スポンサーリンク

2009年07月31日

天は自ら助くる者を助く。

 これって確か吉川三国志にあったと思ったけど、ググってみたら西洋にもあったようで。

 かなり周回遅れだけど、クライトンが古巣であるアトレティコ・パラナエンセと契約したとか。これに関しては別に「裏切り者!」とかいった感情はない。むしろ、よくぞ我慢してプレーしてくれたことを感謝したいくらい。クライトンの方が「近頃の若いモンはだらしがねぇな」と失望したんじゃなかろうか。
 去年J1から降格した時点で今年はコンサにはいないだろうと思われていたのが、まさかの契約更新。手術が成功したとはいえ、病床の父親を残して遠い日本でプレーするという決断はどういう事情があったにせよ重い決断であったはず。そのかわり、いったん契約したからには全力でプレーする。
 コンサを去るという決断がどういう理由であったのかは今となっては知る由もない。ただ、クラブ側としてはいっこうに昇格争いに絡めないなど引き留める理由に乏しかったので、契約解除を申し入れられたら受け入れざるを得なかったのだろう。
 そんな中でも他のJのクラブとは契約しない、契約解除した分のサラリーは受け取らない、というクライトンとしても受け入れやすい条件を出したのだし、喩えが変だけど“協議離婚”としてはいい落としどころだったと思う。古巣であるアトレティコ・パラナエンセとしても、クライトンのためにわざわざ席を空けて待っていたのはそれだけの実績があるからこそのものだし・・・。

 で、ガラッと話は変わって。
 “皇帝”が再び跳ね馬を駆る。そう、ミハエル・シューマッハのフェラーリ復帰だ。

 まさかないだろうと思っていたことが現実になった。フェラーリは名門ではあったが、必ずしも最強チームではなかった。チームを率いるジャン・トッド、マシン製作のロリー・バーン、レース戦略を練るロス・ブラウンと優秀な人材は確かに集まっていたが、史上最強、ドリームチームとしてのフェラーリの復活はミハエルなくしてはありえなかった。ミハエルは徹頭徹尾プロフェッショナルであり、チームスタッフもミハエルに尽くした。それ故にチームオーダー事件が起こったほどである(←フェラーリ シューマッハ チームオーダーでググればおおよそのことは掴めます)。
 普通、正ドライバーが出走できなくなった時はサードドライバーやテストドライバーを乗せる。マシンの性能に順応しやすいことと、マシン自体がライバルチームには明かすことの出来ない機密事項の固まりであるからだ。ミハエルはフェラーリのチーム内にいるので機密が漏れることはないが、ブランクを考えればギャンブルの要素は払拭するのは難しい。

 それでもミハエルが復帰するのを決断したのは、マッサが欠場したからなんじゃないかと思っている。ここからは僕の推測だけど、ミハエルはマッサを弟分として可愛がっていて、将来はマッサにファーストドライバーとしての地位を確立して欲しいんじゃないか、と。去年も最終戦までタイトル争いをしてライコネンに引けをとらない実力があることを証明して見せた。
 スタッフとしてもプロフェッショナルであるから、極端にドライバーをエコひいきすることはないにせよ、やはり人間であるからその仕事ぶりに応えようとするもの。ライコネンがどちらかというと「サーキットで結果を出せばいい」というスタンスであるのに対して、マッサはずっとチームに帯同して「一緒に強くしていこう!」というミハエルの姿勢に学んだところがあると思っている。

 マッサは実質的にはもう今シーズン乗ることは無理。そうなると、来年のシート争いにも影響が出てくる。フェラーリは勝てるドライバーを求める。ルノーからアロンソを引き抜くことも平気でやってくるだろう。そうなるとマッサがシートを失う可能性も出てくる。ミハエルはフェラーリに“恩返し”すると同時に、可愛い弟分のために一肌脱ぐことにしたんじゃないかなあ。ミハエルはフェラーリを自分が強くしたという自負は多少なりともあるはず。弟分のマッサも自分の腕で地位を確立してきた。そんなマッサを援護する思惑もあるんじゃないだろうか。

