スポンサーリンク

2009年12月31日

コンサドーレは恵まれている。

 1年でJ1に復帰する!

 ・・・と口で言うのは簡単だけど実際にそれができるかどうかは別問題。事実、今年のコンサは昇格争いに全く絡むことなく1年を終えた。広島が1年でJ1に戻れたのは監督も代えず、選手の入れ替わりも最小限に抑えたことが大きく例外中の例外と言っていい。
 降格した初年度は何がなんでも1年での再昇格を目指したくなるもの。しかし、上がれば何とかなるというのは幻想に過ぎないということをコンサは過去から学んでいた。サポーターと石崎監督がお互いに内容も結果も共に追いかけるという意識を共有できた。

 ただ上がるだけではJ1を戦えない。

 石崎監督が就任1年目ということもあり今年はそんな先を見据えた辛抱をすることができた年。再昇格を狙うなら監督交代の声が挙がってもおかしくないがそんなギャンブルをしなかった。石崎監督も契約を延長して来年勝負に出ることを決めてくれた。完全にスポンサーを降りられても文句の言えない中でニトリ様が大幅減額とはいえ来期も残ってくれる。ありがたい話だ。

 ゴン中山が札幌に来る。
 賛否両論があったことと思う。J2とはいっても簡単に出られる保証はない。戦力として役に立つのか?というのは少なからずあっただろうし、ぶっちゃけ今もある(汗)。そんな中、ゴンは札幌に再起の道を求めた。記者会見でも相当の覚悟を持っていることがうかがえた。
 石崎監督は「元気があればJ1に上がれる!」と言った。まだ年も明けていないうちからゴンは記者会見だけでサポーターの心を引きつけた。いや、サポーターだけにとどまらず、恐らくはアラフォー世代を中心に「まだまだ頑張れる、頑張ろう!」と勇気づけたことだろう。イヤらしい話だけど、ここ数日の露出だけで十分に年俸分のモトは取れたんじゃないかとさえ思ってしまう。記者会見では控えめだったけど、ゴンのあの暑苦しさは技術はあるけどどこか脆さのあるコンサの選手たちにはきっといい影響を与えるはず。

 ゴンがお金の問題ではなく医療体制などの環境面を重視したというのを聞いて改めて思った。

 「コンサドーレは恵まれている。」と。

 今年、弾丸ツアーで足を運んだ宮の沢。
 クラブハウスがある。芝の練習場がある。それが当たり前の光景になっていた。でも、これらが当たり前にあるってのが実はとても恵まれているということを忘れてしまっていた。プロサッカークラブならこれらの施設はあって当たり前なのかもしれない。地理的なハンデがある分そうした環境にお金をかけないと選手が来てくれないというのはあるだろうし。しまふく寮だって右も左もわからない若手の選手にとっては健康管理の上で大いに助けになっているのは間違いない。それを支える蛯沢夫妻や現物支給をしてくれるスポンサーの存在がある。

 J2の頃から取材を続けてくれるマスコミもある。最近はすっかりファイターズにかっさらわれちゃったけど・・・。思うように勝てなくてもゴール裏に駆けつけるたくさんのサポーターがいる。移り気な道産子気質を引きつける何かがある。それはコンサにじゃなくてサッカーそのものにあるのかもしれないけど。
 北海道はでっかいどう!なんて言われると大抵の道産子は馬鹿にされていると思っていい顔をしない(と思う)。時に大雑把でアバウトになったりもするけど、コンサドーレにはそれすら受け入れてしまう大きな器がある。間借り状態だけど4万人を集めることができる札幌ドームという器がある。ユースから少しずつトップで活躍する選手が増えてきた。U-15は高円宮杯で優勝できなかったけど、まだまだコンサドーレの器は大きくなることができる可能性があることを見せてくれた。

 貧乏所帯で様々なことに思うように手をつけることができないけど、改めて思う。
 コンサドーレは恵まれている、と。

posted by フラッ太 |10:23 | ちょっとカタい話 | コメント(2) |

2009年12月30日

09年を私的にふり返る。

 本来なら10大ニュースの形で書きたかったんだけど、
 去年とあまり変わらない上10個もニュースがないのはどうしたもんか・・・。

 まずは今年立てた目標の反省から。

 1.ヤセる。・・・10㎏はおろか7㎏減にとどまる。
 2.今年こそ試験に合格する。・・・今年もダメだった。
 3.今年も生でコンサを観るぞ!・・・38節愛媛戦を生観戦。

