スポンサーリンク

2018年08月25日

最適解。

>札幌相手に高さ勝負ってどーよ?長谷川じゃなくて村田のほうがイヤだったよなあ…。

 アウェイ清水戦は2-1の勝利。これでほぼ残留は大丈夫のはず…。

 ドウグラスの頑丈さには参ったね。進藤が当たりに行ってもビクともしない。
 よく宮澤が戻って防いだよ。やっぱり宮澤はバランサーとして欠かせない。
 オウンゴールの後の帳尻合わせとか自作自演っぽいのはひいきの選手だから許す(苦笑)。

 深井さんOUTで宮吉INは予想通り。
 2枚目に入った小野はこれで来季の契約もいただきという仕事をキッチリこなした。
 戦術厨的な見方としては交代カードの切り方はノーミスって感じ。

 チャナティップ出場停止かつ三好もいないという小回りの利く選手を欠く中で、
 交代カードの切り方含めて今日の選手起用や試合展開は最適解だったのかな。
 四方田コンサとミシャ式のいいとこどりだったように思う。

 前線の圧力を活かして早めに高い位置を確保しつつ…というのはドウグラスのいる清水も同じだったとは思うんだけど、大駒2枚と1枚の差もさることながらFWに収まった後の展開力がミシャ式で鍛えられていたコンサに有利に働いたかなと思っている。

 試合終盤の長谷川のヘッドには思い切り冷や汗をかかされた。
 ああいうルーズな守備が未だ解消できてないのは気になる。
 あと、深井さんはそろそろ休ませてあげて。終始危なっかしくてヒヤヒヤものだったよ…。

posted by フラッ太 |21:20 | 試合後の印象 | コメント(0) |

2018年08月25日

深井さん次第。

>BS1でやってるって知らんかった…

 BS1でオンタイム視聴中。

 深井さんアンカーの3-5-2。割と早めに前にボールを入れる、
 左サイドの白井に出す展開を作って仕掛けさせているというのが大まかな印象。

 深井さんにかかるところは大きいんだけど、肝心の深井さんの調子が悪い。
 足の裏見せてたし、あれは解説の宮澤ミシェルの言う通りイエローで済んで助かったぞ…。

 もともとミシャコンサの選手起用では深井さんをフルタイム使うことはない。
 既にイエロー1枚もらってるしカードトラブルを防ぐ意味からも深井さんOUTは確実。

 宮澤アンカーかなとも思ったが、宮沢もすでにイエロー1枚もらっている。
 前半の終わりころから宮澤が下りてくるようになってきたし2ボラに戻すのかな?
 深井さんの代わりに誰が入るかで試合展開はかなり変わってくるとみる。

posted by フラッ太 |20:00 | コンサについて | コメント(0) |

2018年08月24日

トートバッグが届いた。

>シーズンシートって前席から埋まっていくもんなの?

 今日、仕事から帰ってきたらクラブコンサドーレのロゴが入った箱が。中にはハーフシーズンシートとノベルティグッズであろうトートバッグが入っていた。そこそこ入りそうなので持って行ってもいいかなあ。当日にシーズンシートと引き換えだと選考入場できるシーズンシートの意味がないと思っていたので、事前に届いたのはありがたい。

 だけどさ、席がすんごく後ろなんだよなあ…。
 まあ、ハーフタイムにトイレに行くのには都合がいいんだけど(苦笑)。

 ともあれ、今まで忙しくてヘトヘトの日々でゆっくりブログ書くヒマなんざありゃしねぇ。今日だって明日明後日が休みと分かっているから書けるようなもんで。悪いことにPCがぶっ壊れてメールが受け取れなくなるというとんでもないトラブルに見舞われるわで心身共にボロボロ。この前のFC東京戦なんて嬉しさよりも先に「マジか…」という思いのほうが先だったもんなあ。

 さて、ノベルティグッズが届いたことでやっと来週がツアーという実感が湧いてきた。
 小難しいことは考えずにツアータイトルはシンプルに。

 2018第2次弾丸ツアー ~洗濯と集中~

 今回は週末だけのツアー。試合当日の土曜日に移動して翌日曜日には帰るのでのんびりとしているヒマはない。そして、自由にメシが食えるのも日曜日のお昼くらいなのでハズレを引かないように慎重に吟味する必要がある一方で、弾丸ツアーは命の洗濯、リフレッシュできる貴重なひととき。お買い物の時間も相当限られるので集中して一気に済ませてしまわないと。もちろん、試合も集中して観るけど。

