スポンサーリンク

2007年06月30日

名実ともに、「名人」。

 さて。

 森内俊之が郷田真隆を下し、名人位を獲得した。これで通算5期の名人位で永世名人の資格を得ることとなった。実力制となってからの永世名人は森内で5人目。

 「羽生世代」といわれた棋士の1人だったが、羽生が将棋の7大タイトルを総なめにした一方で、実力は認められながらもタイトルにはなかなか縁がなかった。
 名人のタイトルをとったのも羽生が先で、永世名人にリーチをかけていたのも羽生が先だったが、永世名人の称号を得るのは森内が先となったのだ。

 しかも、4連覇してである。

 調べてみたが、4連覇以上しているのはそれまで実力制で永世名人となった人物しかいないのだ。

 将棋の神様は物語を作るのが巧すぎる、と言ってはちょっとキザか。しかし、偶然にしてはあまりにも・・・と思ってしまう。

 永世名人への道のりも決して平坦なものではなかった。ようやく手にした名人位を、羽生にあっさり奪われたこともあった。今回の名人位も、その前の第6局を大逆転で落としているにもかかわらず、最終局で防衛という最後の最後まで厳しいものだった。

 人生の面白さ、と言うほど僕は歳をとってもいないしそれほどの経験もない。表現するのが難しいのだが、胸に染み入るものがあるというか。

 頑張ろう、という気にさせてくれる。

 今回のドラマティックと言うにふさわしい森内の名人位獲得。スポーツ紙では、森内が羽生を「追い越した」というニュアンスの記事が多い。ある意味ではそうかもしれないが、むしろ、羽生世代といわれた棋士たちの切磋琢磨がこうした結果をもたらしたのであって、まだまだこれから面白い「物語」を紡ぎ出してくれるに違いない。

 僕は、そう思うのである。

 羽生世代の鎬の削り合いや因縁はまだまだエピソードがあるのだが、僕の文章力ではこれが限界。

 でも、将棋の世界も「ドラマ」に満ちていますよ、ということで。

 では。

 

 

posted by フラッ太 |14:26 | コメント(0) |

2007年06月30日

どうしても、納得できない。

 さて。

 ジュビロの菊地が臨時職員として拾われるかも、との報道。

 どうしても、納得行かない。

 菊地の復帰への道は彼自身がペナルティ(法的にも、世間の風当たりという意味でも)を受けた上で、彼自身がそれと真摯に向き合い彼自身の手で模索するべきであって、チームが手をさしのべる問題ではないし、してはいけないと思う。

 新居の場合、チームはそれこそ「泣いて馬謖を斬る」といった思いで彼を解雇した(と僕は思っている)。新居本人にしても、やっと琉球FCに拾ってもらってその後鳥栖に移籍し、日本人得点王という結果を出した上で今千葉にいるのである。

 これでは、ジュビロだけでなくリーグ全体の自浄能力を疑われてしまう。

 ジュビロの首脳陣はそのあたりのところをどう考えているのだろう?

 やはり、どうしても、納得行かない。

posted by フラッ太 |09:23 | スポーツ | コメント(3) |

2007年06月29日

K-1。

 さて。
 
 HDDレコーダーに溜まっていた番組をやっとこすっとこ半分ほど見終わった。

 で、K-1。

 思いっきり周回遅れなのは承知の上で、敢えて言わせてください。

 ボブ・サップあっけなさすぎ!!

 鈴鹿でセナとプロストがスタート直後の1コーナーで、いきなり接触~!ってのを思い出した。まさかとは思うが、これが彼のK-1およびFEGへの意趣返しだとしたら相当なタマである。

 で、MAXの方。

 魔裟斗の強気っぷりが素晴らしかった。

 世界の舞台で戦うメインイベンターと言うにふさわしい試合だった。

 まだ、水戸黄門の再放送が残ってるんだよなあ・・・。

 では。

posted by フラッ太 |17:01 | コメント(0) |

2007年06月29日

新しいガンダム。

 さて。

 昨日、コンビニに寄って目にした某雑誌に、新しいガンダムシリーズの記事があった。

 機動戦士ガンダムOO(←ダブルオー、と読みます)

 10月から放送開始とのこと。監督が「鋼の錬金術師」の水島精二氏、キャラクターデザインが高河ゆん氏だそうで。

 4体のガンダムおよびそのパイロットは明らかになっているが、声優さんはまだのようで。

 詳しい情報はこれから小出し小出しでファンをやきもきさせるんでしょうが、それもまた楽しみの1つ。

 主人公機がV2ガンダムとウイングガンダムを足して2で割ったように見えるのは気のせい・・・?

 では。

posted by フラッ太 |10:01 | コメント(0) |

2007年06月28日

すごいゴールだ!

 さて。

 書き込みをしたばかりなのだが、ダイジェストを見たので改めて、ということで。

 芳賀のゴールはすごいゴールだ!