 ここ2,3ヶ月は月1kg減すらままならない。増えてはいないけど。今年も試験はダメだった。情けないなあ。カラダ(筋肉)は使わないと硬くなるし、アタマは使わないと鈍くなる。毎日更新こそしてないけど、少しブログをセーブせにゃいかんかも・・・。しかし、今年は勝ち試合を生観戦できた。0-2までは内容はグダグダだったけど(汗)、キリノ・ハファエル・ダニルソンの揃い踏みが見られたから良しとしよう。ダニルソンのドッカンミドルのシュートスピードはマジでビックリしたぞ。来年は内容も結果も伴ったものを強く望む。

 で、当ブログ。
 2年8ヶ月続けてきて、おかげさまで今のところ45万アクセスを超えました。
 読んでくださった方に改めて感謝すると共に御礼申し上げます。

 最近ネタ作りに重きを置きすぎたせいもあってか、ちとカッチリとやりすぎたかなあというのがあって(ネタそのものもだけど)。日記替わりにしていたのをコンサ濃度を濃い目にしようということで別館を建ててオフィシャルの方は基本的に硬めにしようという意図はあったんだけど、ちと硬めに振り過ぎてワーカホリックならぬブログホリックになってしまっているのかも、と思っている。

 日々の生活の中で朝起きたらまずPCを起動させてオフィシャルブログを開く。それだけコンサが自分にとって当たり前のものになっている。来年に向けてしっかりレプユニや弾丸ツアーの軍資金を確保したりするあたりはどっぷりコンサにハマっている証拠。もうレプユニの分は確保済みで、ゴンの加入によって1試合しか観ないであろうに思わずシーチケを買おうとか、ゴンが巻いているマフラーが欲しいなとかホーム開幕戦にプチ弾丸ツアーを決行しようかと思ったほど(笑)。うーむ、ゴン恐るべし・・・。

 ちょっと肩の力を抜いて距離感をどう測っていくかが来年の課題かな。実生活を破綻させたんじゃ本末転倒だし。PCもwindows 7の登場でリニューアルしたいし、地デジ環境もそろそろ導入したい。ダイエットもサボリぎみだしなあ。まあ、1年があっという間に過ぎ去るようになったし、「いい1年になるといいね」じゃなくて「いい1年にする!」というアクティブな気持ちを持つことが一番大事なこと。

 大晦日が年をまたいでの仕事なのでイマイチ年越しというイメージがわかないんだけど、
 一応プライベートに関してはこれで締めということで。さて、予約録画を済ませておくか・・・。

 

posted by フラッ太 |20:09 | 日記 | コメント(0) |

2009年12月30日

年末恒例!赤黒歌合戦09④。

 今年は曽田の引退に代表されるように世代交代というのを強く感じた年だった。
 なので、今年の赤黒歌合戦のトリは最初から決めてました。この曲です。

    NEXT GENERATION

  僕らが生まれて育った 札幌の街何にもなかった
  年に1回だけやってくる巨人 円山シリーズ中継するだけ

  プロスポーツチームが欲しくて コンサドーレ札幌できたんだ
  厚別のゴール裏 勝利を願ってコンサドーレと叫んでいたよ

  僕らは降格するたび 何故勝てないんだと涙を流した
  助っ人に頼って無理をしすぎて 生まれ変わる道筋探した

  J2ビリでも我慢して 地道に種を蒔いてきた
  J2の荒波を乗り越えるたくましさ 僕らはいつも持ち続けてたい

  曽田雄志引退しコンサの魂を 受け継いでいくこれからの世代
  明確なコンセプトコンサのクラブカラー 求め続けてくこれからの世代

 去年から選手の入れ替わりが大量にあった中で、征也やカズゥや宮澤が1年を通して主力で頑張ったのは実質的には今年が最初。レンタル頼みから方針転換してユースや生え抜きの起用が少しずつ増えていった。特に今年は古田が飛び級でトップチームに帯同し、スタメン出場にまでこぎつけるなど育成がだんだん実を結びつつあるように思う。レンタルとはいえ、大伍がJ1の新潟から誘いの声がかかるというのは借りるばっかりだった頃を思えば隔世の感すらある。

 ネタでは韻を踏む都合上これからの世代としているけど、実際には世代というよりは英語で言うところの“DECADE”に近い感覚。選手が背負うという意味では曽田から征也やカズゥ・宮澤に頑張ってもらいたい。今まではコンサドーレがあることが当たり前じゃなかった。ファイターズに美味しいところをかっさらわれたというのはあるけど・・・(汗)。
 北海道にプロスポーツチームがあることが普通になった今。次の10年間はファイターズやレラカムイ・エスポラーダなどとどう共存してコンサをどう盛り上げていくか。そしてそれは選手だけに背負わせるんじゃなくてサポーターにももっとできることがあるんじゃないだろうか?っていう感じで今回この曲をトリに持ってきたワケで・・・。

 さて、来年はどんなネタになるのやら(←まだやる気かよ!)。

posted by フラッ太 |11:00 | ネタの殿堂 | コメント(0) |

2009年12月28日

年末恒例!赤黒歌合戦09③。

 改めて歌詞をチェックするとかなりカブりぎみ。しかし、もう勢いで行ってしまうぞ!