 …#10の法被、どこにしまったっけな。

posted by フラッ太 |23:05 | 日記 | コメント(0) |

2018年08月19日

予想通りと予想外。

>「俺たちの札幌での戦いはまだ終わらない!」と瓦斯サポさんが言ったとか言わないとか…

 ホームFC東京戦は3-2の勝利。
 ネタバレに細心の注意を払いつつ、録画しておいた地上波を視聴。

 コンサのスタメンだけチェックしたが、荒野のボランチはたぶんダメだろうなと思っていた。宮澤は主に守備でいて欲しい時にいて欲しいところにいてくれる、そうした気が利く選手でありいわばバランサー。その代役が務まるとは到底思えなかったからである。

 確かに荒野には運動量はある。だが、キツい言い方をすれば動き回っているだけに見えてしまう、動きの質に問題があると思っていた。皮肉にも荒野OUT白井INで本来サイドの選手である駒井がボランチに回ることで違いが浮き彫りになってしまった。

 違うなと思ったのは1つはパス。荒野はサイドに出すだけだったが駒井は縦パスを通してきた。駒井のボランチでチャナが俄然“生き返った”のは誰もが思うところだろう。なかなかうまく言えないんだけど、もう1つは球際の競り合いになった時に“キュッと”動けること。終始中速運転なのは宮澤も荒野もある意味大して変わらない。ただし、宮澤は予測ができるぶんだけ中速でも対処が間に合うが、荒野はそうではない。

 …とまあ、戦術厨的な言い草はこれくらいにして。

 荒野ボランチが失敗するのは予想通り、CKをニアに入れられて簡単に失点してしまうのも前々節のセレッソ戦からすればありうる話。何とか終了間際に追いついてドローはあるかなとは思ったけど、あんだけ出来の悪い前半からすればあんなに早く3-2でひっくり返せるとは思わなかった。「追いつくのが早すぎる!」とワケのわからんことを思ってしまうほどに。

 今までチャナ以外まるで入らないミドルシュートが1試合で2本も入るとは思わなかったわ。

 チャナのミドルもゴラッソだが、白井の思いきりの良い右足一閃にはシビレたねぇ。
 これは菅には大いに刺激になるはず。つーか、このまま菅からスタメンの座を奪って欲しい。

 宮澤抜きのボラは絶対苦しいよなと思っていたのは駒井がカバーしてくれたが、ひいき目抜きにしても宮澤の存在が大きかったのが欠場になってわかった。深井さんも頑張ってはいたけど今までの選手起用からしたら交代前提になるのはちとつらい。

 問題は次節のチャナティップの出場停止をどう乗り切るか?
 都倉も痛んでいたし、宮吉や兵藤に出番があると思いたいが…。

posted by フラッ太 |22:35 | 試合後の印象 | コメント(2) |

2018年08月15日

敢えてポジティブに。

>名古屋が怖えぇ…

 風呂から上がったらちょうどJリーグタイムでダイジェストが流れた。

 PKとなったミンテのファールには「そらPK取られるわな…」とげんなり。
 撃っても撃っても東口に防がれて典型的な負け試合…と思った矢先に都倉の起死回生のゴール。

 そりゃあ、勝ち点3が欲しかったさ。でも、今日の勝ち点1はデカいっつーか重い。
 今までのコンサだったらきっと負けていた。ミシャコンサの攻撃志向がもたらしたドロー。

 そして、残留争いの渦中にあるガンバに勝ち点3を与えなかったというのも大きい。
 もしコンサが負けていたら背筋に冷や汗では済まなかっただろう。

 セレッソ戦は勝ち点1しか取れなかった。ガンバ戦は勝ち点1をもぎ取った。
 同じドローでも全く意味合いが違うのが面白くもあり、また難しいところ。
 勝ち点的には小さな一歩でも、その一歩がなければ上にも先にも進めない。

 まあ、前目の選手は点取ってナンボってことで…。 

posted by フラッ太 |22:00 | 試合後の印象 | コメント(2) |

2018年08月14日

そろそろ締め切ります。

※コメントへのレスはしばらくお待ち下さい。

 8月14日午後10時現在で私が参加を把握しているのは9名です。
 会場手配の都合上、一両日中をもって申し込みを締め切ろうと思います。

 ここ最近のコンサはなかなか勝ちきれずでもどかしい感じ。
 でもまあ、これからは研究される立場であると同時に「やらせない」時間帯も増えていくわけで
 「今までと同じ」では勝つのは難しくなってくる。

 そのへんはミシャも認識していて真ん中の選手に入れてからというのを
 さらなる進歩のきっかけにしようとしているのかなとは思っているんだけど。

 でも、兵藤や菊地は使ってほしいよなあ…。

posted by フラッ太 |21:51 | 日記 | コメント(0) |

2018年08月11日

これでACL狙うとか何の冗談?

