スポンサーリンク

2017年11月27日

調子に乗るなら今のうち。

>どうせなら大伍にしない?

赤:いやあ、アウェイG大阪戦も勝ちましたね!アウェイ3連勝ですよ!
黒:たまたまだよ、たまたま。
  アデミウソンもファン・ウィジョもファビオもいないし
  ホームでゴラッソ決められた藤本淳吾もいないしなあ。
赤:だけど、東口や今売り出し中の井手口とか代表メンバーもいたし、
  今野も遠藤も出たんですからもうちょっと自信持っていいんじゃ?
黒:いやいや、それまでガンバは11戦勝利無しって最悪な状態だったし
  清水戦と同じでタイミングがたまたまラッキーだっただけだよ。
  所詮は戦術ジェイでしか勝てないんだから謙虚にいかないと。
赤:(…あやしい。)
  そのジェイは2戦連続で通算9ゴール。ジェイさまさまです。
  ついに勝ち点も40に乗せました。後半戦だけで勝ち点25ですよ!
黒:データ上では10勝すれば安全圏ってのにこれでもう11勝だからなあ。
  なお、2ndステージのガンバは…
赤:そこまで言ったんなら素直にゲロっちゃいなさいよ、もう…。
  気になって仕方ないです。
黒:今までカモにしてきたコンサに完封負け食らう気分はどうだい?
赤:やべっちでは12試合未勝利はクラブワーストって言ってましたね。
黒:そういや、何でCKは菅が蹴ったんだ?
赤:福森は負傷交代です。荒野もですけど。
黒:何してくれとんじゃゴルァ!
赤:何もワザとやってるわけじゃありませんよ。
黒:荒野が芝掘ったのはピンクのチームだろうが!
赤:意味わかんない怒り方しないでくださいよ。
  そういや、怒りといえば長谷川監督へのブーイングは相当だったみたいですね。
  3冠に導いた監督でも容赦ないですねぇ。
黒:大統領と同じで就任時は拍手で迎えられ、去るときは石もて追われる。
  監督稼業の宿命だよ。あのアンチェロッティだって代表監督嫌がってるしな。
赤:勝たなければってことですか…。
黒:広島を航空母艦にして新潟の戦闘機乗せてるだけなんて悪口言われた浦和だって
  ホームでキッチリ勝ってアジアを制したんだからな。
  もうさっぽこなんて言わせんぞ!
赤:謙虚にいかないとってのがこうもあっさり手のひら返しますかねぇ。
黒:いいんだよ、総理大臣が堂々とやってんだから。
赤:また微妙なボケを…。
黒:福森や荒野が負傷交代ってのが気にくわんが、敢えて言わせてもらおう。
  今日はこれくらいにしといたるっ!
赤:戦術ジェイでも?
黒:ジェイ最高や!ポゼッションなんかいらんかったんや!
赤:すっかり調子に乗ってますねぇ。
黒:最終戦でのサプライズでガチャピンオファーあるで。
赤:小野や稲本がいるでしょうが。
  遠藤にオファーするならせめて今野にしてくださいよ。
黒:年俸いくらだと思ってんの?
赤:フッたあんたに言われたくないわ!
黒:明日の道スポ1面はジェイジェイジェイで決まりやで!
赤:それはないと思う…。


 おっかしいなあ、クラシック飲んでないのにどうしてこうなったんだろう?
 まあ、今のうちにおだっておかないと精神衛生上やってらんないってことで。
 …次からは格調高いブログを目指します。  

posted by フラッ太 |02:25 | 試合後の印象 | コメント(0) |

2017年11月25日

次のステップへ。

>浦和おめ!にしても、ラファエル・シルバのターン速かったなあ…。

 ACL決勝。
 選手全体のレベルが高いとちょっとしたミスがえらいヘボに見えるという好例。
 ちょっとトラップが大きくなっただけで奪われるなんてのは当たり前だし、
 カウンターで戻るときのアル・ヒラルの速さと来たら…。

 コンサも大方の降格ド本命の予想に反してJ1残留を決めたはいいが、
 あの試合を観るとやはりまだまだといった感は拭えない。
 というわけで、来週に迫った弾丸ツアーのタイトルは

 2017第4次弾丸ツアー ~FOR THE NEXT STEP~

 今回の旅程は

 12月1日(金) 札幌入り
 12月2日(土) 試合観戦&祝勝会
 12月3日(日) お買い物

 と至ってシンプル。今回は金曜の移動こそ朝イチだが夜勤明けではないので
 わりとスケジュールとしては余裕がある方。
 ここ最近はプライベートでちょっと大変だったが、それも一定の方向を見いだせそう。
 いい加減パクリネタも卒業して格調高いブログにしていかなければ。

