スポンサーリンク

2015年02月28日

XEROXが開幕を告げる。

>暴風雪でネタどころじゃないっす(泣)

 「あれ、XEROXってそろそろだっけ?」と思いつつひと寝入りした後でテレビをつけたらちょうど後半開始時。宇佐見の抜け目なさも流石だったし、1人で何とかしちゃうパトリックも「こういう選手がいるから優勝できるのよねぇ…」と思わせるものだった。浦和も関根がいい動きだったし槙野もガンガン攻撃参加していたしギリギリまできれいに崩そうというこだわりがあった。でもペトロヴィッチ体制になってからはあんだけ補強しといて未だにタイトル無し…。

 でも、一番すごいなと思ったのは倉田の運動量&守備。

 サイドハーフがあそこまで守備やんのか!というのが率直な感想。
 石崎コンサの時に近藤がひたすら守備に頑張っていたのを思い出した。

 やたらと改革元年を謳う日テレのアナウンサーに辟易しながらも、ACL組は1stステージを“捨てる”とまでは言わないまでもACL重視で臨めるという都波&北澤の解説になるほどそういう意味では改革元年と言えるかもなあとも思ったり。でもガンバは初戦ホームで完封負けだし、勝ったチームが1つもないんだよなあ…。

 にしても、ドーレくん2位か。悔しいな…。

 あと1週間でJ開幕。チャンピオンステージ?何それ?おいしいの?
 長い戦いがもうすぐ始まるわけだが、ネタが全く手つかずな上に
 小野が長期離脱もなんてニュースもあってモチベーションがなかなか上がらない。
 体がボロボロだけど、きれいなおねえさん成分があればもしかしたら何とかなる!…かも。

 …頑張ります。

posted by フラッ太 |16:15 | Another J | コメント(2) |

2015年02月22日

絶賛スランプ中。

>(業務連絡)お願いのメールは届いたでしょうか?

赤:はいどうもー、赤黒スズメでーす。
黒:あったかいんだからー。
赤:いきなり何ですか!
黒:姐さんに対抗してみたかった。
赤:唐突すぎますよ…。さて、寒い札幌を離れて沖縄での1次キャンプは
  長期離脱者も出ずにそこそこ順調にこなせたようですね。
黒:……。
赤:そこで入らないんかいっ!
黒:そんなあからさまな前フリされたらオーマイ&ガーファンクルだぜ。
赤:(余計わからんわ…)
  フィジカルトレーニングでは大臀筋を鍛えるとか
  バルバリッチ監督はだんだん独自色を出してきましたね。
黒:そして見えない角度からハイキックが飛んでくる、と。
赤:ミルコ・クロコップじゃないんですから。
黒:サボったりしたら無言で脳天直撃の蹴り入れそうだからなあ。
赤:それ、見た目で言ってるでしょ…。
  名古屋との練習試合ではいろいろ課題も浮き彫りになりました。
黒:左サイドを崩されたってやつか?
  奈良の抜けた穴はやはり簡単には埋まらないんだろうな。
赤:それは想定されたことですから。
  熊本での2次キャンプで徐々に人選も定まるんじゃないですか?
  そういえば、食事も全員で一緒に摂っているようですね。
黒:隅々まで目が利くようにってことだろ?
赤:熊本での戦術練習でどこまで煮詰められるかはちょっと気がかりですね。
黒:せっかく前線補強したのに失点が増えたんじゃ何にもならないからな。
赤:大学生相手に2失点というのもちょっといただけないです。
  長崎との練習試合でも負けちゃいましたからねぇ。
黒:バルさんコンサは前途多難だな。
赤:バルさんって…。
黒:石さん、財さんときてバルさん。何の問題もないな。
赤:都倉が決めたのはいいとしても、開幕まであまり時間がありませんからねぇ。
  手の内隠さずで負けたってのもちょっとショックです。
黒:バルさんだけにケムに巻くと思ったんだがな。
赤:それ言いたかっただけでしょ!


