スポンサーリンク

2008年07月31日

不二子ちゃんは誰?

 BS2でルパン三世をずっと見ております。
 オンタイムで見たのは第2シリーズからだけど、どのシリーズにもそれぞれに面白さがある。
 ガン○ムと違ってファースト至上主義でケンカにならないし(笑)。
 で、実写版なら誰がいいだろう?といろいろ妄想してみるのだが、不二子ちゃんだけがイマイチ決まらない。
 ハリウッド版ならかろうじてキャサリン・ゼタ・ジョーンズが思い浮かぶくらい。
 これが日本の女優となるとさっぱり思い浮かばない。
 設定からして30代以上は譲れない。セクシーで知的でアクションができて・・・。
 強いて挙げるなら真矢みきあたりが近いか。ちょっと大人すぎるけど(苦笑)。
 あ、藤原紀香は却下。エロくないから(笑)。似たような理由で黒木瞳も却下。
 杉本彩はエロいが、ちょっと線が細い気がする。さて・・・。

posted by フラッ太 |23:04 | バカ話 | コメント(4) |

2008年07月31日

安いパフォーマンス。

 昨日のボクシング。内藤大助が逆転KOでタイトルを防衛。
 しかし、それをかき消す「事件」が起こった。例の亀田1号のリングへの「乱入」である。
 実に安いパフォーマンスだったと思う。

 亀田としては単に試合が観たかっただけかもしれない。あるいは存在感を示したかっただけかもしれない。が、ハッキリ言って自分を貶めるだけだった。どうせヒールと思っているんだからこれくらいのことをやっても大して変わらない、むしろパフォーマンスに興じた方が盛り上がっていいだろう。といった感じだったのかなあ、と。

 ああいう「次はオレだ!」といったある種プロレス的なアピールの仕方は、およそあの舞台には似つかわしくない。そんなパフォーマンスなど誰も求めていなかっただろう。プロレスをバカにするつもりはない。プロレスにはああいうパフォーマンスが許される空気があるし、そういうパフォーマンスも含めてプロレスだと思ってもいる。が、それでもそういうパフォーマンスが許されるのは、それ相応の「資格」が必要になる。

 今の亀田にはそういう資格があるとは到底思えない。
 あるとすれば「因縁」ということになるのかもしれないが、それをとってみても亀田1号と内藤が直接対決する理由にはならない。その点では、金平会長の発言は正論で的を得ていると思う。因縁だけではとてもじゃないが対戦までたどり着けるとは思えない。内藤サイドとしても対戦する意義が見つからないだろうし・・・。

 パフォーマンスという意味では辰吉丈一郎が思い浮かぶが、彼の場合はベルトという実績があったからいろいろ言われつつもそれが成り立っていた。薬師寺保栄との対戦も、薬師寺には辰吉と対戦するだけの実績があり、どちらが勝つにしてもいい勝負になるだろうという期待感があったから盛り上がったように思う。

 今の亀田1号は、周りには「ボクシングをやっているただのガキ」としか映っていないだろう。WBA1位という「実績」が信憑性を失わせてしまうほどにダーティーなイメージが染みついてしまっている。亀田人気はかなりの部分で恣意的に作り上げられた「上げ底」のものだということは既にバレバレ。

 内藤と対戦したければ、内藤が「逃げられない」状況を作るしかない。が、今の状況ではそれは不可能に近い。周りがそれを許すとも思えない。というより許してはいけない。申し訳ないがいろいろな意味でまともな試合になるとは思えないからだ。
 TBSも亀田が来ていたことは知っていただろう。視聴率稼ぎに走ったかどうかはわからないが、クギを刺しておくべきだった。ああいうことをやりそうだというのはわかっていたと思うが、「黙認」していたことには非難されても文句が言えない。もし、これでおいしい思いをしたと思っているようならTBSは相当重症だ。TBSに関しては別の意味でおかしいと思うこともあるが、それは別の機会に置くとして。

 いずれにしても、なんだか地元のヒーローが汚されたようなイヤな気持ちが残った。

posted by フラッ太 |10:52 | スポーツ | コメント(5) |

2008年07月30日

大台到達感謝!