posted by フラッ太 |22:30 | 日記 | コメント(2) |

2017年11月23日

J2(ガチで)怖い。

>あの素晴らしい(非公式)煽りVをもう一度…

赤:はいどうもー、赤黒スズメでーす。いやあ、コンサがとうとうJ1残留を決めましたね!
黒:もう、最高最高!
赤:またシブいところからパクってきましたねぇ。
黒:…つづく。
赤:いやいやいや、そんなあっさり終わっちゃダメでしょ!
黒:今から反省会やってたら年末にネタ切れするだろうが。
赤:そんなメタなこと言わんでも。
黒:早く決めるに越したこたあないが、2試合残しての残留決定ってのは良い意味で想定外だな。
  それにしても、コンサが強いってよりは清水がひどすぎたよ。
赤:ご主人様も言ってましたが、巡り合わせなんですかね?
黒:点は取れない、しかもホームで5連敗中って下り坂にも程があるよな。
赤:地上波ではテセが「出してくれ!」ってアピールしてるのに…って画も抜かれてましたね。
黒:もともと時間限定だったのかもしれんが、それにしてもなあ。
赤:前半で2点のビハインドなのに頭から交代カードを切らないのも意外でした。
黒:コバさん、カードを切らないんじゃなくて切れなかったのかもしれんぞ?
赤:もともと駒が足りない状況だったってことなんでしょうか?
黒:清水のボランチが完全に空気でどっちがホームかわかりゃしねぇって試合だったしな。
  荒野も確かに良かったが、清水が戦力的に厳しかったと思わないとああまで差はつかん。
赤:余所のことを心配してる場合じゃないですが、昇格組が揃って残留したいですしねぇ。
黒:勝ち点6もらえるから?
赤:つ 怒られますよ!
黒:コンサが出来すぎと思えるくらいに清水は負のスパイラルがえらいことになっているよな。
  5年前のコンサみたいで他人事に思えないんだよ。
赤:それはどうかと思いますが、清水はどうやって点取るんだろう?って感じはありましたね。
黒:戦力が整わないから打てる手が少なくなる、
  結果が出ないからモチベーションも上がらない。閉塞感が尋常じゃないな。

赤:尋常じゃないといえばJ2の最終節はスゴいことになりましたね!
黒:つくづく、今年J1残留できて良かったと思うわ。
赤:一番条件の良かった徳島が7位転落で一番厳しかった千葉が6位に滑り込むんですからねぇ。
黒:しかも、アディショナルタイムでの劇的決勝ゴールってフクアリには何かいるのか?
赤:去年のウッチーもそうでしたしねぇ。
  でも、徳島は悔やんでも悔やみきれないでしょう。
黒:まあそうなんだが、結局は勝たなきゃダメってことなんだよな。
赤:去年のウチら、引き分けでJ2優勝だったじゃないですか…。
黒:いいツッコミですね!…って、引き分けOKの状況を作れたのは
  ウッチーの決勝ゴールがあったからだし、シーズンの積み重ねがあったからこそだ。
  ちょっと考えればわかるだろ?
赤:昇格プレーオフは名古屋VS千葉、福岡VS東京Vの組み合わせになりました。
  名古屋だけでなく他の3チームも今の千葉とは当たりたくないでしょうねぇ。
黒:名古屋はフルボッコされた千葉とリマッチだもんな。
赤:ニヤけた顔するのやめてくださいよ。  
黒:これ以上ないってほどに勢いがあるジェフさんだから本命にしても不思議じゃない。
  モンテディオ山岸の例があるしな。
赤:…それは優也に攻撃参加しろってことですか?
  ただ、他のJ1勢でも千葉に上がってきて欲しい声はわりと多いみたいですね。
黒:瓦斯サポなんざタッパー新調してする気満々だしな。
赤:喜作ありきじゃないですか…。
  ただ、フクアリはハコとしても魅力ありますし、
  関東在住のコンササポも参戦しやすいですしねぇ。
黒:ジェフ千葉さん、早くJ1に上がってきてください!
  京都とズッ友ごっこしてる場合じゃありません!
赤:あれは半分ネタですから。
黒:コンサとジェフの名勝負数え歌はJ1こそ相応しいのです!
赤:まあ、ドラマティックな試合が多かったのは確かですが…。
黒:去年のフクアリでのウッチーの決勝ゴール、一昨年の上原のゴール、6年前の倍返し…。
  ああ、何という激闘の歴史!
赤:9年前の厚別とか、ペチュニクの同点ゴールとかも触れてください。
  ジェフサポに怒られますよ…。
黒:金持ちは来んな!絶対に名古屋を潰せ!
赤:本音ダダ漏れじゃないですか…。
黒:名古屋はJ2の観客動員増のためにもJ2で頑張ったほうがいいと思うの。
赤:今年のJ2は新監督が旋風を巻き起こしたので
  ヴェルディVS千葉の決勝というのも観てみたいですね。
黒:よ~く考えよう~♪監督は大事だよ~♪
赤:それ歌えるのはコンサが残留を決めたからこそですよねぇ。
黒:ジェフが昇格の暁には最優先でドームにご招待します!
赤:それが言いたかったんかい!


 久々の赤黒スズメの登場。
 コンサもめでたく今年残留を決めたので徐々に慣らしていければいいかな、と。
 …そういや、ツアータイトル未だに決めてなかったな(汗)。

posted by フラッ太 |01:30 | ネタの殿堂 | コメント(0) |

2017年11月18日

自力で残留決定!