 まあ、かなりの部分は妄想で浪花節的なところがあるけどいいじゃないですか。今宮純的なテイストなんですから(笑)。本来なら2回に分けても良かったんだけど、どっちもアブラっこい話なのでまとめちまえ!ということで。水戸に加入した鶴野だって本来ならコンサに昇格といきたかったはず。それでも水戸に誘われたのはやれることをやっていたから今があるワケで。

 さて、8月のコンサはどうなりますか。・・・情けは人のためならず、って書きゃあ良かったな。

posted by フラッ太 |18:56 | ちょっとカタい話 | コメント(4) |

2009年07月30日

夜勤3連チャン。

 ただいま帰還。そして夜中だっつーのに洗濯機ブン回し中。で、その間にちょっくら更新。

 深夜に入っているシフトの方が検査入院をすることになっていた。
 予定では来週からだったのだが、急遽入院することとなり今日は代打出場。
 で、天気が悪いとわかっていても、夜中に洗濯機をブン回すのは非常識だとわかっていても
 帰って来るなりすぐにお洗濯。だって朝起きた後にお洗濯する気力なんてないんだもん(泣)。

 で、シフトを組み直して土・日・月と夜勤3連チャンとあいなった。夜勤といっても朝までじゃないので多少楽だけど、またしても試合当日の祝杯はお預け・・・(泣)。「倒れない程度に頑張るよ」と冗談めかして言ったら、「フラッ太さんに倒れられたら困ります!」と怒られてしまった。ちと反省。今でもギリギリで回しているからなあ。まあ、これで弾丸ツアーに向けてうまいこと言い訳が出来るのでよしとするか。

 懐具合もそれなりに暖かくなりそうなので、今日はタクシーで帰ってきた。
 ビンボー症なので普段は雨が降ろうが槍が降ろうが歩いて帰ってくるんだけど、
 今日は洗濯する時間と体調を調える時間を買ったというわけ。

 さて、そろそろ洗濯機が止まるかな・・・。

posted by フラッ太 |02:37 | 日記 | コメント(0) |

2009年07月29日

夏のひとり替え歌祭り!

 戦術厨としてはハファエル加入でシステムがどう変わるかを妄想するとか、石崎監督のCS8月号でのインタビューの真意を勝手に読みとるとか魅力的なネタがそこここにあるんだけど、ネタウィークと言ってしまった手前まずは夏の替え歌祭りを実施しようかと。
 最高気温が20度そこそこというちっとも夏を感じられない今日この頃ではあるが、8月ともなるといくら何でもちったぁ暑くなるはず。いや、それよりもコンサが熱くなってくれなきゃ困る!勝てない時はネタがどんどん古くなり、ついには ここがここが厚別よ~♪とおチヨさんまで出てきた日にゃぶっちぎりすぎにも程がある。

 現金なもので、1つ勝つとテンションが上がるんだな。
 夏向き、かつ古めだったネタを変えるべく今回はこれでいってみよう!

 コンサドーレ・アワー

 試合のある日は必ず 勝ち点3をお願いします
 素敵なゴールのエピソードと一緒に 飲み会をして
 ここでおハガキを一通 ラジオネーム「悩める7番」
 “なぜシュート外してしまった後で怒られるんだろう?”

 それは周りが君のこと 急かして期待しているからで
 シンプルにボールを出せばいいのさ Let's get GOAL,GOAL!

 君がそこで迷うから シュート枠を避けてく
 そしてみんなガッカリとするからちょっと不安になるの
 フルタイムでシュート打つ 意識切らさなければ
 これからは例年より進化する日が続くはずさ

 少しは参考になったかな ラジオネーム「悩める7番」
 そして世界中で決定力に悩む方たち

 たぶん誰もが悩んでいて 答えを出せずにいるんだけど
 心がいつまでも曖昧なままIs season over?

