スポンサーリンク

2008年04月30日

ありがたい話なんだけど・・・。

 代打出場もだいぶ慣れてきて、「守備固め」に昇格した感がある職場。
 で、4月も終わりになって人の方も入れ替わりが激しくなってきた。ただ、なかなか頭数が揃わない上に新たに仕事を覚えなくてはならないという方が多いから、主力メンバーにいろんな意味で負担がかかっている。
 
 それでも日中はまだ入れ替わりがないのでいいのだが、それまで僕が入っていた夜の時間帯が厳しいようで、軌道に乗せるまでにはまだまだ紆余曲折がありそう。上司がそれとなく夜の時間帯の都合を訊いてくるのもそのあたりを心配してのことだろうし、今日の帰りがけにも「谷間の登板」を頼まれた。

 ありがたい話だと思う。
 それなりに長く勤めているから、頼りにしてくれているというのもあるのだろう。

 ただ、僕自身これからどうするのかというのを決めなくてはならない時でもあるのだ。
 当てにしてくれるうちはまだいいというのも確かにある。僕ももちろんそれに応えるつもりはあるし。
 
 どこで線引きをするか。悩むところである・・・。

 ※4月29日付アクセスランキングにランクインすることができました。
 こちらは掛け値なしにありがたいです。ありがとうございます!
 スチャラカネタがかなり多かったですが、これからもよろしくお願いします。
 なお、明日以降はスチャラカモードでいこうと思いますのであしからず(笑)。

posted by フラッ太 |21:19 | 日記 | コメント(2) |

2008年04月30日

柔道。

 昨日の全日本選手権。
 井上康生が何かと注目されていたが、準々決勝で敗退し北京への道は絶たれた。

 石井慧が代表の座を掴んだのだが、何となく後味の悪さが残った。
 鈴木桂治を後2秒で一本勝ちまで追いつめながら結局は優勢勝ち。問題はその過程。警告やら指導やらでポイントに差がついたのだ。

 ふと思った。

 別に優勢勝ちでも勝ちは勝ち。なのに、イマイチしっくり来ないのはなぜなのだろう?

 日本の柔道の「本当の勝ち」はあくまでも一本勝ちであって、優勢勝ちはただ勝っただけ、ということなんじゃないだろうか。ルール上消極的な試合運びは指導などをとられるが、それはただの「ポイント」でしかない。

 柔道が「JUDO」になってしまったのもこのあたりにあるような気がする。
 だから、一本勝ちでなければ優勝でも代表になれないかもしれないという事情があったにせよ、井上康生が内股を狙いにいって敗れたことには納得がいくというか「本物の柔道」を見せてもらったというか、ただの勝ち負けを超えた何かがあった気がしたのである。

 スポーツ紙では引退の文字が踊っている。井上康生の吹っ切れた(ように見える)表情がある。
 きっと、自分の柔道をやりきったということなのだろう。

 代表選手には「柔道」で北京を湧かせてほしい。

posted by フラッ太 |09:05 | スポーツ | コメント(0) |

2008年04月29日

負けは負けでも・・・。

 浦和戦は2-4の負け。
 負けたのだからもちろん悔しいに決まっている。

 でも。

 ネットでの文字上の情報でしか知らないのだが、序盤で先制し一度は勝ち越した。
 三浦監督が「20分くらいまでは理想的な展開だった」というように、苦しい戦力の中でリードを奪っていたのだ。
 たとえ前半を浦和が「流した」としても、浦和を本気にさせることはできただろう。今までリーグ最低の得点しか上げられなかったコンサが、前半だけで2点を獲るなんて誰が想像できただろう?
 2-2で前半を折り返すなんて、計算外だったに違いない。

 ただ、後半は自力の差を見せつけられた。

 エジミウソンの2ゴールで敗戦。45分で「現実」に引き戻された。
 でも、この現実は認めなくてはならない。
 埼スタを埋め尽くすサポーター、個人の能力の高さ、選手層の厚さ。控えにエスクデロや高崎を入れてくるあたり、ハッキリ言ってナメられている。ファイティングスピリットだけでは到底その差は埋めることができなかった。

 ひたすらフルスロットルで行くしかなかったコンサ。
 きっと後半は運動量も落ちて、どうにかしたくてもどうにもならなかったのではないだろうか。

 ひとつだけ納得がいかないことは、謙伍を後半35分にもなってから投入したこと。
 アウェイゲームで同点で折り返したことがあったとしても、後半早々ゴールを奪われたのだから、勝負に行くにはもっと早い投入をすべきだったのではないか。

 力負け。
 でも、新潟戦に比べたらずっと納得のいく負けである。

 次は京都戦。
 パウリーニョがケガで離脱し、田原はダヴィ同様1発レッドで出場停止。
 同じ昇格組には負けられない。
 謙伍もそうだが、宮澤の雄姿を見てみたい。
 

posted by フラッ太 |21:06 | コンサについて | コメント(3) |

2008年04月29日

意地を見せてくれ!アイウエオ作文大作戦4~浦和レッズ編~

 とりあえず、ダヴィの出場停止は2試合で済んだのでほっとした。
 緑戦に向けて1対1の特訓に励んでほしい。

 過密日程で、しかもアウェイの連戦。FWも駒不足でこれ以上ないほどの緊急事態。
 でも、やるしかない。緑が名古屋に勝てるならコンサだって浦和に勝てる!