>仕事が休みでも書くヒマなかったっす…。

 アウェイ清水戦は2-0の勝利。

 他力でも残留はできたが、自力で、それも完封勝利で残留を決めた。
 堂々と胸を張って残留を叫んでいい。祝ってやる。

 清水戦に強いヘイス欠場に加えて、いろいろと憶測が流れているらしいが都倉も欠場。
 ある意味、戦術ジェイしかねーよなってメンツで臨んだわけだが、
 あれ?ジェイがサイドって何というワイルドキャットフォーメーション。
 奇策と言えば奇策だがこれは都倉欠場を受けて四方田監督が意図して実行した戦術とみた。

 MOMは当然2ゴールのジェイなのだが、今日は荒野の出来が出色で裏MOM。
 1点目は石川のクロスがお見事だったのは言うまでもないが
 その前の荒野の捌きが素晴らしく、清水の対応が完全に遅れてこれで5割くらい決まった。
 石川のクロスで4割、あとはジェイが当てるだけ。あれだけ内側に固まっていたらなあ…。

 もともと清水CB陣はメンツ的に厳しく、都倉不在でもジェイの優位性はそれほど揺らぐことはないと思ってはいたけど、改めてゴールシーンをチェックしたらジェイと最後に競っていたのはSBの松原。兵藤と荒野がPA内に入っていてジェイは外から飛び込む格好。四方田監督のスカウティング勝ちと言っていいと思う。

 磐田戦の流れるようなパスワークからのヘイスのゴールには及ばないものの、
 アメフト風に言うなら完全にデザインされたビューティフルゴール。
 スタンディングでも厳しいのに勢い込んで飛び込まれたらボンバーさんでも無理じゃないか?

 それでも河合の負傷交代や前半終了間際のピンチなど地味にハラハラさせられる試合だった。ファールの判定で助かったがあわやってシーンもあったしね。コバさんのスタイルはデンと構えているFWに当てて勝負できないと…というイメージがあるので、高さで優位に立つ四方田コンサにはもともと分が悪く2点差を跳ね返すのはケガ人だらけのメンツを考えると相当な無理ゲーだったんじゃないかなあ?

 チャナティップの推進力は安定していたし、兵藤も良いタメを作るなど質は高かった。この2人をシャドーに置いて荒野がボランチで安定したプレーができたことは大きい。ジェイがサイドで突っ立ったままでチャナと兵藤が走り回っていたのには思わず笑ったぞ。まあ、ジェイをフルタイム保たせるためにああしていたと思うけど…。

 今年のコンサは何かしら運に恵まれているというか良い流れを切らさずにここまで来たような気がする。鹿島戦では横綱相撲で打ちひしがれたけど、監督の相性がいい清水(コバさん相手だと四方田監督の5戦5勝)、しかもスカウティングの時間がたっぷりある、前々日に移動して勝つための体制を最大限整えるといった具合に2-0のスコアはそれが必然と思えるくらいに全てが噛み合ってもたらされた勝利。もちろん、大勢足を運んだコンササポの声援もそこには含まれる。

 仕事に差し支えないようにクラシックは350ml缶で我慢。でもスポーツ紙は大人買いするぞ!
 あと2試合、キッチリ勝って締めくくろう。

posted by フラッ太 |20:15 | 試合後の印象 | コメント(5) |

2017年11月17日

清水戦の展望。

>久しぶりっ!(例によってこのBGMに乗せて行ってみよう!)

 あとひとつ。あと少し。そんな時ほど油断が生まれる。心に隙ができる。
 まだ何も手にしていない。
 中断期間がもたらすのは弛みであってはならない。勝つための休息。勝つための準備。
 再び厳しい戦いの中へ飛び込むときに必要なのは集中力と勝利への執念。
 歓喜は勝利の先にある。

 第32節アウェイ清水戦:ONE
 清水の隙、見つけ出せ!四方田監督!

posted by フラッ太 |21:35 | スチャラカプレビュー | コメント(0) |

2017年11月11日

次はコンサが決める!

>千葉にもワンチャンスあるような気がしてきた…。

 V・ファーレン長崎、初のJ1昇格おめでとう!

 長崎には何かこうシンパシーを感じる。
 上がったり落ちたりを繰り返し(長崎はJ2のカテゴリーの中でだけど)、
 経営危機に陥りといった具合にコンサとカブるところが多い。

 初のJ1昇格がかかっていたとはいえ2万2千人オーバーというのもすごい。
 前年2ケタ順位のクラブが昇格するという法則が今年も当たった格好。J2はやはり魔境。
 
 長崎は金山の古巣。
 ソンユンがスーパー過ぎて水を空けられた格好だがGKは1人しか出られない。
 出場機会を…と食指を動かしてきそうで怖いなあ。

 コンサにとって来季の長崎は脅威になるのかカモになるのか。
 'それはとにもかくにもコンサがJ1残留を確定させないことには始まらない。
'
 さあ、清水戦はキッチリ勝ってスカッと決めるぞ!

posted by フラッ太 |22:10 | コンサについて | コメント(0) |