>プライベートであまりにもやられ気味なので毒づいてみた。たまにゃいいでしょ?

 ホームC大阪戦は1-1のドロー。

 ネタバレしないようにと気を遣ったのに、ついタブレット開いたら札幌1-1C大阪の表示が(汗)。
 でもまあ、「まあ、そうだろうな…」と思わせる試合展開であったのも事実。
 何せゴールのニオイがまるで感じられない、ハッとする場面が無いに等しかったし。
 なので、後半は1.5倍速で流し観。結果がわかっていてもいなくてもぶっちゃけ退屈。
 スタッツだけ見ればどっちがホームかわかりゃしねぇって試合では無理もないか。

 試合を通して思ったのは三好がどんどん霞んでいくということ。
 2シャドーの一角のチャナティップがゴールという結果を出したから尚更である。
 ゴール以外にも運動量はあるし簡単にボールを奪われないしでチャナは目立ちまくり。
 あまりに存在感に差がありすぎで、むしろ三好がブレーキになっている印象さえあった。

 今日の出来ならさっさと三好を諦めて都倉を入れるべきだったと思う。
 特に真ん中(ジェイ)に当てて、一気に攻めるというスタイルを採るなら
 ジェイとチャナだけでは明らかに枚数が足りない。3枚いないと成り立たないのだ。
 技術の三好より馬力の都倉でゴリ押しした方が勝つ可能性は高かったように思う。
 もっとも、都倉が右のシャドーで機能したかどうかはまた別問題だったりするわけだが…。

 今日の通勤はGO!GO!コンサドーレを聴きながらだったんだけど、
 ここまであまりにもうまく行きすぎたのかなとも思ったりして。
 ノノ社長は上手くいっているから今の順位にいると言っていた。
 それが今うまく行かなくなっている。ホームで3戦して2分け1敗。明らかに足踏み、失速。

 ブロックを作る相手を崩すのは難しいのはわかっているつもりだけど、
 あまりにも選手の閃きに頼りすぎな感はあったかな。
 目標を高く持つのはいいことだけど、今日の出来では高望みしすぎと言わざるを得ない。 

posted by フラッ太 |22:45 | 試合後の印象 | コメント(5) |

2018年08月01日

価値ある“ダブル”。

>あれ?2-1じゃなかったん?

 アウェイ長崎戦は3-2の勝利。最近買ったタブレットで75分長崎1-2札幌チャナティップと出てきたので「お、このまま行けるか?」と期待に胸膨らませていたら終わってみれば3-2とは。まさかタブレットにネタバレ未遂されるとは思わなんだ…

 1つ勝つのはどこが相手でも本当に大変。

 勝ったからこそ「長崎の粘り腰恐るべし…」と安堵することが出来るが、もし2-2のドローだったら負け同然で相当堪えることとなったのは想像に難くない。この点1つ取っても今日のアウェイ長崎戦を勝ち切れたのは大きい。前節の名古屋戦が流れたことからしても、ホーム2連戦で勝ち点たったの1と失速気味だったことからしても、今日の試合を勝ち切れたことは今日だけじゃなく今後のことを考えても大いに価値のある勝利。

 前半戦のターニングポイントとなったのは間違いなくホーム長崎戦。

 恐らく今シーズンを通してもこの試合がターニングポイントになる可能性はかなり高いが、コンサと長崎がシーズン終了時にどういう順位にいるにせよ、ことコンサに関しては「(昇格組の)長崎相手にダブルを喰らわせた」ことは相当大きな意味を持つと予想する。今でこそコンサは上位グループにいるけど開幕前の下馬評を考えたらねぇ…。

 今日の勝ち点3はただの勝ち点3にとどまらない。
 そうさせないようにホームゲームで再び波に乗りたい、乗せたいものである。

posted by フラッ太 |21:35 | 試合後の印象 | コメント(2) |