 みんな勝つと思うから 勝てない日はムカつく
 大好きだから投げ出せない 大好きだから怒りもするさ
 長くキツいJ2を走りきってみせてよ
 諦めないハートで見守ってく いつまでも

 強いチームにゃすぐにはなれない ひとつひとつ積み上げよう
 Let's get GOAL,GOAL!

 みんな夢を願うから サポーターも張り切って
 また今年もゴール裏 新しいチャント溢れていくよ
  コンサに集う人たちが 決して離れなければ
 J1で戦えるさ 行け 行け 行け コンサドーレ

 某スポーツドリンクのCMにもなっていたから、夏らしい雰囲気は出せるかと。
 今年のコンサ隊の夏祭り企画はコンサドーレ川柳だそうで。
 最近、やたらブログが長文になる傾向があったので、スパッと表現する川柳は難しいかも・・・。
 締め切りには時間があるのでゆっくり考えるつもりだけど、川柳ってインスピレーション勝負のところがあるんでコンサに勝ってもらうのが一番かな(←結局それかい!)。

posted by フラッ太 |01:01 | ネタの殿堂 | コメント(2) |

2009年07月28日

ネタでありながら、けっこうマジな話。

 本命ネタをかます前に、ちょっと触れておきたかったことがある。

 ゴール裏の皆さんのエネルギーは毎度すごいと思う一方で、
 スタジアム全体がノっていけるような応援というか
 盛り上がろうという空気がコンサにはイマイチ感じられない。
 別にゴール裏の方が偉くて他がだらしないっていうんじゃなくて。

 で、思い起こしたのがファイターズの稲葉ジャンプ。
 確か、交流戦でカープと対戦した時の札幌ドームだったと思うが、最終回で代打で稲葉が出てきた時ドームが大盛り上がりとなった。もちろん、稲葉がそれだけ有能な選手でありファイターズが首位争いをしていることもあってノっていきやすい空気だということはあると思う。野球は打順が決まっているから稲葉が出てくる時がわかりやすいというのもあるだろう。

 でも、コンサにも「これだったらみんなでやれそうだ!」っていう
 応援のやり方がもっとあってもいいんじゃないかな、って思う。

 去年、初めて厚別に参戦した。奮発してSS席に座ったんだけど、そこで思ったのは
 「歌うのってけっこう心理的なハードルが高い」ということ。
 歌詞を頭に入れなきゃいけないっていうのと、ぶっちゃけ歌うのが恥ずかしく思ってしまう。「歌いたいんならゴール裏に行けよ!」っていう空気があるんじゃないかと疑心暗鬼になってしまったのが去年。と言いつつ、ゴールの時は立ち上がっておもいっきりタオマフをブン回していたんだけど(汗)。

 なので、歌うことに必ずしもこだわらずに声を出すとか、
 それが無理なら手拍子でっていう方法もアリなんじゃないかと。
 それで見つけたのがこの曲。

 笛が鳴るまで気を抜くな もう1点だ Forza,CONSA!
 フィールド中を駆け抜けろ 集中集中 We are SAPPORO!

 とりあえず、最初のメロディだけ歌詞を作ってみた。
 普段は替え歌はキッチリ歌詞を作るんだけど、今回は歌詞はあんまり重要じゃないので。
 この曲だったら歌えなくても参加しやすいんじゃないかな。
 曲調も明るいし、na,nana,nanana~の部分だけでも歌に参加できるし、手拍子も単純だし。

 ラーララ ラララー ラララー ラーララララ
 ラーララ ラララー Forza,CONSA!
 ラーララ ラララー ラララー ラーララララ
 ラーララ ラララー We are SAPPORO!      って感じで。

 あるいは、もっと短くして
 ラーララ ラララー Forza,CONSA!
 ラーララ ラララー We are SAPPORO!      とひたすら繰り返すのでもOKかと。