 …いっこうにテンションが上がりません。このコンビもスランプに陥っているようです。
 …開幕前にネタ作れるかマジで自信がないです(泣)。 

posted by フラッ太 |20:00 | ネタの殿堂 | コメント(0) |

2015年02月12日

北海道を”背負う”意味。

 「北海道コンサドーレ札幌」

 なーんか、もっさり感があるというか、「違和感を感じる」みたいな二重言葉の説明しすぎな重たさ、くどさがあるというか…。この名前自体は「うーん、どうだろ?」って感じ。北海道日本ハムファイターズみたいにとってつけた感じもするんだよねぇ…。

 いろんな考えが出てきている中、ベルさんのブログを読んでいて
 「活動範囲拡大が目的」というのを見つけたときに思ったのが
 ノノ社長は室蘭・函館開催の復活を目指しているのではないか?ということ。

 現状、コンサのホームゲームはスタジアム規格を満たしている札幌ドームが原則で厚別開催は承認を得てのもの、例外的扱いになっている。もし、北海道全体を活動地域として、ドーム以外の場所で試合をするのが例外的扱いになるなら厚別だけじゃなく室蘭や函館でやったっていいでしょ?という理屈にはなる…はず。

 地方巡業(?)の先輩であるファイターズは旭川・帯広・函館で公式戦を行っているが、それは既に他に球場がたくさんできているインフラ面での有利さが可能にしていると思っている。このへんは流石に野球は大先輩。「遠くて試合を観に行けないよ!」という声に「じゃそっちに行きますよ」とアクションを起こせるけど、Jリーグはスタジアムに関しては過剰とも思えるクラブライセンスの縛りがあってそうはいかない、むしろ観る側から足を運びたくなるようなチーム、クラブになりなさいというスタンス。まあ、それが理想っちゃ理想なんだが…。

 けど、コンサ(だけじゃなくJ全体の問題かも知れないが)は新たなお客さんを掘り起こして行かなきゃならない立場。単に試合を観るだけならたまにある地上波中継とかで事足りてしまう人が多くいる。そんな“巣籠もり”な人たちを何とかしてスタジアムに来させなければならない。ぶっちゃけ、「待ってるだけでは人は来てくれない」んである。ノノ社長になってからは「コンサドーレ札幌を“使って”ください」というのを前面に押し出しているし、地方開催の復活というのは政策の1つになりえる。

 厚別でさえ今は4試合だから両都市で開催するのは無理がある。厚別3試合で地方開催枠を1つ設けて函館と室蘭で隔年開催ってのが落としどころかなあ、1万人集めるのは厳しくても8千人入れば掘り起こす、種をまく意味はあると思うんだがとか妄想するだけならいくらでもできる。
 もちろん、ゆっきぃさんのブログにある通りシーチケとの整合性ひとつとってもできるかどうかって話だし、現場にかかる負担や銭勘定考えたらJからお許しが出る以前に超えるべきハードルが多すぎるって話なんだけど。ただ、北海道新幹線開業に合わせて函館開催…くらいはノノ社長なら考えていそうな気はするがなあ。いろいろ巻き込める余地もありそうだし。だからこそJ1に上がらねば!

 フィールドを広げようとするその意気や良し、あとは大風呂敷を広げっぱなしにならないように
 どう支えていくかってことなのかなと今は思う次第。
 

posted by フラッ太 |15:55 | コンサについて | コメント(4) |

2015年02月08日

今年は最初で最後!?の弾丸ツアーは予定でほぼ決まりという話。

>ネタの神様が降りてこないのはプ○キュアの新シリーズをチェックしてないからか?もう2話目だし…。

 今年のホーム開幕戦は3月15日。そして当日移動ともなれば自ずとスケジュールも決まってくる。
 とはいえ、弾丸ツアーは観戦とグルメとお買い物は常に3点セット。

 1日で全部やっちゃおうってのは財津一郎でなくてもヒジョーにキビシーっ!と言いたくなるのだがこれだけは譲れない。ましてや毎月15日は毎回お世話になっている昴珈琲店では20%OFFの日。こっちが遠方に住んでいるにもかかわらず、案内のハガキを出してくれるそのお心遣いに応えないワケにはいかない。てなわけで、