 ブログを始めて1年と3ヶ月。
 おかげさまで、200000アクセスに到達することができました。
 ありがとうございます!
 今年の2月に不摂生がたたって入院するハメになり、20万アクセスは年内に到達できればいいかなあと思っていたのですが、かなり早い到達に驚いていると同時に感謝しています。相変わらずスチャラカやっていますが、これからもよろしくお願い致します!

 7月22日、7月29日のアクセスランキングに入ることができました。
 改めて、こちらも御礼申し上げます。

posted by フラッ太 |20:44 | 日記 | コメント(5) |

2008年07月30日

今年のテーマは・・・。

 1ヶ月後に控えた弾丸ツアー。
 札幌までの切符と宿も抑えて、あとはガンバ戦のチケットのみ。
 本末転倒って気もするけど・・・(苦笑)。
 さて、一応ツアーと銘打つからにはそれなりに格好をつけたいなと思ったわけで。
 アーティストの場合だとアルバムのタイトルを持ってくることが多いが、流石にそれは無理。

 ブログを始めて1年とちょっと。つらつらといろんな事を書いてきた。
 去年は宮の沢に行って練習場の空気をちょっとだけ体験した。今年は念願の参戦。いろいろ想像を巡らせてはみるものの、こればっかりは実際に行ってみないとわからないわけで・・・。

 で、ひらめいた。「百聞は一見に如かず」。
 もっとも、ブログであーだこーだ書いているのだから、百聞じゃなくて「百文」。
 よって、今年のテーマは百文は一見に如かずに決定。

 あとはチケットを手に入れるだけ、ってやっぱり順序が逆だよなあ・・・。

 

posted by フラッ太 |09:59 | 日記 | コメント(0) |

2008年07月29日

少しは冷静になれたかな。

 Fの炎とEスポーツをハシゴ。
 断片的な情報でしかないのだが、鄭容臺の投入は平川さんの「中盤でもう少し積極的にボールを獲りに行きましょうという交替」という解説で、なるほどとと納得がいった。人形を使った解説でもボランチの2人が「効いていなかった」ということを指摘していた。ただ、新潟もダイレクトパスを使うなどしてボランチにチェックされる前に崩しにいっていたようなので、新潟の作戦勝ちという面もあったのかなあ、と。
 
 大宮戦までは2週間近いインターバルがある。
 ダヴィ・中山の有休は確かに痛いが、今更それを言ってもしょうがない。
 アンデルソンが戻ってこられるようだし、FWナシというのは何とか避けられそう。ダヴィ・中山がいないことで否応なしに戦術の変更も迫られる。どこに誰を置くのかというのは改めて書くとして、今まで控えに甘んじていた選手にとっては絶好のチャンス。席が2つ空くのだから奮起を期待したい。あと、もうちょっと三浦監督には攻撃的な戦い方を期待したい(笑)。

posted by フラッ太 |09:42 | コンサについて | コメント(2) |

2008年07月28日

いよいよピンチ!

 新潟戦は1-2の負け。
 1点差とはいえかなり内容の悪い試合だったようで、点差以上に力に差があったのだろう。新潟サポも「ウチも決して強くないけど札幌はもっと悪いなあ。そんなんで残留できるの?」と呆れられたのではないだろうか。だいたい、シュート4本ってのはいくらなんでもひどすぎる。よくぞ1点差で済んだものだ。

 結果が変わるわけじゃない。でも、気持ちの落としどころが見つからないのだ。
 大分戦は最小失点の相手だったから、先に失点したくないという心理が働いたのだろう。
 神戸戦は半ば審判にゲームを壊されて9人になってしまったので、引き分けるのが精一杯だった。