 「とにかくシンプルに!」というのにこだわってみた。これなら老若男女問わず、しかも座っていてもできるんじゃないかと。野球と違ってどこで歌うかっていうタイミングが難しいんだけど、コンサの今までの“病気”からして、残り5分とか終了間際にやってみて選手を奮い立たせるような空気を演出できれば、と思う。あんまり長い時間やると体力が持たないし(苦笑)。

 どなたかが以前に書いていたけど“お約束”な空気を作ることも大事なこと。
 1点差のシビアな状況な時にこれで盛り上がれたら・・・と思うのは夢見すぎかなあ?
 タイトルの通り、ネタに走った部分とマジな気持ちが半々ってところ。
 なので、あまり肩の力を入れずに考えてもらえれば。
 本命ネタはちゃんと作るんで(←え、もう本命ネタなんぞいらねぇって?)。
 
 

posted by フラッ太 |00:14 | ちょっとカタい話 | コメント(2) |

2009年07月27日

転機。

 やっと勝ったやっと勝った 待ちに待ってたやっと来た 厚別で勝ったぞベイベ~♪

 土曜日の岡山戦。ダイジェストを見た限りでは、勝つには勝ったが脆い。
 何というか、点の獲られ方ががあっさりしている。簡単に守備網を破られているように見える。
 石崎監督もだいぶおかんむりのようだし、選手たちも浮かれている様子はないからその点ではあまり心配ないとは思うけど。若いチームといえばそこまでかも知れないが、それを言い訳にしてほしくない。いずれにしてもまだまだ時間はかかるだろうなあという感じ。2点目の保坂のゴールはJ2ならたまにあるで済むがJ1なら普通にあるし、去年の鹿島の野澤のゴールのように上位チームなら確実に決めてくる。

 それでも大伍さまさまだったのは間違いない。DAIGO DAYというのもうなずける。チーム事情からSBに回ることが多いけど、大伍は真ん中のポジションで使ってあげた方が活きる気がするなあ。去年の清水戦でのヘディングを思い出したぞ。もともとユース時代は攻めっ気が強いんじゃなかったっけ?富山戦でもキリノと大伍のコンビは良かったと思う。キリノのゴールを演出したプレーが意図してやったものならあれはすごい。ハファエル次第だけど、キリノと大伍の2トップでも良さそうな気がするが・・・。

 草津、富山、岡山とこなした3戦はたぶん石崎コンサの転機になる。
 一連の流れというか、草津戦があったから富山戦がああなって、富山戦があったから岡山戦につながった。さらに落ち込む寸前で踏みとどまって、浮上のきっかけを掴めるかというのが今の立ち位置だと思う。湘南が徳島に、桜が岐阜に負けるなど上位陣が軒並み足踏み。それでもコンサはやっと勝ち点40台と上位が遠い。せめてあと3つは引き分け試合を勝っていれば・・・と今さら言っても仕方ない。

 7月は反転攻勢どころかモロにブレーキとなった。
 その分を取り返すには8月はおろか、9月くらいまで全部勝つくらいじゃないと・・・。
 

posted by フラッ太 |21:00 | 試合後の印象 | コメント(2) |

2009年07月26日

しみじみ飲むぞ、10杯目!

 昨日試合、第三十節、対戦相手、雉乃岡山。
 前回対戦、壱壱引分、現在札幌、下位低迷、自信喪失、迷走状態、油断大敵、必勝祈願。
 先取得点、面鯉桐野、久々獲得、祝拾得点。追加得点、又又札幌、前半終了、弐対零也。
 後半八分、西野晃平、反撃得点。沈滞空気、蔓延寸前、大伍覚醒、痛快得点。
 直後岡山、保坂一成、追撃得点。札幌佐保、不安再燃、又又札幌、勝利不可?
 否否札幌、積極姿勢、終始展開、追加得点、途中出場、上原慎也、幸運呼込、決勝得点。
 試合終了、四体弐也。聖地厚別、壱年以上、勝利皆無、本年札幌、久々勝利。
 成績低迷、雨中試合、観客動員、五千七百、閑散客席、残念無念。
 勝者会見、終了直後、大伍駆寄、札護留裏、札幌佐保、大大盛況、真乃勝組、B自由席。
 昨日勝利、喜色一方、課題山積、石崎信弘、記者会見、不満有有。
 次節対戦、桜乃大阪、試合内容、改善必須、守備組織、完封可能?気合一新、連勝切望!

