スポンサーリンク

2017年10月30日

鹿島られた。

>もう○音のせいにしとこうぜ…

 ホーム鹿島戦は1-2の敗戦。

 ちょっとした差、といえばそれまでなのかもしれない。
 だが、そこをしっかり衝いてくるのが王者の所以か。
 金崎の決勝ゴールは流石。あれはソンユンを責められない。

 よほど天皇杯の負けが堪えたようで金崎の勝ち越しゴールからもう“鹿島って”きた。
 そこまで露骨にやる?…いや、これが鹿島のスタイルなんだろう。
 鹿島の掲示板覗いたら“戦犯”の中村がこれでもかとボロクソに叩かれていたしなあ…。

 これはコンサがそうさせたというより鹿島がなりふり構わず鹿島ってきたということ。
 残っているタイトルはもうリーグのみ。タイトルへの執着心をまざまざと見せつけられた。
 掲示板に「12月2日以降予定がないのが信じられん!」ってのを見た時に
 ああ、これが常勝チームのサポのメンタリティなんだなあと唸らされたよ…。

 悔しさはもちろんあるんだけど、それよりも勉強になった、
 上には上があるというのを見せつけられたという印象が強い。

 今、アメリカはワールドシリーズやってるけど6回終わって負けていたらあとはセットアッパー、クローザーに繋がれてほぼ決まりってな感覚。鹿島の試合巧者ぶりが際立っていたといったところ。ホント、憎たらしいほどに勝利しか求めない。スペクタクルなんぞ犬に食わせておけ!ってほどに徹頭徹尾勝ちにこだわる。

 コンサはまだ目の前の勝利しか考えられない、目の前の勝利を追いかけるのに精一杯。
 鹿島はそこんところの考え方が逆というかコンサとは全く異質のものだな、と。

 いや、もちろん鹿島とコンサでは経験値が天と地ほどの差があるんだし、コンサとしては目の前の試合だけを追いかけるって姿勢で全然間違っていないんだけど、ある種の落ち着きが鹿島にはイズムとして備わっているというか。差があるとすればそのあたりなのかな。鹿島には慌てた様子がほとんどなかったんだよねぇ…。

 横綱相撲、っていうのかな?安定感、あるいは懐の深さといったようなものが鹿島にはあった気がする。いや、取り戻したと言うべきかな?でも、コンサはその横綱相手に猫だましとか奇策に走らずクロスから高さでアタックってのをそれこそ愚直にやっての負けだからある意味納得の負けではある。兵藤のゴールは普通だったら枠の外だったけどねw。

 昌子と植田中心にコンサの攻撃を受け切られてしまった、混乱を生み出せなかった。
 近くて遠い1点差負け。それが率直な思いである。

posted by フラッ太 |02:00 | 試合後の印象 | コメント(3) |

2017年10月21日

Giant Steps。

>ジェイはそれくらいやってもらわないと困る…。ヘイスいないしね。

 アウェイFC東京戦は2-1の勝利。

 アウェイで待望の初勝利。今日はまず味スタに参戦し、選手と共に戦ってくれたサポに感謝。
 聖地厚別での快勝からの良い流れを持続して2度目の連勝。

 戦ってるのは選手や監督だけじゃない。
 勝利そのものも無論うれしいが勝つことで一体感を示せたことが大きい。

 清水△甲府●広島●大宮△で今節もコンサほぼ独り勝ち。
 次節、コンサ○広島●でJ1残留が決まるところまでこぎ着けた。

 もちろん、まだ何も決まっていない。百里を行くものは九十里を半ばとせよ。
 ホーム甲府戦&新潟戦のドローを柏・FC東京戦の勝利で取り返した格好。
 この連勝はまさしく残留へ向けてのGiant Steps。何とかその九十里までは来たかな。

 次節のホーム鹿島戦に向けて大いに気運が盛り上がること間違いない。
 シーチケ対象外なので収入増が見込めるからウハウハ…ってのはナシの方向で。
 ずーっと我慢していた富良野VINTAGEを今日は2本、いや3本飲むぞ!
 体脂肪率マニアのハリやんが福森呼ぶなんてないよなあ。いっそ都倉あたりどうっすか?

posted by フラッ太 |19:25 | 試合後の印象 | コメント(5) |

2017年10月21日

FC東京戦の展望。

>今回もあっさり風味で…。このBGMも一緒にね!)

 アウェイゲーム。未だ勝利への壁は厚く高い。
 個の力で上回るFC東京を凌駕するために求められるものは…。

 雨中の試合。まずは足下が揺らがぬように。

 第30節アウェイFC東京戦:雨の向こうに
 アウェイ未勝利の壁、突き崩せ!ジェイ!

posted by フラッ太 |13:00 | スチャラカプレビュー | コメント(0) |

2017年10月15日

「勝ったの札幌かよ!?」

>ネタできなくても問題ないよね?

 ホーム柏戦は3-0の勝利。
 参戦されたサポーターは「これぞ聖地厚別!」というのを存分に堪能されたことと思う。
 周囲のチームは結果だけ見たら一瞬空目したことだろう。ぬははははは。
 今日はイレギュラーで仕事。
 オンタイムで視聴できなかったのが悔やまれるが、嬉しいことを素直に箇条書きで。

○再開1発目で見事に勝利。
 再開後の試合ってもしかして全勝?じっくりスカウティングする時間があると結果が出るとか?それも完封勝ち&3点も取って得失点も大きく改善できた。

→上位の柏に勝つことでコンサはホームでは強いというのを強烈にアピールできた。
 残留へ向けて追い風を得やすくなった。
 清水はホームでダービーボロ負けで順位も得失点差も逆転。広島負け、大宮ドローで
 残留争いはここまでコンサほぼ独り勝ち。新潟がクビを繋いだのはこの際…

○ジェイが2ゴールと結果を出した
○増川がピッチに戻ってきた

 福森の状態が心配ではあるが、最終盤に向けて増川がいるといないとでは断然違う。
 菊地も頑張ってくれているが増川が戻ればDfラインに高さと強さが増す。
 相手にゴリ押しされても耐えきれる。

 地上波では大森アニキの解説だったが、その言葉通り全員が戦っていたと思う。
 見事なまでに“高さでアタック”作戦での3得点。
 それしかできねーのか!と揶揄されようが知ったこっちゃない。
 生き残るために、勝つために、なりふり構っちゃいられないんだわ。

 全員が戦って泥臭く勝利を目指す。'勝利そのものももちろんうれしいが、
 原点に返ることができた上での勝利。それこそが大きな意味を持つと思う。
 これも聖地厚別の力なのかな。

 ちょっとプライベートでキビシー状態にあったので、ブログの更新はちょっと休んでコメントでお邪魔させていただくスタイルの2週間だった。柏戦の勝利は重たいモノがすっと降りたような心地。残留争い同様にまだまだ大変なんだけど前向いて頑張れそう。コンサを応援していて良かった…。

 一度でいいから見てみたい コンサのJ1 6連勝

 …ボツネタ供養もできたし、1週間頑張るぞ!

posted by フラッ太 |01:35 | 試合後の印象 | コメント(0) |