 ではいくぞ!お題は今回も直球勝負で「浦和レッズ」。

 う・・・・恨み言いってもしかたない
 ら・・・・楽勝なんてさせないぞ
 わ・・・・われらコンサは戦うぞ
 レッ・・・レッドでダヴィはいないけど
 ズ・・・・ズルズル下がるな食らいつけ

 今の浦和は個の力はあるかもしれんが、組織としての強さはない。
 付け入るスキは十分にある。鉄板カードを覆せ!

posted by フラッ太 |09:08 | コンサについて | コメント(8) |

2008年04月28日

イメトレ。

 ビデオテープを整頓していたら、サイコロ6と書かれたテープを見つけた。試しに見てみたら、サイコロではなく去年の大一番・ドームでの京都戦だった。結果は終了間際に追いつかれドローとなったのは皆さんご承知の通り。

 でも、このテープを見つけたのは、運命づけられたというかただの偶然ではない何かに導かれた気がした。

 あの試合は、岡本と石井のゴールで一時は昇格をつかみかけた試合。岡本の左足一閃のシュートも美しかったが、岡本からのパスを受け「勝負」して奪ったPKを自らゴールど真ん中に蹴り込んだ。

 ファイティングスピリッツに溢れた謙伍。

 J1に上がった今だって、きっと努力はしているに違いない。でも、ゴールという結果が出ない。

 なのに、なぜか明日はきっと謙伍がゴールを決めてくれるという予感がした。何の根拠もないけど、そんな気がしてならないのである。「さんざん待たせやがって!」とか「やっと決めてくれたぜ!」とか涙にくれる自分をイメージしてしまう。

 それも終了間際の決勝ゴールで埼スタを静まりかえらせてしまう。京都戦の借りを返すかのように。たまりにたまった鬱憤を晴らすかのように。

 きっとやってくれる。

 虫の知らせっていうのは案外信じてみるとそうなったりするもんだよ。

 

posted by フラッ太 |20:43 | 日記 | コメント(3) |

2008年04月28日

久しぶりにtoto予想。

 第8節のtotoは大荒れ。
 鉄板カードで波乱続出。緑が名古屋に勝ち、横マリが大分に敗れ、仙台が水戸に引き分けるなどで1等はなし。全くもって緑は余計なことをしてくれる。

 で、久しぶりにtotoの予想をすることにした。
 
  柏VS清水 1,0 柏1本でも良さそうな気がするが保険の意味で。
  磐田VS京都 1 田原が出場停止。ジウシーニョ調子良さそうだし。
  浦和VS札幌 2 支持率最低。でも、ここは心意気で(笑)。
  横マリVS千葉 1 ザル守備の千葉が相手。これはいくら何でも鉄板でしょ。
  名古屋VS川崎 1.0 名古屋有利とみるが、打ち合いでドローも。
  新潟VS東京V 0.2 いろんな意味で悩ましいカード。緑が勝つとみるが、緑が勝つのも何かシャクだし(苦笑)。
  FC東京VS大分 1 キレキレ大竹に期待。
  鹿島VS神戸 1 過密日程が気になるが、ホームで負けてはいけない。
  G大阪VS大宮 1 同じく。
  仙台VS鳥栖 0 3試合連続引き分けの仙台。鳥栖が相手なので引き分け1本で勝負!
  熊本VS甲府 1 支持率は低いが、ホームの力に期待。
  福岡VS草津 調子の上がらない草津。ホームなら福岡勝てるでしょ。
  愛媛VSC大阪 2 自力の差で行けると思うけど・・・。

 今回も悩ましいカードが多いなあ。まあ、それでもけっこうチャレンジした予想のつもり。あんまりマルチを使っても当たらん時は当たらんし。コンサが波乱を演出することを切に望む(笑)。
  

posted by フラッ太 |11:03 | 日記 | コメント(0) |

2008年04月27日

浦和を飲んで食う。

 火曜日にはもう浦和戦。
 いつまでも昨日の試合を引きずっている場合ではない。

 で、さっそく浦和を飲んで食うことにした。

 まずは基本の(?)赤飯おにぎり。あくまでも「赤」を食うためである。
 べ、別に新潟のことなんか気にしてないんだからねっ!

 その証拠に。
 飲む方は、レッドブルのエナジードリンクを買ってきた。浦和でピッチを我が物顔で駆け回るトゥーリオを飲んでしまえば勝利はいただき。間違いない!あの態度のでかさは代表の時だけにしてほしい。

 レッドブルといえば、今日はスペイングランプリ。F1もいよいよ本格始動。
 中嶋一貴がどこまで頑張れるかなあ。楽しみである。

posted by フラッ太 |20:31 | 日記 | コメント(4) |

2008年04月27日

アップセットを起こせ!