   がんばれブロークンハート

 思い出が胸をよぎるロスタイム お約束みたいにまたドローで終わる
 下を向くな みんな悔しい
 函館でメガホン握るカズゥ 勝てなくてムシャクシャして泣きたくなった
 だけど少し心の向き ずらせば次こそ必ず勝てるはずさ

※がんばれコンサドーレ It's my life ため息をつくだけじゃダメ
 がんばれ僕らの元気 来年上がるぞ
 がんばれコンサドーレ Just do it 楽しいと感じていたい
 がんばれ戦う気持ち  もう一度目覚めて※

 グチってたひとりの夜は昨日 ふてくされて寝たらもうちゃんとしている
 相変わらず単純だね いっそ気にしなけりゃ楽と思う

 がんばれコンサドーレ It's my life 貧乏と嘆くだけじゃダメ 
 がんばれ荒谷と謙伍 今度はライバル
 がんばれコンサドーレ Just do it 出会いもあれば別れもある 
 がんばれ柴田と元気 またいつか会おう

 もしもコンサが消えてなくなってしまったら
 生きていく張りがないよねきっと

 がんばれ中山雅史 魂を見せつけてやれ
 がんばれ内村圭宏 速さで切り裂け
 がんばれ藤山竜仁 落ち着いたプレーを頼む 
 がんばれ近藤祐介 ゴリゴリ突破して

 ※~※くりかえし

 「頑張れ!」をキーワードに選んだのがこの曲。「頑張る」じゃなくて「頑張れ!」と一歩進んで行かなきゃJ1は見えない気がして・・・。今年はJ2からのリスタートと曽田の引退という区切りが半分半分な年だった感じ。で、来年はというと・・・。さあ、オーラスのネタを作るとするか。

posted by フラッ太 |21:00 | ネタの殿堂 | コメント(2) |

2009年12月28日

やっとか・・・。

 PCが機嫌を悪くしたかどうかは知らないが、突然ブチッと電源が切れた。何度かリトライしてみたが立ち上がらない。最悪の事態も覚悟したが、とりあえず一晩空けたらなんとか起動した。とはいえ、いつお亡くなりになるかわからないのでビビリぎみ。まあ、ブログの更新が途絶えた時はPCが逝ったということで・・・。

○林 卓人選手 ベガルタ仙台へ完全移籍のお知らせ

 林は仙台の正GKで気持ちは既に仙台の一員だっただろうから特に驚きはない。去年の時点で仙台に完全移籍するものだと思っていたし、異例の3年目のレンタル継続になったのは仙台が出すものを出さなかった(出せなかった?)のが理由としては大きいだろうからあまり悲しい気持ちにはならないというのが正直なところで林個人を恨むことはない。三上さんもそのあたりの“実”の部分はしっかり考えているだろうし・・・。

 仙台は来期はJ1。再来年コンサがJ1に行くから待ってろよ!

posted by フラッ太 |09:44 | コンサについて | コメント(0) |

2009年12月27日

一足先に、国立へ。

 「元日の天皇杯について調べてきました。」「はい」
 「サッカー天皇杯は元日にくにたち競技場で行われます。」「こくりつ、な。くにたちじゃなくて。」
 ・・・などというナイツのようなツカミはこれくらいにして。

 国立競技場。

 サッカーでは天皇杯の決勝、ちょっと前はスーさんのループシュートがあった日韓戦など一段高いステイタスのある舞台。そこは簡単にたどり着ける舞台ではなく、そのステイタスに見合うだけの実力を持ったものしか立つことができない。

 高円宮杯準決勝。コンサドーレ札幌U-15がヴェルディジュニアユースを3-1で下してトップチームより一足先に国立の舞台に立つ。ヴェルディに勝ったってのが喜びひとしおだよなあ。高円宮杯決勝といえば征也と大伍がかつて辿り着いた。で、ヴェルディのジュニアユースに負けた・・・。そして共にトップ昇格を果たし、今やコンサの屋台骨を支える存在。大伍はひとりJ1昇格だし。来年こそ上がろうよ、ホント。