 でも、新潟戦はどうか。
 せっかく同点に追いついて、さあこれからだという時にあっさり失点。
 ダヴィと中山のイエローという「犠牲」を払いながら、引き分けにすら持ち込めず。
 これじゃどうしたってネガティブにならざるを得ない。

 これでホームとはいえ次の大宮戦がかなり厳しくなった。
 どーすんだよ、FWは!
 アンデルソンが間に合ったとしても、誰とコンビを組む?わかってはいたこととはいえ選手層の薄さが恨めしい。石井の存在感がすっかり薄くなってしまったのが淋しいことこの上ない。宮澤はまだ無理だろうし、あとはエジソンや横野のブレイクに期待するしかないという「風頼み」状態。塾長が帰ってこられそうなのはプラスだが、それでもクライトンのポジションが真ん中になるかというとかなり疑問。

 今はちょっとネガティブな気分から抜け出せそうにない。
 ただ、もう引き分けで終わっていてはいけない。勝たなきゃ上には行けない。
 ・・・はあ。

posted by フラッ太 |09:28 | コンサについて | コメント(3) |

2008年07月27日

さらっと新潟戦の展望。

 出場する選手には全員に頑張ってほしいのだが、特に頑張ってほしいのはデビ純と優也。
 デビ純がしっかり体を張ってくれないとコンサのディフェンスは機能不全に陥る可能性が高い。古巣でもあるだけに相手の特徴はある程度わかっているはず。イエローをもらうことなく、ガツガツ当たって新潟の攻撃の目を潰してほしい。
 優也は新潟には何かと因縁がある。新潟はホームの観客が多いから、考えようによってはぎーさんが入るよりもプラスかも。強心臓とアグレッシブな守備でポジション獲りを目指してほしい。ぎーさんは大宮戦も有休だからチャンスだぞ。あ、パントは正確に。そして味方をヒヤヒヤさせるファンタジスタっぷりもいらないぞ(笑)。

 今日は急遽仕事が入って1時過ぎの帰宅(泣)。お帰りは夜の1時~♪なんてボケはともかく、引き分け続出で混戦に更に拍車がかかるJ1戦線。千葉が勝って横マリが引き分けたから尚更勝ち点3が必要だ。

 ぜひとも勝ってハッピーターンだ!
 
 

posted by フラッ太 |10:23 | コンサについて | コメント(2) |

2008年07月26日

強引に夢を見てみた。

 秋春制が取りざたされているJリーグ。
 移行されれば、コンサは多大な「ハンデ」を背負うことになる。
 が、少しは物事をポジティブに考えてみたい。

 秋春制に移行されれば、少なくとも屋内練習場は必要。
 建設費は協会もしくはJリーグに出してもらうとして(これくらいは要求してもバチは当たるまい(笑))、維持費はクラブ側で捻出しなくてはならないだろう。でも、考えようによっては長期的な投資でもあるのだから、わざわざ海外に行ってお金を落とすよりは意味があるのではないだろうか。
 
 で、ここからおもいっきり話が飛ぶ。
 いっそのこと、屋内練習場を核にして総合スポーツクラブを作ったら良いのではないか?
 ・・・いや、飛躍しすぎなのはわかってますよ。ドリフのコントじゃないけど、もしもの話ですよ。
 でも、レラカムイもある。ポラリスもある。NPO法人を作って、その下にぶら下がる形でできないかなあ?検索してみたが、レラカムイのホームコートは月寒アルファコートドーム(旧グリーンドーム)で札幌ドームに近いのだ。きたえーるも福住にあるし。もしこの近辺に練習場ができれば、人材も資金も集中的に投資できる。

 夏は宮の沢で練習を行うとして、その間はフットサルコートとして解放してはどうかとか、レラカムイやポラリスの選手同士の交流やタッグを組んだファンサービスもできるんじゃないかとか、北大や札幌医大、他の私学などと連携してスポーツ医学の研究やスポーツビジネスの人材育成につなげることができるんじゃないか、とか。

 でも、やっぱり今の段階では夢物語だよなあ。
 建設費だって全額出してくれるほど甘くないだろうし・・・。

posted by フラッ太 |22:48 | バカ話 | コメント(2) |

2008年07月26日

慣れの問題?