 ホームの勝利は2ヶ月以上もおあずけだったんだなあ・・・。
 今日はクラシックを味わって飲むことにする。来週はグイッと飲ませてくれよ!

posted by フラッ太 |16:16 | ネタの殿堂 | コメント(2) |

2009年07月25日

満足するな!

 飲ませてくださいクラシック これから仕事なの我慢しなさい~♪

 何の情報も仕入れていないが、まずは勝てて良かった。
 しかし、今日勝っただけで満足してもらっては困る!
 もちろん今日勝ったことはすごくうれしいし、どちらかというと安心したというほうが多い。
 松岡修造じゃないけど、コンサはもっともっとやれる!

 今日結果を出したことで少しはプレッシャーから解放されただろう。
 8月はアウェイが4試合、しかも桜・緑とアブラっこいチームとの対戦だ。
 桜には返り討ち、緑には3倍返しするくらいの心構えでいてほしい。

 とりあえず、2ヶ月ぶりのインチキ漢文は明日に回す。
 そして、夏休み恒例(?)のあのネタでこっちも気合い入れていくぞ!
 堅い話は疲れていけない。来週はネタウィークでいくんで、そこんとこヨロシク!

 意気揚々と仕事行ってくるぞ!そして仕事中にネタ考えるぞ!

posted by フラッ太 |16:16 | 試合後の印象 | コメント(0) |

2009年07月24日

今度こそ!アイウエオ作文大作戦・ファジアーノ岡山編

 中2日でネタの投下はキツい・・・。それでも景気づけに投下したくなるのが悲しい性。
 J2一年生に格の違いを見せてやる!・・・と言えないのがつらい。
 こういうこと言ってるとあっさり足下をすくわれる(そして、すくわれてきた(泣))。
 なので、1戦必勝の心構えで臨んでもらいたい。

 では、いってみよう!

   ふぁ・・・ファーストタッチを 意識しながら
   じ・・・・自分と仲間を 信じていこう
   あー・・・あーっとため息 つくのはイヤだ
   の・・・・ノーリミットだ コンサドーレは
   お・・・・俺たちゃ信じて 厚別に行く
   か・・・・勝ってくれよと 願って出向く
   や・・・・ヤングガンズが 輝き見せて
   ま・・・・まずは1勝 積み上げるべし

 信じて、がカブっちゃったけどこれくらいならいいでしょ。
 信じることができなきゃお互い力入らないし。
 今度こそ厚別で勝つ!

posted by フラッ太 |19:49 | ネタの殿堂 | コメント(2) |

2009年07月24日

アンタも好きねぇ。

 ・・・タイトルを読んでカトちゃんを想像した人はどれくらいいるのかなあ。

 昨日は1100オーバーというものすごいアクセスをいただきました。
 更新の時間や煽り成分満載のタイトルやらいろいろなものが重なった故でしょうが、まずは感謝。

 で、昨日のエントリーを改めて読んでみると「頼む、何とかしてくれ!」っていう想いと小ネタが奇跡的なレベルで融合しているなあ、と。普段、ちょこちょこ直しながらブログを書くんだけど、昨日はほとんど一気に書き上げたからかもしれない。

 まあ、自画自賛はこれくらいにして。
 選手に対してビビリだと書いているけど、実はそんなこと書いている当人の方がよほどビビリなワケで。ど真ん中豪速球のストレートな話は怖くてなかなか書けない。なので、小ネタをまぶしてスライダーやカットボール、フォークボールやナックルボールで打ち気をそらすようにしているんだけど。