 J1だってあんなビューティフルゴールはそうそう見られるもんじゃない。

 今年のコンサのベストゴールに間違いなく挙げられるだろう。

 今さら言うんじゃねえ、っていうのはナシでお願いします(苦笑)。

 では。

 

posted by フラッ太 |19:02 | コンサについて | コメント(0) |

2007年06月28日

ちょいと散歩。

 さて。

 少しは体を動かさなきゃいかんなあと思い、ちょっと遠くのドラッグストアまで散歩を兼ねて歩いてきた。 
 
 夏というのは、デブにはつらい季節。いろいろと買い込んだのだが、ふと見ると、どこかで見た人が・・・。

 そう、今をときめくビリー隊長である。12800円だった。いつぞやは何を勘違いしたかビリー・ザ・ブート・キャンプと書いたが、ビリーズ~が正しいんですよね。

 で、他にもコンビニに寄って住民税を払ったりなどヤボ用を片付けてきた。

 やっぱり、一汗かくのは気持ちいい。思えば、ちょっと心が腐り気味だったし、ある程度体を動かさないと精神衛生上良くないなあと改めて思った次第。

 コンサも、もう1度リフレッシュして長いシーズンを戦ってもらいたい。

 強引にまとめたところで。

 では。

posted by フラッ太 |17:06 | コメント(2) |

2007年06月28日

まだまだだなあ。

 さて。

 一夜明けて、皆さんのブログを改めて見てみる。そして思った。

 まだまだだなあ、と。

 それは、コンサではなくて、僕および僕のブログのこと。

 確かに昨日の試合は引き分けで、勝ってほしかった。でも、こちらの方のような観点もあるわけで。

 僕自身は見事なまでにケセラセラで極楽トンボな人生を歩んできたんだけど、ことコンサに関しては、「今年何とかしないと・・・」と選手や社員でもないくせに変に力が入って、首位に立って勝ち点が詰まり始めるとやたらあせってどうしようどうしようと強迫観念にかられる。

 改めて最近の僕のブログを読み直してみると、見方がどんどんミクロ化しているなあ、と。コンサへの想いのベクトルが内向きになっている気がして。

 観戦は地上波だけだし、ましてや参戦は1度もない(←威張って言うなよ)。ブログを書くのもやっと2ヶ月になったばかり。こちらの方のように、コンサが生活の一部というほどに定着しているでもない。
 
 肝の座り方が違うんだよなあ。

 もちろん「年季」という埋められないものはあるんだけど、昨日の草津戦の後のブログを書いた後、自分のブログが上滑りしてるんじゃないかと思いつつ、まあ気にしてもしょうがないかなんてケセラセラで極楽トンボな人生のマインドそのままに眠ったわけで。

 次の山形戦までちょっと間が空くわけだし、コンサのこれまでの戦いぶりを振り返りながら捕らぬタヌキの数字遊びでもしてみようかと。

 ちょいとブルーな気分になりましたが、よろしければこれからも僕のブログにお付き合い下さい。

 では。

posted by フラッ太 |08:10 | コメント(0) |

2007年06月27日

仕切なおし・・・か?

 さて。

 結果は2-2の引き分け。

 現在下位の草津に引き分けたということは、「取りこぼし」。

 皆さんのブログを拝見すると、内容は良くなかったようで引き分けという結果は妥当、となってしまうのかと。

 まあ、審判が「世界基準」で、カードが石井だけだったのは救いですね。個人的に、良い審判ほど笛やカードを吹かないし出さないというイメージがあるので。

 もう1度、初心に返ろうではありませんか。(←選挙演説みたいだな)

 首位にいるのはたまたま。まだシーズンは半分も残っているし、改善すべき点はまだまだあるわけで。

 今日の試合で他チームはコンサの「攻略法」を見いだしたはず。草津が2点取ったのはなぜだ?その理由をきっちり研究してコンサを引きずり降ろそうとしてくる。

 「2位グループ」も京都・仙台といった自力のあるチームが抜け出してきたし、直接対決で負ければ勝ち点差は一気に縮まる。もう一度、自力をつけ直す必要がある。それはチーム内の競争もそうだし、補強も視野に入れる必要があるだろう。

 ・・・カウエ、大丈夫か?

 では。

posted by フラッ太 |23:24 | コンサについて | コメント(0) |

2007年06月27日

もう草津戦ですか。

 さて。

 中2日で、今日はもう草津戦ですか。
 
 日程的にはちょいと厳しいかもしれませんが、ホームなんだから気にしてはいけないのです。

 それに、前回の草津戦は明らかに気の抜けた試合。

 もうそんなことは許されません。あの敗戦がいい薬になった、と言えるのは今日の試合に勝って初めてその資格があると僕は思います。

 同じ相手に2度負けちゃあいけないですし、第2クールももう終わりにさしかかり今の草津は相手には申し訳ありませんが「下位チーム」である以上、取りこぼしは上に行くためには絶対にしてはならないこと。

 何人か今日のキーマンに挙げていますが、僕も今日はカウエがカギとみています。攻撃参加に関してはいいと思いますが、守備がいまいちかなあと。チームに残るために必死になっているのがあだになっているのでしょうか?コンビを組むであろう芳賀もリーチなので、カードをもらわないようにしっかり守備をしてほしいですね。

 大差でとは言わないので、せめて、カードなしですっきり勝ってほしいです。

 きっちり、勝ち点3を!

 では。

posted by フラッ太 |09:19 | コンサについて | コメント(2) |

2007年06月26日

反比例。

 さて。

 今日は通院日だったので、この時間の書き込みとあいなる。

 給料も降ろしてきた。明細表に変化無し。とりあえず、ほっとする。

 で、袋分けをする。

 病院代、国民年金、試験の検定料の積み立て、雑誌・・・。

 そして、住民税。

 体重が増えるのに反比例して、羽が生えているかの如く減っていく・・・。

 次の給料日まで、長いなあ・・・。

 では。

posted by フラッ太 |16:16 | コメント(0) |