこと。
 そんな悔しさや苛立ちはやっぱり勝つことでしか晴らすことはできない。

 今のコンサは栄枯盛衰の枯、もしくは衰にある。
 もしそれがサポーターの声で栄や盛に変えることができるなら。
 選手が苦しい時にあと一歩を踏み出せる力になるなら。

 今年に限っては楽しみなのと同じくらいに切羽詰まっているというか、あまり余裕がない心持ちで開幕戦を迎えることになりそうなのがちょっと悲しい。サッカーの試合は非日常の世界のはずなのに、ヴェルディがいよいよ危ないとかコンサも債務超過に陥りそうとか周りを取り巻く現実が重すぎて息苦しくなっているのかもしれない。

 でも、今年もまた厚別で試合が出来る。試合を観られる喜びやありがたみを感じられる。
 今まではイライラしっぱなしだったけど、これからは快進撃を見せてくれるさ。
 そう信じてサポーターは再び厚別へと足を運ぶ。

 行け行け赤と黒の 俺たちの札幌
 そうここは我らの厚別 みせろお前の情熱

 さあ、ここからどんでん返しと行こうか!・・・なんて久しぶりにキザモード全開だな(汗)。

posted by フラッ太 |22:41 | ちょっとカタい話 | コメント(2) |

2010年05月25日

悔しいよりも恥ずかしい!

 昨日は日韓戦。仕事で見ることができなかったのは良かったのか悪かったのか・・・。

 パク・チソンに「10年前より弱い」とこき下ろされても言い返すことすらできん(泣)。
 「岡田ジャパンと石崎コンサがダブるよ・・・」という方はオフィシャル内でも多く見られる。
 実際、いろんな面で重なって見える面は多いし、
 「どうしてこうなった・・・」とため息をつきたくなるのもまた事実。でも、一番の問題は

 やる前から諦めムードってなのはどーなのよ?

 同じ監督2年目の栃木が今4位にいるのに比べて、コンサは何やってんだ!とイラつきもする。ここまでホームで1勝しかできてない現実もさらにイライラを加速させる。ケガ人は多いし、ベストメンバーが組めないのはハンデとしてはあるのかもしれんが、だからっていつまでも仕方ないで終わらせていてはダメだと思う。

 富山戦は今年1発目の厚別での試合。
 選手はもちろんだけど、サポーターもここ一番の気合いの入れどころだ。

 絶対勝とうぜ!

 
 

posted by フラッ太 |10:48 | コンサについて | コメント(0) |

2010年05月24日

第14節VS徳島・アフターインプレッション。

 箇条書きで印象を。まずは前半。

 ・アリバイプレス
 ・島田怖ぇー、そして柿谷はもっと怖ぇー!
 ・ボランチのところでの潰しは一応できている?
 ・CB身体張ってる
 ・古田はタイミングを読まれてる?

 結論としては前半フルボッコ。で、後半。

 ・パスミス多し
 ・ハッキリしないプレー多し、誰が行くのか約束事はないの?
 ・藤山さすが
 ・ミヤザー投入でやっと起点
 ・内村ラスト左足なら・・・

 見どころがないに等しい(泣)。
 こんだけフルボッコにされてミス連発なのに0-0で引き分けってのはむしろ徳島に申し訳ないような気持ちにさせられた。福岡戦のフルボッコはこっちが完全に抑え込まれて福岡のやりたいことが体現できていた。だから0-3のボロ負けってのは納得の結果ではあるのだが、徳島戦は「何だかなあ・・・」と脱力感いっぱいになってしまった。

 想像でしかないのだが、前半は0-0でOKと踏んでいたんじゃなかろうか。
 DFラインはともかく、スタメンには宮澤とカズゥがいない。
 石崎コンサは縦ポン禁止のルールでもあるかのように“地上戦”にこだわる戦い方をしている。DF→MF→FWとつなごうとしてもそれができない。砂川がトップ下(?)にいるものの、そこまでボールをつなげられない。三浦コンサならセットプレイ1発、“高さでアタック作戦”で1-0逃げ切り・・・というのもアリだが、石崎コンサでは不可能に近い。カズゥもいないからFKの飛び道具も脅威になり得ない。となると、打てる手は自然と限られてくる。石崎監督はSHで起点を作ろうとしていたようだけど・・・。