 ユースに関しては全くの不勉強で神田君くらいしか知らない(汗)。だけど、征也や大伍のことを考えると今から「要チェックや!」っていう選手であり世代なんだろうなあ。来期はゴンの加入で注目度が上がるだろうが、3,4年後は神田君をはじめとするユース世代がどれだけトップに昇格できるかを考えると「コンサはしっかり地力をつけてきているよね」とどことなく安心できる気持ちになる。

 決勝の相手は神戸のジュニアユース。最近、神戸とは妙に縁があるような。神戸は下の世代はかなり強いらしいし、トップの監督はみうみうだし、村野夫妻も尽力されている。いろんな意味で負けたくないなあ。ここまで来たら優勝して「札幌始まったな」というのを内外にアピールしてほしいもんである。

 ・・・それにしてもネタが間に合わねぇ。

posted by フラッ太 |17:18 | コンサについて | コメント(0) |

2009年12月26日

年末恒例!赤黒歌合戦09②。

 えー、本気出してみました(←そっちかよ!)。
 予定していたネタが間に合いそうにもないので急遽差し替えました。ネタ作りは大変です。

   危険な女神

 ハムにさらわれた人気 人波が溢れて
 寄付金を募って パレード放送する 
 派手な予告のわりに 薄味なニュースで 
 期待かけてるサポを 弄んでいるね
 あと一息で敗れ続けて 思わず罵声浴びせた
 悔しすぎるゴールの場面 忘れられない
 危険なコンサを愛して ヤキモキしてる日々に
 いつになれば君はJ1 上がってくれる?

※Lovers, keep on lovin' 前以上に君だけに夢中なのに 
  Lovers, keep on lovin' 今夜もまたブログ更新している※
  Lovers, keep on lovin' イチ○シ!とかシカトしていても I love you 
  Lovers, keep on lovin' 今夜もまたネタ作りで揺れている

 僕の脳の中で

 サッカーの面白さ 皆に気づかせたい
 寂しそうなスタでも 来てください一度
 聖地厚別風がかすめて いつもボールが流れる
 熱い空気触れた瞬間 ハマってくのさ
 危険なコンサを愛した なかなかお金はなく
 君が魅せたあの微笑み 誘いの罠か
 危険なコンサを愛した 札幌のど真ん中で
 なかなか昇格できない 切ない日々さ 忍耐の時

 危険なコンサを愛した なかなかお金はなく
 サポーターがお布施を出す 頼みの綱さ
 僕らのコンサを愛した 日本のそこかしこで
 いつの日にかきっとJ1 制してみせる

 ※~※繰り返し
  Lovers, keep on lovin' 前以上に応援し続けてく I love you 
  Lovers, keep on lovin' 今夜もまたクラシックで祝杯

 次も勝っておくれ!

 2巡目はなるべく意外性のあるところからネタを引っぱってくる予定。
「そうきたか!」とか「うわ、懐かしい!」というラインを狙えれば、と。
 ・・・アラフォー?何それ?おいしいの?

posted by フラッ太 |09:00 | ネタの殿堂 | コメント(0) |

2009年12月25日

どうなる?FW争い。

○近藤 祐介 選手 コンサドーレ札幌に完全移籍

 3人目のFW補強。感じとしては最もポスト役に近いのか?
 内村とはタイプが違うので近藤の加入で戦い方に変化がつけられそうなのは大きい。ゴンがあまりにもインパクトがあったからどうしても陰に隠れがちだが、極端に若いかベテランかのどちらかしかいない感じだったことからしても年齢的にもタイプとしてもいい補強とみる。

 キリノを軸とした2トップで考えると、もう1枠を内村と近藤がまず争い、サブでゴン・横野・上原が争う構図なのだろうか(宮澤は今までの起用からしてFWでという可能性はほぼないとみる)。内村はSHからFWに起用されたという経緯もあるらしいし、内村がSHに回るとなるとここもけっこうな激戦区になりそうな予感。 

 これでハファエルが残せれば言うことはないだろうけど、さすがにそれは高望みしすぎだろうなあ。人数的には前はもう十分だし、ダニルソンが抜けるのは避けられそうもないからボランチがやっぱりもう1枚ほしい感じ。カズゥと宮澤の並びだとどうも不安で・・・。三上さんにはナナメ上の補強を望む。

