スポンサーリンク

2011年10月23日

ベガサポに笑われる。

 昇格争い真っ只中、みんな、燃えているかーっ!

 小ネタを封印しても勝てなかったんならネタに走った方がまだマシってなもんだ。

 2週間で5試合、それもアウェイ3連戦を含む過酷な試合日程。チームは現在3連敗。それでもコンサは昇格争いの真っ只中にいる。そりゃ勝てなきゃ気持ちは沈むし胃がシクシク来たりもする。でもね、これがガチンコでの昇格争いなんだよ、きっと。
 
 今年は混戦の度合いがハンパじゃないからなおさらだけど、
 こんなギリギリの勝負ができるなんて今までのコンサに果たしてあったのかな?
 三浦コンサの時は昇格争いっていうよりいかに逃げ切るかっていう感じだったし、
 J1での残留争いは始めっから無理ゲーな感覚だったし。

 どっちにも転ぶ可能性がある中で、全力を出し切れば勝てるっていうのを感じられる。
 そして1試合ごとに勝敗の価値の重みや喜怒哀楽が加速度的に増していく。

 通常、5試合をこなすとなると1ヶ月ちょっとかかる。今は2週間に短くなってただでさえ“濃い”1ヶ月がさらにギュッと濃縮されているけれど、それでもたかだか1ヶ月だ。昇格争いの先輩といって真っ先に思いつくのがベガルタ仙台。ベガルタは1ヶ月どころか年単位で昇格争いの中にいた。その仙台は今J1にいて、震災を乗り越えてなお上位で踏ん張り続けている。

 「今のコンササポのうろたえぶりを見たらベガサポに笑われるんじゃないか?」
 ふと、そんなことを思った。

 もしかしたらコンササポの中に戸惑いがあるのかもしれない。だって、今年はまたしてもチーム作りでやり直しを迫られ積み重ねどころかマイナスからのスタートだったし、序盤でおもいっきりズッコケたし、とてもじゃないが昇格争いに食い込めるイメージが湧かなかった。それでも、不格好ながらも勝利を積み重ねてJ1昇格への挑戦権を得ている。

 今、この位置にいるのは“たまたま”じゃない。バーポストさんの活躍もあったのは事実だけど(苦笑)、ハナっからそれをアテにして戦っていたワケじゃない。身分不相応な順位でもなければ、もっと上にいなければならない順位というほどでもない。まんま、現状が順位に現れているんだと思う。
 不安を拭い去れないのは気がつけばこの位置にいたってことで昇格争いをしているっていう現実に気持ちが追いついていないからのかもしれない。試合の間隔が短すぎて気持ちの整理ができていないのかもしれない。

 でも、もういいでしょ。そろそろ腹をくくろうよ。
 
 昇格争いは厳しい。簡単じゃない。諦める必要なんて全くないし、楽観視してもダメ。「次は勝てるさ!」ってのはみんなが“出し尽くした”上で言うべきこと。ヤンツー3年目の時は「結局フッキ頼みでしょ?」っていうのが抜けなかった気がするけど、今年は違う。ジオゴはスーパーな外国人じゃないし、ホスンも活躍しているけどあくまでピースの一部。

 今年はみんなで“乗り越える。”仙台がJ1で待っているぞ!

posted by フラッ太 |10:04 | ちょっとカタい話 | コメント(4) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に対するトラックバック一覧
最後に3位以内に入るために戦っている 【当然!B自由席です。】

「3連敗」そして今日の他チームの結果次第では5位に落ちる可能性もあり,このままずるずる行けば早晩『終戦』の声も…。(単なる挨拶) 西京極で,また,鳥銀で最後まで戦ったチームのみなさん,そして,最後まで声援では負けなかったサポーターのみなさん,お疲れ様でした。

続きを読む
この記事に対するコメント一覧
Re:ベガサポに笑われる。

あ、いいですね。フラッ太さんのとらえ方。
エスカレーターとかエレベーターとか言われる我がチームですが、「みんなで乗り越える」を実現できたら新しい展開が生まれるかも・・・と期待。

まだまだ昇格争いに絡んでる。
一緒に戦うの今しかないんじゃね?と自分ツッコミしてます。

posted by チームがある限り| 2011-10-23 12:11

Re:ベガサポに笑われる。

同感です。開幕当初は、昇格争いに加われるなんて思ってもいなかった。せいぜい5,6位くらいで終わってくれればいいなあと。
期待過剰にならないように、かといってネガティブにならないように、今コンサが持っている力を後押しするのが我々サポの仕事。全力を尽くさず負けるわけにはいかない。全力を尽くして昇格できなければ、それはそれがコンサの実力と言うこと。
今の時点では勝ちあがれる可能性は十分あると思う。鳥栖だって後の7戦でどうなるか分からないよ。それが昇格争いだと思う。

posted by お玉| 2011-10-24 10:58

Re:ベガサポに笑われる。

さあ飲みますか。(^w^)
浦和とJ1でやりたいから「おめえらJ2に落ちるなよ」と願ってますが、何か?(^O^)
作り上げたチームが欲しかったんですよね。
やっと叶ったわけです。
ここから先、まだ夢はありますよ。
修羅場なのに幸せとか、負けたのにサポ以外の人でも「今日のは負けでも誇らしい」とか、ススキノで盛り上がってる光景を見ること。
こんなんでヘタれてる場合じゃない。

posted by owls | 2011-10-24 20:46

Re:ベガサポに笑われる。のお返事。

 >チームがある限りさんへ
 「乗り越える」を赤く強調しましたが、「みんなで」と「乗り越える」はほぼ同等です。
 今まで下から追い上げる経験をほとんどしてこなかったので・・・。
 今こそ「みんなで」というのを大事にしたいですね!

 >お玉さんへ
 僕も開幕前は「5,6位には来てほしいけど、
 現実的には半分より上で終わればってところかなあ・・・」と思ってました(苦笑)。

>期待過剰にならないように、かといってネガティブにならないように

 ここんところのサジ加減が難しいんですよねぇ。
 コンササポってどっちにも極端に振れる傾向が強い気がします。
 でも、どっちに転ぶかわからない試合を続けるうちにサポの側も鍛えられるでしょう。
 三浦コンサでさえ終盤の5戦は苦しみました。鳥栖から千葉まではまだまだわかりませんよ。
 喜べるかどうかはともかく、まずは全力を尽くすのが先です。

 >owlsさんへ
 浦和に関しては同じことを思ってますが、それは新館で追々書いていきますw。
 形はあんまカッコ良くないかも知れませんが、自分たちで作ってきたチームがJ1に行けるかもしれない、ガチで昇格争いしてるっていうのを楽しまずして何がサポかと。

 いろいろキツいことも多いけど、そのキツさを味わえるクラブは限られている。
 そして、その空気がいずれ主役の座をコンサに引き戻す。
 街の空気がコンサとリンクするってすごく素敵なことですよ。
 1試合の濃度が野球とは大違い。だから一喜一憂の濃度も俄然違うし、
 応援も自然と真剣勝負になるし、力も入るし、選手たちとの距離も縮まるってもんですよ。

 最終戦の弾丸ツアーは既に決定してます。
 翌日に休みももらっているのでベロベロに酔っぱらっても無問題w。思う存分飲みましょう!

posted by フラッ太| 2011-10-25 02:15

コメントする