 映像を見るまでポイントとしていたのは意図の有無。
 仮に前半0-0でOKという意図があったとして、囲んで奪いに行くのか、奪うのではなくて前に行かせなきゃいい、回させるぶんにはいいという意図があったのかがまずわからない。ただ人数をかけただけの中途半端な守備でせっせと自分で穴を作ってしまったような印象がある。そのせいでCB大忙し、“芳賀さんお疲れさまです状態”を招いたんだと思う。徳島の選手が巧くかわしたというのもあるんだろうけど・・・。

 結果的に大分戦も含めて宮澤が入ったことで良くなったんだけどこれは2つの理由があって、1つは宮澤がボールを持てる選手であることともう1つは主にFWとの間で意思の疎通、連係が巧くできていることがあるのだと思う。クライトンほどの絶対的な信頼感はないけど、「こういうボールを出してくれ!」っていうのを最も巧くやれるのが宮澤なんだろうなあと思った。もちろん近藤の投入で前線の起点が増えたことも大きく影響しているのだが・・・。

 メンツ不足で致し方ないという面があるにせよ、意図が見えない、やってることがバラバラ、ところどころつながっていてもそれが1つにまとまっていない・・・というのでは到底勝ちにはたどりつけない。この1試合だけに限って言うなら何の進歩も成長もない試合、スタメンとサブの差が大きいというのがわかっただけの凡戦、消化試合といっていいと思う。それでも、アウェイゲームを無失点で勝ち点1を拾って帰ることができただけ最低限の結果は残したとも言える。

 ぶっちゃけ、今の状態ではどことやってもかなりしんどい戦いを強いられそう。
 特に宮澤かカズゥのどちらかが復帰しないことには中盤が安定しない。DFの薄さよりもMF(特にボランチ、CH)の薄さで悩まされる日々が当分続くだろうなあ。移籍した2人の穴がここまで大きいとは・・・。鯱さんもダニルソンをベンチの置物にするくらいならさっさと返しやがれ!いや、返してくださいおながいしますと言いたくなってくるんだが(汗)。

 やりたいことができないのは選手が下手くそなのか、監督の指導が悪いのか、それとも強化部の見通しが甘いのか、お金のない経営に問題があるのか。いろいろと現実を見せつけられてヘコんじゃうけど、これらを全部ひっくるめてチームの総合力なワケで・・・。サポーターがカネを出したり、スタジアムに足を運んで声を挙げたりすることで(時にはそれがヤジやブーイングになったりもするけど)少しでもその力が上がるのならやっぱりそれを続けていくことしかないんだろうなあ。

 何にせよ、次は厚別開幕戦。ゴリの「俺たちは強い!」じゃないけど、
 「オレ達はやれる!」ってのを何が何でも結果で示したい。示してほしい。

 ・・・いつになく暑苦しくなったなあ(汗)。

posted by フラッ太 |09:00 | アフターインプレッション | コメント(0) |

2010年05月23日

消化不良な消化試合。

 アウェイでの徳島戦はスコアレスドロー。

 例によって映像は見ておりません。さらっとブログ巡りをしての全体的な印象ということで。
 順位はウソをつかないというか、スタメンからして途中交代で近藤・内村・宮澤を投入せざるを得ないところに今のチーム力がよく現れているというか。もし、スタメンで最初から五分五分の勝負ができていれば、こんな順位には沈んでいないだろう。

 みうみうであれば、いや三浦さんじゃなくても昨日のスコアレスドローでの勝ち点1は妥当な結果だったとコメントしただろうなあ。むしろ、納得行かないのは徳島の方じゃなかろうか。判定勝ちがもしあるとしたら誰が見ても赤い旗が三本で徳島の優勢勝ちだった、そんな試合であったことと思う。