 2015第1次弾丸ツアー ~全部乗せプリーズ~
 11:46 札幌駅着
 12:00 南北線さっぽろ駅へ
 12:15 平岸駅からシャトルバスでドームへ
 13:00 試合開始
 15:05? 試合終了
 16:00? 市内中心部へ
 17:30? 晩ごはん
 18:30? 祝勝会

 何ともアバウトだが、ドームへ移動→観戦→お買い物→グルメというのは動かしようがないので。普段は前泊するのでホテルのチェックインは事前に済ませるんだけど今回は当日移動なのでチェックインは少なくともお買い物の後。札幌駅到着後すぐにコインロッカーを見つけられないようだと遅刻の可能性大(汗)。ダッシュは避けられんだろうなあ…。
 市内中心部でかつ迷子にならないお店は限られる。ノルベサ近くのSuage+を一応本命視しているけど、食うことに関しては執念深いので市内中心部という条件付きでできれば新規開拓もするつもり。時間があればビックカメラ様で格安スマホの相談および購入も考えたが流石にムリ。

 まだチームの骨格は見えていないものの、都倉・ナザリト・小野・稲本・ニウドの全部乗せってのは観てみたい。無理だろうけど。ともあれ、ガッツリ補強した新戦力が活躍してわかりやすい形での勝利が欲しい。「今年のコンサは違う!本気でJ1行く気だ、行けるぞ!」って空気にしたいしね。

 さて、お店検索すっかな。ネタはボチボチ考えれば何とかなるでしょ…。

posted by フラッ太 |23:45 | 日記 | コメント(0) |

2015年02月02日

恨むぞ、日程君!

>アウェイ金沢戦が会場未定ってどういうことなの…。ただでさえ宿と足の確保が最も困難なGWなのに。

 さて、日程の全体像については既に多くの方が触れているので省略することとして
 私的な観点では今年の日程は「めっちゃ厳しい!」のひと言である。

 まずはホーム開幕戦・長崎戦のキックオフが13時ってのがけっこうつらい。

 今年は当日移動の公算が大きく、札幌駅到着は定刻で11:46。そこから一旦荷物をコインロッカーに預けてとなると地下鉄に乗り継ぐときにはほぼ正午。「スープカレー食ってるヒマねーじゃねーか!」と言う以前に試合開始前に到着できるかちと微妙。14時なら素直に東豊線でいいんだが、東豊線は意外と歩かされることを考えると南北線で平岸→シャトルバス乗り継ぎのほうがベターかな。いずれにしても到着後はブロガーさんにご挨拶することもなく、メシ食ってすぐ試合観戦という実に余裕のないスケジュールが予想される。

 日程君まで弾丸ツアーをズンドコ珍道中にする気か、
 もうツアータイトルはけっきょく南極弾丸ツアーで決まりじゃねーか!
 …という心の叫びを抑えることが出来なかったよ(泣)。

 弾丸ツアーのメインといえばおすまし。例年、8月の終わりから9月上旬なのでちょうどJ2の試合がない。これはまあある程度予想できたんだが、ホーム最終戦が11月23日…え、月曜日!?参戦できないじゃねーか!正直、これは想定外だった。仕事の都合上、月曜日だけはどう頑張っても休みを取ることが出来ない。日曜日の試合でも翌日の月曜日に早起きして仕事に間に合わせている現状。
 最初と最後だけは生で観るというのを目標にしていたのにいきなり頓挫とはなあ。じゃ、厚別の開幕ゲームはといえば7月18日の土曜日。14時キックオフとはいえ深夜勤明けの弾丸移動。…ぶっちゃけ、グッタリしていて試合観るどころじゃない気がしてならない(汗)。ぜひともラス前のホームゲーム徳島戦で昇格を決めていただきたい(←自分の都合かよ!)。昇格がかかるなら弾丸移動でも気力でカバーするからさ。もっとも、キックオフが13時なら目も当てられないが(汗)。

 今年の日程は参戦に関して殊の外優しくない。アウェイ参戦は正直よほど運に恵まれないと難しいだろうなと思っていたので諦めもつくがホームゲームで悩まされるとは思ってなかった。何とか2試合は観たいと思っているんだが、さてどの試合にしたらいいものやら。

 ホント恨むぞ、日程君…。

posted by フラッ太 |00:05 | コンサについて | コメント(6) |