 ガンバ戦の参戦に向けてちょくちょくオフィシャルサイトを覗いている。地下鉄の大谷地駅で降りて、国道274号線に沿ってつらつら歩けばたぶんスタジアムにたどり着けるであろうということも判ってきた。

 で、コンサのオフィシャルサイトなのだが、情報を見つける時にたまに迷うことがある。
 ちょっと前の○たさんのブログにもあったのだが、使い勝手がイマイチ・・・と感じてしまうのだ。
 チケットに関しては文句のつけようがない。トップページに「チケット」とあるので、直感的に情報を得ることができるからだ。が、スタジアムの情報に関しては「クラブ情報・・・からかなあ?」という感じでちょっとまごつくのである。

 とりあえず、各クラブの公式HPを少しだけ覗いたところ、トップ画面にスタジアムとあるのは鹿島・横マリ・湘南。観戦ガイドとあるのは新潟・山形。広島も「応援に行こう!」というのがある。浦和は「試合・練習」、京都は「試合・スケジュール」にカーソルを乗せればスタジアムの文字が表れる。

 慣れの問題といってしまえばそれまでなのだが、コンサのHPには違和感があるのは僕だけ?

posted by フラッ太 |12:49 | 日記 | コメント(6) |

2008年07月25日

勝ち点3を取り返せ!アイウエオ作文大作戦14~アルビレックス新潟・本物のダヴィはウチのダヴィ編~

 またしても長ったらしいタイトル。
 これからはサブタイトルまで付けないといけないのだろうか・・・。
 もしかしてオレって実はMっ気があるんじゃないだろうか・・・。

 なんてヨタ話はここまでにして、新潟戦に集中。

 ぎーさんとキャプテンハガーが赤紙で出場停止。ぎーさんは以前にも赤紙をもらっているので大宮戦も有休。GKはともかく、キャプテンハガーの穴はかなり大きい気がする。今のコンサでは換えの利かない存在であるだけに、頭の痛い問題。アンデルソンが間に合えばクライトンがボランチに入る公算が大きいが、それも無理となると・・・と不安が募るばかり。

 が、それでももうそろそろ連勝して波に乗っていかないといけない時期に来ている。
 カッコいい勝ち方なんていらないから、とにかく勝ち点3を目指して欲しい。

 では、いってみよう!

 ア・・・・アレッサンドロ 封じ込め
 ル・・・・ルーザー(LOSER)にして しまうのだ
 ビ・・・・ビッグスワンで 敵討ち
 レッ・・・レッドで2人も 出られないけど
 ク・・・・苦戦といっても 始まらぬ
 ス・・・・スタメン・ベンチも 総動員
 に・・・・2点差にいる 横マリに
 い・・・・一気に追いつく チャンスだぞ
 が・・・・ガツガツ当たって 潰してしまえ
 た・・・・頼むよ今度は 勝ち点3を!

 ここのところ上り調子のダヴィには札幌ドームでの失態をゴールラッシュで3倍返しにしてもらいたい。今度は千代反田のセコい挑発に乗るなよ!あと、もうひとつ期待しているのがSHのマッチアップ。スタメンになるかどうかは判らないが、新潟には田中亜土夢がいる。征也とのマッチアップが実現すればこれは白熱すること間違いない。マッチアップを制してガンガンサイドを切り裂いてもらいたい。

 今はとにかく勝っていって中団グループに食い込まなくてはならない。
 頼むぞ、勝ち点3!

posted by フラッ太 |19:06 | コンサについて | コメント(2) |