 勝ち点3を獲るのは今のコンサの状況と徳島の状況からすれば至難の業。
 最も落ち着くところに落ち着いたんだと思うが、あと少しという場面で入らないのが今のコンサの流れであり実力であるということ。それを再確認できた試合だった。

 淡々と試合が進んでいって淡々と終わった。
 そんな気がしているが、凡戦と斬って捨てるのは映像を見てからになるかなあ・・・。

posted by フラッ太 |10:54 | 試合後の印象 | コメント(3) |

2010年05月22日

徳島戦の展望。

 キックオフまで時間がないので手短に。

 キリノが調子を上げてきたのでコンサはキリノをどう活かすか、徳島はキリノをどう封じるかが基本的な戦い方になるだろう。コンサの場合はキリノ一辺倒にならないようにするにはどうしたらいいのか?というところで選手や監督の考え方がどう進化するかが勝敗の別れ目かな。

 徳島がスペースを消して臨むのか、パスの出し手を潰しにかかるのか?
 前者だったら今までの傾向からして1トップだと苦労しそうな気がするが・・・。
 むしろ、プレス合戦のほうが勝機はあるかな。アウェイなのでどこまで体力が続くかというのはあるが、ヘタにペース配分をすると却って柿谷にいいように動かれ島田にはやられとなる気もするので前半に押し込んでリードする展開に持ち込みたい。

 いずれにしても、2列目の動きがカギか。
 どうも普段ジョーカー的な起用の砂川をスタメン起用しなければならないほどメンツが苦しいみたいだけど、砂川だって頭から出たいはずだしここは一発決めてほしいね。宮澤ばっかりにいい顔させておくこたぁない。なかなかゴールが奪えない古田もここは奮起してほしい。石崎コンサはSHの消耗が激しい(気がする)ので飛ばせるだけ飛ばしてアグレッシブにゴールに向かうべし。

 今日は仕事なので勝っても祝杯は明日におあずけなのがちと淋しいが、
 そろそろ勝とうぜ!

posted by フラッ太 |10:05 | ビフォー&アフター | コメント(0) |

2010年05月21日

突貫工事でGO!アイウエオ作文大作戦・徳島ヴォルティス編

 なにーっ!徳島戦は土曜日だとぉー!?
 のんびりアフターインプレッションを書いてる場合ぢゃないっ!
 しかもヴォルティスってお題が難しすぎる・・・(泣)。
 基本的なことを忘れてるって、コンサが勝てないからだぞ!(←他人のせいにすんなっての)

 こうなったら突貫工事だ!悠長に1文字ずつでは到底間に合わない。力業で行くぞ!

   と・・・・・遠くに霞む 昇格のイス
   く・・・・・苦難の道は 今なお険し
   し・・・・・辛抱すべきと わかっちゃいるが 
   まう゛・・・marvelous(まーう゛ぇらす)な勝利を望む
   おる・・・・おるぁー! さっさと勝たんかいっ!
   てぃ・・・・tear(てぃあー)は 勝って流したい
   す・・・・・スカッと勝って 祝杯だ!

 強引矢の如し、じゃなくて光陰矢の如し。
 もう3分の1を消化。赤帽さんのところはまだ1年目だから4連敗でも言い訳はきくが、ウチは2年目だ。そろそろ結果を出さにゃいかんでしょう。相手が難敵なのはわかってるし、メンツが苦しいのも事実。でも、こういう時でも勝てるようにならないといつまでたっても昇格なんてできないぞ。やたらと勝つをネタに多用したのもひとえに勝ってほしいがため(時間がないというのも多分にあるが)。

 身内とも言える道新に危機感が足りないなんて書かれるってのを
 悔しいというだけじゃなく少しは恥ずかしく思ってほしい。

 頼むぜ、勝ち点3!

posted by フラッ太 |14:24 | ネタの殿堂 | コメント(2) |