 新潟戦はさんざんだった。
 でも、もう終わったこと。火曜日には浦和戦が待っている。

 totoの札幌勝利の支持率は全カード中最低。
 まあ、常識的に考えればそうなるわな。浦和と札幌の自力の差、ダヴィの出場停止、昨日は京都相手に4-0で圧勝。横マリVS千葉と同様、誰もが鉄板カードと考えるに違いない。

 が、コンサに希望を見いだすなら、そこそこ安定した守備。
 確かに浦和は京都に圧勝した。高原もようやくお目覚めの様子。でも、点を取ったのは田原が後半9分に退場した後。つまり、11人対11人では京都のディフェンスを崩せなかったわけで、そう考えると、コンサの守備ならそこそこ互角に戦える可能性は十分あると考える。

 ポンテも鈴木啓太もいない。トゥーリオがどこに入るかにもよるが、中盤も真ん中はそこそこいい勝負になるように思う。となると、カギはサイドの攻防。ここで主導権を渡さないことができれば勝機はある、とみる。

 問題はFW。高原は何とか柴田に抑えてもらうとして、コンサはどうするか。
 2トップなら宮澤と石井のコンビがバランスが取れているかなあ。宮澤はポスト役、石井は裏へ抜けるムダ走り役。1トップなら、いっそのことノナトをギャンブルで使ってみるのも面白い。面白半分で、ってのもどうかとは思うけど、石井を1トップにするよりはマシな気がする。どうせ動けないだろうし(苦笑)。オフトジャパンの高木のようにペナルティエリアの幅から外に出ない、と決めてしまうとか・・・。

 引き分けでもtoto的には十分おいしいが、やっぱり札幌勝ちに賭けるのがコンササポーターの心意気ってもの。今までと同じくしっかり守って、じらしてじらして焦らせて浦和に勝とう!勝ち点を獲るなんて中途半端なことは考えずに勝ちにこだわろう!

posted by フラッ太 |10:58 | コンサについて | コメント(2) |

2008年04月26日

アルビレックスネタで・・・。

 気分転換で、アルビレックスをネタにすることにした。

 今日の新潟戦の敗因とかけて、いかりや長介と説く。そのココロは、

 ダヴィだこりゃ。

 次節は出場停止だから、「次、行ってみよう!」とはならないのが淋しい・・・。

 新潟のサポーターに贈る言葉とかけて、今日の聖火リレーと説く。そのココロは、

 あっそ、よかったね(←至って無関心に)。

 ・・・べ、別に負け惜しみってワケじゃないんだからねっ!

 R30っぽい気がしないでもないけど、まあいいか。

 ・・・忘れましょ、今日のことは。 

posted by flatta |22:36 | 日記 | コメント(0) |

2008年04月26日

寒い!

 STVの岡崎アナの「我らがコンサドーレ」という言葉がやけに虚しく響いた。
 
 新潟はハッキリ言って弱かった。
 わざとゆっくり攻めるというのではなくて、それしかできないといった攻めだった。サイドの主導権はほとんどコンサが握っていて、新潟は中盤のタメなどてんで作ることができなかった。アレッサンドロの個人技頼み。

 一方、コンサ。

 申し訳ないが、ダヴィが1発レッドを喰らった時点で今日の試合の勝ちはないなと思ってしまった。ただでさえ、クライトンを緊急避難的に前の位置で起用しているのに、ダヴィが欠けたらボールの出しどころがない。緊急処置の緊急処置で西を前に上げるが、ハッキリ言って飛車角落ちもいいところ。
 
 西を責める気はない。むしろよくやったと言える。何とか前半を0-0で凌いで、後半は攻めの枚数も増やして勝ちに行ったが飛車角落ちでは「あと少し!」と思わせるのが精一杯。

 下位チーム同士のグダグダな試合。新潟のひどさは想像以上だったが、チャンスがありながら追いつけないコンサを見るとどっちもどっち。正にお寒い内容というにふさわしい。

 アタマ冷やしましょ。

 楽に勝てるチームなんて、今のコンサには1つだってないんだから。

 次の浦和戦が楽しみだなあ。FWどうすんだべ。ダヴィは出場停止だろうから飛車角抜きで埼スタ行き。浦和サポから「ナメてんのか!」と突っ込まれるのは間違いない。

 totoで札幌の支持率が高い時はたいてい外してくれる(←あくまでも個人的印象)。浦和戦はみんな鉄板カードにするだろうから、札幌勝ちで投票すれば大儲けできること間違いなし(引き分けはそこそこ行きそうだからおいしくない)。

 自虐的に書かなきゃやってられん!という試合であった・・・。

posted by フラッ太 |16:43 | コンサについて | コメント(2) |