 で、現状はどうかというと「怒ってばかりじゃ身が持たん!」ってのが正直なところ。
 怒るのに飽きて、悲しむのに疲れて・・・という先はもう神頼みしかないな、と。
 もう、神様仏様石崎様って心境ですよ。
 ちょっと前に参観日に頭を下げる母親のノリって書いたけど、石崎監督には腰を落ち着けてみっちりじっくりこってりたっぷりとコンサの選手を鍛えていただきたい。「おねげぇでごぜぇますだ、ノブリン様ぁ~」と半ばすがる思いですよ。「助けて下さい!」と札幌の中心で・・・って小ネタはもういいですか。

 まあ、周りからしたらなかなか勝てないコンサに一喜一憂するのを見て「アンタも好きねぇ。」と言われるかもしれない(特にファイターズファンには)。でも、それに「好きで悪いかっ!」とケンカ腰になるんじゃなくて「好きだよ。」といつでもさらっと答えられるようにはなりたい。そっち系のゲームで必ずと言っていいほど出てくる主人公の幼なじみにイジられた時に(←リアルにはそんな都合のいい存在はまずいないけど)、さらっと言い返して「な、なによ!そんなふうに言われたら・・・本気にしちゃうじゃない。」と慌てさせるみたいな。

 何だかまた話が脱線してきたなあ。

 とにかく明日はもう試合が待っている。もう30節。早いよなあ。
 みんな勝ちたいんだから、とにかく頼む。

 

posted by フラッ太 |13:34 | 日記 | コメント(2) |

2009年07月23日

【強毒性注意!】怒り、悲しみ、のちスルー。

 自虐のネタが浮かんで 眠れないのはどういうわけだ~♪

 見ろ俺の目をそらすなじっと見ろ、と言われて絶対勝つと言ってはみたものの、
 だけどビビリだけは相変わらず~にっちもさっちもどうにも点獲れねぇっていうのが昨日の試合。

 バカアホマヌケ!やめちまえ!と言って萎縮するんだったらどうすりゃいいんだろう?
 いっそ楽天の野村監督みたいにネチネチ“口撃”するのも手かもなあ。
 「なにくそ!」と怒りを呼び起こすんじゃなくて「恥ずかしい!」と思わせるようなベクトルで。
 ドラクエがどうとかいう話があったとか。こういうことが出てくること自体どうかとも思うが、「そんな暇があるなら練習しろ!」って言うより「どうせやるなら夜通しモンハンやって連係プレイ磨け!」って言った方がいいんじゃねぇのか、と。
 まあ、あれだ、一種の放置プレイというか恥辱プレイ。そっち系のゲームで「私の○○○○な○○○○を○○○○して下さい!」って言わせてイジメるのに近い(←危ねぇな、オイ)。ノリとしちゃ20年くらい前の川崎球場で聞けそうなヤジだな。「おーい、次は上じゃなくて横に外せ~!」って感じで。

 なんつーか、もう怒ることさえバカらしい。
 劇的な変化は望めそうにないし、何も好き好んで血圧を上げるこたぁないだろ、と。
 頑張れ!って言いたいんだけど、頭に「まあ、せーぜー」がつくんだな。
 今、「監督と選手のどっちをとる?」って訊かれたら、迷わず監督を選ぶ。石崎監督はまだ信じられる。けど、選手に対しては「信じたいけどねぇ・・・」って感じでだいぶぐらついてきてる。ダイさんのブログにおじゃました時に書いたことなんだけど、それで強くなれるんだったら“コンサドーレ柏”になってもいいと思い始めてる。

 怒ってくれる人がいる、一緒に悩み、悲しんでくれる人がいるうちはまだいい。
 でも、このままだといずれ「好きにすれば?俺にゃそんなの関係ねぇ」と見放されるぞ?

 “勝つ勝つ詐欺”とバカにされようが騙されてやるさ。今さら後には引けないじゃないか。

 だから頼む。勝ってくれ! 

posted by フラッ太 |09:33 | コンサについて | コメント(2) |