 ゴンの記者会見の時に左側にいたのが三上さんだよね?(違ってたらゴメン)
 三上さんが狙われる可能性・・・というより村田さんが強化部からコーチに異動だからそろそろ三上さんの分身を確保しとかないと三上さん倒れちゃうんじゃないか?智樹もいるとはいえブログでは下のカテゴリーとの関わりが多いようだし、まだ交渉ごとなどのアブラっこい仕事までは手が回らないような・・・。

 さて、今日はケーキ食って、肉食って・・・。明日から本気出す。

posted by フラッ太 |19:17 | コンサについて | コメント(4) |

2009年12月25日

風格。

 ただいま帰還。

 今日(もう昨日か)も可能な限りニュースのハシゴをしまくった。
 その露出の多さといったら、もう広告費だけでモトは取れたんじゃないかと。J1ならまだしも、J2のクラブの場合はまず「札幌にコンサドーレ札幌というクラブがありますよ」というのを知ってもらうところから始めなきゃならない。それが昨日と今日でもう全国津々浦々にまで知ってもらうことはできた。それだけでも大きな前進。

 ・・・とまあ、ついついゼニ勘定にばかりアタマが回ってしまうけど、会見を見た感想は、
「もう、やられた。」の一言。

 開幕前だってのに精神的にはもう土下座祭り状態。
 そりゃ「フルタイムで出場できるんだろうか?」とか不安はある。
 けど、期待というか「一緒に頑張ろう!」という前向きな気持ちの方が大きい。

 なにせ、コメントに風格が滲み出ていた。

 今までのキャリアからすればプライドや自信があるのは別に不思議なことじゃないし、一問一答の受け答えが的確でしっかりしていたのは当然と言えば当然なんだけど、「一流選手ってこういうもんなんだ」ってのが如実にわかる会見だった。インパクトで言えば新庄がファイターズに入る時に匹敵するだろうが、ピリッとした空気のある会見は新庄のそれとは違うものを感じた。もう、ウケを狙うとかいう以前の問題。まずはきちんと話すことからウチの若梟たちには見習ってほしい。

 「この人と一緒に上を目指せる!」と感じることができるのがどれほど幸せなことか。

 ただ、幸せに浸っているだけじゃダメだし、あくまで今はまだ来期へ向けての準備の段階でしかない。中山自身はまだスタートラインに立ってすらいない心境だろう。中山を通してではあるけど、これだけ注目されれば来年のコンサはなにがなんでも昇格を目指さなきゃならない。ましてやホームでやらかすなんていう恥ずかしいマネはできない。

 喜びがある一方で、身が引き締まる思いのする会見だった。

posted by フラッ太 |03:18 | コンサについて | コメント(0) |

2009年12月23日

隊長が札幌にやって来る!ヤァ!ヤァ!ヤァ!

>ネタブロガーのプライドにかけてコンサにゴンとはどーしても書けんかった(←何だそれ!)。

○中山雅史選手 コンサドーレ札幌へ新加入のお知らせ
○中山雅史選手 コンサドーレ札幌へ完全移籍のお知らせ(ジュビロ公式)

 ゴン中山の効果恐るべし。

 地方局のニュースは当然としても、NHKの7時のニュースでも取り上げるとは。それにしても、イチ○シ!の図ったような手のひら返しは軽くムカついたが。総集編なら文句言えんし。むむむ・・・。普段からちゃんとやれ!・・・じゃなくてきちんと取り上げてくださいませ。フラ母が高知と競り合っていたとか、三浦ヨシカズもまだ現役だよね?と言っていたのはご愛嬌。

 年俸は800万円らしい。チケット1枚2000円としても4000枚でペイできる。開幕戦で3万人入れば元は取れる?・・・とかつい金勘定をしたくなるのは貧乏クラブだから大目に見ていただきたい。シーチケまで行くかはわからんが、ゴン仕様のレプユニを買おうかなあと思ったのはオレだけではあるまい。一瞬オレも征也の#7から浮気しようかと思ったし。個人的には#16をつけてほしいけど、順当に行けば#9かなあ。

 当の中山としても、客寄せパンダで終わるつもりなどさらさらあるまい。
 石崎監督としてもひいきすることなどさらさらあるまい。
 とりあえず、横野(と上原もか?)はまずゴンに勝て。話はそれからだ。
 開幕戦はアウェイ濃厚。ジュビサポの援護射撃が望めるのは岐阜・富山・甲府・横縞あたりか?日程君が空気を読むことを超期待。北九州→富山のアウェイ連戦とかあったりして・・・。

 さあ、ネタ作り頑張ろう(オイ!)。

posted by フラッ太 |22:30 | コンサについて | コメント(5) |